« 菊花賞 予想コラム | トップページ | 菊花賞 回顧コラム »

菊花賞枠順確定 最終予想

第68回菊花賞(JpnI・芝・右3000m)枠順

 枠 馬 馬名        性齢 負担重量 騎手

 1  1 ヒラボクロイヤル   牡3  57.0  武幸四郎
 1  2 ウエイクアイランド  牡3  57.0  幸英明
……………………………………………………………………………………………
 2  3 ブルーマーテル    牡3  57.0  田中博康
 2  4 ロックドゥカンブ   牡3  55.0  柴山雄一
……………………………………………………………………………………………
 3  5 エーシンダードマン  牡3  57.0  角田晃一
 3  6 コートユーフォリア  牡3  57.0  川田将雅
……………………………………………………………………………………………
 4  7 タスカータソルテ   牡3  57.0  福永祐一
 4  8 マンハッタンスカイ  牡3  57.0  小牧太
……………………………………………………………………………………………
 5  9 サンツェッペリン   牡3  57.0  松岡正海
 5 10 アサクサキングス   牡3  57.0  四位洋文
……………………………………………………………………………………………
 6 11 フサイチホウオー   牡3  57.0  安藤勝己
 6 12 アルナスライン    牡3  57.0  和田竜二
……………………………………………………………………………………………
 7 13 ローズプレステージ  牡3  57.0  秋山真一郎
 7 14 デュオトーン     牡3  57.0  藤田伸二
 7 15 ベイリングボーイ   牡3  57.0  渡辺薫彦
……………………………………………………………………………………………
 8 16 ドリームジャーニー  牡3  57.0  武豊
 8 17 ホクトスルタン    牡3  57.0  横山典弘
 8 18 ヴィクトリー     牡3  57.0  岩田康誠
……………………………………………………………………………………………

totoん馬はこれで勝負

◎12番アルナスライン ○4番ロックドゥカンブ ▲17番ホクトスルタン
△9番サンツェッペリン △10番アサクサキングス △18番ヴィクトリー

牝馬に蹴散らされた春の3才牡馬。春の有力馬が今ひとつ信頼に欠けるのはご存知のこと。そこで菊花賞の◎○▲には、秋の上がり馬を推す!

おそらく1番人気は、4番ロックドゥカンブ…
本来なら「◎」でも良い馬なのは解っているが、敢えて「○」に置いた!

その理由は2つ…厩舎の若さと騎手に懸かるプレッシャー!
堀厩舎は開業してまだ年が浅く、G1はもちろん、重賞勝ちもこの馬が初めて。馬の能力で大願成就も充分考えられるが、やはり経験のなさが心配…また、久々に人気を背負って出走する関東馬(外国産馬だけど)。騎手のプレッシャーは半端じゃない…

地方出身の先輩、岩田騎手が勝った時でもデルタブルースは人気薄。岡部からの乗り変わりと中央のG1出場で緊張はあっただろうが、「負けて元々」の積極的な騎乗ができたのはプレッシャーが少なかったことが大きな要因。
中央転入後の岩田騎手の活躍から翻って、柴山騎手への信頼は今一つが本音…

予想を裏切る好走をぜひとも期待はするが、やはり「○」としておく!

大穴は▲17番ホクトスルタンの一発。◎○が騎手に不安がある分、やはり、横山騎手の逃げ・先行は怖い!

16番ドリームジャーニーを切り、今年は先行馬の残り目で勝負!
(裏予想と思った方、ドリームジャーニーから狙って下さい)

|

« 菊花賞 予想コラム | トップページ | 菊花賞 回顧コラム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞枠順確定 最終予想:

« 菊花賞 予想コラム | トップページ | 菊花賞 回顧コラム »