« 第4回ヴィクトリアマイル 結果コラム | トップページ | 第76回日本ダービー 予想コラム(土台編) »

第70回オークス 予想コラム(図式編)

≪ 冷静に眺めて見れば… ≫
桜花賞馬ブエナビスタの1強ムードとなっている今年のオークス……だが、よ~く冷静に眺めてみると、本質は1強ではなく2強対決の図式と言えるだろう。

もちろん、もう1頭とは桜花賞2着馬レッドディザイアである!

もう一度桜花賞を思い出してもらえば分かることだが、桜花賞時におけるレッドディザイアはブエナビスタより2つの事柄で劣っている( 不利と見られた )ものがあった。

その1つは臨戦過程( ローテーション )であり、もう1つは枠順である。言うなれば、今回こそが正真正銘五分の状況でブエナビスタと戦うことになる訳だ!

ただ、こう述べると「ブエナビスタ鉄板レースに迷いを抱かせるつもりか?」と勘繰る方もいるだろう。特に厩舎関係に興味のある人なら、「松永幹厩舎なんてまだ開業したばかりでそこまでの信頼できない!」と思われて当然だ。

だが、サブタイトル通り冷静に考えてみると、桜花賞で負けたとはいえレッドディザイアを軽視する訳にはいかなくなってしまう。

そもそも今回のオークスに関しては、厩舎レベルや調教師の実績などは、こと勝ち負けだけに限ると関係なくなってしまう。なぜなら、この2頭の対決だけと思えば、調教師( 厩舎 )対決ではなく、担当厩務員の対決になるからだ。( 同じ社台系だが、土台が違うから土台編を参照して下さい! )

確かに、全体を考慮する( 厩舎の実績 )と松永幹厩舎が勝てる訳などない。それどころか、桜花賞の2着さえも本当なら大穴でなければならなかっただろう。関西の重鎮調教師と実績皆無の騎手上がり調教師では元々論評の対象にもならないのだから……

……しかし、そんな厩舎比較を払拭するかのようにレッドディザイアはしっかり2着になった。それも2ヶ月ぶりのレース・大外枠という不利を背負ってだ!

今年の桜花賞の場合、それまでのレッドディザイアの脚質であれば、ブエナビスタをマークしながら直線で外から馬体を併せる形のレースをしたかったハズ。競り負けする馬でないのは厩舎・騎手ともにエルフィンSの剛脚からも分かっていたハズだからだ。

だが、大外枠に入ってはこの手は使えない。なぜなら、ブエナビスタの位置取り次第では最後方から大外まくりというムチャな競馬をする可能性が高くなるからだ。

その点は、さすがに「牝馬の幹夫」と呼ばれただけあって、そんなムチャはさせられないことは分かっていたようである。仕方なく( …かは不明だが、 )ブエナビスタより先に行って直線で外に出す普通の後方待機レースをさせたことでもそれが分かるし、それをきっちり実行した四位騎手も立派だ。( …さすがは2年連続ダービージョッキー。技量のある証拠だ! )

したがって、2400mという距離との戦いを除けば、今回唯一ブエナビスタを倒せる馬はレッドディザイアしかいないことになる!

これが、冷静に眺めれば…「2強対決」であることの主旨なのだ。

結果、桜花賞の1・2着そのままになるのか、それともひっくり返せるかは枠順未定の現在では決断できない。だが、少なくともこの両馬に完全な力量差が見当たらないのは確かだろう。

よって、馬券的な狙い方の基準となるのは2つになる……1つが、この両馬の3着に何が来るのかということと、もう1つが、この両馬の間に食い込める2着馬がいるか否かということだ。

ただ、一つだけ桜花賞の1・2着馬に関して気になることがある。それは、桜花賞勝利後にブエナビスタ陣営がブチ上げた「 凱旋門賞挑戦 」の話題である!

競馬ファンとしてはぜひ実現してもらいたい話であるが、そうなると、やはりブエナビスタは死んでもここだけは負けられないことになる!( …ここを勝てないような馬が凱旋門賞挑戦をブチ上げる訳がないからだ! ) …これで負けたら「ロジユニ・ショック」どころか、単なる「亀田」になる!

この点だけでも、安藤勝騎手の重圧はハンパなものではない。福永くんだったらブルって小便ちびっちゃうところだろう。

ただし、その代わりに残りの騎手全員がアシストしてくれるだろうけどね。何しろ、主催者に作られたマスコミ用ジョッキーだから……下手に負かしちゃったら2度と馬が回って来なくなっちゃうもんね!…でも、その意味ならレッドディザイアも一緒か! …競馬学校って一体何を教えているのかようワカラン??? …徒党の組み方かなあ???

ちなみに、そう言えば、今年のダービーには四位騎手の騎乗馬がいないのが不思議でならない……2年連続ダービー・ジョッキーが乗らないなんて普通おかしいだろっ! …てっきりセイウンワンダーかと思ったら、まさか福永くんだなんて?? …ホントに恵まれた子だ。( …でも、19番目のデルフォイに四位騎手が乗ってくると思うけどね。ジョーカプチーノの回避でね! )

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 第4回ヴィクトリアマイル 結果コラム | トップページ | 第76回日本ダービー 予想コラム(土台編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/29669187

この記事へのトラックバック一覧です: 第70回オークス 予想コラム(図式編):

« 第4回ヴィクトリアマイル 結果コラム | トップページ | 第76回日本ダービー 予想コラム(土台編) »