« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の記事

第56回 産経大阪杯(G2) 予想コラム

敵と試練と展開と終了と伏兵

登録14頭。フルゲート16頭。サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 2000m 芝・右

社台系生産馬----------------------------------
トーセンジョーダン【 58.0・池江寿・岩田康 】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 島川隆哉
母 エヴリウィスパー   馬齢 6歳 母の父 ノーザンテースト
生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町

フェデラリスト  【 57.0・田中剛・横山典 】
父 Empire Maker   性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 ダンスパートナー   馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

ナリタクリスタル 【 56.0・木 原・ 幸  】
父 スペシャルウィーク 性別 牡 馬主 (株)オースミ
母 プレシャスラバー   馬齢 6歳 母の父 ペンタイア
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町

ローズキングダム 【 57.0・橋 口・後 藤 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ローズバド      馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ソリタリーキング 【 56.0・石 坂・--- 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 スカーレットレディ  馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町

その他生産馬----------------------------------
アーネストリー  【 58.0・佐々晶・佐藤哲 】
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 前田幸治
母 レットルダムール   馬齢 7歳 母の父 トニービン
生産牧場 ノースヒルズマネジメント 産地 新冠町
ショウナンマイティ【 56.0・梅田智・浜 中 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 国本哲秀
母 ラグジャリー     馬齢 4歳 母の父 Storm Cat
生産牧場 矢野牧場 産地 新ひだか町
ダンツホウテイ  【 56.0・本 田・池 添 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 山元哲二
母 グランスオークス   馬齢 7歳 母の父 Nureyev
生産牧場 大典牧場 産地 静内町
コスモファントム 【 56.0・ 宮 ・大 野 】
父 Stephen  Got  Even 性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 Southern House   馬齢 5歳 母の父 Paris House
生産牧場 Joan Hadley Thoroughbreds 産地 米
ナカヤマナイト  【 56.0・二ノ宮・柴田善 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 和泉信一
母 フィジーガール    馬齢 4歳 母の父 カコイーシーズ
生産牧場 沖田牧場 産地 日高町
その他生産馬 鞍上未定------------------------
タガノエルシコ  【 56.0・ 宮 ・--- 】
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 八木良司
母 タガノピアース    馬齢 7歳 母の父 ダンスインザダーク
生産牧場 (有)新冠タガノファーム 産地 新冠町
スマートギア   【 56.0・佐 山・--- 】
父 マーベラスサンデー 性別 牡 馬主 大川徹
母 スケアヘッドライン  馬齢 7歳 母の父 パドスール
生産牧場 大栄牧場 産地 新冠町
フライングアップル【 56.0・藤沢和・--- 】
父 Rahy      性別 せ 馬主 山本英俊
母 Roza Robata     馬齢 8歳 母の父 Fire Maker
生産牧場 McKee Stables,Inc.産地 米
メイショウカンパク【 56.0・荒 川・--- 】
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 松本好雄
母 ダンシングハピネス  馬齢 5歳 母の父 ダンスインザダーク
生産牧場 三嶋牧場 産地 浦河町
----------------------------------------------

★トーセンジョーダンの敵…

トーセンジョーダンが力差を見せられるか」…これが今年の大阪杯のタイトル!
休養明け・斤量差・鞍上テン乗りの不安はあるが、同馬が中長距離における現役古馬トップクラスであるのは間違いなく、能力比較からしてもここでは抜けた存在と言えるだろう。

ただ私には、先週「9連続連対の日本タイ記録」を作ったばかりである岩田康起用に一抹の不安を感じている。
何しろ岩田康は競馬学校卒でないため、“上手い騎手に強い馬を乗せないことで平均化による売上げ向上を意図とする”主催者が、育成してない騎手にこれ以上好き勝手させないために岩田康に手控えた騎乗をさせるかもしれないと思ったからだ。( 休養明け・58kgを理由に2着なる可能性あり… )

私がこう考えた一番の理由は、『なぜピンナがいるのに彼を乗せないのか』という疑問があるから。

しかしながら、先週のサクラゴスペルをピンナが9着で終わらせたことでも分かるように、いくら外人騎手と言えども“ピンナよりも岩田康の方が上手い”と私は考えており、この観点からすれば、今回の岩田康起用は“より確実にトーセンジョーダンを走らせるため”となり、同馬の連軸は確実とも考えられる。

いずれにしても、今回のトーセンジョーダンの最大の敵は“主催者の意図”であり、仮に同馬の連軸が確実としても、祐一や池添らに強い馬を回している主催者の明確な意図があるからには、競馬学校卒でない岩田康の受けられない恩恵を今回も誰が受けると思われるのが面白いところで、それが誰の馬なのかを推理するのが現在私の一番の楽しみである!

★フェデラリストの試練…

連勝中の上がり馬として参戦してくるフェデラリストにとって、今回が最大の試練となるはず。
昨年のダークシャドウよろしく、もしもトーセンジョーダン相手にここで接戦することができれば、この後の宝塚記念や今秋の天皇賞でも有力馬の一角として存在する馬になると思われるからだ。

ただし、同馬とダークシャドウとは状況的な違いがあり、鞍上がテン乗り横山典なのはまだしも、今回は別定重量戦で他馬より1kg重い斤量を背負うことと、トーセンジョーダン・アーネストリー・ローズキングダムらの古豪たちが休養明けである分、“勝たねば有力馬に成りきれない立場である”と思われることだ。

それでも、ダークシャドウが祐一だったために7番人気だったのとは違い、順調さと横山典である分の信頼度を加味すれば現時点でトーセンジョーダンの相手筆頭に推されても何ら不思議ではないだろう。

★展開と終了と伏兵…

現状その他で馬券対象と考えられるのは、アーネストリー・ローズキングダムの両G1馬とナカヤマナイトくらいだろう。
ただし、G1馬の称号はあるものの、今回の条件ではさすがに最高のメンバーが揃った秋天優勝馬に先着の可能性はかなり低いと言わざるを得ない。
たしかにアーネストリーには先行策という“展開の利”はあるが、現在のトーセンジョーダンとアーネストリーは遥かに馬の存在価値が違っており、ジャパンカップ2着の走りでも分かるように、その気になればアーネストリーの先行策に対応して走れることも推察できる。( 逆に先行策でアーネストリーより後ろの馬の台頭が面白くなるかもしれない… )

ましてや、いくらトーセンジョーダンより1kg軽い斤量でも、昨今のローズキングダムの成績ではとても馬券に成れはしないだろう。それこそ有力馬に事故でも起きないかぎりは到底ムリ。何しろ主催者の援護ありきの後藤を乗せても走らなくなっているのだから!

それならば、2・3着目の伏兵と思われるナカヤマナイトが順調さの分で期待ができるだろう。斤量面においてもフェデラリストより1kg軽い有利さがあるからだ。

★前予想…↓↓↓

阪神11R 第56回 産経大阪杯(G2) 芝2000m
----------------------------------------------
◎ …ナカヤマナイト  【 56.0・二ノ宮・柴田善 】
○ …トーセンジョーダン【 58.0・池江寿・岩田康 】
▲ …フェデラリスト  【 57.0・田中剛・横山典 】
△ …アーネストリー  【 58.0・佐々晶・佐藤哲 】

----------------------------------------------

◎=2000m戦なら確実に伸びてくる脚と斤量さを活かせれば!
○=斤量差・休養明けの不利はあっても連軸は外せない!
▲=勢いで一発アタマまで狙える!
△=○が上手く残してくれれば複勝圏は充分!

★最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16781

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第42回 高松宮記念(G1) 結果コラム

オルフェ逸走の反動…予想裏目!

