« 第16回 秋華賞(G1) 結果コラム | トップページ | 第72回 菊花賞(GI) 結果コラム »

第72回 菊花賞(GI) 予想コラム

弱点を探せばただ一つ

登録23頭。フルゲート18頭。サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢 3000m 芝・右 外

優先出走馬15頭 【斤量・厩舎・騎手】
----------------------------------------------
ウインバリアシオン【 57.0・松永昌・安藤勝 】
父 ハーツクライ    性別 牡 馬主 (株)ウイン
母 スーパーバレリーナ 馬齢 3歳 調教師 松永昌博(栗東)
母の父 Storm Bird 生年月日 2008年4月10日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Count On A Change 毛色 鹿毛  産地 安平町
★安藤勝の腕に期待…調教師が未熟な分を補うには騎手頼みは不可欠。
オルフェーヴル  【 57.0・池江寿・池 添 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 オリエンタルアート 馬齢 3歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 メジロマックイーン 生年月日 2008年5月14日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
母の母 エレクトロアート  毛色 栗毛  産地 白老町
★唯一の不安は騎手のみ…この実績で3冠取れないと鞍上の責任以外にない。
サダムパテック  【 57.0・西 園・岩田康 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 大西定
母 サマーナイトシティ 馬齢 3歳 調教師 西園正都(栗東)
母の父 エリシオ 生年月日 2008年3月30日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
母の母 ダイアモンドシティ 毛色 鹿毛  産地 白老町
★距離性・重巧拙で不安…鞍上はこれ以上望めないだけに買い目に乏しい。
サンビーム    【 57.0・山 内・--- 】
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 (有)フォーレスト
母 インディペンデンス 馬齢 3歳 調教師 山内研二(栗東)
母の父 A.P. Indy 生年月日 2008年4月15日  生産牧場 丸幸小林牧場
母の母 インディアリングクオリティ 毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
★出走権はあるも家賃高すぎ…せめて鞍上を決めてから出て来て欲しい。
シゲルリジチョウ 【 57.0・小島貞・藤 田 】
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 森中蕃
母 オグリウェルズ   馬齢 3歳 調教師 小島貞博(栗東)
母の父 Sadler'S Wells 生年月日 2008年3月29日  生産牧場 水丸牧場
母の母 カディザデー  毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
★騎手が決まっているのが唯一の利点…晩成型として古馬での活躍を期待。
ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・武 豊 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 国本哲秀
母 ラグジャリー    馬齢 3歳 調教師 梅田智之(栗東)
母の父 Storm Cat 生年月日 2008年4月2日  生産牧場 矢野牧場
母の母 Alleged Devotion 毛色 青鹿毛 産地 新ひだか町
★マンハッタンカフェの血に期待…ただし武豊でも3着食い込めたら奇跡。
スマートロビン  【 57.0・松田国・--- 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 大川徹
母 キーブギー     馬齢 3歳 調教師 松田国英(栗東)
母の父 Lyphard    生年月日 2008年3月5日  生産牧場 飛野牧場
母の母 Key Dancer 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
★逃げ残りでの連対期待…展開面での楽しみあるも鞍上未定が痛手。
ダノンマックイン 【 57.0・橋 口・小牧太 】
父 ハーツクライ    性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 ハリウッドレビュー 馬齢 3歳 調教師 橋口弘次郎(栗東)
母の父 ノーザンテースト  生年月日 2008年3月1日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ダンサーズシューズ 毛色 黒鹿毛 産地 安平町
★未対戦なのと穴騎手なのが魅力…橋口厩舎の3週連続重賞好走に期待。
ダノンミル    【 57.0・藤原英・浜 中 】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 スターリーロマンス 馬齢 3歳 調教師 藤原英昭(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年3月24日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ミルレーサー    毛色 栗毛  産地 千歳市
★厩舎格の高さと戦績数の少なさが魅力…菊花賞勝ちある騎手の相性が一縷の望み。
トーセンラー   【 57.0・藤原英・蛯 名 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 島川隆哉
母 プリンセスオリビア 馬齢 3歳 調教師 藤原英昭(栗東)
母の父 Lycius 生年月日 2008年4月21日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Dance Image 毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
★厩舎格の高さときさらぎ賞馬の称号に期待…菊花賞勝ちある騎手の相性が一縷の望み。
フェイトフルウォー【 57.0・伊藤伸・柴田善 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 フェートデュヴァン 馬齢 3歳 調教師 伊藤伸一(美浦)
母の父 メジロマックイーン 生年月日 2008年1月11日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
母の母 マーサズヴィンヤード 毛色 黒鹿毛 産地 白老町
★トライアル勝ちと騎手の年齢に期待…1着ではヤラセになることが心配。
フレールジャック 【 57.0・友 道・福 永 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 ハルーワソング   馬齢 3歳 調教師 友道康夫(栗東)
母の父 Nureyev 生年月日 2008年5月25日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Morn of Song 毛色 鹿毛  産地 安平町
★厩舎格・上積み面なら対抗レベル…騎手に問題ありで2着までが限界なのが惜しまれる。
ベルシャザール  【 57.0・松田国・後 藤 】
父 キングカメハメハ 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 マルカキャンディ 馬齢 3歳 調教師 松田国英(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2008年4月25日  生産牧場 社台ファーム
母の母 ジーナロマンティカ 毛色 青鹿毛 産地 千歳市
★ダービー3着の再現に期待…鞍上弱化で安藤勝好走あったら馬券になるかも。
ユニバーサルバンク【 57.0・松田博・田 辺 】
父 ネオユニヴァース 性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ヴィクトリーバンク  馬齢 3歳 調教師 松田博資(栗東)
母の父 ドクターデヴィアス 生年月日 2008年4月16日  生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ライトバンク 毛色 黒鹿毛 産地 安平町
★京都新聞杯2着だけが利点…厩舎も運がなく優先出走できるだけメッケモン。
ロッカヴェラーノ 【 57.0・中 村・川 田 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 吉田照哉
母 ルンバロッカ    馬齢 3歳 調教師 中村均(栗東)
母の父 Sri Pekan  生年月日 2008年2月22日  生産牧場 社台ファーム
母の母 Rumba Azul 毛色 青鹿毛 産地 千歳市
★マンハッタンカフェの血に期待…菊花賞勝ちある騎手の相性が一縷の望み。
----------------------------------------------

その他登録馬 =論外のため詳細削除
アドマイヤラクティ 57.0 イグアス 57.0 ギュスターヴクライ 57.0 ゴットマスタング 57.0
スーサングレート  57.0 ネオブラックダイヤ 57.0 ハーバーコマンド 57.0 ルイーザシアター 57.0
----------------------------------------------

現時点での予想…
京都11R 第72回 菊花賞(GI) 芝3000m
----------------------------------------------
◎…オルフェーヴル  【 57.0・池江寿・池 添 】
○…ウインバリアシオン【 57.0・松永昌・安藤勝 】
△…フレールジャック 【 57.0・友 道・福 永 】
△…フェイトフルウォー【 57.0・伊藤伸・柴田善 】

----------------------------------------------

◎…オルフェーヴル
連対外しは考えられない。唯一の不安は、鞍上が3冠のプレッシャーに呑まれないかだけ。
○…ウインバリアシオン
厩舎は未知数も馬の実績・騎手技量で他馬との差あり。池添がミスれば勝機一番手は同馬。
△…フレールジャック
期待値なら対抗にも推せる馬。ただし騎手が最悪(=勝てばヤラセ)のため2着限界なのが問題。
△…フェイトフルウォー
厩舎は未知数も2重賞勝ち実績侮れず。ただし騎手が準最低(=勝てばヤラセ)のため2着限界なのが問題。

馬券の鍵はフレールジャックとフェイトフルウォーの取捨…

ここまで4戦3勝・3着1回と馬券を逃したことのないフレールジャック。
本来ならオルフェーブルを負かせる唯一の馬として期待できるところだが、ここで問題となるのが鞍上福永の存在である。
もしもここで福永がオルフェーブルの3冠を阻止したと仮定した場合、それはあきらかなヤラセとなってしまい、公正を旨とする競馬の根本を揺るがす事態となってしまう。
これはフェイトフルウォーの柴田善にも言えること( いくら他人の馬で重賞勝ちする一種の職人騎手でも、さすがにクラシックでこれをやらかす訳にはいかない=騎手と厩舎の秩序を乱すことになるため、さすがの柴田善も過去に一度たりともそんなバカなマネはしてないから… )であり、つまるところ、フレールジャックとフェイトフルウォーがどんなに好調・優秀でもあって2着までが限界としか考えられないのである。

そこでこの両馬の比較が問題となるのだが、どちらも一長一短あるので取捨が非常に難しい。
騎手技量は間違いなく柴田善が上位だが、主戦騎手としての立場は福永が上位。また、厩舎格はあきらかに友道厩舎が上位だが、馬の重賞実績では伊藤伸厩舎が上位なのである。

では、ともに4着以下に消えてくれれば良いのだが、そうなると3着候補がどんどん広がってしまうことになり、引いては収集がつかなくなってしまう。
【 鞍上・厩舎格・実績・展開からサダムパテック・ショウナンマイティ・トーセンラー・ベルシャザール・スマートロビン・ダノンマックインの6頭も3着繰上り候補が増える 】

したがって、とりあえず現時点ではともに△として扱った次第。

何にしても今年の主役はオルフェーブルであり、対戦実績では3冠濃厚なだけに、弱点があるとすれば鞍上の池添がどうミスなく乗れるかだけ。
仮にミスを犯したとして、それを突けるだけの技量と相応の馬に騎乗しているのは安藤勝騎手だけ。
よって、神戸新聞杯の1・2着馬の準一騎打ちになる公算は極めて高いはずだが、果たしてどうなることやら…

ただ一つ……どうか重馬場とレース中の事故だけは起きないないことを願うのみである。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 第16回 秋華賞(G1) 結果コラム | トップページ | 第72回 菊花賞(GI) 結果コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/42565457

この記事へのトラックバック一覧です: 第72回 菊花賞(GI) 予想コラム:

« 第16回 秋華賞(G1) 結果コラム | トップページ | 第72回 菊花賞(GI) 結果コラム »