« 第44回北九州記念 予想コラム(決断編) | トップページ | 第57回クイーンステークス 結果コラム »

第57回クイーンステークス 予想コラム(決断編)

見せてもらいたい…G1馬の意地!

「桜花賞馬」……正直こんなメンバーに負けて良い訳がない。たとえ現在不調の中に喘いでいてもだ!

ってな訳で、私の決断はコレ↓↓↓↓↓

----------------------------------------------
札幌9R クイーンステークス 芝1800m
◎…2番レジネッタ     ≪55.0 浅 見・四 位≫
○…8番アメジストリング  ≪55.0 浅 見・池 添≫
▲…6番ザレマ       ≪55.0 音 無・安藤勝≫

----------------------------------------------

「◎」は当然レジネッタ……別定戦でありながら、まるで定量戦のような今回のレースでは同馬の格が問われるはず。まして、乗り代わりの四位騎手も腐っても2年連続ダービージョッキーである。ここで連軸を外すようでは馬もお終い、騎手もそれなりでしかないことになってしまう。

問題は「○・▲」の選択……今回のメンバーで唯一前走好走しているアメジストリングを上位にとって「○」、来週のブエナビスタが主役であるザレマの安藤勝を「▲」とした。

もしもレジネッタが連を外すようなら、この馬はここで引退した方が良い。それどころか、とっとと引退してもらわなくては迷惑である。このままでは牝馬クラシックを侮辱する存在でしかないからだ。

それでなくても昨年秋以降の同馬はただの凡馬の結果しか出せておらず、「史上最低の桜花賞馬」、もしくは「とある生産牧場を勝たせために作られた桜花賞馬」を印象付けているにすぎない。

…ぜひとも、そうではないことを今回のレースで証明して欲しいものだ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 第44回北九州記念 予想コラム(決断編) | トップページ | 第57回クイーンステークス 結果コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第44回北九州記念 予想コラム(決断編) | トップページ | 第57回クイーンステークス 結果コラム »