★前予想…↓↓↓
中京11R 第42回 高松宮記念(G1) 芝1200m
----------------------------------------------
◎ …ロードカナロア  【 57.0・安田隆・福 永 】
○ …サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】
○ …ワンカラット   【 55.0・藤岡健・藤岡佑 】
○ …ジョーカプチーノ 【 57.0・中 竹・内田博 】
▲ …マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】
△ …サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・ピンナ 】
△ …エーシンダックマン【 57.0・坂口則・川 田 】
△ …アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】
△ …ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・小牧太 】
----------------------------------------------

★前々予想…↓↓↓
中京11R 第42回 高松宮記念(G1) 芝1200m
----------------------------------------------
◎ …ロードカナロア  【 57.0・安田隆・福 永 】
○ …カレンチャン   【 55.0・安田隆・池 添 】
△ …アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】
△ …サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・ピンナ 】
△ …サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】
△ …ジョーカプチーノ 【 57.0・中 竹・内田博 】
△ …ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・横山典 】
△ …マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】
----------------------------------------------

★最終決断…↓↓↓
中京11R 第42回 高松宮記念(G1) 芝1200m
----------------------------------------------
◎ …1番ロードカナロア  【 57.0・安田隆・福 永 】
○ …12番マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】
▲ …3番アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】
消し…10番カレンチャン   【 55.0・安田隆・池 添 】
消し…15番ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・横山典 】

----------------------------------------------

1着…10番カレンチャン   【 55.0・安田隆・池 添 】

オルフェーブルの逸走はここで勝つための布石だった模様!
驚いたのは、カレンチャンが4コーナーで仕掛けてロードカナロアの頭を叩いたこと…新装中京競馬場のコース攻略で何かと煩い中、結局のところ「中京で勝つなら早目にマクるか直線矯め差し!」という過去と同じ結果になったことに苦笑させられた。

いずれにしても、消し馬が1・4着という内容で予想は完全に裏目…( 人気馬が来てるのに連対果たせんかねぇ、祐一?それとも阪神大賞典がやっぱりヤ○セだったのか? )

2着…17番サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】

中々G1に手が届かなかった“最もキングヘイローっぽい馬”が2着で、結果的にCMサインが活きたことに興味が湧いた。ただし、そうでなくてもサンカルロは人気馬だったのでサインじゃなくてもこの結果は至極妥当なところ。
サンカルロは、これで2年連続2着となり、「やはり援護がないと勝てない…」というのがとても可哀相に思えてならない。

3着…1番ロードカナロア  【 57.0・安田隆・福 永 】

“1・2着親子丼”にならなかったものの、祐一がほとんど援護なしで3着馬券対象になったことは彼にしては上出来の内容。それとも、直線で隣りにいたダッシャーゴーゴー横山典がうま~く引いてくれたのかも…(マジ疑問?)
いずれにしても、人気の祐一が馬券になる時はガッチガチ( =祐一は下手なので馬の能力比較で上位着順が決まらないと辻褄があわなくなるから! )という人気1~3着馬券で決まったのは今後の参考になるだろう。

4着…15番ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・横山典 】

消し馬にしていたので馬券的には全く関係なかったが、直線でロードカナロアと並走になった瞬間、思わず私はテレビ画面に向かって『 ノリーっ!差せえぇぇぇっー! 』と叫んでしまった。せめてまともな技量の騎手が先着して欲しいと思ったから…(苦笑)
残念ながら4着で終わってしまったが、同厩舎の3番手だったので隣り馬に先を譲るのは仕方ないだろう。
( 『だったら川田を乗せてやれよ』と思ったのは私だけだろうか…? )

5着…12番マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】

結果的には5着だったが、馬券にならずに掲示板を確保するとは正直なところ思っていなかった。なぜなら、最終予想で対抗に推したものの、複勝圏の一発馬と思っていたので『馬券にならなきゃ惨敗もあるかも…』と見ていたから。
しかしながら、阪急杯1番人気サンカルロ(吉田豊)が2着なので、阪急杯勝ち馬たる同馬の5着はある意味“妥当な着順”と言えるだろう。

7着…3番アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】

4コーナーで最内・最後方の時点で馬券は紙くずになったが、そこから7着まで押し上げてくれた鞍上の騎乗ぶりには充分納得できる結果。
惜しむらくは、追い込み一手の馬だけに『同馬こそ外目枠が欲しかった』と感じた。

裏開催居残りの岩田康が連対タイ記録達成!

「武豊・安藤勝の9戦連続連対記録に岩田康が並ぶ」…新記録を作らない辺りに“元地方騎手の不憫さ”が窺えるものの、さすがは岩田康!を見せつけてくれたことには大いに感心させられた。
人気で決まった高松宮記念よりもインパクトのある記録達成に、「本当ならメインレースも勝てたんだろうに…」と思ったのは(これも)私だけだろうか…(苦笑x2)

何にしても、今年の高松宮記念は“オルフェーブルに陳謝・感謝の池添祭り”で終わったことだけは間違いないだろう…(キングヘイローを自力でG1馬に出来なかった祐一3着なのが一番面白かった…親子丼にできなかったので…大笑!)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第42回 高松宮記念(G1)  予想コラム

祐一の必勝体制…負けたら恥!

登録21頭。フルゲート18頭。サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 1200m 芝・左

出走予定馬18頭 【 斤量・厩舎・騎手 】過去2走の鞍上
社台系生産馬 牧場別----------------------------------------------
サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】←吉田豊←吉田豊
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 ディーバ       馬齢 6歳 母の父 Crafty Prospector
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町

ワンカラット   【 55.0・藤岡健・藤岡佑 】←藤岡佑←岩田康
父 Falbrav   性別 牝 馬主 青山洋一
母 バルドウィナ     馬齢 6歳 母の父 Pistolet Bleu
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
カレンチャン   【 55.0・安田隆・池 添 】←池 添←池 添
父 クロフネ      性別 牝 馬主 鈴木隆司
母 スプリングチケット  馬齢 5歳 母の父 トニービン
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

その他生産馬 牧場・厩舎別----------------------------------------
ロードカナロア  【 57.0・安田隆・福 永 】←福 永←福 永
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディブラッサム   馬齢 4歳 母の父 Storm Cat
生産牧場 ケイアイファーム 産地 新ひだか町
トウカイミステリー【 55.0・安田隆・四 位 】←武 幸←北村友
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 内村正則
母 タイキミステリー   馬齢 6歳 母の父 Green Forest
生産牧場 平野牧場 産地 新ひだか町
ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・横山典 】←横山典←横山典
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬主 芦田信
母 ネガノ        馬齢 5歳 母の父 Miswaki
生産牧場 下河辺牧場 産地 日高町

エーシンダックマン【 57.0・坂口則・川 田 】←川 田←川 田
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬主 (株)栄進堂
母 エイシンチタニア   馬齢 5歳 母の父 スピニングワールド
生産牧場 栄進牧場 産地 浦河町
エーシンリジル  【 55.0・高 野・和 田 】←和 田←田 辺
父 フレンチデピュティ 性別 牝 馬主 (株)栄進堂
母 エイシンルーデンス  馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 栄進牧場 産地 浦河町

サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・ピンナ 】←岩田康←横山典
父 サクラプレジデント  性別 牡 馬主 (株)さくらコマース
母 サクラブルース     馬齢 4歳 母の父 Cure the Blues
生産牧場 山田牧場 産地 新ひだか町

アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】←武 豊←武 豊
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬主 渡辺公美子
母 アグネスシスター   馬齢 4歳 母の父 ダンスインザダーク
生産牧場 富田牧場 産地 浦河町
ジョーカプチーノ 【 57.0・中 竹・内田博 】←内田博←ルメール
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 上田けい子
母 ジョープシケ     馬齢 6歳 母の父 フサイチコンコルド
生産牧場 ハッピーネモファーム 産地 浦河町
タマモナイスプレイ【 57.0・南 井・渡 辺 】←渡 辺←渡 辺
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 タマモ(株)
母 ホットプレイ     馬齢 7歳 母の父 ノーザンテースト
生産牧場 信成牧場 産地 浦河町

アポロフェニックス【 57.0・柴 崎・吉田隼 】←柴田善←藤 田
父 アフリート     性別 牡 馬主 アポロサラブレッドクラブ
母 カトリア       馬齢 7歳 母の父 Caerleon
生産牧場 中村和夫 産地 三石町
グランプリエンゼル【 55.0・矢 作・--- 】←藤岡佑←三 浦
父 アグネスデジタル  性別 牝 馬主 北側雅司
母 アンダンテ      馬齢 6歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 上村清志 産地 三石町

サンダルフォン  【 57.0・松永幹・古川吉 】←酒 井←酒 井
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬主 (株)ノースヒルズ
母 コウユーラヴ     馬齢 9歳 母の父 ジェイドロバリー 生年月日 2003年3月25日 
生産牧場 滝本健二 産地 門別町
ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・小牧太 】←四 位←後 藤
父 ハーツクライ    性別 牡 馬主 鶴田鈴子
母 カストリア      馬齢 4歳 母の父 Kingmambo
生産牧場 浜本牧場 産地 日高町
マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】←浜 中←岩田康
父 アドマイヤコジーン 性別 牡 馬主 佐々木主浩
母 ハリウッドドリーム  馬齢 5歳 母の父 バブルガムフェロー
生産牧場 ハシモトフアーム 産地 新冠町
メモリアルイヤー 【 55.0・村 山・--- 】←Cデムーロ←川 須
父 ゴールドアリュール 性別 牝 馬主 西村新一郎
母 アーバンクイーン   馬齢 4歳 母の父 サクラバクシンオー
生産牧場 釘田義美 産地 鹿児島県

回避・除外対象・繰り上がり馬
----------------------------------------------
①ベイリングボーイ【 57.0・清水久・--- 】←渡 辺←石橋脩
②レジェトウショウ【 55.0・阿 部・--- 】←江田照←熊 沢
回避ガルボ    【 57.0・清水英・--- 】←石橋脩←石橋脩
----------------------------------------------

★安田隆4頭出しの考察…

最近の競馬においては、有力馬を抱える厩舎の多頭数出しは別に珍しいことではない。だが、横山典・四位・福永・池添と4人全てがG1勝ちのある騎手で埋められているのは珍しい。普通ならこれだけ経験ある4騎手を押さえることはできないからだ。
この騎手体制からしても、安田隆厩舎が圧倒的優位な立場にいることは否めない。よって、同厩舎の最有力馬たるロードカナロア( カレンチャンではない… )の断然優位は動かせないだろう。なぜなら、残る3人がいつも通りの「リーディング祐一勝たせレース」を実行すればほぼ必勝体制を作れる騎手構成だからだ。( 外人はデムーロ不在でピンナのみ。元地方では安藤勝と岩田康が不在という状況では… )
【 それでも、祐一は自らの腕で馬を勝たせられない騎手なので絶対に周囲のアシストが必要。問題はどんなアシストをされるか…まさかギュスターヴクライみたいなことはないと思うけど…何せ祐一(=主催者の異常な後援あり)なのでその気になれば何でもアリなので… 】

おまけに、今年の高松宮記念のテレビCMは「キングヘイロー」である。同馬が皐月賞で2着になった時にあの名手田原が、「あの流れなら勝たなきゃウソだろ!」とあまりの騎手の下手ぶりに嘆いた“元祐一騎乗のキングヘイロー”なのだ。それだけなら、実際に高松宮記念では柴田善に乗り変わって優勝した馬なので、その意味ならロードカナロアが2着以下になりそうと思えるのは面白いところだが、本当ならいくらでもCM対象馬がいるのに、わざわざ同馬をCMに使ってくるからには、サイン的にも“暗に祐一を示唆している”と思わざるを得ない。
【 そもそも柴田善がいないのでCMなど考察する必要はないが…(苦笑) 】

それよりも、何よりも心強い?のが、同厩舎でもう一頭の有力馬たるカレンチャンが今回はロードカナロアに一歩譲る格好になると推察できること。何しろ、カレンチャンの鞍上池添は、先週の阪神大賞典でオルフェーブルに持っていかれるという“プロにあるまじき技量”を見せており、おまけに彼は、同レースにおいて藤田騎乗のヒルノダムールの前をカットして過怠金10万円を科せられている。10万円という過怠金は厳罰であり、3冠馬オルフェーブルの鞍上だから失格にならなかっただけ。3冠で盛り上がっていた昨年ならいざ知らず、そもそも昨年でも上位20傑に入ってない池添くんが、一番上手い?からとリーディング騎手に設定されている祐一相手に必要以外でG1戦先着などしては「リーディング騎手・祐一を作っている主催者の立場」を台無しにしてしまう。こんな状況では、いくらカレンチャンが池添くんのお手馬でも、最悪でも祐一のロードカナロアに先着などできないし、してはならないと言える。
おまけのおまけに、池添くんはオルフェーブルの調教再試験でも関係者に迷惑を掛けている。そんな状況にある鞍上が、いくら同厩舎だからと言っても翌週にG1を掻っ攫う事態など起こしたらそれこそ問題だろう。

要するに、池添は祐一に先着できない!
【 所詮は主催者に飼われている競馬学校卒&調教師の息子…お馬鹿な騎乗をした後に好走するなど主催者が許してもファンが許さない。また何より、祐一が上手くないことをあからさまにすることにもつながってしまう。引いては、そんな祐一がリーディングになっている騎手システムそのものを疑われてしまう…まぁ、祐一を持ち上げてるのは主催者(=国=官僚)に阿るマスコミだけなんだけどね…祐一が未熟であることは大方の人たちは判っていること! 】

したがって、現時点でこれだけ勝てる材料が揃っているロードカナロアのような存在は滅多になく、ある意味“先週のオルフェーブルよりも堅い1着馬”と言えるハズ!
もしもこれで鞍上がデムーロだったら、後続に5馬身以上つけて勝つだろうが、もちろん祐一にそんな腕はないので“アシスト付きで11/2~21/2差くらい”で勝つと思われる!(周囲のアシスト付きでデムーロの半分。自力だと負ける可能性があるので!…(マジ)

穴党には残念だが、今年の高松宮記念の1着馬はロードカナロアで決まりと推察する!

★問題は2着に何が来るか!

1着馬については、穴党には残念な状況の反面、先述にあるカレンチャンと共に、同厩舎たるトウカイミステリーとダッシャーゴーゴーが危険視できるのが幸い。なぜなら、祐一は他者のアシストがなければ自力で馬を勝たせられない騎手なので、同厩舎たる池添カレンチャンとのガチガチ決着や、アシスト役の最たる立場にある四位や横山典らの親子丼で決まる可能性が低くなると推察できるからだ。
正直なところ、ただでさえ「人気祐一の必勝レース」なのに、ここで人気の親子丼など、それも池添との1・2着では、“阪神大賞典もヤラセだったの?”と思われるだけにあんまりな話。

そこで相手候補に挙がってくるのは、以下の馬たちと思われる…

サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】一番キングヘイロー的なので…
ワンカラット   【 55.0・藤岡健・藤岡佑 】2着が一番似合う騎手なので…
エーシンダックマン【 57.0・坂口則・川 田 】展開と馬主さんの力で…
サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・ピンナ 】好調+外人ということで…
アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】馬主さんの力で3着目に…
ジョーカプチーノ 【 57.0・中 竹・内田博 】内田博なので…
ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・小牧太 】鞍上強化なので…
マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】好走時にネタになるので…

…これらの中で、下手をすると祐一を負かしてしまう可能性ある馬が2頭いる。それがサンカルロサクラゴスペルである。
サンカルロは、上述したように一番キングヘイロー的な“G1にあと一歩手が届いてない馬”であり、もちろん鞍上も祐一よりも遥かに上手い吉田豊であり、人気的にも上位になる馬なので「人気馬しか連れて来ない祐一」の相手としても文句なしの条件を備えていると言えるだろう。
ただし、“オチャラケ腕なし後藤による先輩風吹かし木刀焼入れ事件”でも分かるように、彼も所詮は競馬学校出の騎手なので主催者の意向には逆えないのが問題。何しろ今の競馬界は、武豊ですら干してしまう主催者が管理している世界であり、どんなに上手くても安藤勝に1日2鞍しか乗せないことを平気でできる徒党制度を組み上げているのである。
よって、祐一最優先主義の主催者の意向からも、普通ならあって2着の最有力とするのが妥当と思われるだけに、穴党ならずとも逆に消えてくれた方が馬券的妙味があるだろう。

一方サクラゴスペルは、好調さはもちろんのこと、わざわざ岩田康を降ろしてまでピンナを起用するからにはそれ相応の理由・結果が出さないとおかしな馬となってしまうのが良い点。
ただし、こちらの問題は、鞍上が外人というだけで大した腕を持ってないピンナであるため、岩田康を降ろした理由を逆読みした場合、「岩田康だと勝ってしまうのを防ぐため」にピンナ起用になった可能性が考えられること。
つまり同馬は、アタマか着外かの両極端な立場の馬であり、馬券的に妙味がある反面、見せ場すらなく消えてしまうことを頭に入れておかねばならない。

★前予想…↓↓↓

中京11R 第42回 高松宮記念(G1) 芝1200m
----------------------------------------------
◎ …ロードカナロア  【 57.0・安田隆・福 永 】
○ …サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】
○ …ワンカラット   【 55.0・藤岡健・藤岡佑 】
○ …ジョーカプチーノ 【 57.0・中 竹・内田博 】
▲ …マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】
△ …サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・ピンナ 】
△ …エーシンダックマン【 57.0・坂口則・川 田 】
△ …アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】
△ …ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・小牧太 】
----------------------------------------------

実のところ、こんなに対象馬が多くなったのは全てカレンチャンが池添であるのが原因。先週すんなり勝っていれば今回は以下のように考えていた…

★前々予想…↓↓↓

中京11R 第42回 高松宮記念(G1) 芝1200m
----------------------------------------------
◎ …ロードカナロア  【 57.0・安田隆・福 永 】
○ …カレンチャン   【 55.0・安田隆・池 添 】

△ …アグネスウイッシュ【 57.0・長 浜・武 豊 】
△ …サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・ピンナ 】
△ …サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】
△ …ジョーカプチーノ 【 57.0・中 竹・内田博 】
△ …ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・横山典 】
△ …マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・浜 中 】
----------------------------------------------

…つまりは、3着争いということ!

