« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

第65回 鳴尾記念(G3) 予想コラム

がんばれ柴田善・浜中!
登録14頭。フルゲート16頭。サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定 2000m 芝・右

出走馬14頭 【 斤量・厩舎・騎手 】※コメント
----------------------------------------------
ナカヤマナイト  【 56.0・二ノ宮・柴田善 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 和泉信一
母 フィジーガール   馬齢 4歳 母の父 カコイーシーズ
生産牧場 沖田牧場 産地 日高町
※馬場悪化なら勝つ可能性上がる。騎手主戦馬で本気出せば充分馬券対象のはず!
トゥザグローリー 【 57.0・池江寿・福 永 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 トゥザヴィクトリー 馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※アーネストリーより1kg軽く連対外したら恥…ニセモノ騎手もG2までなら無敵!
ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・浜 中 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 国本哲秀
母 ラグジャリー    馬齢 4歳 母の父 Storm Cat
生産牧場 矢野牧場 産地 新ひだか町
※大阪杯が実力通りなら宝塚記念も期待大…ただし脚質から展開次第なのが問題!
アーネストリー  【 58.0・佐々晶・佐藤哲 】
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 前田幸治
母 レットルダムール  馬齢 7歳 母の父 トニービン
生産牧場 ノースヒルズマネジメント 産地 新冠町
※展開次第もG1馬なら巻返せるメンバー…大阪杯のバカな位置取りはしないはずで…

トーセンラー   【 56.0・藤原英・岩田康 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 島川隆哉
母 プリンセスオリビア 馬齢 4歳 母の父 Lycius
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※きさらぎ賞勝ちでオープンにいる格下馬…いくら岩田康でも良くて複勝まで!
スマートギア   【 56.0・佐 山・松 山 】
父 マーベラスサンデー 性別 牡 馬主 大川徹
母 スケアヘッドライン 馬齢 7歳 母の父 パドスール
生産牧場 大栄牧場 産地 新冠町
※斤量が前走より軽くなるのが救い…本来格違いの馬なので来れば穴も複勝なら有り得る!
ダンツホウテイ  【 56.0・本 田・吉田豊 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 山元哲二
母 グランスオークス  馬齢 7歳 母の父 Nureyev
生産牧場 大典牧場 産地 静内町
※好調さだけが頼み…スマートギアと同類で来れば穴も先行ハマれば複勝なら有り得る!
ロードニュースター【 56.0・浅 見・--- 】
父 エアエミネム    性別 牡 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディスターダム  馬齢 7歳 母の父 アルカング
生産牧場 ケイアイファーム 産地 三石町
※距離性だけが頼み…ニセモノ四位が騎乗停止なのは幸いも良い材料はそれだけ!
サンライズベガ  【 56.0・音 無・--- 】
父 アドマイヤベガ   性別 牡 馬主 松岡隆雄
母 オーパスワン    馬齢 8歳 母の父 Theatrical
生産牧場 下河辺牧場 産地 門別町
※馬券対象の可能性あるギリギリの馬…ただし馬券になるようならTRの価値なし!

アドマイヤメジャー【 56.0・友 道・川 須 】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 近藤利一
母 ティエッチマンボ  馬齢 6歳 母の父 Kingmambo
生産牧場 ノーザンファーム 産地 早来町
※登録だけ…評価対象外!
アグネスミヌエット【 54.0・小 崎・--- 】
父 アグネスフライト  性別 牝 馬主 渡辺孝男
母 アグネスシルキー  馬齢 7歳 母の父 ホワイトマズル
生産牧場 高昭牧場 産地 浦河町
※登録だけ…評価対象外!
イケトップガン  【 56.0・石 毛・--- 】
父 マヤノトップガン  性別 牡 馬主 池田豊治
母 オークスピリッツ  馬齢 8歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 村上牧場 産地 三石町
※登録だけ…評価対象外!
オセアニアボス  【 56.0・矢 作・--- 】
父 Red Ransom    性別 牡 馬主 (株)グランプリ
母 Touched By God  馬齢 7歳 母の父 Sunday Silence
生産牧場 Strawberry Hill Stud 産地 豪
※登録だけ…評価対象外!
タマモクリエイト 【 56.0・小 原・--- 】
父 カリズマティック  性別 牡 馬主 タマモ(株)
母 コンキスタドレス  馬齢 7歳 母の父 Seeking The Gold
生産牧場 須崎牧場 産地 新冠町
※登録だけ…評価対象外!

★また祐一が有力
トライアル戦なのにG3扱いなのがよく分かる上位4頭による限定メンバーレース。ニセモノ騎手福永祐一がここでもその本領を発揮して準必勝馬トゥザグローリーに騎乗する。
できればここで2着以下(連対は外したら恥なので)になって騎手の実力通りの結果になって欲しいのだが、如何せん余程の状況(不良馬場・スロー前残り)でもない限り斤量57kgでは負けられないだろう。
【G3のここら辺りで勝つ程度がこの騎手の実力。父の苗字を汚しすぎるので一日も早く干されて欲しい。何より祐一の代わりなら三浦でも充分できる…あっ、こいつもヤラセ野郎だった!(大笑)】

★がんばれ浜中
大阪杯優勝は展開に恵まれたことは顕かだが、トーセンジョーダンに先着したことの価値は高いはず。
厩舎格・展開に左右される脚質は問題だが、それでも今後の宝塚記念を盛り上げるためにも是非ともここは勝ってもらいたいところ。
【日本人騎手の未熟さをこれ以上貶めないためにもがんばれ浜中!

★下手と世代交代役
前走の乗り方があまりに酷すぎたアーネストリー。あんな騎乗して海外挑戦などよくも言えたものだと鞍上の下手さに呆れてしまった。それでも余程のバカじゃない限り今回はマイペースで先行できるはずなので充分3着以内に入ってこれるだろう。たとえ58kgでもだ。
【それでも信頼できるのは馬主さんと厩舎だけ。和田より下手な騎手なのでまた墓穴掘るかも!】

馬主さんと厩舎という意味ではナカヤマナイトも同じ。ただし、同馬は一度も柴田善が降りてないのは好材料で、いくら蛯名以上の“他人の主戦馬パクり騎手”と言えども今回ほど久しぶりの勝利チャンスはないかもしれない。何しろ馬の能力では劣っていても騎乗技術の面では祐一・佐藤哲よりは数段上なのだから。
【是非とも今回は世代交代役の仕事を忘れてナカヤマナイトを好走させて欲しい。何しろ主戦(お手馬)なのだから!】

★前予想↓↓↓
阪神11R 第65回 鳴尾記念(G3) 芝2000m
----------------------------------------------
◎トゥザグローリー 【 57.0・池江寿・福 永 】
○ナカヤマナイト  【 56.0・二ノ宮・柴田善 】
▲ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・浜 中 】
△アーネストリー  【 58.0・佐々晶・佐藤哲 】

----------------------------------------------

◎…実績・厩舎・牧場・馬の格全てで上位。57kgなら2着も恥!
○…▲より厩舎で上位。世代交代役騎手もお手馬ならやれるはず!
▲…厩舎格の低さ、○より1kg重い斤量、追い込み脚質の不利で…
△…唯一の望みは積極性による展開面の有利さだけで…

残りの馬はたとえデットーリが乗っても勝つことは難しく、松山は無論のこと岩田康や吉田豊でもせいぜいアーネストリーにくっ付いて競馬した時の展開恵まれで好走できるかのみ。何より出走馬が2桁揃うのかすらも不安でならない……

★最終予想↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=17692

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第62回 安田記念(GI) 予想コラム

ニセモノさえ来なければ結構!
登録25頭。フルゲート18頭。サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 1600m 芝・左

優先出走馬18頭 【 斤量・厩舎・騎手 】※コメント
地方馬、外国馬--------------------------------
グロリアスデイズ 【 58.0・香 港・ホワイト 】
※チャンピオンマイル2着からの参戦…鞍上レベルはウィリアムスと互角で人気の伏兵!
ラッキーナイン  【 58.0・香 港・プレブル 】
※チャンピオンマイル3着からの参戦…鞍上レベルは武豊と同レベルで大穴なら!
----------------------------------------------
サダムパテック  【 58.0・西 園・ウィリアムス 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 大西定
母 サマーナイトシティ 馬齢 4歳 母の父 エリシオ
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
※前走の復活が本物なら最有力…過去の人気・前走・騎手からも今回人気必至!
シルポート    【 58.0・西 園・小牧太 】
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬主 河崎五市
母 スペランツァ    馬齢 7歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 タイヘイ牧場 産地 静内町
※全馬の目標とされる不利覆せるか…過去実績なら消えそうな馬も勢い活かせば!
コスモセンサー  【 58.0・西 園・松 岡 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 ケイアイバラード  馬齢 5歳 母の父 リヴリア
生産牧場 川越ファーム 産地 浦河町
※西園3頭出しの3番手…マイラーズCの格付通りならシルポートのアシスト役!
ストロングリターン【 58.0・  ・福 永 】
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 吉田照哉
母 コートアウト    馬齢 6歳 母の父 Smart Strike
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※昨年の2着馬が叩いて臨戦…騎手がニセモノのため馬券になったらヤラセ!
リアルインパクト 【 58.0・  ・岩田康 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 トキオリアリティー 馬齢 4歳 母の父 Meadowlake
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※昨年覇者もマイラーズCドン尻…一気の巻返しがあっても入着できれば上出来!
ドナウブルー   【 56.0・石 坂・川 田 】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ドナブリーニ    馬齢 4歳 母の父 Bertolini
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※前走2着の勢い活かせば馬券対象…また川田が腕試しさせられるのが面白い!
マルセリーナ   【 56.0・松田博・田 辺 】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 マルバイユ     馬齢 4歳 母の父 Marju
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※騎手2走目でG1馬の脚活かせれば…田辺に巡ってきた初G1勝ちチャンスかも!
アパパネ     【 56.0・国 枝・蛯 名 】
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ソルティビッド   馬齢 5歳 母の父 Salt Lake
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※人気の落ちない3冠牝馬…先着馬2頭出走で馬券に成るなら馬主さんのおかげ!
フィフスペトル  【 58.0・加藤征・横山典 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 ライラックレーン  馬齢 6歳 母の父 Bahri
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
※マイルCS2着実績が頼み…叩き2走目が案外で今回巻返し材料の乏しい存在!
ダノンヨーヨー  【 58.0・音 無・北村友 】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 フローラルグリーン 馬齢 6歳 母の父 フォーティナイナー
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※叩いて上昇すれば入着ある存在…掲示板好走なら期待できるがそれ以上は厳しい!
グランプリボス  【 58.0・矢 作・内田博 】
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬主 (株)グランプリ
母 ロージーミスト   馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※ダービー制覇の厩舎余勢と騎手頼み…近走の勢いだと掲示板でも上出来!
エイシンアポロン 【 58.0・松永昌・池 添 】
父 Giant’S Causeway 性別 牡 馬主 平井豊光
母 Silk and Scarlet 馬齢 5歳 母の父 Sadler’S Wells
生産牧場 Silk and Scarlet Syndicate 産地 米
※一気の変わり身のみに期待…騎手未熟で馬頼みの宝塚記念まで期待できない!
ローズキングダム 【 58.0・橋 口・武 豊 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ローズバド     馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※実績なら好走しても不思議ない存在…春天から参戦で武豊起用がハマれば面白い!
ペルーサ     【 58.0・藤沢和・安藤勝 】
父 ゼンノロブロイ   性別 牡 馬主 山本英俊
母 アルゼンチンスター 馬齢 5歳 母の父 Candy Stripes
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※初マイルも格なら一発期待できる存在…展開と安藤勝本気騎乗なら悲願のG1制覇も!
ガルボ      【 58.0・清水英・石橋脩 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 石川一義
母 ヤマトダマシイ   馬齢 5歳 母の父 ジェネラス
生産牧場 高村伸一 産地 様似町
※勢いを活かせれば面白い存在…石橋脩が一皮剥けてれば馬券対象の可能性充分!
スマイルジャック 【 58.0・小桧山・丸 山 】
父 タニノギムレット  性別 牡 馬主 齊藤四方司
母 シーセモア     馬齢 7歳 母の父 サンデーサイレンス
生産牧場 上水牧場 産地 鵡川町
※回避候補の一番手…丸山くんにG1経験積ませるのみに出て来る存在!

除外対象、繰り上がり馬------------------------
①ショウナンマイティ【 58.0 】②ダイワファルコン 【 58.0 】
③オセアニアボス  【 58.0 】③レオプライム   【 58.0 】
⑤ダノンシャーク  【 58.0 】⑥レッドデイヴィス 【 58.0 】
⑦ヤマカツハクリュウ【 58.0 】⑧トーセンレーヴ  【 58.0 】
⑨スピリタス    【 58.0 】
----------------------------------------------

★香港馬の取捨がポイント
一見して日本馬が信頼に欠けるメンバー構成だけに香港馬2頭の参戦が今回における最大のポイントとなる。特に前走先着の上に騎手格上グロリアスデイズは要注意だろう。

★西園厩舎が脚質揃い踏み
逃げシルポート、先行コスモセンサー、差しサダムパテックと脚質違い3頭を送り出す西園厩舎。中でもサダムパテックは騎手がウィリアムスであるため人気の一角になること間違いなし。前走の上がりタイムは半年ぶりのストロングリターンに0.1秒劣ったが、そのストロングリターンが勝てばヤラセのニセモノ騎手なので少なくとも同馬に遅れを取ることはウィリアムスなら有り得ないはず。【先着されたらヤラセになるから!】

★堀厩舎も複数出走だが…
如何せんストロングリターンが福永祐一ではどんなに人気になっても牡馬G1では狙えない。彼がコメントだけ一流のニセモノ騎手であることはダービーで証明済み。一縷の望みは牧場・馬主さんが社台であることだけ。仮にこれが理由で優勝できても大多数の競馬ファンに「またヤラセで勝ちやがった…それもG1を!」と言われるのがオチではあまりに酷すぎるので天地がひっくり返ってもシルシは打てない。ぜひ実力通り着外に消えてくれることを願う!
福永祐一を狙うくらいならまだリアルインパクトを買った方がマシと思うが、こちらは岩田康騎乗で前走①人気なのにドン尻負けという完全な体調不良状態。
関東厩舎なのに祐一に馬を回しているからこんな目に遭うのだと堀厩舎はあきらめるしかないだろう。

★別路線の格上2頭
近走大敗ながら春天からここに挑戦するローズキングダム。休養明けの方が信頼度の高い藤沢和厩舎ペルーサ。一方は朝日杯FS覇者、一方は豪脚世代トップクラスという穴党必見の存在。問題はどちらも世代交代推進役たる騎手であることだが、今回はクラシックと違って何度も出れるマイルG1戦なので逆に期待できると思われる。
私的にはジャパンC繰り上がり優勝馬などより悲願のG1制覇となるペルーサに勝たせてあげたいが…(笑)

★G1称号ある馬たち
ダービー2着の余勢を駆って蛯名アパパネが巻返すことは大いに考えられるが、今年はヴィクトリアマイルの先着馬が2頭いるのが判断に迷うところ。特にウィリアムスから川田という完全鞍上弱化のドナウブルーより田辺の2走目となるマルセリーナの方に食指が動かされる。
ただ、別路線のローズキングダムを除くG1馬エイシンアポロン・グランプリボス・リアルインパクトの3頭はどれも近走成績が悪いだけでなく騎手面での上積みが考えられないので却ってG1牝馬2頭に人気が集まる可能性があるのが少々つまらないところかと…(笑)

★前予想↓↓↓
東京11R 第62回 安田記念(GI) 芝1600m
----------------------------------------------
◎サダムパテック  【 58.0・西 園・ウィリアムス 】
○マルセリーナ   【 56.0・松田博・田 辺 】
▲グロリアスデイズ 【 58.0・香 港・ホワイト 】
▲ペルーサ     【 58.0・藤沢和・安藤勝 】
△アパパネ     【 56.0・国 枝・蛯 名 】

----------------------------------------------

◎…騎手の腕、前走の復活劇から最有力と判断して。
○…前走好走させた騎手の2走目と本来エイシンアポロンでG1騎手になっていたと期待して。
▲…ウィリアムスに匹敵する騎手と判断して。
▲…安藤勝の本気追いと休養明け仕上げに定評ある厩舎に期待して。
△…叩き3走目の上積みと今回はドナウブルーに先着可能大と期待して。

ちなみにローズキングダムも怖い存在と思ったが、前走まで後藤が乗っていたのが馬に悪いクセをつけている可能性が高いので現状は無印としておく。

★最終予想↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=17693

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第79回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 結果コラム

マトモな騎手が勝って幸い

★前予想↓↓↓
東京10R 第79回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
◎8番ワールドエース  【 57.0・池江寿・福 永 】
○6番ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
△10番ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
△14番トーセンホマレボシ【 57.0・池江寿・ウィリアムス 】
----------------------------------------------
★最終予想↓↓↓
東京10R 第79回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
◎8番ワールドエース  【 57.0・池江寿・福 永 】
○6番ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
△10番ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
△7番コスモオオゾラ  【 57.0・高橋博・柴田大 】
消17番グランデッツァ  【 57.0・平 田・池 添 】
消11番フェノーメノ   【 57.0・戸 田・蛯 名 】
----------------------------------------------

★レース結果↓↓↓
東京10R 第79回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着…△10番ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
2着…消11番フェノーメノ   【 57.0・戸 田・蛯 名 】
3着… 14番トーセンホマレボシ【 57.0・池江寿・ウィリアムス 】
4着…◎8番ワールドエース  【 57.0・池江寿・福 永 】
5着…○6番ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】

----------------------------------------------

1着…10番ディープブリランテ
パカパカファーム・サンデーレーシング・矢作厩舎・岩田康。
気性不安も何のその、よくぞ自分の競馬を貫き通したと騎手と厩舎を褒めたい!
馬主1・2着はさておき、勝つべき騎手が勝ち、ここ一番に必死に仕上げた厩舎が勝ち、アイルランドから日本で牧場を開業した努力家の生産者が勝ったという素晴らしい結果にはいくら褒めても褒め足りない!
何より岩田康がダービージョッキーに成れて良かったと思う次第。
【POG馬がダービー馬に…矢作先生よくぞ岩田康を起用し続けてくれた…お見事!】

2着…11番フェノーメノ
青葉賞優勝馬・元々岩田康が主戦の馬。
もしも同馬が勝っていたら‥‥私は蛯名を「最低騎手」と判断したところ。同馬の主戦は岩田康だったからだ。だが、さすがに蛯名もそこまで非常識でないのが明らかになって胸を撫で下ろした。
また戸田厩舎は、ダービーを主戦以外で勝つことの方が問題であるからには、このハナ差は「悔しいけれど次につながる好走」と言えるので将来のためには良かっただろう。
【勝って萩原厩舎になるよりも(額面ダービー厩舎で以後パッとせず)、自力で大レースを制することで厩舎自体より高みを目指していけるから!】

3着…14番トーセンホマレボシ
達人の技が炸裂。達人が先行競馬してきちんと馬券になってしまったのが本当に凄い。普通ならゼロスと共に馬券外へ消えたはずだからだ。
大勢が期待した史上初の厩舎ダービー連覇が果たせなかった池江寿厩舎としては大変残念だろうが、ウィリアムスが馬券になったことで面目を保ってくれたことには感謝しかないだろう。
ただし、ウィリアムスが馬券に残ったことは全く当然のことだが、額面上では池江寿厩舎の圧倒的優位は否めなかった(池添がグランデッツァを潰してくれる等)だけに、3着といえども今後の騎手起用をもっとまともにすることが問題だろう。

4着…8番ワールドエース
『どうせ展開が向かなかった』が言い訳だろっ。
もう充分!父の名声をことごとく辱める祐一の存在は中央騎手界の恥!
馬主サンデーレーシングはディープブリランテが優勝したので助かったかもしれないが、彼がワールドエースを追い込み脚質にするからこんなブザマな結果になったことだけは生涯忘れてはならない。
過去にも書いているように、騎手が馬に良いクセ悪いクセをつける最大の要素であるからにはこんな騎手に馬を任せねばならなかった池江寿厩舎にも同情が湧いてくる。どうせどこからかの圧力があったと思われてならないから。
いくら競馬学校を優先しなければならないとはいえ、こんなクズ騎手を甘やかし続ける主催者の責任には甚だ大きい。厩舎や馬主の柵(しがらみ)で多少勝ち負けが偏ることは仕方ないとしても、こんな未熟な騎手をリーディングにすること自体ふざけた話。
色んなところで祐一は公演しているらしいが、はっきり言わせてもらうが彼に競馬を語る資格はない。
親の恩恵で勝たせてもらっているエセジョッキーに下手に競馬を語られては、競馬の面白さ・楽しさ・苦労・努力を貶めるだけだからだ。

岩田康の感涙を見て感動した人はいっぱいいたはず。これが祐一だったら誰が競馬に感動を覚えただろうか……
【祐一の存在そのものがコネ優先の不公平な騎手配置の元凶なのである!】

5着…6番ゴールドシップ
ワールドエースをマークしたのが裏目。
最も不可解な競馬をしたのが同馬。共同通信杯ではディープブリランテをマークして先行競馬で勝ち、皐月賞では後方で矯めた脚を騎手の腕を活かして優勝するほど対応力に長けた馬が、追い込み一手しかないワールドエースの後ろで競馬するとは思ってもみなかった。これで勝てたらそれこそ奇跡だったろう。
たしかにワールドエースをマークしたこと自体は間違いとは言えないが、皐月賞馬が自分で勝ちに行く競馬をしなかったことがそもそもおかしい。
非社台系生産馬で最も期待が高かっただけに何とも悔いの残る結果としか言えない。
【それともこれが厩舎2頭出しの成果なのか?】

何にしても岩田康がダービージョッキーになって良かった。マトモな騎手がちゃんと勝ったからだ。
あとは福永祐一と三浦皇成が一日も早く「四位洋文と同じ路線=ダービー連覇してすぐ干された未熟騎手の道」を歩んでくれれば良いだけ。
そうなって始めて騎手界が騎手技量で良い馬を乗れるまともな世界に戻っていけるはず。
なにしろ現代競馬こそレースで勝つために騎手の占める割合が高いのだから!
【馬の地力が接近すれば自ずと騎手技量で結果が決まる。だから常々「競馬学校は情けない」というのである!】

ダービーとは牧場、馬主、厩舎、そして騎手の夢であり大看板である。これ以上、未熟な騎手のための恩恵レースにしないで欲しい!
【もしマウントシャスタが出走してれば騎手は三浦だった……ふざけるな!】

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第79回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 予想コラム

内田博vs池江寿

登録24頭。フルゲート18頭。サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 定量 2400m 芝・左

優先出走馬18頭 【 斤量・厩舎・騎手 】
※コメント
----------------------------------------------
トーセンホマレボシ【 57.0・池江寿・ウィリアムス 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 島川隆哉
母 エヴリウィスパー  母の父 ノーザンテースト
生年月日 2009年3月23日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※よりにもよって池江寿2頭出しの2番手馬がウィリアムスという達人の騎乗。おかげでただでさえ厩舎の連覇という偉業が高まっただけでなく、ダービーで“厩舎の親子丼”というそら恐ろしい独占状態まで考えられることに。ゴールドシップが3着なら唯一騎手の腕で上回る同馬の1・2着目は絶対考慮すべきかと!(昨年のウインバリアシオン・パターンならこの馬かと)
----------------------------------------------
ワールドエース  【 57.0・池江寿・福 永 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 マンデラ      母の父 Acatenango
生年月日 2009年2月22日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※馬の能力なら間違いなく今世代トップクラス。ダービー連覇という厩舎の偉業も池添を3冠ジョッキーにできるほどなので特に不安材料とは思えず、四位でも連覇できるダービーの価値観からしてもこんな騎手で勝っても何ら不思議ではない。逆に同馬が優勝しなかった時が見物なほど。如何に父・洋一が凄い騎手だったかを目の当たりにできそうでここを勝つべき存在!
ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ラヴアンドバブルズ 母の父 Loup Sauvage
生年月日 2009年5月8日  生産牧場 パカパカファーム 産地 新冠町
※気性的な不安がなければ今回最大の惑星と思われる馬。厩舎の不足分は騎手で補えるとしても如何せんワールドエースと同馬主であることも不安材料(祐一の引き出し役になるかもしれない)で、いくら岩田康でも今回ばかりは3着確保できれば上出来!
フェノーメノ   【 57.0・戸 田・蛯 名 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ディラローシェ   母の父 Danehill
生年月日 2009年4月20日  生産牧場 追分ファーム 産地 平取町
※毎年期待される青葉賞優勝馬だが、同馬が勝つようなら過去に勝ち馬が出てても全く不思議ではなかったはず。たしかに蛯名はダービーは勝ってないので順番なら権利があるかもしれないが、好材料はそれだけでワールドエースと同牧場・同馬主であるからには今回は祐一のアシスト役として馬券になったら上出来!
----------------------------------------------
グランデッツァ  【 57.0・平 田・池 添 】
父 アグネスタキオン  性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 マルバイユ     母の父 Marju
生年月日 2009年3月3日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※本来ならここで巻返すべき皐月賞①人気馬。ところが誰の差し金か騎手がオルフェーブルの池添になってしまっては1着などとてもじゃないが狙えない。騎手の連覇は四位でもできたので別に問題ないが、現在の池添では池江寿には逆らえないので人気ある複穴というのが正着!
ベールドインパクト【 57.0・大久龍・藤岡佑 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 ヴァイオレットラブ 母の父 ドクターデヴィアス
生年月日 2009年5月14日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※何でダービー連覇騎手を降ろしたのか意味不明。しかもよりにもよって池添より使えない藤岡健の長男坊という乗り戻しではあきらかに牧場・馬主・厩舎のおかげで出走できただけ。せいぜい社台ファームとして池添のアシストができれば上出来な馬!
----------------------------------------------
ジャスタウェイ  【 57.0・須貝尚・秋 山 】
父 ハーツクライ    性別 牡 馬主 大和屋暁
母 シビル       母の父 Wild Again
生年月日 2009年3月8日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 浦河町
※はっきり言って何しに出てきたのか分からない馬。騎手が秋山なので彼をダービーに出すことと馬主さんに配慮して出走できたと思われる。したがって騎手だけが予想の参考になるだけで馬券の予想対象にすらできない!
ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 小林英一
母 ポイントフラッグ  母の父 メジロマックイーン
生年月日 2009年3月6日  生産牧場 出口牧場 産地 日高町
※現時点では優勝候補の最有力の1頭。馬の順応性と騎手の腕では文句なしだが問題は牧場が非社台系で誰の援護も受けられないこと。ただ、たとえ1着にはなれなくても2着連軸としては最高の実績馬なので絶対に馬券対象から外してはならない馬!
----------------------------------------------
クラレント    【 57.0・橋 口・小牧太 】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 前田晋二
母 エリモピクシー   母の父 ダンシングブレーヴ
生年月日 2009年3月2日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント 産地 新冠町
※徒党を組んでも仲間がブライトライン・モンストールでは援護にもならない。馬主面で穴というのが好材料なだけでデイリー杯2才S優勝馬・NHKマイルC3着馬の肩書きで出走してきたものの掲示板でも奇跡!
ブライトライン  【 57.0・鮫 島・佐藤哲 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 (株)ノースヒルズ
母 シェリーズスマイル 母の父 King of Kings
生年月日 2009年5月6日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント 産地 新冠町
※騎手界が如何に人材不足かを証明する騎手起用。クラシック穴馬主であるのは面白そうだが好材料とは言えず、同馬に注目するくらいなら小牧太・安藤勝に注目した方が100倍マシ!
モンストール   【 57.0・尾 関・柴田善 】
父 アドマイヤマックス 性別 牡 馬主 前田幸治
母 イソノスワロー   母の父 デヒア
生年月日 2009年4月8日  生産牧場 村下農場 産地 浦河町
※馬主さんと尾関厩舎だからダービーに出てこれただけ。「ナカヤマ」馬主さんでも結果を出せなかった騎手はとうの昔に世代交代役としての仕事しかさせてもらえない存在でせいぜいビリにならないかだけが目標!
----------------------------------------------
アルフレード   【 57.0・手 塚・武 豊 】
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 プリンセスカメリア 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年4月11日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※同馬が馬券になるようなら平田厩舎カレンブラックヒルはここに出るべきだったろう。騎手も達人から並みレベルに落ちている上に世代交代役では話にならない。「頼みは牧場と馬主」であるのは一目瞭然で前走2着を表面上の好材料としてせいぜいNHKマイルC馬の価値を高めるべく掲示板狙いするのが今回のお仕事かと!
トリップ     【 57.0・松田博・田 辺 】
父 クロフネ      性別 牡 馬主 大八木信行
母 ビーポジティブ   母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年4月18日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※田辺であることは別に障害にはならないが、ブエナビスタのおかげでここに馬を出せる立場の松田博厩舎であるのが一番の不安。「牝馬の…」というならこの厩舎ほどこれに当て嵌まるものはなく、同馬が松田国だったらと思わずにはいられないので今回用なし!
ヒストリカル   【 57.0・音 無・安藤勝 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 近藤英子
母 ブリリアントベリー 母の父 ノーザンテースト
生年月日 2009年3月27日  生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※いくら騎手が安藤勝で信頼度大と言ってもすでにきさらぎ賞でワールドエースに上がり負けしているからには良くて複勝圏の馬。まして騎手が世代交代役として武豊以上にミエミエの騎乗数激減を強いられているからには掲示板がせいぜいと思われる!
スピルバーグ   【 57.0・藤沢和・横山典 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 山本英俊
母 プリンセスオリビア 母の父 Lycius
生年月日 2009年5月12日  生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※藤沢和厩舎、馬主さんに配慮して出走できた馬。毎日杯で出遅れながら3着した末脚は多少魅力的だが好材料はそれだけであり逆にヒストリカルの好走必至となる存在なので狙い目なし!
----------------------------------------------
エタンダール   【 57.0・藤原英・松 岡 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 広尾レース(株)
母 ミスペンバリー   母の父 Montjeu
生年月日 2009年2月24日  生産牧場 大樹ファーム 産地 大樹町
※好要素と言えるのはせいぜい先行馬有利の展開になった時の複穴、オークスの流れをここに当て嵌められれば3着目あるかもしれないというだけ。2年前のダービー厩舎も勝てたのは内田博の貢献大であるからには今回は背景・騎手面でも好材料とは言えず同馬も掲示板までが精一杯!
----------------------------------------------
コスモオオゾラ  【 57.0・高橋博・柴田大 】
父 ロージズインメイ  性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 マイネシャローナ  母の父 コマンダーインチーフ
生年月日 2009年2月17日  生産牧場 ビッグレッドファーム 産地 新冠町
※マイネル軍団の馬なので本来ダービー優勝などとても望めない馬。「競馬は何が起こるか分からない」という格言だけが唯一の1着狙いの要素でその他の面(牧場・厩舎・騎手)ではとてもじゃないが掲示板すら危なっかしい馬。柴田大が奮闘して弥生賞馬の看板を盾に3着にでもなれたら奇跡の大好走かと!
----------------------------------------------
ゼロス      【 57.0・領 家・川 田 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 杉澤光雄
母 サムソンフェアリー 母の父 サンデーサイレンス
生年月日 2009年4月13日  生産牧場 坂牧場 産地 日高町
※大穴があるとすれば同馬の逃げ切り・逃げ残りしかない。だが、はっきり言って展開以外に何ら買い目のない存在で逆に同馬を利用して好走を狙う馬の方が現実的には怖い存在になると思われる。よってワールドエースに勝ったことがあるという一事だけで出て来ていると判断せざるを得ない!

抽選・除外対象---------------------------------
①マウントシャスタ [57.0・池江寿・三 浦] ※恵まれ騎手がここにも!
②スノードン    [57.0・安田隆・---] ※殿下…日本はこういう国です!
③フジマサエンペラー[57.0・菊 川・田中勝] ※「お前はもう死んでいる」by騎手!
④グッドマイスター [57.0・安田隆・---] ※2頭登録ここにも…
④ボーイフレンド  [57.0・ 森 ・---] ※何で登録してるの?
⑥ステラウインド  [57.0・尾 関・---] ※尾関、お前もか!
----------------------------------------------

★ワールドエースが最有力!
ひどい馬場状態だった皐月賞でも5着まで上位人気が占めていたように皐月賞上位馬がここでも上位を占める可能性は極めて高い。それだけ他馬とは実力差があることを示しているからだ。
したがってゴールドシップ、ワールドエース、ディープブリランテ、コスモオオゾラ、グランデッツァの5頭までが軸馬選びの中心となるだろう。
中でも、皐月賞で最も脚を使ったと言えるのがワールドエース。スタート早々に躓き、しかも予想通りの大外ぶん回し競馬で粘るディープブリランテ・コスモオオゾラまでを差し切っており、勝ったゴールドシップのコース取りと比べても今回は充分逆転できると推察できるからだ。

ただ、池江寿厩舎の連覇、オークスで(有)サンデーレーシングが優勝したばかり、追込み競馬しかできない過去のレース教育、牝馬クラシックしか勝ったことのない福永祐一騎乗などの理由から「またも2着」という見方も大いに考えられる。
私的にも、福永祐一がダービーを勝つなど「日本騎手界の恥辱を世界に示すもの」と常々語っているので心情的には『あって2着。できれば3着以下に…』の思いが拭えない。

しかしながら、近年の騎手の動向を診ても祐一に分があることは否めない。
2冠の懸かる内田博は一昨年藤原英厩舎エイシンフラッシュでダービージョッキーになったばかりの上に非社台系生産馬。騎乗停止明けの岩田康は掛かりグセで距離不安のあるディープブリランテである上にワールドエースと同馬主なのに非社台系生産馬。皐月賞4着の弥生賞馬コスモオオゾラは柴田大であることでダービージョッキーなど百万年早いとしか思えない上に完全な非社台系生産馬。上位馬で唯一社台系で皐月賞①人気だったグランデッツァは事もあろうにM・デムーロから池添になってしまったのが大問題という状況。

特にグランデッツァに関しては、勝てば四位以来の連覇になるのは別に構わないとしても( 騎手的価値としては四位でも連覇できるのが今のダービーだから )、自らを3冠ジョッキーにしてくれた池江寿厩舎にオルフェーブルでその実力をさらけ出した負い目があるからには「ワールドエース先着ありきの2着候補」と診るのが正着になる。裏を返せば「平田厩舎はおかげでNHKマイルCを勝たせてもらったのでは?」としか思えない騎手配置であり、よって不本意ながらワールドエースが最有力と判断せざるを得ないのである。

これまでのダービーは生産者・厩舎・騎手の三位一体が必要とされていたし、今後も大方はこの原理が適うものでなければダービー馬にはなれないだろう。
だからこそダービージョッキーという看板は他に比べようもない大看板であり、競馬学校と関係者(騎手)の息子のパイオニアである武豊でさえ何度もリーディングを取りながら10年懸けてやっと取ったという価値あるものだった。

はっきり言って、ワールドエースでダービージョッキーになれなかったらそれこそ騎手などと名乗って欲しくない。いくら父のおかげでリーディングになった騎手でも四位でも連覇できる時代であるからには絶対に勝たねばならないはず。よって否応なしに現時点でも「本命はワールドエース」と言わざるを得ないと考える。

★相手筆頭はゴールドシップ!
非社台系ながら同馬のレース順応力=対応力の高さは世代一番。単に純粋な騎手技量からすれば2冠確定と言っても過言ではない。現時点でも“同馬とワールドエースの一騎打ち”と診るのが妥当だろう。

だが、如何せんダービーほど社台系が強いレースはない。安価な馬でも走ることを旨とするマイネル軍団などが勝てないのもダービー馬にはその後の種牡馬としての価値が懸かっているため牧場の沽券に関わるからだ。
【 「安い馬でも良い」という発想が蔓延ると生産界がダンピング化するため結果的に破綻につながるから 】

それにしても、この馬を皐月賞馬にするまでに成長させたのは安藤勝と内田博であり、それこそが如何にそれまでの騎手が未熟であるかを証明しているのが惜しまれる。こう言っては語弊はあるが、本来この馬に乗るべき立場にあった秋山くんではとてもここまでの馬になれなかっただろう。事実グランデッツァなど彼を降ろしたからこそスプリングSを優勝し、大外枠なのに皐月賞で①人気に推されるほどの馬になれたのである。
【 そのグランデッツァが今回は池添であるからには逆立ちしても池江寿厩舎=ワールドエースに先着などできる訳がない。阪神大賞典の騎乗ミスが如何に大きいかを考えれば当然である。よって先週の川田の踏襲など考えられず、池添になった時点でグランデツァのダービー優勝はなくなったと言える。勝ったらヤラセ連覇と思って間違いないので。M・デムーロから池添ってどれほどの鞍上弱化か…少なくとも5馬身差では済まないだろう=掲示板すら危ない 】

★『良い馬に乗せてもらったので…』
最近よく耳にする言葉に『良い馬に乗せてもらったので…』という発言があるが、これも言ってる騎手によってその価値に大きな差があるのが問題。
たとえばオークスは川田だったから良かったものの、これが三浦や祐一の言葉では何ら価値のないものだろう。なぜならこの二人は新場戦から素質の違う馬に乗っているだけの作られた天才だから。
【 それでも今のクラシックならオークスくらいはヤラセもあるかと思ったが、さすがにいくら馬に恵まれても三浦ごときがいきなり乗り変わりで勝つなどと予想したのはいくら何でも愚か過ぎた…今思っても「スカイツリーからパラシュートなしで飛び降りるようなもの」と反省しきり 】

良い馬を育てることに最も直接関与するのが騎手であることは周知の事実。どんなに完璧に仕上げても実戦で下手な乗り方をして馬に悪いクセをつけてしまうとその後の実戦でも支障を来たすからだ。だからこそ本当に上手い乗り方のできる騎手は、今回のオークスのように騎乗変更しても馬がちゃんと好結果を出せるものであり、ジェンティルドンナは岩田康であったからこそ川田も好結果を残せたと言える。

またこの好例の一つに、最近は過去の実績が霞んで見えるほどしか勝っていない武豊騎手の存在がある。彼が騎乗した馬の次走好走率が半端なく高いという結果が出ていることに気付いている方も多いはず。
これは一見すると「武豊の衰退」と見えるだろうが、世代交代役の一番のお仕事は「次に乗る騎手のために馬に負担を残さない」ことであり、如何に武豊騎手がこれを正しく行っているかという良い証拠である。

単純な勝星だけなら元から素質の高い馬に乗っていれば簡単に積めるので上っ面は誤魔化すことはできるし、またその時だけ乗り変わって勝つことも条件が合えばたとえ鞍上弱化でも可能である。
だが、次の好走のために調整しながら実戦で乗ることができる者は中々いない。この点では蛯名でさえ柴田善には劣っている。だから騎乗2走目のミッドサマーフェアも全く走らなかったと思われる。
【 小島太厩舎だったことが主原因だが、蛯名でなかった方がミッドサマーフェアはもっと好走できたはず。とは言え、お互いにナカヤマフェスタで馬を回し合いしているので比較としては五十歩百歩だが… 】

だからこそここ一番を任されたり、または次につながる結果を残せる騎手こそが本当に上手い騎手であり、三浦と祐一が作られた天才だと言い切る所以である。
【 元はと言えばグランデッツァもゴールドシップも秋山くんで走り始めた馬。それなのに彼が今回乗るのは須貝尚厩舎の2番手とも呼べない馬。如何にこの世代が今年何らかの恩恵を受けているか…見え透いているのが何とも… 】

★前予想 …↓↓↓
東京10R 第79回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
◎…ワールドエース  【 57.0・池江寿・福 永 】
○…ゴールドシップ  【 57.0・須貝尚・内田博 】
△…ディープブリランテ【 57.0・矢 作・岩田康 】
△…トーセンホマレボシ【 57.0・池江寿・ウィリアムス 】

----------------------------------------------

◎…昨年のリーディングを嘘にしないために用意された馬。厩舎の連覇だろうがヤラセだろうがリーディングジョッキーならこの馬で勝てなかったらそれこそニセモノどころか池添以上の大マヌケ。
【 もしも今回負けて騎手の腕前がバレ、彼のその後騎乗馬が今の安藤勝のように激減してくれればそれはそれでありがたいことだが、おそらくここまで無茶勝ちさせてきた主催者の意地や面子もあるので1着固定以外は買わないで済むはずだ。彼は自身が人気の場合、相手も人気馬しか連れてこない騎手なのでゴールドシップのみが相手となるはず… 】

○…高い順応性からも馬券からは絶対に外せない存在で本当なら2冠に推したいところ。だが、◎が社台系なのでその他の馬が思い切り同馬の邪魔をする可能性があり、またいくら皐月賞を勝たせた内田博も中央所属であるからには主催者の思惑には逆らえない立場が考えられるので。
【 皐月賞で見事な業を見せて須貝尚にクラシック勝利をもたらしたのでもう充分かもの不安あり。ただしまさかの着外は故障でもないかぎり考えられないので… 】

△…その他で唯一勝っても不思議ない騎手と馬の組合せ。だが、掛かる気性があるからには長距離戦での不安は否めないので。
【 ダービーを勝ってないのが最も不思議な騎手だけに本当なら勝たせてあげたいところだが…NHKマイルCですでに厩舎も補填済みでもあるので… 】

△…騎手の腕なら1・2着必至も少なくとも今年の池江寿厩舎の代表馬がワールドエースであるからには援護に回る可能性が高いので。
【 せめて京都新聞杯が①人気だったら微かに優勝の目もあったろうが… 】

★最終予想…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=17588

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 結果コラム

混戦、一転堅い結果

★前予想=順当 …↓↓↓
東京11R 第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着◎…ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】
2着○…アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・ウィリアムス 】
3着▲…ミッドサマーフェア【 55.0・小島太・蛯 名 】
4着△…ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・川 田 】

----------------------------------------------

★前予想=波乱 …↓↓↓
東京11R 第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着◎…ダイワズーム   【 55.0・鹿戸雄・三 浦 】
2着○…オメガハートランド【 55.0・ 堀 ・石橋脩 】
3着▲…ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】
4着△…アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・ウィリアムス 】

----------------------------------------------

★最終予想…↓↓↓
東京11R 第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着◎…7番ダイワズーム   【 55.0・鹿戸雄・三 浦 】
2着○…4番オメガハートランド【 55.0・ 堀 ・石橋脩 】
3着▲…16番キャトルフィーユ 【 55.0・角 居・福 永 】
4着△…14番ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・川 田 】
消し馬…9番ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】
消し馬…1番アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・ウィリアムス 】

----------------------------------------------

レース結果…↓↓↓
東京11R 第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着◎…14番ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・川 田 】
2着○…9番ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】
3着▲…3番アイスフォーリス 【 55.0・相 沢・松 岡 】
4着△…1番アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・ウィリアムス 】
5着△…15番サンキューアスク 【 55.0・伊藤正・松 岡 】

----------------------------------------------

まず、波乱を期待して穴馬を選択した我が身の至らなさを猛反省……
( どうせ今年のダービーがヤラセ騎手の優勝だからと同じ関東のヤラセ騎手を本命にしたのが大間違い )

ジェンティルドンナが川田くんで良かった……
今後の関西を背負って行く騎手なので代打でもキチンと結果を出してくれたことに「まともな騎手が勝って良かった」と胸を撫で下ろした次第。

ヴィルシーナが2着を確保……
同馬を重賞勝ちに導いた最初の騎手がクイーンCの岩田康。内田博が序列をキチンと果したのが何より。(最終レースでクラシックセンスを勝利に導いた辺りがさすが「職人」)

関西の成長株アタマなら関東も……
「川田好走なら」の条件(同馬主)を見事にクリアした松岡。よくぞアイムユアーズを競り落としたと褒めてあげたい。(最終レースで逃げ粘ったところにより感心した)

ウィリアムスでもさすがに最後はタレた……
距離性不安のアイムユアーズをここまで持ってきただけでもお見事。馬は騎手で走ることを示してくれただけでも立派。

北村宏が大健闘の5着……
3連勝馬を関東ヤラセ騎手に奪われ、パララサルーまでも回避の憂き目に遭った彼が5着になったのが今回一番のヤラセ。ただし、このくらいなら誰もが許せる範囲と思う次第。

オメガハートランドの先行競馬にも感心……
直線で一旦見せ場を作った騎乗ぶりに成長が見られたのが良かった。マグレ勝ちでも伊達に天皇賞を勝たせてもらってないことを証明してくれた。

ダイワズームはやっぱり……
「ヤラセ前提」の本命穴予想は今後一切しないようにします…やっぱり三浦は関東の祐一でしかないという結果。(川田たちが「良い馬に乗せてもらってありがたいです」というのと三浦・祐一が言うのでは遥かに感謝度が違っている…今回は公平で良かった)

世代交代役はサイン馬……
金冠日食の話題で多少注目されたサンシャインはやはりサイン馬。同枠の優勝を示唆していたものかと!
また本日5番ばかりに入っていた「メイショウ」も結果的に1頭も馬券にならず。
(他人の馬で勝って来た世代交代役など所詮こんなものという意味?)

さあ、来週は日本ダービー……
ヤラセであろうとなかろうと今年のダービーをワールドエースが勝たなかったら福永祐一は騎手を辞めるべきである。「武豊の3倍良い馬に乗っても勝星は1/3。されどお父さんは武豊の2倍上手かった騎手の息子」というだけで現在の地位にいるからには絶対に負けてはならないから!(問題は内田博ゴールドシップがこれを崩すか否か…純粋な騎手の技量順ならウィリアムス・内田博・岩田康の3人で決まっちゃうはずだが?)

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 予想コラム

混戦必至で波乱期待

登録22頭。フルゲート18頭。サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 定量 2400m 芝・左

優先出走馬17頭 【 斤量・厩舎・騎手 】過去2走結果 ※一言
----------------------------------------------
ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・川 田 】桜花賞②人気1着・チュ賞②人気4着
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ドナブリーニ    母の父 Bertolini  生年月日 2009年2月20日
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※成長株の川田も代打で勝つのは疑問…ドナウブルー宜しく複穴対象に降格!
ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】桜花賞④人気2着・クイC②人気1着
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 佐々木主浩
母 ハルーワスウィート 母の父 Machiavellian    生年月日 2009年3月05日
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※岩田康不在で一躍桜花賞組筆頭…順当なら樫の女王に最も近いはず!
アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・ウィリ 】桜花賞③人気3着・Fレビ①人気1着
父 ファルブラヴ    性別 牝 馬主 ユアストーリー
母 セシルブルース   母の父 エルコンドルパサー  生年月日 2009年1月15日
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※過去実績なら関東馬の筆頭…全てウィリアムスの腕に託される馬!
メイショウスザンナ【 55.0・高橋忠・武 豊 】桜花賞⑪人気5着・フラC①人気2着
父 アグネスデジタル  性別 牝 馬主 松本好隆
母 グリーンオリーヴ  母の父 サンデーサイレンス  生年月日 2009年4月27日
生産牧場 北星村田牧場 産地 新冠町
※コース実績・フラワーC①人気が好材料…世代交代役が問われる!
トーセンベニザクラ【 55.0・柴 崎・津 村 】桜花賞⑫人気8着・アネS②人気5着
父 ダイワメジャー   性別 牝 馬主 島川隆哉
母 トーセンブリリアン 母の父 ホワイトマズル    生年月日 2009年3月07日
生産牧場 (有)エスティファーム 産地 日高町
※ダイワメジャー初年度産駒の代表牝馬…赤松賞勝ちと馬主頼みで複勝の穴!
パララサルー   【 55.0・国 枝・北村宏 】桜花賞⑦人気9着・アネS①人気1着
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (株)G1レーシング
母 タンタスエルテ   母の父 Stuka      生年月日 2009年1月19日
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
※3勝馬・厩舎実績の優秀さに期待…騎手がネックも末脚力は同世代有数!
サンシャイン   【 55.0・藤岡健・柴田善 】桜花賞⑧人気10着・エルS②人気1着
父 ハーツクライ    性別 牝 馬主 青山洋一
母 バルドウィナ    母の父 Pistolet Bleu    生年月日 2009年2月25日
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※牧場・馬主・父馬の血統に期待…エルフィンS勝ちも柴田善起用では!
オメガハートランド【 55.0・ 堀 ・石橋脩 】桜花賞⑬人気12着・フラC⑥人気1着
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 原礼子
母 オメガアイランド  母の父 エルコンドルパサー  生年月日 2009年4月12日
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※重賞勝ち・血統・厩舎格に期待…桜花賞3位の上がり脚と穴騎手の一発!
マイネエポナ   【 55.0・斎藤誠・吉田隼 】桜花賞⑭人気13着・アネS⑩人気2着
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 レディベローナ   母の父 サンデーサイレンス  生年月日 2009年3月14日
生産牧場 シンコーファーム 産地 日高町
※当日不良馬場・超スローの前残りを希望…馬主のおかげで参戦できたとしか!
エピセアローム  【 55.0・石 坂・浜 中 】桜花賞⑥人気15着・チュ賞③人気2着
父 ダイワメジャー   性別 牝 馬主 吉田勝己
母 ラタフィア     母の父 Cozzene    生年月日 2009年2月01日
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
※浜中が降りてないのが唯一の望み…石坂厩舎2番手馬で1桁着順が目標!

ミッドサマーフェア【 55.0・小島太・蛯 名 】フローラ①人気1着・君子蘭①人気1着
父 タニノギムレット  性別 牝 馬主 H.H.シェイク・モハメド
母 ストロベリーフェア 母の父 Kingmambo  生年月日 2009年2月23日
生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有) 産地 日高町
※前走完勝で一躍有力候補…打倒社台系の筆頭で殿下初G1ならこの馬か!
アイスフォーリス 【 55.0・相 沢・松 岡 】フローラ②人気2着・ミモザ⑤人気2着
父 ステイゴールド   性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 リリウム      母の父 クロフネ       生年月日 2009年1月17日
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 新ひだか町
※父馬の血統・先行力・コース実績に期待…ミッドサマーフェアの好走必至!
ダイワデッセー  【 55.0・松田国・武士沢 】フローラ⑱人気3着・梅花賞⑦人気6着
父 スペシャルウィーク 性別 牝 馬主 大城敬三
母 ダイワエンジェル  母の父 タイキシャトル    生年月日 2009年3月14日
生産牧場 フジワラフアーム 産地 新ひだか町
※父の血統だけが唯一の救い…前走3着大好走で権利取れただけかと!

ダイワズーム   【 55.0・鹿戸雄・三 浦 】スイート②人気1着・デイジ①人気1着
父 ハーツクライ    性別 牝 馬主 大城敬三
母 フォルナリーナ   母の父 Capote     生年月日 2009年2月08日
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※父の血統・3連勝の勢い期待…騎手不満も今回は祐一以上の存在かと!
ココロチラリ   【 55.0・尾 関・横山典 】スイS③人気2着・デイジ⑥人気4着
父 エアジハード    性別 牝 馬主 (株)ビリオンスター
母 ライフスプリング  母の父 ヘクタープロテクター 生年月日 2009年3月31日
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
※戦績の少なさと先週G1勝ち鞍上に妙味…昨年の穴競馬の再現あれば!

キャトルフィーユ 【 55.0・角 居・福 永 】忘れ草①人気1着・フラC④人気5着
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 ワンフォーローズ  母の父 Tejano Run     生年月日 2009年3月03日
生産牧場 ケイアイファーム 産地 新ひだか町
※忘れな草賞勝ちが望み…ダービーが勝負の騎手で好走はヤラセに!

ハナズゴール   【 55.0・加藤和・田 辺 】NHK⑥人気7着・チュ賞④人気1着
父 オレハマッテルゼ  性別 牝 馬主 M.タバート
母 シャンハイジェル  母の父 シャンハイ      生年月日 2009年4月24日
生産牧場 不二牧場 産地 浦河町
※世代混戦の演出馬…NHKマイルからの参戦が妙味も複穴3着までか!

抽選対象=1頭/4
プレノタート   【 55.0・牧 浦・??? 】スイS④人気4着・桜花賞⑩人気14着
サトノジョリー  【 55.0・松田国・??? 】スイS⑥人気5着・Fレビ⑩人気5着
チェリーメドゥーサ【 55.0・小 西・??? 】フロS⑥人気18着・アネS③人気6着
サンキューアスク 【 55.0・伊藤正・??? 】牝500万②人気1着・フロS⑬人気13着
除外対象
セコンドピアット 【 55.0・田中清・??? 】フロS⑦人気5着・ミモザ②人気3着
----------------------------------------------

岩田康の騎乗停止
桜花賞馬の鞍上変更によって一気に混戦化した今年のオークス。
返す返すも残念でならないのが岩田康の騎乗停止である。おかげで2冠の可能性が極めて低くなり、いくら成長株の川田くんでも所詮は鞍上弱化で同馬の立場が最有力馬から複勝圏の一角にまで降格されることになったからだ。
しかしながら、桜花賞馬であるからには今回も有力候補であるのは変わらない。
そこで同馬の捉え方を変えてみると、案外役に立つ馬であることに気が付く。何しろ同馬を複勝圏以下に置き換えることで“桜花賞組や他馬との物差しになる”からだ。
「物差し馬」の一番の利用価値は“存在価値で昇格・降格する馬を見出せること”にある。
同馬を物差しとした場合、桜花賞惨敗の同厩舎エピセアローム、岩田康で結果を出した馬=岩田康絡みのヴィルシーナ・キャトルフィーユ・サンシャインらが昇格・降格・消せる馬となる。ここにヴィルシーナが絡んでいるため今年のオークスが混戦と判断できるのである。

今回の最有力
それでも本来なら桜花賞組が主力になるのは例年と変わらないので、おそらく①人気に推されるのはヴィルシーナだろう。何しろ同馬には良い材料しか見当たらないからだ。
☆、鞍上が内田博でヤラセなしでも勝てる唯一の日本人騎手である。
☆、クイーンC優勝馬で東京コース・重賞勝ちの実績がある。
☆、3着も一度だけ(祐一騎乗で①人気3着の黄菊賞)の安定した成績である。

唯一ケチをつけるなら、『内田博はダービーでも有力馬ゴールドシップ騎乗なのでちょっとやりすぎ?』の懸念があるだけ。それさえも、『昨年池添くんでもやれたこと』を考えれば、内田博なら「全部勝ってもおかしくない」と考えるのが正しい競馬眼を持った者の常識なので同馬の優勝が最有力と見るのが当然だろう。

もしも同馬が連対を外すとすれば…
☆、昨年のように未対戦の別路線組で2頭以上の大好走がある。
☆、内田博を技術で倒せる腕のある騎手の好走。
☆、ヴィルシーナ自体が長距離不適正で連対を外す。

…この3つしかないだろう。

ミッドサマーフェアの取捨
オークスで注目されるのが別路線組の台頭。中でも前走フローラSを完勝してきたミッドサマーフェアの評価はいやでも高くなる。
ただし、同馬に関しては実績・背景面で3つ問題(不安)がある。
①、厩舎が叩いて調子を向上させるタイプじゃないこと。
②、鞍上が蛯名で2年前にオークスを勝ったばかりであること。
③、マイル戦ながらパララサルー・ヴィルシーナに敗れていること。

①・②については単なる傾向と捉えることができるので軽視もできるが、問題は③の競走実績にある。
パララサルーに敗れた未勝利戦で①人気だった同馬は、鞍上柴田善が中山コースというのもあって早目に勝ちに行ったにも関わらず5着にコケてしまった。
また、ヴィルシーナに敗れたクイーンCで⑤人気だった同馬は、じっくり構えて追込み競馬に徹して上がり最速を出したものの6着で掲示板を外してしまった。
つまり、前走どんなに完勝していると言えども“鋭い脚を使えるのは一瞬しかない”という怖さを持っており、1800・2000m戦で100%連対の実績を重視して下手に距離性に頼った王道(先行)競馬などすると想像以上の惨敗しても不思議ないのである。
これに①・②の項目を付随させると“人気の割に危険度も高い馬”と考えられ、アタマはあるかもしれないが馬券を外す可能性もあると推察できるのである。

現時点は2極の選択肢
「順当か波乱かはヴィルシーナの結果次第」…これが今年のオークスのポイントとなる。よって、現時点では2極(順当・波乱)の選択肢を挙げておく。

★前予想=順当 …↓↓↓
東京11R 第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着◎…ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】
2着○…アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・ウィリアムス 】
3着▲…ミッドサマーフェア【 55.0・小島太・蛯 名 】
4着△…ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・川 田 】

----------------------------------------------
◎=桜花賞組、コース・重賞実績で最有力
○=桜花賞組、鞍上が唯一◎に勝てる存在
▲=別路線組、期待大も鞍上が逆立ちしても◎・○に勝てず
△=桜花賞馬、G1代打で3・4着ならお仕事上々

★前予想=波乱 …↓↓↓
東京11R 第73回 優駿牝馬(オークス)(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着◎…ダイワズーム   【 55.0・鹿戸雄・三 浦 】
2着○…オメガハートランド【 55.0・ 堀 ・石橋脩 】
3着▲…ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】
4着△…アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・ウィリアムス 】

----------------------------------------------
◎=3連勝の勢い・馬主2頭出しで逃げる祐一を利用できる立場から…
○=重賞勝ち・コース成績・厩舎格・血統・穴騎手で馬体戻せば…
▲=先行力もあり馬券対象最有力で普通なら3着は外せない…
△=内田博を負かせる唯一の騎手で桜花賞時の人気も上で…

★最終予想…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=17496

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第7回 ヴィクトリアマイル(G1) 結果コラム

惨敗馬への感慨

★前予想 …↓↓↓
東京11R 第7回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
----------------------------------------------
1着◎…ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・横山典 】
2着○…アパパネ     【 55.0・国 枝・蛯 名 】
3着▲…マイネイサベル  【 55.0・水 野・松 岡 】
4着△…マルセリーナ   【 55.0・松田博・--- 】
5着△…ドナウブルー   【 55.0・石 坂・ウィリアムス 】

----------------------------------------------
★最終予想…↓↓↓
東京11R 第7回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
----------------------------------------------
1着◎…12番ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・横山典 】
2着○…7番アパパネ     【 55.0・国 枝・蛯 名 】
3着▲…1番マルセリーナ   【 55.0・松田博・田 辺 】
4着△…11番アプリコットフィズ【 55.0・小島太・田中勝 】
5着△…16番ドナウブルー   【 55.0・石 坂・ウィリアムス 】
----------------------------------------------
消し馬…14番オールザットジャズ【 55.0・角 居・藤岡佑 】
消し馬…2番レディアルバローザ【 55.0・笹 田・福 永 】
----------------------------------------------

レース結果…↓↓↓
東京11R 第7回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
----------------------------------------------
1着◎…12番ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・横山典 】
2着○…16番ドナウブルー   【 55.0・石 坂・ウィリアムス 】
3着▲…1番マルセリーナ   【 55.0・松田博・田 辺 】
4着△…3番キョウワジャンヌ 【 55.0・飯田明・柴田善 】
5着△…7番アパパネ     【 55.0・国 枝・蛯 名 】

----------------------------------------------

好走馬で驚かされたのは2着ドナウブルーと4着キョウワジャンヌ。どちらも前走大幅馬体減だったことで期待よりもまず体調面の復調が優先と思われていたから…
両馬の好走には当然ながら鞍上強化が大きな要因だが、それでもまさか一気にここまで体調を回復させるとは思ってもいなかった。何をさておき、両馬の担当厩務員さんの尽力に大きな拍手を贈りたい!

今年のレースを見て感じたのは“惨敗馬から受ける感慨が如何に多いか”ということ。
その代表例が、15着フミノイマージン(本 田・池 添)・16着オールザットジャズ(角 居・藤岡佑)・18着アプリコットフィズ(小島太・田中勝)の3頭である。

それぞれに敗戦理由はあるが、馬券を買う方(予想する方)としては新聞紙上(額面上)から伏兵を見つけるしかない以上、この3頭の惨敗には少なからぬショックと虚しい思いしか浮かんでこなかった。
特にそれぞれの馬に配された騎手に同情や憐憫を感じてしまった。その筆頭が池添くんである。
昨年は3才クラシックの全てで馬券になった騎手が、阪神大賞典のオルフェーブル逸走と春天惨敗によって“所詮は競馬学校出と調教師の息子のおかげで勝たせてもらっている福永・三浦と同類でしかないこと”をすでに世間に晒しているのに、ここでも『なぜわざわざ太宰を降ろして起用したのか?』の批判を受けること必至なのが哀れでならないからだ。
「今日の主役はノリさん」…というのを露骨に示したのがこの惨敗であることは誰もがすぐに分かることだが、普通ならこんな分かりやすい変な騎手配置はしないはず。だが、それでも池添が起用されたということは、つまるところ「今後池添くんはもう大きなレースは勝たせてもらえない(もう3冠ジョッキーになったから用なし)」ということの裏返しであり、それを感じてしまったので同情や憐憫しか湧かないのである。

同じことは藤岡佑・田中勝くんにも言える。
オールザットジャズは、そもそも本気で勝つ気があったら角居調教師ほど実績ある人が藤岡佑くんなど起用する訳がない。レベルが低いから好走していたと判断できたからこそいくら好調でも消せたのである。
またアプリコットフィズにはより憐憫が重なる。本当に強い馬だったら、いくら小島太調教師でもすでに一流オチこぼれの田中勝くんに大事な馬を乗せ続ける訳がないのは分かるが、それ以上に小島太厩舎自体が叩いて馬を調整する厩舎ではなく牧場で仕上げてもらって微調整する「藤沢流」の縮小版厩舎でしかないことを今回の最下位負けで証明してしまった。つまりアプリコットフィズに関しては騎手のレベル不足だけでなく、小島太厩舎そのものの限界が見えたことで憐憫が重なってしまったのである。

池添・藤岡佑・田中勝くんたちは別に下手な騎手ではない。だが、この下手じゃないレベルはあくまで競馬学校の中の比較であり、本物の騎手たちが勝ち負けするプロの世界では通用しない。同じレベルの馬であればおそらく地方でも通用しないだろう。何しろ馬に甘やかされて育てられてきた連中だからだ。
彼らは、アマチュア観点からすれば下手ではない程度のものでしかない。だから惨敗で彼らを批難するのは間違いであり、批難されるべきは騎手が本気で乗れない環境を作っていることにある。

だからこそ私は言い続けるのである…上手くもない騎手に偏って肩入れして良い馬に騎乗させるようなふざけたマネなどしないようにと!
いくら洋一の息子でもあまりに甘やかしが過ぎると他の騎手の技術的向上心を喪失させるだけでなく、騎手としての意識そのものが誤まった方向に向かうことになる。
事実、関東の祐一たる三浦がデビュー時から大間違いしている!(馬に恵まれれば結果を出せるという意識の表れが「武さんの馬…」という発言)
「騎手がレース上の駒」だと思っている主催者の思考はこの際関係ない。ただ、普通に騎乗技術に長けた順に良い馬を回してやることをすべきであると言うのである。

今後のためにも“騎手がやる気の起こるより平等な騎乗配分”を目指して欲しいと思う次第。

惜しむらくはもう今年の日本ダービーにこの精神が通じないことが残念でならない…
(祐一のワールドエースが勝つはずだから。同馬で負けたらそれこそ池添以上の恥晒し!)

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第7回 ヴィクトリアマイル(G1) 予想コラム

≪打倒アパパネの図式なら≫

登録22頭。フルゲート18頭。サラ系4歳以上 (国際)牝(指定)オープン 定量 1600m 芝・左
優先出走馬18頭 【 斤量・厩舎・騎手 】背景 ※騎手への一言

生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
アニメイトバイオ 【 55.0・ 牧 ・後 藤 】
父 ゼンノロブロイ   性別 牝 馬主 バイオ(株)
母 レーゲンボーゲン  馬齢 5歳 母の父 フレンチデピュティ
※落馬も何のその。腕は未熟も組織に殉ずる気概だけで今の地位にいる頑張り屋さん。
アパパネ     【 55.0・国 枝・蛯 名 】
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ソルティビッド   馬齢 5歳 母の父 Salt Lake
※前走はケガで不在も乗り戻しで有力必至。3冠牝馬でここ凡走はできない?
クィーンズバーン 【 55.0・浅 見・内田博 】
父 スペシャルウィーク 性別 牝 馬主 林正道
母 シンコウエンジェル 馬齢 4歳 母の父 Ogygian
※藤岡佑の後釜が何と内田博。距離延長の不利を克服して馬券になるのか?
ドナウブルー   【 55.0・石 坂・ウィリアムス 】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ドナブリーニ    馬齢 4歳 母の父 Bertolini
※鞍上は最上級。ただし初輸送で-16kgの馬体復調の不安あり。

生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
アプリコットフィズ【 55.0・小島太・田中勝 】
父 ジャングルポケット 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 マンハッタンフィズ 馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス
※ジョッキー生命はすでに終了済み。一発屋として好走できるか?
マルセリーナ   【 55.0・松田博・--- 】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 マルバイユ     馬齢 4歳 母の父 Marju
※岩田康予定が白紙に。推測なら安藤勝だが今は世代交代役なので?

生産牧場 藤井益美 産地 新ひだか町
アスカトップレディ【 55.0・須貝尚・川 須 】
父 アドマイヤボス   性別 牝 馬主 上野武
母 タガノシャーディ  馬齢 5歳 母の父 Shaadi
※川須2走目は好状況。経験を活かして好走させれば評価向上となるが?
生産牧場 フジワラフアーム 産地 新ひだか町
オールザットジャズ【 55.0・角 居・藤岡佑 】
父 タニノギムレット  性別 牝 馬主 市川義美
母 ダイヤモンドピサ  馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス
※調教師の長兄。池添の複写版も厩舎格活きれば充分複勝圏には来れそう?
生産牧場 グランド牧場 産地 新ひだか町
スプリングサンダー【 55.0・ 昆 ・四 位 】
父 クロフネ      性別 牝 馬主 (有)グランド牧場
母 スプリングマンボ  馬齢 5歳 母の父 Kingmambo
※ジャガーメイルで余計なことする騎手。お手馬も馬の距離性不安大?
生産牧場 千代田牧場 産地 新ひだか町
ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・横山典 】
父 クロフネ      性別 牝 馬主 嶋田賢
母 グローバルピース  馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス
※川須と同じく騎手2走目。実績でもアパパネ打倒候補の一番手。
生産牧場 高橋修 産地 新ひだか町
マイネイサベル  【 55.0・水 野・松 岡 】
父 テレグノシス    性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 マイネレジーナ   馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス
※川田と一緒で今年は脇役。仕上げと先行競馬が嵌れば3着目ありそう?
生産牧場 ケイアイファーム 産地 新ひだか町
レディアルバローザ【 55.0・笹 田・福 永 】
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 ワンフォーローズ  馬齢 5歳 母の父 Tejano Run
※技術は信用できないがヤラセなら日本一。ダービーまで黙ってろ!

生産牧場 協和牧場 産地 新冠町
キョウワジャンヌ 【 55.0・飯田明・柴田善 】
父 ハーツクライ    性別 牝 馬主 (有)協和牧場
母 アサカフジ     馬齢 4歳 母の父 Seeking The Gold
※太宰を降ろしてこの騎手なのが疑問。人気薄で馬券にさせるつもりかも?
生産牧場 大栄牧場 産地 新冠町
レインボーダリア 【 55.0・二ノ宮・石橋脩 】
父 ブライアンズタイム 性別 牝 馬主 田中由子
母 アローム      馬齢 5歳 母の父 ノーザンテースト
※天皇賞勝ちでここに出れるようになった騎手。下手に好走したらの大穴?

生産牧場 Hopewell Investments LLC & Nick Bentley 産地 米
エーシンハーバー 【 55.0・藤岡健・武 豊 】
父 Cozzene   性別 牝 馬主 (株)栄進堂
母 Echo Harbor    馬齢 4歳 母の父 Boston Harbor
※昔なら考えられない騎乗馬への配置。世代交代役で時期引退近し。

生産牧場 上村清志 産地 三石町
グランプリエンゼル【 55.0・矢 作・三 浦 】
父 アグネスデジタル  性別 牝 馬主 北側雅司
母 アンダンテ     馬齢 6歳 母の父 サンデーサイレンス
※関東版祐一。昨年4着馬も当時鞍上ウィリアムスなので今年は掲示板で奇跡?

生産牧場 信成牧場 産地 浦河町
チャームポット  【 55.0・南 井・柴 山 】
父 フジキセキ     性別 牝 馬主 タマモ(株)
母 ホットプレイ    馬齢 6歳 母の父 ノーザンテースト
※何でもできる元地方。ただし役目は地方重賞での大穴一発屋でなので?

生産牧場 シンコーファーム 産地 日高町
フミノイマージン 【 55.0・本 田・池 添 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牝 馬主 谷二
母 シンコウイマージン 馬齢 6歳 母の父 Dixieland Band
※どこで汚名を雪ぐかが怖い騎手。普通は最も勝ち負けしてはいけない騎手で?

繰り上がり馬----------------------------------
①アカンサス    【 55.0・畠山吉・--- 】福島牝馬3着②人気
②エアティアーモ  【 55.0・田 村・--- 】ダ京葉S11着⑧人気
③エーシンリターンズ【 55.0・坂口則・--- 】阪神牝馬4着⑨人気
④リトルダーリン  【 55.0・角 居・--- 】蓬莱峡特1着④人気

次への期待
人気に推される材料には色々あるが、次(将来)の期待ができる馬に勝る材料はない。
NHKマイルCで降着したマウントシャスタが負けてもダービーに登録するとの言葉に、“なぜ無傷のカレンブラックヒルと互角の人気に推されたのか”を思い知らされた感がある。マウントシャスタの場合、厩舎格、鞍上強化、背景面(牧場・馬主)、他の有力馬との未対戦による期待が絡んで人気に推されたが、何よりの材料は“次の目標がある=好走してダービーに向かう路線への期待”だと判断せざるを得ない。今さらながら、単勝で同率、複勝で僅かに劣るほどの人気になったのが不思議でならなかったからだ。

では、ヴィクトリアマイルにおける次への期待とは何か。それは“この後の安田記念を盛り上げられる牝馬は何か”ということになるだろう。
ただし、そう考えた場合、優勝候補に挙げられる馬が大幅に絞られてしまうことになる…
単純な格では、アパパネマルセリーナの両G1馬。これに準ずる実績馬のホエールキャプチャ。過去にマイル戦で牡馬と好戦実績のあるアプリコットフィズ…以上の4頭しか安田記念で期待できる馬にはなれないと推察されるからだ。
しかも、上記の中でアプリコットフィズは、たとえ安田記念に出ても勝ち目のない馬であることは鞍上からも推察できるため、実質アパパネ・マルセリーナ・ホエールキャプチャの3頭の優勝争いと思われる。
したがって、今年に関して穴馬を狙いたければ“次の期待は無視してここだけ全力で走る馬”に賭けるしかないことになる。

ここ全力なら
好調馬を取り上げるなら、アスカトップレディ、オールザットジャズ、フミノイマージン、マイネイサベルまで挙げることができるだろう。また近走勝ちなら、クィーンズバーン、ドナウブルーも“ここ全力”の候補に挙げることができる。
オールザットジャズは、前走福島牝馬Sで①人気優勝を果たし、厩舎の期待度からも人気の一角にも推される存在。クィーンズバーンに内田博が配される不思議を加味すれば、調教師の息子であっても有力馬のデキ次第ではまさかのアタマまであるかもしれない。
ドナウブルーは、前走初輸送競馬で-16kgの馬体減からの巻返しが問題。鞍上は最高も果たしてどこまで復調できるかの不安がある分で現時点では割り引かざるを得ない。
アスカトップレディフミノイマージンの2頭は、ともに勝ってはいないものの好走続きの馬。アスカが川須の2走目が活きれば面白い馬になれるのに対し、フミノは鞍上が池添になるのが大きな懸念。だが、どこかで“汚名雪ぎ”をやらかすとすれば強化とも受け取れる太宰からの鞍上変更は良いきっかけになるかもしれない。
マイネイサベルは、ドナウブルーとは逆で前走5着ながら馬体重+10kg増。きっちり仕上げて先行競馬が嵌ったなら勝つのは難しくても複勝の穴になれる馬である。

残念ながら、その他の残り7頭(アニメイトバイオ・エーシンハーバー・キョウワジャンヌ・グランプリエンゼル・スプリングサンダー・チャームポット・レインボーダリア)はいくらここ全力でも期待はできない。
それぞれの鞍上を見れば分かるように、すでに終わっている騎手か世代交代役、あるいは一仕事終えた騎手ばかりが配されているからだ。( その意味ではアプリコットフィズの鞍上も同じ…苦笑 )

★前予想 …↓↓↓
東京11R 第7回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
----------------------------------------------
1着◎…ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・横山典 】
2着○…アパパネ     【 55.0・国 枝・蛯 名 】
3着▲…マイネイサベル  【 55.0・水 野・松 岡 】
4着△…マルセリーナ   【 55.0・松田博・--- 】
5着△…ドナウブルー   【 55.0・石 坂・ウィリアムス 】

----------------------------------------------

◎…鞍上2走目で厩舎もここが勝負レースの可能性大で!
○…3冠牝馬でここ負けても次走好走できる可能性あるため!
▲…先行競馬と厩舎仕上げがここ全力であることに穴期待で!
△…本来◎・○の能力あるも鞍上未定が問題なので!
△…輸送2度目の経験と鞍上敵なしも馬体そのものが問題で!

★最終予想…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=17384

※どこかで誰かの参考となりますように… 読切感謝!m(--)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17回 NHKマイルカップ(G1) 結果コラム

消し馬馬券健在!(愕)≫

★前予想 …↓↓↓
東京11R 第17回 NHKマイルカップ(G1) 芝1600
----------------------------------------------
1着◎…カレンブラックヒル【 57.0・平 田・秋 山 】
2着○…マウントシャスタ 【 57.0・池 江・岩田康 】
3着▲…アルフレード   【 57.0・手 塚・ウィリアムス 】
4着△…セイクレットレーヴ【 57.0・田中清・横山典 】
----------------------------------------------

★最終予想…↓↓↓
東京11R 第17回 NHKマイルカップ(G1) 芝1600
----------------------------------------------
1着◎…カレンブラックヒル【 57.0・平 田・秋 山 】
2着○…マウントシャスタ 【 57.0・池 江・岩田康 】
3着▲…モンストール   【 57.0・尾 関・柴田善 】
4着△…セイクレットレーヴ【 57.0・田中清・横山典 】
 消し…アルフレード   【 57.0・手 塚・ウィリアムス 】
 消し…ジャスタウェイ  【 57.0・須貝尚・福 永 】
----------------------------------------------

★WIN5一点予想…↓↓↓
①12 ②15 ③ ④6 ⑤…(的中鞍2ケ…藤田信じた我が身の不徳)

☆レース結果…↓↓↓
東京11R 第17回 NHKマイルカップ(G1) 芝1600
----------------------------------------------
1着 ◎ 5番カレンブラックヒル【 57.0・平 田・秋 山 】
2着消し17番アルフレード   【 57.0・手 塚・ウィリアムス 】
3着??12番クラレント    【 57.0・橋 口・小牧太 】
4着??13番オリービン    【 57.0・橋 口・川 田 】
5着 △ 9番セイクレットレーヴ【 57.0・田中清・横山典 】
○ 失格8番マウントシャスタ 【 57.0・池 江・岩田康 】
▲ 惨敗4番モンストール   【 57.0・尾 関・柴田善 】
消し必敗14番ジャスタウェイ   【 57.0・須貝尚・福 永 】
----------------------------------------------

☆おめでとう平田先生!ご苦労さん秋山ちゃん!
騎手よりも調教師が報われたことの方が遥かに価値ある結果。G1未勝利厩舎と騎手が先手主張しては、誰も競りかけられなくて当然だから。
それでなくても、ダービーでグランデッツァに池添を乗せねばならなくなった( ワールドエースの福永祐一を勝たせるための布石 )ための結果なのが「玉に瑕」である。
それでも、「池添がグランデッツァでダービー2着の絵図」はまだ描けるのが厩舎にとっては救いかもしれない。
(ダービー2着になってオルフェ雪辱の絵図…ローズキングダムの後藤の再演!)

☆アルフレード2着でG1馬の面目躍如!
世界で通用する騎手が本物である証拠を見せて2着確保。
ただし、今回は2着に残したことよりも「岩田の前を空けなかった腕」の方が評価される内容。
それでも、「アイムユアーズのオークス勝ちがまだある手塚厩舎」なのでオークスでの騎乗が楽しみ。
(今回の岩田康失格でより有力になるかと!)

☆橋口先生には驚かされるばかり!
3・4着が橋口厩舎となったのには正直ビックリさせられた。
ただし、3着が重賞勝ち馬だったことには大いに納得したが、あそこまで2着馬に迫りながら差せない辺りが小牧太らしいことにも納得させられた。
それでも、全ては岩田康の失格のおかげなのは間違いないだろう。

☆馬主さんが可哀相!
「△」予想で5着は妥当な結果。
ただし、ホエールキャプチャでG1に何度もあと一歩届かない馬主さんには同情を禁じえない。
来週のヴィクトリアマイルで勝てれば良いのだが……?

☆岩田康失格…無念!
直線で前が塞がれたマウントシャスタ。やっと左前が空いたと思って突っ込んだ瞬間、予想外に脚が残っていたシゲルスダチの前をカット。馬同士が接触した後藤が見事に落馬したため完全に追うのを止めてしまった。これでは着外も仕方ない。
それより問題なのが、オークスでジェンティルドンナに騎乗できなくなること。
(桜花賞2・3着馬が俄然注目に!)

それとも、これが「ダービー祐一勝たせの布石」なのか…
必勝のオルフェーブルが消え、期待のマウントシャスタも消え、グランデッツァが池添騎乗という「池江厩舎には足を向けて寝られない調教師の息子」になり、ゴールドシップはすでにダービー勝ちのある内田博という状況。おまけに、皐月賞3着ディープブリランテが気性的に距離不安がある上に岩田康が失格明けになるのではとてもワールドエースには勝てそうもない。

とうとう一番見たくないことが現実になってきたのではと思えてならないNHKマイルCになった気が…
(それでも失格出しても京都新聞杯勝っちゃう厩舎なのがスゴすぎ!)


※どこかで誰かの参考となりますように…m(--)m読切感謝!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17回 NHKマイルカップ(G1) 予想コラム

≪手塚か平田か?≫

登録36頭。フルゲート18頭。サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 定量 1600m 芝・左

優先出走馬18頭 【 斤量・厩舎・騎手 】★一言

----------------------------------------------
ノーザンファーム 産地 安平町…4頭
アルフレード   【 57.0・手 塚・ウィリアムス 】
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 プリンセスカメリア 母の父 サンデーサイレンス
★ウィリアムス起用で勝負…それともオークスのアイムユアーズが勝負?
カレンブラックヒル【 57.0・平 田・秋 山 】
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬主 鈴木隆司
母 チャールストンハーバー  母の父 Grindstone
★無傷3連勝で人気必至…グランデッツァ降鞍の補填なら鉄板?
ガンジス     【 57.0・矢 作・藤岡佑 】
父 ネオユニヴァース  性別 牡 馬主 林正道
母 ジュメイラビーチ  母の父 Silver Deputy
★矢作2頭出し…ディープBがここに出てれば必勝なのだが?
マウントシャスタ 【 57.0・池 江・岩田康 】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 クロウキャニオン  母の父 フレンチデピュティ
★またも池江寿厩舎…牧場・馬主・鞍上強化と3拍子揃っており?

社台ファーム 産地 千歳市…2頭
ネオヴァンクル  【 57.0・音 無・北村友 】
父 フレンチデピュティ 性別 牡 馬主 小林仁幸
母 ユアライフスタイル 母の父 ティンバーカントリー
★家賃高すぎ…もう少し良い実績でないと?
オリービン    【 57.0・橋 口・川 田 】
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬主 吉田照哉
母 シャンクシー    母の父 Zilzal
★橋口2頭出し…鞍上弱化も経験値で補えれば3着目はあるかも?

(有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 浦河町
ジャスタウェイ  【 57.0・須貝尚・福 永 】
父 ハーツクライ    性別 牡 馬主 大和屋暁
母 シビル       母の父 Wild Again
★皐月賞優勝厩舎…騎手が人気馬でないと結果出せない?

不二牧場 産地 浦河町
ハナズゴール   【 55.0・加藤和・田 辺 】
父 オレハマッテルゼ  性別 牝 馬主 M.タバート
母 シャンハイジェル  母の父 シャンハイ
★チューリップ賞優勝馬…重賞勝ちも鞍上弱化と一頓挫あったのが?

(有)松田牧場 産地 浦河町
メジャーアスリート【 57.0・高木登・池 添 】
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬主 (株)G1レーシング
母 スプリンターキャット 母の父 Storm Cat
★前走大好走2着…今この騎手で馬券になるとはさすがに?

生産牧場 村下農場 産地 浦河町
モンストール   【 57.0・尾 関・柴田善 】
父 アドマイヤマックス  性別 牡 馬主 前田幸治
母 イソノスワロー    母の父 デヒア
★叩き3走目の激走あれば…天皇賞勝ったばかりの馬主でさすがに?

生産牧場 谷口牧場 産地 浦河町
レオアクティブ  【 57.0・杉 浦・蛯 名 】
父 アドマイヤムーン  性別 牡 馬主 田中博之
母 レオソレイユ    母の父 オペラハウス
★京王2Sの優勝馬…騎手移動から相手がセイクリットレーヴになるのが?

ダーレー・ジャパン・ファーム(有) 産地 日高町
サドンストーム  【 57.0・西 浦・勝 浦 】
父 ストーミングホーム 性別 牡 馬主 H.H.シェイク・ハムダン
母 ビールジャント   母の父 Green Desert
★殿下の気迫が通じるか…カレンブラックヒルの好走ありきなのが問題?

豊洋牧場 産地 日高町
シゲルスダチ   【 57.0・西 園・後 藤 】
父 クロフネ      性別 牡 馬主 森中蕃
母 エトレーヌ     母の父 ブライアンズタイム
★連勝の勢いあっても…1ハロン長いと思われるのに後藤では掲示板も?

シンコーファーム 産地 日高町
セイクレットレーヴ【 57.0・田中清・横山典 】
父 アドマイヤムーン  性別 牡 馬主 嶋田賢
母 エルメスティアラ  母の父 ブライアンズタイム
★前走完敗2着も要注意…昨年牝馬G1で悔しい思いした馬主・厩舎の一発?

下河辺牧場 産地 日高町
レオンビスティー 【 57.0・矢 作・内田博 】
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬主 備前島敏子
母 スパイシークラウン 母の父 Tabasco Cat
★矢作2頭出し…いくら内田博でもガンジス連対条件の3着目では?

ノースヒルズマネジメント 産地 新冠町…2頭
クラレント    【 57.0・橋 口・小 牧 】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 前田晋二
母 エリモピクシー   母の父 ダンシングブレーヴ
★橋口2頭出し…天皇賞勝ったばかりの牧場・馬主系ではさすがに?
ブライトライン  【 57.0・鮫 島・安藤勝 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 (株)ノースヒルズ
母 シェリーズスマイル 母の父 King of Kings
★安藤勝本気でも…天皇賞勝ったばかりの牧場・馬主系ではさすがに?

小泉牧場 産地 新冠町
マイネルロブスト 【 57.0・高橋裕・松 岡 】
父 ゼンノエルシド   性別 牡 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 コウエイベラドンナ 母の父 メジロライアン
★朝日杯2着馬…騎手・馬ともにアルフレードの好走ありきなのが問題?
----------------------------------------------
回避ゼロス 57.0
繰上り①マイネルアトラクト【 57.0・斎藤誠・---】
繰上り②マコトリヴァーサル【 57.0・須貝尚・---】
繰上り③+抽選15頭
アルキメデス    57.0 エネアド      57.0 キングオブロー   57.0
ゴールデンムーン  55.0 サトノギャラント  57.0 サトノジョリー   55.0
シンボリエンパイア 57.0 ニシノスタイル   57.0 ニンジャ      57.0
ヒカルマイソング  57.0 ヒシワイルド    57.0 ホーカーテンペスト 57.0
モズベラベラ    57.0 レーザーインパクト 57.0 ロードラディアント 57.0
----------------------------------------------

☆アルフレードに負けた馬多すぎ…
馬の調子はさておき、2才チャンピオンの同馬がここで人気になるのは仕方がない。
何しろ、朝日杯FSにおいて2・3・6・7・9着馬( マイネルロブスト・レオアクティブ・サドンストーム・クラレント・ネオヴァンクル )の優先出走5頭をすでに完敗させているからだ。
そこで問題になるのがアルフレードの取捨材料である。
まず鞍上が文句なしの強化乗り戻し( 朝日杯FS優勝時の騎手 )なのは心強い状況で、この時点で少なくとも上記5頭に遅れを取るとは考え難い。逆に、これで5頭の評価が落ちるのは間違いないのはありがたい。
また、ウィリアムス騎乗ということで相手馬が絞られるのもありがたい。何しろ、よっぽど馬に実力がないと腕で勝負できる騎手がいないからだ。
もちろん、いくらウィリアムスでもアルフレードの調子自体が悪ければ負けること充分ある。よって、同馬の勝ち負けは“調子のデキ次第”という未確定なものに懸かっているのである。
つまり、巻き返して勝つか、それとも前走が尾を引いて遅れを取るかのいずれかになる可能性が高いということで、鞍上だけで◎にするのは危険な存在と言える。

★NZトロフィー組なら…
無傷の3連勝中カレンブラックヒルがその能力からも筆頭であるのは間違いない。
何しろ、ゴールドシップも降ろされ、グランデッツァも池添に持っていかれた秋山が鞍上なのに無傷で勝っている一事だけでも如何に能力が抜けているかを証明しているからだ。
問題なのは、その秋山がちゃんと勝てる( 正確には勝たせてもらえる )のかだけ。
何しろ、今年同厩舎のエース的存在であるグランデッツァが事もあろうに池添を乗せることになったため、ここで勝てなければもう勝てる春G1レースがなくなってしまい、それではベッラレイアから秋山に馬を回し続けてきた平田厩舎ばかりがババを引かされる酷い仕打ちにしか思えないからだ。

競馬学校出である秋山が上手くないことは百も承知だが、それでも池添や祐一のように“親の縁故でG1ジョッキー面している者”よりも遥かに努力しているのは理解しているつもりである。
ベッラレイアのオークス時も、祐一に差されたのでは仕方なかったと思っている。何しろ、当時は厩舎も騎手も初のG1勝ちチャンスで、差したのが同期の祐一であったことで、“親の縁故が馬主にまで影響を与えている祐一が勝ったのは主催者の意図を汲んだもの”と理解できたからだ。
だが、今回は2度目のチャンスであり、いつも悔しい思いしかさせてない平田厩舎のためにも、また今後2度とないであろう自身のG1勝ちを果たすためにもここだけは絶対に好走=優勝しなければならないのは分かっているはず。
ここでも勝てないようなら“恩返しもできない騎手”という烙印が確定し、普通なら翌日から騎乗馬がなくなること必至になるだろう。腕もないのに馬を任せるほど世の中も馬主界も甘くはないからだ。

甘いのは主催者がマスコミ用に勝たせるためだけに乗せている祐一・池添・三浦だけ。これだったら武豊に全権委任していた頃の方が遥かにマシ。少なくともここ一番でしっかり勝つことはできる騎手だったから。今の3人は有力牝馬をことごとく潰す者、有力馬に先行競馬も教えられない者、祐一のマネでしか勝てないなどの“縁故野郎”…しかも四位・佐藤哲らとともに悪い意味での名言ばかり残している。先週は池添が『プロなら同じ失敗をしてはならない』とか言いながら、キッチリ同じ失敗したことで「私はプロじゃない」って証拠を晒したばかり。地方の方が数段レベルが高いことを自覚し、彼らこそ地方で腕を磨いてから騎乗して欲しいほど。恵まれた環境で残した結果など何の価値もないことを証明している面々ばかりで、しかもそれを甘やかすJRAって何様かと感じるばかり。頼むからまともな馬にはまともな騎手を乗せるように手配して欲しいものである。何しろ、もう騎手管理は調教師に選択権はないのだから!
( でなきゃ松田博が祐一に有力牝馬を2年続けて乗せる訳がない…長年馬を管理してきた者がそんなバカな騎手起用している時点で主催者の意図であることは明白。安藤勝で桜花賞勝っている調教師が祐一なんぞ起用するバカな発想する訳がないから! )

…と、逸れた話を元に戻して…

★前予想 ↓↓↓…
東京11R 第17回 NHKマイルカップ(G1) 芝1600
----------------------------------------------
1着◎…カレンブラックヒル【 57.0・平 田・秋 山 】
2着○…マウントシャスタ 【 57.0・池 江・岩田康 】
3着▲…アルフレード   【 57.0・手 塚・ウィリアムス 】
4着△…セイクレットレーヴ【 57.0・田中清・横山典 】

----------------------------------------------

◎は、上記の理由で負けられない状況と推察したから!
○は、池江厩舎の鞍上強化では好結果が期待できるから!
▲は、復調度合は未定も格的上位で鞍上一番だから!
△は、2ヵ月半ぶりの前走2着+コース経験ありで期待できるから!

★最終予想…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=17275

WIN5 一点予想…↓↓↓
①12 ②15 ③1 ④6 ⑤5

※どこかで誰かの参考となりますように!m(--)m読切感謝!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »