« 第42回シンザン記念 結果コラム | トップページ | 第48回京成杯 予想コラム »

淀短距離ステークス 予想コラム

負けられない馬…カノヤザクラ

1200m路線の開幕戦で、新勢力の登場を期待されるレースそれが淀短距離S!

このレースで大事なことは、何が来そうかではなく何が来なければならないか…

なぜなら、このレースは単なる平場短距離オープン戦ではなく、今年の短距離オープン馬レベルが評価される一戦だからだ。

もし、このレースで大穴馬が連対するようなら、高松宮記念を頂点とした春の短距離重賞において、現役の短距離オープン馬の出番はないということになる。

裏を返せば…有力馬が来なければ、【短距離以外から挑戦する馬を狙え】ってこと!

そこで、今年の淀短距離Sにおいて「狙うべき馬」は以下の4頭

 馬 名   斤量 性齢【厩舎・前走騎手】前走レース
---------------------------【
カノヤザクラ …54kg 牝4【橋口・上村】尾張S1200芝OP4着・1人気
ステキシンスケクン …56kg 牡5【森・中舘】尾張S1200芝OP7着・2人気
ファイングレイン …55kg 牡5【長浜・幸】ファイナル1600芝OP9着・3人気
メテオバースト …55kg 牡7【萩原・秋山】アンドロメ2000芝OP6着・7人気
------------------------------

この中で連対を外しちゃならない短距離馬がいる…それがカノヤザクラ

前走4着と人気を裏切ったが、重馬場と連続好走の反動だったのは明白。4才という若さはもちろんのこと、すでに古馬短距離G2での連対実績もあり、今後の短距離戦線を支えるべき1頭であるのは間違いない!

それでも不安がない訳じゃない…
デビューから減り続けている馬体重と鞍上だ。

ただし、前走の人気裏切りを糧として臨む上村騎手がそうそう続けてミスるはずはないだろうし、ここを好走しないとローテーションが苦しくなる以上、ほぼ全力で仕上げてくるのは間違いない。

騎手のミスする確立が少なく、ココいちで勝負を賭けてくるはずのこの馬なら、間違いなく他の3頭より一段上にいる有力馬だ!

無難な相手なのが、ステキシンスケクンファイングレインの2頭

堅ければこの両頭が相手筆頭だが、私が注目しているのがメテオバースト

「新勢力登場」なら、このメンバーではこの馬しかない…1200m初挑戦の馬でなければカノヤザクラを負かせそうにないから。

使ってくれればの条件付きだが、一発ありそうな唯一の馬ではないか…

( 過去京王杯SCで大敗した時は、休養明けの上に内田博→小野への鞍上弱化と理由がハッキリしている。
前走2000mから一気の距離短縮となる今回だが、4勝全てがマイルというこの馬なら、短縮も良い方に出ると見た
…前走も果敢に逃げて1着馬から0.5秒差なら充分勝負になるのでは… )

|

« 第42回シンザン記念 結果コラム | トップページ | 第48回京成杯 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/9883921

この記事へのトラックバック一覧です: 淀短距離ステークス 予想コラム:

« 第42回シンザン記念 結果コラム | トップページ | 第48回京成杯 予想コラム »