« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の記事

第19回 チューリップ賞(G3) 予想コラム

一騎打ち…3着争い?

登録20頭。フルゲート16頭。サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢 1600m 芝・右 外

優先出走7頭 【斤量・厩舎・騎手】=背景(牧場+馬主)・厩舎・騎手レベル
------------------------------------------社台系・馬主 (有)サンデーレーシング
ジェンティルドンナ【 54.0・石 坂・岩田康 】=S・A・S非競馬学校
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ドナブリーニ     馬齢 3歳 母の父 Bertolini 生年月日 2009年2月20日 
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ジョワドヴィーヴル【 54.0・松田博・福 永 】=S・A・Bs
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ビワハイジ      馬齢 3歳 母の父 Caerleon 生年月日 2009年5月13日 
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ラシンティランテ 【 54.0・友 道・--- 】=S・A・??
父 アグネスタキオン 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 アドマイヤキラメキ  馬齢 3歳 母の父 エンドスウィープ 生年月日 2009年3月14日 
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
-------------------------------------------社台系・その他
エピセアローム  【 54.0・石 坂・浜 中 】=S・A・Aa
父 ダイワメジャー   性別 牝 馬主 吉田勝己
母 ラタフィア      馬齢 3歳 母の父 Cozzene 生年月日 2009年2月1日 
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
-------------------------------------------非社台系・鞍上予定あり
ハナズゴール   【 54.0・加藤和・Cデムーロ 】=A・B・S非競馬学校
父 オレハマッテルゼ  性別 牝 馬主 M.タバート
母 シャンハイジェル   馬齢 3歳 母の父 シャンハイ 生年月日 2009年4月24日 
生産牧場 不二牧場 産地 浦河町
メイショウスザンナ【 54.0・高橋忠・武 豊 】=A・B・Ab
父 アグネスデジタル 性別 牝 馬主 松本好隆
母 グリーンオリーヴ  馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2009年4月27日 
生産牧場 北星村田牧場 産地 新冠町
-------------------------------------------非社台系・鞍上未定
プレノタート   【 54.0・牧 浦・--- 】=A・B・??
父 ジャングルポケット 性別 牝 馬主 (有)シルク
母 セクシーココナッツ  馬齢 3歳 母の父 ダンスインザダーク 生年月日 2009年3月2日 
生産牧場 松田牧場 産地 新ひだか町
----------------------------------------------

抽選待ち9頭/13頭中  【斤量・厩舎・騎手】=背景(牧場+馬主)・厩舎・騎手レベル
----------------------------------------------社台系
ウインミーティア 【 54.0・梅田智・--- 】=S・B・??
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 (株)ウイン
母 バシマー       馬齢 3歳 母の父 Grand Lodge 生年月日 2009年4月16日 
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ショウナンマオ  【 54.0・須貝尚・--- 】=S・B・??
父 ダイワメジャー   性別 牝 馬主 国本哲秀
母 ショウナンハピネス  馬齢 3歳 母の父 Kris S. 生年月日 2009年3月21日 
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 新冠町
フライングバルーン【 54.0・水 野・--- 】=S・B・??
父 デュランダル    性別 牝 馬主 吉田千津
母 フライングインザレーン  馬齢 3歳 母の父 Flying Victor 生年月日 2009年2月20日
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
----------------------------------------------非社台系・新ひだか町
アブシンベル   【 54.0・山 内・--- 】=A・B・??
父 ルールオブロー   性別 牝 馬主 山田貞蔵
母 デフィニット     馬齢 3歳 母の父 Dehere 生年月日 2009年5月11日 
生産牧場 (有)武岡牧場 産地 新ひだか町
スピカシチー   【 54.0・村 山・--- 】=A・B・??
父 アドマイヤムーン  性別 牝 馬主 (株)友駿ホースクラブ
母 ミスザイール     馬齢 3歳 母の父 Zafonic 生年月日 2009年4月5日 
生産牧場 幌村牧場 産地 新ひだか町
----------------------------------------------非社台系・日高町
イントゥザストーム【 54.0・村 山・--- 】=S・B・??
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 バイユーストーム   馬齢 3歳 母の父 Storm Cat 生年月日 2009年2月10日 
生産牧場 日高大洋牧場 産地 日高町
スピークソフトリー【 54.0・千 田・武 幸 】=A・B・Bb
父 アルカセット    性別 牝 馬主 H.R.H.プリンセス・ハヤ
母 サイレント      馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2009年4月9日 
生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有) 産地 日高町
トーホウアマポーラ【 54.0・田島良・--- 】=A・B・??
父 フジキセキ     性別 牝 馬主 東豊物産(株)
母 トーホウガイア    馬齢 3歳 母の父 Unbridled's Song 生年月日 2009年1月29日 
生産牧場 竹島幸治 産地 日高町
ヒーラ      【 54.0・ 森 ・--- 】=A・A・??
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 平井裕
母 セントフロンティア  馬齢 3歳 母の父 Danehill 生年月日 2009年2月25日 
生産牧場 白井牧場 産地 日高町
----------------------------------------------非社台系・浦河町
ウイングザムーン 【 54.0・飯田明・--- 】=A・B・??
父 アドマイヤムーン  性別 牝 馬主 (有)高昭牧場
母 ウイングドキャット  馬齢 3歳 母の父 Storm Cat 生年月日 2009年4月4日 
生産牧場 高昭牧場 産地 浦河町
フクノハツヒメ  【 54.0・鹿戸雄・--- 】=A・B・??
父 アドマイヤマックス 性別 牝 馬主 福島実
母 リトミコバンブー  馬齢 3歳 母の父 バンブーアトラス 生年月日 2009年2月26日 
生産牧場 バンブー牧場 産地 浦河町
----------------------------------------------非社台系・その他
ゴールデンムーン 【 54.0・須貝尚・--- 】=A・B・??
父 アドマイヤムーン  性別 牝 馬主 (株)G1レーシング
母 トップサンキスト   馬齢 3歳 母の父 アサティス 生年月日 2009年3月30日 
生産牧場 大川牧場 産地 厚真町
フレイムコード  【 54.0・ 谷 ・--- 】=A・B・??
父 タヤスツヨシ    性別 牝 馬主 (有)イクタ
母 シマノラピス     馬齢 3歳 母の父 オペラハウス 生年月日 2009年2月20日 
生産牧場 村本牧場 産地 新冠町
----------------------------------------------

★一騎打ち濃厚…
ジェンティルドンナvsジョワドヴィーヴル
はっきり言って、どちらが2着を外しても問題ありと言えるメンバー構成で、1・2着の馬券的な妙味はかなり薄い一戦と言えるだろう。それもこれも残る登録馬(特に5頭の優先出走馬)が、あまりに2頭と実績面でかけ離れていると思われるからだ。

では、今回どちらを上位に取るかを考えた場合、どんなに強そうでも休養明けのジョワドヴィーヴルよりジェンティルドンナに期待する方が正着だろう。
たしかに、ジョワドヴィーヴルが能力的に勝ってしまう可能性はある。だが、基本的に本番たる桜花賞に万全の体制で臨むはずで、どんなに強くてもほぼ万全でなければ鞍上が未熟であるため負ける可能性は充分にあるからだ。
ただし、相手たるジェンティルドンナにも懸念はある。それは、石坂厩舎がエピセアローム(浜中)と2頭出しである点と、いくら岩田康の技術が信用できてもテン乗りである点が未知数だからだ。【厩舎絡みの推測だと「1着ジョワド、2着ジェンティル」の可能性が高い…石坂厩舎が佐々晶厩舎のようなマネをしなければの話だが!】

何にしても、現状では“ジェンティルドンナvsジョワドヴィーヴル”で決まる可能性は極めて高く、他馬は3着争いが精一杯と思われる。【完全な仕上げ不足や突然の気性難でも出ない限りは!】

★3着争いオンリーなら…
一見何でもありに思える3着争い。だが、抜けた馬のいない3着争いとなると対象馬の条件も限られてくる。なぜなら、いくらか混戦であれば"展開”が有効条件の筆頭に挙がるところだが、2頭が抜けた存在の今回は、単なる逃げでは有力2頭に捕まって終わりになる可能性が高く、"有効条件の筆頭が“現時点での好調さ”になってくるからだ。

したがって、好調さと能力を推察して考えられる候補は…
エピセアローム  【 54.0・石 坂・浜 中 】=S・A・Aa
ゴールデンムーン 【 54.0・須貝尚・--- 】=A・B・??
ハナズゴール   【 54.0・加藤和・Cデムーロ 】=A・B・S非競馬学校
フレイムコード  【 54.0・ 谷 ・--- 】=A・B・??
プレノタート   【 54.0・牧 浦・--- 】=A・B・??
メイショウスザンナ【 54.0・高橋忠・武 豊 】=A・B・Ab

…以上の6頭と思われる。

現時点では、鞍上が予定されている3頭が優位と思われるが、あくまで“3着争い限定”となるといくら技量的に信用できる騎手であっても展開一つで6頭の順位は容易に変わってしまう可能性が高く、よって現時点で3着馬を固定するのはさすがに厳しい。

★前予想…↓↓↓

阪神11R 第19回 チューリップ賞(G3) 芝1600m
----------------------------------------------
◎ …ジェンティルドンナ【 54.0・石 坂・岩田康 】
○ …ジョワドヴィーヴル【 54.0・松田博・福 永 】

△ …★6頭
----------------------------------------------

“2強の一騎打ち濃厚”と思えるものの、ただ一つ心配なことがある。それは、2強が「同生産・同馬主」であること。もしも共に牽制しあった場合、ミス騎乗した方が連対を逃すかもしれない微々たる可能性が残っているからだ。
ただし、もしそうなった場合でも現状考えられる結果は一つ。鞍上の技量通りに祐一が3着になることしかないだろう。なぜなら、岩田康がコケるとしたら責任はほぼ厩舎側にあるため、ダローネガがコケたアーリントンCのような平場オープン並みの重賞とは違う大事なTR戦において、石坂厩舎が佐々晶厩舎をマネるとは考え難いからだ。したがって、ジェンティルドンナは負けるにしても大敗はしないはず!
【ヤラセなら別だけど…祐一=バックの主催者が最も怖い…かも!】

★最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16332

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第49回 報知杯弥生賞(G2) 予想コラム

“関東版祐一”ほしの皇成の一発あるか?

登録16頭。フルゲート16頭。サラ系3歳 (国際)(指定)オープン 馬齢 2000m 芝・右

出走予定馬 【斤量・厩舎・騎手】=背景(牧場・馬主)・厩舎・騎手(技量+優遇度)
------------------------------------------社台系・「馬主 (有)キャロットファーム」
アダムスピーク  【 56.0・石 坂・内田博 】=S・A・S非競馬学校
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 シンハリーズ     馬齢 3歳 母の父 Singspiel 生年月日 2009年2月12日 
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
アーカイブ    【 56.0・ 堀 ・--- 】=S・A・??
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 データ        馬齢 3歳 母の父 Roy 生年月日 2009年3月4日 
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
アーデント    【 56.0・加藤征・藤 田 】=S・A・Ab
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 グレイトフィーヴァー  馬齢 3歳 母の父 Kaldoun 生年月日 2009年1月20日 
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
------------------------------------------社台系・「馬主 (有)社台レースホース」
エキストラエンド 【 56.0・角 居・Cデムーロ 】=S・S・S非競馬学校
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 カーリング      馬齢 3歳 母の父 Garde Royale 生年月日 2009年4月7日 
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ブリスアウト   【 56.0・古賀慎・北村宏 】=S・B・Bb
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 シーキングマイラブ  馬齢 3歳 母の父 Seeking The Gold 生年月日 2009年5月18日 
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ベストディール  【 56.0・国 枝・蛯 名 】=S・S・Aa
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 コマーサント     馬齢 3歳 母の父 Marchand de Sable 生年月日 2009年3月17日 
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
----------------------------------------------社台系・「馬主 吉田照哉」
サイレントサタデー【 56.0・村 山・松 岡 】=S・B・Ab
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 吉田照哉
母 マニックサンデー   馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2009年6月6日 
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ジョングルール  【 56.0・尾 形・三 浦 】=S・B・Bs
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 吉田照哉
母 デルモニコキャット  馬齢 3歳 母の父 Storm Cat 生年月日 2009年5月4日 
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
----------------------------------------------社台系・「馬主 その他」
トリップ     【 56.0・松田博・田 辺 】=S・A・Bb
父 クロフネ      性別 牡 馬主 大八木信行
母 ビーポジティブ    馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2009年4月18日 
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
フェノーメノ   【 56.0・戸 田・岩田康 】=S・B・S非競馬学校
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ディラローシェ    馬齢 3歳 母の父 Danehill 生年月日 2009年4月20日 
生産牧場 追分ファーム 産地 平取町
----------------------------------------------非社台系・鞍上予定
クラレント    【 56.0・橋 口・小牧太 】=A・A・A非競馬学校
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 前田晋二
母 エリモピクシー    馬齢 3歳 母の父 ダンシングブレーヴ 生年月日 2009年3月2日 
生産牧場 ノースヒルズマネジメント 産地 新冠町
コスモオオゾラ  【 56.0・高橋博・柴田大 】=A・B・Bb
父 ロージズインメイ  性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 マイネシャローナ  馬齢 3歳 母の父 コマンダーインチーフ 生年月日 2009年2月17日 
生産牧場 ビッグレッドファーム 産地 新冠町
ソルレヴァンテ  【 56.0・池 上・後 藤 】=B・B・Ba
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
母 ヒシバイタル     馬齢 3歳 母の父 トニービン 生年月日 2009年2月26日 
生産牧場 矢野牧場 産地 新ひだか町
メイショウカドマツ【 56.0・藤岡健・藤岡佑 】=A・B・Ba
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬主 松本好雄
母 アルペンローズ    馬齢 3歳 母の父 Kris S. 生年月日 2009年4月25日 
生産牧場 三嶋牧場 産地 浦河町
----------------------------------------------非社台系・鞍上未定
セトブリッジ   【 56.0・ 森 ・--- 】=B・A・??
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 難波澄子
母 シアトルブリッジ   馬齢 3歳 母の父 スキャン 生年月日 2009年4月23日 
生産牧場 新井昭二 産地 日高町
タイセイスティング【 56.0・新 開・--- 】=B・B・??
父 ゴールドアリュール 性別 牡 馬主 田中成奉
母 ミラクルケープ    馬齢 3歳 母の父 フォーティナイナー 生年月日 2009年3月24日 
生産牧場 バンダム牧場 産地 浦河町
----------------------------------------------

★まずは現時点で消える馬…
アーカイブ(堀厩舎)、セトブリッジ(森厩舎)、タイセイスティング(新開厩舎)…
皐月賞に直結するトライアルにおいて、騎手未定の時点でこの3頭はすでに想定外。たしかに馬券になったら大穴間違いなしだが、さすがに買い目なしと判断せざるを得ないだろう。

★競走実績からの推察…
「馬主 (有)キャロットファーム」のラジオNIKKEI2才S勝ち馬アダムスピーク、「馬主 (有)社台レースホース」の京成杯勝ち馬ベストディールが実績から人気に推されるのは間違いない。
この両頭、アダムスピークは倒した馬たちのレベルの高さで、ベストディールはコース経験値とレース間隔で現状では“ほぼ互角”と判断でき、人気通りに決まれば“一騎打ち”の可能性は高い。
したがって、この両頭に絡んでくる3頭目が何かを予想するのが大方の傾向で、より穴目を狙うならどちらか一方を軸にして伏兵の馬券食い込みを捜すことになるが、いずれにしろ、この両頭が共に馬券対象から消える可能性は低く、“展開予想にこの両頭を反映させる形”になると推察できるだろう。
【よって、大穴目は“逃げ・番手馬の行った行った競馬”しかないと推察!】

★背景からの推察…
「馬主 (有)キャロットファーム」が3頭、「馬主 (有)社台レースホース」が3頭、「馬主 吉田照哉」が2頭あり、有力上記2頭はもちろん、残りの馬にもそれぞれ面白味ある伏兵馬がいるのが特徴的。
これらの状況から推察すると、「非社台系生産馬・鞍上予定」の4頭の不利は否めない。
この中にデイリー杯2才S勝ち馬クラレントがいるが、アーリントンCでのダローネガ敗退もあって同馬の格は急降下しており、今回も鞍上への援護がないことと近走における脚質的な不利もあり、いくら朝日杯FS2番人気馬でも巻き返しは極めて薄いと推察できる。
また、残る3頭では“前残り穴目”としてメイショウカドマツ・ソルレヴァンテの逃げ残りに期待する方が面白味がありそうだが、これらの問題は“単騎で行けるか否か”と共に“鞍上面の手際・技術も必要となる”こと。
現状のメンバー構成だと「馬主 (有)社台レースホース」のサイレントサタデーも逃げ手を打つ状況にあり、いくら親の厩舎とは言え、中山不慣れのテン乗り藤岡佑+逃げ争いのメイショウカドマツの不利はもちろん、いくら乗り戻しとは言え、前走勝たせた田辺を降ろしてまで“競馬学校の年功序列”を主張できるか疑わしい状況( 後藤好走のヤラセになるため )のソルレヴァンテも不利と推察せざるを得ない。
よって共同通信杯5着のコスモオオゾラも含め、今回の「非社台系生産馬・鞍上予定」4頭は“好走でも掲示板まで”と判断せざるを得ない。

★厩舎からの推察…
アダムスピークについて、今週は特に注目すべきポイントがある。それは、土曜日に行われる桜花賞TRチューリップ賞に同厩舎のジェンティルドンナが出走予定であること。今回の弥生賞以上に、チューリップ賞では“ジョワドヴィーヴルとの一騎打ち”が濃厚とみられるからだ。
つまり、チューリップ賞において「もしもジョワドヴィーヴルを負かしたなら…」を想像した場合、果たしてアダムスピークが勝ち切れるかの心配も沸くからだ。なぜなら、ジョワドヴィーヴルが阪神JF以来の出走であるように、弥生賞ではアダムスピークが休養明け出走であるためベストディールに敗れる可能性ありと予想されるからだ。
また、奇しくもジョワドヴィーヴルと同厩舎のトリップが登録されており、まさかの“両トライアル同厩舎の1・2着”があるかもと思えるのが面白いところ。
共同通信杯でディープブリランテをゴールドシップが負かしたことで、俄然ラジオNIKKEI2才Sのレベルの高さが認識されるだけに、同レースの1番人気の巻き返しは充分考えられるだろう。

★騎手からの推察…
多くの鞍上が移動している中、主戦として乗り続けるベストディール(蛯名)は状況的にも安定していると判断できるだろう。なぜなら、クラシックにつながるレースにおいて主戦がコロコロ変わる馬では、いくら鞍上強化で好走期待はできても勝ち馬になる可能性は低いからだ。(好例はローズキングダム…結局クラシックは獲れなかった)
その点で浮上してくる馬は、岩田康登録のフェノーメノ、“ほしの皇成”登録のジョングルールに妙味があるだろう。
この2頭、戸田・尾形厩舎のレベルが低いのは問題だが、岩田康はその技量で、“ほしの皇成”は福永祐一不在のヤラセ恩恵騎手の一番手という立場でそれぞれ強みを持っているのが救い。
私的には「騎手はアスリートである」の信念から、もちろん岩田康が好走すると思っているが、福永祐一をリーディングにできる主催者一押しの“騎手s型”の片割れたる“ほしの皇成”ジョングルールも軽視はできない。何しろ馬主面では文句なしなので、ここに主催者の恩恵がハマれば寒竹賞で福永祐一のような2着負けをした差し脚が“まるで画に描いたようにハマる”ことも充分有り得るからだ。しかも、今回は逃げ・先行馬が多く、展開がハマる可能性も高いと予想できる。
これに対して、フェノーメノは同コース条件のホープフルSで惨敗しており、いくら岩田康が降りてないとは言え、田辺予定のトリップとの絡み(岩田康が人気でコカした)もあるからには、さすがに勝つまでの大きな期待は懸けられないだろう。

★前予想…↓↓↓

中山11R 第49回 報知杯弥生賞(G2) 芝2000m
----------------------------------------------
◎ …ベストディール  【 56.0・国 枝・蛯 名 】
▲ …ジョングルール  【 56.0・尾 形・三 浦 】
▲ …アダムスピーク  【 56.0・石 坂・内田博 】
△ …トリップ     【 56.0・松田博・田 辺 】
△ …フェノーメノ   【 56.0・戸 田・岩田康 】
△ …エキストラエンド 【 56.0・角 居・Cデムーロ 】

----------------------------------------------

順調さでベストディールを上位。
ジョングルールの食い込み期待。
アダムスピークは休養明けの不利。
巻き返しあればトリップ。
岩田康が展開を活かせればフェノーメノ。
Cデムーロが腕をみせればエキストラエンド。

…現状、こんなところでどーっすかっ!ゲロゲ~ロ…ケロロかっ!(一人ボケ突っ込み)

★最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16381

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第86回 中山記念(G2) 結果コラム

これが福永祐一の実力!

★前予想…↓↓↓

中山11R 第86回 中山記念(G2) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …リアルインパクト 【 57.0・ 堀 ・岩田康 】
○ …トゥザグローリー 【 57.0・池 江・福 永 】
△ …シルポート    【 57.0・西 園・松 岡 】
△ …ダイワファルコン 【 56.0・上 原・北村宏 】
△ …フィフスペトル  【 56.0・加藤征・横山典 】
△ …フェデラリスト  【 56.0・田中剛・蛯 名 】
△ …レッドデイヴィス 【 55.0・音 無・安藤勝 】
----------------------------------------------

★最終決断…↓↓↓

東京11R 第29回 フェブラリーステークス(G1) ダ1600m
----------------------------------------------
◎ …レッドデイヴィス 【 55.0・音 無・安藤勝 】
○ …リアルインパクト 【 57.0・ 堀 ・岩田康 】
▲ …シルポート    【 57.0・西 園・松 岡 】

消し…フィフスペトル  【 56.0・加藤征・横山典 】
----------------------------------------------

1着…3番フェデラリスト  【 56.0・田中剛・蛯 名 】

シルポートの逃げ残り目を唯一捕らえた同馬の実力に脱帽。今回の優勝で”中距離の新興勢力”に!
不思議なのは、「どうしてダンスパートナーの仔なのに田中剛厩舎なんかに入厩してるの?」ということだが、何にしても、田中剛・蛯名でここまで走るのだから”逸材”なのは間違いないだろう。

2着…1番シルポート    【 57.0・西 園・松 岡 】

スタート無理せず、2コーナーから引き離しの逃げに出た松岡のファインプレー。単穴推奨に応えてくれたことは嬉しいが、次走の期待ができないのが心配。

3着…リアルインパクト 【 57.0・ 堀 ・岩田康 】

結局、スタートから前でレースを進めたことが幸いして何とか3着確保。4コーナーの手応えでは「アカン」と思ったが、岩田康のおかげで何とか馬券対象に。過去2走で同馬をコカした騎手が如何に下手くそだったかが証明された!

距離短縮のせいか、それとも…

トゥザグローリー10着、レッドデイヴィス11着は本当に解せない…それでも本命視したレッドデイヴィスの大敗はまだ理由付けできるが(…浜中主戦のため武豊・安藤勝では走らない存在と言えるから)、トゥザグローリーの大敗はさすがに理由がつかない。並みの騎手なら負けても掲示板前後にいるはずだからだ。

明確なのは、「これでドバイ挑戦馬が続けて大敗した」という事実だけ。
これらは、私的には「藤田と祐一なのだから負けても不思議じゃない」と言い切れるのだが、休養明けだったトランセンドはまだしも、順調に使っていたトゥザグローリーは”天下の池江寿”だけに何とも判断しかねるばかり。

”我が世の春”を謳歌している”未熟者福永祐一”だが、クラシック戦線が近づいてくると案の定、実力通りの凡走を今年も繰り返してくれるのかもしれない。

結果はともかく、”これが福永祐一の騎手としての実力”であることを見せてくれたのは”競馬界・騎手界にとっては良いこと”であり、いい加減に親の恩恵や主催者の一押しで騎乗馬が左右されたりしない真っ当な実力騎乗配置が成されることを願って止まない!(田辺が福永・三浦の、岩田康が福永のケツ持ちさせられたりする不公平な配置には納得できないもの)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第21回 アーリントンカップ(G3) 結果コラム

佐藤哲復帰まで待機ダローネ!

1着…13番ジャスタウェイ  【 56.0・須貝尚・福 永 】

2走前が後藤、前走が秋山と二人の2流騎手でさえタレたことのない馬。そんな馬がきさらぎ賞を叩いての参戦で、しかも鞍上がデビュー・新潟2才Sで騎乗した福永への乗り戻しとあっては、いくら”創られたリーディング騎手”であってもコカす訳にはいかない。やはり不動の1着設定馬だった。

2着…2番オリービン    【 56.0・橋 口・Cデムーロ 】

内を我慢して掬ったムダのない騎乗で2着。鞍上が本気を出せた環境になったのと、ダローネガが厩舎からして本気じゃなかったのが幸いしたもの。
ただし、普通なら勝たねばならない流れだったので、今回は”完全な力負けの2着”とみるのが正着だろう。

3着…3番アルキメデス   【 56.0・藤原英・川 田 】

ダローネガが不発だったおかげで3着になったものだが、控えて追った川田の騎乗は褒めても良いもの。ただし、弱小メンバーの中で展開に恵まれたもの確かなので、マイル戦に対応できたことが唯一の救いと言えるだろう。

佐々木晶三厩舎の不可解な2頭出し

正直なところ、ダローネガが1番人気になったことに驚いた。
佐々木晶三厩舎がフルゲートじゃないのにヴェアデイロスまで出走させてきたおかげで、いくら岩田康であっても、「厩舎側の意識が本気じゃなかった」のを暗示していたからだ。(ヴェアデイロスの馬主さんがノースヒルズさんなので、”まるで出走手当狙い”となってしまい、同馬主馬ブライトラインも不発で終わったのがよい証拠)
つまるところ、岩田康と安藤勝は今回のレースでは”福永の引き立て役”を演じたということ!

たしかに、佐藤哲などより岩田康が騎手として技量上位。だが、いくら騎手が本気でも厩舎側が本気でなければ惨敗して当然。
おそらく厩舎も騎手も敗因として「休養明けで掛かってしまった」と言うだろう。だが、背景面(厩舎・馬主)からみて、今回の敗戦はあきらかに「やる気そのものに欠けていた参戦」と言えるだろう。
「佐藤哲を主戦起用する厩舎→主戦より上手い騎手を乗せても本気で仕上げない=主催者の思惑通りに動く」を画に描いた敗戦で、今回負けてしまったが佐藤哲が乗り戻せばまたダローネガは好走してくれるだろう。

1番人気は消えても…

現状、福永祐一が勝つレースは「荒れない」と確認させられたレース。ダローネガが消えても鞍上強化のオリービンが来てしまうのが良い証拠。
また、オリービンが好走するなら千両賞で同馬に先着したローレルブレッドが馬券対象にならなければ”馬の能力・実績”でおかしくなるところ。なのに、池添はローレルブレッドを3着に持って来れなかった。(池添が上手くないのは有馬記念のオルフェーブルの騎乗ぶりでよく分かるが、アルキメデスに差されたのは最低の騎乗)

正直、「そんなに福永祐一に勝たせなければならない理由があんの?」という憤慨感しか沸いてこない。

こうした馬の実績に沿わない結果が、福永祐一の勝つレースには必ず発生するのが不思議。何にしても、やっぱり「G2・G3重賞の福永祐一騎乗の人気馬には常にヤラせあり」ということを確認させられたアーリントンCと言えるのが…残念!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第21回 アーリントンカップ(G3) 予想コラム

ジャスタウェイの不安は鞍上も…

「一騎打ち」…今年のアーリントンCは、”ジャスタウェイvsダローネガ”の一騎打ちにならないとおかしいほどのメンバー構成!

したがって、一騎打ちのポイントとなるのが”鞍上の技量”となる訳だが、本来ならダローネガの完勝になるのが常識だろう。なぜなら、ジャスタウェイの鞍上たる福永祐一は、主催者が「親の名声」を頼みに創作した”素人でも大差ない騎乗ができる”という面白い特徴を持った天才騎手で、自らの技量だけで現在中央のトップにまで昇りつめた岩田康誠とは騎手としての実力・技量において雲泥の差があるからだ。

ただし、こんなことは既に日本中の常識と言えることで、福永祐一を”優秀な騎手”と持ち上げているのがマスコミ関係者以外に誰もいないことでもよく分かるだろう。(それでも「上手く乗りましたね」と公の場で言ったのは細江ちゃんしか聞いたことがない!…同期だし、主催者あっての解説者だから特に持ち上げているのだろう!)

しかしながら、福永祐一の後ろには”競馬学校を管理する主催者”が控えており、騎手の実力よりも「競馬学校を卒業した者を優遇する」というこれ以上ない強みを持っている。

これに逆らうことは、いくら技量に優る岩田康誠であっても中々に難しいことは誰もが理解できるはず。彼でさえ主催者あっての騎手稼業であり、喩えるなら、タイトルマッチが組めない小さなボクシングジムの強いボクサーと同じ立場である。

しかも、今年のアーリントンCは、たとえ「ジャスタウェイには負けても2着は確定と思われる低レベルなメンバー構成」であるため、そもそも佐藤哲が主戦のダローネガをムリに勝たせる必要はないのである。賞金加算できるから!

よって、前予想も最終予想も変わらないものとして…

前予想…↓↓↓

(土)阪神11R 第21回 アーリントンカップ(G3) 芝1600m
----------------------------------------------
◎ …ジャスタウェイ  【 56.0・福 永 】
○ …
ダローネガ    【 56.0・岩田康 】

----------------------------------------------

…これだけを挙げておく!

正直なところ、3着目に何が来るのか現時点では全く分からない。単なる鞍上の技量優先ならオリービン(Cデムーロ)とブライトライン(安藤勝)の2頭となるのだが、今回の1・2着馬が”ダイヤモンドなみに堅い1・2着”であるため、単純な騎手技量で3着目を決まるとは私には思えないのである。(それほどこの2頭に信用が置けないということ!)

それでも藤田予定のチャンピオンヤマトが3着になったらビックリするだろう。先週トランセンド凡走で勢い下降線と思える藤田+ダート馬が3着になるとはさすがに思えないからだ。(確かに来たら穴…でもそこまで酷い低レベルだと1・2着の価値も下がってしまうので…まさかねぇ…笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第86回 中山記念(G2) 予想コラム

今週は鞍上の一騎打ち?

