« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

第43回 中日新聞杯 予想コラム2

老齢馬に用はなし!若さに期待のステイゴールド産駒!
シェアブログkusakeibaに投稿

鞍上にデムーロ起用となった我が推奨馬4枠8番サンライズマックス

ハンデも軽く、人気になるのは間違いない!

だが、厩舎の「やる気」が見えた以上、ここは素直に「軸馬」でしょう…
(
裏予想と思った方、3着以下で高い配当狙いしましょ。 )

問題の相手馬だが、候補に絞ったのは以下の3頭…
5枠10番 タマモサポート
7枠13番 タスカータソルテ
8枠16番 ゴールドキリシマ

ここで面白いとこ狙いで、同じステイゴールド産駒のゴールドキリシマに期待。

実質ここがオープン初戦だが、小回り中京ならマイル適正の高いこの馬でも充分勝負になる良い斬れ脚がある!
( 裏予想と思った方、バッサリぶった切って狙って下さい。 )

…ってな訳で、「○」にゴールドキリシマ。「▲」にタマモサポート。「△」にタスカータソルテの順で勝負します。

「3才馬3頭に対し、4才タマモサポートの食い込み狙い」…今年の中日新聞杯は、若いオープン馬の好走に期待だ!
( 53年ぶりのドラゴンズ日本一!…5枠はタマモサポートだろうが、3枠なら6番のマイハッピークロスの大駆けが怖いとこ。 )…まさか、そんな単純な?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第43回 中日新聞杯 予想コラム

好調馬は格下ばかりのハンデ戦なら「波乱」必至でしょ…
シェアブログkusakeibaに投稿

中日』と言えば、「53年振りの日本一」がピーンと来るはず!

中京競馬場でフルゲート18頭。父内国産限定重賞のハンデ戦で芝2000mという激戦・波乱に富んだレースであるのはご存知の通り!

今年の登録メンバーからとりあえず選抜したのは、以下の17頭の馬…

  馬 名    馬齢 厩 舎、騎 手(前走の着順&人気)父馬
------------------------------------
マイネルポライト 牡4 西 浦、???(ドンカス6着、1人気)アドマイヤベガ
アドマイヤフジ  牡5 橋 田、上 村(札幌記念9着、4人気)アドマイヤベガ
フサイチホウオー 牡3 松田国、???(JCダート11着、5人気)ジャングルポケット
タスカータソルテ 牡3 藤原英、???(菊花賞9着、10人気)ジャングルポケット
タマモサポート  牡4 藤岡健、津 村(福島記念7着、2人気)タマモクロス
マイハッピークロス牡5 西 浦、長谷川(福島記念5着、3人気)タマモクロス
ゴールドキリシマ 牡3 梅 田、???(清水S1着、5人気)ステイゴールド
サンライズマックス牡3 増 本、???(1000芝20/1着/1人気)ステイゴールド
ニュービギニング 牡3 池江郎、???(古都S3着、4人気)アグネスタキオン
ランペイア    牝3 松田国、???(1000芝20/1着/1人気)アグネスタキオン
ハロースピード  牝3 相 沢、松 岡(ユートピ3着、8人気)マヤノトップガン
トップガンジョー 牡5 和 田、芹 沢(福島記念11着、14人気)マヤノトップガン
マヤノライジン  牡6 梅 内、???(アンドロ5着、5人気)マヤノトップガン
------------------------------------
マイネルキーロフ 牡3 中 村、吉田豊(秋嶺S1着、3人気)マンハッタンカフェ
ダイレクトキャッチ牡3 上 原、???(白百合S4着、2人気)スペシャルウィーク
トップオブツヨシ 牡4 鶴 留、和 田(1000芝16/1着/1人気)タヤスツヨシ
センカク     牡5 池 上、???(オパール3着、8人気)マーベラスサンデー

( これ以外の馬が馬券に絡んだら…バンザイします! )…まさかね?

しかし、こうやって見ると実に興味ある傾向に気付かされる…

西浦・松田国厩舎の2頭出しもチェックポイントだが、タマモクロス・ジャングルポケット・ステイゴールド・アドマイヤベガ・アグネスタキオン産駒が各2頭、マヤノトップガンが3頭いて、17頭の候補馬のうち10頭を占めているのには驚いた!

ここで、ハンデが見込まれる重賞勝ち馬を抜き出してみると、アドマイヤフジ、フサイチホウオー、タスカータソルテ、タマモサポート、トップガンジョーの5頭。
( 連闘になるフサイチホウオーが回避した場合、各種牡馬に1頭づつ重賞勝ちがいる形になるのは面白いでしょ!…いないのは、ステイゴールドとアグネスタキオン産駒のみ… )…これか!

ってな訳で、この重賞勝ち馬の中で近走の好不調を加味し、主力となる馬を挙げるとなると…私はコレ→サンライズマックスニュービギニング
( 「軸馬」にできないのが今一自信のないところ。だって、出走権の問題をクリアしてくれないとアカンもんね。特にサンライズマックスは… )…B級厩舎だけに不安も大。

正直ホントならアドマイヤフジ・タマモサポートあたりに印を打つのが筋でしょう…

しかし、ハンデ戦でしかもこの初冬に、裏開催の中京の内国産限定重賞を使ってくる古豪の馬を推奨する「面白くない予想はしたくない」のが本音。

ということで、最後の印は直前に取っておきます!…枠3-5に何が入るかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第41回 ステイヤーズステークス 予想コラム

今年のステイヤーズSも「将来性ない馬の集まり」か…
シェアブログkusakeibaに投稿

初冬の中山競馬の名物レース、芝3600mのG2戦ステイヤーズS!

フルゲート16頭に登録17頭だが、たとえ18頭立てでも中心は変わらない…

  登録馬名    馬齢 斤量 厩 舎 騎 手
-------------------------
アグネストレジャー  牡5 57kg 長 浜、???

アドマイヤグローリ  牡4 57kg 友 道、吉田隼
アドマイヤモナーク  牡6 57kg 松田博、村 田
エーシンダードマン  牡3 55kg 大久龍、???
ゴーウィズウィンド  牡8 57kg 国 枝、???
ショートローブス   牡7 57kg 相 沢、勝 浦
セイワクリスタル   牡6 57kg 鈴木伸、???
チェストウイング   牡6 57kg 秋 山、柴田善
トウカイトリック   牡5 57kg 松元省、ルメール
ネヴァブション    牡4 58kg 伊藤正、北村宏
ハイアーゲーム    牡6 57kg 大久洋、???
パープルファルコン  牡7 57kg 境 直、???
マキハタサイボーグ  せ5 57kg 新 川、???
メジロトンキニーズ  牝5 55kg 高橋裕、???
リキアイサイレンス  牡6 57kg 佐藤正、ペリエ
ルーベンスメモリー  牡7 57kg 高橋祥、田中博
ワンダースティーヴ  牡3 55kg 小 崎、???

連軸「◎」のトウカイトリックは、はっきり言って「不動の軸馬」でしょ!
( 飛ぶとしたら、それこそ「ヤラセ」! )…わざわざのルメール起用では…

相手筆頭の「○」には、騎手登録から見ると、リキアイサイレンスが順当!
( 佐藤正厩舎がペリエ起用だって!…どーする? )…お手上げかな?

このアルゼンチン共和国杯2・3着同士じゃ「ガッチガチ間違いなし」なんで、とにかく、『一角崩し馬を選ばないと…』と思ってみたら…いましたよ!

候補馬は、アグネストレジャーとエーシンダードマンとハイアーゲームの3頭!

特に私が注目するのが、ハイアーゲーム!

アグネストレジャーは、1600万古都S1人気4着…(格下じゃねーか!)
エーシンダードマンは菊花賞4着馬…(今年の3才牡馬は低レベルだから…)
ハイアーゲームはアルゼンチン共和国杯6着…(もう終わってんじゃねーか?)

まず、エーシンダードマンだが、弱小3才牡馬レベルでの菊花賞4着だから、G1を額面通り受取れないのは当然だが、何せ厩舎の格が一枚上。
( 騎手の息子と違って、一流調教師の息子は間違いなく信頼できる競馬界。ただし、父親が一流でなく、そのまんま跡を継いだような者はどーでも良いレベルになるけど… )…それでも、G1の1つ位持っていく場合があるから笑っちゃうんだけど…(苦笑)

同じことは、アグネストレジャーにも言える。ダービー厩舎は、その後目立たなくても、その他の厩舎とは「格が違う」んです!

その点で見れば、少々厩舎格は下がるだろうが、大久保洋吉先生も中々の名調教師…

何より、ネヴァブションが別定戦で58kg背負わされる以上、関東厩舎で唯一勝負になるのがこの大久洋厩舎のハイアーゲームしかいない!…(私だけ…?)

ってな訳で、現状の印は…

「◎」=トウカイトリック 「○」=リキアイサイレンス
「▲」=ハイアーゲーム 「△」=エーシンダードマンとアグネストレジャー
まで!

( 問題はこの5頭の順番でしょ!…ただ、競馬の格言に「長距離戦は騎手の腕!」って言うのがあるのが非常に怖い。…外人2人と関東の騎手たちじゃ、5馬身じゃ済まない腕の差があるのは絶対の事実だもんね。 )…ホント、それが問題!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第59回 阪神ジュベナイルフィリーズ 予想コラム

今年の2才女王戦はクラシックにどう繋がるかだが…
シェアブログkusakeibaに投稿

29頭が登録する今年の阪神ジュベナイルフィリーズ!

totoん馬流に登録馬を並べてみると、以下のようになる。

サラ系2歳 (混合)牝(指定)オープン 馬齢 1600m 芝・右 外
【 登録馬一覧 】第1回特別登録 29頭
★=優先出走権組 ※=新馬・未勝利勝ち組
---------------------------------
★オディール     54.0 (橋 口、安藤勝) ファンタ1着(4人)
★エイムアットビップ 54.0 (矢 作、福 永) ファンタ2着(1人)
★シャランジュ    54.0 (本 間、四位?) デイリ2才5着(5人)
★ハートオブクィーン 54.0 (水 野、武 幸) 京王2才10着(5人)
★エフティマイア   54.0 (矢野進、蛯 名) 京王2才13着(2人)
★ヤマカツオーキッド 54.0 (池 添、池添?) 札幌2才10着(4人)
★アロマキャンドル  54.0 (河 野、藤 田) いちょう1着(4人)
★カレイジャスミン  54.0 (宗 像、北村宏) 赤松賞1着(2人)
★トラストパープル  54.0 (河 野、田勝?) くるみ賞1着(3人)
★マイネブリッツ   54.0 (中 村、長谷川) ききょう1着(4人)
★ラルケット     54.0 (和 田、横山典) サフラン1着(1人)
★レジネッタ     54.0 (浅 見、池添?) 牝5001着(8人)

---------------------------------
※エイシンパンサー  54.0 (平 田、秋山?) ファンタ3着(2人)
※サマーファインデイ 54.0 ( 宮 、角田?) ファンタ7着(11人)
※ドリームローズ   54.0 (池江寿、武豊?) ファンタ11着(3人)
※ラベ        54.0 (橋 口、武豊?) 新馬1着(2人)
※レーヴダムール   54.0 (松田博、安勝?) 新馬1着(1人)
※ヴァリアントレディ 54.0 (中尾正、和 田) 新馬1着(7人)
※ニシノガーランド  54.0 (武 藤、田勝?) 赤松賞2着(5人)
※マルターズオリジン 54.0 (水 野、後 藤) 赤松賞3着(1人)
※トールポピー    54.0 (角 居、池添?) 黄菊賞2着(2人)
※グラーフ      54.0 (田所秀、北村浩) 黄菊賞8着(8人)

※ミゼリコルデ    54.0 (音 無、四位?) 牝5002着(4人)
※デューン      54.0 ( 谷 、岩 田) 牝5003着(2人)
※オペラセリア    54.0 (大根田、武豊?) 牝5009着(6人)
※エールドクラージュ 54.0 (藤沢和、田勝?) 牝未勝1着(3人)
※ブラックエンブレム 54.0 (小島茂、佐藤哲) 牝未勝1着(4人)
※マイネトゥインクル 54.0 (西 園、武豊?) 牝未勝1着(2人)

---------------------------------
(地)アルペンリリー  54.0
---------------------------------

有力は、もちろんファンタジーSの1・2着…
オディールエイムアットビップの両頭なのは間違いない!

では、「どちらが軸馬に向くか」と考えた場合、
負けてはいるが、前走1人気2着のエイムアットビップが有利と見る。

普通、前走より200m伸びる今回なら、なおさら差される可能性が高くなると思われるだろうが、ファンタジーSのエイムアットビップは誰が見たって「騎手の早仕掛け」丸出しの騎乗ミスレース…
( というより、3コーナーからスピードの違いで先頭に立った時、馬の行く気に逆らわないで押し切ろうとしたのが裏目に出た )…要は飛ばしすぎ!

重賞経験の少ない騎手なら心配だが、経験だけは他の騎手の3倍はある福永騎手。したがって、よっぽど馬が引っ掛かって暴走しない限り、今度は行く気に任せるようなことはしないだろう…!?

また、牡ならまだしも、こと牝馬に限っては「良い牝馬にしこたま乗せて貰ってる福永騎手」だから、前走と同じ失敗はしないはず…!?
( ラインクラフトとシーザリオの桜花賞時、「力はシーザリオが上」と判っていながら、厩舎のしがらみでラインクラフトに乗り、シーザリオの決め手を封じて勝つ先行競馬を実践できた騎手。先行できる馬に乗せれば、腕は甘くても基本的にミスはしない騎手である…はず。 )…ただ、あの時のシーザリオは、乗り変わりが吉田稔という地方騎手使いだったのが大きかった…桜花賞勝たせない作戦を取ったとしか思えない騎乗変更!

てな訳で、現時点の「◎」はエイムアットビップ…

相手なら「○」オディールが順当だろうが、ファンタジーSを勝つ以前の成績を見ると、先行ペースになった時に一抹の不安があるのは否めない。
( 今年は、先行馬でG1勝ちまくりの安藤勝騎手らしくない馬ではないかな?…とは言っても、腕は福永騎手とは比較にならない「叩き上げの本物のプロ」だし、当然、ファンタジーSでエイムアットビップを破ってるのも事実。 )…ムリに穴狙いするのがムチャ…?

とりあえず、現状ではファンタジーSの1・2着を斬るのは難しい…

「▲・△」は枠順確定まで決められないとしておきます。
( すっかり弱気になってる模様…現時点ガチガチだもんね… )…まずいかな?

でも、今年の2才女王決定戦が、来年の牝馬クラシックに繋がるとしたら、やっぱり【有力馬が勝つのが条件】でしょ!
( 矢作厩舎がG1勝つならこの馬かも…んー?藤岡佑じゃないのか… )…やべーなー。だって、「第2の蛯名への道」まっしぐらじゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回 ジャパンカップ 結果コラム

流れを読めない最低騎乗に憤慨…大辛口で言わせてもらおう!
シェアブログkusakeibaに投稿

予想では斬ってた馬なので結果には支障なかったが、今回のジャパンカップで一番興味を持って見ていたのが「ウォッカ」のレースぶり

足元の不安の中、牝馬ダービー馬がどんなレースをするのか興味津々だったが…

久々に最低の騎乗ぶりを見せられて、空いた口が塞がらなかった!
( 思いっきり目立ってたからね。 )…特に直線が!

好スタートからじりじり下げ、向こう正面は最後方。それはまだ仕方ないが…
直線で前が開いたにも関わらず、わざわざ外まで持ち出して審議の対象?
おまけに、馬は良い脚を使っての4着…

馬券買った人たちは泣くに泣けないだろう。あれだけ「ド下手クソな騎乗」を見せられては…ねー!
( 何でこんな騎手がダービー獲れるんだ?調教師も泣くに泣けないだろー! )

たとえこの後、有馬記念を使って【勝った】としても、間違いなく【馬が凄いだけで、所詮騎手の腕は評価通りの『関西の田中勝春!』そのまんま】じゃねえか!
( だから、『岡が生きていたら、関西の今のポジションもない騎手』って言われるんだよ!…本当に不甲斐ない騎乗。 )…ガンバ大阪・ジェフ千葉か!…怒×3

ユタカの下がこれじゃ、主催者が地方でも腕のある騎手を移籍させるのも当然!
( 演技なら、もうちょっと上手くやって欲しかった! )

ユタカの届かず3着…これは仕方ない。

去年ディープインパクトで勝ってる上、本来この馬は「瀬戸口厩舎」の馬!

「高橋成厩舎」は元々B級厩舎で、馬主さんのおかげでサムソンを引き取れただけ。春秋天皇賞を勝たせてもらっただけでもメッケモン。普通は「小倉の武豊使い」でなきゃ勝ち星も覚束ないところ!
( 海外馬が参加するレースで勝つノウハウなんて持ってる訳ねーじゃん!インフルエンザを理由に凱旋門賞不参加になって幸いだったんじゃない… )

自厩で強い馬作ってみなよ。そしたら評価してあげられるけどね…
( 絶対ムリ!小島と的場の息子がダービー勝つのに等しいくらい!もう一回、メイショウの馬主さんがG1級の馬を預けてくれないとね…あっ!可能性はあるか。だって、担当厩務員もそのまま預かったんだよね…調教師じゃなく担当の主任厩務員さんを信頼して良い馬預けてくれるかも… )って、それって厩舎じゃないじゃん!それじゃ、まるで野平厩舎の主任厩務員だった現藤沢和調教師と一緒じゃん!シンボリルドルフを管理してたんだよな…スゲーな!

実際1・2着になったのも、メルボルンCを勝った岩田康とペリエ騎乗のポップロック!( メルボルンC勝ったデルタブルースは角居厩舎! )…今年はそれかー(しまった)

来週は、2才G1の阪神ジュベナイルフィリーズ…とは言っても、
大事なのはWSJSの方!

だって、日本の騎手たちの中で、何とか世界と差のない騎乗ができるのが武豊と岩田康と安藤勝の3人っきり!

田中勝・角田…みんな「ご祝儀出場」じゃない!
( 角田は日本ダービージョッキーだからまだしも、田中勝なんて下手すりゃ関東騎手で順番だから出るようなモノ! )…とは言え、腕の差は劣ってないが…

面白いのは「地方代表の赤岡騎手」…

今年の地方代表は、レースをして勝ち上がって来てのモノ。

柴山が菊花賞の騎乗ぶりから残念な結果になり、五十嵐冬は事実上「出入り禁止」。小牧は最初からワンランク下でしか扱われず、安藤光に到っては移籍時点でに高齢。

40過ぎた柴田善に残っているのは、叔父さん同様「クラシック獲っての引退」のみ。
一発勝負型の横山典では、レースの中心騎手になれず。

( しかも、息子が競馬学校入学しちゃうんじゃ先が見えてる。 )…調教師になんなきゃ!

後藤が関東の中心だが、まだ安定味に欠けるし、松岡はまだ若くて中心にはなれず…私が内田博に期待するのは当然…関東の底上げなくしてどーする!

あれ?内田博はWSJS出ないんだっけ?…来年移籍するからしょうがないか…

それから、ちなみに友人Kさんのジャパンカップ予想は…

◎ウォッカ ○メイショウサムソン ▲ポップロック △アドマイヤムーン!
( Kさん曰く、「裏目っちゃった…スマン」だって! )…確かに逆だわ…でもねえ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8回 ジャパンカップダート 結果コラム

裏予想どころじゃありません!「ヤラセなし」でした…
シェアブログkusakeibaに投稿

あははは…やっちまったなー!
「男は黙って~、◎ボンネビルレコード」…インフルエンザ?(堀井、ガッコン!)
「男は黙って~、○スチューデントカウンシル」…変な名前!(生徒会、ガッコン!)
「男は黙って~、▲ドラゴンファイヤー」…皐月賞ご祝儀!(勝春、ガッコン!)

結果は…
【1着ヴァーミリアン、2着フィールドルージュ、3着サンライズバッカス】…

( 7番→11番→1番、2着横山典が以外に人気あるんでやんの! )…は~あ~…

『去年の上位馬そのまんまじゃねーか!』…って速攻ーっ叫んじゃいました!
( 人が一生懸命に外国馬まで調べたのに、そんなんでえ~んかい! )…怒

と・に・か・く…! ドーーーーモ、すいませーーーーん!!!…平謝り。

藤田が関東に移籍したら、年間150勝はできるな!
( 3ヶ月休まされて100勝しちゃうんだもんな…田中勝が今年やっと100勝できたってえのに、それも柴田善が引退間近で、騎乗数減らしてるおかげでだよ。そりゃ、関西に良い馬持ってかれちゃう訳だ!まあ、どうせ来年は内田博に騎乗馬持っていかれちゃうけどね! )…松岡あー、こうなんなよ!

あー、悔しい!
( ちなみにKさんは、このレース2・3着のワイド当てただけだって。 )…◎▲だと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回 ジャパンカップ 直前予想コラム

実質「2強」を倒せるのは…「未知の馬」しかない?
シェアブログkusakeibaに投稿

角居厩舎3頭出し…
2番ポップロック(ペリエ)、11番ウォッカ(四 位)、18番デルタブルース(川 田)
松田博厩舎2頭出し…
4番アドマイヤムーン(岩 田)、14番ドリームパスポート(安藤勝)

ここに、10番メイショウサムソン(武 豊)…

正直、これ以外の日本馬がくるとは考えられない!

まず、上記の馬から常識的に考えて「飛びそうな馬」を削除してみると…

負傷休養明けのドリームパスポート、エ女王杯取消で一頓挫あったウォッカ、引っ張り役として出走するデルタブルース、どう考えても1ハロン距離が長いアドマイヤムーン。
以上の4頭が、1着対象から外れるでしょう…

( デルタは逃げ残りの大穴3着、ムーンは直線勝負の食い込み3着なら上々!大幅に譲歩しても、2着が精一杯。 )…もし勝ったら、この後どうするの!…香港行くなよ!

ということは、ポップロックとメイショウサムソンの「2強」に、なにが割り込み一角を崩すか…果ては、2強を倒せるかが今年のジャパンカップのテーマ

ハッキリ言って、他の日本馬では「事故でもない限り、2強は破れない…」でしょ!

ならば、期待は「未知の馬=外国招待馬」しかない…
( ディラントーマス取消が… )…悔しー!

そこで、私の期待するのは4枠の両外国馬…
7番ペイパルブル&8番アルティストロワイヤル

実績見劣りは否めないが、ジャパンカップ2勝のスタウト厩舎でムーア騎乗が魅力のペイパルブル…
ローテなら使うのが筋だったはずのブリーダーズCを見送り、ここ1本に調整してきたアルティストロワイヤル…

両馬が同居したこの枠こそ、まさに「未知の魅力」に溢れてると思いませんか!

ってな訳で、私のジャパンカップ最終予想は…

◎8番アルティストロワイヤル ○ 10番メイショウサムソン
▲7番ペイパルブル △2番ポップロック

この4頭で勝負します!

実は、京阪杯の後に「Kさん」から連絡があり…

『 教授、自分の予想にもっと自信を持たないとダメだよ。京阪杯なんか「印が多すぎ!」…不安が予想に表れてるよ。…予想を売ってる訳じゃないんだから外したって良いんだよ。もっと「自分を信じなさい」… 』って言われたんです…(赤面)

だから、友人を真似てみました。
( 「まねる」が「学ぶ」の語源ですもんね。 )…ああ、でも不安だな~…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回 京阪杯 結果コラム

1着鉄板!…でも、やっぱり「腕の差」歴然だね…
シェアブログkusakeibaに投稿

57kgも全く問題なし…サンアディユが横綱相撲で勝った京阪杯!
( ちょうど今、大相撲九州場所やってるけど… )…横綱って、いるの?

2・3着に穴馬を取り上げた私の予想には厳しい結果…

逃げ残り期待で「○」にしたサープラスシンガー(宗像厩舎、木幡)はキッチリ捕まり、「▲」のスワンS最先着ブラックバースピン(手塚厩舎、四位)は4着
( さすがにペースが落ち着きすぎて、追込み馬には厳しかったよう…まさか、ジャパンカップのウォッカもこんな届かず競馬になるのか? )…脚、大丈夫かね?

それどころか、『人気の2頭出しは斬れ!』とばかりに、短距離戦に「腕の差は抜き」と目論んだが、斬った外国人騎乗のペールギュント(橋口厩舎、ルメール)がしっかり中団から追い上げ2着

おまけに、「△2」に評価を下げたカノヤザクラ(橋口厩舎、上村)が惜しい3着

裏目というより、完全な2・3着馬の選択ミス…
( 「あ~、この度は~、ドーモスイマセン…」って、最近このフレーズ多いな? )…だって、三平を継ぐんだもん。芸事は血じゃないのに…

こんな私の予想結果はさておき、今回のポイントは我が友「Kさんの予想」!

『 予想は、むやみに人に教えるモノじゃない!
そもそも、タダで予想を教えるのは、本人のために良くない!
ようは、お金と引き換えだから、お互い「恨みっこなし」になれるんだよ。
だから、地方にいる「場立ち予想屋」さんは100円で売ってるんだ! 』

『 中央は、新聞・TVという別の所から収入があるからやってるだけ…
公開予想は本来してはいけないんだよ!
第一、後から予想を公開しても意味ないだろ。 』

こう言って、公開予想を渋っていたKさんに、今回は「私がKさんの予想を買って、公開するから…」という形で特別に予想を公開してもらったのです。
( でも、全然損した気はありません!だって…ムフフ )

興味のある方は、どうぞ「枠順確定 第52回 京阪杯 予想コラム」をご覧下さい!

※Kさんの予想の上手さは見てもらえば分かります!
( 本人は納得してませんでしたが… )…何でそこまで1点に拘るのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枠順確定 第8回ジャパンカップダート 予想コラム

不思議な現象?…なんで今年は4才馬がいないの?
シェアブログkusakeibaに投稿

第8回ジャパンカップダート(G1) ダート2100m

枠 馬   馬   名     性齢 重量 騎 手  厩 舎
……………………………………………………………………………………………
1  1 サンライズバッカス    牡5 57.0 安藤勝己 音 無
1  2 スチューデントカウンシル 牡5 57.0 ミグリオーレ (米)

……………………………………………………………………………………………
2  3 キャンディデート     牡5 57.0 R.ムーア  (英)
2  4 フリオーソ        牡3 55.0 内田博幸 (地・川島)

……………………………………………………………………………………………
3  5 カフェオリンポス     牡6 57.0 後藤浩輝 松山康
3  6 ワイルドワンダー     牡5 57.0 岩田康誠 久保田

……………………………………………………………………………………………
4  7 ヴァーミリアン      牡5 57.0 武  豊 石 坂
4  8 メイショウトウコン    牡5 57.0 武幸四郎 安田伊

……………………………………………………………………………………………
5  9 エイシンロンバード    牡5 57.0 福永祐一 小 崎
5 10 ワンダースピード     牡5 57.0 小牧 太 羽 月

……………………………………………………………………………………………
6 11 フィールドルージュ    牡5 57.0 横山典弘 西 園
6 12 ドラゴンファイヤー    牡3 55.0 田中勝春 久保田

……………………………………………………………………………………………
7 13 ブルーコンコルド     牡7 57.0 幸英明   服 部
7 14 フサイチホウオー     牡3 55.0 O.ペリエ 松田国

……………………………………………………………………………………………
8 15 ジャックサリヴァン    せ6 57.0 E.アハーン (英)
8 16 ボンネビルレコード    牡5 57.0 柴田善臣  堀 井

……………………………………………………………………………………………

昨年はダート5連勝でアロンダイト(石坂厩舎)が勝ち、今年は武豊起用のヴァーミリアンで2連覇を目指す石坂厩舎!

だが、正直「そんなに抜けて強いの?」っていうのが、私の思い。
( この馬は昨年も出場しており、勝ったのは上がり馬アロンダイト…確かに直前のJBCを休み明けの上に完勝してる以上、無印にはできないが、「絶対に1着か?」とまでは… )…でもユタカだからね~。

そこで、ここは一発のありそうな大穴馬で勝負します。といういことで…

◎16番ボンネビルレコード ○2番スチューデントカウンシル
▲12番ドラゴンファイヤー △1 7番ヴァーミリアン
△2 ジャックサリヴァン △3 6番ワイルドワンダー

この順番で行きまーす!…スゲーでしょ。
( がんばれ柴田善。帝王賞馬の意地で大穴だー。引退前にG1一つ持ってけー! )…って、やっぱムチャかね。

素直に「○・▲・△1」で勝負した方が間違いなさそうかな!…柴田一族だし。
( G1勝つ時は、岡部に抜かないで貰うか、田中勝相手に競合いで勝つか、サンライズスズカが死ぬかしかないもんね。 )…要はヤラセか!

それでも自信ないなあー。だって▲田中勝だもん。皐月賞で終わりだよね?普通…

★ジャパンカップは、最後の穴馬見つかったらコラム出します!
( まあ、普通ねーよなあ… )…日本馬2頭がどうなるかだけど…一騎打ち?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枠順確定 第52回 京阪杯 予想コラム

「◎」は不動…問題は「○・▲+△」にあり!
シェアブログkusakeibaに投稿

第52回 京阪杯(G3) 芝1200m 

枠 馬   馬  名   性齢 重量 騎 手   厩 舎
……………………………………………………………………………………………
1  1 アポロティアラ   牝3 53.0 小 牧   柴 崎 
1  2 アルーリングボイス 牝4 54.0 秋 山   野 村
 
……………………………………………………………………………………………
2  3 サープラスシンガー 牡3 55.0 木 幡   宗 像 
2  4 スピニングノアール 牡6 56.0 福 永   長 浜 

……………………………………………………………………………………………
3  5 サイキョウワールド 牡5 56.0 池 添   坂口大 
3  6 ブラックバースピン 牡4 56.0 四 位   手 塚 

……………………………………………………………………………………………
4  7 タマモホットプレイ 牡6 57.0 渡 辺   南 井 
4  8 マイネルアルビオン 牡5 56.0 デムーロ  畠山吉 

……………………………………………………………………………………………
5  9 サンアディユ    牝5 57.0 武 豊   音 無 
5 10 コパノフウジン   牡5 56.0 ペリエ    宮  

……………………………………………………………………………………………
6 11 ペールギュント   牡5 57.0 ルメール  橋 口 
6 12 メジロマイヤー   牡8 56.0  幸    田 島 

……………………………………………………………………………………………
7 13 カノヤザクラ    牝3 53.0 上 村   橋 口 
7 14 タニノマティーニ  牡7 56.0 スボリッチ 須 貝 
7 15 クールシャローン  牝3 53.0 長谷川   目 野
 
……………………………………………………………………………………………
8 16 リキアイタイカン  牡9 56.0 和 田   阿 部 
8 17 アンバージャック  牡4 56.0 武 幸   中野隆 
8 18 ナカヤマパラダイス 牡4 56.0 岩 田   二ノ宮 

……………………………………………………………………………………………

「◎」はサンアディユで仕方ない今年の京阪杯!
【問題は2・3着争い】ということで、私の印は…

◎9番サンアディユ ○3番サープラスシンガー ▲6番ブラックバースピン
△1 15番クールシャローン △2 13番カノヤザクラ △3 17番アンバージャック

以上の順番で勝負します。
( 外人騎手4人は、「短距離戦」ということで敢えて斬り! )…不安いっぱい…

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

Kさんの予想 ≫…公開

◎9番サンアディユ ○13番カノヤザクラ ▲6番ブラックバースピン
補欠△ 11番ペールギュント

Kさん曰く

『好成績馬がほとんどいない今年の京阪杯…要は、昨年のアンバージャックのような上がり馬がいないということ。ならば、「近走で好着順を示した若い馬」を優先するのが本道!…サンアディユが連を外せない以上、3才牝馬のカノヤザクラが相手筆頭。ペールギュントを「△」にしたのは、カノヤザクラと同厩舎のため!』
…とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回 ジャパンカップ 予想コラム特別号

ディラントーマス出走取消…「どんだけー!」だわ!
シェアブログkusakeibaに投稿

ショック!…私の「◎」がいなくなっちゃいました…(泣)

こうなれば例年のジャパンカップと同じく、予想は「日本馬中心」が当り前!

ならば、予想は順当に…
1・2着有力の「◎」は、メイショウサムソン。「○」は、ポップロック。
ここまでは順当でしょう…

( これじゃ、宝塚記念の再戦だね。ただし、今回は2400mだけど… )

だが、問題は「一角崩し」の単穴▲に何を選ぶか…
▲候補は、一筋縄では括れなくなりそうなのが面白いところ!

人気所では、ウォッカ・フサイチパンドラ・アドマイヤムーンあたりが順当…

しかし、ウォッカは「脚の状態」、フサイチパンドラは「力量自体の問題」、アドマイヤムーンは「距離性」と、それぞれ不安を抱えているのが問題。
( この後の有馬記念を盛り上げるなら、ウォッカしかいないんですけどね…他の2頭じゃ、出ない可能性が高いし… )…これって、ガチガチ馬券じゃん!

それなら、実績今一つながら近走好調のインティライミは?
( ただし、その場合「3着オンリー」になりそう? )…予想はラクだけど…

本来、「一発逆転あり」が印の意義。

ならば、馬インフルエンザにもめげずに出走してくれた「外国馬」に、やる気の度合いの高さが見出せるんじゃないでしょうか!…賞金高いしね。

…ってな訳で、私が「▲」にお奨めできる馬は…
[米]アルティストロワイヤル

ディラントーマスがブッチぎりの存在だった外国馬の中で、それなりの持ち時計があるのがこの馬しかいない…苦肉かよ!
( 「面白くない」って思った方、私の「◎・○」を2・3着に設定しましょう。そしたら▲が1・2着になるから、配当的にはナンボか美味しくなるでしょ! )…馬単が美味しいね!

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

≪ 追 記 ≫

「Kさんの予想結果が知りたい」という声が、多数寄せられました…

よって今後は、このブログで随時結果をご紹介しますので、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回 ジャパンカップ 予想コラム

ジンクス破るぞ…1着は凱旋門賞馬だ!
シェアブログkusakeibaに投稿

サンデーサイレンスの血脈を獲得できたおかげで、今の日本馬の芝レベルは間違いなく世界クラスに届いてます。
( アメリカ馬でさえ勝たせて貰ってないのが「欧州競馬の頂点、凱旋門賞」を管轄するフランスらしいプライド。当然、ドイツの馬でさえ勝ってません…第2次世界大戦の敗戦国に易々と勝たせる訳がないでしょ!だから、あの強烈包囲網でディープを潰しに懸かったんですね…裏を返せば、昨年のディープインパクトの凱旋門3着失格は、実は「スゴイこと」なんです! )…せめて、欧州で一戦使って欲しかった…残念。

例年なら、ジャパンカップにやってくる凱旋門賞馬は「名前ばっかり」が当り前だが、今年のディラントーマスは別!…その理由は、ブリーダーズCを使ったこと!

通常、欧州競馬の頂点である凱旋門賞を制した馬は、そこにたどり着くまでに精力を使い果たしてしまうもの。それでなくても、凱旋門賞で全力を出し、しかもそこを勝った馬がブリーダーズCまで使うなどハッキリ言って「ムチャ」の一語。

ディラントーマスがブリーダーズCを負けたのはむしろ当然で、まして、この時期のジャパンカップまで使うのは、本来あってはならないローテーション。
( 正直使ってくれるとは思わなかった… )

こんなムチャなローテなのに使ってくる以上、何らかの訳がある…

少なくとも、どこかのレースを調整目的で使ってなければ出て来れるはずがない。
それがブリーダーズCだったんじゃないですか?

( 裏予想と思う方、例年通り、凱旋門賞馬を切って狙いましょう…そしたら、日本馬だけ買えば良いはず。だって、残りの5頭の3ヶ国の馬は、芝2400mの左回りという東京コースで行われるジャパンカップに適合するような馬はいませんから。ついでに、騎手の腕でも、今日本にいる騎手の方が「腕は上」…とはいっても、武豊・安藤勝・岩田・ペリエ・ルメールまでだけどね。以下は外人の方が上! )…あ、ムーアがいた。彼は上手い。

凱旋門賞馬という栄誉はすでに得ているディラントーマスが、「アジアの時期外れG1をムチャなローテで使う以上、タダで帰るはずがない!」と思うのは、私だけじゃないでしょ!

そこで、「」はディラントーマスから…それも、1着固定で勝負

では、相手は何かが問題だが…

メイショウサムソン (牡4、高橋成、武 豊) 天皇賞1着(1人気)
ポップロック    (牡6、角 居、ペリエ) 天皇賞4着(4人気)

コスモバルク    (牡6、田部和、松 岡) 天皇賞5着(11人気)
アドマイヤムーン  (牡4、松田博、岩 田) 天皇賞6着(2人気)
チョウサン     (牡5、清水利、横山典) 天皇賞8着(5人気)
デルタブルース   (牡6、角 居、川 田) 天皇賞12着(12人気)

ウオッカ      (牝3、角 居、四 位) 秋華賞3着(1人気)
フサイチパンドラ  (牝4、白 井、藤 田) エ女王杯2着(3人気)

ドリームパスポート (牡4、松田博、安藤勝) 阪神大賞典2着(1人気)
インティライミ   (牡5、佐々晶、佐藤哲) 京都大賞典1着(2人気)
ヴィクトリー    (牡3、音 無、ルメール) 菊花賞16着(3人気)

以上の日本馬から選ぶのが筋…どころか当り前のこと。
他の外国馬に2着まで持っていかれるほど、今の日本馬は弱くない!

ふた昔前の「ヤラセ」ならアメリカ馬狙いがあるけど、いまさらそんなマネしても日本にメリットなんか何もない…
( ブッシュの石油会社が格安で石油を供給してくれるってんなら別だけど…ね )…んな訳ねーっしょ。第一そんな力ももう奴にはねーし。せいぜい、マイアミの200票ごまかして、大統領になって、戦争仕掛けて石油で儲けることだけ。
( まさか…911テロも奴の演出だったんじゃないだろうーな? )…ちょとヤベエーな。

後世の歴史家が判断すれば良い事はさておき、ジャパンカップの日本馬の話…

登録騎手を見て、私はすぐに『責任重大だな。松岡は…』って思っちゃいました。
だって、いわくつきのコスモバルクを任せられちゃったから!

( 過去、何の問題も無くこの馬をしっかり走らせてたのはルメールだけ。だから、ルメールは上手い騎手なんだね。 )

きっと、剛腕が要求される馬なんだろうねコスモバルクって…だから、腕力のある五十嵐冬樹が必要だったんだね。まさか、乗り方まで「剛の者」だとは思わなかったが…
( この場合の「ごう」は、強引の「ごう」か…「強の者・五十嵐冬樹」だから問題が起こったのか?…下手じゃないんだろうが… )

勝ち負けは不可能だろうから、とにかく何の問題も起こさず1周回ってくれれば良い。
こんな御し難い馬を押し付けられた彼に同情を禁じえない…

( 裏を返せば、他馬に影響なく走らせられれば評価が上がるってことだけど、もし、また何かやらかしたら、今度は松岡の価値を下げちゃうことになるのが怖い。…関東の若手騎手で満足に追える腕持ってるの彼しかいないんだよ!…運動神経も良いし…無いのは、競馬関係の血脈だけ。…全部揃ってるのはユタカだけ )…また横道に逸れちゃった。

ハッキリ言って、相手になるのは以下の馬…

メイショウサムソン、ポップロック、ウオッカまで!

好調インティライミの名前も新聞には挙がるだろうが、所詮ディープ以外は弱小レベルの世代。危なくって買えやしない。第一、天皇賞使うだろ…本当に強ければ!
( おそらく、思ったより人気にもならないでしょ。…裏予想と思った方、この馬の2・3着で狙いましょう。でも、それが精一杯! )

よって、現時点での私のジャパンカップ予想は…

◎ディラントーマス ○メイショウサムソン ▲は無しで…
△1ポップロック △2ウオッカ △3に外国馬(大穴ならドイツ馬あたり)

これしか見当たらないですね…

やはり、サムソンをポップの上にするのは仕方ない。天皇賞が休み明けだったサムソンがローテ上も優位と見れるから。

問題はウォッカ…

エリザベス女王杯を回避し、当初の予定通りジャパンカップを使うことになりそうだが、正直中1週で出られるのならポップロックより期待が懸けられるはず。おそらく、単勝人気はポップより上になるでしょう。

ただし、やっぱり回避した事実がある以上、ムリな走りはさせたくないのが関係者の思い。だから、△までが妥当じゃないかな?
( 裏予想と思った方、連対で狙いましょう…こちらもそれが精一杯! )

今回の中で悩ましい存在なのがフサイチパンドラとドリームパスポート…

特にドリームパスポートは、この後が気になる馬。

今回は休養明けだから、即通用するとは思ってないが、この後の有馬記念に繋がるレースをされると思うととーってもイヤな馬…
( 大事にひと叩きして、安藤勝で有馬記念に臨んで来られるとなったら…ね、イヤーな存在になるでしょ。 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8回 ジャパンカップダート 予想コラム

波乱の匂いプンプン…東京の花道は関東馬の一発
シェアブログkusakeibaに投稿

東京ダート2100mから阪神ダート1800mへ…
来年からジャパンカップダートは「関西のG1」になる

…久しぶりに【関東厩舎に出番が回ってきそうな雰囲気】がプンプン漂ってきた!
( そう思っているのは私だけでしょうか? )…穴馬券大好きだからね。

とは言え、相変わらず関東厩舎の有力馬の数は少なく、面白そうな馬も含めて
シャドウゲイト   (牡5、加藤征、---) 天皇賞13着(9人気)
ボンネビルレコード (牡5、堀 井、柴田善) 天皇賞16着(16人気)
ドラゴンファイヤー (牡3、久保田、田中勝) シリウスS1着(1人気)
ワイルドワンダー  (牡5、久保田、岩 田) 武蔵野2着(1人気)
以上の4頭まで。

対する関西厩舎の有力馬は、「?」のフサイチホウオーを入れると
ヴァーミリアン   (牡5、石 坂、武 豊) JBC1着
サンライズバッカス (牡5、音 無、安藤勝) JBC3着
ブルーコンコルド  (牡7、服 部、 幸 ) JBC4着
フィールドルージュ (牡5、西 園、横山典) 武蔵野S4着(3人気)
メイショウトウコン (牡5、安田伊、武 幸) エルムS1着(2人気)
ワンダースピード  (牡5、羽 月、小 牧) アルデバラン1着(3人気)
フサイチホウオー  (牡3、松田国、ペリエ) 菊花賞8着(5人気)
以上の7頭が候補。

さすがに今のフサイチホウオー買うのは無謀としても、JBC組がいっぱいで、おまけに、総合的な騎手の腕の差は歴然…普通は、まとめて関東馬は切りが妥当でしょうね!
( 裏予想と思った方、関東4騎から軸馬を選びましょう。天皇賞組がいるのが面白いところでしょ!…本筋は、久保田厩舎の2頭出しのどっちか狙いなんでしょうけどね。 )…でも、なんで岩田がこっちなんだ?

また、今年の日本競馬のニュースと言えば、何と言っても「インフルエンザ問題」…

開催中止を余儀なくされた苦々しい事件だが、それにも怯まずやってきた3頭の外国馬には、私はもちろん、主催者側は「感謝の念」を感じているはず。
これだけ複雑な状況で開催されるジャパンカップダートは異例でしょう。

( 普通来ないよ…感染したら大事だもん!だって、今も何頭かが陽性で引っかかっている状況なのにね。 )…要注意じゃないかい?

(英)キャンディデート  (牡5、C.ブリテン、---)
(英)ジャックサリヴァン (せ6、G.バトラー、E.アハーン)
(米)スチューデントカウンシル (牡5、V.セリン、R.ミグリオーレ)

では、どこに予想のポイントを置くかだが…

やっぱり第1は「外国馬」でしょう!
中でも筆頭なのは、スチューデントカウンシルではないかと思ってる。
( この辺は詳細データが少ない以上、プレレーティング上位しかありません…ただ、過去のデータを見ると、ジャックサリヴァンみたいな一見格下馬の方が好走しているのがイヤだけど… )

そこで、私の今回の予想は「地域ピックアップ方式」で勝負…

◎スチューデントカウンシル ○キャンディデート ▲ボンネビルレコード
△1サンライズバッカス △2ヴァーミリアン △3ドラゴンファイヤー
△4シャドウゲイト △5ワイルドワンダー
以上が現状の見解。

ただし、今年は枠順・騎乗確定が大事…特に注意が必要なのがサンライズバッカスとヴァーミリアンの2頭。要は、JBC組の動向ってこと!

おまけは、久保田厩舎のドラゴンファイヤーとワイルドワンダー…
共にWSJSに選出された騎手なのがポイント。

( 岩田は問題なしだが、なにせ今年初めて100勝越えた程度の田中勝に、勝てるチャンスがあるかが問題。 )…ヴィクトリーで「勝たせて貰った」騎手だから「信頼」は…

まあ、それだけ穴になる要素があるってことだけどね。
( △1・2と△3・5が消えてくれると、4頭で行けるんだけどね )…大穴じゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回 京阪杯 予想コラム

変則3日間開催の重賞第1弾…京阪杯! ≫
シェアブログkusakeibaに投稿

43頭の登録馬がある今年の京阪杯…
でも、スプリンターズS2着のサンアディユ(音無厩舎)がグリッグリの本命!

しかも、登録時点で鞍上が「武豊」ではチョット…お手上げかな?

ということで、相手馬の候補を上げると…

アンバージャック  (牡4、 武 幸、 中野隆) スプリンターズS12着(15人気)
カノヤザクラ    (牝3、 上 村、 橋 口) セントウルS2着(7人気)
キンシャサノキセキ (牡4、 ペリエ、  堀 ) セントウルS3着(1人気)
サープラスシンガー (牡3、 ---、 宗 像) 福島民友C1着(3人気)
ブラックバースピン (牡4、 四 位、 手 塚) スワンS5着(8人気)
ペールギュント   (牡5、 ルメール、 橋 口) スワンS7着(9人気)
マイネルレーニア  (牡3、 ---、 西 園) オーロC3着(5人気)
以上の7頭くらいが精一杯…

( 成績悪すぎだよ今年のメンバーは!これでサンアディユが連対外したら情けないでしょ!…でも、そしたら大荒れで一攫千金狙えそうだけどね )…ムチャだろ!

現時点で私が順番をつけるなら…

◎サンアディユ。○はアンバージャック。▲はキンシャサノキセキ。
△1はブラックバースピン。△2はペールギュント。△3はカノヤザクラ
△4サープラスシンガー。△5マイネルレーニア

ってとこでしょうね…
( あくまで「現時点」の話…所詮1200mの短距離戦では、どんなに騎手が上手くても「腕を発揮するヒマがない」のが当り前 )

まず目安になるのは、「格上のレースを使っていること」でしょう…

その意味では、高松宮記念2着の実績あるペールギュントも有力になるだろうが、なにせ2頭出しの上、前走スワンSで人気も着順も上だったブラックバースピンがいる以上、ちょっと「○」は打ちづらい…
( 裏予想と思った方、この馬の連対か複勝絡みで狙ってみては… )

そこで、一発面白そうなのが「○」のアンバージャック

今年はG1惨敗からの参戦だが、知っての通り「昨年の覇者」…

ペリエやルメールがいてくれるおかげで、鞍上も武幸では人気も上がらないだろうから、結構美味しい馬券になること間違いなし!

さあ!スケベな欲かき馬券と思った方はバッサリ斬って下さい。
( サンアディユ一本被りの京阪杯…でも、所詮は成績の思わしくない馬たちが集まっているG3の短距離戦。他の有力馬同士で決まること自体、オカシイと読むのが普通じゃなーい? )

『フレー、フレー、幸四郎!…兄弟ワンツーやってくれ!』ってな気持ちで観戦だね。
( でもそう思ったら…、もっと穴馬を狙っても良いかもしんないな。「クールシャローンあたりが、調子に乗ってG3制覇…」な~んてことあるかも…去年のアンバージャックもそんな感じで勝っちゃったもんね。 )…今、一瞬イヤな予感が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイルチャンピオンS 結果コラム

完璧な裏予想で、どーもスイマセン(いっ平のオヤジか!) ≫
シェアブログkusakeibaに投稿

いきなり「突っ込み」から始めましたが…

◎カンパニー ○アグネスアーク ▲フサイチリシャール
△1ダイワメジャー △2スーパーホーネット △3エイシンドーバー

これ以外で怖いのは「伏兵扱い時のユタカ」との予想でしたが…
結果は知っての通り、△1・2の1・2着にユタカの3着という「完璧な裏予想」!
( 順番が逆じゃねーか! )

外人騎手「▲と△3」が全滅。「○」が差されて4着。「◎」が届かず5着。

ローエングリンがもっと早いペースで逃げてくれれば…
勝ったダイワメジャーはペリエマークの完璧競馬。4コーナーでペリエ先頭の遅めの展開では、後方待機馬には厳しい。
( 正直いって、もっとハイペースでローエンとフサイチが引っ張ってくれると思っていたんです。だから、カンパニーで届くと思ったんだが… )

『…だから、福永を◎にするのは怖いんだよ!』が、丸出しになった形!
( ただし、福永のお手馬フサイチリシャールとエイシンドーバーに【本人より上手い騎手が乗った】にも関わらず福永を「◎」にした私のミス! )…バカじゃん!

しかも、【厩舎と騎手に不安あり】ということで△2にしたスーパーホーネットが、鮮やかな乗り方をされて2着に来られてしまった。
追込み馬が「中団キープ」の積極レースをするとは、まるで有馬記念時のハーツクライを勝たせたルメールみたいです。
( でも、やっぱり1着になれないのが藤岡佑らしいけど… )

今回のマイルチャンピオンSで判ったことは…
君こそ第2の蛯名正義だ…藤岡佑ジョッキー! 】ってことか?
( ってことは、1000勝ジョッキーにはなれるかもしれないね。やったね。そしたら…調教師1次試験免除じゃん!お父さんの跡を楽に継げるじゃん! )

ただし、「追えない(競い合いに弱い)騎手」の烙印を押されなきゃ良いけどね…

そうなると悲惨だからね。だって、どんなに上手い騎乗をしても「マグレ」としか思われないもん…
( でも、まだマシかな?『親の七光りでいっぱい良い馬乗せて貰ってるから勝てるんだ!』って言われるより… )

しかし、安藤勝はスゴイわ!( …45才過ぎで人気に応えちゃう騎手なんだもの )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24回 マイルチャンピオンS 最終予想

悲願のG1制覇か!それとも古豪の巻き返しか!

第24回 マイルチャンピオンS(G1) 枠順確定

枠 馬番  馬  名  (厩舎、性齢、負担重量、騎手)

------------------------------
1 1コイウタ     (奥平雅、牝4、55.0kg、吉田隼)
1 2エイシンドーバー (小 崎、牡5、57.0kg、C.ルメール)
------------------------------
2 3キングストレイル (藤沢和、牡5、57.0kg、岩田康)
2 4マイネルシーガル (国 枝、牡3、56.0kg、後 藤)
------------------------------
3 5ローエングリン  (伊藤正、牡8、57.0kg、武 幸)
3 6フサイチリシャール(松田国、牡4、57.0kg、O.ペリエ)
------------------------------
4 7スーパーホーネット(矢 作、牡4、57.0kg、藤岡佑)
4 8ダイワメジャー  (上 原、牡6、57.0kg、安藤勝)
------------------------------
5 9カンパニー    (音 無、牡6、57.0kg、福 永)
5 10トウショウカレッジ(池 添、牡5、57.0kg、池 添)
------------------------------
6 11スズカフェニックス(橋 田、牡5、57.0kg、武 豊)
6 12アグネスアーク  (河 内、牡4、57.0kg、藤 田)
------------------------------
7 13ローレルゲレイロ ( 昆 、牡3、56.0kg、和 田)
7 14ピンクカメオ   (国 枝、牝3、54.0kg、四 位)
7 15ジョリーダンス  ( 堀 、牝6、55.0kg、川 田)
------------------------------
8 16ピカレスクコート (池江寿、牡5、57.0kg、秋 山)
8 17ベクラックス   (ドライ、せ5、57.0kg、R.ムーア)
8 18サンバレンティン (佐々晶、牡6、57.0kg、角 田)
------------------------------

招待馬1頭に、連闘馬あり、2頭出しあり、外国人騎手3人ありと、この上ないカラフルなメンバー構成となった今年のマイルチャンピオンS…!

「3才牝馬の実力や如何に…」を示すピンクカメオも参戦し、予想以上の混戦模様を呈しているが…

やはり、私の「◎」は、9番カンパニーで変更なし!
( 裏予想と思った方、この馬を斬って勝負ですよ! )

問題は、「○」と「▲」の選択…

ポイントは順当に天皇賞組か、それとも別路線組を入れるかでしょうが、やっぱり優先は天皇賞組が本筋…!

ということで、「○」は12番アグネスアーク…ですが、「▲」は6番フサイチリシャールを推奨します!
( 腐ってもG1勝ち馬…鞍上が名手ペリエとなれば、連対までも充分狙えるんじゃないですか…裏予想と思った方、この馬たちを3着以下で買ってください! )

大混戦の「△」は、順当に8番ダイワメジャーが筆頭…ですが、どんな馬が行くのか予想しにくい今年のメンバーで、まかり間違って「逃げ手」を打たされるようなら、この馬にとってはかなり厳しいレースになるはず…
( ダイワメジャーは、ハイペースに対応できる先行馬だが、基本的には自分でレースを作る馬ではない。「スローなら先行する同馬がなお有利…」と一見思いがちだが、マークされる展開やペースになると、意外な大敗を喫するシーンを過去に何度も見ませんでしか? )

そこで「△」の次点馬として、7番スーパーホーネット、2番エイシンドーバーの2頭を挙げておきます!…片やTRの勝ち馬で、片や鞍上が思い切った騎乗をした場合の一発ありと思うから。
( 残念ながら、国枝厩舎の3才馬たちや招待馬、連闘馬ではちょっと期待薄…こんな時「怖い」のがユタカの存在。だが、さすがにここまで広げては【 予想家の名折れ 】ですよね… )

【予想の印】
◎カンパニー ○▲アグネスアーク、フサイチリシャール
△1ダイワメジャー △2・3スーパーホーネット、エイシンドーバー

( どうぞご参考までに… )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイルチャンピオンシップ 予想コラム

出走馬いっぱい。でも勝てそうな馬は…
シェアブログkusakeibaに投稿

先週のエリザベス女王杯から一転、混戦必至のマイルCS

登録馬の中から有力馬をピックアップしてみると、以下の10頭が挙げられる…

アグネスアーク  (牡4 河内 厩舎 吉田隼)…天皇賞2着
カンパニー    (牡6 音無 厩舎 福永?)…天皇賞3着
ダイワメジャー  (牡6 上原 厩舎 安藤勝)…天皇賞9着(安田記念1着)
コンゴウリキシオー(牡5 山内 厩舎 藤田?)…安田記念2着
スーパーホーネット(牡4 矢作 厩舎 藤岡佑)…スワンS1着
フサイチリシャール(牡4 松田国厩舎 福永?)…スワンS2着
サクラメガワンダー(牡4 友道 厩舎 ペリエ)…カシオペアS1着
マイネルシーガル (牡3 国枝 厩舎 後 藤)…富士S1着
ピンクカメオ   (牝3 国枝 厩舎 ???)…秋華賞14着(NHKマイル1着)
フサイチホウオー (牡3 松田国厩舎 ???)…菊花賞5着

これを見ると、「面白い傾向」が2つあることに気付くでしょう…

1つは、松田国と国枝厩舎の2頭出し。

ただ、さすがに今回は松田国厩舎は狙えない
(ダイワスカーレットで牝馬G1を総ナメした松田国厩舎…はっきり言って「やりすぎ」でしょ!幸か不幸か、今回は「Wフサイチ」ということで、先週同様「あっても2着」が普通。もちろん近走惨敗のホウオーじゃなくフサイチリシャールの方…一応G1馬だし…)

一発の期待なら、国枝厩舎の両頭…
共に3才馬という「未知( 未対決 )の魅力」もあるし、騎手にも不安が少ない!
マイネルシーガルは後藤騎手。G1馬ピンクカメオは内田博(こちらは使ってくれればの話)ならば文句なし。
(とはいっても、さすがにこちらも「あって2着」が普通でしょうが…)

もう1つの傾向は、前走福永騎手が乗った馬が異常に多いこと…

カンパニー、フサイチリシャール、上記にない馬ではエイシンドーバーも彼の騎乗馬で、どれに乗るかで取捨がはっきりするので非常に面白い。
(おそらくは、カンパニーが妥当でしょうが、もしもフサイチリシャールに乗るようなら連対まで検討しなければならないでしょう)

その他で私が気になるのは、安藤勝の動向…ダイワメジャーに騎乗するのはもちろんだが、問題は彼が既にこのレースを同馬で勝っていること。

不思議ながら、安藤勝は同じ馬で同じG1を2度制したことがない…今年はダイワメジャーで初めて同じ馬で連覇に挑む…
実績NO.1のダイワメジャーだが、天皇賞の惨敗はもちろん、それより気になるのが、またしても「ダイワの馬」でG1に挑むこと…
(「ちょっと勝ちすぎじゃない?」って思うのが人情でしょ…)

ということで、私の印はこちら…

◎カンパニー ○アグネスアーク ▲ダイワメジャー
△スーパーホーネット △サクラメガワンダー △ピンクカメオ
3着固定△コンゴウリキシオー

要は、天皇賞組が「格上」ってこと!
(…ただ、ちょっと心配なのが最先着のアグネスアーク。理由は厩舎の格と鞍上にG1経験がほとんどないから。でも、吉田隼がもし勝ったら、関東騎手たちにとっては「朗報」だね。だって、若手で期待できるのが松岡だけだもん…今のところ)

「△」の3頭には、それぞれにポイント( 問題点 )があり…

スーパーホーネットは、騎手と厩舎のG1実績に不安。
(2着が精一杯かも?…フサイチリシャールも好走しそうだね…って朝日杯じゃん!)

サクラメガワンダーは「ペリエ鞍上」、ピンクカメオは「内田博鞍上」が条件。
(この2人と同レベルが乗らないと期待は?って、ルメールしかいないじゃん!)

コンゴウリキシオーの3着固定「△」の理由は、マイルCSでは、過去逃げ馬が3着に粘って穴をあける例がよく見られるから…
(ギャラントアロー、エイシンワシントン然り)

今回休み明けながら、安田記念の逃げ2着の実績もあるこの馬が3着なら配当もいくらか美味しいんじゃないですか?
(でも、この馬が粘れる展開だと、ダイワメジャーが俄然有利になりそうだけどね…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリザベス女王杯 結果コラム

ウォッカの取消より、柴田善の出遅れに…(哀)
シェアブログkusakeibaに投稿

ウォッカの直前取消で【興味半減】となったエリザベス女王杯…

一人横綱となったダイワスカーレットの完勝で決まった!
(エリザベス女王杯はまだ獲ってなかった安藤勝の独壇場…朝青龍のいない時の白鳳みたいなもの)

私の予想も「◎」ウォッカがいなくなったおかげで、「○→△→▲」の順で決まり、3連複は1点買いで、馬単と3連単は「○」ダイワの1着固定で2点買いで的中と、ほぼ「完勝」状態で当てさせて頂きました!

しかし、レースが終わった後、馬券の的中より先に何とも言い様のない「哀しく切ない思い」が私の脳裏を駆け巡った…

それが【アサヒライジングの微妙な出遅れ】と、それでも行こうと思えば行けたはずなのに【行かなかった柴田善の騎乗スタイル】を見せられたこと…

正直、アサヒライジングがまともにスタートしてても「逃げ残りは厳しいメンバー」なので、敗戦自体は仕方ない。

だが、多少出遅れても行こうとしなかった柴田善騎手のレースぶりに、なぜこの厩舎がG1を勝てないのかはもちろん、【 なぜ柴田善がクラシックを勝てないのか? 】が如実に現されたことに哀しさを覚えたんです…

脚を残して逃げるのがこの馬のスタイルなのは分かる。だが、ここ一番で大魚を釣り上げようと思ったら、出遅れに臆することなく、思い切った手を打って欲しかった…
(この馬に関しては、おそらく騎手に特別な指示など出していないはず。ということは、出遅れたらムリしないと騎手は決めていたのでしょう…彼ほどのベテランだったら、思い切った手を打っても良かったんじゃないか?)

「馬を安全、確実に馬を走らせるのは、ものすごく大事なこと」なのも分かる…分かるけど…そんな気持ちで勝てるメンバーでないことは百も承知ではないか…!

柴田善騎手の腕なら、多少の出遅れをカバーして逃げ手を打つことはできたはず。序盤はスローペースだったのだから…

なのに、敢えてダイワスカーレットのペースに合わせてレースをしたことに、『 強い馬に乗ってる訳じゃないんだから、なぜ調教師も思い切った逃げ手を打つくらいの指示を出さないのか? 』と思ったのは私だけではないはず…

柴田善騎手は上手い騎手…上手い騎手だが、なぜクラシックが獲れないのか…
それは、土壇場でも馬に余裕を持たせて走らせてしまう「無意識の安全」が染み付いているから!
( 馬券対象にはしなかったが、思い切った逃げを注意したのは当然。だから、出遅れた時点で「読み通り」になったのはOK…でも、この「安全な騎乗ぷり」でいる限り、他の騎手みんなが「ヤラセ」で勝たせてくれないとクラシックはムリ。勝ち星は叔父さんを超えられても、ドラマチックな勝利は期待できないな?…まっ、それも柴田善騎手らしいかもね!…でも、安全に乗る=関東の重鎮では、そりゃあ地方騎手を転入させないとユタカの相手はできんわなー…内田博ーっ、早く関東に来てくれー!…伝統ある関東騎手レベルが疑われちゃうよー!…今回の柴田善に比べれば、ムリな好位で競馬した福永の方がまだ見所があったね。 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王杯2才ステークス&福島記念 結果コラム

 残念な決定…「レベル格下げ」蛯名と藤岡佑
シェアブログkusakeibaに投稿

通算1000勝を京王杯2才ステークス勝ちで飾った後藤浩樹騎手!

福島記念を勝ち、裏開催の主たる存在をまざまざと見せてくれた中舘英二騎手!

2人とも「さすが…」を感じさせてくれた騎乗ぶりでした。

結果、京王杯2才・福島記念ともに、2着に人気薄が飛び込んでの見事な予想ハズレ…
(100歩譲って、1着馬は当てられても、小林淳、太宰は選べません!…はっきり言って、ここまで荒れると手の打ちようがないっす…)

この結果、残念なことに「哀しい結論」を下さねばならなくなった

それは、「騎手格付」において、蛯名正義藤岡佑介の2騎手が【Bクラス】から【その他レベル】に格下げしなければならなくなったこと!

藤岡佑騎乗のタマモサポートは、ある程度『負けるかもしれない…』という予測は立てられた…何故なら、父親の厩舎に騎乗したから!
(今年、弟の藤岡康がデビューし、将来、調教師になることを義務付けられている彼が、見た目ハンデにも恵まれたタマモに騎乗した時点で、「惨敗できる環境に置かれた」と読めるから)

今年ナムラマーズ(福島信厩舎)でクラシックに騎乗…穴人気に推されながら、「見せ場すら作れず大敗した騎乗ぶり」から、『もしかしてこの騎手は、減量恩恵が取れたら大成しない騎手の一人なのかもしれない…』と頭を過ぎったことが、この敗戦で現実になってしまった…
(はっきり言って、「並みレベルの先行抜出し型騎手」丸出しの騎乗だった…哀)

ただし、藤岡佑はまだ若いから、今後いくつかの重賞勝ちができるチャンスはある。
(G1を勝つのは、ほぼムリみたいだけどね)

それより残念なのが、蛯名騎手の格下げ
(1000勝以上の騎手を「下手ランク」にするのは初めてのこと)

現在、年間50勝以上するベテラン騎手だが、可哀想なことに、【武豊と同期で、デビュー時30勝以上挙げた】ということで、大きな期待を懸けられたのが運の尽き。
(バブルじゃなかったら、もっと早く騎乗数が減っていたはず)

的場(もちろん現調教師)から譲られたエルコンドルパサーを2着にしちゃうし…
(もちろん凱旋門賞…せめてユタカだったら…)
昨年朝日杯勝ちも、「出遅れが幸いした」という騎手としては情けない騎乗技術を露呈するし…
(弛みないペースで逃げてくれたペリエ騎手のおかげ)
そして今回は、お世話になった矢野進厩舎の無傷の馬までも見事にぶっ飛ばすとは…

予想の時点で【蛯名を「◎」にしたこと】が、そもそもの読み違いでした…
(昨年朝日杯を勝っているから、「今回はここを勝って、本番の阪神ジュベナイルでぶっ飛んでくれるんじゃないか…」と深読みしすぎた…だって、1番人気で負けてくれる「美味しい」騎手だと思ったもんで…)

まあ、今回は仕方なし…厩舎自体がCクラスだったのもあるしね!

これにめげず、頑張れ蛯名正義…!
( んーっ…蛯名が「武五郎」だったらなあ…って、『下手すりゃ戦前じゃん!』 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王杯2歳ステークス 枠順確定 直前予想

強力な3枠同居が…
シェアブログkusakeibaに投稿

第43回 京王杯2歳ステークス(G2)

枠 馬    馬 名   (斤量) 騎 手
-------------------------
1 1 フォーチュンワード(54.0) 松 岡
-------------------------
2 2 ホッカイカンティ (55.0) 武士沢
2 3 リーベストラウム (54.0) 田中勝
-------------------------
3 4 エフティマイア  (54.0) 蛯 名
3 5 ハートオブクィーン(54.0) 小 野
-------------------------
4 6 イイデケンシン  (55.0) 藤 田
4 7 ドリームシグナル (55.0) 小林淳
-------------------------
5 8 ダイワアンリ   (55.0) 北村宏
5 9 ダイナマイトシコク(55.0) 郷 原
-------------------------
6 10 シベリアントム  (55.0) 吉田隼
6 11 アポロフェニックス(55.0) 柴田善
-------------------------
7 12 レッツゴーキリシマ(55.0)  幸 
7 13 ミッキーチアフル (55.0) 武 豊
-------------------------
8 14 アポロドルチェ  (55.0) 後 藤
8 15 ミリオンウェーブ (55.0) 小 牧
-------------------------

◎ エフティマイア ○ ハートオブクィーン ▲ フォーチュンワード
△ ミリオンウェーブ △ ミッキーチアフル

前予想通り、やはりエフティマイア「◎」は動かせない…
(下手すりゃ朝日杯使っても有力になりそうな馬だから…牝馬なのに)

ならば、相手は未知の魅力、ハートオブクィーンに期待するのが順当…?
(がんばれ小野騎手!…水野厩舎に「夢の重賞勝ち」を…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島記念 枠順確定 予想

波乱万丈!でも私なら…
シェアブログkusakeibaに投稿

第43回 福島記念(G3)

枠 馬    馬 名   (斤量) 騎 手
-------------------------
1 1 ナリタプレリュード(53.0) 太 宰
1 2 ロフティーエイム (52.0) 石橋脩
-------------------------
2 3 ヤマニンメルベイユ(52.0) 川 島
2 4 アルコセニョーラ (51.0) 中 舘
-------------------------
3 5 タマモサポート  (55.0) 藤岡佑
3 6 ヨイチサウス   (54.0) 丹 内
-------------------------
4 7 ヴリル      (55.0) 津 村
4 8 トップガンジョー (57.5) 芹 沢
-------------------------
5 9 マイネルフォーグ (53.0) 田中博
5 10 サンバレンティン (58.0) 佐藤哲
-------------------------
6 11 カンファーベスト (57.0) 木 幡
6 12 オースミグラスワン(56.0) 村 田
-------------------------
7 13 アサカディフィート(57.5) 上 村
7 14 マイハッピークロス(54.0) 池 添
-------------------------
8 15 グラスボンバー  (57.0) 勝 浦
8 16 トウカイワイルド (56.0) 吉田豊
-------------------------

◎ タマモサポート ○ アルコセニョーラ ▲ ロフティーエイム
△ カンファーベスト △ マイハッピークロス △ トウカイワイルド

好走馬がほとんどいない今年の福島記念…
つまり、前走成績がほとんどあてにならないってこと!

ということで、福島で重賞勝ち実績のあるタマモサポートに「◎」
(なんと単純な…ですが、他に選択肢がないのがつらい…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

totoん馬流 ジョッキー格付

悪意はありません。ご参考までに…
シェアブログkusakeibaに投稿

Aランク…(レースを作れる騎手。欠点がほぼない。)

武豊(特例)、安藤勝、岩田康、内田博

準Aランク…(欠点はないが、レースを作れない騎手。)

横山典、柴田善、田中勝、後藤、松岡、藤田、四位、福永(特例)

Bランク…(追い、先手などに特化した騎手…騎手割合10%)

蛯名、中舘、吉田豊、勝浦、池添、川田、角田、藤岡佑など

その他ランク…(特徴がない、特化のない騎手。)

残りの騎手全て…!


※「その他ランク」中にも、特化したもの(追いの良さ、先手の良さ)を持ってる騎手がいるので注意は必要です…特に若手(デビュー5年未満)は、後に「化ける」可能性あり。
(ただし、調教師系の息子は除いても結構です。彼らは、「化ける」前に後継者の勉強をしなければならないから。特に血縁系列に所属してたり、乗せて貰ってる騎手は完全に除いてOKでしょう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王杯2歳ステークス(G2) 予想コラム

圧倒的人気!だけど、騎手と厩舎が心配?
シェアブログkusakeibaに投稿

騎乗技術とは、本当に「残酷」なモノ!

100人(たとえ10000人)の若手・中堅騎手に、「目標とする騎手は?」と聞いた時、『蛯名さん!』というような騎手はいないでしょう…

彼は、デビュー年に30勝以上の勝ち星を挙げ、優秀騎手賞を貰ったほど騎手!

しかし、彼は、【ここは絶対に1着を獲らなきゃいけないレースという人気馬】を、尽く2・3着にしてしまったのです…
(もちろん、人気通りに勝つ時もあるが、それは平場・特別の場合であり、グレードレースでは、唯一、天皇賞のマンハッタンカフェのみ)

一部の人たちが、柴田善は【人気薄を掲示板に載せる騎手】、横山典は【G1で穴2着をあける騎手】と評しているように、彼の場合は【人気馬を2・3着に負けさせる騎手】と評されています…
(でも、これは「可哀想なこと」…現在より数段東西意識が強かった20年前。「関西のユタカに負けるな」と、関東の期待が蛯名に懸けられたが、所詮誰でもユタカと比べるなど愚の骨頂…おまけに、安定した騎乗を「売り」にする柴田善、穴一発の魅力を「売り」にした横山典が先輩として居ては、彼には「売り」が何もないのだから)

そんな彼が、京王杯2歳ステークスに圧倒的な人気になる馬で出てくる…
新潟2歳S勝ちの無傷の3連勝馬エフティマイア(牝、矢野進厩舎、蛯名)!
(評されてる通りなら、「穴党にはニッコニコのレース」でしょう)

ただし、問題は「負かせそうな馬」が居るかどうか…

アポロドルチェ(牡、堀井厩舎、後藤)
ウイントリガー(牡、山内厩舎、藤田)
センノカゼ(牡、山内厩舎、???)
ハートオブクィーン(牝、水野厩舎、武幸)
フォーチュンワード(牝、古賀慎厩舎、松岡)
ミリオンウェーブ(牡、宮本厩舎、小牧太?)

この辺までが候補でしょうが、正直このメンバーでは、どう見ても上回れそうにありません…おまけに、新馬勝ちには、満足な厩舎が1つもなかった!

ということで、私の印は現在のところ以下の通り…
◎エフティマイア ○ウイントリガー ▲ハートオブクィーン
△フォーチュンワード △ミリオンウェーブ

今回のこのメンバーで、もし「◎」が2着に破れるとしたら、原因は1つ…

それは騎手のせいではなく…【厩舎の仕上げミス】!
出てくる限り、「連対確保」は最低条件。8分の出来なら「1着確定」でしょう!

とりあえず、「エフティマイアの今後がどうなるか」が見られるレース…
配当は2の次で考えるのがよろしいんじゃありませんか?
(しかし、土曜日のメインを蛯名騎手が勝つのなら、土曜日の配当は「1日通しで堅いか」、それともメイン以外は「大荒れ波乱の日」となるか両極端になりそうな予感)

| | コメント (0)

エリザベス女王杯 予想コラム

「一騎打ち」濃厚ムードを打ち破るのは…
シェアブログkusakeibaに投稿

アルゼンチン共和国杯は、読み通り「◎」アドマイヤジュピタがきっちり1着!
しかし、ワイド1-9を引っ掛けただけで、『中日優勝で「サイン読み」する人の鉄板連軸トウカイトリック』を無印にしたため、3連複・3連単を逃したのが悔しい
(土曜日のメインレース「アイルランドトロフィー」で、絶対能力上位のショウナンタキオンを4着に負けさせた田中勝騎手に【今週は買い目なし】とは…おかげで、18番カゼノコウテイがぶっ飛んじゃいました…)

ファンタジーSは、安藤勝起用の「○」オディールが1着!
しかし、池江寿厩舎の武豊起用に引っ掛かり、差し・追い込みレースと読んだのが見事に裏目…
2着にもスワンS勝ちの矢作厩舎ということで、切った1番人気エイムアットビップが逃げ残り予想撃沈…
(この調子なら、マイルCSで矢作厩舎が悲願のG1制覇できるかもしれないね…久しぶりにTRスワンSの勝ち馬スーパーホーネットがやってくれるかも…それとも、エイムアットビップが阪神ジュベナイルを勝っちゃうのかな…!?)

とりあえず、今週はエリザベス女王杯

ウォッカの参戦で、ダイワスカーレットとの一騎打ちムード濃厚…

穴馬券に望みを託すとしても、正直この両馬が1・2着を共に外すことは考えられない。
普通なら「一角崩し」が精一杯…ということで、その他を見てみると、

アサヒライジング(古賀慎厩舎、柴田善)府中牝馬2着…1番人気
アドマイヤキッス(松田博厩舎、岩田康)府中牝馬3着…2番人気
デアリングハート(藤原英厩舎、藤田)府中牝馬1着…4番人気
ディアデラノビア(角居厩舎、横山典)府中牝馬4着…3番人気
キストゥヘヴン (戸田厩舎、???)キャッシュCM4着
スイープトウショウ(鶴留厩舎、池添)スワンS4着…4番人気
フサイチパンドラ(白井厩舎、???)札幌記念1着…5番人気
レインダンス(宮厩舎、武幸)秋華賞2着…7番人気
ローブデコルテ(松元茂厩舎、福永)秋華賞10着…4番人気
(ベッラレイアが出てたら「今度こそ…」で狙うんだが、残念ながら不出走)

見て分かるように、ダイワスカーレット(松田国厩舎、安藤勝)とウォッカ(角居厩舎、四位)との絡みがある馬がいて、そこはちょっと買いづらいところ…

ということで、アドマイヤキッスとディアデラノビアは「切り」でしょう!
(裏予想と思った方、アドマイヤキッスを狙うなら兄弟厩舎のダイワスカーレットと一緒に。ディアデラノビアを狙うなら「親子丼」でウォッカと一緒に買って下さい)

前走比較から、オークス馬ローブデコルテがまず「買えない」!
(裏予想と思った方、差し馬同士のウォッカと一緒に狙って下さい)
ローテが不安のキストゥヘヴンも「狙えない」!
(裏予想と思った方、こちらも「斬れ脚」の馬なので、ウォッカと一緒に狙って下さい)

残ったのが以下の5頭…
府中牝馬の1番人気2着だった逃げ・番手先行馬…アサヒライジング
府中牝馬を連覇した…デアリングハート
変則ローテでマイルCSとW登録の女傑…スイープトウショウ
昨年の優勝馬(繰り上がり)…フサイチパンドラ
夏の上がり馬で秋華賞で一角を崩した…レインダンス

これらの内、さすがにデアリングハートは距離性に「?」がつくので手が出せない…
(裏予想と思った方、先行残り目の大穴として狙って下さい…まさか直線一気はしないでしょ…藤田騎手は横山典じゃあないもんね)

おっと、大事なことを忘れてました…今回のダイワとウォッカの比較です!

私は、ベッラレイアに次ぐ上がり脚を使い、ひと叩きしたウォッカが上位と見ます。
(裏予想と思った方、ダイワスカーレットの1着付けで勝負ですよ)

ってことで、ウォッカ「◎」なら他馬の印も決まっちゃいますね…
現時点では、やはり「○」ダイワスカーレットが当然。
「▲」なら女傑スイープトウショウが実績面からも仕方なし。
「△」は、レインダンスに再度の「一角崩し」を期待。
「△」もう1頭に、昨年の覇者フサイチパンドラの順となる…んじゃありませんか。
(でも、ダイワとウォッカの両馬が頭獲れなかったら…それだけでも充分「波乱」でしょうね)

| | コメント (0)

ファンタジーS直前予想コラム

危険な厩舎にご用心シェアブログkusakeibaに投稿

前売り1番人気がエイムアットビップ(矢作厩舎、福永)なのは妥当だが…

結果がどうなるか、正直「見もの」なところで、私は迷わず「切り」!
(裏予想と思った方は、この馬の連軸で勝負ですよ)

理由は簡単、先週のスワンSを勝ったばかりの矢作厩舎が2週連続重賞勝ちするなど考えられないから…
(別に騎手に不安がある訳じゃない…珍しいことだが)

では、何を連軸にするかだが…
ここは文句なくドリームローズ(池江寿厩舎、武豊)で勝負です!

知っての通り、お父さんが(池江郎厩舎)がいる限り、まだ本物のG1を勝ってはいけない厩舎。
だが、フサイチジャンクやドリームジャーニーのように「良い馬」は少なからず入厩されているので、遠からずクラシックを勝つのは目に見える。
(親からの引継ぎが上手くいってる厩舎ということ…ある意味、大久保親子(正→龍)よりスムーズではないか!? )

1番人気が厩舎に「?」がある以上、デビュー戦の川田騎手から今週話題独占の【3000勝達成】武豊使いのこの馬を軸にするのはむしろ当然でしょ!
(新馬を「怒涛の追い込み」で勝った点がちょっと不安だが、鞍上強化で「勝負懸かり」なのは、この馬と上村を降ろしたオディール(橋口厩舎、安藤勝)くらいなモノ)

ということで、印は以下の通り…
◎1番ドリームローズ ○3番オディール ▲11番マイネレーツェル
△2番ルルパンブルー △4番ビーチアイドル

話のネタなら単勝2番人気のビーチアイドル(加用厩舎、四位)の3着固定…
(ビーチアイドルといえば「浅尾美和」でしょ!…この馬も3着だったらピッタリじゃないの?…でも、可哀想だよね浅尾さんは!?だって、ビーチバレーの人気向上と資金稼ぎのためにメディアに出たことで、実力国内3位なのにマスコミの餌食になっちゃったんだもん。…この娘のためにも、マスコミもちょっとは遠慮してやれば良いのに)

ついでに、「亀田」はもう結構です!
(マスコミにいいように取り上げられてるの分かってるだろうに、もう「ビッグマウス」辞めて、普通に世界を目指せば良いのに?…あの家族が更正(世間と自分を見直すこと)なんかできる訳ないじゃない!一般人だったら「ただのケンカ好きのチンピラ」だよ!…第一、どんなにボクシングが強いといったって、所詮は軽量級。体重別のあるスポーツである以上、やっぱり無差別・ヘビー級が最高。せめて【実力でチャンピオンになってから語ってちょうだいな】…どうせ、下剤入りオレンジを配る所の所属なんだから、誰も「本物だ」なんて思ってないよ。…地道に頑張ってる他のジムの選手まであおり喰っちゃうから、マスコミ報道もいい加減にして欲しいね!)

スンマセン…余談が長すぎました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルゼンチン共和国杯に懸かるモノ

村田騎手の今後がここで決まる…!?

村田一誠といえば、上下の区別なく仲間に好かれる陽気な性格…
特に後藤騎手とコンビを組ませたら立派な「ジョッキー芸人」として、見事なボケ突っ込みができる「おバカ」騎手。
(ほめてねえーのか!)

傍から見た騎手のタイプでは、デビュー時から【思わぬところで一発やっちゃうコテッコテの穴ジョッキー】だと思ってる人が多いはず。

(よく似たタイプに勝浦騎手がいる)

だが、本来の彼は、無難な騎乗のできる堅実タイプのジョッキーである。

裏を返せば、勝ち星の伸びない原因もそこにある…
無難な騎乗ができる分、「決め打ち」の乗り方が下手なのだ。
(流れに乗るのが上手い分、知らず知らず、レース半ばで馬の脚を使ってしまうことが多く、イマイチ勝ち星が伸びないでいるということ)

そんな村田騎手に、一誠…じゃない、一世一代のチャンスが回ってきた…
それが今回のアルゼンチン共和国杯でのアドマイヤジュピタ騎乗!

起用する側から見た騎手の評価ポイントは、いかに人気馬を人気どおりに走らせられるかということ。
そのため、将来性の高い馬を任せた時、騎手の対応次第で、その騎手の今後が確定されるのは自明である。

この結果次第で、村田騎手の今後がはっきりするはず。

今年のアルゼンチン共和国杯において、私の興味はココにあるのです…
(ガンバレー、村田一誠!…しっかり獲ってくれー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »