« 第49回宝塚記念 予想コラム…大穴編 | トップページ | 第49回 宝塚記念 予想コラム…私の決断 »

第49回宝塚記念 予想コラム…伏兵編

入着候補と頭あり

アドマイヤオーラ (松田博・安藤勝)
アドマイヤフジ  (橋 田・川 田)
エアシェイディ  (伊藤正・後 藤)
エイシンデピュティ(野 元・内田博)
カンパニー    (音 無・横山典)
ドリームパスポ-ト(稲 葉・蛯 名)

予想家が「伏兵」として挙げるとすればこの6頭。ただし、この馬たちはそれぞれ立場が異なるので注意が必要…この場合の「立場」とは、通常の伏兵(穴の複勝)として狙える馬と、頭(1着)まで見なければならない馬の2つあるということ。

通常の伏兵が【アドマイヤオーラ・アドマイヤフジ・エアシェイディ】の3頭…頭ありが【エイシンデピュティ・カンパニー・ドリームパスポ-ト】である。

それぞれの理由は明確で、通常伏兵の3頭の場合…
鞍上のウデも含め、人気の巻返しが一番見れそうなのがアドマイヤオーラ…だが、厩舎と馬主さんが昨年このレースを勝っているのに加え、いくら前走が休み明けの1番人気の敗戦とはいえ、如何せん先着された馬が多すぎるのが問題。
同じ馬主のアドマイヤフジ…ローテ上、天皇賞組なのは好材料だし、同馬主とはいえ厩舎が違う分Aオーラよりはマシ。ただしこの馬、間違いなしの伏兵中の伏兵だが、頭が取れる要素(上がり目など)がないのが問題。
エアシェイディの場合…唯一安田記念(4着)からの参戦で、一叩きの上がり目があるのは良い。ただし、好走とはいえ安田記念で入着できなかった馬である以上、立場的に見ればアドマイヤフジそっくりの伏兵。ということは、所詮2・3着が限界なのが問題。

一方、頭まで見れる3頭の理由は…
距離1ハロン長そうなエイシンデピュティ…現状、展開上の逃げ・先行残りしか可能性はないが、金鯱賞勝ち馬であり、馬主さんが一流なのも良い。確かに乗り代わりは不安だが、逃げ・先行馬ならさほど騎手変更を気にしなくて良いし、何しろ流れ一つで残り目があるのが強み。ただし、あくまで展開面しかなく、厩舎レベルに至ってはG1など夢のまた夢なのが問題。
安田記念をパスしたおかげで伏兵にまでのし上がったカンパニー…連勝馬ということで、厩舎レベルを考えると充分頭までありそう。ただし、あくまで年齢とローテさえ目を瞑ればの話し。言わば「頭あっても入着ナシ」なのが問題。
最後にドリームパスポ-ト…過去の実績まで遡れば充分頭が見れる馬。移籍というふざけた立場さえなかったら最高の伏兵(正真正銘の巻返し馬)だろう。近走の成績うんぬんはさておき、蛯名くんに乗り代わったことは悪いことではない。だが、若手の松岡を出汁にしたようなウマ・シカ厩舎が全く信用できない。なにより私には、「この馬が1着だったら、誰もがヤラセと思う」のがミエミエで気に入らない。第一、ここで勝ったとしても、厩舎も騎手も何一つ評価できないのが問題。せめて、松岡のままだったら……

しかし、なぜ松田博先生はこの馬の転厩を認めたのか??しかも、限定のG2くらいしか勝てそうもない厩舎に??…松田博先生が見切って移籍したのなら、絶対に勝てないってことなんだが??…誰か訳を知ってたらコメントして下さい!!(…私たちでも理由が判りません!)

|

« 第49回宝塚記念 予想コラム…大穴編 | トップページ | 第49回 宝塚記念 予想コラム…私の決断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/21880730

この記事へのトラックバック一覧です: 第49回宝塚記念 予想コラム…伏兵編:

« 第49回宝塚記念 予想コラム…大穴編 | トップページ | 第49回 宝塚記念 予想コラム…私の決断 »