登録15頭。サラ系4歳以上 (国際)[指定]オープン 別定 1800m 芝・右

全登録馬 【斤量・厩舎・騎手】◆背景(牧場・馬主)、厩舎、騎手、馬の各ランク
----------------------------------------------馬ランク順
トゥザグローリー 【 57.0・池江寿・福 永 】◆背景SS、厩舎S、騎手Cs、馬G1級
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 トゥザヴィクトリー  馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2007年2月16日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
リアルインパクト 【 57.0・ 堀 ・岩田康 】◆背景SS、厩舎S、騎手Sa、馬G1級
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 トキオリアリティー  馬齢 4歳 母の父 Meadowlake
生年月日 2008年5月14日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
エイシンアポロン 【 58.0・松永昌・池 添 】◆背景AS、厩舎B、騎手Bb、馬G1級
父 Giant's Causeway  性別 牡 馬主 平井豊光
母 Silk and Scarlet  馬齢 5歳 母の父 Sadler's Wells
生年月日 2007年1月22日  生産牧場 Silk and Scarlet Syndicate 産地 米
フィフスペトル  【 56.0・加藤征・横山典 】◆背景SS、厩舎B、騎手Ab、馬G1級
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 ライラックレーン   馬齢 6歳 母の父 Bahri
生年月日 2006年5月22日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町

シルポート    【 57.0・西 園・松 岡 】◆背景BA、厩舎A、騎手Bb、馬G2級
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬主 河崎五市
母 スペランツァ     馬齢 7歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2005年3月24日  生産牧場 タイヘイ牧場 産地 静内町
ダイワファルコン 【 56.0・上 原・北村宏 】◆背景SS、厩舎A、騎手Bb、馬G2級
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 大城敬三
母 ダイワルージュ    馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2007年3月25日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ナリタクリスタル 【 56.0・木 原・武 豊 】◆背景SA、厩舎B、騎手Ab、馬G2級
父 スペシャルウィーク 性別 牡 馬主 (株)オースミ
母 プレシャスラバー   馬齢 6歳 母の父 ペンタイア
生年月日 2006年1月16日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
フェデラリスト  【 56.0・田中剛・蛯 名 】◆背景SS、厩舎B、騎手Ab、馬G2級
父 Empire Maker   性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 ダンスパートナー   馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2007年6月6日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
レッドデイヴィス 【 55.0・音 無・安藤勝 】◆背景SS、厩舎A、騎手Sb、馬G2級
父 アグネスタキオン 性別 せ 馬主 (株)東京ホースレーシング
母 ディクシージャズ  馬齢 4歳 母の父 トニービン
生年月日 2008年2月22日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町

アクシオン    【 56.0・二ノ宮・柴田善 】◆背景BA、厩舎A、騎手Cb、馬G3級
父 サンデーサイレンス 性別 牡 馬主 中田徹
母 グレイテストヒッツ  馬齢 9歳 母の父 Dixieland Band
生年月日 2003年3月29日  生産牧場 坂東牧場 産地 平取町
エーブチェアマン 【 56.0・清水利・後 藤 】◆背景BA、厩舎B、騎手Cb、馬G3級
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (株)レーシングホースジャパン
母 ビックリバコ     馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2007年3月25日  生産牧場 様似渡辺牧場 産地 様似町
ネオヴァンドーム 【 56.0・藤原英・内田博 】◆背景SA、厩舎A、騎手Sa、馬G3級
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 小林仁幸
母 プリンセスカット   馬齢 5歳 母の父 トニービン
生年月日 2007年2月19日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ネオサクセス   【 56.0・古賀史・大 野 】◆背景BA、厩舎B、騎手Cb、馬G3級
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 秋場清隆
母 ラークスマイル    馬齢 5歳 母の父 ノーザンテースト
生年月日 2007年4月3日  生産牧場 秋場牧場 産地 浦河町
マカニビスティー 【 56.0・矢 作・--- 】◆背景BA、厩舎A、騎手--、馬G3級
父 ゼンノロブロイ   性別 牡 馬主 備前島敏子
母 サクセスウイッチ   馬齢 5歳 母の父 ブライアンズタイム
生年月日 2007年5月7日  生産牧場 山田政宏 産地 日高町
デストラメンテ  【 56.0・清水美・--- 】◆背景BA、厩舎B、騎手--、馬G3級
父 アドマイヤコジーン 性別 せ 馬主 岡田牧雄
母 ディコーラム     馬齢 8歳 母の父 フレンチグローリー
生年月日 2004年3月22日  生産牧場 市川牧場 産地 鵡川町
----------------------------------------------

”私的”国内騎手ランク…

「1」実力ランク
安藤勝、岩田康、内田博 …上位者=Sランク
武豊、横山典、蛯名 …時点者=Aランク
松岡、川田、田辺、浜中など …時点者に次ぐ者=Bランク
柴田善と以下全ての騎手 …特定の条件下の好走者および未熟者=Cランク
「2」主催者ランク(馬によって変動あり)
福永(重賞用)、三浦(平場用) …意図的に勝たせてもらえる者=sランク
岩田康、内田博 …本当の東西トップ者=aランク
柴田善と以下全ての騎手 …馬によって好走ある者=bランク

…大ざっぱだが分かりやすく分類するとこうなる。【例…福永祐一は「Cs」】
「1」の上位者ほど信頼度が高くなり人気を上げる要素を持つ。
「2」が現在の中央騎手界の構図。

豪華メンバーも…

先週のフェブラリーSのようなG1レースであれば多少の技術的配慮も考えられるが、如何せん今回は中山G21800m別定戦であり、「1」に対する配慮など”四位を2年連続ダービージョッキーにできる主催者”があえて行うことはしないだろう。
(本来騎手は実力主義だがそれではどんな馬主も「1」のCランクを起用する訳ないので…)

トゥザグローリーは、有馬記念3着のノーザンF生産・社台系馬主・池江厩舎管理の超良血馬。おまけに前走日経新春杯を58.5kgで優勝したにも関らず「+1kg増の57.0kg」で出走できる状況にあり、これではいくら距離短縮といっても余程のことがない限り、現状では連対をはずすことはないだろう。
しかも、鞍上が「2」の筆頭である福永祐一。主催者創作中の”天才ジョッキー”三浦皇成の参戦があったとしても、福永祐一に優る優遇措置を受けられない重賞戦線であるため、当然ながらそれ以下の競馬学校卒など絶対にトゥザグローリーに先着などできない。
(福永祐一個人に技量で先着できても社台・池江・主催者が推す馬に先着などしたら騎手生命の終わりになるため…)
おまけのおまけに、G1でもない今回は元地方の実力上位3人(安藤勝・岩田康・内田博)も余程の理由がない限り下手な手出しはできないハズ。(彼らにしても主催者あっての騎手稼業…主催者が売上げ低下を心配さえしなければ!)

それでも、無理矢理に敗戦の目を捜すとすれば、先週フェブラリーSで安田隆厩舎がしでかした「仕上げミス」しかない。だが、安田隆の二の舞を現在中央厩舎でトップにいる池江が演じる意味もないので今年の中山記念は、”トゥザグローリー連対確定レース”と推察できるだろう。(3着以下になったら大笑い…ただし、3着なら祐一にしては仕事した方だが!)

2頭のG1馬が何着になるか…

エイシンアポロンとリアルインパクト…この2頭のG1馬が”一体何着であれば良し”とされるかが問題。
ただし、今回に関しては「エイシンアポロンよりもリアルインパクトの方に分がある」と思われる。
本来、騎手の勝ち負けバランスからすればG1フェブラリーSを勝ったばかりの岩田康は”今回大人しくしている順番”であるが、何しろエイシンアポロンの鞍上が”池江厩舎の馬で3冠ジョッキーにしてもらった池添くん”であるため、福永祐一が実力通りに騎乗して”まさかのトゥザグローリー2着”が起ったとしても絶対に先着などできない立場にあるのが問題。
それでなくても、同馬は58.0kgという+2kg増の斤量を背負う。いくらマイルCSでリアルインパクトを破っているとはいえ、今回のリアルインパクトは岩田康であること(額面上の鞍上強化)・3ヶ月ぶりのレースであること・堀厩舎に分ありということ(関東圏のレース)…以上の3点でリアルインパクト優勢と推察できる。
よって現状では、”トゥザグローリー・リアルインパクト以下の着順濃厚”と思われる!

したがって問題は、リアルインパクトが連対できるか否かとなる訳だが、ここで唯一”祐一2着以下”の期待が生じるのが面白い。
それは、リアルインパクトとトゥザグローリーが”同じ生産馬・同じ馬主”であること。そして、何より”近走リアルインパクトを好走させていないのが福永祐一”であることだ。
たしかに騎手の順番では、今回福永祐一の方に分がある。だが、マイルCS・阪神Cでともに1番人気に推されたリアルインパクトを祐一はその実力通りにトバして堀厩舎に迷惑を掛けている。
また、いくら優秀馬を抱えている池江厩舎とはいえ、鞍上強化のリアルインパクトに負けるのであれば、”馬の距離適正の差・騎手の技量差”ということで周囲に対する敗戦理由もできるし、同生産・同馬主のリアルインパクトなら負けても支障は起きない。何より、これまで祐一が迷惑を掛けている堀厩舎の面目も立つ。
これがハマれば、”1着リアルインパクト、2着トゥザグローリー”の1・2着固定の勝負ができるだろう。(ただし、岩田康が2着だと祐一の3着目も有り得るが…でもトゥザグローリーを4着にするのは勘弁して欲しい。松岡や川田に機会を回した方が将来外人など呼ばなくても済むようになるだろうから。根本的な騎手センスは遥かに上なので!)

前予想…↓↓↓

中山11R 第86回 中山記念(G2) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …リアルインパクト 【 57.0・ 堀 ・岩田康 】
○ …トゥザグローリー 【 57.0・池 江・福 永 】

△ …シルポート    【 57.0・西 園・松 岡 】
△ …ダイワファルコン 【 56.0・上 原・北村宏 】
△ …フィフスペトル  【 56.0・加藤征・横山典 】
△ …フェデラリスト  【 56.0・田中剛・蛯 名 】
△ …レッドデイヴィス 【 55.0・音 無・安藤勝 】

----------------------------------------------

現状では「一騎打ち濃厚」とみているが…(同馬主1・2着あるか?)
シルポートの逃げ残りあれば美味しい馬券に…(松岡、ガンバ!)

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16233

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29回 フェブラリーステークス(G1) 結果コラム

人馬一体と厩舎の奢り?

前予想…↓↓↓
東京11R 第29回 フェブラリーステークス(G1) ダ1600m
----------------------------------------------
◎ …トランセンド   【 57.0・安田隆・藤 田 】
▲ …ヒラボクキング  【 57.0・大久龍・藤岡佑 】
▲ …エスポワールシチー【 57.0・安 達・武 豊 】
△1…ワンダーアキュート【 57.0・佐藤正・和 田 】
△2…グランプリボス  【 57.0・矢 作・内田博 】
----------------------------------------------

最終決断…↓↓↓
東京11R 第46回 共同通信杯(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
 …トランセンド   【 57.0・安田隆・藤 田 】
 …ワンダーアキュート【 57.0・佐藤正・和 田 】
 …エスポワールシチー【 57.0・安 達・武 豊 】
消し…ダノンカモン   【 57.0・池 江・福 永 】
消し…グランプリボス  【 57.0・矢 作・内田博 】

----------------------------------------------

★1着…16番テスタマッタ   【 57.0・村 山・岩田康 】

「人馬一体」…過去に同馬に騎乗した騎手たちが霞んで見える鮮やかな豪脚…直線で外から被せて置き去りにしたシルクフォーチュンまでもが2着に届いてしまったのには本当にビックリ!…普通なら置き去りにされた馬は伸びを欠くものなのだが…

★2着…3番シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・藤岡康 】

康誠に引っ張り上げられた康太が2着!…藤岡康くんにしては上出来な結果だが、それだけにテスタマッタの伸び脚の凄さが際立った。

3着…ワンダーアキュート【 57.0・佐藤正・和 田 】

何とか3着を死守したが、競り合った相手が福永祐一ではある意味”先着して当然”なので特に褒めるべき騎乗ではない。今回は鞍上よりもきちんと仕上げた厩舎の手柄。鞍上は”やっぱり人気馬だと人気以下にしか来れない”という実力を見せただけ。(…他に騎手はおらんのかい!)

4着…ダノンカモン   【 57.0・池 江・福 永 】

予想通りに先行マーク競馬。伸び切れなかったのは馬の能力もさることながら、それ以上に馬の能力を引き出せない同じ乗り方しか出来ない鞍上の責任が大きい。(でも本人は人気以上の着順を獲ったので自信満々に”仕事しました”って語るんだろうな、きっと!…ところでジョワドヴィーヴルっていつ故障するのかな?このままだとまた未熟者が馬の能力のおかげで勝たせてもらうことになっちゃうかも!)

5着…エスポワールシチー【 57.0・安 達・武 豊 】

ある意味一番順当な着順を獲ったのが同馬。佐藤哲の代打で掲示板なら妥当の一語。

トランセンドは厩舎の奢りか?それとも…

初の大敗で今後が心配。なぜなら、これまで大敗したことない馬が一度コケるとその後負け癖がついたように変貌してしまうから。それとも今回は単に”厩舎の奢り”なのか、それとも前週京都記念を勝った馬主さんだったので負けたのか…いずれにしても、今後安田隆厩舎はこれまでのような順調な成果を残すのは厳しいだろう。(でも元々がトウカイテイオーの鞍上だったから調教師になったようなものなので今後下降線になっても何ら問題はなさそう…)

いずれにしても、今回のテスタマッタの好走は鞍上の技量あってのもの!…近走連続3着もここ一番で大仕事できるのはやはり騎手が本物である証拠。(所詮は鞍上が「中の上」程度のトランセンドとは本質の技量が違っているのだろう…藤田も競馬学校の中では下手ではないのだが…でも今回は全て厩舎のせいなので批難されないのは幸い!)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29回 フェブラリーステークス(G1) 予想コラム

「1強2有力3伏兵10弱」の図式

登録22頭。フルゲート16頭。サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 1600m ダート・左

  優先出走馬  【 斤量・厩舎・騎手 】
----------------------------------------------
エスポワールシチー【 57.0・安 達・武 豊 】
グランプリボス  【 57.0・矢 作・内田博 】
ケイアイテンジン 【 57.0・白 井・後 藤 】
シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・藤岡康 】
スマイルジャック 【 57.0・小桧山・丸 山 】
セイクリムズン  【 57.0・服 部・吉田隼 】
タガノロックオン 【 57.0・松田博・田 辺 】
ダノンカモン   【 57.0・池 江・福 永 】
テスタマッタ   【 57.0・村 山・岩 田 】
トウショウカズン 【 57.0・領 家・川 田 】
トランセンド   【 57.0・安田隆・藤 田 】
ナイキマドリード 【 57.0・地 方・戸 崎 】
ヒラボクキング  【 57.0・大久龍・藤岡佑 】
ヤマニンキングリー【 57.0・河 内・Cデムーロ 】
ライブコンサート 【 57.0・白 井・蛯 名 】
ワンダーアキュート【 57.0・佐藤正・和 田 】
----------------------------------------------
 繰り上がり対象馬 【 斤量・厩舎・騎手 】
----------------------------------------------
回避トウショウフリーク【 57.0・鶴 留・--- 】①ヒラボクワイルド【 57.0・大久龍・--- 】
②エベレストオー【 57.0・高 市・--- 】③シルクシュナイダー【 57.0・須貝尚・--- 】
④ナニハトモアレ【 57.0・鮫 島・--- 】⑤レッドヴァンクール【 57.0・鹿戸雄・--- 】
----------------------------------------------

1強=トランセンド

トランセンドの目標は、”前田幸治オーナーの2週連続重賞勝ち(トレイルブレイザー)成るか””史上初のフェブラリーS連覇”などの些末ではない。この後の”ドバイワールドCでの連続好走”が最大目標である。
昨年2着の大健闘でより期待を持って臨む今年は、たとえ2ヵ月半ぶりでも”日本馬代表ならばここは負けられない一戦”となるはず。ここを負けてるような馬で勝ち負けできるほど世界は甘くないのだから。
したがって、競争中止以外で負けるようなことがあってはならず、現時点でも最終予想でも動かし難い大本命である。

2有力=エスポワールシチー、ワンダーアキュート!

近2戦の巻返しが期待されるエスポワールシチー。
ただし、今回の注目点は”代打武豊が馬券に成るか”で、トランセンドには勝てなくても2・3着を確保できるかになるだろう。
ちなみに、鞍上変更そのものを考慮する必要はない。なぜなら、佐藤哲→武豊は強化であって弱化にはならないし、そもそも今回は2・3着が目標であならばある意味”鞍上など関係なし”と考えても差し支えないからだ。
先週上手いマクリ競馬でトレイルブレイザーを勝利に導いた武豊。だが、ここを壮行レースとすべきトランセンドにはさすがに勝つことは難しいはず。なぜなら、トレイルブレイザーとトランセンドは同生産牧場・同馬主であり、いくら自らの好騎乗でトレイルブレイザーを勝たせたとは言えども、乗せてもらった恩義ある馬主さんの門出にケチをつける訳にはいかない立場にあるからだ。(別の馬主とは仲違いしてるようだけど…苦笑)
また何よりの問題は、エスポワールシチーは逃げても先行しても”後続馬の目標とされる”公算が高いこと。
仮にJCダートと同じくトランセンド逃げた場合、番手が予想されるエスポワールシチーはモロに他馬の目標となってしまい、後続馬のカモにされる可能性がより高まってしまう。そこで残る手は、逃げを取り切るか、これまでにない差し競馬を試みるしかなくなるのが問題となるだろう。だが、前走の平安Sではヒラボクキングの先行を捕まえきれなかったように、エスポワールシチーの差し競馬は多寡が知れているのは間違いないだけに、2・3着に残すためにはやはり前に行くしかないと推察できる。
裏を返せば、エスポワールシチーが控える競馬になった時が波乱の目になる可能性大と言え、ならば、控えさせることができる馬の存在が2・3着波乱の要因となるだろう。

一方、近2走とも好走しているワンダーアキュート。
前走スマートファルコンとハナ差の競馬をしたのは素晴らしい成果。だが、所詮スマートファルコンは”中央で競馬をしない奇妙な中央馬”であり、地方レースの前走を重要視することは私にはできない。したがって、評価できるのはJCダートの2着となるだろう。
また、東京コースは差し馬にとっては申し分ないコースであり、同馬にとっても文句ない条件とは思える。だが、はっきり言って同馬が相手とできるレベルはエスポワールシチーであってトランセンドではない。したがって、同馬がトランセンドをマイル戦で差し切るとは到底思えない。そうでなくても、鞍上の和田くんは組織化された競馬学校出の騎手であり、トランセンドに先着することは立場的にもできない可能性は高い。調教師も騎手も”主催者と馬主の恩情で現在に至っている者の組合せであるからには、こちらも流れに乗って2・3着を確保できるかになるだろう。

よって、今回の2有力は”ともに2・3着狙いに徹する競馬ができるか”だろう。

3伏兵=グランプリボス、シルクフォーチュン、ヒラボクキング!

グランプリボスは”G1馬としての価値”からの伏兵馬。シルクフォーチュンとヒラボクキングは”トライアル勝ち馬”としての伏兵馬。
未知の魅力としてはグランプリボスに優る馬はいない。鞍上は内田博で文句なしであり、問題はダートへの適正だけ。シルクフォーチュンとヒラボクキングはすでにトランセンドの相手ではない。両馬はともに展開が向くことが頼みとなるだろう。特にシルクフォーチュンの前走勝ちは、ダノンカモンの未熟鞍上の凡走の賜物だけに、今度はダノンカモンの巻き返しの方が怖いだろう。何しろ鞍上が”天才”なのだから…(でもダノンカモンが馬券になったらヤラせになるのが問題だが…)

10弱=残り10頭+繰り上がり対象全て

大穴該当になるのがこの”10弱”。これらの中で怖い存在なのは、ダノンカモンテスタマッタヤマニンキングリーの3頭までが限界と思われる。
ダノンカモンが馬券になるとしたら、根岸S1番人気の巻返しと鞍上ヤラせがあった場合。テスタマッタは、根岸S58.0kgからの勢いと鞍上の技量が再び噛み合った場合。ヤマニンキングリーは鞍上が本気で乗ってしまった場合である。
ただし、どの馬も勝つまでには至らない。ダノンカモンはそれこそ筋が通らないし、テスタマッタも展開が向いても2着までが限界だし、ヤマニンキングリーは鞍上が外人というだけでしかないからだ。

前予想…↓↓↓
東京11R 第29回 フェブラリーステークス(G1) ダ1600m
----------------------------------------------
◎ …トランセンド   【 57.0・安田隆・藤 田 】
▲ …ヒラボクキング  【 57.0・大久龍・藤岡佑 】
▲ …エスポワールシチー【 57.0・安 達・武 豊 】
△1…ワンダーアキュート【 57.0・佐藤正・和 田 】
△2…グランプリボス  【 57.0・矢 作・内田博 】

----------------------------------------------

前予想において、私は穴期待として現状ヒラボクキングを推奨する。人気薄だったとは言え、前走でエスポワールシチーの追撃を振り切った積極さに期待が持てるからだ。
ただし、それでもトランセンドには勝てるとは思えない…今年は日本代表馬の筆頭としてドバイワールドCに臨むからには直前の国内戦で躓いてはならないのだから!

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16148

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (8) | トラックバック (0)

第46回 共同通信杯(G3) 結果コラム

見事、内田博のマーク競馬

前予想…↓↓↓
東京11R 第46回 共同通信杯(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ヴォードヴィリアン【 56.0・二ノ宮・三 浦 】
○ …ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
▲ …ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
△1…ジャングルクルーズ【 56.0・藤沢和・横山典 】
△2…ストローハット  【 56.0・ 堀 ・クウィリー 】

----------------------------------------------

最終決断…↓↓↓
東京11R 第46回 共同通信杯(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …2番ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
○ …3番ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
▲ …4番ストローハット  【 56.0・ 堀 ・クウィリー 】
消し…8番スピルバーグ   【 56.0・藤沢和・北村宏 】

----------------------------------------------

1着…3番ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
”お見事!内田博!”…逃げ馬不在で先手取らされたディープブリランテをスタートから手綱を押してマークし、直線400mを追い通して最後に一気に交わして須貝尚厩舎に初重賞勝ちを贈ったのには”お見事”の一語。
”常に全力競馬”の同馬の気性と鞍上の貪欲な”勝利への意地”が上手に噛み合った理想の優勝!

2着…2番ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
逃げさせられた時のレース経験の少なさがモロに出た敗戦。
それでも2着を死守した点に能力の高さが見られたのは救いで、クラシック本番前に負けても構わない状況だったこともあり、1・3/4差の2着もある意味”相手の術中にハメられたもの”と判断できるだろう。
クラシックではこうはいかないはずなので、現状でもまだまだ充分なクラシック候補である!

3着…8番スピルバーグ   【 56.0・藤沢和・北村宏 】
”消し馬”が差して来たのには正直驚いたが、ディープブリランテ掛かり気味の逃げが最後に捕まる展開であれば同馬の差し脚が活きたのも充分納得できる。
ただし、結果的にディープブリランテを差し切れなかったのが同馬の限界とも思え、”クラシックでの伏兵馬”というのが現状の立場と言えるだろう。

4着…4番ストローハット  【 56.0・ 堀 ・クウィリー 】
先行集団に絡んで上手く仕掛けたが、勝ったゴールドシップと逃げ粘ったディープブリランテに引き離されたように1・2着とは完全に一枚能力が落ちるのは否めない。それでも今回騎乗のクウィリー騎手は良く乗った方で、展開不利でスピルバーグに差されたことだけが残念なだけ。
ただし、いくら生産・馬主がトップクラスでも、今後もクウィリー騎手レベルの騎手を厩舎が起用しないようなら”良くて掲示板”だろう。

5着…9番コスモオオゾラ  【 56.0・高橋博・柴田大 】
”大健闘の掲示板”…ただし、”クラシックでは用なし”なので今後はトライアル戦での好走を期待したい。

世代交代役に横山典が追加された日!
2頭出走の藤沢和厩舎馬ジャングルクルーズに騎乗した横山典だが、同じ厩舎馬スピルバーグの好走についていけないようでは”横山典の世代交代役に就任”もやむを得ないだろう。
すでに武豊がこの役に付いており、おまけに同期の松永幹が調教師になっているのに、これまで彼がこの役に就いてなかったことがおかしな話。
とは言え、”祐一2世”としては”ほしの”皇成がいるものの、柴田善が未だに騎手を辞められないように松岡ケガ中の現状では、中堅以下でまともな騎乗が出来るのは田辺くんくらいしかいないのも事実。( 元地方騎手相手に互角に競馬ができる騎手という意味 )
まだ当分の間、連対上位騎手としての活躍はあるだろうが、G1などの大きなレースで期待はこれまでのようにはできなくなるだろう。

堀厩舎に回ってきた”ツケ”!
3重賞に相応の人気馬を送り込みながら、福永祐一を起用しなかった共同通信杯が3・4着好走という一番の内容。
クイーンCでは人気薄の石橋脩の方が好走してくれたが、福永祐一は人気で大敗。バカでも連対できる圧倒的人気のダークシャドウは、武豊久しぶりの上手い騎乗にやられ、またしてもただ手綱に掴まっているだけの競馬。

それもこれも、全ては関東厩舎なのに新馬戦から”福永祐一のようなニセ者騎手”を起用しているから大事な所を勝てないのだ!

福永祐一は本当に史上最低の”親さまさま騎手”。そんな者と同じく人気馬でしか結果を出してない福永モノマネ騎手”ほしの皇成”は単なる主催者&マスコミ創作のエセ天才…この二人が騎手界の上位にいる限り日本馬が海外G1など勝てる訳はない。何しろ”海外ではヤラせは通用しない”のだから!

今年の共同通信杯は、そんな腐った騎乗者を見なくて済んだことが最上の価値!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (8) | トラックバック (0)

第46回 共同通信杯(G3) 予想コラム

ディープブリランテの隙を突けるか

登録17頭。フルゲート16頭。サラ系3歳 (国際)(特指)オープン 別定 1800m 芝・左

登録馬 【 斤量・厩舎・騎手 】
----------------------------------------------社台系生産馬・騎手登録あり
アーカイブ    【 56.0・ 堀 ・田 辺 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 データ        馬齢 3歳 母の父 Roy
生年月日 2009年3月4日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ストローハット  【 56.0・ 堀 ・クウィリー 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ウォートルベリー   馬齢 3歳 母の父 Starborough
生年月日 2009年3月15日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
エネアド     【 56.0・戸 田・蛯 名 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 キュー        馬齢 3歳 母の父 French Deputy
生年月日 2009年1月15日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
ジャングルクルーズ【 56.0・藤沢和・横山典 】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 窪田芳郎
母 フィヨルドクルーズ  馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年3月6日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
レッドブレイゾン 【 56.0・橋 口・北村宏 】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (株)東京ホースレーシング
母 タッチフォーゴールド  馬齢 3歳 母の父 Mr. Prospector
生年月日 2009年2月10日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

----------------------------------------------社台系生産馬・騎手登録なし
スピルバーグ   【 56.0・藤沢和・--- 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 山本英俊
母 プリンセスオリビア  馬齢 3歳 母の父 Lycius
生年月日 2009年5月12日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ターフデライト  【 54.0・小島茂・--- 】
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 那須野牧場
母 マンデーデライト   馬齢 3歳 母の父 リアルシヤダイ
生年月日 2009年3月17日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

----------------------------------------------その他生産馬・騎手登録あり
ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 小林英一
母 ポイントフラッグ   馬齢 3歳 母の父 メジロマックイーン
生年月日 2009年3月6日  生産牧場 出口牧場 産地 日高町
ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ラヴアンドバブルズ  馬齢 3歳 母の父 Loup Sauvage
生年月日 2009年5月8日  生産牧場 パカパカファーム 産地 新冠町
ヴォードヴィリアン【 56.0・二ノ宮・三 浦 】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 H.H.シェイク・ハムダン
母 トークショウ     馬齢 3歳 母の父 Diktat
生年月日 2009年4月5日  生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有) 産地 日高町
ブライアンズオーラ【 56.0・二ノ宮・柴田善 】
父 ブライアンズタイム 性別 牡 馬主 嶋田賢
母 イリゼ        馬齢 3歳 母の父 エンドスウィープ
生年月日 2009年3月20日  生産牧場 友田牧場 産地 新ひだか町

----------------------------------------------その他生産馬・騎手登録未定
ガッテンキャンパス【 56.0・本 間・--- 】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 栗本博晴
母 アンダンテ      馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年3月7日  生産牧場 上村清志 産地 新ひだか町
キングクリチャン 【 56.0・高 市・--- 】
父 ボーンキング    性別 牡 馬主 栗本博晴
母 カムロギダイリン   馬齢 3歳 母の父 アンバーシヤダイ
生年月日 2009年4月22日  生産牧場 小林孝幸 産地 むかわ町
コスモオオゾラ  【 56.0・高橋博・--- 】
父 ロージズインメイ  性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 マイネシャローナ   馬齢 3歳 母の父 コマンダーインチーフ
生年月日 2009年2月17日  生産牧場 ビッグレッドファーム 産地 新冠町
タガノグーフォ  【 56.0・松田国・--- 】
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 八木良司
母 タガノサファイヤ   馬齢 3歳 母の父 ダンシングブレーヴ
生年月日 2009年4月17日  生産牧場 八木牧場 産地 新冠町
ヘレナモルフォ  【 54.0・栗田博・--- 】
父 ジャングルポケット 性別 牝 馬主 岡田牧雄
母 タガノブラッサム   馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年5月31日  生産牧場 賀張三浦牧場 産地 日高町
マナウス     【 56.0・小 崎・--- 】
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬主 鈴木義孝
母 マドモアゼルシッシ  馬齢 3歳 母の父 Sadler’s Wells
生年月日 2009年2月23日  生産牧場 矢野牧場 産地 新ひだか町
----------------------------------------------

ディープブリランテ3連勝成るか…

1番人気必至のディープブリランテ。
3ヶ月ぶりとなる今回は、”休養明けを厩舎がどの程度まで仕上げてくるか”にある。
ダービーを目指す観点からすれば、本番前調整として”ここは差のない結果であれば負けても問題ない叩き台レース”の可能性があり、もしかするとハンソデバンドのような”トンでもない馬”の台頭があるかもしれない。

今回の登録馬の中で、現状この”トンでもない馬”の筆頭と思われるのがヴォードヴィリアンである。
持ったままで抜け出した新馬勝ちから中1週の重賞挑戦となる今回は、出てくるからには”是非とも賞金加算しなければならない状況”にあるからだ。
もしヴォードヴィリアンが馬券になると仮定した場合、故障発生を除いてほぼ99%で2・3着にはディープブリランテとゴールドシップが来るだろう。なぜならヴォードヴィリアンの鞍上は”関東の福永祐一たる三浦皇成”であるため、ヴォードヴィリアン自身が相応の人気に推される今回は”相手も人気馬で決まる可能性大”になる定義に当て嵌まるからだ。
この定義は、「競馬学校出の未熟な騎手技量を補うには馬の能力しかない」という福永祐一が実証した現騎手界の定義であり、”福永祐一の関東版コピー”である三浦皇成ではこの定義が外れる可能性はほとんどない。

おまけに今回ヴォードヴィリアン以上の人気馬となるディープブリランテとゴールドシップは、鞍上が岩田康と内田博という本物の騎手たちなのである。もしヴォードヴィリアンが馬券になってディープブリランテとゴールドシップが馬券を外すとすれば故障発生しかないだろう!
これにより類推されることは、残る馬たちが馬券になるには”逃切り・先行残り”による伏兵台頭しかないことになる。したがって、想定内でも想定外でも”先手から押し切れる流れに持ち込んだ馬の一発”が唯一人気馬が敗れる展開と推察する。

ヴォードヴィリアンに続く”トンでもない馬”はもちろんゴールドシップである。
未知の魅力あるヴォードヴィリアンに対し、ゴールドシップは馬自身の素晴らしい勝負根性で実績をあげているいわば”叩き上げの馬”である。そうでなければ、社台系生産馬でもないのにデビュー2連勝を秋山くんで挙げられる訳がない。
これは、グランデッツァと同じローテで臨んだ前走ラジオNIKKEI2才Sの2着で安藤勝騎手と秋山くん自身が証明したことであり、秋山くんの未熟さとゴールドシップの勝負根性が如何に優れているかの裏付けである。
ただし、今回のゴールドシップは内田博予定なのが問題である。
なぜなら額面上は”ディープブリランテの相手筆頭”だが、状況的には”札幌2才S時の安藤勝の立場にある”と置き換えられるからだ。
関東圏(東京)レースでもあり、内田博騎手が安藤勝騎手に劣るなどとは思ってないが、安藤勝からのテン乗りである以上は少なくとも鞍上強化にはならない。
また、札幌2才S・ラジオNIKKEI2才Sともに2着のゴールドシップは、”クラシック候補を決定する大きな物差しとなる馬”であり、裏を返せば、”いつでも全力で走るのを期待できる馬”と言え、予測不能の事故でもない限り常識的には馬券を逃すことはないだろう。
したがって、”ゴールドシップに対してどれほどのレースが出来るか”が、ディープブリランテを除く他馬の将来を決めることになる。

上記3頭以外の残りは全て伏兵馬であるが、この伏兵たちの中には面白い絡みがある。
馬主では、アーカイブとエネアドがともにキャロット馬主であること。厩舎では”堀厩舎・藤沢和・二ノ宮厩舎が2頭登録であることだ。

馬主で注目なのはアーカイブであり、もう一方のエネアドはすでにラジオNIKKEI2才Sで惨敗しており、前走2着でも今回狙える馬ではないからだ。
堀厩舎2頭登録の1頭であるアーカイブが田辺くん2度目の騎乗で見せ場を作ってくれるのか、それとももう1頭のストローハットがクウィリー起用で前走3着からの巻き返しを見せるのか。
私的には、福永祐一で2度も1番人気3着の憂き目を見ているストローハットの方に馬券的妙味が高いと診ている…【1番人気のデビュー戦を勝った馬が京成杯馬ベストディールというのはポテンシャルの高さを示していると思うので!】

このストローハットに前走先着しているのが藤沢和厩舎2頭登録のスピルバーグである。だが、鞍上の北村宏くんがレッドブレイゾン予定になっているのが問題であり、起用される騎手次第ながらも当日関東にめぼしい騎手が見当たらないだけに大きな期待は望めないだろう。
それなら藤沢和厩舎のもう1頭のジャングルクルーズが面白い。鞍上の横山典もそのままだし、一発大駆けの先手競馬を行うとすれば主戦の変わらない同馬に期待できる部分が大きいからだ。

残る二ノ宮厩舎の2頭は完全にヴォードヴィリアンがズバ抜けているので、”2頭出し”と言えどもブライアンズオーラ(柴田善)の出番はない。

前予想…↓↓↓
東京11R 第46回 共同通信杯(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ヴォードヴィリアン【 56.0・二ノ宮・三 浦 】
○ …ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
▲ …ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
△1…ジャングルクルーズ【 56.0・藤沢和・横山典 】
△2…ストローハット  【 56.0・ 堀 ・クウィリー 】

----------------------------------------------

◎ …休養明けの有力2頭の隙を突けるのは”背水の陣”の同馬。
○ …非社台系で常に全力疾走する立場にあるため。
▲ …試走として今回だけが唯一負けが許される状況にある。
△1…鞍上・厩舎面で一発あるのが同馬。
△2…クウィリー起用が鞍上強化に出れば複勝期待値あり。

この前予想における問題点は、現状「◎」としたヴォードヴィリアンが、たとえここを勝ったとしてもおそらくクラシックは勝てない存在であること。非社台系生産馬なのはまだしも、鞍上が”福永祐一の関東版コピー騎手”三浦皇成だからだ。
”原本”たる福永祐一が牡馬クラシックだけはさすがに勝たせてもらえないのに、”そのコピー”が先に牡馬クラシックで有力になるなど理屈に合わないからだ。(本物のカニが”カニかま”に値段で負けるようなもの…笑)
したがって、心情的にも技術的にも「今年こそ岩田康がダービージョッキーになるべき」という思いが強く、本当ならディープブリランテを「◎」にしたかったが、今回はまだ本番前のトライアル戦ということで”怖いもの見たさ”を含んだ前予想となった…(苦笑)

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16065

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (7) | トラックバック (0)

第52回 きさらぎ賞(G3) 結果コラム

責任果たした小牧に拍手!

前予想…↓↓↓
京都11R 第52回 きさらぎ賞(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ワールドエース  【 56.0・池 江・小牧太 】
○ …アルキメデス   【 56.0・藤原英・ルメール 】
▲ …ヒストリカル   【 56.0・音 無・安藤勝 】
△1…ベールドインパクト【 56.0・大久龍・Cデムーロ 】
△2…ジャスタウェイ  【 56.0・須貝尚・秋 山 】
----------------------------------------------

1着…9番ワールドエース  【 56.0・池 江・小牧太 】

福永祐一が何も考えずにコカした厩舎期待馬を代役小牧太がしっかり勝たせた。
もちろんこのメンバーなら当然の結果だが、”リーディング騎手が墓穴掘った馬の代役果たし”のは非常に珍しいこと。それだけに小牧太の感じていたプレッシャーもデカかったはずで、普段から恵まれ馬に乗っている凡才の感じている”人気のプレッシャー”など鼻くそレベルだったに違いない!

本当に負けられないレースで騎手として大役を果たした小牧太騎手に拍手を贈りたい!

ただし、ワールドエースの問題は今後の池江厩舎の騎手起用にある。このまま小牧太をクラシックでも乗せ続けるのか、それとも相応の騎手に変更するのか、それとも凡才に戻すのか…選択肢は3通りあるが、勝ち負けはともかく、クラシックを盛り上げるために是非とも”凡才戻し”だけは避けて欲しいと願うのみである。

2着…4番ヒストリカル   【 56.0・音 無・安藤勝 】

”前走人気馬に乗って届かず馬券に成れなかった次走の安藤勝は連軸”の法則通りの2着確保。
安藤勝騎手が50才を超えても騎乗数を減らしてもなぜ引退させられないのかを証明する騎乗力だった。
たしかに安藤勝は上手い=勝ち負けに馬を持ってこれる騎手なのでこの結果も当然なのだが、ヒストリカルも優勝馬と同じくデビュー戦・2戦目と福永祐一を起用しており、”自分が降ろされた馬がクラシック重賞で1・2着になる”という一事だけでも、如何に福永祐一がヤラせ騎手であるかを証明しているだろう。
”人気の祐一は人気馬を引き連れて連対する”の実績通り、自分の技量では馬を勝たせるられない凡才!…同じ状況でしか勝たない三浦と一緒に一日も早く騎手界から足を洗ってと思ってしまった。

3着…13番ベールドインパクト【 56.0・大久龍・Cデムーロ 】

兄M・デムーロが勝ち上がるのに3戦も掛かった馬であり、今回はよくぞ相応の人気で3着確保したと評価できるだろう。そもそも初の中央短期免許で2週連続重賞の可能性があるだけでも異常なことであり、健闘の3着入線はさすがと言って良いだろう。

ルメールが降りた時点でアルキメデスはお手上げ…

京都2才S以来の不利もあったが、デビュー戦が岩田康、2走目がルメール騎乗馬が、ルメール予定から川田騎手では、いくら将雅くんでも巻返しは叶わなくて当然。結果的に人気の下降とともに好走もできなかった。
今回は起用された川田騎手が可哀相な立場であり、珍しく騎手も厩舎も批難できない馬が同馬と言えるだろう。

その他の中で目に付いたのは…

上出来はジャスタウェイの秋山くん。強いて挙げれば最低はレッドアーヴィングの四位くん。
秋山くんの場合は、今年はグランデッツァという”第2のナリタトップロード&渡辺くん”を目指せる立場にあるチャンスの年であり、今回ジャスタウェイの騎乗が回ってきたのもその証拠になるだろう。
今回は馬券になれなかったが、彼の技量からすれば東京スポ2才S以来の馬で掲示板なら上出来である。

反対にお手馬でありながら順当に後方のままで終わった四位くんは最低”かも”しれない。
しかしながら、レッドアーヴィング自体がレッドディザイアの縁で松永幹厩舎にきた馬であり、そもそも”松永幹厩舎の牡馬”という時点でクラシックなど無理な話と言える。何しろ”牝馬の幹夫”なのだから!

ただ、2年連続ダービージョッキーの意地のみたいなもので”せめてもの見せ場…まさかの大好走あるか”を期待していたので、”やっぱり松永幹夫じゃね”の結果に、最低騎乗と言っても騎乗自体そのものを批難することはできない。

しかしながら、お手馬で見せ場もなかったことで、”2年連続ダービー制覇”が本人の技量じゃないことだけは確かであり、類推して、”彼が2年連続でダービーを勝てるのならそのうち間違いなく祐一も勝つ。何しろ馬の恵まれ度合だけはお父さんの1億倍あるのだから…”と思われたのがそら怖しくなった。

ロジユニヴァースのダービー優勝が”横山典勝たせレース”だったのはまだ許容範囲としても、”祐一のダービー制覇だけは勘弁して欲しい”と思わされた”デビュー福永祐一騎乗馬の好走”が光ったきさらぎ賞であった……( そりゃあツイッター悪口吐きたくなる人間も出てくるわな! )

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第46回 小倉大賞典(G3) 結果コラム

蛯名3着で全10場重賞勝ち成らず

前予想…↓↓↓
小倉11R 第46回 小倉大賞典(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ブロードストリート【 55.0・藤原英・鮫 島 】
○ …ダノンスパシーバ 【 55.0・佐々晶・Cデムーロ 】
▲ …コスモファントム 【 57.5・ 宮 ・蛯 名 】
△1…エクスペディション【 55.0・石 坂・浜 中 】
△2…エーシンジーライン【 56.0・坂口則・--- 】
△3…マイネルスターリー【 57.0・加 用・丹 内 】
△4…キングトップガン 【 56.0・鮫 島・--- 】
----------------------------------------------

最終決断…↓↓↓
小倉11R 第46回 小倉大賞典(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …1番ブロードストリート【 55.0・藤原英・鮫 島 】
○ …12番コスモファントム 【 57.5・ 宮 ・蛯 名 】
▲ …14番マイネルスターリー【 57.0・加 用・丹 内 】
消し…9番エクスペディション【 55.0・石 坂・浜 中 】
消し…7番エーシンジーライン【 56.0・坂口則・川 須 】

----------------------------------------------

1着…7番エーシンジーライン【 56.0・坂口則・川 須 】

テレビ解説者は『4コーナーで離したのが勝因でしたね』と述べたが、それは一因であって本質ではない。
何よりの勝因は、テン乗りでも若い川須くんを起用して先手を譲らない競馬をさせたこと。
主戦の太宰くんでも良かったはずなのに、若手テン乗りを邪推したのが悔まれる”消し馬”の優勝…
「これだから調教師の息子はあてにならん」と思わず叫んでしまったほど…

2着…スマートギア   【 56.0・佐 山・松 山 】

こちらの2着は完全にお手上げ…
前走期待して推した馬の穴好走に、『登録時点の馬主2頭登録はやっぱり怖い』ことを思い知らされた。
ただし、同馬の好走で”武豊は完全に世代交代役=次走好走のつなぎ役”であることを証明したのは今後の参考になるのが幸い。

3着…12番コスモファントム 【 57.5・ 宮 ・蛯 名 】

勝てば全10場重賞勝ちだった蛯名起用のコスモファントムだったが、どうやら今回は馬券対象までの仕事だった模様。
今回の結果で分かったことは、”鞍上の記録懸かりでミエミエの有力馬は荒れるハンデ戦では勝たせてもらえない”ということ。(もちろん例外はある…祐一と皇成は別物)
何にしても、”蛯名が小倉に行けばいつかは出来ると思われる”ので、その機会をゆっくり待つこととしたい…

コスモファントム3着ではマイネルスターリーは用なし…

中山金杯のテン乗りコスモファントムで3着になった丹内くんの一発に期待したが、蓋を開ければ”スタートで落馬寸前の出遅れ”で穴どころか好走もなくなってしまった。
今回のスタートミスが馬の今後に響かなければ良いのだが、少なくとも騎手の今後には大きな汚点になったと思われる。【丹内くんはやっぱり”足んない”だとつくづく思い知らされた…せめてスタートくらいはまともに決めて欲しかったのだが…愕】

ブロードストリートはやっぱり物足りない馬…

対戦比較からチャンス大と見ていたが、蓋を開ければ”ブロードストリートに連荘なし”の実績通りの結果になったのが残念でならない。
”これなら鮫島くんを続けて起用しなければ良いのに”と本命視した悔しさ以上に、騎手の信頼度の低さに自分の浅慮さを痛感させられた。
【やっぱり”彼もお父さんの方が数倍信頼できるのだな”と反省しきり…でも、お父さんは地方騎手だから祐一のような特典はないのも確かで、鮫島くんを責めることはできないだろう…】

今年も波乱の小倉大賞典…

今回も例年通りの波乱の結果で、まともに対戦比較した自分の甘さを痛感させられた。
「どんなに記録が懸かっていても、さすがにミエミエの勝ちは”普通の騎手”にはヤラせない」…今回はこれを肝に銘じておこうと思った次第!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第46回 小倉大賞典(G3) 予想コラム

今年最初の難解レース!

登録23頭。フルゲート16頭。サラ系4歳以上 (国際)オープン ハンデ 1800m 芝・右

ハンデ・同一系生産・同一厩舎&馬主・優先出走順 【斤量・厩舎・騎手】
----------------------------------------------全23頭中9頭。
コスモファントム 【 57.5・ 宮 ・蛯 名 】
父 Stephen Got Even 性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 Southern House   馬齢 5歳 母の父 Paris House
生年月日 2007年2月8日  生産牧場 Joan Hadley Thoroughbreds 産地 米
マイネルスターリー【 57.0・加 用・丹 内 】
父 スターオブコジーン 性別 牡 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 スイートウインク   馬齢 7歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2005年3月29日  生産牧場 野島牧場 産地 門別町
エクスペディション【 55.0・石 坂・浜 中 】社台系生産馬
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 ビーモル       馬齢 5歳 母の父 Lyphard
生年月日 2007年5月17日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町

キタサンアミーゴ 【 56.0・松田博・--- 】社台系生産馬
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 (有)大野商事
母 アドマイヤハッピー  馬齢 6歳 母の父 トニービン
生年月日 2006年3月10日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町
②ダイシングロウ 【 53.0・松田博・--- 】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 大八木信行
母 コウユーラヴ     馬齢 8歳 母の父 ジェイドロバリー
生年月日 2004年4月1日  生産牧場 滝本健二 産地 門別町
スマートギア   【 56.0・佐 山・--- 】
父 マーベラスサンデー 性別 牡 馬主 大川徹
母 スケアヘッドライン  馬齢 7歳 母の父 パドスール
生年月日 2005年2月12日  生産牧場 大栄牧場 産地 新冠町
⑤スマートステージ【 55.0・鹿戸雄・伊藤工 】
父 ジャングルポケット 性別 せん 馬主 大川徹
母 ダイイチサクラ    馬齢 7歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2005年4月23日  生産牧場 ダイイチ牧場 産地 三石町
オースミスパーク 【 56.0・南 井・--- 】
父 アドマイヤベガ   性別 牡 馬主 (株)オースミ
母 シルクスパークル   馬齢 7歳 母の父 フォーティナイナー
生年月日 2005年3月25日  生産牧場 長谷川牧場 産地 門別町
⑦サトノパンサー 【 52.0・南 井・--- 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 里見治
母 ピサノベネチアン   馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2008年3月24日  生産牧場 フジワラフアーム 産地 新ひだか町

ハンデ・鞍上決定・五十音順 【斤量・厩舎・騎手】
----------------------------------------------その他14頭。
ビッグウィーク  【 57.5・長 浜・--- 】
父 バゴ        性別 牡 馬主 谷水雄三
母 タニノジャドール   馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2007年3月20日  生産牧場 カントリー牧場 産地 新ひだか町
ブロードストリート【 55.0・藤原英・鮫 島 】
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 下河邉行雄
母 フィラストリート   馬齢 6歳 母の父 Cozzene
エーシンジーライン【 56.0・坂口則・--- 】
父 Giant'S Causeway  性別 牡 馬主 (株)栄進堂
母 Lady Danz  馬齢 7歳 母の父 Danzig
生年月日 2005年4月16日  生産牧場 Winchester Farm 産地 米
キングトップガン 【 56.0・鮫 島・--- 】
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 池田豊治
母 グリタリングフラワ  馬齢 9歳 母の父 マルゼンスキー
生年月日 2003年4月24日  生産牧場 北星村田牧場 産地 新冠町

ダンツホウテイ  【 56.0・本 田・--- 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 山元哲二
母 グランスオークス   馬齢 7歳 母の父 Nureyev
生年月日 2005年4月28日  生産牧場 大典牧場 産地 静内町
ガンダーラ    【 55.0・岩 元・和 田 】
父 オペラハウス    性別 牡 馬主 林千枝子
母 グランドグリーン   馬齢 6歳 母の父 ナリタブライアン
生年月日 2006年4月24日  生産牧場 宮内牧場 産地 浦河町
ダノンスパシーバ 【 55.0・佐々晶・Cデムーロ 】
父 フレンチデピュティ 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 レースカム      馬齢 5歳 母の父 Mr. Prospector
生年月日 2007年2月28日  生産牧場 エクセルマネジメント 産地 えりも町

トップゾーン   【 55.0・境 直・丸 田 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)コオロ
母 レッドストリーム   馬齢 6歳 母の父 アーミジャー
生年月日 2006年5月20日  生産牧場 木戸口牧場 産地 浦河町
アンノルーチェ  【 55.0・田島良・--- 】
父 サツカーボーイ   性別 牡 馬主 (有)ターフ・スポート
母 レモンバーム     馬齢 7歳 母の父 フジキセキ
生年月日 2005年5月7日  生産牧場 三石ビクトリーファーム 産地 三石町
生年月日 2006年3月28日  生産牧場 下河辺牧場 産地 日高町
マヤノライジン  【 54.0・梅 内・--- 】
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 田所英子
母 トップニュース2   馬齢 11歳 母の父 Danzig
生年月日 2001年4月2日  生産牧場 村田牧場 産地 新冠町
③オートドラゴン  【 54.0・ 沖 ・--- 】
父 キングヘイロー   性別 牡 馬主 大戸時子
母 アルパインカーリー  馬齢 8歳 母の父 ジェネラス
生年月日 2004年2月22日  生産牧場 八木農場 産地 新冠町
⑥タムロスカイ   【 53.0・西 園・--- 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 谷口屯
母 タムロチェリー    馬齢 5歳 母の父 セクレト
生年月日 2007年5月8日  生産牧場 諏訪牧場 産地 青森県
①ヤマニンウイスカー【 51.0・日 吉・酒 井 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 土井肇
母 マダニナ       馬齢 6歳 母の父 Sadler’s Wells
生年月日 2006年2月12日  生産牧場 錦岡牧場 産地 新冠町
③セイカアレグロ  【 49.0・稲 葉・--- 】
父 ブラックホーク   性別 牡 馬主 久米大
母 セイカパンジー    馬齢 7歳 母の父 ダンシングブレーヴ
生年月日 2005年3月9日  生産牧場 シンユウフアーム 産地 新冠町
----------------------------------------------

対戦比較からの推察…
小倉1800m戦である今回の条件において、参考すべきが昨年の中日新聞杯となるのは否めない…
1着…コスモファントム (57.0・大野・11人気)------------→今回【 57.5・蛯名 】
4着…エクスペディション(55.0・浜中・1人気)0.2(11/2差)→今回【 55.0・浜中 】
5着…マイネルスターリー(57.0・丹内・12人気)0.3(13/4差)→今回【 57.0・丹内 】
6着…エーシンジーライン(56.0・太宰・5人気)0.3(2差) →今回【 56.0・---- 】
7着…トップゾーン   (55.0・小坂・6人気)0.3(2差) →今回【 55.0・丸田 】
12着…マヤノライジン  (54.0・オド・14人気)1.0(6差) →今回【 54.0・---- 】
13着…キタサンアミーゴ (56.0・宮崎・10人気)1.1(61/2差)→今回【 56.0・---- 】
17着…オースミスパーク (56.0・酒井・8人気)1.6(91/2差)→今回【 56.0・---- 】
…以上8頭、全登録の1/3強が使っている。
この後の中山金杯をコスモファントム(57.5・丹内・0.4差3着)・エーシンジーライン(56.0・田辺・0.5差4着)・エクスペディション(55.0・浜中・0.5差5着)・トップゾーン(55.0・丸田・0.8差8着)の4頭が走ったが、コスモファントムとの着差は詰めたものの先着できてないことは大いに参考とすべきだろう。

非対戦馬の推察…
その他の対戦路線を見ると鳴尾記念、ファイナルS、京都金杯、ニューイヤーSの4鞍が該当するが、相対的に見て馬券対象の可能性があるのは鳴尾記念で3人気(8着)に推されたダノンスパシーバくらいと思われる。
ならば、完全な近走未対戦であるブロードストリートとキングトップガンの一発も考えられるところ。特に京都金杯・京都牝馬Sともに3着のアスカトップレディに愛知杯で先着しているブロードストリートは、アスカトップレディとの比較からも人気の一角に推される存在になるだろう。

上がり馬の推察…
前走勝ちで今回登録しているのは繰り上がり⑥タムロスカイだけ。それも1000万勝ちからの2階級格上挑戦という状況。また、比較的好走馬としては1600万条件4着同着だった⑦サトノパンサーがいるが、こちらは出走できるかさえ厳しい繰り上がり最後の馬。
どちらも出て来れれば”軽量の一発”を匂わせる存在かもしれないが、現時点で期待を懸けるのはさすがに厳しいだろう。

前予想…↓↓↓
小倉11R 第46回 小倉大賞典(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ブロードストリート【 55.0・藤原英・鮫 島 】
○ …ダノンスパシーバ 【 55.0・佐々晶・Cデムーロ 】
▲ …コスモファントム 【 57.5・ 宮 ・蛯 名 】
△1…エクスペディション【 55.0・石 坂・浜 中 】
△2…エーシンジーライン【 56.0・坂口則・--- 】
△3…マイネルスターリー【 57.0・加 用・丹 内 】
△4…キングトップガン 【 56.0・鮫 島・--- 】

----------------------------------------------

◎ …愛知杯から0.5kg減が有利。
○ …鳴尾記念の凡走を巻返せれば。
▲ …トップハンデが懸念される分。
△1…人気の巻返しなら。
△2…△1と力量同等で。
△3…▲に付いて行ければ。
△4…有馬記念の補填あれば。

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=15949

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »