« 第54回京王杯スプリングC 予想コラム(土台編)(図式編) | トップページ | 第54回京王杯スプリングC 予想コラム(決断編) »

第70回オークス 予想コラム(土台編)

ブエナビスタ唯一の死角?

オークス一週前ながら、すでにほぼ出走馬も決まっており、わざわざ待つまでもないと判断してオークス土台編を公表します。( …この早さが土台検索の強み! )

優先出走9頭…社台系
----------------------------------------------
 レッドディザイア  55.0 ≪松永幹・四 位≫
牧場 千歳市 社台ファーム
馬主 (株)東京ホースレーシング
 ワイドサファイア  55.0 ≪藤原英・岩田康≫
牧場 千歳市 社台ファーム
馬主 幅田昌伸
 ジェルミナル    55.0 ≪藤原英・福 永≫
牧場 千歳市 社台ファーム
馬主 (有)社台レースホース
 デリキットピース  55.0 ≪鹿戸雄・柴田善≫
牧場 千歳市 社台ファーム
馬主 (有)社台レースホース
 ダノンベルベール  55.0 ≪国 枝・後 藤≫
牧場 千歳市 社台ファーム
馬主 (株)ダノックス
 アイアムネオ    55.0 ≪奥平雅・横山典≫
牧場 千歳市 社台ファーム
馬主 堀紘一
 ハシッテホシーノ  55.0 ≪手 塚・松 岡≫
牧場 千歳市 社台ファーム
馬主 齊藤四方司
----------------------------------------------
 ブエナビスタ    55.0 ≪松田博・安藤勝≫
牧場 早来町 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
 ヴィーヴァヴォドカ 55.0 ≪勢 司・村 田≫
牧場 白老町 (有)社台コーポレーション白老ファーム
馬主 芹澤精一

優先出走6頭…非社台系
----------------------------------------------
 ブロードストリート 55.0 ≪藤原英・藤 田≫
牧場 日高町 下河辺牧場
馬主 下河邉行雄
 イナズマアマリリス 55.0 ≪松元茂・池 添≫
牧場 新冠町 小泉牧場
馬主 小泉賢悟
 サクラローズマリー 55.0 ≪友 道・三 浦≫
牧場 静内町 西村和夫
馬主 (株)さくらコマース
 ツーデイズノーチス 55.0 ≪斎藤誠・武 豊≫
牧場 静内町 西村和夫
馬主 諸江幸祐
 ディアジーナ    55.0 ≪田 村・内田博≫
牧場 浦河町 南部功
馬主 ディアレスト
 パドブレ      55.0 ≪相 沢・西 田≫
牧場 浦河町 大道牧場
馬主 (有)ミルファーム

抽選待ち…3/4頭
----------------------------------------------
 ダイアナバローズ  55.0 ≪小 笠・---≫
牧場 三石町 水上習孝
馬主 猪熊広次
 フミノイマージン  55.0 ≪本 田・---≫
牧場 日高町 シンコーファーム
馬主 谷二
 マイティースルー  55.0 ≪大久洋・---≫
牧場 安平町 ノーザンファーム
馬主 (有)キャロットファーム
 ラークキャロル   55.0 ≪菊 川・勝 浦≫
牧場 早来町 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
----------------------------------------------

実力はさておき、大本命馬ブエナビスタにとって唯一の死角が「早来町 ノーザンファーム」産駒の援護がないこと。とは言え、仮に抽選を通ってラークキャロルが出られたとしても大した援護にはならないだろうが…

反対に「千歳市 社台ファーム」産駒の7頭出走はスゴい。その気になれば、レースにおいてブエナビスタを包み込むなど造作もないだろう。

しかし、そうなると今度は「千歳市 社台ファーム産駒の中で何が勝つのか」という問題が生じ、私には逆にそれが予想の興味をそそる材料となるのだが?!

もしも、そんな状況になったらどうなるか!……結果的にブエナビスタを負かす以上は、それ相応の地力を秘めている馬が最優先されるのは自明の理。

その場合、考慮される条件は2つ…ブエナビスタと未対戦の馬、もしくはブエナビスタと接戦を演じた馬ということになる。したがって、自然該当馬は2頭となり、社台系の未対戦馬ならデリキットピース、そして、接戦を演じた馬ならレッドディザイアということになる!

ただ、ここで問題になるのが馬主・厩舎の絡み……レッドディザイアが勝つというのなら、桜花賞の内容から考えてもまだ納得もできるだろう。だが、デリキットピースが勝つとなるとちょっとどころじゃない問題が生じてしまう。

無傷の2連勝馬なのは良い点だが、はっきり言って期待材料はこれだけ。その上、同じ「馬主 (有)社台レースホース」の桜花賞3着ジェルミナルとの柵( しがらみ )が発生してしまう。また、いくら鞍上が柴田善くんということで騎手たちが妥協させられても、何より厩舎( 調教師 )は妥協できない。『 デリキットピースで勝ち負けになるなら、ウチのジェルミナル・ワイドサファイア・ブロードストリートの3頭が来ても全くおかしくない! 』という意識があって当然だからだ。

特に鞍上を岩田康騎手で臨ませるワイドサファイアには、2走前の忘れな草賞で先着されているとはいえ、同馬の方が圧倒的に鋭い脚を見せている……私が調教師でも「仮に馬の力量を互角としても騎手の技量からも絶対に譲れない!」と思うだろう。

したがって結論を言うと、柴田善くんが騎乗するデリキットピースでは相手にならない!…ということになる。( …私的には当然の結論なのだが、騎手への最後の御祝儀というふざけた意図があるなら全くの逆予想になるのだが?! )

この時点ですでに私の予想からデリキットピースは消えた……昨年ジャパンカップを制した鹿戸雄厩舎でブエナビスタと未対戦の無傷の連勝馬という魅力ある存在ではあるが、鞍上が望み薄なのが残念でならない。

せめて、鹿戸雄厩舎の馬で好成績を出している蛯名くんだったらまだチャンスもあったろうに……と思うのは私だけはないのでは?!( …所詮ダービーでアドマイヤメインを譲られても2着にしかできない初代恵まれジョッキー。そもそも期待するのも酷な話ではある! )

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 第54回京王杯スプリングC 予想コラム(土台編)(図式編) | トップページ | 第54回京王杯スプリングC 予想コラム(決断編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/29604297

この記事へのトラックバック一覧です: 第70回オークス 予想コラム(土台編):

« 第54回京王杯スプリングC 予想コラム(土台編)(図式編) | トップページ | 第54回京王杯スプリングC 予想コラム(決断編) »