果たして、前予想が近いのか、それとも前々予想が正しいのか?(もうちょっと競馬学校出の騎手に信頼が置けたなら…競馬なのに徒党戦なのが難しい…迷っ!)

★最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16669

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第61回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 結果コラム

デムーロの腕…池添の腕…

★前予想…↓↓↓
中山11R 第61回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ディープブリランテ【 56.0・矢 作・岩田康 】
▲ …アルフレード   【 56.0・手 塚・松 岡 】
▲ …グランデッツァ  【 56.0・平 田・Mデムーロ 】
△ …ゼロス      【 56.0・領 家・川 田 】
----------------------------------------------

★最終決断…↓↓↓
中山11R 第61回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ディープブリランテ【 56.0・矢 作・岩田康 】
○ …アルフレード   【 56.0・手 塚・松 岡 】
▲ …グランデッツァ  【 56.0・平 田・Mデムーロ 】
消し…ゼロス      【 56.0・領 家・川 田 】
----------------------------------------------

1着…14番グランデッツァ  【 56.0・平 田・Mデムーロ 】

ハナっから岩田康のディープブリランテをマークして競馬したグランデッツァが、鞍上兄デムーロの見事な“2度追い出し”に応えて二の脚を使ってディープブリランテを差し切る!
とにかく素晴らしいと感じたのが、3~4コーナーで1度追い出しを掛けてディープブリランテに並びかけたところでグッと手綱を締め、直線入り口は先の追い出しの勢いだけで乗り切らせるという“矯め”を作って2度追いを掛けた所!
これが“自らの腕で馬を勝たせることのできる”本物の騎手の騎乗ぶりであり、ほぼ完璧に乗って敗れた岩田康がツイてないと言える見事な技術であった。
当然ながら、秋山くんではこんな騎乗は出来ないどころか、大外枠の時点で2・3着目狙いの競馬を目指していたと思われるだけに、平田厩舎も「未熟者の競馬学校出騎手を降ろした甲斐があった」と言える勝利となった。

ただし、「これで皐月賞はグランデッツァのものだ!」とは、言い切れない勝ち方だったと私には思えてならない。なぜなら、今回は“ディープブリランテの1頭だけをマークした競馬だった”からだ。
今回のディープブリランテが好位追走することは既定事実だったので、ディープブリランテのみマークしていれば勝てるというのは後続馬全ての状況判断であったはず。だが、本番ではグランデッツァも他馬のマークを受けること必至となるため、今回と同じくディープブリランテを負かす競馬に終始するようだと、ゴールドシップやワールドエースらの「出し抜けの差し・追込み馬の良い的になる」と思えるからだ。
特に、鞍上が勝ちに行くマーク競馬のできる内田博(もしくは安藤勝)のゴールドシップの一発出し抜けは怖い存在になるはず。

しかしながら、ここを勝ったからには「グランデッツァが最有力」となるのは否めず、今回きっちり仕上げて臨んだ平田厩舎にとっても夢の広がる大きな優勝となったのは幸いである!

2着…9番ディープブリランテ【 56.0・矢 作・岩田康 】

逆にディープブリランテの岩田康と矢作厩舎にとっては「悔しい」の一語。
ぴったり折り合って、コース取りも文句なしで直線で抜け出したのに、まさか“デムーロが馬体を合わせた瞬間に脚を矯める2度追いの技”を繰り出そうなどとは思ってなかっただろうから!

しかしながら、今回の敗戦を「完全な力負け」とは厩舎も騎手も思っていないだろう。なぜなら、レースを見れば「仕掛けのタイミング次第でクラシックは巻き返せる」と岩田康なら感じ取るはずだからだ。何より、岩田康であれば、今度は同じヤラレ方はしない騎乗ができると思われるので、まだまだ諦める訳にはいかないはずである!

3着…4番ロジメジャー   【 56.0・古賀慎・内田博 】

逆に、好調さと鞍上の技量で3着になったロジメジャーは、残念ながら本番では掲示板までが限界だろう。言うまでもなく、先着の2頭に引き離された内容では大きな期待など懸けられないからだ。
今回は、鞍上のおかげで権利を取っただけでも良しとすべきである。

12着…アルフレード   【 56.0・手 塚・松 岡 】

無傷の3連勝で2才チャンプになった同馬だが、いくら休養明けとは言えども12着の大敗では巻き返しなどとてもムリだろう。
期待値は高かったが、残念ながら力不足だったのは否めず、ここを叩いたことをしっかり活かして今後はNHKマイルへの路線を歩むのが正着である。
(今後の関東騎手界を背負うべき松岡の起用で好走を期待したが、さすがにフィリーズレビューを勝ったばかりの手塚厩舎にまだまだ牡馬クラシックは早いらしい…本当に残念!)

※3着内田博で証明されたこと!そしてお粗末…

いくら良い馬に恵まれても、所詮競馬学校卒で教わる中央競馬のみで通用する騎乗技術では、世界はもちろん、地方のハングリー精神で培われた“自らの技術で馬を勝たせられる騎手たち”には到底及ばないことが証明された!

そして…これらスプリングS4着以下の馬の鞍上たちを上回る“凡騎乗”を見せてしまったのがオルフェーブルの池添くん。逸走させた時点で「負けて強し」なんて言ってる場合じゃない最悪の騎乗を露呈してしまったのがあまりに情けなかった。(馬券うんぬんではなく騎乗の問題!)
今回の敗戦を馬の気性のせいにするのは容易い。だが、私の知る限り、過去の3冠馬に乗った騎手でお手馬に振り回される騎手など誰一人いなかったはず。いくらディープインパクトが素直で賢い馬だったとしても、武豊でさえミスったのは有馬記念のみ。勢いに圧されてそのまま外に持っていかれるなど、プロどころか騎手として失格である。これだから競馬学校の教育方針に私はいつも疑問を呈するのである。
「一体これまで何度オルフェーブルに乗っているのか!」と言われるだけならまだ良い。だが、誰が見ても普通なら次走天皇賞・春以降は鞍上変更は当然と思われる「逸走→立直し→届かず」では、未熟を通り越して唖然ものである。

中には、「池添は大して勝ってないから別に良いんじゃないの…」と思う方もいるかもしれないが、お手馬を御せないことを露呈してしまっては、「騎手はアスリートである」の信念で競馬を見ている私でなくても自然と厳しい言葉を述べざるを得ないだろう。それでなくても、未熟この上ない祐一が昨年も現在も中央リーディングにいるという事実に対し、「いつから競馬って競輪のような徒党戦になったのか!」と憤るばかりなのである!

手綱に掴まっているだけの者は騎手ではなく助手…池江寿厩舎はさておき、『もっとちゃんとした騎手を馬場に送れ』と思わず画面に叫んでしまった今年の阪神大賞典!【常々やれ流れだ、展開だ、折り合いだとか言うなら、まず真っ直ぐ馬を走らせられるようになってから語って欲しい…今回のデムーロの騎乗を良~く見よ!…これが「騎手」と呼ぶべき者の騎乗術なのだから!】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第61回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 予想コラム

手塚厩舎好走の有無がポイント

登録22頭。フルゲート16頭。サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢 1800m 芝・右

優先出走馬9頭 【 斤量・厩舎・騎手 】
社台系生産馬----------------------------------------------
アルフレード   【 56.0・手 塚・松 岡 】
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 プリンセスカメリア  馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年4月11日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
グランデッツァ  【 56.0・平 田・Mデムーロ 】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 マルバイユ      馬齢 3歳 母の父 Marju
生年月日 2009年3月3日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
サトノギャラント 【 56.0・藤沢和・横山典 】
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 里見治
母 スティンガー     馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年2月13日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

その他生産馬----------------------------------------------
ゼロス      【 56.0・領 家・川 田 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 杉澤光雄
母 サムソンフェアリー  馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年4月13日  生産牧場 坂牧場 産地 日高町
ディープブリランテ【 56.0・矢 作・岩田康 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ラヴアンドバブルズ  馬齢 3歳 母の父 Loup Sauvage
生年月日 2009年5月8日  生産牧場 パカパカファーム 産地 新冠町
バンザイ     【 56.0・藤岡健・後 藤 】
父 タイキシャトル   性別 牡 馬主 幅田昌伸
母 プロフェシーライツ  馬齢 3歳 母の父 アフリート
生年月日 2009年3月5日  生産牧場 フジワラフアーム 産地 新ひだか町
ビービージャパン【 56.0・千 田・--- 】
父 アドマイヤジャパン 性別 牡 馬主 (有)坂東牧場
母 ホシノアマゾネス  馬齢 3歳 母の父 トニービン
生年月日 2009年3月11日  生産牧場 山際智 産地 新ひだか町
マイネルロブスト 【 56.0・高橋裕・武 豊 】
父 ゼンノエルシド   性別 牡 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 コウエイベラドンナ  馬齢 3歳 母の父 メジロライアン
生年月日 2009年3月11日  生産牧場 小泉牧場 産地 新冠町
モンストール   【 56.0・尾 関・柴田善 】
父 アドマイヤマックス 性別 牡 馬主 前田幸治
母 イソノスワロー    馬齢 3歳 母の父 デヒア
生年月日 2009年4月8日  生産牧場 村下農場 産地 浦河町

抽選対象7/13頭 【 斤量・厩舎・騎手 】
社台系生産馬----------------------------------------------
サトノプライマシー【 56.0・ 堀 ・田 辺 】
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 里見治
母 エアピース      馬齢 3歳 母の父 ティンバーカントリー
生年月日 2009年5月6日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ストローハット  【 56.0・ 堀 ・石橋脩 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ウォートルベリー   馬齢 3歳 母の父 Starborough
生年月日 2009年3月15日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
オコレマルーナ  【 56.0・ 堀 ・--- 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ラスリングカプス   馬齢 3歳 母の父 Woodman
生年月日 2009年3月2日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ロジメジャー   【 56.0・古賀慎・内田博 】
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬主 久米田正明
母 ヴィエールソンリ   馬齢 3歳 母の父 Cryptoclearance
生年月日 2009年2月28日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ピタゴラスコンマ 【 56.0・萩 原・--- 】
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 高瀬真尚
母 ディソサード     馬齢 3歳 母の父 Dixieland Band
生年月日 2009年2月18日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
グラーネ     【 56.0・笹 田・--- 】
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 ヴォークリンデ    馬齢 3歳 母の父 Singspiel
生年月日 2009年2月22日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ディアデラバンデラ【 56.0・角 居・--- 】
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 ディアデラノビア   馬齢 3歳 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年3月13日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ショウナンタケル 【 56.0・北 出・--- 】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 国本哲秀
母 ショウナンクイーン  馬齢 3歳 母の父 マルゼンスキー
生年月日 2009年2月10日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 新冠町

その他生産馬----------------------------------------------
ショウナンカンムリ【 56.0・梅田智・--- 】
父 ダイワメジャー 性別 牡 馬主 国本哲秀
母 ナリタグレース  馬齢 3歳 母の父 トニービン
生年月日 2009年4月18日  生産牧場 天羽牧場 産地 日高町
コウユーサムライ 【 56.0・ 森 ・--- 】
父 ロドリゴデトリアーノ 性別 牡 馬主 加治屋康雄
母 キサスキサスキサス  馬齢 3歳 母の父 シアトルダンサー2
生年月日 2009年4月6日  生産牧場 戸田ゆり子 産地 宮崎県
パーフェクトダイヤ【 56.0・田 村・--- 】
父 シーキングザダイヤ 性別 牡 馬主 青山洋一
母 カンビセカイ  馬齢 3歳 母の父 スウェプトオーヴァーボード
生年月日 2009年5月7日  生産牧場 新冠橋本牧場 産地 新冠町
ミッキーシャイン 【 56.0・久保田・--- 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 野田みづき
母 ペトラ  馬齢 3歳 母の父 ヘクタープロテクター
生年月日 2009年4月15日  生産牧場 矢野牧場 産地 新ひだか町
メイショウブシドウ【 56.0・角 居・--- 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 松本好雄
母 スイートストームクリーク  馬齢 3歳 母の父 Storm Creek
生年月日 2009年2月16日  生産牧場 三嶋牧場 産地 浦河町
----------------------------------------------

弥生賞以上の好メンバー揃いで…

ディープブリランテ、アルフレード、グランデッツァ、…この人気上位3頭に、マイネルロブスト、ゼロス、サトノギャラント、バンザイ、モンストールの5頭までが2・3着目の伏兵と推察でき、残念ながら抽選馬たちの出番はほぼないだろう。(可能性はゼロではないが…)

ローテから中心はディープブリランテ!

前走共同通信杯では逃げ馬不在で掛かり気味の逃げになってしまい3着スピルバーグにハナ差まで迫られたが、今回は直線の短い小回り中山コースであり、たとえ前走と同じ競馬になっても、否、前走と同じ競馬さえできれば負ける事はないはずである。何しろ、余程の能力ある馬でない限り同馬を捕まえることは難しいからだ。
何より、今回のメンバーにはゼロスとバンザイという逃げ馬がいるため逃げ体制になる可能性は低く、たとえアルフレード、グランデッツァ、マイネルロブストの目標にされても折り合いさえ付けば負ける心配は少ないはず。
逆に今回のディープブリランテが心配すべきは、出遅れや他馬の引っ掛かりによる思わぬ位置取り(後方競馬)になった場合だろう。もしも後方からの競馬になった時、同馬が末脚を発揮できるか未知数だからだ。
ただし、仮にこのような事態になった場合は、騎手の責任よりも厩舎・背景が原因と捉えるのが正着となるため、同馬がクラシックを勝つこと自体がかなり厳しい状況であることを示唆するものになるだろう。
何にせよ、折り合いをつけさせることに気を回しすぎて馬の気分を損なう調教と騎乗さえしなければ問題はないはず。(何か意識的な作為によるメチャクチャな展開にならない限りは…)
したがって、余程のことがない限り「ディープブリランテが連対を外すことはない」と推察でき、自ずと相手は能力ある馬に絞られることになる。

騎手なら文句なく…

レベルの高い札幌2才Sの覇者グランデッツァ!
ひと昔前(テイエムオペラオーやナリタトップロード世代)なら、『秋山くんにもクラシック取れる機会が回ってきたか…』と感慨に耽っていたところ。だが、今回は鞍上に兄デムーロを起用してきたことで、如何に秋山くんが誰かの割を喰わされているかを如実に示しているのが残念でならない。
もちろん秋山くんと兄デムーロでは“天地ほどの差”があるのは否めないが、それでも馬と騎手には相性という“乗った者にしか分からない繋がり”があるはずで、いくら腕の差があると言えども“兄デムーロだからグランデッツァは鉄板”とは推し切れない。ましてや、今回は本番前の中山コース試走の意味合いもあり、好走期待はできても必勝とは言えないだろう。
したがって、現状では「アタマも含めた2・3着争い=高確率の馬券対象馬」と推察するところである。
ただ一つ、「今回のメンバーに休養明けで勝つようなら春クラシックの一つは必ず勝てる」と推察できるため、今回の兄デムーロ騎乗がどんな結果になるのかが楽しみでもあり、かつ悩まされるところである。

2才チャンプの路線が決まるかも…

3戦無敗で朝日杯FSを制したアルフレード!
正直なところ、今回のレースで一番取捨が難しいのが同馬である。なぜなら、同馬は3つの点で不利かもと思われるからだ。
1、先週桜花賞トライアルをピンナ起用で勝ったばかりの手塚厩舎あること。
2、新馬時以来の久々騎乗となる松岡であること。
3、もしかしたらマイラーかもしれないこと。

ただし、「3」に関してはあまり気にすることはないだろう。シンボリクリスエス・SSの血統であり、またレース運びも折り合いのつく賢い馬であることは明白で、長距離戦ならまだしも、2000m以内ならば充分対応出来ると推察できるからだ。
したがって、問題なのは「1・2」の状況をどう判断するかである。特に「1」の懸念が私には引っかかるところで、色んなパターンを考えてしまい悩まされるところである。
ただし、現状では“グランデッツァと同じ立場”と置き換えられるので、「アタマも含めた2・3着争い=高確率の馬券対象馬」としておくのが無難と思われる。
心情的には、『是非とも松岡にクラシックを…唯一将来性のある関東所属騎手だから…』の思い入れがあり、ここで連対以上、後の皐月賞、引いてはダービーまでもという私事の気持ちを払拭できるかが不安…(笑)

★前予想…↓↓↓
中山11R 第61回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 芝1800m
----------------------------------------------
◎ …ディープブリランテ【 56.0・矢 作・岩田康 】
▲ …アルフレード   【 56.0・手 塚・松 岡 】
▲ …グランデッツァ  【 56.0・平 田・Mデムーロ 】

△ …ゼロス      【 56.0・領 家・川 田 】
----------------------------------------------

この3頭の競馬にならなかった場合、色んな意味で怖い存在なのは“逃げ馬”ゼロスだろう。なぜなら、同馬は『今回は馬場状態による展開の利で好走した』という理由付けができるからだ。ただし、もちろん能力的にとてもクラシックを勝つような馬ではないので、「皐月賞までの一過性伏兵」であると考えておけば良いだろう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第46回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 結果コラム

人気通りアイム優勝!

★前予想…↓↓↓
阪神11R 第46回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 芝1400m
----------------------------------------------
◎ …イチオクノホシ  【 54.0・矢野英・蛯 名 】B・A+A・S
○ …レッドクラウディア【 54.0・石 坂・浜 中 】A・B+A・B
▲ …アイムユアーズ  【 54.0・手 塚・ピンナ 】B・S+A・S
△ …プレノタート   【 54.0・牧 浦・--- 】B・?+?・A
----------------------------------------------

★最終決断…↓↓↓
阪神11R 第46回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 芝1400m
----------------------------------------------
◎ …アンチュラス   【 54.0・安田隆・川 田 】
○ …レッドクラウディア【 54.0・石 坂・浜 中 】 
▲ …イチオクノホシ  【 54.0・矢野英・蛯 名 】
----------------------------------------------

1着…4番アイムユアーズ  【 54.0・手 塚・ピンナ 】
馬鹿な騎乗停止したピンナが勝ってしまって予想惨敗。しかし、全く気にはならない。なぜなら、どうせ本番ではジョワドヴィーヴルには勝てないことになるから。それでも、関東馬が頑張っていることは西高東低の是正の意味では良いこと。ぜひ本番も頑張って欲しいと思う次第。

2着…5番ビウイッチアス  【 54.0・手 塚・ピンナ 】
正直、関東馬の人気薄たる同馬の2着にはビックリ。ただし、蛯名が人気馬だった(イチオクノホシ)ので、同期のユタカ好走は何ら不思議じゃない。

3着…9番プレノタート   【 54.0・牧 浦・安藤勝 】
さすがは安藤勝の一語。ただし、低レベルメンバーだったので、本番で馬券になったらそれこそビックリだ!(苦笑)

4着…イチオクノホシ  【 54.0・矢野英・蛯 名→石橋脩 】
蛯名の鎖骨骨折で急遽の代打となった石橋脩にしてはよく頑張った。残念なのは、大方の予想通りに馬券対象から外れてしまったこと。ただし、大外枠なので今回の敗戦は全く気にしなくて良い。あとは本番でまともな騎手が起用できれば期待大!

※川田も浜中も「所詮は公務員騎手だった」というのが…
珍しく福永祐一のいないトライアル戦だったので、若手の奮起と穴目を期待して彼らを推奨したのだが、蓋を開ければ代打で4着の石橋脩が最先着という“関東馬奮起のレース”となった。

※その代わり…
裏の中山では、福永祐一と三浦皇成が後半3レースを交互に勝つという“ヤラせ満載”の結果となった。
特に10・11レースの二人の勝ち方にはマイッタの一語。なぜなら、共に逃げ切り勝ちという「他の騎手が如何に彼らをアシストしているか」を見せつけられたから。
10レースの三浦の逃げは、スタートで腰を落して腕を伸ばして追うという「天神乗り?」と見紛うばかりの追い出し。それなのに後続に捕まらないのだから全くお手上げ!
11レースの福永祐一の逃げは、行くべき松岡が控えてしまうという「馬場を考慮すると全く不可解な控え」としか思えない大アシスト付きの逃げ切り!
これを見て、『アシストされて勝ってるくせにどこが上手い騎手なんだ?』としか思えず、如何に中央騎手界の連中が主催者の指示で福永祐一と三浦皇成を勝たせているかが目に付き、見ていてムカムカしてしまった。
(祐一は父親、三浦は嫁さんのおかげで勝ってるとしか……)
遺憾ながら、ツイッターで祐一に暴言を吐いた人の気持ちが良~~~く分かった土日競馬となった。
【 1日5勝もできて良かったねユーイチくん!道理で今日も三浦くんが2勝する訳だ!…それにしても、いつから「減量恩恵取れたら勝てなくなった」と言った騎手が勝てるようになったのだろう?何より、逃げなら杉原くんの方が無理してなくて上手いと思えたんだけどなぁ?…藤沢和厩舎の馬だけど! 】

※私事ながら…
今日一番面白かったのは、「BS11・競馬中継」でダイワスカーレットを褒め称えるコーナー!
アシスタントの女の子が「ウオッカの影に隠れているけどダイワスカーレットは本当に強い!」と言った時、思わず、『ウオッカは四位・武豊・挙句はルメール、ダイワスカーレットは安藤勝だからだよ!』と、まるで高齢者のように画面に語り掛けてしまった。主催者肝いりの競馬学校の騎手が乗る馬とそうでない馬。だからウオッカが持ち上げられているに決まってるだろに!

ジャパンカップのブエナ降着を見れば誰でも分かる!…どこが妨害だっちゅーの!(ネタ古っ…苦笑)…でも去年ちゃんと勝たせたけどね…バランス取るために!(割を喰ったのはスミヨンだけ!)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第46回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 予想コラム

実績+順調さなら…

登録32頭。フルゲート16頭。サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢 1400m 芝・右

優先出走馬15頭【 斤量・厩舎・騎手 】厩舎レベル(S~D)・騎手(技+恵)・競走成績
----------------------------------------------社台系=背景S
アイムユアーズ  【 54.0・手 塚・ピンナ 】B・S+A・S
父 ファルブラヴ    性別 牝 馬主 ユアストーリー
母 セシルブルース    馬齢 3歳 母の父 エルコンドルパサー 生年月日 2009年1月15日
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
アンチュラス   【 54.0・安田隆・川 田 】A・B+A・A
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (株)G1レーシング
母 アンチョ       馬齢 3歳 母の父 Wild Zone 生年月日 2009年2月22日
生産牧場 追分ファーム 産地 安平町
イチオクノホシ  【 54.0・矢野英・蛯 名 】B・A+A・S
父 ゼンノロブロイ   性別 牝 馬主 小林けい子
母 レディイン      馬齢 3歳 母の父 Kendor    生年月日 2009年4月2日
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
オメガハートランド【 54.0・ 堀 ・--- 】A・?+?・B
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 原礼子
母 オメガアイランド   馬齢 3歳 母の父 エルコンドルパサー 生年月日 2009年4月12日
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
ラシンティランテ 【 54.0・友 道・四 位 】A・B+C・B
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 アドマイヤキラメキ  馬齢 3歳 母の父 エンドスウィープ  生年月日 2009年3月14日
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
レッドクラウディア【 54.0・石 坂・浜 中 】A・B+A・B
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 (株)東京ホースレーシング
母 シェアザストーリー  馬齢 3歳 母の父 コマンダーインチーフ 生年月日 2009年4月4日
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
----------------------------------------------非社台=背景A
アイラブリリ   【 54.0・福島信・ 幸  】C・B+B・B
父 ストラヴィンスキー 性別 牝 馬主 杉元四男
母 チーキーガールズ   馬齢 3歳 母の父 トワイニング    生年月日 2009年2月13日
生産牧場 飛野牧場 産地 新ひだか町
エイシンキンチェム【 54.0・高 野・和 田 】C・B+B・B
父 フジキセキ     性別 牝 馬主 平井豊光
母 アルカイックレディ  馬齢 3歳 母の父 Mr. Greeley    生年月日 2009年2月16日
生産牧場 梅田牧場 産地 浦河町
コスモルーシー  【 54.0・高 野・柴田大 】C・B+A・B
父 マイネルラヴ    性別 牝 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 ジュリアクイーン   馬齢 3歳 母の父 Acatenango     生年月日 2009年3月4日
生産牧場 惣田英幸 産地 浦河町
サトノジョリー  【 54.0・松田国・岩田康 】A・S+B・C
父 Bernardini     性別 牝 馬主 里見治
母 ハニーローズ     馬齢 3歳 母の父 Lode      生年月日 2009年4月15日
生産牧場 下河辺牧場 産地 日高町
ダームドゥラック 【 54.0・領 家・--- 】A・?+?・C
父 シンボリクリスエス 性別 牝 馬主 榊原源一郎
母 フェアリーテールタイム  馬齢 3歳 母の父 Fairy King  生年月日 2009年4月8日
生産牧場 下屋敷牧場 産地 新ひだか町
ビウイッチアス  【 54.0・武 藤・武 豊 】C・A+C・C
父 ダイワメジャー   性別 牝 馬主 井上一郎
母 フィールドソング   馬齢 3歳 母の父 Gulch     生年月日 2009年3月19日
生産牧場 いとう牧場 産地 日高町
ファインチョイス 【 54.0・領 家・池 添 】A・B+A・B
父 アドマイヤムーン  性別 牝 馬主 宮川純造
母 アフレタータ     馬齢 3歳 母の父 タイキシャトル   生年月日 2009年1月24日
生産牧場 富田牧場 産地 浦河町
プレノタート   【 54.0・牧 浦・--- 】B・?+?・A
父 ジャングルポケット 性別 牝 馬主 (有)シルク
母 セクシーココナッツ  馬齢 3歳 母の父 ダンスインザダーク 生年月日 2009年3月2日
生産牧場 松田牧場 産地 新ひだか町
レディーメグネイト【 54.0・飯 田・飯 田 】C・C+B・B
父 ファスリエフ    性別 牝 馬主 (有)三石川上牧場
母 フラワーホーラー   馬齢 3歳 母の父 トニービン     生年月日 2009年4月17日
生産牧場 三石川上牧場 産地 新ひだか町
----------------------------------------------

「イチオクノホシvsアイムユアーズ」…競走実績では2頭対決の図式だが、現状この2頭であっさりと決まるとは私には思えない。
阪神JFにおいて一度対戦して着順で負けているイチオクノホシだが、当時鞍上デムーロとはいえ2ヶ月ぶりで0.1秒差(1/2馬身)。今回は蛯名騎乗も順調さでアイムユアーズを一歩リードしていると推察できるため、余程うしろからの競馬にならない限り充分逆転できると思えるからだ。
一方アイムユアーズは、鞍上はピンナながらもテン乗りで休養明け。しかもここは叩き台の意味もあり、いくらポン駆け上手の手塚厩舎でも必勝体制とは思えない。おまけに来日早々に競走以外で騎乗停止を喰らったピンナなのである。いくら技量は信頼できても、いきなり結果を出されるようではあまりに他の騎手たちが情けなさ過ぎる。(下手でも“ホームの意地”は見せて欲しいところ)
したがって、現状軸馬なら“イチオクノホシ優勢”と推察するところである。

この2頭に次ぐ実績馬は阪神JF5着のアンチュラスだが、先週チューリップ賞で阪神JF完勝のジョワドヴィーヴルが伸び不足を見せたこともあり、阪神JFの実績を鵜呑みにすることはできないもののアイムユアーズに2度敗れている点から着順ほどの信頼は寄せられない。

では、「その他の馬に期待できるか…」というと、そうでもないのが今回の優先出走馬たちのレベルであり、上記の3頭を除いても、とても「これは!」という馬が見当たらないのが本音。
特に、上記3頭に準じる馬と見られるプレノタートが現状鞍上未定であるのが問題で、出走した時の鞍上次第で人気が上下すること必至な馬であるからにはとても過度な期待はできないところ。

ならば、唯一面白そうな存在として見つけたのがレッドクラウディア。ダート戦で2勝しているが、デビュー戦の芝1800m3着も1番人気に推される素材に加え、2戦目のやや重ダ1400m戦を+26kg増で勝ち上がった距離対応にも期待ができそうで今回一番の未知の魅力ある存在と思えるから。

残る優先出走馬たちでは成績面からもとても期待はできず、ならば抽選馬に期待を懸けたいところだが、もし回避がなかった場合、いくら面白そうな馬がいても16分の1という超極狭な抽選であるため現時点ではとても絞ることなどできない。

★前予想…↓↓↓
阪神11R 第46回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 芝1400m
----------------------------------------------
◎ …イチオクノホシ  【 54.0・矢野英・蛯 名 】B・A+A・S
○ …レッドクラウディア【 54.0・石 坂・浜 中 】A・B+A・B
▲ …アイムユアーズ  【 54.0・手 塚・ピンナ 】B・S+A・S
△ …プレノタート   【 54.0・牧 浦・--- 】B・?+?・A

----------------------------------------------

安定感から…「◎」にイチオクノホシ!
一発あれば…「○」にレッドクラウディア!
実績通りなら…「▲」にアイムユアーズ!
「◎」が1着なら…「△」にプレノタート!

2頭出し予定の領家・高野厩舎が厩舎で目に付いたが、単に2頭登録というだけで特に注目できるところはない。それどころか、一見、馬券の期待もできそうなファインチョイスが岩田康から池添になっており、同馬が3着以内にきたらそれこそヤラセになってしまう(…ラシンティランテ(四位)もね!)。…彼らを狙うくらいなら、まだビウイッチアス(武豊)を買った方がマシかも…(苦笑)。

★最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=16452

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第49回 報知杯弥生賞(G2) 結果コラム

超スローで大穴って…

★前予想…↓↓↓
中山11R 第49回 報知杯弥生賞(G2) 芝2000m
----------------------------------------------
◎ …ベストディール  【 56.0・国 枝・蛯 名 】
▲ …ジョングルール  【 56.0・尾 形・三 浦 】
▲ …アダムスピーク  【 56.0・石 坂・内田博 】
△ …トリップ     【 56.0・松田博・田 辺 】
△ …フェオーメノ   【 56.0・戸 田・岩田康 】
△ …エキストラエンド 【 56.0・角 居・Cデムーロ 】
----------------------------------------------
★最終決断…↓↓↓
中山11R 第49回 報知杯弥生賞(G2) 芝2000m
----------------------------------------------
◎ …ジョングルール  【 56.0・尾 形・三 浦 】
○ …アダムスピーク  【 56.0・石 坂・内田博 】
▲ …トリップ     【 56.0・松田博・田 辺 】
消し…エキストラエンド 【 56.0・角 居・Cデムーロ 】

----------------------------------------------

1着…コスモオオゾラ  【 56.0・高橋博・柴田大 】

超スローを上手く利用した大穴コスモオオゾラが、まるで前日のチューリップ賞のように後続を千切ってトライアル優勝!(それでも偽騎手が勝たなかっただけでも幸いかも!)

スタート出遅れたメイショウカドマツが逃げられるというスローペースで始まり、向こう正面でも誰も仕掛けないという異常な折り合いつきの超スローで直線に入るという展開。ここからが今回最も異常な点で、出遅れて逃げたメイショウカドマツはもちろんズルズルになったが、メイショウカドマツの直後で走っていた馬たちもズルズルになってタレてしまった。おかげで、後ろから「ヨーイドン」競馬やむなしの馬たちが見事に前が壁になって騎手が追えない状況になってしまった。

内ラチ沿いの競馬で包まれる前に仕掛けたトリップが逃げタレるメイショウカドマツを先に捕まえたところを狙い棲ましたコスモオオゾラが一気に捉え、粘るトリップに不利なく追い出せたアーデントが接近するも届かず3着。仕方なく外を回るしかなかったソルレヴァンテとエキストラエンドが真っ直ぐ追えた分で接戦の4・5着という結果。

こんな競馬になるのは本当に珍しい。普通の展開であれば逃げた馬が最も好結果になってしかるべしのところだが、ワンカラットでオーシャンSを“勝った追えない藤岡佑”が見事に出遅れたのに全騎手が様子見回り。出遅れ逃げ馬の宿命でタレたメイショウカドマツにペースを合わせたため、前にいた弱い馬たちは壁になり、次に控えていた伏兵馬たちが抜け出してくるという“平場の混戦500万条件のような競馬”になってしまった。

この異常な展開からも分かるように、コスモオオゾラの勝利が“今回限りの偶然”であることは否めない。何より、鞍上・厩舎・背景のどれをとってもそれは明白である。したがって、本番皐月賞以降のクラシックでコスモオオゾラが勝つことはない!(断言…そもそも中谷のお手馬だし!)
ただ、今回の結果によって一つ判明したことがある。それは、共同通信杯の先行伸びず5着馬の優勝で“如何に人気馬1・2着で収まった共同通信杯がハイレベルであったか”ということ。
もしも、今回の超スロー競馬にディープブリランテが出ていたら、スローなのに逃げタレたメイショウカドマツなどは逃げも出来ずに馬群に呑まれ、後続の馬たちは見事に影も踏めない結果になっただろう。
柴田大くんが勝ったこと自体は「おめでとう」の内容だが、トライアルとしての価値は全くないものとなった。

2着…トリップ     【 56.0・松田博・田 辺 】

ラジオNIKKEI2才S1番人気は伊達じゃないことは見せたが、今回は前走見せたズブい伸びを先に仕掛けて2着になっただけ。本当に強ければコスモオオゾラに千切られることはなかったはずだから。よって、同馬もクラシックで期待できるまでには到らないと言えるだろう。それでも、田辺くんの好判断は大きく評価できるのが唯一騎手たちの中で褒められるもので、人気馬しか乗らない偽リーディング祐一ではジョワドヴィ-ヴルのように2着も取れなかっただろう。
ただし、所詮主催者に阿って祐一を起用している爺厩舎の馬であり、クロフネの血統を活かして後々ダート王者の路線で活躍すれば良いと思うの私だけではないだろう!(ラジオNIKKEI2才S1番人気で負けるところまでソックリだし!)

3着…アーデント    【 56.0・加藤征・藤 田 】

こちらは休養明けの前走がルメールで京成杯4着だった馬が、横山典が世代交代役に入ったために藤田を起用して展開に恵まれて3着になっただけ。おそらくルメールが本気で乗っていれば藤田の5馬身前にいるので勝っていただろう。(大袈裟?でもない!)
同馬の3着こそ、如何に現在の騎手界が自力で勝ちを取りに行けない騎手の集まりかを如実に表していると言える。(小牧太を除く元地方は該当せずだけど!)

4着…ソルレヴァンテ  【 56.0・池 上・後 藤 】

未勝利を田辺で勝った馬が4着に流れ込んだだけ。単にラッキーの一語。

5着…エキストラエンド 【 56.0・角 居・Cデムーロ 】

今回の競馬で一番悔しい思いをしたのが同馬。大外枠でなければアーデントやソルレヴァンテの後塵を浴びることはなかったからだ。ただし、Cデムーロでなかったらこの5着もなかったと思われるので、結果的に実力通りの着順を拾った格好と言えるだろう。

★その他で言えること…

ジョングルール・アダムスピークともに今回はお手上げ。展開はまだしも、やはり父親のおかげで調教師になったレベルのB級尾形と、まるで“重賞多頭数出走は場を盛り上げるだけの結果=共同通信杯時の堀厩舎と同じ”になった石坂厩舎にガッカリさせられた。
もっと強い馬かと期待していたが、どうやら展開一つ、起用騎手一つで着順が上下する運頼みレベルであったらしい。とは言え、今回の展開では騎手の責任など全くないのが救いで、人気で負けたと言っても悲観すべきことは何もない。そもそも柴田大が勝った弥生賞ではトライアルの意味すらないのだから!
ただし、ジョングルールの方は今回の敗戦で方針をダービー出走に変更すべきだろう。主催者に阿って三浦を主戦としているからには、ムリに皐月賞出走を狙うよりは遥かに楽に権利取りが出来るはすだから!
(名騎手の息子なら“祐一のように作ってもらって一流ぶれる”かもしれないが、名伯楽の息子など今では何の後押しにもならないので、せいぜい“似非天才を起用して権利を取る”しか馬を走らせる道がないから!)

それにしても、競馬学校出の騎手が思った以上に折り合いを付けるのが上手いことが分かったのが収穫。何しろ、逃げ馬なのに出遅れた藤岡佑に逃げを打たせて見事にスローペースを作り上げたことで柴田大に弥生賞優勝を回してあげたのだから。さすが、みんなで徒党を組むのだけは世界でもトップクラスの学校である。道理で自力で馬を勝たせる競馬ができない騎手ばかりな訳だ!
いずれにしろ、内容的にも“史上最低の弥生賞”の一語に尽きるレース!(平場500万戦の方がマシなレースがあったかも!…大笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第19回 チューリップ賞(G3) 結果コラム

唖然、ここで消し馬が勝つとは…

★前予想…↓↓↓
阪神11R 第19回 チューリップ賞(G3) 芝1600m
----------------------------------------------
◎ …ジェンティルドンナ【 54.0・石 坂・岩田康 】
○ …ジョワドヴィーヴル【 54.0・松田博・福 永 】
△ …★6頭
エピセアローム  【 54.0・石 坂・浜 中 】=S・A・Aa
ゴールデンムーン 【 54.0・須貝尚・--- 】=A・B・??
ハナズゴール   【 54.0・加藤和・Cデムーロ 】=A・B・S非競馬学校
フレイムコード  【 54.0・ 谷 ・--- 】=A・B・??
プレノタート   【 54.0・牧 浦・--- 】=A・B・??
メイショウスザンナ【 54.0・高橋忠・武 豊 】=A・B・Ab
----------------------------------------------

★最終決断…↓↓↓
阪神11R 第19回 チューリップ賞(G3) 芝1600m
----------------------------------------------
◎ …ジェンティルドンナ【 54.0・石 坂・岩田康 】
○ …ジョワドヴィーヴル【 54.0・松田博・福 永 】

△ …判断つかず
消し…ハナズゴール   【 54.0・加藤和・Cデムーロ 】
----------------------------------------------

1着…ハナズゴール   【 54.0・加藤和・Cデムーロ 】

好調さの一言では片付けられない大激走で、過去に騎乗した騎手たちが如何に腕がないかをモロに見せられたのが最大のショック!…まさか弟デムーロがここまで上手いとは。まだ19才なのだから!(…競馬学校って何やってんの?)
加藤和厩舎の馬なので好調は当然だが、最大の勝因が“騎手の腕”であることは間違いない。本当に驚かされた優勝としか言えない完勝にただただ驚くばかり。いくらCデムーロでも加藤和が勝つとは…唖然!(鞍上が変わればただの馬になるかも!)

2着…エピセアローム  【 54.0・石 坂・浜 中 】

石坂厩舎2頭出しで浜中くん鞍上変更なしの同馬なので、3才戦として見れば今回の好走は充分納得できる。だが、それでもまさか2着になるとは思っていなかった。結果的に、能力面で「阪神JF2番人気は伊達じゃない」ということと、いくら技量があっても「テン乗りで2頭出しの元地方騎手は基本やってはいけない」ということなのだろう!

3着…ジョワドヴィーヴル【 54.0・松田博・福 永 】

馬券確保と言えば聞こえは良いが、無傷を期待したファンからすれば次の桜花賞が不安になる内容。
解説者が「直線で走った内馬場が悪かったのが敗因では…」と語ったが、エピセアロームの前に完勝のハナズゴールがいることを考えると、ジョワドヴィーヴルの馬体のなさを考慮した場合、“桜花賞で巻き返せると言い切れない敗戦”と思われる。
鮮やかだった阪神JF優勝で圧倒的な人気になったが、圧倒的人気で連対を逃した福永祐一の馬となってしまっては、ヤラセありきで勝っている馬とも判断できるだけに今後の期待は薄いと言わざるを得ない…(人気は落ちないので狙わない方が無難かと!)

4着…ジェンティルドンナ【 54.0・石 坂・岩田康 】

本命視していたので注目して見ていたが、4コーナーまでに通ったコースは文句なし。だが、そこからの岩田康の追い出し方は普段の彼らしくないもので、真っ直ぐ追い出すと思ったら、まるで先に追い出したジョワドヴィーヴルにコースを譲るように外へ外へと持ち出し、同厩舎エピセアロームの入着が決まりかけると初めて真っ直ぐ追い出すという完全に脚余しの不可解な騎乗ぶり。
今回の4着の取り方を見ると、以下の2つのことが推察できる…
1、エピセアロームの巻き返しを優先した騎乗=同馬主1・2を避けた。
2、ジョワドヴィーヴルに先着してはいけなかった=祐一に譲った。

つまり、今回の岩田康は“勝ってはいけない騎乗をした”と言える!
したがって、今回の敗戦を岩田康2回目騎乗となる桜花賞でリベンジして欲しいと思った次第。

※馬は“まさか”…鞍上は“やっぱり”!

「ジョワドヴィーヴルが負けるとすれば…」の推測はしたが、まさか連対まで外すとは全くの想定外。これで桜花賞戦線が一転して混戦模様になってしまった。
休養明けだったので本番での巻き返しはあるかもしれないが、先述に加え、同じローテのエピセアロームを交わせなかったことを考えると不安の方が大きいだろう。また、同馬を桜花賞で狙うくらいなら、今回不可思議な追い出し方をしたジェンティルドンナ岩田康の巻き返しの可能性の方が遥かに期待できるはず。
何にしても、勝ったハナズゴールがあまりにも鮮やかすぎるだけに、2強が「単に休養明けだったから負けた」とは到底考えられない。
今回の敗戦で桜花賞が面白くなったのは確かだが、それだけに余計に【松田博と福永祐一コンビが如何に危なっかしいか】を思い知らされたチューリップ賞と言える!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »