« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

第85回中山記念(G2) 結果コラム

壮行レース完勝でシャンシャン

1着…ヴィクトワールピサ【58.0・角 居・デムーロ】

展開や体調、はたまた有馬記念からのローテなど、不安を上げれば限は無かっただろうが、そんなことが如何に些末な問題であったかを如実に示した順当な結果。

馬として日本中央競馬を代表して海外に行こうとするものを邪魔しない…だから主役の馬が完勝する。当然の結果とは、馬が強いからではなく、如何に騎乗する者たちが統制されているかに懸かっているということだ。【裏を返せば、それだけ騎手たちが自分の与えられた着順をちゃんと守ったということ…競馬は相撲の比ではない=ヤラセを読むギャンブルであるということ】

2着…キャプテントゥーレ【58.0・ 森 ・小牧太】

スタートしてレースを引っ張ったのがキャプテントゥーレ……この時点でキャプテントゥーレが上位に残ることが確定。人気の一角も休養明けの分で多少人気落ちの感があり(同馬には強調材料が少なかったため)、2着馬としてはまずまず美味しい存在となった。

はっきり言うが、小牧太は下手なジョッキーではない。中央競馬のヤリ・ヤラズのバランスを取るのが上手くないだけなのだ。【「空気が読めない」ことをしてしまうという意味…中央競馬における上手いジョッキーとは、如何に馬を勝たせるかではなく、如何に手抜きと見られないように負けるかが求められるから…札幌記念でブエナビスタを負かしてしまった柴山くんなどが好い教訓!(ただ彼の場合、勝たねばならなかった菊花賞で3着になってしまうという間抜けを晒しているので干されている…そういう意味では本質上手くないともいえる)】

まあ、結果的には皐月賞馬同士の1・2着ということで『お手を拝借…シャンシャン』ということなのだろう。

3着…リーチザクラウン【58.0・橋 口・武 豊】

この3着が予想の中では一番確率が高かったのではと思われる。なぜなら、武豊くんは競馬学校出では一番上手いジョッキーであり、現在日本4番目に馬を操れるジョッキーだからだ。【もちろん上位は元地方ジョッキーの3人(安藤勝・岩田康・内田博)である】

そもそも元の馬主が手放した馬が激走するなど、オグリキャップのような特殊な状況でもない限りありえないこと。控えて3着入線できただけでもメッケモンといえるだろう。

※4着キープに見たベリーの技量

「前に行く」ということは、中央競馬では『好走しても構いませんよ』という思惑の裏返しであり、これが壮行レースでなかったらおそらくマルカボルトは馬券になっていただろう。

だが、さすがはベリー騎手といえるのは、場を壊さないように上手く直線までに馬の位置取りを下げて、さも力負けしたように見せて掲示板(4着)で終わらせたことである。

常識的には鞍上強化の臨戦なので「一体どんなレースをするのか」と思いきや、やっぱり勝つべき馬に先を譲る存在でしかなかった乗り方をした。

おそらく、鞍上強化して負け役にしなければ馬券になってしまい、それこそヤリ・ヤラズのバランスを崩すところだったからだろう。だから、わざわざ恩恵人福永ちゃんを降ろしたのだ。なぜなら、腕のない福永ちゃんでは勝たせてもらうことは出来ても負けさせる乗り方ができないからだ。【バランスを崩す勝ち負けを起こしてしまう可能性が高くなるから=下手なので!】

見る目のある競馬ファンは、福永ちゃんが実力で勝っているなどとは誰も思っていない…本当に上手くて勝っているのなら、海外に行ってそれなりの成果を出していなければならないからだ。その意味では、彼が目標としている武豊くんはもちろん、蛯名くんの足元にも及ばない技量しかない。

悪い言い方をすれば、彼の存在は、競馬学校が如何に徒党を組んでレースを演出しているかを証明するものでしかなく、そのため『武さんの馬に乗ったら10回中9回勝てる』などと発言した三浦ちゃんのような若手が出てくるのだ。【ともにマスコミに持ち上げられているだけの技量なしのくせに一端のコメントなんぞ語るんじゃない!まして、五十嵐冬樹の騎乗にケチをつけるなど100万年早い!】

競馬学校とは、【集団で上手く乗ることを教育される機関であって、けっして上手いジョッキーを育てる機関ではない……だから世界に通用しないジョッキーしか出てこないのだ。何しろ、世界とは勝つために乗れる者だけが認められる実力世界なのだから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第20回アーリントンカップ(G3) 結果コラム

希望つなぐノーザンリバーの勝利だけど…

1着…ノーザンリバー【56.0・浅 見・武 豊】

わざわざ弟分(四位)を降ろして乗った以上はこの結果は当然だろう。

ただし、予想コラムに書いた浅見調教師の面子が立った勝利なのが幸いだっただけ。なぜなら、別に四位くんで良いところを武くんに乗り変えての勝利だけに、この後の春先はジョッキーレベルが落ちていくだけになるからだ。【所詮こんな持ち回りでしか勝てなくなったということが武くんの存在価値の低下を示しただけ】

ちなみに私がちょっと驚いたのは、専門誌で一番売れてるところがこの馬に6番目の△しか打ってなかったこと。【6人予想で△4つとはちょっと予想が甘すぎるんじゃない?…「よそうはウソヨ」とはよく言ったもんだ!】

2着…キョウエイバサラ【56.0・矢 作・福 永】

今回の低レベルメンバーにおけるヤラセはこの2着馬だった。ただでさえ四位くん降ろしの勝ち馬がダートからの参戦だったので、もちろんこの鞍上での初芝馬など全く眼中にも置いていなかった。【縁故ジョッキーの恵まれ度合にただただ呆然とさせられた…

外国産駒・矢作厩舎以外はほぼ買い目もなかった馬が2着に飛び込んでは、とてもじゃないが獲れる競馬じゃなかった・・・

3着…テイエムオオタカ【56.0・石 栗・ 幸 】

勝ち馬が武くん乗り変わり馬とあってはこの結果は仕方ないところ。なぜなら、ただでさえ厩舎が厩舎なのに鞍上まで武くんの弟分だったからだ。

彼が鞍上で武くんの引き出し役だったこそ縁故ジョッキーの2着が生まれた訳で、要はこの騎手を起用した時点でこれがこの馬の最高の着順だったのだろう・・・

騎乗数ばかり多くて、牡馬のココ一番では「ベテランになった藤岡佑くん」と評すしかないレベルのジョッキーだけに、馬券対象に残れただけでも今回はメッケモンと思って間違いないはず。

※やはり消えたその他の人気馬たち。

ノーブルジュエリーは結果7着ということで、これで同馬がクラシックでは用なしというのはあきらかになったはず。なぜなら、同馬はこれまでの鞍上がルメール・デムーロという超一流ジョッキーなので、いくら「池江寿厩舎・社台RH」の組合せであっても、こんなメンバーより数段上の馬たちと対戦するクラシックにおいてこれ以上を望むことは無理だからだ。

また、ただでさえ親の厩舎から良い馬が流れて行くはずの厩舎なので、下手にこれ以上余計な活躍馬が出てしまっては競馬界のバランスも取れなくなる怖れもある。何しろ日本の調教師界は、勝てない厩舎も何とか食いつなげる共産社会なのだから。【何よりもデムーロ騎手は中山記念を確勝すれば充分なのだし…】

その他では、絵に描いたような着順(5着=掲示板)を取ってくれたスマートロビンの岩田康騎手はさすがと思った。

外面的な敗戦理由として距離不足・体調不良などの条件もあったが、京成杯で1番人気になるような馬であれば、本来こんなメンバーなら3着以内に入らねばならなかったはず。しかし、それでは前走大惨敗の理由に「騎手のミス」というのが加味されてしまうのは否めなくなる。だが、これなら岩田康騎手の技量にもケチも付けられないし、内田博騎手の面子も何とか保てたと見れるだろう。【あくまで外面的・対外的な理由づけとしては…】

まあ、ともかく、おかげで今年のエリカ賞組が大したことないのを証明してくれただけでも今後の予想のためには大きな参考となったのは有難いところ。つまり、共同通信杯3着ユニバーサルバンクなどクラシックでは用なしということだ!【ただ、ユニバーサルバンクの場合、すでに前走で蛯名くんが乗ってる時点で終わってると誰もが思っているだろう…だって、牝馬3冠獲った翌年もクラシックを勝てるようなジョッキーだったらとっくに牡馬クラシックの1つや2つ獲ってなければウソだから!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアル戦直前週のポイント

一人を除いて他の引退調教師は買うべからず!

引退・勇退・解散と厩舎がなくなる形はそれぞれだが、今週が引退厩舎の花道と考えるのは早計というよりむしろもう価値のないネタと思って間違いないだろう。

例えば今週が最後となる池江郎調教師だが、池江調教師自身が全ての馬を管理していた訳ではなく、それぞれに優秀な厩務員がいたからこそ優秀な厩舎実績を残せたのである。そんな優秀な厩務員たちはもちろん引く手数多であり、問題なのは、そんな彼らの行き先がどこの厩舎になるかが一番大事なのである。

アスリート養成所としての競馬学校とは正反対に、日本の厩務員制度はある意味世界に誇れる集団組織力・組織体であり、近年は優秀かつ進取の気性に富んだ人材を輩出している。(…角居調教師はその最たる存在)

したがって、そんな行き先が決まっているはずの彼らがいる引退厩舎を狙うのは、もう遅いとしか言えないのである。

つまり、池江郎厩舎を除く他の引退厩舎が勝つようなことは本来あってはならず(=どんなに優秀な厩務員がいても宝の持ち腐れだったからこそ厩舎がなくなるのだから)、今週が引退だからと狙っているようではもう遅いのである。【おそらくそんな厩舎は今週に馬を用意することもできないのではないだろうか…今週は開催変わりであり、厩務員たちは新しい所属先で自らの「居場所」を作り出さねばならない=古い厩舎の馬にかまっているヒマはない=腕を見せるなら配属先の厩舎で見せねばならないから】

この観点を持っていれば、引退調教師の馬などに惑わされることはないだろう。

ただし、池江郎厩舎だけは別と考えなければならない。なぜなら、馬も厩務員も優秀であることは周知のことであり、彼らに関しては馬と一対であるため、この先も今も何ら変化はないからだ。【変化があるとすれば、低レベル厩舎に配属されて、逆にその厩務員が配属先厩舎の中心となる場合のみ】

したがって、今週のリルダヴァルだけは好走しても何ら問題はないと言えるだろう…とはいえ、あっても2着までが限界のはずだが。【壮行レースを潰してしまっては揉め事になるのは必至。間違いでしたでは済まないからだ。だから鞍上が技量のある内田博予定と推察できる…競馬学校出ではみえみえの惨敗しか演出できないからだと私は思っている】

ただ私的には、そこまでやってくれるなら是非とも内田博騎手には3着までで終わって欲しいとも思っている。何せ連対されると全然馬券的につかないから…2着に来られてしまうと、3着目の乗り子が競馬学校の低レベルたちしか残ってないから…平均年収3000万越えのジョッキーという名の公務員しか…(苦笑x100万)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第20回アーリントンカップ(G3) 予想コラム

浅見調教師の力量や如何に…

登録18頭(フルゲート16頭)。サラ系3歳オープン 別定 芝1600m
----------------------------------------------
イングリッド   【 54.0・みてい 】(横山典)
父 ディープインパクト    性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 アンチョ         馬齢 3歳 調教師 加藤征弘(美浦)
母の父 Wild Zone  生年月日 2008年2月29日  生産牧場 追分ファーム
母の母 Ruth Ann D'or   毛色 鹿毛  産地 安平町
インナージョイ  【 56.0・みてい 】(後 藤)
父 スペシャルウィーク    性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 トコア          馬齢 3歳 調教師 村山明(栗東)
母の父 カーネギー      生年月日 2008年4月26日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 パーソナルファイル  毛色 鹿毛  産地 安平町
カルドブレッサ  【 56.0・みてい 】(川 田)
父 ジャングルポケット    性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 ラフィカ         馬齢 3歳 調教師 吉田直弘(栗東)
母の父 サンデーサイレンス  生年月日 2008年5月13日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 オーピーキャット   毛色 栗毛  産地 安平町
デウスウルト   【 56.0・福 永 】(ベリー)
父 キングカメハメハ     性別 牡 馬主 吉田勝己
母 バプティスタ       馬齢 3歳 調教師 平田修(栗東)
母の父 サンデーサイレンス  生年月日 2008年4月2日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ビーバップ      毛色 黒鹿毛 産地 安平町
ノーザンリバー  【 56.0・四 位 】(四 位)…優先出走1/5
父 アグネスタキオン     性別 牡 馬主 林正道
母 ソニンク         馬齢 3歳 調教師 浅見秀一(栗東)
母の父 Machiavellian    生年月日 2008年4月12日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Sonic Lady     毛色 鹿毛  産地 安平町

ロードハリアー  【 56.0・池 添 】(池 添)
父 ジャングルポケット    性別 牡 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 オーブリエチア      馬齢 3歳 調教師 浅見秀一(栗東)
母の父 フジキセキ      生年月日 2008年3月20日  生産牧場 猿倉牧場
母の母 オーブアンディアンヌ 毛色 鹿毛  産地 様似町

マジカルポケット 【 57.0・松 岡 】(松 岡)…優先出走1/5
父 ジャングルポケット    性別 牡 馬主 榊原源一郎
母 アズワー         馬齢 3歳 調教師 領家政蔵(栗東)
母の父 Danzig     生年月日 2008年4月3日  生産牧場 森永牧場
母の母 Magic Slipper    毛色 鹿毛  産地 日高町
デスティニーホープ【 54.0・みてい 】(川 田)
父 ロイヤルタッチ      性別 牝 馬主 栗本博晴
母 ミラクルファンタジ    馬齢 3歳 調教師 高橋義博(美浦)
母の父 スキャン       生年月日 2008年5月4日  生産牧場 モリナガファーム
母の母 ナカミファンタジア  毛色 黒鹿毛 産地 日高町

トキノエクセレント【 56.0・みてい 】(三 浦)
父 アッミラーレ       性別 牡 馬主 田中準市
母 ダンシングドミニア    馬齢 3歳 調教師 矢野照正(美浦)
母の父 ブライアンズタイム  生年月日 2008年3月26日  生産牧場 三嶋牧場
母の母 ダナグルーム     毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
ビップセレブアイ 【 56.0・みてい 】(浜 中)
父 ゼンノロブロイ      性別 牡 馬主 鈴木邦英
母 ベストオブチャンス    馬齢 3歳 調教師 清水久詞(栗東)
母の父 サクラローレル    生年月日 2008年3月3日  生産牧場 まるとみ冨岡牧場
母の母 サガミコトブキ    毛色 青鹿毛 産地 浦河町
アマノレインジャー【 56.0・国分恭 】(国分恭)
父 タイキシャトル      性別 牡 馬主 中村孝
母 アルフィーネ       馬齢 3歳 調教師 湯窪幸雄(栗東)
母の父 ラムタラ       生年月日 2008年4月8日  生産牧場 浦河土肥牧場
母の母 マルブツアルファ   毛色 栗毛  産地 浦河町

ゲティスバーグ  【 56.0・川 島 】(川 島)
父 リンカーン        性別 牡 馬主 (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
母 ベルベティーン      馬齢 3歳 調教師 大橋勇樹(栗東)
母の父 タイキシャトル    生年月日 2008年3月30日  生産牧場 (有)武岡牧場
母の母 タケノベルベット   毛色 栗毛  産地 新ひだか町
スマートロビン  【 56.0・岩田康 】(内田博)…優先出走1/5
父 ディープインパクト    性別 牡 馬主 大川徹
母 キーブギー        馬齢 3歳 調教師 松田国英(栗東)
母の父 Lyphard    生年月日 2008年3月5日  生産牧場 飛野牧場
母の母 Key Dancer     毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
テイエムオオタカ 【 56.0 幸  】(内田博)…優先出走1/5
父 ホワイトマズル      性別 牡 馬主 竹園正繼
母 ハヤテグレシャス     馬齢 3歳 調教師 石栗龍彦(美浦)
母の父 ネヴアーダンス    生年月日 2008年3月30日  生産牧場 片岡博
母の母 ホワイトグレシヤス  毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
ラトルスネーク  【 56.0・リスポ 】(リスポリ)…優先出走1/5
父 タニノギムレット     性別 牡 馬主 吉田和美
母 ワシントンシティ     馬齢 3歳 調教師 須貝尚介(栗東)
母の父 Wagon Master    生年月日 2008年3月18日  生産牧場 タイヘイ牧場
母の母 Tallahassee     毛色 黒鹿毛 産地 新ひだか町

ロッカヴェラーノ 【 56.0・みてい 】(横山典)
父 マンハッタンカフェ    性別 牡 馬主 吉田照哉
母 ルンバロッカ       馬齢 3歳 調教師 中村均(栗東)
母の父 Sri Pekan  生年月日 2008年2月22日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Rumba Azul     毛色 青鹿毛 産地 千歳市
ノーブルジュエリー【 54.0・デムー 】(デムーロ)
父 Smarty Jones      性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 Noble Stella       馬齢 3歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 Monsun     生年月日 2008年2月13日  生産牧場 Shadai Farm
母の母 Noble Pearl     毛色 黒鹿毛 産地 アメリカ
キョウエイバサラ 【 56.0・みてい 】(後 藤)
父 Aussie Rules      性別 牡 馬主 田中晴夫
母 Annalina     馬齢 3歳 調教師 矢作芳人(栗東)
母の父 Cozzene    生年月日 2008年2月10日  生産牧場 Belgrave Bloodstock
母の母 Solaia     毛色 芦毛  産地 イングランド
----------------------------------------------

ノーザンリバーの巻き返しあるか…

デビュー戦はレーヴディソールの2着。2走目は休み明けで3着。ダートに変わって連勝というローテでここに臨んで来る良血の巻き返しが見所。
おそらく人気の一角を占めることになるだろうが、正直なところ、この後のクラシックで楽しみがありそうな存在がこの馬くらいしかいない。
【それだけ低レベルメンバーの重賞ということ…裏返せば、何でも策略ができる補填重賞である=その気になればデウスウルトの縁故ジョッキーに勝たせることもできるということ】

スマートロビンのここ挑戦をどうみるか…

気性の悪さをモロ出しして惨敗した京成杯1番人気馬スマートロビン。
同馬の巻き返しが人気サイドにおける順当な予想となるだろうが、果たして勝ちまで届くかは甚だ疑問である。なぜなら、いくら何でも京成杯が負け過ぎているからだ。
それに、今回は内田博騎手から岩田康騎手に変更予定になっているが、これで岩田康騎手が勝とうものなら内田博騎手の面目がなくなってしまうと思われるから。(こちらの方が理由的には比重が大きいかと…)

その意味では、ここは3~5着くらいで収まるのが妥当ではないかと思えてならないが…

牝馬ノーブルジュエリーが騎手では1番だが…

デムーロ騎手がレベルが違っていることはすでに万人の常識だが、素直にここで勝たれるということは、黙って土日重賞を持っていかれるということになるのが気掛かり。

とはいえ、ここで惨敗するようだと、もう牝馬クラシックはレーヴディソールの独壇場が決まってしまうのでそれでは面白みがなくなってしまうのも気掛かり。

よって、同馬は複勝圏キープあたりで収まっていただくのが理想かと…
【デムーロ騎手には中山記念のヴィクトワールピサで我慢して欲しいと思う次第。本気で乗られたら手の打ちようもないので…】

たとえここを勝っても今後期待薄な2頭…

優先出走権を持っているテイエムオオタカとラトルスネークの2頭だが、この両馬は将来性の問題がついて回るのが問題。
別にここを勝っても良いのだが、何しろ騎手はさておき、厩舎が3流なので今後の期待は全く持てないからだ。

つまるところ、ここを勝って今後低迷するか、それとも好走で終わってオープンで長く生き延びるかのいずれかになるだろう。
【ようするに一発屋=単穴候補までが妥当な存在】

マジカルポケットが勝ったらビックリ…

スプリンターがマイルを勝ったらビックリでしかない。
勝てばもちろん2・3着でも低レベル重賞の証しになるので、ここで好走されても問題多しとあっては…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第85回中山記念(G2) 予想コラム

ヴィクトワールピサの壮行レース!≫

登録14頭 (フルゲート16頭)。サラ系4歳以上オープン 別定 芝1800m
----------------------------------------------
ヴィクトワールピサ【 58.0・デムー 】(デムーロ)
父 ネオユニヴァース      性別 牡 馬主 市川義美
母 ホワイトウォーターアフェア 馬齢 4歳 調教師 角居勝彦(栗東)
母の父 Machiavellian     生年月日 2007年3月31日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Much Too Risky    毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
シャドウゲイト  【 58.0・田中勝 】(岩田康)
父 ホワイトマズル       性別 牡 馬主 飯塚知一
母 ファビラスターン      馬齢 9歳 調教師 加藤征弘(美浦)
母の父 サンデーサイレンス   生年月日 2002年3月23日  生産牧場 社台ファーム
母の母 カッティングエッジ   毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
トーセンキャプテン【 57.0・みてい 】(江田照)
父 ジャングルポケット     性別 牡 馬主 島川隆哉
母 サンデーピクニック     馬齢 7歳 調教師 中島敏文(美浦)
母の父 サンデーサイレンス   生年月日 2004年4月5日  生産牧場 社台ファーム
母の母 アトール        毛色 鹿毛  産地 千歳市
リーチザクラウン 【 58.0・武 豊 】(武 豊)
父 スペシャルウィーク     性別 牡 馬主 西山茂行
母 クラウンピース           馬齢 5歳 調教師 橋口弘次郎(栗東)
母の父 Seattle Slew      生年月日 2006年2月5日  生産牧場 社台ファーム
母の母 クラシッククラウン   毛色 青鹿毛 産地 千歳市
キャプテントゥーレ【 58.0・小牧太 】(小牧太)
父 アグネスタキオン      性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 エアトゥーレ        馬齢 6歳 調教師 森秀行(栗東)
母の父 トニービン       生年月日 2005年4月5日  生産牧場 社台ファーム
母の母 スキーパラダイス    毛色 芦毛  産地 千歳市

リルダヴァル   【 56.0・内田博 】(リスポリ)
父 アグネスタキオン      性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ヴェイルオブアヴァロン   馬齢 4歳 調教師 池江泰郎(栗東)
母の父 Thunder Gulch     生年月日 2007年4月8日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Wind IN Her Hair  毛色 栗毛  産地 安平町
ミッキードリーム 【 56.0・和 田 】(和 田)
父 キングカメハメハ        性別 牡 馬主 野田みづき
母 フローリッドコート       馬齢 4歳 調教師 音無秀孝(栗東)
母の父 サンデーサイレンス   生年月日 2007年2月5日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 スプリングコート    毛色 栗毛  産地 安平町

キョウエイストーム【 57.0・石橋脩 】(石橋脩)
父 スウェプトオーヴァーボード 性別 牡 馬主 田中晴夫
母 レガシーパーパス      馬齢 6歳 調教師 中川公成(美浦)
母の父 サンデーサイレンス   生年月日 2005年5月18日  生産牧場 田湯牧場
母の母 レガシーフィールド   毛色 芦毛  産地 三石町
トーセンクラウン 【 58.0・江田照 】(江田照)
父 オペラハウス        性別 牡 馬主 島川隆哉
母 サンデーブレーヴ      馬齢 7歳 調教師 菅原泰夫(美浦)
母の父 ダンシングブレーヴ   生年月日 2004年4月16日  生産牧場 山際牧場
母の母 ペニーアップ      毛色 鹿毛  産地 三石町
アロマカフェ   【 56.0・柴田善 】(柴田善)
父 マンハッタンカフェ     性別 牡 馬主 西川光一
母 カリーノカフェ       馬齢 4歳 調教師 小島太(美浦)
母の父 ハートレイク      生年月日 2007年3月9日  生産牧場 浜口牧場
母の母 ジャカード       毛色 黒鹿毛 産地 新冠町
ダンツホウテイ  【 57.0・みてい 】(太 宰)
父 マンハッタンカフェ     性別 牡 馬主 山元哲二
母 グランスオークス      馬齢 6歳 調教師 本田優(栗東)
母の父 Nureyev     生年月日 2005年4月28日  生産牧場 大典牧場
母の母 Dry Fly     毛色 黒鹿毛 産地 静内町
ダイシングロウ  【 57.0・みてい 】(田 辺)
父 ダンスインザダーク     性別 牡 馬主 大八木信行
母 コウユーラヴ        馬齢 7歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 ジェイドロバリー    生年月日 2004年4月1日  生産牧場 滝本健二
母の母 チャームトウショウ   毛色 黒鹿毛 産地 門別町
マルカボルト   【 56.0・ベリー 】(福 永)
父 ネオユニヴァース      性別 牡 馬主 河長産業(株)
母 ラパシオン               馬齢 4歳 調教師 羽月友彦(栗東)
母の父 ノーザンテースト     生年月日 2007年2月19日  生産牧場 笹地牧場
母の母 アヤテンリユウ        毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
レッドシューター 【 57.0・横山典 】(北村宏)
父 Red Ransom    性別 牡 馬主 山本英俊
母 Aspiration     馬齢 6歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 Sadler's Wells     生年月日 2005年3月31日  生産牧場 Epona Bloodstoc K Ltd
母の母 LA Meilleure     毛色 鹿毛  産地 アイルランド
----------------------------------------------

もし2着になったら遠征取り止めるよね…ヴィクトワールピサは!

アパパネが早々に出走を取り止めたのは残念だったが、できるだけ実績に傷を付けたくないと考えれば、たとえ発熱してなくても取り止めて正解だろう。何しろ、いくら3冠牝馬でも期待されて海外に行こうとするヴィクトワールピサに先着できない立場であり、最初から2着までしか見れない存在だったからだ。

つまるところ、今回の中山記念は「ヴィクトワールピサの壮行レース」であり、例えるなら、昨年の京都記念のブエナビスタと同じである。

もし負けたら…もちろん遠征などしない方が良い。なにせ海外に行けば、馬はともかく、いくらデムーロ騎手でも他のジョッキーレベルが格段に上がるので確実好走の期待はできなくなるからだ。
この時点で「今年は2着争い」確定!】

バックダンサーたる他馬で何が2着になるか・・・

人気サイドで決まるなら、キャプテントゥーレ・リルダヴァル・リーチザクラウン・レッドシューターの4頭で2・3着争いになるだろうし、伏兵が来てくれるなら、アロマカフェ・キョウエイストーム・マルカボルト・ミッキードリームのいずれかが飛び込んでくるだろう。

ただし、伏兵の中でもマルカボルトだけはあまり配当面の期待はできないかもしれない。何しろ鞍上にベリー騎手が予定されてるからだ。
私的には「圧倒的鞍上強化」だが、「人気散らしのための乗り変わり」とも読めるので…】

また、案外人気薄になるかもしれないのがリーチザクラウンではないだろうか。何しろ鞍上が『最近どうしちゃったの?』と思えるほどに低迷( 重賞レースだけかもしれないが… )している武くんであるし、馬自体も安藤勝騎手でマイラーズCを勝って以降は3着以内すら獲れていないから。

とにかく今年の中山記念は、「ヴィクトワールピサがどんな勝ち方をするか」が注目すべき所で、あとは「どんな2・3着組合せになっているのか」が見所である!
【厩舎の格付で決まるのか、それともジョッキーの年功序列で決まるのか…個人的には騎手の実力で決まって欲しいものだが…】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第28回フェブラリーステークス 結果コラム

堅いが誰もが納得できるレース!

1着…トランセンド【57.0・安田隆・藤 田】

1番人気に応える逃げ勝ちで、同馬の隙の無さ(安定した走り)を見せた。

ドバイに出るなら是非とも好成績を残して欲しいと思う。

2着…フリオーソ【57.0・地 方・デムーロ】

最終的には2番人気で、しかも直線は1頭だけ別格の脚を見せての2着。

芝スタートで行き脚がつかない時点で後方待機となったが、焦らず我慢して直線勝負に懸けたジョッキーの判断にミスはなく、戸崎を降ろしてデムーロを乗せた面目は保ったのは幸いだったと言えるだろう。

3着…バーディバーディ【57.0・池江郎・池 添】

先行する自分の競馬に徹して残り目3着。

5着マチカネニホンバレを捕まえるまでが精一杯だったが、それでも4着ダノンカモンに先着したのは親子関係があっても上出来である。

4着…ダノンカモン【57.0・池江寿・リスポリ】

デムーロの差し脚に「世界にも年功序列があることを見せた格好」になったが、それでも少差4着、しかも親の厩舎馬に届かず4着なら順当な結果と言えるだろう。

惜しむらくは、「いくら三浦ちゃまから破格の鞍上強化しても、前週にお仕事した(池江郎の引退前花道飾り=京都記念勝ち)ジョッキーは次週お休み」という中央競馬の妥当な順番性には勝てなかったことだけ。

5着…マチカネニホンバレ【57.0・藤沢和・クラスト】

積極策で掲示板を取れた価値ある5着で、クラストゥスと藤沢和厩舎の面目躍如といった所。

それにしても外人ジョッキー3人全員に掲示板確保されると言うのは何とも……

調教師の眼の正しさを示したセイクリムズンの14着!

「マイル戦以上に対応できるのならとうの昔にマイル戦を使っていたはず」と見て、セイクリムズンを軽視したことだけは大正解。

今回大敗はしたものの、服部調教師の馬相眼の正しさを証明したのは幸いで、馬の勢いだけでは勝てない「G1の重み」を証拠立てた好例だろう。【…やはり、G1を勝つには何らかのプラスアルファ(ジョッキーや馬主へのご祝儀)がないと…】

勝った馬より2着馬の底力に感銘!

「スタートが芝でなければ…」と思わせるフリオーソの末脚に感動させられ、そして、【来日する外人ジョッキーは本当に凄いな!】を改めて見せつけられた今年のフェブラリーSだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第28回フェブラリーステークス(G1) 予想コラム

トランセンドに挑むデムーロ&リスポリ

登録22頭(フルゲート16頭)。サラ系4歳以上オープン 定量 ダ1600m
優先上位17頭(…セレスハント回避見込み)
----------------------------------------------
前走…JCダート(2010.12.05)
トランセンド   【 57.0 藤 田】(不 変) 1人1着
父 ワイルドラッシュ    性別 牡 馬主 前田幸治
母 シネマスコープ     馬齢 5歳 調教師 安田隆行(栗東)
母の父 トニービン       生年月日 2006年3月9日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント
母の母 ブルーハワイ      毛色 鹿毛  産地 新冠町
オーロマイスター 【 57.0 吉田豊】(不 変) 9人11着
父 ゴールドアリュール   性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 フェアリーワルツ    馬齢 6歳 調教師 大久保洋吉(美浦)
母の父 Lear Fan    生年月日 2005年1月31日  生産牧場 追分ファーム
母の母 Quick and Smooth   毛色 鹿毛  産地 三石町
クリールパッション【 57.0 津 村】(不 変) 13人6着
父 ワイルドラッシュ    性別 牡 馬主 横山修二
母 イマジネーション    馬齢 6歳 調教師 相沢郁(美浦)
母の父 トニービン       生年月日 2005年3月1日  生産牧場 千代田牧場
母の母 コートネイズデイ    毛色 鹿毛  産地 静内町
前走…東京大賞典(2011.01.20)
バーディバーディ 【 57.0 池 添】(不 変) 5人3着
父 ブライアンズタイム   性別 牡 馬主 里見美惠子
母 ホームスイートホーム  馬齢 4歳 調教師 池江泰郎(栗東)
母の父 Seeking THE Gold   生年月日 2007年2月20日  生産牧場 千代田牧場
母の母 Our Country Place  毛色 黒鹿毛 産地 新ひだか町
シルクメビウス  【 57.0 岩田康】(内田博) 3人5着
父 ステイゴールド     性別 牡 馬主 (有)シルク
母 チャンネルワン     馬齢 5歳 調教師 領家政蔵(栗東)
母の父 ポリッシュネイビー   生年月日 2006年4月16日  生産牧場 森本牧場
母の母 フジノルージユ     毛色 鹿毛  産地 日高町
前走…川崎記念 (2011.01.26)
フリオーソ    【 57.0 デムーロ】(戸 崎) 1人1着
父 ブライアンズタイム   性別 牡 馬主 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
母 ファーザ        馬齢 7歳 調教師 川島正行
母の父 Mr. Prospector    生年月日 2004年5月1日  生産牧場 ハシモトフアーム
母の母 Baya        毛色 栗毛  産地 新冠
メイショウタメトモ【 57.0 武 豊】(福 永) 3人2着
父 ジョリーズヘイロー   性別 牡 馬主 松本好雄
母 フアシネイター     馬齢 6歳 調教師 武田博(栗東)
母の父 ノーザンテースト    生年月日 2005年3月15日  生産牧場 斉藤英
母の母 フアンシーダイナ    毛色 鹿毛  産地 浦河町
前走…根岸S  (2011.01.30)
セイクリムズン  【 57.0  幸 】(不 変) 2人1着
父 エイシンサンディ    性別 牡 馬主 金田成基
母 スダリーフ       馬齢 5歳 調教師 服部利之(栗東)
母の父 サウスアトランテイツク 生年月日 2006年3月13日  生産牧場 清水スタッド
母の母 スダフラウ       毛色 黒鹿毛 産地 様似町
ダノンカモン   【 57.0 リスポ】(三 浦) 3人2着
父 シンボリクリスエス   性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 シンコウエンジェル   馬齢 5歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 Ogygian     生年月日 2006年2月8日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 A Kiss for Luck   毛色 黒鹿毛 産地 早来町
ダイショウジェット【 57.0 柴 山】(不 変) 10人3着
父 クリプティックラスカル 性別 牡 馬主 馬場祥晃
母 デューティエコー    馬齢 8歳 調教師 大根田裕之(栗東)
母の父 マグニテユード     生年月日 2003年4月22日  生産牧場 エムエム、ヤマダファーム
母の母 シルクエコー      毛色 鹿毛  産地 浦河町
ビクトリーテツニー【 57.0 三 浦】(後 藤) 12人9着
父 Gone West   性別 牡 馬主 榮義則
母 Radu Cool   馬齢 7歳 調教師 森秀行(栗東)
母の父 Carnivalay  生年月日 2004年1月23日  生産牧場 Dell Ridge Farm
母の母 Purify      毛色 栗毛  産地 アメリカ
前走…佐賀記念 (2011.02.11)
セレスハント   【 57.0 ---】(福 永) ?人3着
父 コロナドズクエスト   性別 牡 馬主 岡浩二
母 エリモシンフォニー   馬齢 6歳 調教師 松永幹夫(栗東)
母の父 Blushing Groom    生年月日 2005年2月20日  生産牧場 エクセルマネジメント
母の母 Let It Fly  毛色 栗毛  産地 えりも町
マカニビスティー 【 57.0 内田博】(デムーロ) 3人5着
父 ゼンノロブロイ     性別 牡 馬主 備前島敏子
母 サクセスウイッチ    馬齢 4歳 調教師 矢作芳人(栗東)
母の父 ブライアンズタイム   生年月日 2007年5月7日  生産牧場 山田政宏
母の母 アワーミスレッグス   毛色 青鹿毛 産地 日高町
前走…その他
コスモファントム 【 57.0 松 岡】(不 変)
父 Stephen Got Even   性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 Southern House     馬齢 4歳 調教師 宮徹(栗東)
母の父 Paris House      生年月日 2007年2月8日  生産牧場 Joan Hadley Thoroughbreds
母の母 My Southern Love   毛色 鹿毛  産地 アメリカ
ダイシンオレンジ 【 57.0 川 田】(不変)
父 アグネスデジタル    性別 牡 馬主 大八木信行
母 アシヤマダム      馬齢 6歳 調教師 庄野靖志(栗東)
母の父 ラシアンルーブル    生年月日 2005年4月1日  生産牧場 戸川牧場
母の母 キヤツトロンシヤン   毛色 鹿毛  産地 門別町
パワーストラグル 【 57.0 後 藤】(不変)
父 シンボリクリスエス   性別 牡 馬主 (株)グリーンファーム
母 ビッグハッピー     馬齢 5歳 調教師 加藤征弘(美浦)
母の父 アフリート       生年月日 2006年4月22日  生産牧場 田渕牧場
母の母 モルゲンロート     毛色 黒鹿毛 産地 新冠町
ライブコンサート 【 57.0 福 永】(岩田康)
父 Singspiel   性別 せ 馬主 グリーンフィールズ(株)
母 Dance Lively      馬齢 7歳 調教師 白井寿昭(栗東)
母の父 Kingmambo   生年月日 2004年4月8日  生産牧場 Mrs J. Chandris
母の母 Tivli       毛色 黒鹿毛 産地 アイルランド
----------------------------------------------
繰上り順5頭
----------------------------------------------
①マチカネニホンバレ【 57.0 クラス】(安藤勝)
父 シンボリクリスエス  性別 牡 馬主 吉田千津
母 マチカネチコウヨレ   馬齢 6歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 Deputy Minister 生年月日 2005年4月26日  生産牧場 待兼牧場
母の母 Alysbelle 毛色 鹿毛  産地 門別町
②テスタマッタ   【 57.0 ---】(内田博)
父 Tapit      性別 牡 馬主 吉田和美
母 Difficult   馬齢 5歳 調教師 村山明(栗東)
母の父 Concern  生年月日 2006年3月19日  生産牧場 Waterford Farm
母の母 Wings OF Jove  毛色 鹿毛  産地 アメリカ
③タガノジンガロ  【 57.0 ---】(田 辺)
父 キングカメハメハ   性別 牡 馬主 八木良司
母 タガノチャーリーズ   馬齢 4歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 Saint Ballado  生年月日 2007年4月17日  生産牧場 (有)新冠タガノファーム
母の母 Charlies Paradise 毛色 鹿毛  産地 新冠町
④カジノドライヴ  【 57.0 ---】(安藤勝)
父 Mineshaft  性別 牡 馬主 山本英俊
母 Better Than Honour  馬齢 6歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 Deputy Minister 生年月日 2005年3月7日  生産牧場 Shell Bloodstock 
母の母 Blush With Pride 毛色 栗毛  産地 アメリカ
④クイックリープ  【 57.0 ---】(飯 田)
父 サウスヴィグラス   性別 牡 馬主 松平正樹
母 リープリッヒ      馬齢 6歳 調教師 柴田光陽(栗東)
母の父 リアルシヤダイ  生年月日 2005年4月5日  生産牧場 (有)ビクトリーホースランチ荻野豊
母の母 ファーストブリーズ 毛色 栗毛  産地 浦河町
----------------------------------------------

フリオーソとダノンカモンの鞍上強化・・・

今回の人気はもちろんG1ダート馬トランセンドである。
ただ、同馬の今回の問題は「馬体のデキ」にあり、安田隆厩舎が如何に100%に仕上げられるかに懸かっているといえる。なぜなら、勢いもあって勝てたJCダートとは馬的なメンバーはまだしも、鞍上的なメンバーが段違いになっているからだ。
その要因となっているのが、フリオーソとダノンカモンの圧倒的な鞍上強化である。
ただでさえ、フリオーソが戸崎騎手からデムーロ騎手へ変更されてるのに驚いたが、ダノンカモンまでが三浦っちからリスポリ騎手になっているのにはなおさら驚いた。ボンボンからプロに変わっているダノンカモンの強化は破格すぎるからだ。

この2外人が「本気で乗ってくる」ならば、正直な話、単に騎手の力量だけでも今回のトランセンドはどう頑張って見ても3着までにしか診れないし、おそらく人気になるであろうセイクリムズンなど掲示板すら覚束なくなる。何しろ根岸Sでダノンカモンを差し切ったといえども、それは先行競馬の出来ないアマチュア騎手が相手だったから幸くんでもできたことであり、まして未勝利の1600m戦となれば、いくら脚が貯められたとしても腕の差だけでも残られたり、逆に差し返されたりするのは必至だからだ。
もちろん両外人がヤラズをしてくれれば話は別だが…

それでも、この鞍上の格差を覆すためには、どうしても厩舎側の万全な仕上げ=騎手の足りない分を馬が補填してやらねばならない。
つまるところ、服部・安田隆厩舎の調教技量がここで試されることになるということだ。

…でなければ、どちらかの馬主さんの影響力で他の馬の援護を受けるしかないだろう。まぁ、この点おいてはG1なので他馬のジョッキーもそれなりに何でもできる騎手たちばかりいるのが幸いなところ。
もしかしたらこの手を使ってくるかもしれない…フリオーソとダノンカモンの前に壁を作るとかなら競馬学校で大いに修行してきただろうから

ただし、これをやらねばならないほど(=フリオーソとダノンカモンが脚を余して負けたり、行き場を失って追い出せなかった時)ということは、厩舎レベルの低さの顕れを証明することになるのでさすがにないとは思うが・・・
ともかく現時点で私の予想は上位2頭が確定しており、【フリオーソとダノンカモンの1・2着】である!

-------------------------------------------------------------

また別件で、現在繰上り順③にいるタガノジンガロに是非とも出走して欲しいと思っている。
ここまでダート戦全連対という好成績の馬が出れないのは如何にももったいないからだ。
ましてや、賞金を持っているからと全く脈もなさそうな馬に出られても面白みに欠けるだろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第45回共同通信杯(G3) 結果コラム

息子の将来は調教師目標確定だぁ…

1着…ナカヤマナイト【56.0・二ノ宮・柴田善】

や、やばい……とうとうこの日がやってきたようだ。【柴田善くん悲願のクラシック制覇が今年成りそうだ】ということ!

おめでとう柴田善くん!叔父さんそっくりなのはやっぱり「血の成せる業」なのかと先に言っておこう。

2着…ユニバーサルバンク【56.0・松田博・ベリー】

引っ張り役のディープサウンドが作ったスローペースを上手く捌いての先行粘り込みであり、ここでも外人ジョッキーの「判断のよさ」が発揮された証拠。徒党を組んで臨むしかない競馬学校卒ジョッキーにはマネのできない技である。

ただし、同馬は昨年のハンソデバンドみたいな存在なのもこれで確定したとも言えるだろう。なぜなら、外人ジョッキーなのに人気薄2着までだったから。(…ハンソデバンドは団体戦のおかげでアタマだったが…)

3着…ディープサウンド【56.0・勢 司・蛯 名】

共同通信杯ジョッキーといえば蛯名くんというのを露骨に表した3着。なぜなら、これで4年連続馬券対象になったからだ。

とはいえ、それでも同馬が後藤くんのままだったらおそらく黙って死んだふりで終わっていただろう。ホープフルSで1番人気になった厩舎期待馬をあたら10着に大敗させるようなレベルだからだ。

しかしながら、どうして日本のレースではジョッキーがやる気の時には必ず馬に前々を確保させようとするのだろう?……本当に技量があるなら、どんな展開でも対応できるのがプロのはずなのだが?……本来馬の脚質なんて、騎手と厩舎が作り出している幻影にすぎないものなのに?……おかげで直線が何百メートルあっても「脚質予想」が成り立ってしまうのが不思議でならないのだが?(…こんなことを思うのは私だけかな?故大川センセーが生み出した脚質予想って偉大だなぁと思うばかり)

※やっぱり消えたダノンバラード・・・

ラジオNIKKEI2才Sの勝ち馬が、ナンデ?弥生賞ではなく共同通信杯を使うのか解せなかったが、鞍上込みでぶっ飛んだのには正直苦笑してしまった。【「引退厩舎はクラシックに関係ない方で勝つはず」を守ってくれたのはありがたかったが、掲示板まで外してはちょっと問題あるんじゃないかと……

また、もっと苦笑したのが【藤沢和厩舎の牡馬クラシック無縁定説】が今回も成立してしまったことである。

唯一の救いは、サトノオーが上がり脚を見せながらの6着であったことだけ。

土曜日に行われたクイーンCのクラストゥス騎手もそうだったが、今回の横山典くんはあきらかな凡走前提の騎乗ぶり。

前に壁を作るフリをしながら、行き場をなくしたように見せかけて直線までに後方に下げ、直線では大外ぶん回しての届かず6着を演出……一体何人の方が4コーナーの位置取り時点で馬券を捨てたことか!

今回の横山典くんの乗り方と比べれば、クラストゥス騎手の負け方の方がまだ技量を感じさせる部分があるのが情けない限り。

これを見る限り、今年デビューする息子が騎手で大成することはおそらく無いであろう。なぜなら、すでに横山典くん自身がお父さんを超えた存在として主催者が扱っている現状があるのに、三浦ちゃまほども騒がれてないその子供がより高見になど行ける訳がないからだ。

おそらく彼は、一次試験免除で調教師になれる横山典というお父さんの名前で集められる馬によって、親の跡を継ぐために調教師に転進する目的で騎手に成らせてもらう存在にしかなれないだろう。

悪くすると郷原2世になるかもしれない。否、その可能性は極めて高いはずだ。何しろ「良い馬を作るための学が必要とされる調教師」になるためには、ジョッキーとしての騎乗技術の向上を学ぶより、馬の体調管理、好不調の見抜き方、馬の調整法に関してより多くの時間を割いて学ばねばならないからだ。だから、現在の優秀調教師の大半が厩務員からの転進組なのである。

中には、音無・昆調教師のように助手ジョッキーとして調教で多くの馬に跨り、体感として馬の育成に長ける希な存在の一流調教師もいるが、それら調教師の騎手時代の成績がどんなものであったかは言わずもがなである。

できることなら、そんなことにならないことを願ってはいるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第104回京都記念(G2) 結果コラム

今日で確定…

1着…トゥザグローリー【56.0・池江郎・リスポリ】

池江郎厩舎はここで有終の美!

人気通りどころか、先に抜け出したヒルノダムールを並ぶ間もなく交わすという鞍上の技量差歴然のお仕事ぶり。

ただし、この後は騎手が外人じゃなくなるので信頼度低下だけは脳みそに叩き込んでおきたい。

2着…メイショウベルーガ【56.0・池 添・池 添】

池添くん乗り戻しで後方待機決め打ちの2着突っ込み。

それにしても、この子は牝馬しか走らせられないのかと叫びたくなるほどの思いでいっぱい……でも、もしかしたら今年はオルフェーブル辺りでクラシックで何かやらかすかも知れないが・・・

3着…ヒルノダムール【56.0・ 昆 ・藤 田】

藤田くんはよくやったと思う。なぜなら、直線一旦先頭に立ったように今回は自ら積極的に動いての3着差されだったから。

ただし、おかげでメイショウベルーガの良い目標になってしまったのは残念な所。

今回のメンバーでおかしな雰囲気を醸し出していた馬が1頭も見当たらなかったのは大変清々しかった。

おまけに、おかげで一つ確定したことがある。それは、すでに薄々感じていた人も多いことだが、横山典・武豊と同様に安藤勝騎手もクラシックでは世代交代役が確定になったということ。

メイン前の特別レースを連勝しながら、メインレースでは掲示板確保というのがその証拠。

惜しむらくは、日本一上手い(=その気になれば勝てる騎手)が、これでまた一人脇役に下がってしまうことだろう。

お疲れ様でした安藤勝己さま……もう一度、ブエナビスタに乗せてあげたかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第46回クイーンカップ(G3) 結果コラム

本当にひどい乗り方したクラストゥス!

1着…ホエールキャプチャ【55.0・田中清・池 添】

ファンタジーSで武豊くんが墓穴を掘った馬を池添くんが真っ直ぐ走らせて勝つと言う面白い結果。

しかしながら、あきらかに他馬とはワンランク上の能力を見せたのは間違いなく、後は鞍上を福永くんより上手いジョッキーにすれば、もしかしたら桜花賞でレーヴディソールを逆転できるかもしれない。

関東ジョッキーじゃないのは残念だが、牝馬の主要クラシックが関西で施行されるからにはそれも仕方ないことだろう。【池添くんで勝てるのだから誰が乗っても良さそうとは思うが…

2着…マイネイサベル【55.0・水 野・松 岡】

最後に鋭く内を突いて2着は新味を見せた格好。

ただし、勝ち馬とは完全な力量差があるのは否めず、桜花賞では3番手の伏兵までが限界であるのを見せたと言える。【それでも生産時の期待値からすれば上出来の内容で、レーウディソールとホエールキャプチャがいなくなればチャンスになるかもしれない…

3着…デルマドゥルガー【54.0・堀 井・内田博】

同馬が3着になったはフレンチカクタスが休養明けであったことと鞍上のおかげ。

サフラン賞・ひいらぎSで中谷助手が騎乗して負けていただけに、内田博騎手であればこの結果は極めて妥当と言える。

しかし、今回でも上位2頭とは格差歴然だったことを思うと、たとえ桜花賞に出れても現状では掲示板までが精一杯なのは間違いないだろう。【万全の仕上げ+超一流外人ジョッキー起用でもしない限りは…

※「本当に外人ジョッキー?」と思われたクラストゥス騎手の乗り方・・・

スタートは普通。最内ということで外に出せないのは当然だが、まさかそこから外に持ち出して追い出しするとは思わなかった。【本当に上手い外人であれば、内で我慢していたはずの展開なのに…

その挙句が、2~5着までの馬に自分の内側を突かれての6着であり、たしかにこの騎乗ぶりを見れば、1年前に村田助手がブログで文句を言ったことにも頷ける。

しかしながら、こんなジョッキーにさえ良い馬を回されてしまう競馬学校卒のレベルの低さを思うとなおさら落胆させられてしまう。

それにしても、フェアリーSを勝ちながらクイーンCを使うと言う変則ローテを採用したのは本当に調教師の判断だったのだろうか?しかもすでに東京コースの経験値もある馬なのにだ?

ただ、それでも本番で今以上のジョッキーが起用できれば充分巻き返しはできるはず。何しろ厩舎だけは日本有数なのだから!【やっぱり今回は「藤沢和&クラストゥスのヤラズ」だったとしか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第104回京都記念(G2) 予想コラム

一見好メンバーだが…

登録13頭(フルゲート16頭)。サラ系4歳以上オープン 別定 2200m 芝・外

   馬 名   斤量 予定騎手(前走騎手)
----------------------------------------------
前走有馬記念
トゥザグローリー  56.0 リスポリ(ウィリ)3着
父 キングカメハメハ 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 トゥザヴィクトリー  馬齢 4歳 調教師 池江泰郎(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2007年2月16日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 フェアリードール 毛色 鹿毛  産地 安平町
オウケンブルースリ 58.0 内田博 (横山典)11着
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 福井明
母 シルバージョイ  馬齢 6歳 調教師 音無秀孝(栗東)
母の父 Silver Deputy 生年月日 2005年2月24日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Joy of Myrtlewood 毛色 栗毛  産地 早来町
ダノンシャンティ  58.0 安藤勝 (ベリー)9着
父 フジキセキ 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 シャンソネット  馬齢 4歳 調教師 松田国英(栗東)
母の父 Mark of Esteem 生年月日 2007年4月28日  生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)

母の母 Glorious Song 毛色 黒鹿毛 産地 日高町
メイショウベルーガ 56.0 池 添 (蛯 名)12着
父 フレンチデピュティ 性別 牝 馬主 松本好雄
母 パパゴ  馬齢 6歳 調教師 池添兼雄(栗東)
母の父 Sadler’s Wells 生年月日 2005年3月30日  生産牧場 三嶋牧場
母の母 Passamaquoddy 毛色 芦毛  産地 浦河町

前走日経新春杯
ヒルノダムール   56.0 藤 田 (不 変)2着
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 蛭川正文
母 シェアエレガンス  馬齢 4歳 調教師 昆貢(栗東)
母の父 ラムタラ 生年月日 2007年5月20日  生産牧場 橋本牧場
母の母 メアリーリノア 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
ホワイトピルグリム 57.0 --- (福 永)5着
父 クロフネ 性別 牡 馬主 (有)ターフ・スポート
母 オーバルカット  馬齢 6歳 調教師 鮫島一歩(栗東)
母の父 エリシオ 生年月日 2005年5月4日  生産牧場 鵜木唯義
母の母 セシルカット 毛色 芦毛  産地 浦河町

その他
プロヴィナージュ  55.0 佐藤哲 (不 変)
父 フレンチデピュティ 性別 牝 馬主 林邦良
母 ボーンスター  馬齢 6歳 調教師 小島茂之(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2005年2月3日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ボーンフェイマス 毛色 鹿毛  産地 千歳市
シャドウゲイト   58.0 岩田康 (田中勝)
父 ホワイトマズル 性別 牡 馬主 飯塚知一
母 ファビラスターン  馬齢 9歳 調教師 加藤征弘(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2002年3月23日  生産牧場 社台ファーム
母の母 カッティングエッジ 毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
トーセンキャプテン 57.0 --- (江田照)
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 島川隆哉
母 サンデーピクニック  馬齢 7歳 調教師 中島敏文(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2004年4月5日  生産牧場 社台ファーム
母の母 アトール 毛色 鹿毛  産地 千歳市

ヒカルカザブエ   57.0 秋 山 (横山典)
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 高橋京子
母 アドマイヤセラヴィ  馬齢 6歳 調教師 岡田稲男(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2005年4月22日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 フランクアーギュメント 毛色 黒鹿毛 産地 早来町

ビッグウィーク   58.0 川 田 (不 変)
父 バゴ 性別 牡 馬主 谷水雄三
母 タニノジャドール  馬齢 4歳 調教師 長浜博之(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2007年3月20日  生産牧場 カントリー牧場
母の母 タニノブーケ 毛色 青鹿毛 産地 新ひだか町
ロードオブザリング 56.0 --- (池 添)
父 ホワイトマズル 性別 牡 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディフューチャー  馬齢 4歳 調教師 笹田和秀(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2007年2月21日  生産牧場 ケイアイファーム
母の母 アンフイニイ 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
セラフィックロンプ 55.0 宮 崎 (不 変)
マンハッタンカフェ 性別 牝 馬主 井上一郎
母 エルソル  馬齢 7歳 調教師 武藤善則(美浦)
母の父 ロイヤルスキー 生年月日 2004年4月12日  生産牧場 守矢牧場
母の母 アズマローマン 毛色 青鹿毛 産地 新冠町
----------------------------------------------

56.0kg4才馬が中心・・・

順調に使っている強みから、トゥザグローリー・ヒルノダムールに人気が集まりそうだが、正直な所、近走不調な古馬と勝ち切れない4才馬が集まった感は否めない。

しかし、上記2頭が主力であるのも確かであり、安定した成績と順調に使っている強みからしても容易に消すことはできないだろう。

重斤量の4才馬の結果が鍵・・・

菊花賞馬ビッグウィークに期待が懸けられる所だが、休養明け+58.0kgとなるとさすがにここでは叩き台の3着候補までと見るのが妥当であり、仮にビッグウィークが連対以上を果たすと考えた場合、自然と先行馬の残り目の可能性が高くなり差し・追い込み馬はかなり厳しいレースになると予想できるだろう。

また本来なら、有馬記念を叩いたダノンシャンティの巻き返しが筆頭に挙げられる所だが、こちらの心配も58.0kgの斤量にあり、仮にここで連対以上が果たしたならこのメンバーでは一枚上と格付けできるだろう。

古馬の奮起なるか・・・

ここでの奮起が望まれるのが実績ある古馬陣であり、オウケンブルースリ・メイショウベルーガの有馬記念出走馬に「4才馬一角崩し」が期待される所だろう。

ともに乗り戻しジョッキーで、有馬記念から見ればこの点が利点となるが、こちらも重斤量であるのが問題で、果たしてどんな結果を見せるのか大いに注目される。

波乱を呼ぶなら・・・

前走好走の格下馬2頭と鞍上強化の先行馬の一発が怖い存在であり、前者ならセラフィックロンプとロードオブザリング、後者ならシャドウゲイトとプロヴィナージュが候補となるだろう。

能力の高さなら・・・

実績を重視した場合、その他G1制覇の4才馬に匹敵するダノンシャンティにきっちり勝ってもらいたい所だが、どこまで状態が良くなっているのかが未知数なだけに何とも言えないのが問題。
果たしてどんな結果を見せてくれるのか大いに注目したい所である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第45回共同通信杯(G3) 予想コラム

ダノンバラードの実力が問われる一戦だが…

登録16頭(フルゲート16頭)。サラ系3歳オープン 別定 1800m 芝

   馬 名   斤量 予定騎手(前走騎手)
----------------------------------------------
優先出走(10頭)
サトノオー     56.0 横山典(川 田)
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 里見治
母 エアトゥーレ  馬齢 3歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 トニービン 生年月日 2008年2月5日  生産牧場 社台ファーム
母の母 スキーパラダイス 毛色 芦毛  産地 千歳市
タツミリュウ    56.0 江田照(不 変)
父 チーフベアハート 性別 牡 馬主 (有)ターフ・スポート
母 メイショウユウゼン  馬齢 3歳 調教師 矢野英一(美浦)
母の父 タイキシャトル 生年月日 2008年3月25日  生産牧場 中島牧場
母の母 ローマステーション 毛色 栗毛  産地 浦河町
ダノンバラード   57.0 武 豊(不 変)
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 レディバラード  馬齢 3歳 調教師 池江泰郎(栗東)
母の父 Unbridled 生年月日 2008年2月19日  生産牧場 ケイアイファーム
母の母 Angelic Song 毛色 黒鹿毛 産地 新ひだか町
ディープサウンド  56.0 蛯 名(後 藤)
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 増田雄一
母 ジョセット  馬齢 3歳 調教師 勢司和浩(美浦)
母の父 Danehill 生年月日 2008年3月8日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Loure 毛色 鹿毛  産地 千歳市
ナカヤマナイト   56.0 柴田善(不 変)
父 ステイゴールド 性別 牡 馬主 和泉信一
母 フィジーガール  馬齢 3歳 調教師 二ノ宮敬宇(美浦)
母の父 カコイーシーズ 生年月日 2008年3月24日  生産牧場 沖田牧場
母の母 ツバキヒメ 毛色 栗毛  産地 日高町
ニジブルーム    56.0 北村友(不 変)
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 横瀬兼二
母 タヤスブルーム  馬齢 3歳 調教師 山内研二(栗東)
母の父 Caerleon 生年月日 2008年4月26日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ゲイロレンヌ 毛色 芦毛  産地 千歳市
ビッグロマンス   57.0 田中勝(不 変)
父 グラスワンダー 性別 牡 馬主 西村專次
母 グリーンヒルマック  馬齢 3歳 調教師 河野通文(美浦)
母の父 ダンシングブレーヴ 生年月日 2008年3月27日  生産牧場 ヒカル牧場
母の母 マツクスフリート 毛色 黒鹿毛 産地 新冠町
ベルシャザール   56.0 Mデムーロ(ルメール)
父 キングカメハメハ 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 マルカキャンディ  馬齢 3歳 調教師 松田国英(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年4月25日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ジーナロマンティカ 毛色 青鹿毛 産地 千歳市
ロビンフット    57.0 後 藤(不 変)
父 ゼンノエルシド 性別 牡 馬主 桐谷茂
母 サンディフォルス  馬齢 3歳 調教師 堀井雅広(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年3月11日  生産牧場 赤石久夫
母の母 スイートセシール 毛色 青鹿毛 産地 新冠町
----------------------------------------------
地方馬、外国馬
ダブルオーセブン  56.0 戸 崎(不 変)
----------------------------------------------
抽選対象(7/6頭)
オンリーザブレイヴ 56.0 ---(Mデムーロ)
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 山本剛史
母 プラウドビューティー  馬齢 3歳 調教師 角居勝彦(栗東)
母の父 Danehill 生年月日 2008年3月6日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Honey Bun 毛色 鹿毛  産地 千歳市
テキサスルビー   54.0 石橋脩(不 変)…クイーンCとダブル登録
父 スペシャルウィーク 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ストレイトフロムテキサス  馬齢 3歳 調教師 堀宣行(美浦)
母の父 Judge T C 生年月日 2008年2月18日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Tellum Texan 毛色 青毛  産地 安平町
テラノコブラ    56.0 ---(後 藤)
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 寺田寿男
母 マルカパール  馬齢 3歳 調教師 加藤征弘(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年2月3日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ディスコホール 毛色 栗毛  産地 千歳市
ヒカリキャピタル  56.0 ---(ベリー)
父 ネオユニヴァース 性別 牡 馬主 當山隆則
母 サスペンスクイーン  馬齢 3歳 調教師 池上昌弘(美浦)
母の父 Woodman 生年月日 2008年4月10日  生産牧場 服部牧場
母の母 Crystal Cup 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
プレイ       56.0 ---(柴田大)
父 ロックオブジブラルタル 性別 牡 馬主 岡田繁幸
母 マイケイティーズ  馬齢 3歳 調教師 斎藤誠(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年1月29日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ケイティーズファースト 毛色 青鹿毛 産地 安平町
ミヤビファルネーゼ 56.0 吉田豊(蛯 名)
父 ロージズインメイ 性別 牡 馬主 村上義勝
母 タフグレイス  馬齢 3歳 調教師 戸田博文(美浦)
母の父 トニービン 生年月日 2008年3月28日  生産牧場 大成牧場
母の母 システィーナ 毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
ユニバーサルバンク 56.0 ベリー(スポリ)
父 ネオユニヴァース 性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ヴィクトリーバンク  馬齢 3歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 ドクターデヴィアス 生年月日 2008年4月16日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ライトバンク 毛色 黒鹿毛 産地 安平町
----------------------------------------------

誰にアシストしてもらうのか・・・

ラジオNIKKEI2才S優勝馬のダノンバラードの春始動がココというのは「???」。だが、鞍上が鞍上だけに、また調教師が調教師だけに、何とでも成ると言えば成るだろう。
なぜなら今回の場合、はっきり言って相手はサトノオーとベルシャザールの社台ファーム2頭なので、どちらかのジョッキーのアシストがあれば充分連対確保できるはずだからだ。

騎手本来の実力通りなら1着はベルシャザールで確定である。だが、今回の主役がダノンバラードである場合、いくらデムーロといえども易々と勝つことはできないはず。
なぜなら、普通なら騎乗停止明けの騎手が主役になることはないのだが、何しろ鞍上が「ジーニアス武」であり、4期生以下のその他の騎手たちがベルシャザールのペースを乱しにかかる可能性があるからだ。下手すると1~3期生でもプレッシャー役に回るかもしれない。
だが、こうしなければならないほどMデムーロと競馬学校卒の差があるのは明確であり、後はヤラズの指導を馬主からしてもらうしかないのである。
( 本物の天才に秀才は勝てないのだから…団体戦に持ち込むしか手がない! )

アシストがあれば3着(馬券対象)候補はその他から・・・

あくまでダノンバラードが連対するという前提であれば、邪魔をされるはずのベルシャザールが3着以内にくる可能性はかなり低くなる。
したがって、サトノオーとダノンバラードの3番手にはベルシャザール以外の馬が潜り込むことになるだろう。
その場合、残念ながら若手や未熟者の飛び込みは極めて低くなり、自然とベテラン・その他の外人が飛び込んでくることになる。

現時点で一番目に付くのはディープサウンド乗り変わりの蛯名くん。次はナカヤマナイトの柴田善くん。その次がユニバーサルバンクのベリー騎手。その次は京都2才Sでダノンバラードに先着したプレイだが、果たしてどうなることやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第46回クイーンカップ(G3) 予想コラム

ダンスファンタジア出てくれば鉄板!

登録20頭(フルゲート16頭)。サラ系3歳牝オープン 別定 1600m 芝

   馬 名   斤量 予定騎手(前走騎手)
----------------------------------------------
優先出走(8頭)
カトルズリップス  54.0 御神本(藤 田)
父 マンハッタンカフェ 性別 牝 馬主 山岸桂市
母 チャッターリップス  馬齢 3歳 調教師 杉浦宏昭(美浦)
母の父 リファーズウィッシュ 生年月日 2008年2月14日  生産牧場 社台ファーム
母の母 チャッターボックス 毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
ダンスファンタジア 55.0 クラスト(不 変)
父 ファルブラヴ 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 ダンスインザムード  馬齢 3歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年4月2日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ダンシングキイ 毛色 鹿毛  産地 千歳市
デルマドゥルガー  54.0 内田博(クラスト)
父 リンカーン 性別 牝 馬主 浅沼廣幸
母 アドマイヤアイリス  馬齢 3歳 調教師 堀井雅広(美浦)
母の父 ジェイドロバリー 生年月日 2008年5月23日  生産牧場 ファニーヒルファーム
母の母 アンシャンテ 毛色 鹿毛  産地 日高町
ニシノステディー  54.0 吉田豊(不 変)
父 グランデラ 性別 牝 馬主 西山茂行
母 セイウンタカコ  馬齢 3歳 調教師 尾形充弘(美浦)
母の父 ジェイドロバリー 生年月日 2008年4月18日  生産牧場 西山牧場
母の母 ヘイセイイブ 毛色 栗毛  産地 むかわ町
フレンチカクタス  54.0 北村宏(不 変)
父 タイキシャトル 性別 牝 馬主 (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
母 ブラッシュウィズテキーラ  馬齢 3歳 調教師 大竹正博(美浦)
母の父 Broad Brush 生年月日 2008年3月31日  生産牧場 服部牧場
母の母 Sheila Tequila 毛色 黒鹿毛 産地 新ひだか町
ホエールキャプチャ 55.0 池 添(不 変)
父 クロフネ 性別 牝 馬主 嶋田賢
母 グローバルピース  馬齢 3歳 調教師 田中清隆(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年2月24日  生産牧場 千代田牧場
母の母 エミネントガール 毛色 芦毛  産地 新ひだか町
マイネイサベル   55.0 松 岡(不 変)
父 テレグノシス 性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 マイネレジーナ  馬齢 3歳 調教師 水野貴広(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年4月11日  生産牧場 高橋修
母の母 フミノスキー 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
ラテアート     54.0 Mデムーロ(松 岡)
父 サクラバクシンオー 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ラテルネ  馬齢 3歳 調教師 斎藤誠(美浦)
母の父 トニービン 生年月日 2008年3月10日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ヨシオカザン 毛色 鹿毛  産地 安平町
----------------------------------------------
地方馬、外国馬
スクランブルエッグ 54.0 Cデムーロ
----------------------------------------------
抽選対象(12/7頭)
イイデステップ   54.0 ---(リスポリ)
父 ファンタスティックライト 性別 牝 馬主 (株)アールエスエーカントリ
母 パレガルニエ  馬齢 3歳 調教師 北出成人(栗東)
母の父 シアトルダンサー2 生年月日 2008年4月5日  生産牧場 山岡ファーム
母の母 ダービーベター 毛色 鹿毛  産地 新冠町
イングリッド    54.0 横山典(不 変)
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 アンチョ  馬齢 3歳 調教師 加藤征弘(美浦)
母の父 Wild Zone 生年月日 2008年2月29日  生産牧場 追分ファーム
母の母 Ruth Ann d’Or 毛色 鹿毛  産地 安平町
インダクティ    54.0 ---(田中勝)
父 ハーツクライ 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ホールオブフェーム  馬齢 3歳 調教師 宗像義忠(美浦)
母の父 アレミロード 生年月日 2008年3月3日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ベルベットサッシュ 毛色 黒鹿毛 産地 安平町
ケイアイアルテミス 54.0 丸 田(不 変)
父 ジャングルポケット 性別 牝 馬主 (株)啓愛義肢材料販売所
母 ブラッシュウィズデスティニー  馬齢 3歳 調教師 石毛善彦(美浦)
母の父 Broad Brush 生年月日 2008年5月14日  生産牧場 隆栄牧場
母の母 Forever Classic 毛色 鹿毛  産地 新冠町
シグナルストーン  54.0 田中勝(内田博)
父 ブライアンズタイム 性別 牝 馬主 森保彦
母 マジックペイントブラッシュ  馬齢 3歳 調教師 清水久詞(栗東)
母の父 Pirate’s Bounty 生年月日 2008年3月25日  生産牧場 松浦牧場
母の母 Paintbrush 毛色 黒鹿毛 産地 新冠町
ツインエンジェルズ 54.0 ---(蛯 名)
父 ハーツクライ 性別 牝 馬主 吉田照哉
母 マウンテンエンジェル  馬齢 3歳 調教師 中川公成(美浦)
母の父 Mt. Livermore 生年月日 2008年2月9日  生産牧場 社台ファーム
母の母 All An Angel 毛色 青毛  産地 千歳市
テキサスルビー   54.0 石橋脩(不 変)…共同通信杯とダブル登録
父 スペシャルウィーク 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ストレイトフロムテキサス  馬齢 3歳 調教師 堀宣行(美浦)
母の父 Judge T C 生年月日 2008年2月18日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Tellum Texan 毛色 青毛  産地 安平町
バラードソング   54.0 ---(田中勝)
父 ハーツクライ 性別 牝 馬主 (株)グリーンファーム
母 ソロリサイタル  馬齢 3歳 調教師 牧浦充徳(栗東)
母の父 Rahy 生年月日 2008年4月24日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Sole 毛色 鹿毛  産地 千歳市
マイネイディール  54.0 ---(津 村)
父 アドマイヤマックス 性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 オールフォーゲラン  馬齢 3歳 調教師 高木登(美浦)
母の父 ジェイドロバリー 生年月日 2008年4月24日  生産牧場 白井牧場
母の母 ミスゲラン 毛色 青鹿毛 産地 日高町
マイネクイーン   54.0 ---(クラスト)
父 アグネスタキオン 性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 ファストルック  馬齢 3歳 調教師 斎藤誠(美浦)
母の父 Seeking the Gold 生年月日 2008年2月16日  生産牧場 富田牧場
母の母 Loping Along 毛色 鹿毛  産地 浦河町
メーヴェ      54.0 蛯 名(不 変)
父 Motivator 性別 牝 馬主 岡田牧雄
母 Top Table  馬齢 3歳 調教師 栗田博憲(美浦)
母の父 Shirley Heights 生年月日 2008年5月8日  生産牧場 D. D. and Mrs Jean P. Clee 母の母 Lora’s Guest 毛色 黒鹿毛 産地 英
ユースティティア  54.0 柴田善(佐藤哲)
父 フジキセキ 性別 牝 馬主 前田葉子
母 ソブストーリー  馬齢 3歳 調教師 宮本博(栗東)
母の父 エリシオ 生年月日 2008年5月8日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント
母の母 シリーズ 毛色 青鹿毛 産地 新冠町
----------------------------------------------

ダンスファンタジアの動向次第・・・

出てくれば連対以上がほぼ確定といえるだけに、今回のクイーンCの鍵は全てダンスファンタジアが握っているといえるだろう。
言い換えれば、ダンスファンタジアが阪神JFのようにボケた場合は「何でもあり」ということだ。

騎手面の流動から・・・

周知の注目はMデムーロ予定のラテアート。ただ同馬の場合、父親がサクラバクシンオーで、前走が1200m戦というのが問題になる。
仮に、今回のクイーンCで勝った場合のみ桜花賞候補に名乗りを上げることになるが、これが2・3着好走で終わった場合は、鞍上強化のおかげということで将来的にスプリント路線での活躍期待までと位置付けられることになる。
また、同馬を重視するとマイネイサベル(=松岡)の巻き返しを考慮しなければならず、つまるところ、いくらMデムーロ予定とはいえ、現時点のラテアートは「マイネイサベルとの一対=マイネイサベルの好走に付随する存在」といえるだろう。
したがって、同馬の連対以上を期待することはかなり厳しいことになる。

今さら言うまでもないことだが、現状本気で乗りに来る外人ジョッキーに勝てる日本人は、元地方ジョッキー以外に鞍上の技量不足を馬の能力が補える場合しかない。
したがって、いくら騎手不変の馬たちが優先といえども、イングリッド・ケイアイアルテミス・テキサスルビー・メーヴェなどは2着にきてもヤラセみえみえである。

おまけに今回の登録予定では、元地方ジョッキーである内田博がデルマドゥルガーという前走クラストゥスで勝ってきた馬に予定されている。これでは「デルマドゥルガーとダンスファンタジアは一対」と考えるしかない。
したがって、これらから類推されるのは、別格のダンスファンタジアの相手となる存在は「騎手不変の馬たちが優先」ということになる。

よって、もしもダンスファンタジアが2着になったとした場合の1着候補は、フレンチカクタス・ホエールキャプチャ・マイネイサベルの3頭に絞り込めるだろう。

馬連の配当面では面白みに欠けるが、絞りやすさはこの上ないレースということだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回 東京新聞杯(G3) 結果コラム

北村友くんは三浦くん以下を証明したレース

1着…スマイルジャック【57.0・小桧山・三 浦】

ダノンヨーヨーが3着を外し、この子が勝ったことで、別定戦の東京新聞杯の価値は「未熟者の談合レース」というのを証明した格好。

これで、世界に通用する日本人騎手は競馬学校からは生まれないというのも明確になったと言える。
なぜなら、騎手界が実力主義でなく、「主催者がマスコミを使って勝たせたいジョッキーが優遇を受ける環境にある」というのを、ダノンヨーヨーの最後方進みで見せつけてくれたからだ。

結局、一番儲けたのは小桧山厩舎だけ……これも主催者の肝いりジョッキーを優先的に使ってきた恩恵だろう。

2着…キングストリート【56.0・池江郎・内田博】

引退前の同週重賞連続2着という露骨な恩恵。
好走の理由をつけるために内田博騎手を起用させ、本来同厩舎のゴールスキーを息子の厩舎に転厩させて3着にさせるという念の入れ様!

シルポートと同馬主さんの面目も維持し、貢献度の高い厩舎にご祝儀も与えられるという一石二鳥であり、同馬に対する興味は、この先どこの厩舎に回されるかしかない。

3着…ゴールスキー【56.0・池江寿・リスポリ】

「三浦ちゃま勝たせ」をゴール前で顕著に示したのが同馬=ジョッキーであり、前が開くのを待って追えば良いものを、わざわざ勝ち馬の外まで持ち出してから追い出すという不可解な内容。
このことからも、如何に今回のレースが勝ち馬=勝ちジョッキーのために用意されたレースだったかが分かるというもの。

『あんまり本気で乗らないでね…でないと2度と来日させないよ』とでも言い渡していたのだろう。でなければ、直線であんな不思議な位置変えなどイタリアのリーディングジョッキーが取る訳がない。

つまるところ、1~3着まで綺麗な思惑競馬だったということだ。

※北村友くんの存在価値が・・・

残念・・・実に残念でならない・・・
今回の内容・結果から、関東も関西も「北村」という苗字のジョッキーは三浦ちゃま以下のDクラス扱いしかされない立場にあると証明されてしまった。

これだけ露骨にダノンヨーヨーを最後方から進めたジョッキーには、おそらくどこかの重賞レース辺りで補填が為されるだろうが、最終的には「北村友くんというジョッキーは3流扱いされる存在」(=その程度の技量)でしかないことを露呈した。

また一人、若手が凡才であるのを証明したことがとても残念でならない・・・

それにしても、「荒れればお客が喜ぶ」というのは分かるが、やはりその下地には、「せめてヤラセでない競馬で勝ち負けできる技術のあるジョッキーであって欲しい」と望まざるを得ない。

唯一今後の楽しみは、ダノンヨーヨーがこの後どのレースで巻き返させてもらえるのかだけで、あとは相撲協会化した競馬界を認識させられたつまらない東京新聞杯だった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第51回きさらぎ賞(G3) 結果コラム

「やっぱり…」だった福永助手と松永昌厩舎

1着…トーセンラー【56.0・藤原英・デムーロ

本物のプロジョッキーが実力を見せただけ。
ただ残念なことは、同馬がこれまで3着続きだったのはあきらかにジョッキーが上手くなかったというのを証明してしまったことだろう。

所詮、競馬学校など世界に通用しない「第2の相撲協会」であるということなのだろう・・・これまで勝ってきたジョッキーは、元地方ジョッキーを除き、全員「勝たせてもらっていた技量不足者」というめいかくな証拠である。

2着…リキサンマックス【56.0・ 昆 ・柴 原】

逃げ残りさせてもらった柴原くんのラッキー付き援護という結果。
ペースの読めない競馬学校出先輩ジョッキーが、番手で自滅してくれたおかげで2着になれただけ。

ただし、こんな展開になったら本当は勝っても良かったろうが、そこが同ジョッキーの技術のなさを証明した格好なのが哀しい。
つまるところ、勝ったデムーロ、ヤラズに徹した安藤勝、駄馬に乗って1周しただけの岩田康を除いた残りの全員が如何に「ジョッキーとしての技量がないか」を証明した2着だったということである!

3着…オルフェーヴル【56.0・池江寿・池 添】

同馬が3着に来れたのは全面的に馬主と厩舎のおかげ。
裏の東京新聞杯で親の厩舎からいきなり転厩した人気馬も3着だったように、単に賞金的にバランスを取った結果になれば良かっただけ。
つまり、同馬に関しては別に鞍上など誰でも良かったということで、それは同馬の兄馬が朝日杯FSを勝った時のジョッキーが蛯名くんであったことでも充分理解できるだろう。

一言で言えば、「同馬は良くて第2のヒルノダムールである」ということだ!

※スネかじり同士は4着で上等という結果・・・

『もういい加減にして欲しい』としか言えないウインバリアシオンの4着。
マスコミのお陰で勝たせてもらっている技量ナシのジョッキー。
有馬記念でシンザンに乗っただけで調教師になった「かえるの子はカエル」を絵に書いた調教師。

(割当てで入れてもらった馬がたまたまデビューから2連勝しただけ=厩舎の育成力の低さの証明)

『本物のジョッキーのコラムを読みたいと思うのは私だけ?』……なぜこんな程度の低いジョッキーのコラムが掲載されるのか不思議でならない。

要するに今回の日曜重賞は、ニセモノジョッキーのヤリ・ヤレズだったという苦笑しか湧かないものだったということだ……本当に『もういい加減にして欲しい』ものである!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第51回きさらぎ賞(G3) 予想コラム・決断編

この馬を3着にしたら…

クラシックにつながる大事な一戦。それだけに結果が必要なレースである!

予想は下記↓↓↓↓↓…にて掲載!
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_top&year=2011&week=06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回 東京新聞杯(G3) 予想コラム・決断編

ダノンヨーヨー負けたら騎手の未来が…
馬番、 馬 名  【斤量 騎 手】(前走騎手)
----------------------------------------------
1、ゴールスキー   【 56.0 リスポリ】(福 永)
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
馬齢 4歳 調教師 池江泰寿(栗東)
生産牧場 追分ファーム   産地 安平町
2、リクエストソング 【 56.0 吉田豊】(秋 山)
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
馬齢 5歳 調教師 石坂正(栗東)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
----------------------------------------------
3、キングストリート 【 56.0 内田博】(津 村) 
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 百万武夫
馬齢 5歳 調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 タイヘイ牧場 産地 新ひだか町
4、ダノンヨーヨー  【 57.0 北村友】(スミヨン)
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
馬齢 5歳 調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
----------------------------------------------
5、ゼットフラッシュ 【 56.0 江田照】(吉田稔) 
父 Fantastic Light  性別 牡 馬主 (有)フォーレスト
馬齢 8歳 調教師 山内研二(栗東)
生産牧場 Barry Taylor       産地 イングランド
6、キャプテンベガ  【 56.0 田中勝】(柴田善)
父 サンデーサイレンス 性別 牡 馬主 吉田和子
馬齢 8歳 調教師 松田博資(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町
----------------------------------------------
7、マイネルレーニア 【 57.0 ベリー】(和 田) 
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
馬齢 7歳 調教師 西園正都(栗東)
生産牧場 岡田スタツド 産地 静内町
8、フラガラッハ   【 56.0 柴田善】
父 デュランダル    性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
馬齢 4歳 調教師 松永幹夫(栗東)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
----------------------------------------------
9、オーシャンエイプス【 56.0 北村宏】(三 浦) 
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 松岡隆雄
馬齢 7歳 調教師 石坂正(栗東)
生産牧場 バンダム牧場 産地 浦河町
10、カウアイレーン  【 54.0 横山典】
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
馬齢 5歳 調教師 和田正道(美浦)
生産牧場 パカパカファーム 産地 新冠町
----------------------------------------------
11、シルポート    【 58.0 小牧太】
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬主 百万武夫
馬齢 6歳 調教師 西園正都(栗東)
生産牧場 タイヘイ牧場 産地 静内町
12、ファイアーフロート【 56.0 津 村】
父 スペシャルウィーク 性別 牡 馬主 臼田浩義
馬齢 5歳 調教師 小笠倫弘(美浦)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
----------------------------------------------
13、ダノンムロー   【 56.0 クラスト】(柴田善) 
父 Gone West 性別 せん 馬主 (株)ダノックス
馬齢 7歳 調教師 加藤征弘(美浦)
生産牧場 Fontainebleau Farm Inc.産地 アメリカ
14、ネオヴァンドーム 【 56.0 松 岡】(福 永)
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 小林仁幸
馬齢 4歳 調教師 藤原英昭(栗東)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
----------------------------------------------
15、スマイルジャック 【 57.0 三 浦】(川 田)
父 タニノギムレット  性別 牡 馬主 齊藤四方司
馬齢 6歳 調教師 小桧山悟(美浦)
生産牧場 上水牧場 産地 鵡川町
16、ショウワモダン  【 60.0 後 藤】
父 エアジハード    性別 牡 馬主 山岸桂市
馬齢 7歳 調教師 杉浦宏昭(美浦)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
----------------------------------------------
「◎」…ダノンヨーヨー!
この一戦はG3ながら別定戦であり、ショウワモダンのような不幸な斤量馬もいるが、基本的には実力馬が勝つべきレースである。
したがって、ここでダノンヨーヨーが連対を逃してはならないメンバー構成といえ、よって自信の大本命。
もし3着以下になったら…調教師はまだしも、騎手の将来はお終いである!
「○」…フラガラッハ!
レベルの高い4才馬の中で、同馬は最後の「未知の惑星」に成り得る存在かもしれない。その期待値に賭けて今回対抗とした。
正直、鞍上・厩舎に関して不安は尽きないが、ここで連対を果たしてくれたなら今後のマイル戦線の道が拓けるだけに、鞍上・厩舎の不安を無視して抜擢。
「▲」…ゴールスキー!
普通なら同馬がダノンヨーヨーの相手筆頭となる所だが、今回に限って、鞍上強化が絶対と言い切れない「鞍上・厩舎重賞勝ちバランス」の部分で不安がある分単穴とした。
例年ならば「荒れる東京新聞杯」でこんな堅い予想にはならないのだが、今年はあまりに騎手の起用状況・騎手自身のレベル差・馬自身の期待値に差があるように思えてならない。上記3頭が掲示板を外すような馬と騎手の組み合わせが他に見当たらないのだ。
伏兵として注目されるとすれば前走G1使いの8枠両頭だが、何しろ一方が分不相応の重斤量であり、一方が第2の武豊→第2の福永→第2の柴田善→第2の後藤となりつつあるエセ天才であるからには、3着になったらヤラセにしかならないのではお話しにもならない。
だったら、私的には来なくて当然の思いながら鞍上技量を信じてリクエストソングの伏兵3着目を買いたい所であるが…さてさて、ヤラセはあるのかに注目して見ていようと思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第45回小倉大賞典(G3) 予想コラム・決断編

リルダヴァルで勝負…
馬番、  馬 名   【ハンデ 騎 手】
----------------------------------------------
1、テイエムカゲムシャ 【52.0 上 村】 
父 タバスコキャット  性別 牡 馬主 竹園正繼
馬齢 7歳 調教師 柴田政見(栗東)
生産牧場 静内酒井牧場 産地 静内町
2、ナリタクリスタル  【56.0  幸 】
父 スペシャルウィーク 性別 牡 馬主 (株)オースミ
馬齢 5歳 調教師 木原一良(栗東)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
----------------------------------------------
3、リルダヴァル    【56.0 リスポリ】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
馬齢 4歳 調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
4、シゲルタック    【53.0 松 山】
父 メイショウドトウ  性別 牡 馬主 森中蕃
馬齢 7歳 調教師 田中章博(栗東)
生産牧場 沖田繁         産地 三石町
----------------------------------------------
5、オートドラゴン   【54.0 渡 辺】
父 キングヘイロー   性別 牡 馬主 大戸時子
馬齢 7歳 調教師 沖芳夫(栗東)
生産牧場 八木農場  産地 新冠町
6、スマートステージ  【54.0 田中博】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 大川徹
馬齢 6歳 調教師 鹿戸雄一(美浦)
生産牧場 ダイイチ牧場      産地 三石町
----------------------------------------------
7、マヤノライジン   【54.0 古川吉】
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 田所英子
馬齢 10歳 調教師 梅内忍(栗東)
生産牧場 村田牧場  産地 新冠町
8、コスモセンサー   【56.0 ベリー】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
馬齢 4歳 調教師 西園正都(栗東)
生産牧場 川越ファーム   産地 浦河町
----------------------------------------------
9、サンライズマックス 【57.0 武 幸】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 松岡隆雄
馬齢 7歳 調教師 増本豊(栗東)
生産牧場 ヒカル牧場 産地 新冠町
10、サンライズベガ   【55.0 秋 山】
父 アドマイヤベガ   性別 牡 馬主 松岡隆雄
馬齢 7歳 調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 下河辺牧場 産地 門別町
----------------------------------------------
11、アンノルーチェ   【56.0 浜 中】
父 サツカーボーイ   性別 牡 馬主 (有)ターフ・スポート
馬齢 6歳 調教師 田島良保(栗東)
生産牧場 三石ビクトリーファーム 産地 三石町
12、クレバートウショウ 【55.0 丸 山】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 田邉正明
馬齢 5歳 調教師 崎山博樹(栗東)
生産牧場 アイオイファーム 産地 浦河町
----------------------------------------------
13、ドモナラズ     【54.0 北村友】 
父 アフリート     性別 牡 馬主 小田切有一
馬齢 6歳 調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 下河辺牧場 産地 門別町
14、バトルバニヤン   【57.0 藤岡康】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 津村靖志
馬齢 7歳 調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町
----------------------------------------------
15、ダイシングロウ   【53.0 田 辺】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 大八木信行
馬齢 7歳 調教師 松田博資(栗東)
生産牧場 滝本健二     産地 門別町
16、チョウカイファイト 【55.0 吉田隼】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (株)平田牧場
馬齢 8歳 調教師 加藤敬二(栗東)
生産牧場 酒井牧場     産地 浦河町
----------------------------------------------
「◎」…リルダヴァル!
通常、ハンデ戦であれば「穴馬前提」で思考するのが妥当。
しかし、今回のリルダヴァルは、起用騎手からしても勝ち負け必至で臨んでいるのは明白。引退厩舎の不安はあるも、同馬の今後の期待値を考えると消せない本命だ。
「○」…サンライズベガ!
鞍上弱化の顕著な同馬だが、ナリタクリスタル(新潟記念)を評価するなら「穴馬」として最も怖い存在。
ハンデ差の少ない今回のメンバー構成ながら、新潟記念3番人気で55.0kgならかなり有利でもある。
もし同馬の好走があれば、前走大敗したベリー騎手は自然手控える可能性が考えられるのも強み。
それでも、さすがにベリー騎手から秋山くんでは心配は尽きないため対抗とした。
「▲」…ナリタクリスタル!
新潟記念勝ちを評価すれば、今回同馬の56.0kgは「有利」と判断できる。
ただ問題は、先週重賞勝ちしたばかりの幸くんであること…別に2週連続重賞勝ちしても悪くはないのだが、順番制の中央騎手界においては「不均衡」に当たるのでその分が不利。よって単穴とした。
秋山くん・幸くんの着順もさることながら、すでに騎手としては「?」の感ある武幸くんの着順も私には気になる…同馬主の同枠入居でどんな結果をみせるのか注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第45回小倉大賞典(G3) 予想コラム

さすが裏開催…顕著な鞍上の不均衡
登録24頭(フルゲート16頭)。サラ系4歳以上オープン ハンデ 芝1800m

優先出走16頭   【ハンデ 予定騎手】(前走騎手)
----------------------------------------------
アンノルーチェ   【56.0 ---】(浜 中) 浜中そのまま
父 サツカーボーイ   性別 牡 馬主 (有)ターフ・スポート
馬齢 6歳 調教師 田島良保(栗東)
生産牧場 三石ビクトリーファーム 産地 三石町
スマートステージ  【54.0 田中博】(四 位)
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 大川徹
馬齢 6歳 調教師 鹿戸雄一(美浦)
生産牧場 ダイイチ牧場      産地 三石町
シゲルタック    【53.0 松 山】 そのまま
父 メイショウドトウ  性別 牡 馬主 森中蕃
馬齢 7歳 調教師 田中章博(栗東)
生産牧場 沖田繁         産地 三石町

サンライズマックス 【57.0 武 幸】(福 永)
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 松岡隆雄
馬齢 7歳 調教師 増本豊(栗東)
生産牧場 ヒカル牧場 産地 新冠町
オートドラゴン   【54.0 ---】(渡 辺) 渡辺そのまま
父 キングヘイロー   性別 牡 馬主 大戸時子
馬齢 7歳 調教師 沖芳夫(栗東)
生産牧場 八木農場  産地 新冠町
マヤノライジン   【54.0 藤 田】 古川吉へ変更
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 田所英子
馬齢 10歳 調教師 梅内忍(栗東)
生産牧場 村田牧場  産地 新冠町

コスモセンサー   【56.0 ---】(ベリー) ベリーそのまま
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
馬齢 4歳 調教師 西園正都(栗東)
生産牧場 川越ファーム   産地 浦河町
クレバートウショウ 【55.0 丸 山】(武 豊)
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 田邉正明
馬齢 5歳 調教師 崎山博樹(栗東)
生産牧場 アイオイファーム 産地 浦河町
チョウカイファイト 【55.0 ---】(北村友) 吉田隼へ変更
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (株)平田牧場
馬齢 8歳 調教師 加藤敬二(栗東)
生産牧場 酒井牧場     産地 浦河町
ルールプロスパー  【53.0 和 田】
父 ダイタクリーヴァ  性別 牡 馬主 儀賀好子
馬齢 6歳 調教師 北出成人(栗東)
生産牧場 岡崎牧場     産地 浦河町

サンライズベガ   【55.0 ---】(ベリー) 秋山へ変更
父 アドマイヤベガ   性別 牡 馬主 松岡隆雄
馬齢 7歳 調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 下河辺牧場 産地 門別町
ドモナラズ     【54.0 北村友】 
父 アフリート     性別 牡 馬主 小田切有一
馬齢 6歳 調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 下河辺牧場 産地 門別町

シャドウゲイト   【58.0 ---】(田中勝)
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬主 飯塚知一
馬齢 9歳 調教師 加藤征弘(美浦)
生産牧場 社台ファーム   産地 千歳市

バトルバニヤン   【57.0 川 田】 藤岡康へ変更
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 津村靖志
馬齢 7歳 調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町
ナリタクリスタル  【56.0  幸 】
父 スペシャルウィーク 性別 牡 馬主 (株)オースミ
馬齢 5歳 調教師 木原一良(栗東)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
テイエムカゲムシャ 【52.0 熊 沢】 上村へ変更
父 タバスコキャット  性別 牡 馬主 竹園正繼
馬齢 7歳 調教師 柴田政見(栗東)
生産牧場 静内酒井牧場 産地 静内町
----------------------------------------------

除外対象・繰上り順
①ダイシングロウ   【53.0 ---】(田 辺) 田辺そのまま
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 大八木信行
馬齢 7歳 調教師 松田博資(栗東)
生産牧場 滝本健二     産地 門別町
②リルダヴァル    【56.0 リスポリ】(藤岡祐)
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
馬齢 4歳 調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
③エーティーボス   【52.0 ---】(村 田)
父 ナリタトップロード 性別 せ 馬主 荒木徹
馬齢 7歳 調教師 湯窪幸雄(栗東)
生産牧場 伊藤敏明     産地 静内町

③ゼットフラッシュ  【52.0 ---】(吉田稔)
父 Fantastic Light  性別 牡 馬主 (有)フォーレスト
馬齢 8歳 調教師 山内研二(栗東)
生産牧場 Barry Taylor  産地 イングランド
⑤ホワイトピルグリム 【56.0 ---】(福 永)
父 クロフネ      性別 牡 馬主 (有)ターフ・スポート
馬齢 6歳 調教師 鮫島一歩(栗東)
生産牧場 鵜木唯義     産地 浦河町

⑥オーシャンエイプス 【56.0 ---】(三 浦)
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 松岡隆雄
馬齢 7歳 調教師 石坂正(栗東)
生産牧場 バンダム牧場    産地 浦河町
⑦トゥニーポート   【51.0 ---】(芹 沢)
父 ステイゴールド   性別 牝 馬主 (有)ターフ・スポート
馬齢 4歳 調教師 加用正(栗東)
生産牧場 笹地牧場      産地 浦河町
⑦メイショウカンパク 【53.0 ---】(藤岡康)
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 松本好雄
馬齢 4歳 調教師 荒川義之(栗東)
生産牧場 三嶋牧場      産地 浦河町

----------------------------------------------

優先出走に診る生産牧場の異質さ・・・

社台系が3頭で、しかも皆バラバラというのは異例といって良いだろう。ただ、それでもトップハンデがシャドウゲイトというのをみても、いかに社台系の実績があるのかを如実に表しているところである。

そんな少数派の社台系ながら、さすがに有力馬がいるもので、ナリタクリスタルなどは幸くん2週連続重賞勝ちチャンスが膨らむ1頭である。

そんな中で、唯一重なりがある「生産牧場 下河辺牧場 産地 門別町」・「調教師 音無秀孝」には注目せざるを得ない。

鞍上未定も前走G2戦で伏兵視されたサンライズベガ、裏開催なら怖い存在になるドモナラズ【54.0 北村友】は厩舎格でダントツ。果たして、どこまで人気になるか大いに気になる所である。

現時点の騎手配置でも苦笑の思いが・・・

あきらかに「えっ!」と思ったのが、繰上り②のリルダヴァル
藤岡祐くんから圧倒的な鞍上強化のリスポリ騎手。しかも、出れればトップハンデにもならないというのはあんまりな鉄板状態。

これに対し、「逆あんまりな配置」がスマートステージ
いくら何でも、2年連続ダービージョッキーから「ヤラセ逃げ勝たせ貰い」の田中博くんでは来たらヤラセしかないし、来なくて当然の騎手予定になってるからだ。

これこそ裏開催ならではの「顕著な鞍上の不均衡」という好例で、荒れて当然の裏開催ハンデ戦にも取っ掛かりがあるという良い証拠だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回東京新聞杯(G3) 予想コラム

ヨーヨーvsリスポリ!
登録18頭。(フルゲート16頭)サラ系4歳以上オープン 別定 芝1600m

優先出走16頭   【斤量 予定騎手】(前走騎手)
----------------------------------------------
キャプテンベガ  【 56.0 田中勝】(柴田善)
父 サンデーサイレンス 性別 牡 馬主 吉田和子
馬齢 8歳 調教師 松田博資(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町
バトルバニヤン  【 57.0 ---】(川 田)
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 津村靖志
馬齢 7歳 調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町

ファイアーフロート【 56.0 津 村】
父 スペシャルウィーク 性別 牡 馬主 臼田浩義
馬齢 5歳 調教師 小笠倫弘(美浦)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ダノンヨーヨー  【 57.0 北村友】(スミヨン)
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
馬齢 5歳 調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ゴールスキー   【 56.0 リスポリ】(福 永)
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
馬齢 4歳 調教師 池江泰寿(栗東)
生産牧場 追分ファーム   産地 安平町

ショウワモダン  【 60.0 後 藤】
父 エアジハード    性別 牡 馬主 山岸桂市
馬齢 7歳 調教師 杉浦宏昭(美浦)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
リクエストソング 【 56.0 吉田豊】(秋 山)
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
馬齢 5歳 調教師 石坂正(栗東)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ネオヴァンドーム 【 56.0 松 岡】(福 永)
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 小林仁幸
馬齢 4歳 調教師 藤原英昭(栗東)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
フラガラッハ   【 56.0 柴田善】
父 デュランダル    性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
馬齢 4歳 調教師 松永幹夫(栗東)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町

マイネルレーニア 【 57.0 ---】(和 田) ベリーへ変更
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
馬齢 7歳 調教師 西園正都(栗東)
生産牧場 岡田スタツド 産地 静内町
シルポート    【 58.0 小牧太】
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬主 百万武夫
馬齢 6歳 調教師 西園正都(栗東)
生産牧場 タイヘイ牧場 産地 静内町

ゼットフラッシュ 【 56.0 ---】(吉田稔) 江田照へ変更
父 Fantastic Light  性別 牡 馬主 (有)フォーレスト
馬齢 8歳 調教師 山内研二(栗東)
生産牧場 Barry Taylor       産地 イングランド
ダノンムロー   【 56.0 ---】(柴田善) クラストへ変更
父 Gone West 性別 せん 馬主 (株)ダノックス
馬齢 7歳 調教師 加藤征弘(美浦)
生産牧場 Fontainebleau Farm Inc.産地 アメリカ
スマイルジャック 【 57.0 三 浦】(川 田)
父 タニノギムレット  性別 牡 馬主 齊藤四方司
馬齢 6歳 調教師 小桧山悟(美浦)
生産牧場 上水牧場 産地 鵡川町
キングストリート 【 56.0 ---】(津 村) 内田博へ変更
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 百万武夫
馬齢 5歳 調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 タイヘイ牧場 産地 新ひだか町
カウアイレーン  【 54.0 横山典】
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
馬齢 5歳 調教師 和田正道(美浦)
生産牧場 パカパカファーム 産地 新冠町
----------------------------------------------

除外・繰上り順
----------------------------------------------
①オーシャンエイプス【 56.0 ---】(三 浦) 北村宏へ変更
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 松岡隆雄
馬齢 7歳 調教師 石坂正(栗東)
生産牧場 バンダム牧場 産地 浦河町
②サトノエクスプレス【 56.0 ---】(クラスト)
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 里見治
馬齢 5歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

----------------------------------------------

生産地では安平町は鉄板・・・!

ダノンヨーヨーとゴールスキー……この2頭がいる限り安平町の連軸は鉄板だが、この両頭の問題点は、ダノンヨーヨーが前走から鞍上弱化になり、ゴールスキーが鞍上強化になることである。

しかしながら、少なくともダノンヨーヨーの北村友くんは同馬のクセを把握しているハズなので、堅く決まればこの2頭の一騎打ちになるだろう。

東京新聞杯で人気馬の一騎打ちになる可能性が高いのは非常に珍しいことだが、それもこれも、京都金杯勝ち馬シルポートが58.0kgを背負う状況になっているのが要因で、展開上鍵を握る同馬が、いくら何でも斤量面での不利が大きすぎる。
もしこれで前残りが起こるとすれば、それはあまりにも他馬のジョッキーたちがマヌケすぎることを意味しており、そんなことはいくら何でも起こらないだろうと思えるからだ。

よって、他馬とワンランク違うダノンヨーヨーとゴールスキーの一騎打ちと示唆するのだ。

したがって馬券上のポイントは、3頭目になにが入ってくるかである・・・!

こと背景面(生産牧場・厩舎)で診た場合、穴として興味を惹かれるのは「調教師 池江泰郎」・「調教師 西園正都」の2頭出しだが、とてもじゃないが勝負になるとは思えない。

ならば、ここで注目すべき3頭目は、「生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市」の3頭とフラガラッハの社台系4頭になるだろう。

ショウワモダン・リクエストソング・ネオヴァンドーム・フラガラッハ……ここで60.0kgを背負わされるショウワモダンは論外として、残る3頭は充分に馬券対象に成り得る存在。

この3頭の中で最も判断しにくい存在がフラガラッハであり、3連勝で勢い一番の馬だが、先週のアグネスワルツすらまともに先行させなかった関東の重鎮ジョッキー様だけに、ここでも世代交代推進役を果たすなら平気で消えてしまうからだ。

消えてくれるなら穴党としては有難い所だが、今後のマイル戦線を考慮した場合、あっさり消えてしまっては問題があると思えてならない。2着で一角崩しというなら面白みもあるが、人気通りの3着なら(…これまたそこら辺が指定席のジョッキーだけに)逆につまらない馬券になるのが何ともはや・・・

いっそ鞍上が変わってくれた方が分かりやすいのだが……と、思うのは私だけかな?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第51回きさらぎ賞(G3) 予想コラム

ハーツとディープと時々ステイ…
登録13頭(フルゲート16頭) 
サラ系3歳オープン 別定 芝1800m 外
----------------------------------------------
ウインバリアシオン 【 56.0 福 永】
父 ハーツクライ 性別 牡 馬主 (株)ウイン
調教師 松永昌博(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
メイショウナルト  【 56.0  幸 】
父 ハーツクライ 性別 牡 馬主 松本好雄 
調教師 武田博(栗東)
生産牧場 鎌田正嗣     産地 浦河町

コティリオン   【 56.0 安藤勝】(武 豊)
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
調教師 橋口弘次郎(栗東)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
トーセンラー   【 56.0 デムーロ】(武 豊)
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 島川隆哉
調教師 藤原英昭(栗東)
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

ゴールドブライアン【 56.0 岩田康】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 杉山美惠
調教師 浅見秀一(栗東)
生産牧場 明治牧場 産地 新ひだか町

オルフェーヴル  【 56.0 池 添】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 池江泰寿(栗東)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町

カーマイン    【 56.0 和 田】(福 永)
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 石坂正(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ギリギリヒーロー 【 56.0 藤岡祐】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 小林けい子
調教師 荒川義之(栗東)
生産牧場 社台ファーム   産地 千歳市

リアライズペガサス【 56.0 ---】(吉 原) 吉田稔へ変更
父 Fusaichi Pegasus 性別 牡 馬主 (株)リアライズ
調教師 森秀行(栗東)
生産牧場 Barnett Enterprises 産地 アメリカ
セトノシャンクス 【 56.0 ---】(北村宏) 川田へ変更
父 ブライアンズタイム 性別 牡 馬主 難波澄子   
調教師 森秀行(栗東)
生産牧場 三城牧場 産地 日高町
タナトス     【 56.0 ---】(三 浦) 岩田康へ変更
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 榮義則    
調教師 森秀行(栗東)
生産牧場 三城牧場 産地 日高町

マーベラスカイザー【 56.0 渡 辺】
父 マーベラスサンデー 性別 牡 馬主 笹原貞生
調教師 柴田政見(栗東)
生産牧場 松田牧場 産地 新ひだか町
リキサンマックス 【 56.0 柴 原】
父 キングヘイロー   性別 牡 馬主 (有)ハイパワー商事
調教師 昆貢(栗東)
生産牧場 村田牧場 産地 新冠町
----------------------------------------------

果たしてウインバリアシオンは勝ち切れるのか…

ハーツクライ産駒の2頭が注目される今年のきさらぎ賞。だが、ここが休養明けのメイショウナルトはさておき、今回間違いなく人気になるウインバリアシオンがここでちゃんと勝てるどうかにあるだろう。
将来はまだしも、今回のメンバーからすると馬の経験値の高さ(=強豪との対戦経験)は一番であり、連軸までならほぼ鉄板の存在である。

ただ、ここで問題になるのが「鞍上と厩舎格」の低さだろう。
言うまでもなくだが、ジョッキーの技量と厩舎を考慮すれば、ウインバリアシオンなどあって3着、普通なら掲示板までと予想しておくのが妥当である。

見方を変えれば、続く人気となるであろうディープインパクト産駒を送り出すA級厩舎(橋口・藤原英)の名手2人が、武豊のお手馬を如何に上手く操作できるかに懸かっているといえる。

ただ、こちらも本来なら強力鞍上と見られるディープインパクト産駒2頭が、同牧場生産であるのが不安になる所。
この場合の不安とは、先週の京都牝馬Sにおいて「武豊のお手馬」を任された安藤勝騎手が、半分は厩舎の責任と言えども惨敗し、俗に言う「ヤラズ」を犯していることである。まして、2頭いるもう1頭の「武豊のお手馬」がデムーロ騎手なのである。

私がこの同生産牧場2頭を比較した場合、藤原英厩舎がダービー厩舎であるので橋口厩舎が見劣るのは否めないが、橋口厩舎の安藤勝起用の勝負度合の高さを考えると、先週の小島太厩舎とは比較にならない貢献度があるので、今回に関しては「ヤラズ」を疑わなくても良いかもしれないが……

それにしても、ハーツクライ産駒2頭の鞍上が、共に「牝馬ジョッキー」であるのが興味を惹かれる。

ただ、まだ百歩譲って幸くんは競馬関係者と関わりの薄いジョッキーなので、たとえどんなレースで好走しても不思議に思わない(…少なくとも自力で今の実績を作ってきたジョッキーだから)が、こと福永くんに関しては、『彼が牡馬クラシックを勝つ時がきたら、日本の騎手界はおしまい。どんな騎手でも縁故がないと勝てない証拠だから!』と思っている。(…偉大なお父さんと立派なお母さんのおかげで馬が回ってきている子=だから牝馬しか勝たせてもらえないと考えているから。)

だから、現時点でウインバリアシオンは3着までとしか思ってないし、それ以上の印を打つ気もない。おまけに鞍上とよく似た2世厩舎!……下手すると掲示板で終わってしまうかもしれない!?(…武田文吾大先生から辿れば孫弟子の厩舎。そういえば、幸くんも武田文吾の直系厩舎……一緒に来たらそれこそ……ふふふっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »