« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

第32回 ジャパンカップ(G1) 結果コラム

好勝負に水を挿す審議

前予想…↓↓↓
東京11R 第32回 ジャパンカップ(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
◎…オルフェーヴル  【 57.0・池 江・池 添 】
▲…ソレミア     【 55.0・仏 国・ペリエ 】
△…エイシンフラッシュ【 57.0・藤原英・ルメール 】
△…フェノーメノ   【 55.0・戸 田・蛯 名 】
△…ルーラーシップ  【 57.0・角 居・ウィリアムズ 】
★…ダークシャドウ  【 57.0・ 堀 ・ムーア 】
?…メイショウカンパク【 57.0・荒 川・内田博 】
?…ジェンティルドンナ【 53.0・石 坂・岩田康 】

----------------------------------------------
消…トーセンジョーダン【 57.0・池 江・スミヨン 】
消…ローズキングダム 【 57.0・橋 口・武 豊 】
消…オウケンブルースリ【 57.0・音 無・浜 中 】
消…ジャガーメイル  【 57.0・ 堀 ・ビュイック 】
消…ビートブラック  【 57.0・中 村・石橋脩 】
消…ジャッカルベリー 【 57.0・英 国・オドノヒュー 】
消…スリプトラ    【 57.0・英 国・カラン 】
消…レッドカドー   【 57.0・英 国・モッセ 】
消…マウントアトス  【 57.0・英 国・--- 】
----------------------------------------------

最終決断…↓↓↓
東京11R 第32回 ジャパンカップ(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
◎…18番オルフェーヴル  【 57.0・池 江・池 添 】
○…13番ルーラーシップ  【 57.0・角 居・ウィリアムズ 】
▲…4番フェノーメノ   【 55.0・戸 田・蛯 名 】
△…8番エイシンフラッシュ【 57.0・藤原英・ルメール 】
★…15番ジェンティルドンナ【 53.0・石 坂・岩田康 】

----------------------------------------------
消…1番ビートブラック  【 57.0・中 村・石橋脩 】
消…2番スリプトラ    【 57.0・英 国・カラン 】
消…3番ジャガーメイル  【 57.0・ 堀 ・ビュイック 】
消…5番マウントアトス  【 57.0・英 国・ムーア 】
消…6番レッドカドー   【 57.0・英 国・モッセ 】
消…7番メイショウカンパク【 57.0・荒 川・内田博 】
消…9番オウケンブルースリ【 57.0・音 無・浜 中 】
消…10番ダークシャドウ  【 57.0・ 堀 ・Mデムーロ 】
消…11番ジャッカルベリー 【 57.0・英 国・オドノヒュー 】
消…12番ローズキングダム 【 57.0・橋 口・武 豊 】
消…14番ソレミア     【 55.0・仏 国・ペリエ 】
消…16番トーセンジョーダン【 57.0・池 江・スミヨン 】
----------------------------------------------

レース結果…↓↓↓
東京11R 第32回 ジャパンカップ(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着★…15番ジェンティルドンナ【 53.0・石 坂・岩田康 】
2着◎…18番オルフェーヴル  【 57.0・池 江・池 添 】
3着○…13番ルーラーシップ  【 57.0・角 居・ウィリアムズ 】
4着消…10番ダークシャドウ  【 57.0・ 堀 ・Mデムーロ 】
5着▲…4番フェノーメノ   【 55.0・戸 田・蛯 名 】

----------------------------------------------
6着消…16番トーセンジョーダン【 57.0・池 江・スミヨン 】
7着消…1番ビートブラック  【 57.0・中 村・石橋脩 】
8着消…6番レッドカドー   【 57.0・英 国・モッセ 】
9着△…8番エイシンフラッシュ【 57.0・藤原英・ルメール 】
10着消…3番ジャガーメイル  【 57.0・ 堀 ・ビュイック 】
----------------------------------------------
11着消…11番ジャッカルベリー 【 57.0・英 国・オドノヒュー 】
12着消…5番マウントアトス  【 57.0・英 国・ムーア 】
13着消…14番ソレミア     【 55.0・仏 国・ペリエ 】
14着消…9番オウケンブルースリ【 57.0・音 無・浜 中 】
15着消…7番メイショウカンパク【 57.0・荒 川・内田博 】
16着消…12番ローズキングダム 【 57.0・橋 口・武 豊 】
17着消…2番スリプトラ    【 57.0・英 国・カラン 】
----------------------------------------------

1着…壁を縫った好騎乗でジェンティルドンナが戴冠!
外枠も何のその、軽量を活かして道中は内目3番手先行。
直線でビートブラックが壁になって外から寄れるオルフェーブルとの間に挟まれかけたものの、瞬時に手綱を操作して寄ってくるオルフェーブルを弾いてコースを確保すると2頭の叩き合いを制して優勝するという誰が見ても全くケチの付けられない見事な岩田康の好騎乗。
53kgの軽量、究極の仕上げ、騎手の腕の全てがハマったのも確かだし、オルフェーブルが好走後の帰国レースで100%のデキではなかったことも幸いしたが、それでも古馬初対戦の3才牝馬が外から被せられながら3冠牡馬を弾き飛ばして競り合いを制するのはお見事の一語。

惜しむらくは、下らない審議で優勝ジョッキーインタビューが気まずい雰囲気になったこと。

その後、岩田康の騎乗が強引だったとして「2日間の騎乗停止」…
今回の審議で誰の記憶にも「行き過ぎる主催者の競馬学校出優遇措置」が完全に認識されただろう!
【どこが岩田の騎乗が強引?…オルフェの内寄れの方が遥かに汚い!】

2着…馬のローテと騎手の差がモロに出たオルフェーブル!
凱旋門賞でスミヨンが行った外捲り競馬をきちんと踏襲した池添だったが、外から被せたにも関わらずジェンティルドンナと鞍上の気迫に屈して2着になってしまった…

はっきり言わせてもらうが、今回の敗戦は、馬の体調を万全で出せない可能性が高いのにスミヨンを降ろして池添を起用した調教師を管理する主催者にある。
それでも池添は本当によく頑張った方だが、騎手が“アスリート”であるからには馬を勝たせる騎手の腕には自然と差が出てしまう。たしかに斤量差とローテ上の仕上げの差はあったものの、最後の直線で外から被せていながら弾かれて競り負けるのはあきらかに騎手技量を超えた「馬を勝たせる騎手の腕」で劣っている証拠。

『オルフェーブルを一番上手く乗れるのは自分』などともう二度と口にして欲しくない…彼以上にオルフェーブルを上手く乗れる騎手など競馬学校でも優に10人はいるのだから!

いずれにしても繰上り優勝しなくて本当に良かった…
「不可解な審議でも勝てば良い」という気持ちになってもらっては「騎手・池添」にとって救いようがなかったから!
でも池添はよく頑張ったと思う…あとは下手に無念を口にしないで有馬記念で悔しさを晴らせば良い。もうジェンティルドンナは出ないだろうし、外人騎手も減るだろうから!(引き続き乗せてもらえれば良いけど…)

3着…懸念がモロに出たルーラーシップ!
スタートで一完歩の出遅れ。結局これが1・2着との着差につながってしまった格好。
しかしながら、同馬は前走・前々走で外人騎手が乗っても出遅れ癖が付いてしまっているので今回の出遅れ3着も止むを得ないことだろう。
【一体誰が同馬に出遅れ癖を付けたのか…過去の騎乗者が如何に同馬の能力をムダにしていたか大いに納得できるはず!】

4着…達人が結果を出したダークシャドウ!
ムーアでも同等のレースはできたかもしれないが、それでもG3級牝馬に札幌記念で足をすくわれた騎手を降ろしたことは大正解。
ただし、さすがに今回はムーアを外国馬に回したこともあって馬券には届かなかった。

しかしながら、同馬の能力の高さなら今回の少差4着くらいは何の不思議もない事象であり、今年未勝利なのも全ては過去同馬に騎乗して悪癖を付けさせた者の責任である。

5着…結果、秋天が最高仕上げだったフェノーメノ!
それでも5着掲示板確保なら上出来。何より、競馬学校出ジョッキーがG1未勝利馬でジャパンCを勝ち負けしては騎手レベル的にも不可解だったろう。
【厩舎も騎手もよく頑張った…スミヨンに先着しただけでも上出来と思うべし!】

9着…こちらも秋天が最高仕上げだったエイシンフラッシュ!
今回はルメールがババを引かされた格好となってしまったが、そもそも内田博を降ろして勝ってしまった秋天が最高潮だったということだろう。
【それでも競馬学校出じゃない内田博の技量に見合わない扱いよりは遥かにマシだが…有馬記念での再好走を期待してやまない!】

※第2の武豊になり損ね?
「お知らせ致します。最後の直線において“17番オルフェーブルの進路が狭くなった件”にて審議を致します・・・」…地上波放送の解説者が一目見て呟いた「逆だろ」の声を何百万人も聞いたはず。
誰が見たって『不利を受けているのはジェンティルドンナの方!』と思ったはずで、『一体どの馬を審議対象にしているのか?』と、一昨年に続く奇怪な審議にまたしても不快な気持ちになってしまった。
幸いにもジェンティルドンナ(岩田康)は降着にならずに済んだが、岩田康が強引な競馬ということで2日間の騎乗停止になってしまったのには唖然とさせられた。
【岩田康ではなく池添の内寄れを問責すべき!】

一昨年、脚色が完全に劣っていたにも関わらずスミヨンを降着にして武豊を繰り上げ優勝させたばかりだというのに、今年も危うく池添を繰り上げようと模索したことは一目瞭然。

そんなことをしてまで競馬学校を優遇しても何にもならない。競馬学校出だからゴネ得できるという悪癖が生じるだけで却って騎手技量が一層低下するばかりだろう。
【そんなに元地方騎手に勝たれるのがイヤだったら中央転入制度など撤廃すれば良いし、外人の短期免許制度を撤廃すれば良い…その方がまだ世界の凄さに触れない分スッキリする!】

誰が見てもおかしな審議に折角の好レースが台無しになってしまったのが残念でならない…(怒)

※疲れました…
岩田康の騎乗停止が明けるまで当ブログの競馬予想をお休みしたいと思います。(疲)
1週間のご無沙汰ですが…(苦笑)

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第32回 ジャパンカップ(G1) 予想コラム

池添が勝って泣くのは今回!

サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 2400m 芝・左

馬名 【 斤量・厩舎・騎手 】
社台系生産馬----------------------------------
オルフェーヴル  【 57.0・池 江・池 添 】凱旋門賞2着
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 オリエンタルアート  馬齢 4歳 母の父 メジロマックイーン 母の母 エレクトロアート
生年月日 2008年5月14日  生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  毛色 栗毛  産地 白老町

フェノーメノ   【 55.0・戸 田・蛯 名 】天皇賞秋2着
父 ステイゴールド   性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ディラローシェ  馬齢 3歳 母の父 Danehill 母の母 Sea Port
生年月日 2009年4月20日  生産牧場 追分ファーム  毛色 青鹿毛 産地 平取町

ジェンティルドンナ【 53.0・石 坂・岩田康 】秋華賞1着
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ドナブリーニ  馬齢 3歳 母の父 Bertolini 母の母 Cal Norma'S Lady
生年月日 2009年2月20日  生産牧場 ノーザンファーム  毛色 鹿毛  産地 安平町
ルーラーシップ  【 57.0・角 居・ウィリアムズ 】天皇賞秋3着
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 エアグルーヴ  馬齢 5歳 母の父 トニービン 母の母 ダイナカール
生年月日 2007年5月15日  生産牧場 ノーザンファーム  毛色 鹿毛  産地 安平町
ローズキングダム 【 57.0・橋 口・武 豊 】京都大賞典6着
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ローズバド  馬齢 5歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 ロゼカラー
生年月日 2007年5月10日  生産牧場 ノーザンファーム  毛色 黒鹿毛 産地 安平町

トーセンジョーダン【 57.0・池 江・スミヨン 】天皇賞秋13着
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 島川隆哉
母 エヴリウィスパー  馬齢 6歳 母の父 ノーザンテースト 母の母 クラフテイワイフ
生年月日 2006年2月4日  生産牧場 ノーザンファーム  毛色 鹿毛  産地 早来町
オウケンブルースリ【 57.0・音 無・浜 中 】アルゼンチン共国杯7着
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 福井明
母 シルバージョイ  馬齢 7歳 母の父 Silver Deputy 母の母 Joy of Myrtlewood
生年月日 2005年2月24日  生産牧場 ノーザンファーム  毛色 栗毛  産地 早来町

エイシンフラッシュ【 57.0・藤原英・ルメール 】天皇賞秋1着
父 King'S Best   性別 牡 馬主 平井豊光
母 ムーンレディ  馬齢 5歳 母の父 Platini 母の母 Midnight Fever
生年月日 2007年3月27日  生産牧場 社台ファーム  毛色 黒鹿毛 産地 千歳市
ダークシャドウ  【 57.0・ 堀 ・ムーア 】天皇賞秋4着
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 飯塚知一
母 マチカネハツシマダ  馬齢 5歳 母の父 Private Account 母の母 Yousefia
生年月日 2007年2月17日  生産牧場 社台ファーム  毛色 栗毛  産地 千歳市

その他生産馬----------------------------------
ジャガーメイル  【 57.0・ 堀 ・ビュイック 】天皇賞秋7着
父 ジャングルポケット 性別 牡 馬主 吉田和美
母 ハヤベニコマチ  馬齢 8歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 ターンツーダイナ
生年月日 2004年5月8日  生産牧場 アイオイファーム  毛色 鹿毛  産地 浦河町
ビートブラック  【 57.0・中 村・石橋脩 】アルゼンチン共国杯4着
父 ミスキャスト    性別 牡 馬主 前田幸治
母 アラームコール  馬齢 5歳 母の父 ブライアンズタイム 母の母 インワンズジョイ
生年月日 2007年5月23日  生産牧場 ノースヒルズマネジメント  毛色 青毛  産地 新冠町
メイショウカンパク【 57.0・荒 川・内田博 】京都大賞典1着
父 グラスワンダー   性別 牡 馬主 松本好雄
母 ダンシングハピネス  馬齢 5歳 母の父 ダンスインザダーク 母の母 メイショウサチカゼ
生年月日 2007年5月15日  生産牧場 三嶋牧場  毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
----------------------------------------------
地方馬、外国馬
----------------------------------------------
ジャッカルベリー【 57.0・英 国・オドノヒュー 】
スリプトラ   【 57.0・英 国・カラン 】
ソレミア    【 55.0・仏 国・ペリエ 】
マウントアトス 【 57.0・英 国・--- 】
レッドカドー  【 57.0・英 国・モッセ 】
----------------------------------------------

※勝つべき存在…
いくら凱旋門賞を勝ち損ねたとは言えども、圧倒的な技量を持つスミヨンをわざわざ降ろして臨むからには、どんなにフェノーメノが強かろうとも、どんなにジェンティルドンナが女傑であろうとも、たとえ外国馬にフランケルがいたとしてもオルフェーブルは負けてはならない。
もしも今回の池添戻しで負けるようなことになると、日本人が騎手技量で低レベルを晒すのはもちろんのこと、敢えて未熟者を起用した調教師の立場とそれを許した管理者たる主催者の面子すらもぶっ潰すことになるだろう。
はっきり言わせてもらうが、オルフェーブルが天皇賞春で惨敗した原因は「阪神大賞典において騎手技量を省みずに余計な先行策指示を与えた管理者の浅慮」にある。
【まさか主戦ジョッキーが単に馬に掴まっていただけとは想像外だったろうが…(同情)】
これが分かっていながら今回池添に戻すからには相手がどんな馬でも勝てる自信があってのこと。
よって、現時点でもオルフェーブルの1着固定は動かせないと推察できる。
【凱旋門賞斜行惜敗の無念を晴らし、かつ、表面上だけでも日本人騎手は言われるほど未熟ではないこと、日本産駒の高い能力値を証明するためにも優勝することが命題…おそらく池添のプレッシャーは過去の中央騎手史上において最も大きいものとなるはず!(ある意味可哀相だが勝って責任果たせば評価向上は間違いなし…ポジティブシンキングで臨んで欲しい!)】
したがって、今年のジャパンカップの図式は「オルフェーブルの2・3着馬は何か…」となるだろう…

※相手は限定…
本質ジャパンカップにおける外国馬は“どれも未知数”と考えるのが正着である。何しろデータと呼ぶには個々の材料が乏しすぎるため、大方は“どんな大レースを勝っているか、もしくは同じレースを使っているか”に頼るしかないからだ。
その点今年の場合、英国4頭と仏国1頭という偏った欧州馬の参戦しかないのは予想側にとっても幸いと言えるだろう。なぜなら誰が考えても凱旋門賞馬ソレミアが抜けた存在と判断できるからだ。
しかも同馬の鞍上はペリエ騎手であり、日本競馬の熟知度においても他の騎手をリードしている強みも持っている。
よって、現時点で外国馬で勝負になる馬はソレミアだけと推測できるだろう。

問題は他の日本馬の取捨である。
ここで注意したいのは、過去のジャパンカップ結果にまで遡ってしまうとイヤでも相手候補が広がってしまうこと。
正直な話、現状のローズキングダムやオウケンブルースリがここで好走するようでは「ジャパンカップというレースの重み(価値)が軽くなる」と言っても過言ではない。
何より、少なくとも今の両馬が好走するくらいならメイショウカンパクの好走も必至となり、引いては「前走池添騎乗の馬が2頭も好走する」という世界レベルの騎手から見れば“苦笑もの”の結果が起こることになる。
【別に起こっても不思議ではないが(ちょっとやり過ぎかと)…でも昨年ジャガーメイルが四位で3着になる大奇跡も起きているので“複勝なら何でもあり”となるのが予想側として困るところかも…何せ今回のメイショウカンパクは四位ではなく内田博なのだから。ウチパクなら実力で奇跡を起こしても不思議はない…かも(苦笑)】

前予想…↓↓↓
東京11R 第32回 ジャパンカップ(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
◎…オルフェーヴル  【 57.0・池 江・池 添 】
▲…ソレミア     【 55.0・仏 国・ペリエ 】
△…エイシンフラッシュ【 57.0・藤原英・ルメール 】
△…フェノーメノ   【 55.0・戸 田・蛯 名 】
△…ルーラーシップ  【 57.0・角 居・ウィリアムズ 】
★…ダークシャドウ  【 57.0・ 堀 ・ムーア 】
?…メイショウカンパク【 57.0・荒 川・内田博 】
?…ジェンティルドンナ【 53.0・石 坂・岩田康 】

----------------------------------------------
消…トーセンジョーダン【 57.0・池 江・スミヨン 】
いくらスミヨンでも馬の状態がイマイチなので…
消…ローズキングダム 【 57.0・橋 口・武 豊 】
現状では通用しない相手レベルなので…
消…オウケンブルースリ【 57.0・音 無・浜 中 】
現状では通用しない相手レベルなので…
消…ジャガーメイル  【 57.0・ 堀 ・ビュイック 】
同馬の好走=ダークシャドウ好走必至となるので…
消…ビートブラック  【 57.0・中 村・石橋脩 】
何より騎手レベルで相手にならない!
消…ジャッカルベリー 【 57.0・英 国・オドノヒュー 】
好走する材料に欠けると推察!
消…スリプトラ    【 57.0・英 国・カラン 】
好走する材料に欠けると推察!
消…レッドカドー   【 57.0・英 国・モッセ 】
好走する材料に欠けると推察!
消…マウントアトス  【 57.0・英 国・--- 】
好走する材料に欠けると推察!
----------------------------------------------

◎…勝つべき存在。(今度は同馬のホームタウン)
▲…凱旋門賞馬はピーク過ぎての参戦となるのが不安点。
△…ルメールなら騎変不安は少ないものの秋天は運も味方したので。
△…秋天組の代表もG1未勝利馬の日本人騎手というのが不安点。
△…鞍上不安は少ないが秋天2頭の先着馬がいるので。
★…最強の鞍上強化も距離面の裏付けに欠けるので。
?…上り馬で鞍上強化は魅力も複穴限界と思えるので。
?…魅力一番も古馬初対戦の上に物差し不足なので。

おそらく馬柱の勝ち負けだけ考えれば「オルフェーヴルvsソレミア」と思うのが大半ではないだろうか?
果たして一騎打ちという結果になるか否か…とりあえず騎手レベルの比較から診ると“外人騎手は最低1人は馬券にくる可能性大”とだけは断言できるかも!?
【頑張って欲しいなぁ、腕のある日本人騎手に…】

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=19896

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) 結果コラム

西園上位の読み正解も…

前予想…↓↓↓
京都11R 第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) 芝1600m
----------------------------------------------
◎…ファイナルフォーム( 56.0・ 堀 ・ルメール )
○…ドナウブルー   ( 55.0・石 坂・スミヨン )
▲…グランプリボス  ( 57.0・矢 作・内田博 )
△…リアルインパクト ( 57.0・ 堀 ・ムーア )
★…ストロングリターン( 57.0・ 堀 ・ゆーいち )
☆…レオアクティブ  ( 56.0・杉 浦・横山典 )

----------------------------------------------
?…シルポート    ( 57.0・西 園・川 田 )
?…サダムパテック  ( 57.0・西 園・武 豊 )
?…コスモセンサー  ( 57.0・西 園・和 田 )
?…アイムユアーズ  ( 54.0・手 塚・メンディザバル )
?…マルセリーナ   ( 55.0・松田博・Mデムーロ )
?…フィフスペトル  ( 57.0・加藤征・岩田康 )
?…エイシンアポロン ( 57.0・松永昌・池 添 )
?…ガルボ      ( 57.0・清水英・石橋脩 )
----------------------------------------------
消…サンカルロ    ( 57.0・大久洋・吉田豊 )
消…フラガラッハ   ( 57.0・松永幹・高 倉 )
消…ダノンヨーヨー  ( 57.0・音 無・浜 中 )
消…テイエムアンコール( 57.0・柴田見・熊 沢 )
----------------------------------------------

最終決断…↓↓↓
京都11R 第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) 芝1600m
----------------------------------------------
◎…12番シルポート    ( 57.0・西 園・川 田 )
○…11番ファイナルフォーム( 56.0・ 堀 ・ルメール )
▲…5番コスモセンサー  ( 57.0・西 園・和 田 )
△…17番ドナウブルー   ( 55.0・石 坂・スミヨン )
★…10番リアルインパクト ( 57.0・ 堀 ・ムーア )

----------------------------------------------
?…1番サダムパテック  ( 57.0・西 園・武 豊 )
消…2番サンカルロ    ( 57.0・大久洋・吉田豊 )
消…3番テイエムアンコール( 57.0・柴田見・熊 沢 )
?…4番ダノンシャーク  ( 57.0・大久龍・浜 中 )
?…6番レオアクティブ  ( 56.0・杉 浦・横山典 )
消…7番グランプリボス  ( 57.0・矢 作・内田博 )
消…8番エイシンアポロン ( 57.0・松永昌・池 添 )
?…9番ガルボ      ( 57.0・清水英・石橋脩 )
?…13番ストロングリターン( 57.0・ 堀 ・ゆーいち )
?…14番フィフスペトル  ( 57.0・加藤征・岩田康 )
?…15番アイムユアーズ  ( 54.0・手 塚・四 位 )
?…16番マルセリーナ   ( 55.0・松田博・Mデムーロ )
消…18番フラガラッハ   ( 57.0・松永幹・高 倉 )
----------------------------------------------

レース結果…↓↓↓
京都11R 第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) 芝1600m
----------------------------------------------
1着?…1番サダムパテック  ( 57.0・西 園・武 豊 )
2着消…7番グランプリボス  ( 57.0・矢 作・内田博 )
3着△…17番ドナウブルー   ( 55.0・石 坂・スミヨン )
4着◎…12番シルポート    ( 57.0・西 園・川 田 )
5着★…10番リアルインパクト ( 57.0・ 堀 ・ムーア )

----------------------------------------------
6着?…4番ダノンシャーク  ( 57.0・大久龍・浜 中 )
7着消…2番サンカルロ    ( 57.0・大久洋・吉田豊 )
8着?…13番ストロングリターン( 57.0・ 堀 ・ゆーいち )
9着▲…5番コスモセンサー  ( 57.0・西 園・和 田 )
10着?…15番アイムユアーズ  ( 54.0・手 塚・四 位 )
11着?…16番マルセリーナ   ( 55.0・松田博・Mデムーロ )
12着○…11番ファイナルフォーム( 56.0・ 堀 ・ルメール )
13着?…14番フィフスペトル  ( 57.0・加藤征・岩田康 )
14着消…8番エイシンアポロン ( 57.0・松永昌・池 添 )
15着?…6番レオアクティブ  ( 56.0・杉 浦・横山典 )
16着?…9番ガルボ      ( 57.0・清水英・石橋脩 )
17着消…18番フラガラッハ   ( 57.0・松永幹・高 倉 )
18着消…3番テイエムアンコール( 57.0・柴田見・熊 沢 )
----------------------------------------------

1着…好枠、同厩馬を利して武豊がごちそうさま!
シルポートの逃げとコスモセンサーの先行を目標に、好位で脚を矯めたサダムパテックが優勝。
馬群を割った時に横に玉突き状態を生じてしまったが、今回はジャパンCのローズキングダムや秋天のウオッカのような判定に疑問の余地を挟むほどの事態ではなかったと見えたのでその意味では立派な優勝と言えるだろう。
ただ一言、今回はサダムパテックの優勝というよりも武豊の久しぶりのG1優勝というのが正しい観点だと思えてならないが…

私的には、春の安田記念が福永ゆーいちで、今回が武豊というのが“奇しくも”と言いたくなるくらい。差し馬ということで西園厩舎馬で一番下に見てしまった予想の甘さを悔むばかりである。
【「競馬学校出騎手が勝つなら日本人騎手がもう一人絡むはず」と読んだことが当たったのが救い。(騎手技量の観点では救いではないが…)】

2着…弾かれてもグランプリボスが2着確保!
好調さと騎手技量が一番纏まっていたグランプリボスが不利を受けても2着確保。結局、①人気を背負った技量まともな騎手がちゃんと結果を残すことに…
【厩舎視点ならもしも1・2着の騎手が逆だったら繰上り判定あったかも?(苦笑)】

3着…やはり外枠が響いたドナウブルー!
早くないペースで直線が横一線になったのも同馬には不利に働いた。それでもスミヨンでなければ3着に残れなかったのは間違いないので馬の地力と共に騎手技量のおかげと言える。

4着…『小牧だったら…』が惜しまれるシルポート!
『小牧が乗ってこのペースだったら』と惜しまれてならない。
ただし、『小牧が乗ってたら番手の池添と和田がペースを上げに行っただろう』とも思えるだけに今回の4着は健闘と言える。
【川田がもう0.5秒早目に飛ばせていたら…折り合い逃げになったのが残念…】

5着…番手マークも一息伸びなかったリアルインパクト!
私的には、『ムーアが本気で仕掛けていたら…』の一語。それもこれも全ての元凶は安田記念で会見拒否をした厩舎馬であったとしか思えない…
【怒っちゃダメでしょ堀センセー…ゆーいちを起用するから平場で勝星伸ばせているのも事実なのだから。ヤラセだろうけど!】

12着…全くやる気なかったルメールの騎乗ぶり
ルメールが本気で乗って福永ゆーいちより後ろの着順になる訳がない…これは周知のことだが、今回は同厩馬の2頭が5・8着と先着したことで、却ってルメールが全くやる気じゃなかったことを証明した格好となった。
【ルメールが福永ゆーいちの引き出し役だったとは…読みきれなかった我が身の不徳】

14着…一瞬ビビらされたエイシンアポロンの番手競馬!
来週は死んでも勝たねばならないレースが控えている池添ちゃんが番手で直線に入ってきた時、『まさかここでやる気じゃないだろうな…』と一瞬ビビってしまった。(苦笑)
ただし、やはり池添ちゃんはちゃんとバランスを分かっている騎手らしく、そこからちゃんと馬を後退させてこの着順に収まってくれたことに胸を撫で下ろした…
【ジャパンCを勝たせてやるのだからこんなハズっぱなレースで見せ場作ってみんなをビビらせないで。池添ちゃん!】

※①人気の内田博が2着確保して無難な結果に…
「一流外人騎手がいるのに競馬学校の騎手が絡むと穴になる」…今回の武豊の優勝で、如何に競馬学校出の騎手がその未熟技量で勝星を稼がせてもらっているのが顕著に現れたと言える。
今年の古馬マイルG1は、ヤラセリーディングジョッキーで若手の成長を妨げるだけの存在としか思えない福永ゆーいちが春の安田記念を優勝し、今回は格上の秋天からの参戦とはいえサダムパテックが干され武豊で優勝し、“やはり何度も出れる古馬G1など本当のG1じゃない”というのが却って証明されたと言える。
【感動はもとより、何の感情も湧かないマイルCSだったと感じているのは私だけではないだろう】

調教師も騎手も主催者の管理下に置かれて“がんじがらめ”になっている中央競馬…『こんな体制の中から天才騎手など生まれてこない』とだけは断言できるだろう!
【川田、松岡、浜中、国分恭、川須、田辺やその他関係者の息子でない騎手たち…何とか結果を出して少しでも見る側の心を揺さぶる競馬を見せてくれい!】

とりあえず、来週のジャパンCで池添ちゃんはきちんとオルフェーブルで優勝してくれないと困ります…私が主催者なら、負けたら即座に四位の立場に追いやるでしょう!(マジで)

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) 予想コラム

その他生産馬の一角崩し成れば…

登録22頭。サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 1600m 芝・右 外

馬名 ( 斤量・厩舎・騎手 )
社台系生産馬----------------------------------
アイムユアーズ  ( 54.0・手 塚・メンディザバル )
父 ファルブラヴ    性別 牝 馬主 ユアストーリー
母 セシルブルース  馬齢 3歳 母の父 エルコンドルパサー 母の母 セシルカット
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
ドナウブルー   ( 55.0・石 坂・スミヨン )
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ドナブリーニ  馬齢 4歳 母の父 Bertolini 母の母 Cal Norma'S Lady
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町

ファイナルフォーム( 56.0・ 堀 ・ルメール )
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 ファイナルデスティネーション  馬齢 3歳 母の父 O'Reilly 母の母 Logical Lady
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
マルセリーナ   ( 55.0・松田博・Mデムーロ )
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 マルバイユ  馬齢 4歳 母の父 Marju 母の母 Hambye
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
サンカルロ    ( 57.0・大久洋・吉田豊 )
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 (有)社台レースホース
母 ディーバ  馬齢 6歳 母の父 Crafty Prospector 母の母 ミスセクレト
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町

リアルインパクト ( 57.0・ 堀 ・ムーア )
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 トキオリアリティー  馬齢 4歳 母の父 Meadowlake 母の母 What A Reality
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
フィフスペトル  ( 57.0・加藤征・岩田康 )
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 ライラックレーン  馬齢 6歳 母の父 Bahri 母の母 Lilac Garden
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
フラガラッハ   ( 57.0・松永幹・高 倉 )
父 デュランダル    性別 牡 馬主 (有)キャロットファーム
母 スキッフル  馬齢 5歳 母の父 トニービン 母の母 ザスキート
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町

グランプリボス  ( 57.0・矢 作・内田博 )
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬主 (株)グランプリ
母 ロージーミスト  馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 ビューティフルベーシック
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
ストロングリターン( 57.0・ 堀 ・ゆーいち )
父 シンボリクリスエス 性別 牡 馬主 吉田照哉
母 コートアウト  馬齢 6歳 母の父 Smart Strike 母の母 Azhaar
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
サダムパテック  ( 57.0・西 園・武 豊 )
父 フジキセキ     性別 牡 馬主 大西定
母 サマーナイトシティ  馬齢 4歳 母の父 エリシオ 母の母 ダイアモンドシティ
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
ダノンヨーヨー  ( 57.0・音 無・浜 中 )
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 フローラルグリーン  馬齢 6歳 母の父 フォーティナイナー 母の母 フローラルマジック
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町

その他生産馬----------------------------------
エイシンアポロン ( 57.0・松永昌・池 添 )
父 Giant'S Causeway 性別 牡 馬主 平井豊光
母 Silk and Scarlet  馬齢 5歳 母の父 Sadler'S Wells 母の母 Danilova
生産牧場 Silk and Scarlet Syndicate  産地 米
ガルボ      ( 57.0・清水英・石橋脩 )
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬主 石川一義
母 ヤマトダマシイ  馬齢 5歳 母の父 ジェネラス 母の母 ハハゴゼン
生産牧場 高村伸一  産地 様似町
コスモセンサー  ( 57.0・西 園・和 田 )
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 ケイアイバラード  馬齢 5歳 母の父 リヴリア 母の母 ハナサキメグロ
生産牧場 川越ファーム  産地 浦河町
シルポート    ( 57.0・西 園・川 田 )
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬主 河崎五市
母 スペランツァ  馬齢 7歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 フジャブ
生産牧場 タイヘイ牧場  産地 静内町
テイエムアンコール( 57.0・柴田見・熊 沢 )
父 オペラハウス    性別 牡 馬主 竹園正繼
母 スナークサクセス  馬齢 8歳 母の父 ブライアンズタイム 母の母 ニジンスキーセンチメント
生産牧場 坂本牧場  産地 三石町
レオアクティブ  ( 56.0・杉 浦・横山典 )
父 アドマイヤムーン  性別 牡 馬主 田中博之
母 レオソレイユ  馬齢 3歳 母の父 オペラハウス 母の母 ホマレノプリンセス
生産牧場 谷口牧場  産地 浦河町

回避・抽選・除外対象・繰上り順----------------
①ダノンシャーク  ( 57.0・大久龍・--- ) 
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (株)ダノックス
母 カーラパワー  馬齢 4歳 母の父 Caerleon 母の母 Jabali
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町
②クラレント    ( 56.0・橋 口・--- )
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬主 前田晋二
母 エリモピクシー  馬齢 3歳 母の父 ダンシングブレーヴ 母の母 エリモシユーテング
生産牧場 ノースヒルズマネジメント  産地 新冠町
③ハナズゴール   ( 54.0・加藤和・--- ) 
父 オレハマッテルゼ  性別 牝 馬主 M.タバート
母 シャンハイジェル  馬齢 3歳 母の父 シャンハイ 母の母 ロイヤルジェリー
生産牧場 不二牧場  産地 浦河町
④アドマイヤセプター( 55.0・橋 田・--- )
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 近藤利一
母 アドマイヤグルーヴ  馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 エアグルーヴ
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
----------------------------------------------

カレンブラックヒルがいれば……おそらく翌週行われるジャパンCのオルフェーブルと同じく“1着確定馬”になったと思われるところ。だが、同馬の不在で今年も混戦模様となっているのがパッと見にも面白いところとなっている。

ただし、混戦と思われる中でも唯一“必至”と断言できる事柄もある…
それが、「その他生産馬が馬券に成れば穴確定」ということ!

それでも馬の能力や過去実績なら左程見劣りする馬たちではない。
昨年の勝ち馬であるエイシンアポロン、ひと叩きして臨戦する富士S②人気のガルボ、富士S①人気で鞍上強化で巻返しを狙うコスモセンサー、川田への騎変でより楽な単騎逃げが目論めるシルポート、①人気に推されたスワンSではチグハグな競馬となったがハマると怖い追い込み馬レオアクティブと、展開面でも逃げから追い込みまで斑なく配置されているだけに一見するといくらでもチャンスがありそうに思える。
だが、ただでさえ社台系生産馬が大勢を占めている中、予定騎手全員が競馬学校出なのは大きな不利と言わざるを得ない。何しろ(周知のように)、勝たねば仕事にあぶれる厳しい環境で名声を得ている外人騎手たちとは「馬を勝たせる技術において圧倒的に劣っている現実」があるからにはとても食い込みを期待することは出来ないからだ。
したがって、現時点でも“その他生産馬が馬券(3着以内)に入れば穴確定”とだけは断言できるはず。
【裏返せば、その他生産馬の食い込みで穴馬券期待ができるということ…穴党は是非コレら5頭を狙うべきかと…(ガルボは石橋脩なのでほぼ買う必要なく実質4頭)】

前予想…↓↓↓
京都11R 第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) 芝1600m
----------------------------------------------
◎…ファイナルフォーム( 56.0・ 堀 ・ルメール )
○…ドナウブルー   ( 55.0・石 坂・スミヨン )
▲…グランプリボス  ( 57.0・矢 作・内田博 )
△…リアルインパクト ( 57.0・ 堀 ・ムーア )
★…ストロングリターン( 57.0・ 堀 ・ゆーいち )
☆…レオアクティブ  ( 56.0・杉 浦・横山典 )

----------------------------------------------
?…シルポート    ( 57.0・西 園・川 田 )
?…コスモセンサー  ( 57.0・西 園・和 田 )
?…エイシンアポロン ( 57.0・松永昌・池 添 )
?…ガルボ      ( 57.0・清水英・石橋脩 )
?…サダムパテック  ( 57.0・西 園・武 豊 )
?…アイムユアーズ  ( 54.0・手 塚・メンディザバル )
?…マルセリーナ   ( 55.0・松田博・Mデムーロ )
?…フィフスペトル  ( 57.0・加藤征・岩田康 )
?…エイシンアポロン ( 57.0・松永昌・池 添 )

----------------------------------------------
消し馬…
サンカルロ    ( 57.0・大久洋・吉田豊 )
フラガラッハ   ( 57.0・松永幹・高 倉 )
ダノンヨーヨー  ( 57.0・音 無・浜 中 )
テイエムアンコール( 57.0・柴田見・熊 沢 )
----------------------------------------------

◎…ファイナルフォーム
堀厩舎3頭出しはかなり有力と判断せざるを得ない。何しろ達人2人を起用できる状況だから。中でも新興勢力となる同馬への期待は大きい…よって現時点での本命に!
○…ドナウブルー
人気馬の巻返しが怖いのがこのレースの特徴。前走①人気の馬の中で内田博を降ろしてスミヨン起用であるからには勝負気配大…よって現時点での対抗に!
▲…グランプリボス
実績&近走成績なら同馬。但し、秋天ではデムーロにお手馬を譲らされ、エリザベス女王杯では池添に見事に蓋をされて勝ち損ねている内田博であるのはこの際不利な状況…よって現時点での単穴に!
△…リアルインパクト
岩田康を降ろしてムーア起用は○のスミヨンと同立場。厩舎の勝負気配が顕著と判断できる材料…よって現時点での複穴に!
★…ストロングリターン
騎手技量は論外も競馬学校出で馬券になる可能性では最上位と思われるのが同馬。今年の安田記念優勝馬なので「ヤラセ」とまでは言わないが、騎手がゆーいちであるからには何度でも同じ騎手が勝てる可能性の高い古馬G1戦であることからも外人に手控えさせて同馬を安田記念のように好走させる主催者アシスト(日本人騎手の援護)があっても不思議なし…よって現時点での複穴次点候補に!
☆…レオアクティブ
人気の巻返しあればの存在。追い込み脚質もハマれば横山典だけに穴目筆頭の期待あり…よって現時点での複穴第3候補に!

消し馬…現時点での4頭
サンカルロ…マイル戦の今回は馬の実績・厩舎&騎手からも掲示板までが限界と判断!
フラガラッハ…若手の経験のために出走してくる存在と判断!
ダノンヨーヨー…いくら浜中でも一度三浦を乗せた馬では頭打ちの証拠と判断!
テイエムアンコール…2年ぶりでG1登録していること自体がムチャ!

ちなみに、現時点で★に取り上げているストロングリターンは安田記念で堀調教師が会見拒否という失態をやらかしたゆーいち騎乗の元凶馬。
言うまでもなく、同馬が好走すれば一流外人多数騎乗の今回は却って穴馬券になる可能性は高くなると推察できるはず。何しろ混戦模様の今年のメンバーでゆーいちが一流外人に勝つことになるからには、少なくとももう一人くらい日本人騎手が馬券に入らなければ「騎手技量<馬の実績」という辻褄が合わなくなるから。【そうなると▲内田博よりも☆横山典が怖い…何せ内田博は元地方なので競馬学校優先の今の中央競馬では邪魔される可能性大だから!(池添がエリザベス女王杯においてエリンコートで蓋役を果たしたことからも潰される可能性大と推察できるので)】

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=19792

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第37回 エリザベス女王杯(G1) 結果コラム

見事な団体競馬!

前予想…↓↓↓
京都11R 第37回 エリザベス女王杯(G1) 芝2200m
----------------------------------------------
◎…フミノイマージン ( 56.0・本 田・太 宰 )
○…ヴィルシーナ   ( 54.0・友 道・内田博 )
----------------------------------------------
△…スマートシルエット( 56.0・大久龍・蛯 名 )
△…ピクシープリンセス( 56.0・野 中・デムーロ )
△…ホエールキャプチャ( 56.0・田中清・横山典 )
△…マイネイサベル  ( 56.0・水 野・--- )
△…ラシンティランテ ( 54.0・友 道・ルメール )
----------------------------------------------
?…ハワイアンウインド( 54.0・岡 田・--- )
?…アカンサス    ( 56.0・畠山吉・みうら )
?…レインボーダリア ( 56.0・二ノ宮・柴田善 )
?…マイネジャンヌ  ( 56.0・清水久・--- )
----------------------------------------------
消し馬
クリスマスキャロル( 56.0・石 坂・秋 山 )
メルヴェイユドール( 56.0・牧 田・--- )
エリンコート   ( 56.0・笹 田・--- )
オールザットジャズ( 56.0・角 居・藤岡佑 )
レジェンドブルー ( 56.0・ 宮 ・--- )
マイネオーチャード( 56.0・畠山吉・--- )
ビッグスマイル  ( 56.0・領 家・川 田 )
----------------------------------------------

最終決断…↓↓↓
京都11R 第37回 エリザベス女王杯(G1) 芝2200m
----------------------------------------------
◎…12番ヴィルシーナ   ( 54.0・友 道・内田博 )
○…6番ピクシープリンセス( 56.0・野 中・デムーロ )

▲…7番フミノイマージン ( 56.0・本 田・太 宰 )
△…11番ホエールキャプチャ( 56.0・田中清・横山典 )
----------------------------------------------
消…1番マイネイサベル  ( 56.0・水 野・松 岡 )
消…2番アカンサス    ( 56.0・畠山吉・みうら )
消…3番スマートシルエット( 56.0・大久龍・岩田康 )
消…4番メルヴェイユドール( 56.0・牧 田・酒 井 )
消…5番マイネジャンヌ  ( 56.0・清水久・みゆき )
----------------------------------------------
消…8番レジェンドブルー ( 56.0・ 宮 ・藤岡佑 )
消…9番クリスマスキャロル( 56.0・石 坂・秋 山 )
消…10番オールザットジャズ( 56.0・角 居・川 田 )
消…13番エリンコート   ( 56.0・笹 田・池 添 )
消…14番マイネオーチャード( 56.0・畠山吉・柴田大 )
消…15番レインボーダリア ( 56.0・二ノ宮・柴田善 )
消…16番ラシンティランテ ( 54.0・友 道・ルメール )
----------------------------------------------

レース結果…↓↓↓
----------------------------------------------
1着消…15番レインボーダリア ( 56.0・二ノ宮・柴田善 )
2着◎…12番ヴィルシーナ   ( 54.0・友 道・内田博 )
3着○…6番ピクシープリンセス( 56.0・野 中・デムーロ )
4着消…14番マイネオーチャード( 56.0・畠山吉・柴田大 )
5着消…10番オールザットジャズ( 56.0・角 居・川 田 )

----------------------------------------------
6着消…4番メルヴェイユドール( 56.0・牧 田・酒 井 )
7着消…1番マイネイサベル  ( 56.0・水 野・松 岡 )
8着消…2番アカンサス    ( 56.0・畠山吉・みうら )
9着消…16番ラシンティランテ ( 54.0・友 道・ルメール )
10着△…11番ホエールキャプチャ( 56.0・田中清・横山典 )

----------------------------------------------
11着▲…7番フミノイマージン ( 56.0・本 田・太 宰 )
12着消…8番レジェンドブルー ( 56.0・ 宮 ・藤岡佑 )
13着消…9番クリスマスキャロル( 56.0・石 坂・秋 山 )
14着消…13番エリンコート   ( 56.0・笹 田・池 添 )
15着消…5番マイネジャンヌ  ( 56.0・清水久・みゆき )
16着消…3番スマートシルエット( 56.0・大久龍・岩田康 )

----------------------------------------------

1着…仲間のアシストを得てレインボーダリアが見事な差し切り優勝!
見事な徒党競馬でヴィルシーナを粉砕…レース後に横山典とハイタッチを交わした姿が忘れられない。

2着…実力あるも見事に邪魔されてまたも2着!
エリンコートに蓋をされての負けは一目瞭然…これが競馬学校の団体戦略で“良い面の皮”となったのが馬主であることは言うまでもない。
【馬場状態に関係なく今回の結果で「ジャパンCのジェンティルドンナは絶対に優勝しない」ことだけは断言できそうである…何にしてもオルフェーブルの1着は鉄板だろう!(笑)】

3着…最後方も却って有利に働いたピクシープリンセス!
「ヴィルシーナ潰し(=内田博潰し)」の展開と達人の腕前が上手く噛み合っての3着。
おそらく本気で追っていればヴィルシーナも交わせただろうが、そこまではやってはならないことを知っているデムーロはキチンと3着に収めた格好。
【厩舎は野中(=B級)、馬主はオイルマネー(=いつ手を引かれてもおかしくない存在)ではこの辺りが精一杯なのだろう…(推)】

4着…マイネオーチャードの食い込みで「柴田のヒモは柴田」を丸出し!
柴田善にくっ付いていく競馬しかできない柴田大がおいしい4着…これが第1の競馬学校団体競馬の証拠。

5着…岩田の代わりが川田だった証拠のオールザットジャズ5着!
スマートシルエットが番手にすら行かなかったことで「今回岩田康はヤラズ」が確定した代わりに先行した同馬が掲示板確保…これが第2の団体競馬の証拠である!

10着…健闘違いの△だったホエールキャプチャ!
握手をするなら検量室でやって下さい…ヤラセがミエミエで胸くそ悪くなるので!

11着…重馬場で言い訳成立の▲フミノイマージン!
鞍上が太宰なのだからこの結果は当然なのだろう…馬場を言い訳にできることだけが幸いではないだろうか!

14着…エリンコートのマクリで仕事を果たした池添!
今回池添がヴィルシーナの前を塞ぎ切った騎乗ぶりは、競馬学校としては見事な騎乗内容と判断して間違いない。あまりに元地方騎手ばかりにあっさり勝たれては競馬学校の面子がないからだ。
それにしても『これだけヴィルシーナ潰しの仕事ができるのにどうしてオルフェーブルは御し切れないの?』と、思ったのは私だけではないのでは?
とは言え、エリンコートは後藤でも御せる素直で従順な馬なので池添でも仕事ができたのだろう。少なくとも今回は騎手の技量より笹田厩舎の仕上げが良かったことだけは確かだろう。

解説者の井崎が「エリザベス女王杯だけに勝ち馬の牧場がダイエイ牧場生産馬だった」と言ったことが一番印象に残ったのは私だけではないだろう…(苦笑)

『本当にこうしたヤラセ結果を見抜くのは難しい…ナカヤマナイトの二ノ宮厩舎&柴田善の組合せはここ勝負だったのか!』と、つくづく思い知らされた今年のエリザベス女王杯である!
もう今年いっぱい柴田善は買わなくて良いことだけは間違いない!今さら気付いても遅いけどね…(苦笑)】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第37回 エリザベス女王杯(G1) 予想コラム

一騎打ち?それとも?

登録18頭。サラ系3歳以上 (国際)牝(指定)オープン 定量 2200m 芝・右 外

馬名 ( 斤量・厩舎・騎手 )前走結果
社台系生産馬----------------------------------
ヴィルシーナ   ( 54.0・友 道・内田博 ) 秋華賞 2着②人気
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 佐々木主浩
母 ハルーワスウィート   馬齢 3歳 母の父 Machiavellian 母の母 ハルーワソング
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町
ハワイアンウインド( 54.0・岡 田・--- ) 秋華賞 13着④人気
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬主 吉田勝己
母 ライクザウインド    馬齢 3歳 母の父 Danehill 母の母 ウインドインハーヘア
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町

スマートシルエット( 56.0・大久龍・蛯 名 )府中牝馬S2着⑤人気
父 ファルブラヴ    性別 牝 馬主 大川徹
母 ミズストライクゾーン  馬齢 5歳 母の父 Deputy Minister 母の母 Bat Prospector
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
クリスマスキャロル( 56.0・石 坂・秋 山 )府中牝馬S12着⑪人気
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 クリスマスツリー    馬齢 5歳 母の父 トニービン 母の母 オークツリー
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市
メルヴェイユドール( 56.0・牧 田・--- )府中牝馬S14着⑯人気
父 フジキセキ     性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ゴールデンサッシュ   馬齢 5歳 母の父 デイクタス 母の母 ダイナサツシユ
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 白老町
エリンコート   ( 56.0・笹 田・--- )府中牝馬S17着⑬人気
父 デュランダル    性別 牝 馬主 吉田照哉
母 エリンバード      馬齢 4歳 母の父 Bluebird 母の母 Maid of Erin
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

アカンサス    ( 56.0・畠山吉・みうら )アイルラT1着⑤人気
父 フジキセキ     性別 牝 馬主 (株)Basic
母 センスオブアート    馬齢 4歳 母の父 Unbridled’S Song 母の母 Bishop’S Mate
生産牧場 社台ファーム 産地 千歳市

ラシンティランテ ( 54.0・友 道・ルメール )堀川特別 1着③人気
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬主 (有)サンデーレーシング
母 アドマイヤキラメキ   馬齢 3歳 母の父 エンドスウィープ 母の母 エヴリウィスパー
生産牧場 ノーザンファーム 産地 安平町

その他生産馬----------------------------------
フミノイマージン ( 56.0・本 田・太 宰 )京都大賞典4着①人気
父 マンハッタンカフェ 性別 牝 馬主 谷二
母 シンコウイマージン   馬齢 6歳 母の父 Dixieland Band  母の母 Vivid Imagination
生産牧場 シンコーファーム 産地 日高町

マイネイサベル  ( 56.0・水 野・松 岡 )府中牝馬S1着⑩人気
父 テレグノシス    性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 マイネレジーナ     馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 フミノスキー
生産牧場 高橋修 産地 新ひだか町
レインボーダリア ( 56.0・二ノ宮・柴田善 )府中牝馬S4着⑨人気
父 ブライアンズタイム 性別 牝 馬主 田中由子
母 アローム        馬齢 5歳 母の父 ノーザンテースト 母の母 ストロークト
生産牧場 大栄牧場 産地 新冠町
オールザットジャズ( 56.0・角 居・藤岡佑 )府中牝馬S8着⑥人気
父 タニノギムレット  性別 牝 馬主 市川義美
母 ダイヤモンドピサ    馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 ジョード
生産牧場 フジワラフアーム 産地 新ひだか町
ホエールキャプチャ( 56.0・田中清・横山典 )府中牝馬S11着②人気
父 クロフネ      性別 牝 馬主 嶋田賢
母 グローバルピース    馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 エミネントガール
生産牧場 千代田牧場 産地 新ひだか町

マイネジャンヌ  ( 56.0・清水久・--- ) 大原S 2着③人気
父 ロージズインメイ  性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 イットウリョウダン   馬齢 4歳 母の父 フサイチコンコルド 母の母 サクラユウビ
生産牧場 ビッグレッドファーム 産地 新冠町

レジェンドブルー ( 56.0・ 宮 ・--- ) 丹頂S 4着⑦人気
父 ステイゴールド   性別 牝 馬主 平川浩之
母 ターコイズブルー    馬齢 6歳 母の父 ミスターシービー 母の母 スカーレツトブルー
生産牧場 小倉光博 産地 静内町

ピクシープリンセス( 56.0・野 中・デムーロ )1000万平場1着①人気
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 H.H.シェイク・モハメド
母 オータムメロディー   馬齢 4歳 母の父 Kingmambo  母の母 Dance of Leaves
生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有) 産地 日高町

マイネオーチャード( 56.0・畠山吉・--- )魚野川特別1着①人気
父 ステイゴールド   性別 牝 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 シルキーヴェルジェ   馬齢 4歳 母の父 ティンバーカントリー 母の母 ザンゼ
生産牧場 ムラカミファーム 産地 新冠町

ビッグスマイル  ( 56.0・領 家・川 田 )堀川特別 8着②人気
父 タニノギムレット  性別 牝 馬主 大谷高雄
母 メイケイシラオキ    馬齢 4歳 母の父 サンデーサイレンス 母の母 ラッキーシラオキ
生産牧場 小泉学 産地 新冠町
----------------------------------------------

※2状況の様相…
府中牝馬ステークスにおいてホエールキャプチャが思わぬ大敗を喫したおかげで今年のエリザベス女王杯は2つの様相になったと言える。
1つは「ヴィルシーナvsフミノイマージン」という近走格上レース好走2頭の一騎打ち。もう1つは「この2頭の一角を何かが突けるか」という様相である。
問題視されるのは「この2頭の一角を何かが突けるか」の方で、一騎打ちならどんな伏兵でも3着までだが、一角崩しとなると“どちらかが連対を外す”という予想を立てねばならないからだ。
ただし、ヴィルシーナとフミノイマージンのどちらかを負かすからには、数年前のクイーンスプマンテ展開になるか、それ相応の能力ある馬の台頭のいずれかに限定されることは間違いないだろう。
【クイーンスプマンテの再現が起こったら笑うしかない。ヴィルシーナがそこそこ前に行く可能性があるからにはさすがに“行った行った”は起こり難いはずなので…笑】

前予想…↓↓↓
京都11R 第37回 エリザベス女王杯(G1) 芝2200m
----------------------------------------------
◎…フミノイマージン ( 56.0・本 田・太 宰 )
○…
ヴィルシーナ   ( 54.0・友 道・内田博 )

----------------------------------------------
△…スマートシルエット( 56.0・大久龍・蛯 名 )
TR2着の勢いが活きれば…
△…ピクシープリンセス( 56.0・野 中・デムーロ )
格下も鞍上本気なら3着目なら有り得るので…
△…ホエールキャプチャ( 56.0・田中清・横山典 )
前走大敗も実績上位で…
△…マイネイサベル  ( 56.0・水 野・--- )
TR優勝の勢いが活きれば…
△…ラシンティランテ ( 54.0・友 道・ルメール )
鞍上本気なら親子丼も有り得そうで…
----------------------------------------------
?…ハワイアンウインド( 54.0・岡 田・--- )
前走負けすぎも3才馬が強すぎるなら大穴3着あるかもしれないもんで…
?…アカンサス    ( 56.0・畠山吉・みうら )
鞍上が自力で馬を操作できない弱点があるも勢いはありそうなもんで…
?…レインボーダリア ( 56.0・二ノ宮・柴田善 )
人気並みに走るのは利点も今回は5番人気以下確定と思えるもんで…
?…マイネジャンヌ  ( 56.0・清水久・--- )
好調さ活かせればマイネイサベルの代役になるかもしれないもんで…
----------------------------------------------
消し馬
クリスマスキャロル( 56.0・石 坂・秋 山 )
…鞍上決定だけが利点。同馬が好走するなら何でもありとなる存在。
メルヴェイユドール( 56.0・牧 田・--- )
…何ら強調材料もない馬で員数合わせかと。
エリンコート   ( 56.0・笹 田・--- )
…折角のオークス勝ち(看板)が台無し。早く引退させるべきでは。
オールザットジャズ( 56.0・角 居・藤岡佑 )
…春の人気馬も現状ではとても勝負にならず。
レジェンドブルー ( 56.0・ 宮 ・--- )
…メーヴェに敗れた馬では好走など期待できず。
マイネオーチャード( 56.0・畠山吉・--- )
…登録すら疑問の厩舎2頭登録の格下片割れでは。
ビッグスマイル  ( 56.0・領 家・川 田 )
…前走負けた馬が友道&ルメールでは掲示板でも奇跡。
----------------------------------------------

※最大のポイント…
要は、フミノイマージンが良い結果を出せるか否かと言える。何しろ鞍上が太宰くんなので常識的にはとても内田博とは勝負にならないからだ。
しかしながら、札幌記念(別定戦)でダークシャドウを破った実績は今回のメンバー中で唯一ヴィルシーナを負かせる材料である。
もしもヴィルシーナが秋華賞の反動で100%の状態で臨めず、その間隙を上手く突き、秋天ではなく京都大賞典を使ったコース・距離面からの経験が活きる展開面の助けがあればもしかすると大きな仕事をやってのけるかもしれないと思う次第。
【秋華賞のジェンティルドンナの立場に今度はヴィルシーナが立たされる番。これは十分有り得る事態だと思うのだが…太宰の奮起や如何に!】

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=19684

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第50回 アルゼンチン共和国杯(G2) 結果コラム

先行…順当勝ち!

前予想…↓↓↓
東京11R 第50回 アルゼンチン共和国杯(G2) 芝2500m
----------------------------------------------
◎…ムスカテール   ( 55.0・友 道・内田博 )
○…ルルーシュ    ( 56.0・藤沢和・横山典 )

▲…ユニバーサルバンク( 57.0・松田博・メンディザバル )
△…ギュスターヴクライ( 58.0・荒 川・蛯 名 )
★…オウケンブルースリ( 58.0・音 無・浜 中 )
☆…メーヴェ     ( 52.0・栗田博・宮 崎 )
?…トウカイトリック ( 56.0・野 中・北村宏 )
?…トウカイパラダイス( 56.0・田所秀・柴 山 )
----------------------------------------------
消…オーシャンブルー ( 55.0・池 江・みうら )
消…フォゲッタブル  ( 57.0・池 江・オドノヒュー )
----------------------------------------------

最終決断…↓↓↓
東京11R 第50回 アルゼンチン共和国杯(G2) 芝2500m
----------------------------------------------
◎4番…ルルーシュ    ( 56.0・藤沢和・横山典 )
○9番…ギュスターヴクライ( 58.0・荒 川・蛯 名 )
▲7番…ムスカテール   ( 55.0・友 道・内田博 )
△3番…マイネルマーク  ( 52.0・国 枝・丹 内 )

----------------------------------------------
消11番…オーシャンブルー ( 55.0・池 江・みうら )
消12番…フォゲッタブル  ( 57.0・池 江・オドノヒュー )
----------------------------------------------
 1番…ビートブラック  ( 59.0・中 村・石橋脩 )
 2番…イケドラゴン   ( 50.0・石 毛・江田照 )
 5番…アースシンボル  ( 50.0・宗 像・田中博 )
 6番…トウカイパラダイス( 56.0・田所秀・柴 山 )
 8番…オウケンブルースリ( 58.0・音 無・浜 中 )
 10番…トウカイトリック ( 56.0・野 中・北村宏 )
 13番…マイネルキッツ  ( 58.0・国 枝・松 岡 )
 14番…メーヴェ     ( 52.0・栗田博・宮 崎 )
 15番…ミッキーペトラ  ( 54.0・ 森 ・田中勝 )
----------------------------------------------

レース結果…↓↓↓
----------------------------------------------
1着◎4番…ルルーシュ    ( 56.0・藤沢和・横山典 )
2着▲7番…ムスカテール   ( 55.0・友 道・内田博 )
3着△3番…マイネルマーク  ( 52.0・国 枝・丹 内 )

----------------------------------------------
4着 1番…ビートブラック  ( 59.0・中 村・石橋脩 )
5着消11番…オーシャンブルー ( 55.0・池 江・みうら )
6着○9番…ギュスターヴクライ( 58.0・荒 川・蛯 名 )
7着 8番…オウケンブルースリ( 58.0・音 無・浜 中 )
8着 5番…アースシンボル  ( 50.0・宗 像・田中博 )
9着 14番…メーヴェ     ( 52.0・栗田博・宮 崎 )
10着 10番…トウカイトリック ( 56.0・野 中・北村宏 )
11着 6番…トウカイパラダイス( 56.0・田所秀・柴 山 )
12着消12番…フォゲッタブル  ( 57.0・池 江・オドノヒュー )
13着 2番…イケドラゴン   ( 50.0・石 毛・江田照 )
14着 13番…マイネルキッツ  ( 58.0・国 枝・松 岡 )
15着 15番…ミッキーペトラ  ( 54.0・ 森 ・田中勝 )
----------------------------------------------

1着…ルルーシュ
オールカマーの伸び不足がウソのような先行競馬で順当勝ち。
ただし、所詮今回はハンデ戦だけに今後G1戦線で好勝負できるかは次走以降で見極めるべきだろう。

2着…ムスカテール
今回の2着でステイヤー資質は十分見せたものの、ハンデ55kg・内田博騎乗でルルーシュに完敗の現状ではG2ハンデ戦の伏兵レベルと判断した方が良いだろう。何よりマヤノトップガンの仔ではその辺りが限界である。

3着…マイネルマーク
この兄弟は完全なステイヤーであることを見せてくれた。
ただし今回は、大幅なハンデ差、1・2着が後続を引き離した展開に助けられたこと、京都大賞典組が弱すぎたこと、池江厩舎が未熟な騎手起用してくれたことが重なっての好走で、兄マイネルキッツのように天皇賞まで行ける可能性は低い。
後は、いつ丹内を一流騎手に変えてこの先の準オープン長距離戦を乗り切っていけるかだろう。

4着…ビートブラック
最後にマイネルマークに差されたのは惜しかったが、59kgを背負って石橋脩鞍上なら上出来の結果。
もっとペースが遅ければ理想の展開だったろうが、それでも食い下がった内容を見せたのは立派。
できれば直線でのムチの使い方をもっと矯めて使えればあるいは3着もあったかもしれない…

5着…オーシャンブルー
三浦を起用した時点で5着くらいが限界だろうの推測どおり。
体内時計のない流れ任せの騎手らしい騎乗ぶりで、自分から仕掛けいく競馬ができない騎手であることが勝星を伸ばせない要因。
本日第2レースにおいて勝てるはずの①人気馬をコカしていることからもそれは分かるはず。
オーシャンブルーの勝ち負けはともかく、やはり騎手は変えるべきではなかったといえ、馬主さんと川須が一番の被害者。

6着…ギュスターヴクライ
同馬は立派なステイヤーではあるが、58kgもさることながら、今回はあきらかに体調面で本調子ではなかったのだろう。並みの調子であればもっと前々でレースを運べたはずだから。ましてや鞍上は先行なら無難にこなせる蛯名であるからには最低でも59kgビートブラックと並走できる位置で競馬すべきだったところ。
よって、今回の掲示板外しは単に斤量の不利だけではなく、体調が悪かったと推察する次第。
ちなみに、いわずもがなのことながら「阪神大賞典の優勝は鞍上にヤラセ騎手を配していたこと、池江厩舎と主戦騎手が墓穴を掘ったおかげのマグレ優勝」であることは間違いない。
【秋天勝ち損ねた恩情勝ちがあるかもと「蛯名ヤラセ」を怖れて対抗にした己の不徳を悔いるのみ】

7着…オウケンブルースリ
今の同馬の力では前走2着が驚異であり、今回の7着は至極妥当な結果。

12着…フォゲッタブル
昨年メンディザバルで8着だったなら今回オドノヒューで12着は至極順当。
ピンナより下手としか思えないこんな騎手を呼ぶ必要があるのか甚だ疑問でならない。アメリカ騎手を呼んだ方が騎手の勉強になると思うが?
おそらく強引と思われる競馬が多々発生することになるので呼ばないのだろう…スミヨンだけでも頭が痛いはずなので、ここにC・ナカタニのような腕で勝ち負けさせてしまう騎手を呼ぶと福永や蛯名などの競馬学校出が如何にその技術に欠けているか=世界では助手並みの腕しか持ってないのがバレてしまうので呼びたくても呼べないのだ。
【 武豊が「天才」と評される中央のレベルではすでにばれていると思うが…武豊が天才なら福永洋一は神様です…デットーリは何になるんだろ? 】

※オドノヒューは上手くない…これが分かっただけでも今後の参考になる!
【ギュイヨンは来日しないのだろうか?若いながらも昨年見た彼の騎乗は本当に粘り強さのある良い騎乗だった…世界がほっとかないか…(納得)】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

追記…ミルコ・デムーロ怖るべし!

土曜日の京都第10レース八坂ステークス、調教師に芝向きと進言してダート馬デスペラードを芝で走らせたミルコ・デムーロ。調教師ですら『久々の芝使いが吉と出れば…』と半ば疑っていた馬を、レース中は他馬に邪魔されないよう意識的に最後方から進め、4コーナー~直線にかけてスムーズに馬を回すとそこから一気に他馬をマクリきって勝たせてしまった!

騎手の進言で距離を変えることや芝で頭打ちの馬をダートで走らせることならよくある話だが、騎手の進言でダートから芝に変えて勝たせた話など私は過去に聞いたことがない。せいぜい、脚元が弱くて芝を使えなかった馬が年を取って脚元が丈夫になったので試しに芝を使ったら勝ったという話まで。それもあくまで毎日馬を見ている調教師だからこそできることのはず。
ところが、今回のデムーロのように芝戦2度の着外しかない準オープンダート馬を一度騎乗しただけで芝向きと見抜き、あまつさえ勝たせたのを見たのは初めて。
もちろん“デムーロの技量”があっての勝利ではあるが、それでも日々馬を管理している調教師(安達)より相馬眼があることを証明したデムーロの凄さに感心させられた!

中央でも中々勝てない馬で調教師も諦めかけていた馬を、福永洋一・岡部・武豊などの一流騎手が勝たせた例はある。だが、それは500万条件やせいぜい1000万条件で惨敗続きの馬を勝たせたもので、ましてダートから芝に変えて勝たせたことなどないはず。

競馬専門紙のコメント欄は各新聞社同士で表現を変えて使い回しているものなので、予想の役に立たないものと思っている私は普段ほとんど読むことがない。だが、偶々このコメントを見つけて『デムーロの進言ならきっと間違いなく走るだろう…』とデムーロのアタマ付けで馬券を買ったところ見事に1点で3連単を仕留められた次第…

中央競馬では「天才」の呼び名が安売りされているようだが、本物の天才とはこうしたことのできる人物に与えられるべき。【他人に真似できないことができる者こそ天才!】…デムーロ怖るべし!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

再追記…来週は私用にて土日不在!
したがって、最終決断を表記できないと思いますのであしからず…

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »