« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

第10回アイビスサマーダッシュ 予想コラム

期待は枠順!

アイビスサマーダッシュといえば新潟1000mの直線競馬。開幕週というのもあり、多少の力差よりも枠順を重視し、騎手と絡めて予想してみた。そこで私の決断は・・・・・・

17番テイエムカゲムシャの一発!

両サイドが休養明け馬というのもあり、8枠だったらこの馬が美味しい存在と見て抜擢。ただし、それだけではさすがに勝因とまでは推せなかったが、何しろ騎乗するのが競馬学校2期生の蛯名くんというのが面白い。

ナカヤマフェスタを先輩に譲って勝たせた御礼はこのレースあたりでないだろうか…

…迷った末に5番シンボリグランを選択!

一応別定戦である以上、それなりに実績のある馬を重視するのが妥当と見ての対抗扱い。

58kgは楽ではないし、前2走の騎手からすれば鞍上弱化なのも認められるところ。しかし、そろそろ年長者中舘騎手にチャンスが巡ってきたのではと思える騎手起用なので思い切って同馬にしたという訳…

4番ウエスタンビーナスの順調さに期待!

前走で今回「◎」にした馬に1秒先着しており、もちろん今回のメンバーであれば充分有力視されてしかるべき馬である。本来なら同馬を「◎」にすべきだろうが、何しろいくら順調とはいえ、前走ハンデ戦で若手に乗り変わって好走したというのが気になって仕方なかったので今回はあえて単穴扱いとした…

…伏兵として8番ショウナンラノビア9番ケイティラブに期待!

本来、ショウナンラノビアは鞍上を考えると消すのが無難な馬だろう。ただ同馬で気になる点は、長目の距離を使った後に距離を縮めてくると好走する確率が高くなっていることである。

馬主2頭出しで、しかも片方に内田博騎手が乗っているのを見ると不安は尽きないが、うまく流れに乗れた先行ができた時に一発ありそうなので今回抜擢したという訳…

ケイティラブは単純に前2走で1番人気になっているのが気になったから。

それに今回「◎」にした馬がその時の勝馬であり、新潟実績の良さと「◎」との比較から伏兵としたという訳。もちろん、伏兵の2頭については騎手は度外視している…

その他で妙に気になるのが大外18番アスドゥクールである!

もちろん大外枠に入ったことが第1の気になる要因だが、この馬だけが大手馬主の「社台RH」なのが気になるからだ。また、「◎」を柴田見厩舎の馬にしたことも気になる要因である。何しろ石橋脩の師匠たる人のお兄様の隣りで、しかも好枠に入ったことによって一緒に好走するのではと思ったからだ。

もちろん騎手の技量など考慮してません。あくまで隣りの「◎」の後にくっついて好走するのではと思ってますから…

余談だが、ここで3番マルブツイースターが勝つようなら私は驚嘆する!

もし、もし、もしもこの馬を馬券対象に持ってくるようなら、柴田善第1期生を見直さねばならなくなるだろう。こんな馬まで好走させたら、世代交代などしない方が良いという証しになるからだ。

でも、さすがに無理だと思う。「ヤ○セ」としか見れないだろうから・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第46回七夕賞 予想コラム

2度あることは3度ある?

何が来ても不思議じゃないレース…それが七夕賞。

それだけ実績や近走成績があまり参考にならないことを踏まえて考えねばならないレースなのだろう。そこで今回は、現在好調と見られる騎手を重視することにした。

したがって、本命は・・・8番ドモナラズの柴田善第1期生を抜擢!

厩舎2頭出しの一方である9番サンライズベガに新聞の印は集まっているが、順調さと騎手の勢いからすればこちらを狙うのが筋だろう。何しろ第1期生なのだから!

相手となる対抗は・・・同厩舎の9番サンライズベガを狙う!

実績面ではこちらが人気になるのは当然のことであり、本来ならこちらを本命にするのが道理だろう。ただし、ここが騎手を重視した面白さであり、好調な第1期生が軽量人気薄に乗ってくるのに、いくら今開催リーディングを取るであろう松岡騎手でもそうそう先着はしにくいと診た訳だ。

この音無厩舎の一角崩しとなる単穴は・・・以下の馬たちを抜擢!

3番ダイワジャンヌ…連闘の勢い+軽量。

4番ブレーブハート…叩き2戦目+◎馬の前走騎乗騎手。

11番イケドラゴン…前走G2好走+軽量。

よって、私の決断は、

◎…8番ドモナラズ    (52.0・音 無・柴田善)

○…9番サンライズベガ  (55.0・音 無・松 岡)

△…3番ダイワジャンヌ  (52.0・的 場・的 場)

△…4番ブレーブハート  (53.0・加藤征・田中勝)

△…11番イケドラゴン   (52.0・石 毛・丸 山)

今回おかしい騎手起用なのが内田博と蛯名がこのメインレースにいないこと。そして、先の福島TVオープンで引退厩舎が1・2着している両馬がそろって騎手変更なところ。

いうまでもなく内田博と蛯名は北村宏などより上手い騎手である。なのに、池江郎センセーが蛯名はまだしも内田博を起用してないのが不可解でならない。

推測するに、たしかに年功序列という意味では中舘起用のバトルバニヤンは怖い存在。だが、前走休養明けで松岡騎手で勝ったのだから少なくとも同騎手を使うのが理に適っているはず。なのに重いハンデで騎手変更してくるのである。

私的には消える可能性が高いと予想せざるを得ない。

また、サマー2000シリーズなどで好走することは、引いてはサマージョッキーの称号につながっている。これは後のWSJSへの参加資格を得ることにもつながっている訳で、それなりの騎手が出なければちょっと困る部分が出てくる可能性もあるだろう。

まあ、昨年が秋山くんという不可解な優勝だったので誰でもありと言えばそれまでだが、少なくとも並みの若手が出るようなことにでもなったら、いざWSJSで斜行でもされて一流外人騎手にケガでもさせたら大問題になってしまう。

そんな意味でも中堅からベテランの騎手が出るのが道理と見るべきだと思う次第なのだが・・・果たしてどなることやら・・・・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第59回ラジオNIKKEI賞 結果

2週連続の恩恵……またかよ!

1着=アロマカフェ   (55.0・小島太・柴田善)

2着=クォークスター  (55.0・ 堀 ・ウィリ)

3着=レト       (55.0・本 間・ 幸 )

4着=ナイスミーチュー (53.0・橋 口・松 岡)

5着=トゥザグローリー (56.0・池江郎・内田博)

詳細は下記 ↓↓↓ にて掲載。(…チェックしてみて!)

http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_kaiko_list&target_race_id=MjAxMDA3MDQwMzAyMDYxMQ%3D%3D

※それにしても年功序列顕著なこと!(苦笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第59回ラジオNIKKEI賞 予想

柴田善の勢い勝ちが怖い?

コラムは下記にて掲示しました。(…2重になるためここは割愛)

http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_yosou_list&target_race_id=MjAxMDA3MDQwMzAyMDYxMQ%3D%3D

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »