« 第70回オークス 予想コラム(図式編) | トップページ | 第70回オークス 予想コラム(決断編) »

第76回日本ダービー 予想コラム(土台編)

波乱が起きるなら…
オークス同様に出走馬もほぼ確定し、あとは本番を待つだけとなっている第76回日本ダービー……早速、出走馬の土台を検討してみたい!

…以下が、2006年度産馬より厳選された18+1頭の土台である…

優先出走馬…社台系=10頭( 関西7・関東3 )
----------------------------------------------
 ゴールデンチケット≪ 森 ・川 田≫
父 キングカメハメハ  馬主 (有)社台レースホース
牧場 千歳市 社台ファーム

 リーチザクラウン ≪橋 口・武 豊≫
父 スペシャルウィーク 馬主 臼田浩義
牧場 千歳市 社台ファーム

----------------------------------------------
 アイアンルック  ≪橋 口・小牧太≫
父 アドマイヤボス   馬主 池上一馬
牧場 早来町 ノーザンファーム

 アプレザンレーヴ ≪池江郎・内田博≫
父 シンボリクリスエス 馬主 (有)サンデーレーシング
牧場 早来町 ノーザンファーム
 シェーンヴァルト ≪岡 田・北村友≫
父 ジャングルポケット 馬主 (有)サンデーレーシング
牧場 早来町 ノーザンファーム

 ロジユニヴァース ≪萩 原・横山典≫
父 ネオユニヴァース 馬主 久米田正明
牧場 早来町 ノーザンファーム

----------------------------------------------
 アンライバルド  ≪友 道・岩田康≫
父 ネオユニヴァース  馬主 (有)サンデーレーシング
牧場 安平町 ノーザンファーム
 トライアンフマーチ≪角 居・武 幸≫
父 スペシャルウィーク 馬主 (有)キャロットファーム
牧場 安平町 ノーザンファーム

----------------------------------------------
 フィフスペトル  ≪加藤征・安藤勝≫
父 キングカメハメハ  馬主 (有)キャロットファーム
牧場 白老町 (有)社台コーポレーション白老ファーム
 ブレイクランアウト≪戸 田・藤 田≫
父 Smart Strike   馬主 (有)キャロットファーム
牧場 米国 Shadai Corporation

優先出走馬…非社台系=8頭( 関西5・関東3 )
----------------------------------------------
 ジョーカプチーノ ≪中 竹・藤岡康≫
父 マンハッタンカフェ 馬主 上田けい子
牧場 浦河町 ハッピーネモファーム
 トップカミング  ≪境 直・ 幸 ≫
父 ゴールドアリュール 馬主 (有)コオロ
牧場 浦河町 木戸口牧場
 マッハヴェロシティ≪武 藤・柴田善≫
父 マンハッタンカフェ 馬主 井上一郎
牧場 浦河町 日の出牧場
 アーリーロブスト ≪本 田・三 浦≫
父 バブルガムフェロー 馬主 (有)三嶋牧場
牧場 日高町 山際辰夫
 ケイアイライジン ≪尾 形・松 岡≫
父 Came Home 馬主 (株)啓愛義肢材料販売所
牧場 日高町 メイプルファーム

----------------------------------------------
 アントニオバローズ≪武 田・角 田≫
父 マンハッタンカフェ 馬主 猪熊広次
牧場 新冠町 前川隆範
 セイウンワンダー ≪領 家・福 永≫
父 グラスワンダー   馬主 大谷高雄
牧場 新ひだか町 筒井征文
 ナカヤマフェスタ ≪二ノ宮・蛯 名≫
父 ステイゴールド   馬主 和泉信子
牧場 むかわ町 新井牧場

回避待ち順位1位=社台系
----------------------------------------------
 デルフォイ    ≪長 浜・---≫
父 スペシャルウィーク 馬主 (有)社台レースホース
牧場 新冠町 追分ファーム

まずは、各馬の同一種牡馬をチェックしてみると……

「父 スペシャルウィーク」産駒が3頭、「父 マンハッタンカフェ」産駒が3頭、「父 ネオユニヴァース」産駒が2頭、「父 キングカメハメハ」産駒が2頭いて、つまるところ、この種牡馬たちが今後のセールの注目株になる訳だ!

これは、特に今回の結果に直接つながるものではないかもしれないが、これら4頭の種牡馬が今後の生産界を背負って行くという確認のために取り上げた。( …いざ、決断に迷った時の参考になるかもしれないから! )

もちろん、中でもネオユニヴァース産駒の2頭は特筆だ!

続いて同一馬主は、「馬主 (有)サンデーレーシング」が3頭、「馬主 (有)キャロットファーム」が3頭、「馬主 (有)社台レースホース」が2頭いて、こちらの方が馬券上のポイントとなるだろう!

まずは「馬主 (有)サンデーレーシング」だが、筆頭はもちろんアンライバルドで、少差で続くのがアプレザンレーヴ。離された最後がシェーンヴァルトとなる……おそらく人気通りの順位だがこればかりは仕方がない。北村友くんには可哀相だが、馬の実績から厩舎、果ては技量においてもこの2頭に太刀打ちできないからだ。( …まさかの同一馬主1~3着の場合のみ馬券になるかも?? )

次に「馬主 (有)キャロットファーム」だが、正直言ってこちらの順位は付け難い……トライアンフマーチは、やっぱり鞍上が連続好走できないのが信頼できないし、フィフスペトルは、結局のところ騎手変更のゴタゴタを起こした厩舎が心配だし、ブレイクランアウトは、武豊騎手が降りたことに不安が残るからだ。

残る「馬主 (有)社台レースホース」だが、こちらは順位をつける必要もない。ゴールデンチケット・デルフォイともに馬券対象になれるほど今年のメンバーは弱くないからだ。本音を言えば、最終登録してきたのが不思議なくらいで、厩舎が一流でなければ「冗談だろっ?」と叫びたいほどだ!

ここだけの話だが…究極のところ日本ダービーとは競馬ファンのためにあるレースではない。牧場・厩舎・騎手、そして何より馬主さんの名誉のためにあるレースなのだ。

それを証明しているのが歴代ダービー馬の馬主さんたち……私が知る限り、過去76年の歴史の中で共同馬主で勝った馬は、「馬主 (有)社台レースホース」だったネオユニヴァースだけ。つまり、本来なら共同馬主の馬は2着が精一杯なのだ。

ただ、もしこの状況が続くのなら今年の日本ダービーは波乱確実だろう。何しろ、社台系で個人馬主なのは、リーチザクラウン・アイアンルック・ロジユニヴァースの3頭しかいないのだから……とは言え、「馬主 (有)社台レースホース」にしろ「馬主 (有)サンデーレーシング」しろ、実質「各吉田さんの持ち馬」と言えるのでイマイチ説得力に欠けるのが何とも…( …でも意外に面白い馬券になると思いません?皐月賞の1・2番人気とNHKマイルC2番人気の組み合わせって! …おまけにNHKマイルC1番人気馬は武豊騎手が降りたから消せるしね! )

でも、これだと「ロジユニ・リベンジ」という名のドラマが作れそうだ!( …エンディングは勝利ジョッキー・インタビューでの横山典の涙で決まりだ! )

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 第70回オークス 予想コラム(図式編) | トップページ | 第70回オークス 予想コラム(決断編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/29680729

この記事へのトラックバック一覧です: 第76回日本ダービー 予想コラム(土台編):

« 第70回オークス 予想コラム(図式編) | トップページ | 第70回オークス 予想コラム(決断編) »