« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の記事

第60回 ラジオNIKKEI賞(G3) 予想コラム

秋への目安?それともただの3才ハンデ戦?

登録19頭。フルゲート14頭。サラ系3歳 オープン ハンデ 1800m 芝・右

優先出走4頭。【斤量・予定騎手】
----------------------------------------------ハンデ順
ショウナンパルフェ【 57.0 ・三 浦】
 父 アグネスタキオン   性別 牡 馬主 国本哲秀
 母 シャンラン      馬齢 3歳 調教師 二ノ宮敬宇(美浦)
母の父 Great Commotion  生年月日 2008年5月5日  生産牧場 桑田牧場
母の母 Down THE Line  毛色 鹿毛  産地 浦河町
マイネルラクリマ 【 56.0 ・松 岡】
 父 チーフベアハート   性別 牡 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
 母 ティアドロップス   馬齢 3歳 調教師 上原博之(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年2月20日  生産牧場 武牧場
母の母 パイナップルスター 毛色 栗毛  産地 新ひだか町
プランスデトワール【 55.0 ・横山典】
 父 ディープインパクト  性別 牡 馬主 山本英俊
 母 スキーパラダイス   馬齢 3歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 Lyphard   生年月日 2008年3月30日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Ski Goggle    毛色 芦毛  産地 千歳市
カネマサコンコルド【 54.0 ・???】
父 フサイチコンコルド   性別 牡 馬主 前田政雄
母 ブルーフレア      馬齢 3歳 調教師 庄野靖志(栗東)
母の父 フジキセキ     生年月日 2008年3月3日  生産牧場 小屋畑和久
母の母 ノースハーミツト  毛色 黒鹿毛 産地 日高町

抽選対象9頭。社台系生産馬・ハンデ順。
----------------------------------------------
カフナ      【 55.0 ・柴田善】
 父 キングカメハメハ   性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
 母 ピンクパピヨン    馬齢 3歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年2月28日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 マリスター2    毛色 黒鹿毛 産地 安平町
エポワス     【 54.0 ・田面木】
 父 ファルブラヴ     性別 牡 馬主 多田信尊
 母 マニックサンデー   馬齢 3歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年5月21日  生産牧場 社台ファーム
母の母 バブルプロスペクター   毛色 鹿毛  産地 千歳市
オメガブレイン  【 54.0 ・田 辺】
 父 キングカメハメハ   性別 牡 馬主 原礼子
 母 オメガグレイス    馬齢 3歳 調教師 古賀慎明(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年5月27日  生産牧場 社台ファーム
母の母 エリンバード    毛色 鹿毛  産地 千歳市
ターゲットマシン 【 54.0 ・田中勝】
 父 ディープインパクト  性別 牡 馬主 薗部博之
 母 ハンターズマーク   馬齢 3歳 調教師 宗像義忠(美浦)
母の父 Titus Livius   生年月日 2008年3月12日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Manfath   毛色 青鹿毛 産地 千歳市
フルアクセル   【 54.0 ・石橋脩】
 父 アグネスタキオン   性別 牡 馬主 山田和正
 母 アクセラレイション  馬齢 3歳 調教師 堀宣行(美浦)
母の父 Acatenango     生年月日 2008年4月13日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Whirlwind     毛色 栗毛  産地 千歳市
カグニザント   【 54.0 ・江田照】
 父 ネオユニヴァース   性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
 母 インコグニート    馬齢 3歳 調教師 国枝栄(美浦)
母の父 Gone West     生年月日 2008年4月16日  生産牧場 追分ファーム
母の母 デインスカヤ    毛色 黒鹿毛 産地 安平町
フレールジャック 【 54.0 ・福 永】
 父 ディープインパクト  性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
 母 ハルーワソング    馬齢 3歳 調教師 友道康夫(栗東)
母の父 Nureyev   生年月日 2008年5月25日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Morn OF Song   毛色 鹿毛  産地 安平町
ダーズンローズ  【 53.0 ・中 舘】
 父 フジキセキ      性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
 母 ローザネイ      馬齢 3歳 調教師 橋口弘次郎(栗東)
母の父 Lyphard   生年月日 2008年4月13日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Riviere Doree   毛色 青毛  産地 安平町
ヴィジャイ    【 53.0 ・???】
 父 ディープインパクト  性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
 母 オイスターチケット  馬齢 3歳 調教師 松田国英(栗東)
母の父 ウイニングチケット 生年月日 2008年3月3日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ナムラピアリス   毛色 鹿毛  産地 安平町

抽選対象5頭。その他生産馬・ハンデ順。
----------------------------------------------
ヒラボクインパクト【 54.0 ・北村宏】
 父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (株)平田牧場
 母 ドリームカムカム  馬齢 3歳 調教師 国枝栄(美浦)
母の父 メジロライアン 生年月日 2008年3月17日  生産牧場 千代田牧場
母の母 ドリーミングガール 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
アバウト     【 53.0 ・芹 沢】
 父 ムーンバラッド   性別 牡 馬主 副島義久
 母 ビューティフルゴールド   馬齢 3歳 調教師 加用正(栗東)
母の父 Mr.Prospector  生年月日 2008年4月7日  生産牧場 下河辺牧場
母の母 Before Dawn   毛色 栗毛  産地 日高町
ロイヤルクレスト 【 53.0 ・後 藤】
 父 ロージズインメイ  性別 牡 馬主 (有)木村牧場
 母 ルピナスレイク   馬齢 3歳 調教師 鈴木伸尋(美浦)
母の父 キンググローリアス   生年月日 2008年2月14日  生産牧場 木村牧場
母の母 ユメノトビラ   毛色 栃栗毛 産地 日高町
ミヤビファルネーゼ【 53.0 ・???】
 父 ロージズインメイ  性別 牡 馬主 村上義勝
 母 タフグレイス    馬齢 3歳 調教師 戸田博文(美浦)
母の父 トニービン    生年月日 2008年3月28日  生産牧場 大成牧場
母の母 システィーナ   毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
ディアフォルティス【 52.0 ・村 田】
 父 ワイルドラッシュ  性別 牡 馬主 ディアレスト
 母 ハートステイジ   馬齢 3歳 調教師 宗像義忠(美浦)
母の父 Cacoethes    生年月日 2008年3月31日  生産牧場 中田英樹
母の母 Heartbreak    毛色 黒鹿毛 産地 新ひだか町
----------------------------------------------

レースの主旨と問題点。

昔は「残念ダービー」と呼ばれたこのレース。春クラシックが終わった後に行われる3才オープン・ハンデ戦として、クラシック出走馬と未出走馬による秋競馬への前哨戦というのがレースの主旨である。
しかし、その反面、ハンデ戦の宿命である予想難解・波乱必至という面を抱えているため、結局は秋クラシックに直結するレースには成り得ていない問題点がある。

つまり、秋クラシック(牡馬なら菊花賞、牝馬なら秋華賞)に出走するため賞金加算したい馬を秋クラシックに出ても期待薄な格下馬が軽ハンデの有利さで一蹴してしまう場合があるということだ。

予想の物差しとなるプランスデトワールだが…

今年の登録馬においてクラシック出走馬はショウナンパルフェ(ダービー)・マイネルラクリマ(NHKマイルC)・カフナ(皐月賞)で、未出走馬の代表はプランスデトワールである。よって、この3頭を比較することが予想における基準となる。

中でもポイントとなるのはプランスデトワールで、唯一の3勝馬でありながら今回登録の他馬との対戦を頻繁に行っている「物差しにやりやすい存在」であるからだ。

今回、同馬を物差しにすることで2つの目算が立つ…
----------------------------------------------
1、前走エーデルワイスS出走組の取捨に目算が立つ。
2、関東の騎手動向に目安が立つ。

----------------------------------------------
…以上。

たとえば、普通に考えた場合、同馬の成績と予定鞍上横山典から国枝厩舎ヒラボクインパクトと古賀慎厩舎オメガブレインは、たとえ馬券対象に成れたとしても2着になったら大好走、もしくは複勝圏でも上出来と判断せざるを得ない。
なぜなら、共に過去においてプランスデトワールと勝ち負けを争っているため、同馬が好走する前提がなければ馬券対象に成り得ないからだ。つまり、プランスデトワールが馬券に成らなければ共に手の出し様がないということだ。

したがって、ヒラボクインパクトは元より、残念ながらオメガブレインも今回は対象外と見なさざるを得ない。なぜなら、プランスデトワールがいくら未出走馬の代表格とは言え、秋の上がり馬に成るための条件である「中距離以上での好走実績」に乏しく、鞍上込みでの複勝対象と診るのが妥当な存在だからだ。

まして、同馬と差のない競馬ができると思われる馬で国枝厩舎のカグニザントがいるが、この馬も今回は江田照という先行引張り役の穴ジョッキーが予定されており、騎手の動向からするとショウナンパルフェ(三浦)をアシストしながら好走を目指すという苦しい立場にあると判断できる。

よって、プランスデトワールが唯一の3勝馬であるとしても信頼できる連軸候補とまでには推せない状況と言えるだろう。

2戦2勝の2頭の取捨。

物差しとなる馬が信頼に乏しいとなれば、今回期待されるのは無傷の馬たちとなり、もちろん対象馬はエポワスとフレールジャックなのだが、こちらにも当然ながら問題点があるのは否めない。

エポワスは1400m戦しか経験しておらず、フレールジャックは鞍上が下手クソに乗り戻す点である。

正確に言うと、共に鞍上の技量がほとんど信用できない者なのに馬の成績から一発があってもおかしくない存在という「中央競馬らしい伏兵候補」と言えるのだ。

私的な心情からでは、当然ながらエポワスを応援してやりたい所。(…鞍上にもう一つくらい華を持たせてあげても良いのではと思うから…バ○息子の恵まれ過ぎにはいい加減ウンザリ)
だが、如何せん厩舎が2頭出しという心配(…3勝馬プランスデトワールを先着させる立場だった時の不安)があるので、単に田面木の応援だけで推奨する訳にはいかない。

よって、その点を考慮すると、無傷の馬で優先されるのは遺憾ながらフレールジャックとせざるを得ない。

現状での私の予想は…

中山11R 第60回 ラジオNIKKEI賞(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎…フレールジャック 【 54.0・友 道・福 永 】
○…マイネルラクリマ 【 56.0・上 原・松 岡 】
▲…カフナ      【 55.0・池江寿・柴田善 】
△…ショウナンパルフェ【 57.0・二ノ宮・三 浦 】

----------------------------------------------
…以上が現状での予想順と診ているが、もしもこの順番通りで決まった場合でも秋に期待できる馬はフレールジャックのみだと私は思っている。
【ソングオブウインドの例があるから=ここ2着だった武幸でも菊花賞で好走できたのだから彼より100万倍馬に恵まれているバ○息子ならここは最低でも2着は確保しなければならないハズ…でなければ友道先生が「良い面の皮」になってしまう…何故こんな騎手を乗せたのかと言われるだけに!】

それでも、私的な気持ちとしては「田面木、ガンバレ!」の想いでレースを見ることになりそう…(苦笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

第52回 宝塚記念(G1) 結果コラム

コメンターDBさんお見事!私は見切り早すぎた…悔っ

1着…2番アーネストリー  【 58.0・佐々晶・佐藤哲 】
----------------------------------------------
「良」ながらも微妙に渋めの馬場状態……そんな中、まさかレコードが出るとは思わなかったが、さすがにトップクラスの馬たちの作り出す早い流れであれば全く不思議じゃない結果。
【そもそも阪神芝2200m自体が数少ないので…】

勝ったアーネストリーの勝因は…
1、他の乗り変わり騎手たちが各自の仕事に徹してくれたこと。
2、馬主さんが3頭出しになってより強力になったこと。
3-1、レース半ばを理想的な間隔の番手位置で運べたこと。
3-2、レースを通して騎手が位置取りだけに集中できたこと。
3-3、ナムラクレセントの和田くんが過ぎたペースで逃げたこと。

…以上3項目5点が全てハマったおかげである。

何にしても『おめでとうございます、前田幸治さん=ノースヒルズM』と言っておきたい!

※それにしても、レース直後の勝利インタビューでの佐藤哲くんの発言には驚かされた。
何を思ったのか、「この後にオーナーにお願いできれば、自分が騎乗して凱旋門賞に行かせて欲しい。そして5馬身前にいると言われるジョッキーに挑戦してこの馬の力を見せたい」とノタまったのだ。

別にアーネストリーが凱旋門賞に行くのは構わない。ひと昔前と違って、現在の日本馬の能力は海外馬に決して引けは取らないからだ。
だが、世界の外人ジョッキーと佐藤哲くんの差が5馬身で済むなど大きな勘違いであることに全く気付いてないのには正直唖然とした。
なぜなら、今回レコードで駆けた能力がアーネストリーの実力であれば、過去にもし外人ジョッキーが乗ってればとっくの昔に同馬はG1馬になっていたと思ったからだ。

確かに、ある程度馬に実力がないとレコードなど出せないのは分かる。だが、外人ジョッキーとの5馬身差とは、競馬学校のトップクラスの騎手との比較であって、佐藤哲くんとトップ外人ジョッキーと比べたらもっと差があるのは紛れもないこと。
おまけに、今回勝てた最大の要因は、何より有力馬の乗り変わり騎手たちがみんな変な騎手配置になっていたおかげ。
【40才になって何をバカな勘違いをしているのかと騎手に言ってやりたくなった!】

2着…8番ブエナビスタ   【 56.0・松田博・岩田康 】
----------------------------------------------
最強牝馬の差し脚の素晴らしさは見せた格好だが、さすがに牡馬トップクラスとの対戦ではいくら人気があっても確勝とはいかなかった。

ただ、今回の2着届きによってヴィクトリアマイルが6・7分の仕上げだったこと判明し、やはりというか、安田記念で掲示板を確保できなかったアパパネが如何に強くないかがはっきりした。
【私としては一日も早くレーヴディソールが復帰し、ブエナビスタと対戦してくれるのが見たい!】

3着…4番エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・安藤勝 】
----------------------------------------------
早い流れの内ラチ待機で差し狙い。これには「さすが安藤勝」の一端を見せてもらった。

しかし、やはり他人のお手馬(…しかも内田博のダービー馬)のテン乗りというのは微差3着までが妥当だったのかもしれないと反省。

そもそも「エイシン」の主戦は、同じ元地方ジョッキーでも内田博(エイシンフラッシュ)、もしくは岩田康(エイシンフォワード)と思えるし…
【その意味では、ブエナビスタに安藤勝、エイシンフラッシュに岩田康だったら1・2着になっていたかも…ね?苦笑】

4着…9番ローズキングダム 【 58.0・橋 口・ウィリ 】
----------------------------------------------
スタートから積極的に先行するという想定外のレース。それで少差4着に粘れたことは同馬にとっては新味を発揮したと言えるだろう。

また同馬の4着粘りは、今回のレースが如何に番手競馬だったかを証明するものであり、粘らせた技量はさすがはウィリアムスと評せるだろう。

ただ、鞍上強化は正解もジャパンカップで付いた「ケチ」が同馬の実力であることも示した結果になったのは残念。
【でも、最強4才世代の2才チャンプなので種牡馬になっての期待は高そう!】

5着…3番ルーラーシップ  【 58.0・角 居・横山典 】
----------------------------------------------
やはり、鞍上移動がおかしかったのをしっかり証明してくれて納得。

ただ、結果的に大外回りしての5着なら今後の期待も充分見れるはず。
【極めて順当な着順で横山典もちゃんと仕事したと言える!】

おまけ…
----------------------------------------------
『ね!やっぱりユーチャンはただの下手くそでしょ!』……大敗当然!

でも、何で四位を使わなかったのかがこれではっきりした。きっとルーラーシップに乗せてたら、横山典のような見事な負け方(…大外ブン回し負け)が出来ず、何をやらかすか分かったもんじゃなかったからだろう。
【先週のイタリアンレッドの騎乗ぶりが彼の実力…池添くんが先にダービージョッキーになって良かったx2!】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第52回 宝塚記念(G1) 予想コラム

ブエナビスタvs4才馬の図式

登録20頭。フルゲート18頭。サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 2200m 芝・右

優先出走馬【斤量・予定騎手】
☆…私的コメント
----------------------------------------------社台系生産馬
トゥザグローリー 【 58.0 ・福 永】
父 キングカメハメハ    性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 トゥザヴィクトリー    馬齢 4歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2007年2月16日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 フェアリードール  毛色 鹿毛  産地 安平町
☆巻返し期待馬の筆頭…問題は鞍上が四位ではないこと。
ルーラーシップ  【 58.0 ・横山典】
父 キングカメハメハ    性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 エアグルーヴ       馬齢 4歳 調教師 角居勝彦(栗東)
母の父 トニービン     生年月日 2007年5月15日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ダイナカール    毛色 鹿毛  産地 安平町
☆現状では4才陣の最有力馬…問題は鞍上が乗り変わりであること。
ローズキングダム 【 58.0 ・ウィリ】

父 キングカメハメハ    性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ローズバド        馬齢 4歳 調教師 橋口弘次郎(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2007年5月10日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ロゼカラー     毛色 黒鹿毛 産地 安平町
☆巻返し期待の次点馬…問題は順番だと勝てそうにないこと。
ブエナビスタ   【 56.0 ・岩田康】

父 スペシャルウィーク   性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ビワハイジ        馬齢 5歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 Caerleon  生年月日 2006年3月14日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 アグサン      毛色 黒鹿毛 産地 早来町
☆馬券対象の最有力馬…問題は近年やりすぎ感ある厩舎で何かにやられそうなこと。
トーセンジョーダン【 58.0 ・ピンナ】
父 ジャングルポケット   性別 牡 馬主 島川隆哉
母 エヴリウィスパー     馬齢 5歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 ノーザンテースト  生年月日 2006年2月4日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 クラフテイワイフ  毛色 鹿毛  産地 早来町
☆穴目一発対象の筆頭馬…問題はAJC杯以来であること。
ダノンヨーヨー  【 58.0 ・北村友】
父 ダンスインザダーク   性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 フローラルグリーン    馬齢 5歳 調教師 音無秀孝(栗東)
母の父 フォーティナイナー 生年月日 2006年4月7日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 フローラルマジック 毛色 栗毛  産地 安平町
☆馬主と厩舎の実績で出てくる馬…問題は距離性未知数で勝ち負けは疑問であること。
フォゲッタブル  【 58.0 ・川 田】
父 ダンスインザダーク   性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 エアグルーヴ       馬齢 5歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 トニービン     生年月日 2006年4月3日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ダイナカール    毛色 黒鹿毛 産地 安平町
☆牧場・厩舎・馬主・弟馬の恩恵で出てくる馬…問題は厩舎の4番手であること。

エイシンフラッシュ【 58.0 ・安藤勝】
父 King’s Best 性別 牡 馬主 平井豊光
母 ムーンレディ       馬齢 4歳 調教師 藤原英昭(栗東)
母の父 Platini   生年月日 2007年3月27日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Midnight Fever   毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
☆天皇賞組一番の期待馬…問題は内田博の馬を安藤勝が本気で乗るか否か。
ハートビートソング【 58.0 ・秋 山】
父 ゼンノロブロイ     性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 フィールグルービー    馬齢 4歳 調教師 平田修(栗東)
母の父 トニービン     生年月日 2007年4月17日  生産牧場 社台ファーム
母の母 プレイヤーホイール  毛色 栗毛  産地 千歳市
☆上がり馬で大穴目の一番手…問題は鞍上と厩舎に不安大なので掲示板でも上出来なこと。
キャプテントゥーレ【 58.0 ・小牧太】
父 アグネスタキオン    性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 エアトゥーレ       馬齢 6歳 調教師 森秀行(栗東)
母の父 トニービン     生年月日 2005年4月5日  生産牧場 社台ファーム
母の母 スキーパラダイス  毛色 芦毛  産地 千歳市
☆CM(Sスズカ)がサインだと怖い存在…問題は距離性に不安があること。
アサクサキングス 【 58.0 ・浜 中】
父 ホワイトマズル     性別 牡 馬主 田原慶子
母 クルーピアスター     馬齢 7歳 調教師 大久保龍志(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2004年3月23日  生産牧場 社台ファーム
母の母 クルーピアレディー 毛色 鹿毛  産地 千歳市
☆長期休養明けの試走馬…問題以前に二桁着順じゃなければ上出来。
シンゲン     【 58.0 ・藤 田】
父 ホワイトマズル     性別 牡 馬主 吉田千津
母 ニフティハート      馬齢 8歳 調教師 戸田博文(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2003年2月20日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ニフティニース   毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
☆JC以来もポン駆け利く馬…問題は馬主のおかげで出走してくる馬であること。

ドリームジャーニー【 58.0 ・池 添】
父 ステイゴールド     性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 オリエンタルアート    馬齢 7歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 メジロマックイーン 生年月日 2004年2月24日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
母の母 エレクトロアート  毛色 鹿毛  産地 白老町
☆一昨年の勝ち馬…問題はオルフェーブルの身代わり丸出しであること。

----------------------------------------------その他生産馬
ビートブラック  【 58.0 ・武 豊】
父 ミスキャスト      性別 牡 馬主 前田幸治
母 アラームコール      馬齢 4歳 調教師 中村均(栗東)
母の父 ブライアンズタイム 生年月日 2007年5月23日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント
母の母 インワンズジョイ  毛色 青毛  産地 新冠町
☆よく出てこれた馬…武豊アシストがあっても一桁着順なら上出来。
アーネストリー  【 58.0 ・佐藤哲】
父 グラスワンダー     性別 牡 馬主 前田幸治
母 レットルダムール     馬齢 6歳 調教師 佐々木晶三(栗東)
母の父 トニービン     生年月日 2005年5月17日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント
母の母 ダイナチヤイナ   毛色 鹿毛  産地 新冠町
☆複勝圏なら期待できる馬…問題は前走案外で勝ち負けまではムリなこと。
イコピコ     【 58.0 ・酒 井】
父 マンハッタンカフェ   性別 牡 馬主 (株)錦岡牧場
母 ガンダーラプソディ    馬齢 5歳 調教師 西園正都(栗東)
母の父 ジェイドロバリー  生年月日 2006年4月29日  生産牧場 錦岡牧場
母の母 プロミネントカット 毛色 鹿毛  産地 新冠町
☆牧場と厩舎の恩恵で出てくる馬…問題だらけでハナっから対象外であること。
ナムラクレセント 【 58.0 ・和 田】
父 ヤマニンセラフィム   性別 牡 馬主 奈村信重
母 サクラコミナ       馬齢 6歳 調教師 福島信晴(栗東)
母の父 サクラシヨウリ   生年月日 2005年4月22日  生産牧場 八田ファーム
母の母 サクラユウホー   毛色 鹿毛  産地 静内町
☆複勝穴目の天皇賞好走馬…問題はさすがに今回は複勝すら厳しい状況であること。
ホワイトピルグリム【 58.0 ・???】
父 クロフネ        性別 牡 馬主 (有)ターフ・スポート
母 オーバルカット      馬齢 6歳 調教師 鮫島一歩(栗東)
母の父 エリシオ      生年月日 2005年5月4日  生産牧場 鵜木唯義
母の母 セシルカット    毛色 芦毛  産地 浦河町
☆前走ですら大好走の馬…問題以前に8着入着で賞金稼げれば上々出来。
----------------------------------------------

除外・回避対象馬
----------------------------------------------
アンライバルド 58.0
トレイルブレイザー 58.0
----------------------------------------------

物差しがブエナビスタなら相手は絞られる!

昨年の現役最強馬ブエナビスタが予想の中心であるのは当然。
よって、同馬が物差しとなるからには、すでに同馬に蹴散らされている対戦済みの5才以上の馬たちが勝ち負けの対象になるとは考えられない。

したがって、ブエナビスタの相手となるのは…
トゥザグローリー 【 58.0 ・福 永】
ルーラーシップ  【 58.0 ・横山典】
ローズキングダム 【 58.0 ・ウィリ】
エイシンフラッシュ【 58.0 ・安藤勝】

…以上4頭が勝ち負け(相手)となるはず。

よって、この時点で…
アーネストリー  【 58.0 ・佐藤哲】
キャプテントゥーレ【 58.0 ・小牧太】
ドリームジャーニー【 58.0 ・池 添】
トーセンジョーダン【 58.0 ・ピンナ】

…以上4頭はブエナビスタと4才馬たちの次点候補と判断できるはず。

※残念ながらこれ以外の馬たちが馬券になる可能性はほとんどないだろう。

10頭の馬券候補に絡む事項!

ブエナビスタを含めた候補全9頭を見て、まず目に付くのは「池江寿の3頭」だろう。
トゥザグローリー 【 58.0 ・福 永】
ドリームジャーニー【 58.0 ・池 添】
トーセンジョーダン【 58.0 ・ピンナ】

この中で一番の実績馬はドリームジャーニーだが、ご承知の通り、最近は下降線の結果しか残せておらず、今回に関してはさすがに厩舎の代表馬たる存在には成り得ないだろう。

またトーセンジョーダンの場合、成績が良いので期待値は高くなるだろうが、如何せんAJC杯以来というのはこのメンバーでは厳しいはず。
今年はトーセンレーヴでクラシックを盛り上げた馬主さんなので何らかのご祝儀的なものがあるなら馬券対象に食い込んで来れるかもしれないが、さすがに来れる理由が馬主さん絡みだけでは推奨はできない。

※順当ながら今回の池江寿厩舎の期待馬はトゥザグローリーと判断せざるを得ない。

そこで問題となるのが、鞍上のユーチャンということになる。

本音を言うと、私は彼が大嫌いなので本当なら推奨などしたくない。下手くそのくせに馬に恵まれてるというだけでトップジョッキー扱いされている者が騎手だと思ってないからだ。
だが、池江寿厩舎として考えると今年はちょっとやり過ぎの感はあるが、馬主さんには関係ない話であり、また騎手的には今年は今のところG1では何もやってないからにはここで天皇賞のリベンジを果たしても全く不思議ではない。
配当的な思いから、また「騎手はアスリートである」という思いから「負けてしまえ」と思っているが、馬自体が弱い訳ではない以上、いくら公務員ジョッキーとは言えども軽視だけは絶対にできない。

この思いと反する予想上で有力馬に推さざるを得ない状況になった原因は、彼が有力馬ルーラーシップを降りてトゥザグローリーに乗ってくることにある。

果たして、ブエナビスタを負かしてここを勝つべきのにふさわしい馬に成れるか。大いに興味を持って見ていたいと思う次第。

本気で乗って来られたら怖い…ダービー1・2着馬!

ローズキングダムの鞍上がウィリアムス、エイシンフラッシュが安藤勝になる今回。岩田康のブエナビスタを3着にするにふさわしい技量を持つ騎手が乗るのはこの2頭。

この2頭の問題点なのが、「果たして本気で勝ち負けの競馬をするか否か」である。

ウィリアムスはもちろん、内田博のお手馬たるエイシンフラッシュでも安藤勝が本気で乗ってくれるなら、横山典のルーラーシップやユーチャンのトゥザグローリーなど3馬身後ろに位置できれば上出来。競馬学校出の騎手技量など所詮はその程度でしかないからだ。

したがって、私の希望通りに予想した場合…

阪神11R 第52回宝塚記念(G1) 芝2200m
----------------------------------------------
◎ローズキングダム 【 58.0・橋 口・ウィリ 】
○エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・安藤勝 】
▲ブエナビスタ   【 56.0・松田博・岩田康 】

----------------------------------------------
…の順になる。

◎と○は、鞍上強化度の差でローズキングダムが上になるのが世界基準だからである。

だが、ここで気になるのは、ローズキングダムがジャパンカップをみっともない繰上りで勝っている点である。

完全に脚色で劣りながら誰がみっともない難癖をつけたのか分からないが、勝ってないのに余計な勝星を得たような馬が、今春まだ連対を果たしてないのは至極道理に適っている。

つまり、ローズキングダムは鞍上強化度から見れば本命に推せる馬だが、ケチをつけてのG1勝馬という観点を通した場合、エイシンフラッシュとブエナビスタの後ろ=馬の実力なら3番手になるからだ。

したがって、現状での私の予想は…

阪神11R 第52回宝塚記念(G1) 芝2200m
----------------------------------------------
エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・安藤勝 】
ブエナビスタ   【 56.0・松田博・岩田康 】
ローズキングダム 【 58.0・橋 口・ウィリ 】
トゥザグローリー 【 58.0・池江寿・福 永 】
ルーラーシップ  【 58.0・角 居・横山典 】
----------------------------------------------

…と診ているのが、果たしてどんな結果になることやら……

一つ言えることは、主催者お抱え甘やかし恵まれジョッキーたるユーチャンを何着に設定するかが予想のポイントなるということだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

第16回 マーメイドS(G3) 結果コラム

何が名手の息子だ!…(恥)

1着…8番フミノイマージン 【 56.0・本 田・太 宰 】

太宰くんオメデトウ!良かったね勝てて!

伊達に金鯱賞で上がり脚を見せてなかった馬だけあって、先週WIN5で大穴空けた(14番人気勝ち)本質穴ジョッキーでもきっちり勝たせてもらえたのですね。

一完歩出遅れ気味も関西の郷原洋司にしては上出来。これでいつでも引退できる!

2着…4番ブロードストリート【 56.0・藤原英・岩田康 】

てっきりもう終わっていると思ってた馬を鞍上が2着に持ってきてしまった。やはり騎手の技量差は大きいことを如実に示した格好で競馬学校出とは一味違うということだ。

「馬7人3」は馬レベルが互角の話。低レベルであればあるほど人の割合が高くなるという証拠!

3着…5番アースシンボル  【 52.0・宗 像・高 倉 】

今年の穴馬は同馬だったということ。つまり、何の柵(しがらみ)もなく積極的な競馬ができれば競馬学校出の騎手たちなど新人もベテランも大差ないということだ。(田中博くんおエリザベス女王杯のように…)

高倉くんには是非この好走を次のステップにつなげて欲しいと願う。また、宗像厩舎にとっては、大きなレースほど下手に田中勝など起用しない方がナンボかマシというのがよく分かっただろう!

--------------------------------------------------

1番人気に推されて惨敗した浜中・トップレディは仕方ない。前に行っただけマシな騎乗だったし、今回の敗戦も牧場・厩舎レベルを思えば当然のことだからだ。(連勝したのがこの厩舎では異常ということ…)

問題だったのはイタリアンレッドを凡走させた「バ○息子」の方。
百歩譲って直線最後方はやむを得ないが、道中、馬群を前に置いた馬の進め方をしたのなら何故持ち出しの際に行き場を失う墓穴を掘ったのか全く理解できない。

だから「本当にこの子はどこが上手くて1000勝以上しているのか全く分からない」というのだ。

これなら同じ血筋だけで天才と評された武豊の方が何百倍も上手い(当然のことだが…)。

確かに彼のお父さんは本物の騎手だった。だが、彼にはその片鱗すら見受けられない。単に名手の血が流れているというだけのJRA言いなり御用ジョッキーである。だから牝馬クラシックしか勝てないのだ。(ニセモノだから…)

彼の存在があるからこそ「競馬はヤラセ」と言われていることを肝に銘じ、今回プロヴィナージュをドン尻にした佐藤哲くんとともに一日も早く引退して欲しいと願うばかり。
若手に乗せた方が何倍も一所懸命さが伝わってくるし、彼らの方が将来的に海外騎手に伍して行ける可能性があるからだ!

その存在だけで若手の芽を潰していることに主催者も早く気付いて欲しい!…一般の競馬ファンももちろん、騎手の中でも『福永さんを尊敬してます』という声を聞いたことがないのでも分かりそうなものだろうに!

何故こんなジョッキーがルーラーシップに乗れるのか本当に不思議……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16回 マーメイドS(G3) 予想コラム

須貝か!ユーチャンか!

登録14頭。フルゲート16頭。サラ系3歳以上 牝オープン ハンデ 2000m 芝・右

出走馬【斤量・騎手】
----------------------------------------------社台系生産馬
ラフォルジュルネ 【 54.0・田 辺 】
父 スペシャルウィーク  性別 牝 馬主 (有)キャロットファーム
母 グレイトフィーヴァー  馬齢 4歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 Kaldoun   生年月日 2007年1月13日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
母の母 My Great HOPE  毛色 鹿毛  産地 白老町

プロヴィナージュ 【 56.0・佐藤哲 】
父 フレンチデピュティ  性別 牝 馬主 林邦良
母 ボーンスター      馬齢 6歳 調教師 小島茂之(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2005年2月3日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ボーンフェイマス  毛色 鹿毛  産地 千歳市
イタリアンレッド 【 53.0・福 永 】
父 ネオユニヴァース   性別 牝 馬主 (株)東京ホースレーシング
母 バルドネキア      馬齢 5歳 調教師 石坂正(栗東)
母の父 Indian Ridge   生年月日 2006年2月24日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Rosa de Caerleon 毛色 鹿毛  産地 千歳市
ロイヤルネックレス【 52.0・和 田 】
父 シンボリクリスエス  性別 牝 馬主 吉田照哉
母 シルバーネックレス   馬齢 5歳 調教師 中尾秀正(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2006年4月16日  生産牧場 社台ファーム
母の母 シルバードシルク  毛色 青毛  産地 千歳市
ポルカマズルカ  【 52.0・??? 】
父 ティンバーカントリー 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 ダンシングサンデー   馬齢 5歳 調教師 畠山吉宏(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2006年4月8日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ダンシングキイ   毛色 鹿毛  産地 千歳市

----------------------------------------------その他生産馬
ディアアレトゥーサ【 55.0・吉田豊 】
父 トーセンダンス    性別 牝 馬主 高樽さゆり
母 ディアウィンク     馬齢 4歳 調教師 畠山吉宏(美浦)
母の父 タイトスポット   生年月日 2007年4月27日  生産牧場 新井牧場
母の母 セイレイ      毛色 黒鹿毛 産地 むかわ町
マイネプリンセス 【 51.0・??? 】
父 アグネスデジタル   性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 マイネカトリーヌ    馬齢 5歳 調教師 畠山吉宏(美浦)
母の父 トニービン     生年月日 2006年3月23日  生産牧場 ビッグレッドファーム
母の母 マイネミレー    毛色 鹿毛  産地 新冠町

アスカトップレディ【 53.0・浜 中 】
父 アドマイヤボス    性別 牝 馬主 上野武
母 タガノシャーディ    馬齢 4歳 調教師 須貝尚介(栗東)
母の父 Shaadi    生年月日 2007年3月13日  生産牧場 藤井益美
母の母 インバレル     毛色 黒鹿毛 産地 新ひだか町
アースシンボル  【 52.0・??? 】
父 トウカイテイオー   性別 牝 馬主 松山増男
母 トリプルタイム     馬齢 6歳 調教師 宗像義忠(美浦)
母の父 リアルシヤダイ   生年月日 2005年4月24日  生産牧場 城地清満
母の母 シェナンドアワルツ 毛色 鹿毛  産地 三石町
コンカラン    【 50.0・??? 】
父 ジャングルポケット  性別 牝 馬主 吉田和美
母 クバター        馬齢 4歳 調教師 吉田直弘(栗東)
母の父 De Ramiro 生年月日 2007年4月18日  生産牧場 アサヒ牧場
母の母 Golden Relic   毛色 栗毛  産地 新冠町
セラフィックロンプ【 56.0・宮 崎 】
父 マンハッタンカフェ  性別 牝 馬主 井上一郎
母 エルソル        馬齢 7歳 調教師 武藤善則(美浦)
母の父 ロイヤルスキー   生年月日 2004年4月12日  生産牧場 守矢牧場
母の母 アズマローマン   毛色 青鹿毛 産地 新冠町
フミノイマージン 【 55.0・太 宰 】
父 マンハッタンカフェ  性別 牝 馬主 谷二
母 シンコウイマージン   馬齢 5歳 調教師 本田優(栗東)
母の父 Dixieland Band  生年月日 2006年3月14日  生産牧場 シンコーファーム
母の母 Vivid Imagination 毛色 鹿毛  産地 日高町
ブロードストリート【 56.0・岩田康
父 アグネスタキオン   性別 牝 馬主 下河邉行雄
母 フィラストリート    馬齢 5歳 調教師 藤原英昭(栗東)
母の父 Cozzene   生年月日 2006年3月28日  生産牧場 下河辺牧場
母の母 Phydilla  毛色 鹿毛  産地 日高町
モーニングフェイス【 51.0・??? 】
父 スペシャルウィーク  性別 牝 馬主 井高義光
母 ファーストナイト    馬齢 4歳 調教師 矢作芳人(栗東)
母の父 Sadler'S Wells  生年月日 2007年2月22日  生産牧場 井高牧場
母の母 Morning Devotion 毛色 栗毛  産地 新ひだか町
----------------------------------------------

☆既重賞勝ち馬たちはとても狙えない…

今年のマーメイドSのメンバーを見て、すぐに思ったことは『正直、重賞なのコレ?』ということ。

登録馬の中で、過去に重賞を勝ったことのある馬は以下の3頭だが…
セラフィックロンプ=愛知杯
フミノイマージン=福島牝馬S
ブロードストリート=ローズS
…せいぜい狙えるとすれば前走G2使いのフミノイマージンくらいだが、それも55.0kgのハンデの上に、鞍上が先週新潟メインで大穴を開けたばかりの太宰くんではとても信頼などできない。

ブロードストリートは、今回の鞍上が岩田康騎手という利点はあるが、近走成績が全くダメな上に、先週ダッシャーゴーゴーで重賞を勝ったばかりの馬主さんとあってはさすがに推奨などできない。

セラフィックロンプに至っては、現状の結果でトップハンデ好走などしたらそれこそヤラセだろう。

したがって、この重賞勝ち馬は3頭とも買えない存在と判断せざるを得ない。

☆上がり馬アスカトップレディが勝てるのか…

現時点で私の本命馬はアスカトップレディ。
好調さが何より重視されるマーメイドSなら文句なく一番手となるはず。

不安は、騎手でもなく、馬主でもなく、この厩舎が重賞を勝てるか否か……ただ、こんな牝馬ハンデ重賞も勝てないようならどうしようもないけどね。

☆その他の注目点は2つ…

1つは、何はなくとも【畠山吉の3頭出し】である。

確率的には単純に馬券になる可能性が一番高いことになるが、こちらもアスカトップレディの厩舎と遜色ないレベルなのが問題。出走手当稼ぎと判断して全部消しても間違いないかも……

もう1つは、イタリアンレッドのユーチャン起用。

休み明けをひと叩きしてここに臨むローテも利点があるし、牧場面からでも文句なしの勝ち馬候補。

先週エプソムCを勝ったばかりでも、すでに競馬学校出ジョッキーに天才などいないことが露呈された今、JRAがその気になれば、野球のユーチャン同様、何も抜けた技量(モノ)がなくても騎手界のユーチャンが不思議と勝ってしまっても全く問題はないはず。

つまるところ、今回のマーメイドSは…
5流厩舎アスカトップレディvs作られた天才ユーチャン騎乗イタリアンレッド】の図式と私は診ているのだが…果てさて、マーメイドSという名の何でもアリ重賞の今年の結果はどうなることやら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第47回 CBC賞(G3) 予想コラム

58.5kgでもここは来ないと…

登録22頭。フルゲート16頭。サラ系3歳以上オープン ハンデ 1200m 芝・右

優先出走馬【斤量・予定騎手】
----------------------------------------------社台系生産馬
ヘッドライナー  【 57.5・ 幸  】
父 サクラバクシンオー     性別 せん 馬主 (有)社台レースホース
母 ヘバ            馬齢 7歳 調教師 西園正都(栗東)
母の父 Nureyev     生年月日 2004年5月17日  生産牧場 (有)社台C白老ファーム
母の母 Likely Exchange 毛色 鹿毛  産地 白老町

アーバニティ   【 57.5・四 位 】
父 マンハッタンカフェ    性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 レガシーオブストレングス  馬齢 7歳 調教師 古賀慎明(美浦)
母の父 Affirmed   生年月日 2004年5月12日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Katonka    毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
パドトロワ    【 56.0・安藤勝 】
父 スウェプトオーヴァーボード 性別 牡 馬主 吉田照哉
母 グランパドドゥ       馬齢 4歳 調教師 鮫島一歩(栗東)
母の父 フジキセキ       生年月日 2007年4月20日  生産牧場 社台ファーム
母の母 スターバレリーナ    毛色 鹿毛  産地 千歳市

----------------------------------------------その他生産馬
ダッシャーゴーゴー【 58.5・川 田 】
父 サクラバクシンオー     性別 牡 馬主 芦田信
母 ネガノ           馬齢 4歳 調教師 安田隆行(栗東)
母の父 Miswaki     生年月日 2007年3月22日  生産牧場 下河辺牧場
母の母 Madame Treasurer   毛色 鹿毛  産地 日高町

アーリーロブスト 【 57.0・??? 】
父 バブルガムフェロー     性別 牡 馬主 (有)三嶋牧場
母 クワイエットアース     馬齢 5歳 調教師 本田優(栗東)
母の父 Mazel Trick 生年月日 2006年4月27日  生産牧場 山際辰夫
母の母             毛色 鹿毛  産地 日高町
サンダルフォン  【 57.0・酒 井 】
父 サクラバクシンオー     性別 牡 馬主 (株)ノースヒルズ
母 コウユーラヴ        馬齢 8歳 調教師 松永幹夫(栗東)
母の父 ジェイドロバリー    生年月日 2003年3月25日  生産牧場 滝本健二
母の母 チャームトウショウ   毛色 鹿毛  産地 門別町
ジェイケイセラヴィ【 57.0・??? 】
父 スクワートルスクワート   性別 せん 馬主 小谷野次郎
母 ジェイケイコマンダ     馬齢 7歳 調教師 坂本勝美(美浦)
母の父 コマンダーインチーフ  生年月日 2004年4月8日  生産牧場 藤川フアーム
母の母 オギロートレック    毛色 鹿毛  産地 静内町
エーシンホワイティ【 56.0・北村友 】
父 サクラバクシンオー     性別 牡 馬主 (株)栄進堂
母 ライジングサンデー     馬齢 4歳 調教師 松元茂樹(栗東)
母の父 サンデーサイレンス   生年月日 2007年3月27日  生産牧場 千代田牧場
母の母 タレンテイドガール   毛色 鹿毛  産地 新ひだか町

タマモナイスプレイ【 56.0・渡 辺 】
父 フジキセキ         性別 牡 馬主 タマモ(株)
母 ホットプレイ        馬齢 6歳 調教師 南井克巳(栗東)
母の父 ノーザンテースト    生年月日 2005年4月24日  生産牧場 信成牧場
母の母 ダイナホツト      毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
アポロフェニックス【 55.0・??? 】
父 アフリート         性別 牡 馬主 アポロサラブレッドクラブ
母 カトリア          馬齢 6歳 調教師 柴崎勇(美浦)
母の父 Caerleon    生年月日 2005年3月5日  生産牧場 中村和夫
母の母 Embla       毛色 黒鹿毛 産地 三石町
アーバンストリート【 55.0・秋 山 】
父 スウェプトオーヴァーボード 性別 牡 馬主 佐藤幸彦
母 タイキクリスティー     馬齢 7歳 調教師 野村彰彦(栗東)
母の父 Theatrical  生年月日 2004年4月4日  生産牧場 曾田農園
母の母 Certain Secret    毛色 芦毛  産地 静内町
グランプリエンゼル【 54.0・ウィリ 】
父 アグネスデジタル      性別 牝 馬主 北側雅司
母 アンダンテ         馬齢 5歳 調教師 矢作芳人(栗東)
母の父 サンデーサイレンス   生年月日 2006年3月16日  生産牧場 上村清志
母の母 ダイナプレリユード   毛色 栃栗毛 産地 三石町
シゲルハスラット 【 53.0・??? 】
父 グラスワンダー       性別 牡 馬主 森中蕃
母 ステラクィーン       馬齢 6歳 調教師 鶴留明雄(栗東)
母の父 ダンスインザダーク   生年月日 2005年4月1日  生産牧場 中村雅明
母の母 シアトルフェアー    毛色 栗毛  産地 浦河町
エーシンリジル  【 52.0・??? 】
父 フレンチデピュティ     性別 牝 馬主 (株)栄進堂
母 エイシンルーデンス     馬齢 4歳 調教師 高野友和(栗東)
母の父 サンデーサイレンス   生年月日 2007年3月8日  生産牧場 栄進牧場
母の母 エイシングレシャス   毛色 鹿毛  産地 浦河町
ツルマルレオン  【 52.0・小牧太 】
父 ハーツクライ        性別 牡 馬主 鶴田任男
母 カストリア         馬齢 3歳 調教師 橋口弘次郎(栗東)
母の父 Kingmambo   生年月日 2008年4月30日  生産牧場 浜本牧場
母の母 More Silver 毛色 鹿毛  産地 日高町
シゲルキョクチョウ【 51.0・国分恭 】
父 オンファイア        性別 牡 馬主 森中蕃
母 プレアデス         馬齢 3歳 調教師 湯窪幸雄(栗東)
母の父 ラストタイクーン    生年月日 2008年3月28日  生産牧場 武牧場
母の母 エチケット       毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
----------------------------------------------

除外対象&繰上り順馬
----------------------------------------------
①スカイノダン   【 53.0・??? 】
父 サクラバクシンオー   性別 牝 馬主 江賦晨
母 シビル         馬齢 5歳 調教師 大久保龍志(栗東)
母の父 Wild Again    生年月日 2006年2月17日  生産牧場 (有)社台C白老ファーム
母の母 シャロン      毛色 黒鹿毛 産地 白老町
②エイシンタイガー 【 57.0・岩田康 】
父 コロナドズクエスト   性別 牡 馬主 平井豊光
母 タイフウジョオー    馬齢 5歳 調教師 西園正都(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2006年4月8日  生産牧場 水上習孝
母の母 ラツキーゲスト   毛色 黒鹿毛 産地 新ひだか町
③サクラベル    【 50.0・佐藤哲 】
父 サクラプレジデント   性別 牝 馬主 (株)さくらコマース
母 サクラレイリ      馬齢 3歳 調教師 牧浦充徳(栗東)
母の父 サクラバクシンオー 生年月日 2008年3月13日  生産牧場 新和牧場
母の母 サクラスイートキス 毛色 栗毛  産地 新ひだか町
④ダイワマックワン  【 53.0・??? 】
父 Langfuhr    性別 牡 馬主 大城敬三
母 コートアウト      馬齢 6歳 調教師 鹿戸雄一(美浦)
母の父 Smart Strike   生年月日 2005年1月26日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Azhaar    毛色 鹿毛  産地 千歳市
⑤プロセッション  【 54.0・??? 】
父 エルコンドルパサー   性別 牡 馬主 吉田照哉
母 クイーンソネット    馬齢 8歳 調教師 堀宣行(美浦)
母の父 ノーザンテースト  生年月日 2003年4月9日  生産牧場 社台ファーム
母の母 エイプリルソネット 毛色 鹿毛  産地 千歳市
⑥ファストロック  【 50.0・??? 】
父 Rock OF Gibraltar  性別 牡 馬主 広尾レース(株)
母 Alisidora   馬齢 7歳 調教師 尾関知人(美浦)
母の父 Nashwan   生年月日 2004年5月21日  生産牧場 Quay Bloodstock
母の母 Christabelle    毛色 栗毛  産地 愛国
----------------------------------------------

58.5kgなら連軸はダッシャーゴーゴーだが…

正直な話、ダッシャーゴーゴーがこのレースを使うとは思ってなかった。極量を背負わされるのが分かっていたからだ。
ところが、発表された斤量が58.5kgというのはひじょうに微妙と言わざるを得ない。なぜなら、同馬はスプリント界では間違いなく力量上位馬であり、この程度のメンバー構成で58.5kgだと抜けた人気になるだけでなく、余程のことがない限りきっちり勝ち切られる可能性が高いからだ。したがって、同馬が連軸になるのは現時点でほぼ確定と言えるだろう。

ただ、同馬には斤量以外に不安点が1つある。それは、今回どんな乗り方を川田くんがするのかが読めないことである。

常識的に、普通の騎手ならG1レースで2度も失格を喰らってしまうと次は出遅れるのが関の山である。なぜなら、高松宮記念ではスタート時の先団確保で失格し、スプリンターズSでは抜け出した際に後続馬の前をカットしての失格では、残る手立ては逃げるか追い込むしかなく、大半は慎重に行こうとして出足が鈍るのが当然だからだ。

無論、同馬が逃げ手に出る可能性は低いので、自然と差し・追い込みになるだろうが、トップハンデの1200m戦で後ろからの競馬で確勝できるとは言えない。よって、現時点では連軸までとしておくしかないだろう。
【川田くんがビビるとは思わないが安全に乗ろうとはするはず…その隙を突ける馬、他馬の警戒を受けずにスムーズに流れに乗れる馬がいた時には足元を掬われる可能性は高くなる…そこが今回のポイントだろう】

現時点の相手馬は…

ダッシャーゴーゴーが4才馬…「ならば相手も4才馬が一番怖い」と思うのは私だけだろうか?

対象馬は、パドトロワとエーシンホワイティと診ているのだが、果てさてどこまで来れるのか…

一方は、牧場は文句なしだが厩舎が心配。一方は、厩舎はまずまずだが牧場が不安とどちらも一長一短なのが否めずなのが……
【短距離戦なので鞍上技量を気にしなくて良いのは助かるけどね!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第28回 エプソムカップ(G3) 予想コラム

別定戦…ダークシャドウど本命!

登録29頭。フルゲート18頭。サラ系3歳以上オープン 別定 1800m 芝・左

優先出走馬【斤量・予定騎手】
----------------------------------------------社台系生産馬
ダークシャドウ  【 56.0・福 永 】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 飯塚知一
母 マチカネハツシマダ  馬齢 4歳 調教師 堀宣行(美浦)
母の父 Private Account  生年月日 2007年2月17日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Yousefia    毛色 栗毛  産地 千歳市

アニメイトバイオ 【 56.0・後 藤 】
父 ゼンノロブロイ 性別 牝 馬主 バイオ(株)
母 レーゲンボーゲン  馬齢 4歳 調教師 牧光二(美浦)
母の父 フレンチデピュティ 生年月日 2007年1月30日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 レインボーファスト   毛色 栗毛  産地 安平町
セイクリッドバレー【 56.0・丸 山 】
父 タニノギムレット 性別 牡 馬主 吉田勝己
母 ホーリーブラウン  馬齢 5歳 調教師 高橋裕(美浦)
母の父 フジキセキ     生年月日 2006年4月29日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 アニーブラウン     毛色 栗毛  産地 安平町
スズジュピター  【 56.0・北村宏 】
父 タニノギムレット 性別 牡 馬主 小紫惠美子
母 ジュピターズジャズ  馬齢 6歳 調教師 高橋裕(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2005年3月27日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ビーバップ       毛色 黒鹿毛 産地 早来町
キャプテンベガ  【 56.0・??? 】
父 サンデーサイレンス 性別 牡 馬主 吉田和子
母 ベガ  馬齢 8歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 トニービン     生年月日 2003年3月3日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 アンテイツクヴアリユー 毛色 黒鹿毛 産地 早来町

レインフォーレスト【 56.0・松 岡 】
父 スウェプトオーヴァーボード 性別 牡 馬主 松岡隆雄
母 フェミニンタッチ  馬齢 5歳 調教師 平田修(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2006年4月16日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ダイナタツチ      毛色 芦毛  産地 千歳市

リリエンタール  【 56.0・??? 】
父 Montjeu 性別 牡 馬主 山本英俊
母 Anna Monda  馬齢 4歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 Monsun    生年月日 2007年4月28日  生産牧場 T. Yoshida
母の母 Anna OF Kiev     毛色 鹿毛  産地 愛国

----------------------------------------------その他生産馬
アクシオン    【 57.0・三 浦 】
父 サンデーサイレンス 性別 牡 馬主 中田徹
母 グレイテストヒッツ  馬齢 8歳 調教師 二ノ宮敬宇(美浦)
母の父 Dixieland Band 生年月日 2003年3月29日  生産牧場 坂東牧場
母の母 Simple Taste 毛色 鹿毛  産地 平取町
アロマカフェ   【 56.0・田中勝 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 西川光一
母 カリーノカフェ  馬齢 4歳 調教師 小島太(美浦)
母の父 ハートレイク 生年月日 2007年3月9日  生産牧場 浜口牧場
母の母 ジャカード 毛色 黒鹿毛 産地 新冠町
エーブチェアマン 【 56.0・蛯 名 】
父 キングカメハメハ 性別 牡 馬主 (株)レーシングホースジャパン
母 ビックリバコ  馬齢 4歳 調教師 清水利章(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2007年3月25日  生産牧場 様似渡辺牧場
母の母 サマニベッピン 毛色 黒鹿毛 産地 様似町
ダンツホウテイ  【 56.0・横山典 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 山元哲二
母 グランスオークス  馬齢 6歳 調教師 本田優(栗東)
母の父 Nureyev 生年月日 2005年4月28日  生産牧場 大典牧場
母の母 Dry Fly 毛色 黒鹿毛 産地 静内町
チョウカイファイト【 56.0・??? 】
父 アグネスタキオン 性別 牡 馬主 (株)平田牧場
母 ホクトペンダント  馬齢 8歳 調教師 加藤敬二(栗東)
母の父 パークリージエント 生年月日 2003年3月11日  生産牧場 酒井牧場
母の母 ホクトビーナス 毛色 栗毛  産地 浦河町
ドリームゼニス  【 56.0・??? 】
父 マーベラスサンデー 性別 牡 馬主 セゾンレースホース(株)
母 スレンダーガール  馬齢 5歳 調教師 西園正都(栗東)
母の父 アフリート 生年月日 2006年5月3日  生産牧場 千代田牧場
母の母 ビクトリアクラウン 毛色 栗毛  産地 新ひだか町
ハンソデバンド  【 56.0・ピンナ 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 渡邊隆
母 クラウンアスリート  馬齢 4歳 調教師 尾形充弘(美浦)
母の父 アフリート 生年月日 2007年2月13日  生産牧場 藤沢武雄
母の母 クラウンフォレスト 毛色 黒鹿毛 産地 苫小牧市
マストビートゥルー【 56.0・??? 】
父 オペラハウス 性別 牡 馬主 (有)信岡牧場
母 ホッポウマリア  馬齢 8歳 調教師 加用正(栗東)
母の父 アンバーシヤダイ 生年月日 2003年3月2日  生産牧場 信岡牧場
母の母 モンテマリア 毛色 栗毛  産地 浦河町
マッハヴェロシティ【 56.0・柴田善 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 井上一郎
母 マイミッシェル  馬齢 5歳 調教師 武藤善則(美浦)
母の父 タイキシャトル 生年月日 2006年4月22日  生産牧場 日の出牧場
母の母 ナイスレイズ 毛色 青毛  産地 浦河町
ヤマニンウイスカー【 56.0・??? 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 土井肇
母 マダニナ  馬齢 5歳 調教師 日吉正和(栗東)
母の父 Sadler’s Wells 生年月日 2006年2月12日  生産牧場 錦岡牧場
母の母 Minya 毛色 青毛  産地 新冠町
ロードキャニオン 【 56.0・??? 】
父 アフリート 性別 せん 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディフューチャー  馬齢 7歳 調教師 後藤由之(美浦)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2004年2月28日  生産牧場 ケイアイファーム
母の母 アンフイニイ 毛色 鹿毛  産地 三石町
----------------------------------------------
除外対象&繰上り順馬
----------------------------------------------
①ミッキーパンプキン【 56.0・??? 】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 野田みづき
母 エスユーエフシー  馬齢 5歳 調教師 清水出美(栗東)
母の父 Alzao 生年月日 2006年3月2日  生産牧場 追分ファーム
母の母 Familiar 毛色 鹿毛  産地 追分町
②アドマイヤダンク 【 56.0・??? 】
父 フレンチデピュティ 性別 牡 馬主 近藤利一
母 ロイヤルカード  馬齢 7歳 調教師 橋田満(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2004年4月9日  生産牧場 辻牧場
母の母 アドマイヤラピス 毛色 栗毛  産地 浦河町
②デストラメンテ  【 56.0・??? 】
父 アドマイヤコジーン 性別 牡 馬主 岡田牧雄
母 ディコーラム  馬齢 7歳 調教師 清水美波(美浦)
母の父 フレンチグローリー 生年月日 2004年3月22日  生産牧場 市川牧場
母の母 ドレツシング 毛色 芦毛  産地 鵡川町
④イコピコ     【 56.0・??? 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 (株)錦岡牧場
母 ガンダーラプソディ  馬齢 5歳 調教師 西園正都(栗東)
母の父 ジェイドロバリー 生年月日 2006年4月29日  生産牧場 錦岡牧場
母の母 プロミネントカット 毛色 鹿毛  産地 新冠町
⑤ムラマサノヨートー【 56.0・??? 】
父 キングヘイロー 性別 牡 馬主 新井孝治
母 フェステロマーネ  馬齢 7歳 調教師 牧光二(美浦)
母の父 ヘクタープロテクター 生年月日 2004年4月14日  生産牧場 岡本昌市
母の母 ブロッソミングビューティ 毛色 栗毛  産地 浦河町
⑤メインストリーム 【 56.0・??? 】
父 アグネスタキオン 性別 牡 馬主 臼田浩義
母 チェイスザウインド  馬齢 6歳 調教師 角居勝彦(栗東)
母の父 トニービン 生年月日 2005年3月8日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 アンテイツクヴアリユー 毛色 鹿毛  産地 早来町
⑦フライングアップル【 56.0・??? 】
父 Rahy 性別 せん 馬主 山本英俊
母 Roza Robata  馬齢 7歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 Fire Maker 生年月日 2004年3月25日  生産牧場 McKee Stables,Inc.
母の母 May Day Ninety 毛色 鹿毛  産地 米
⑧ダイシンプラン  【 56.0・??? 】
父 タイキシャトル 性別 牡 馬主 大八木信行
母 ダイシンシルビア  馬齢 6歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 Dehere 生年月日 2005年4月14日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント
母の母 Castle Creek 毛色 栗毛  産地 新冠町
⑧リキサンファイター【 56.0・??? 】
父 リンドシェーバー 性別 牡 馬主 (有)ハイパワー商事
母 オーロラマキシマム  馬齢 7歳 調教師 高木登(美浦)
母の父 メジロアルダン 生年月日 2004年5月6日  生産牧場 オオタ牧場
母の母 カタクラヒメ 毛色 栗毛  産地 青森県
⑩トップカミング  【 56.0・??? 】
父 ゴールドアリュール 性別 せん 馬主 (有)コオロ
母 レッドヴィーナス  馬齢 5歳 調教師 境直行(栗東)
母の父 サクラバクシンオー 生年月日 2006年4月10日  生産牧場 木戸口牧場
母の母 イースタンガバナー 毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
⑪ミッキードリーム 【 56.0・??? 】
父 キングカメハメハ 性別 牡 馬主 野田みづき
母 フローリッドコート  馬齢 4歳 調教師 音無秀孝(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2007年2月5日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 スプリングコート 毛色 栗毛  産地 安平町
----------------------------------------------

☆言い訳無用…ダークシャドウの軸確定!

G1レース明けの東京競馬最終日。この後期待できる存在が、ダークシャドウしかいないと言い切れる今年のエプソムCメンバー構成になっているのは否めない。
したがって、同馬が4着以下になれば大波乱となるはずだが、どう考えてもここで4着以下になるとは考えられない。正直なところ、3着でも「ヤラセだ」と思えるし、2着でも「バカな」としか考えられない。

いくらユーイチでもそこまで下手ではないはず。【小島太一・黛・郷原レベルの意。紙一重ではあるが…】
つまるところ、今回はバカでも勝たなければならない馬と言い切れるだろう。

不安材料と思われることは、”大阪杯以来”と”先週の安田記念で厩舎1・2着した”の2点だが、それでもあまりに他馬が低レベルすぎてとても消せる材料とは言えないし、また負けた時の言い訳にもならない。

※現時点ですでに「◎」はダークシャドウで決定ということだ!

☆問題は2・3着が順当に収まるか否か!

順当に収まるとすれば、相手候補は以下の馬に絞ることができる・・・

 社台系なら…
アニメイトバイオ 【 56.0・後 藤 】
セイクリッドバレー【 56.0・丸 山 】
スズジュピター  【 56.0・北村宏 】
リリエンタール  【 56.0・??? 】

 その他なら…
エーブチェアマン 【 56.0・蛯 名 】
ダンツホウテイ  【 56.0・横山典 】
マッハヴェロシティ【 56.0・柴田善 】

・・・以上の7頭が対象である。

この中で、私が一番危険な存在と思えるのがダンツホウテイ(横山典)である。
厩舎や馬主さんに問題はないのだが、最近の横山典くんが、その時点で主役と目される騎手のケツ持ち役(鞍上空き馬の騎乗)しかしてないからだ。

同馬の場合、前走同騎手による騎乗変更で1着という好結果を出しており、一見すると据え置き騎乗で不安なしと見える。だが、馬の力量を考えた場合、格上げ戦がオープン別定戦とあっては好調さよりも実力不足を心配するのが当然で、とても相手候補に挙げられる存在には成り得ない。

同馬であれば、連勝中の蛯名くんや宮崎くんからの変更となる柴田善くんの方が怖い存在になるだろう。

ただし、この2頭を比べた場合、当然ながらクラシックで見切りを付けられた柴田善くんよりは、アパパネをコケさせた蛯名くんの方を有力視しなければならないだろう。
なぜなら、休み明け好走の古馬マッハヴェロシティがいくら鞍上強化とは言えども、強豪世代の4才馬たる連勝馬エーブチェアマンの方に将来性があるからだ。

したがって、「現時点の予想で競馬学校第1・2期生は用なし」ということになり、2着争いの候補は、社台系の4頭&エーブチェアマンの5頭にまで絞れることになると私は診ているのだが……

☆果たして高橋裕厩舎2頭出しがどうなるか!

私的な観念では、北村宏くんよりも丸山くんに頑張って欲しいのだが、何しろ、裏開催ならまだしも、本開催で5勝という”昔の柴田善そっくりなことを先週やった北村宏くん”なのが気になって仕方がない。複勝王者柴田善の「2代目襲名」なら、ここら辺りで結果を出すかもしれないからだ。

とにかく、この2頭のどちらかが現時点では相手候補筆頭になりそうだが、一方はまだ若造だし、一方はこれまでの騎乗ぶりではとても信用などできないのが不安でならない。

この2頭が消えるようなら現在鞍上未定のリリエンタールが相手筆頭となりそうだが……果てさて、誰が乗ってくるのか?それとも回避してしまうのか?……もう神通力の薄れた厩舎なので判断がつかないのが問題だ!?

ついでに、後藤くんが来たら正直ビックリなんだけど……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回安田記念(G1) 結果コラム

戸崎圭…さすがはプロの騎手!

1着…リアルインパクト 【54.0・ 堀 ・戸 崎】

スタートから好位置キープ。3才馬54kgの利点を活かして直線半ばで先頭に立つと、後方待機から中を突いてきた同厩舎ストロングリターンの猛追を抑えての勝利。

骨折した内田博騎手の代役と見られていたが、結果的には卒のない騎乗ぶりを見せて中央G1レース初優勝。やはり、厳しい環境で実力を見せている本物のジョッキーは違うことを証明したと言えるだろう。

【何しろG1で親子丼ということは、本来なら2着騎手が勝ってもおかしくないのに、人気のない方が勝つということは「如何に騎手の差が出たか」ということだから…】

しかしながら、ここを勝ったからと言って、「リアルインパクトは強い」とは言い切れない。久しぶりの3才馬優勝ながら、そもそも斤量面で3才馬が優遇されているのが安田記念の定量の設定だからだ。

【「強い」と言えるのは、グランプリボスになるだろう!】

ただ、さすがにメンバー混戦とは言え、2勝目が安田記念となると、今後のG1マイル戦線で軽視することはできないので、今後の使い方に注意していこうと思う次第である。

【それにしても、戸崎騎手のインタビュー時のキーの高さに苦笑させられたのは私だけかな?…苦笑】

2着…ストロングリターン【58.0・ 堀 ・石橋脩】

直線勝負に賭けての少差2着は、この騎手としては上出来の内容。伊達にトライアルを勝たせてもらってなかったということだろう。ただ、やはり届かずというのが、この鞍上の実力を示していると判断できるのも悲しいところである。

それでも上出来には変わりはないので、この後の騎乗で少しでも多く勝星を積めるようになってくれれば幸いである。

3着…スマイルジャック 【58.0・小桧山・三 浦】

直線大外からの3着食い込みで、結果的に2年連続3着を確保した格好。それでも期間が空いて調整が難しいマイラーズCからの挑戦組で最先着なのだから上出来。

それにしても、「やっぱり三浦ちゃまは追込み馬が合う・良い」というのが証明されたと言える。このことだけでも、彼は追えるという証拠であり、伊達に天才扱いされた訳ではないのは分かるだろう。

しかし、もったいない、もしくは足りないと言える部分なのが、「相手に合わせた乗り方しかできないこと」である。だからこそ、先行馬でペースを作って勝つことができないのだろう。

つまるところ、「追えるけれどもレースは作れない」ということだからデビュー2年以降は勝星が積めないでいるのだ。

【今後は、普段から体内時計を正確に維持する訓練を心掛けるべきである!】

------------------------------------------------------

6着…アパパネ

やはりヴィクトリアマイルが100%仕上げだったという証拠であり、ブエナビスタに勝ったと言っても相手が7・80%で少差なのだから、3冠牝馬と言っても多寡が知れていると言えるだろう。

【それとも、今回はわざと+8kgの太目に調整し、この後のG1(宝塚記念)で「あっ!」と言わせるつもりなのか……国枝先生と金子さんのコンビならやりかねないだけに……】

7着…リディル

ここで同馬を取り上げたのは、同馬の鞍上があからさまな脚余しのレースを直線で見せたのが目に付いたから。

強い4才世代のデイリー杯2才勝ち馬が、谷川岳Sからどんな乗り方を中舘くんがするのか注目していただけに、『やっぱり中舘もアシスト役にしかなれないんだなァ~』と、石橋脩が追い越していった後に追い出した姿に嘆息しか出なかった。

【そもそもやる気があったら裏開催主戦の中舘など起用しなかったろうね…さすがベテラン&橋口先生!】

------------------------------------------------------

秋には繋がりそうにない安田記念!?

外人騎手で人気を食ったダノンヨーヨー。3頭出しと単騎逃げを期待されてぶっ飛んだシルポートなどなど……本気で仕上げてなかったアパパネを除き、その他ではとても秋のマイルCSで好走しそうにないと思われた今年の安田記念。

ただ一つ言えるのは、【今後鞍上を変えればきっとストロングリターンは勝てる】ということだけ…かな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回安田記念(G1) 予想コラム(展開・オカルト編)

98年からのオカルト…今年の展開推測…

98年、単勝1.3倍の圧倒的1番人気タイキシャトル(1枠2番)が優勝。2着に8番人気の外国馬オリエンタルエクスプレス(6枠11番)。3着に17番人気ヒロデクロス(4枠8番)。

上記3頭が馬券になった訳だが、この日はグチャグチャの不良馬場であり、先週のダービー以上に力のいる馬場状態だった。

思うに、この98年並みの人気馬が飛び込んでくると考えるなら、オカルト派ならずとも興味津々となるだろうが、ただし、当時と今年の共通項を挙げると、「外国馬が2頭参戦予定であること」のみだけで、タイキシャトル並みにぶち抜けた存在などもちろんいない。

よって、オカルト的な馬券予想の基準となるのは、馬の成績と枠順確定後の成績の並び方馬番および枠番くらいしか見当たらないと言えるだろう。

つまり、馬番と着順が同じになる馬が何頭出るか、2番・11番・8番にどの馬が入るのかの2点がオカルト的注目ポイントとなる…ということ!

また、今年の馬場状態がどうなるかはもちろん分からないが、たとえ98年と同様に大雨・不良馬場となっても、現在の馬場管理は当時とは一段優れた水捌けができているため、当時ほど力を必要とはしないだろう。

よって、馬場状態がどんな状況になったとしてもあまり気にする必要はない。素直に実績で判断するのが正着だろう。

それより問題なのは、どんな馬がペースを作り、それを潰しに行く馬=競り合いを厭わない馬が出てくるか否かだろう。

つまり、具体的にペースを作るのはシルポートになるが、遅くとも同馬が先頭に立つと思われる2ハロンまで(400mまで)の間に、ペースを乱す馬が出てくるか否かということである。

私的ながら、乱ペース候補として挙げられるのは、日本馬なら橋口厩舎の2頭で、特に近走格下レースですら走らなくなっているリーチザクラウンが気になる存在。

今回の同馬の予定騎手は北村宏くんとなっているが、彼の技量などこの際関係なく、関東ジョッキーが地元の東京コースで乱ペースを演出するか否かがポイント。

彼がペースを乱すことで、同厩舎リディル(中舘)をアシストし、アパパネ蛯名の差し脚を引き出せるか否かと推察する次第。ただし、たとえそれが出来たとしても、必ずしも同厩舎リディルが好走するとは限らないのは注意しておきたい。そもそも、北村宏くんの騎手カラーは逃げなど打たないタイプであり、騎手カラーからすれば、中舘くんのリディル大逃げの方が遥かに想像が付けやすいだろう。何しろ中舘くんなのだから……

したがって、普通に考えれば、逃げて乱ペースを演出するのは橋口厩舎の2頭ではなく、香港馬ビューティーフラッシュ(マーウィ)だろう。

同馬のスピードをシルポートと比較するのは難しいが、昨年のスプリンターズS勝ち馬が逃げ切りだったことを思うと、シルポートを制して逃げ手を打つ可能性は大いにありえると推測できるはず。

同馬が馬券になるようなら98年に近い波乱も充分ありえるだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »