« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の記事

第57回 産経大阪杯(G2) 結果コラム

中途半端な先行が…

前予想…↓↓↓
阪神11R 第57回 産経大阪杯(G2) 芝2000m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎オルフェーヴル  【 58.0・池江寿・(池 添) 】
△ヴィルシーナ   【 54.0・友 道・(内田博) 】
△ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・(浜 中) 】
---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・(みうら) 】
★ダークシャドウ  【 56.0・ 堀 ・(ムーア) 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消アスカクリチャン 【 56.0・須貝尚・(松 山) 】
消コパノジングー  【 56.0・ 宮 ・(中 舘) 】
消スマートギア   【 56.0・佐 山・(松 山) 】
消タガノエルシコ  【 56.0・ 宮 ・(藤岡佑) 】
消テイエムアンコール【 56.0・柴田見・(川 須) 】
消トウカイパラダイス【 56.0・田所秀・(柴 山) 】
消ヒットザターゲット【 56.0・加藤敬・(大 野) 】
消マッハヴェロシティ【 56.0・武 藤・(宮 崎) 】
消ローズキングダム 【 57.0・橋 口・(岩田康) 】
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
阪神11R 第57回 産経大阪杯(G2) 芝2000m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎14番ヴィルシーナ   【 54.0・友 道・(内田博)・内田博 】
○5番オルフェーヴル  【 58.0・池江寿・(池 添)・池 添 】
▲4番ダークシャドウ  【 56.0・ 堀 ・(ムーア)・戸崎圭 】
△3番ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・(浜 中)・浜 中 】
---------------------------------------------- 最終決断の消し馬
X7番エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・(みうら)・Cデム 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消1番コパノジングー  【 56.0・ 宮 ・(中 舘)・国分恭 】
消2番スマートギア   【 56.0・佐 山・(松 山)・松 山 】
消6番トウカイパラダイス【 56.0・田所秀・(柴 山)・柴 山 】
消8番テイエムアンコール【 56.0・柴田見・(川 須)・太 宰 】
消9番アスカクリチャン 【 56.0・須貝尚・(松 山)・バルジ 】
消10番ヒットザターゲット【 56.0・加藤敬・(大 野)・大 野 】
消11番マッハヴェロシティ【 56.0・武 藤・(宮 崎)・小牧太 】
消12番タガノエルシコ  【 56.0・ 宮 ・(藤岡佑)・藤岡康 】
消13番ローズキングダム 【 57.0・橋 口・(岩田康)・川 田 】
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
阪神11R 第57回 産経大阪杯(G2) 芝2000m
----------------------------------------------
1着…○5番オルフェーヴル  【 58.0・池江寿・池 添 】
2着…△3番ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・浜 中 】

3着…X7番エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・Cデム 】最終決断の消し馬
4着…消6番トウカイパラダイス【 56.0・田所秀・柴 山 】前予想時の消し馬
5着…▲4番ダークシャドウ  【 56.0・ 堀 ・戸崎圭 】
----------------------------------------------
6着…◎14番ヴィルシーナ   【 54.0・友 道・内田博 】
7着…消9番アスカクリチャン 【 56.0・須貝尚・バルジ 】前予想時の消し馬
8着…消10番ヒットザターゲット【 56.0・加藤敬・大 野 】前予想時の消し馬
9着…消11番マッハヴェロシティ【 56.0・武 藤・小牧太 】前予想時の消し馬
10着…消2番スマートギア   【 56.0・佐 山・松 山 】前予想時の消し馬
11着…消8番テイエムアンコール【 56.0・柴田見・太 宰 】前予想時の消し馬
12着…消13番ローズキングダム 【 57.0・橋 口・川 田 】前予想時の消し馬
13着…消12番タガノエルシコ  【 56.0・ 宮 ・藤岡康 】前予想時の消し馬
14着…消1番コパノジングー  【 56.0・ 宮 ・国分恭 】前予想時の消し馬
----------------------------------------------

1着…掛からない距離と逃げ・先行馬のアシストでオルフェーブル完勝!
コパノジングーの逃げによって先行馬たちが良い的になったおかげで末脚切れての完勝。これで日経賞勝ちフェノーメノ、阪神大賞典勝ちゴールドシップと3強体制で春天が行われる格好に。
さすがに折り合いさえつけば日本一強い馬だけに今回は理想的な競馬ができ、これで春天における問題は「またも鞍上だけ」となるだろう。

2着…理想の差し・追い込み展開でショウナンマイティが2着食い込み!
逃げ・先行馬のアシストを勝ち馬以上に受けたのが同馬。ひと叩き後の順調さを無難に活かしての折り合い専念競馬で粘るエイシンフラッシュをゴール前で捕らえる。
【おそらく引退したルーラーシップの役割は同馬が引き継ぐと思われる…G1勝てない馬ってこと!】

3着…鞍上強化で少差3着に差し粘ったエイシンフラッシュ!
本来なら有馬記念で3着以内に入っていなければならなかった馬だけに、さすがに今回はきちんと馬券に粘り込む。
【有馬記念において「三浦の騎乗が良かった」と褒めた解説者がいたようだがトンでもないレース眼としか言えない…大出遅れのルーラーシップに差された騎乗が良かったら騎手など誰でもできるだろうに!】

4着…番手マークで唯一「自分の競馬をした」トウカイパラダイスが大健闘!
同馬の好走はとにかく大健闘の一語。ただし、1000m通過が1分1秒台での番手なら4着粘り込みも大いに納得できるので次走につながらないのが惜しまれるところ。

5着…先行するも直線ヨーイドンが祟ったダークシャドウ!
好枠を利して戸崎圭が先行したのは正解だったものの予想外にペースが落ち着いてしまったのが後続の的になってしまった格好。
【おかげで4着馬も交わせなかった…さすがの戸崎圭でも一流外人の後は厳しいらしい!】

6着…中途半端な競馬でなし崩しに脚を使ってしまった内田博!
大外枠も災いしたもののコパノジングーの逃げが思ったより遅かったことで結果的に後続の一番の的となってしまった。一発ヤラかすなら行けるものなら行って欲しかったと思っていただけに大変残念な掲示板外しと言わざるを得ない。
【内田博にしては中途半端な先行になってしまった…こんな競馬をするのなら別に大阪杯など使わなくても良かったのでないだろうか…まさかゴールドシップがいるからヤラずなんてことないだろうが…?】

※「たられば」は結果回顧には付き物だが、今回の戸崎圭と内田博の騎乗ぶりはちょっと残念でならない。
特に58kgのエイシンフラッシュに4コーナーでマクリ切られたヴィルシーナの競馬はとても秋華賞でジェンティルドンナとハナ差を競った馬とは思えない不甲斐なさだった。
【馬主さん可哀相…】
しかしながら、結果的にオルフェーブルが好始動できたことで同馬のこの後がまた期待できるのは競馬界にとっては良かったのかもしれない。
とにかく折り合いさえつけば鞍上に不安あるフェノーメノや気性がズブいゴールドシップに負ける馬ではない。
【凱旋門賞あと一歩の馬のリベンジ濃厚と思われるだけに、やはり問題は馬を落ち着かせられるかのみ!】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第57回 産経大阪杯(G2) 予想コラム

叩き台でも!

登録14頭。サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 2000m 芝・右

馬名 【 斤量・厩舎・(前走騎手) 】
社台系生産馬----------------------------------
ヴィルシーナ   【 54.0・友 道・(内田博) 】
父 ディープインパクト  性別 牝 馬齢 4歳  毛色 青毛 馬主 佐々木主浩
母 ハルーワスウィート  母の父 Machiavellian 母の母 ハルーワソング
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
ローズキングダム 【 57.0・橋 口・(岩田康) 】
父 キングカメハメハ   性別 牡 馬齢 6歳  毛色 黒鹿毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ローズバド  母の父 サンデーサイレンス 母の母 ロゼカラー
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・(みうら) 】
父 King’S Best    性別 牡 馬齢 6歳  毛色 黒鹿毛 馬主 平井豊光
母 ムーンレディ  母の父 Platini 母の母 Midnight Fever
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
ダークシャドウ  【 56.0・ 堀 ・(ムーア) 】
父 ダンスインザダーク  性別 牡 馬齢 6歳  毛色 栗毛 馬主 飯塚知一
母 マチカネハツシマダ  母の父 Private Account 母の母 Yousefia
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
オルフェーヴル  【 58.0・池江寿・(池 添) 】
父 ステイゴールド    性別 牡 馬齢 5歳  毛色 栗毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 オリエンタルアート  母の父 メジロマックイーン 母の母 エレクトロアート
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
その他生産馬----------------------------------
ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・(浜 中) 】
父 マンハッタンカフェ  性別 牡 馬齢 5歳  毛色 青鹿毛 馬主 国本哲秀
母 ラグジャリー  母の父 Storm Cat 母の母 Alleged Devotion
生産牧場 矢野牧場  産地 新ひだか町

アスカクリチャン 【 56.0・須貝尚・(松 山) 】
父 スターリングローズ  性別 牡 馬齢 6歳  毛色 鹿毛 馬主 栗本博晴
母 ローレルワルツ  母の父 ダイナレター 母の母 スワンスキー
生産牧場 つつみ牧場  産地 新冠町
コパノジングー  【 56.0・ 宮 ・(中 舘) 】
父 アグネスタキオン   性別 牡 馬齢 8歳  毛色 黒鹿毛 馬主 小林祥晃
母 ウェディングオーク  母の父 トニービン 母の母 ヘイアンマーチ
生産牧場 ヤナガワ牧場  産地 門別町
スマートギア   【 56.0・佐 山・(松 山) 】
父 マーベラスサンデー  性別 牡 馬齢 8歳  毛色 栗毛 馬主 大川徹
母 スケアヘッドライン  母の父 パドスール 母の母 シヤダイチヤツター
生産牧場 大栄牧場  産地 新冠町
タガノエルシコ  【 56.0・ 宮 ・(藤岡佑) 】
父 マヤノトップガン   性別 牡 馬齢 8歳  毛色 栗毛 馬主 八木良司
母 タガノピアース  母の父 ダンスインザダーク 母の母 タガノスリッパー
生産牧場 (有)新冠タガノファーム  産地 新冠町
テイエムアンコール【 56.0・柴田見・(川 須) 】
父 オペラハウス     性別 牡 馬齢 9歳  毛色 芦毛 馬主 竹園正繼
母 スナークサクセス  母の父 ブライアンズタイム 母の母 ニジンスキーセンチメント
生産牧場 坂本牧場  産地 三石町
トウカイパラダイス【 56.0・田所秀・(柴 山) 】
父 ゴールドアリュール  性別 牡 馬齢 6歳  毛色 黒鹿毛 馬主 内村正則
母 トウカイミヤビ  母の父 マルゼンスキー 母の母 タイヨウスズラン
生産牧場 びらとり牧場  産地 平取町
ヒットザターゲット【 56.0・加藤敬・(大 野) 】
父 キングカメハメハ   性別 牡 馬齢 5歳  毛色 栗毛 馬主 前田晋二
母 ラティール  母の父 タマモクロス 母の母 ソルティーレディー
生産牧場 ノースヒルズマネジメント  産地 新冠町
マッハヴェロシティ【 56.0・武 藤・(宮 崎) 】
父 マンハッタンカフェ  性別 牡 馬齢 7歳  毛色 青毛 馬主 井上一郎
母 マイミッシェル  母の父 タイキシャトル 母の母 ナイスレイズ
生産牧場 日の出牧場  産地 浦河町
----------------------------------------------

社台系生産馬に昨年優勝馬ショウナンマイティが食い込めるか…
社台系の中でもローズキングダムはもう勝負にならない存在にまで落ち込んでいるので、実質「社台系4頭vsショウナンマイティ」の争いであるのが今回の大阪杯の構図。
つまり、1~3着まで社台系が占めるのか、それとも一角をショウナンマイティが崩すのかということ。それほど残りの登録馬との格差がありすぎる。

また他の見所としては、ヴィルシーナがオルフェーブル以外の残り4頭にどこまで通用するかである。
エリザベス女王杯では思わぬ取りこぼしはしたものの現時点では実績から同馬が古馬牝馬戦線のトップクラスに位置するからには、残る牡馬たちにどんなレースができるかでこの後の行く末が測れるからだ。
私的にはショウナンマイティとの3kg差をどこまで活かせるかがポイントと思われるが、前走騎手が本気で乗りさえすれば同馬主のマジンプロスパーのような中途半端な結果にはならないはずなのでかなり面白いレースが見れると期待している。

逆に問題なのが、エイシンフラッシュとダークシャドウの前走騎手が代打と外人だった馬たちである。何しろ誰が起用されるかによっては今春どころか今後の競走にも関わってくるからだ。
まさかとは思うが、そのままみうらだったり、過去騎乗したゆいちが乗ってくるようだと「この両馬も終わった」と判断するしかない。なぜなら、今回はG2戦なので好走するかもしれないが、彼らでは所詮主催者のアシストがないと後のG1戦を勝てる訳がないと推測できるから。
【みうらは前走が急遽の代打だったし、ゆいちは先週のロードカナロア完勝・マジンプロスパー完敗で技量の低さが完全にバレたから!】
まあ、おそらくこれだけの良い馬が集まっているからにはエイシンフラッシュなら弟デムーロ辺りになるだろうし、ダークシャドウなら堀厩舎なので今なら戸崎圭になるのが妥当と思われる。もしそうなれば、却って「オルフェーブル2着」の可能性も高まり穴党の食指も少しは増えるだろう。何しろ5頭の中で一番危なっかしい騎手がオルフェーブルなのだから…(笑)

前予想…↓↓↓
阪神11R 第57回 産経大阪杯(G2) 芝2000m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎オルフェーヴル  【 58.0・池江寿・(池 添) 】
△ヴィルシーナ   【 54.0・友 道・(内田博) 】
△ショウナンマイティ【 57.0・梅田智・(浜 中) 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★エイシンフラッシュ【 58.0・藤原英・(みうら) 】
★ダークシャドウ  【 56.0・ 堀 ・(ムーア) 】

---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消アスカクリチャン 【 56.0・須貝尚・(松 山) 】
消コパノジングー  【 56.0・ 宮 ・(中 舘) 】
消スマートギア   【 56.0・佐 山・(松 山) 】
消タガノエルシコ  【 56.0・ 宮 ・(藤岡佑) 】
消テイエムアンコール【 56.0・柴田見・(川 須) 】
消トウカイパラダイス【 56.0・田所秀・(柴 山) 】
消ヒットザターゲット【 56.0・加藤敬・(大 野) 】
消マッハヴェロシティ【 56.0・武 藤・(宮 崎) 】
消ローズキングダム 【 57.0・橋 口・(岩田康) 】
----------------------------------------------

一応現時点では上記のようにシルシを打った。オルフェーヴルが実績で一段抜けているからだ。
ただし、同馬にも隙がない訳ではない。ここが本番じゃないからには心掛け(仕上げ)次第では他馬に足元を救われるかもしれないからだ。
とは言え、いくら58kgを背負ってもここで連対以上を果たさねば“いくら何でもあと一歩で凱旋門賞馬の沽券に関わる”だけに、ここはキチンと結果を出して先ずは昨春のリベンジを果たすべしと思われる!
【ショウナンマイティと一緒に大外ぶん回ってくる姿が目に浮かぶのが不思議…(苦笑)】

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=21764#expec

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第43回 高松宮記念(G1) 結果コラム

世界レベル再確認と元地方騎手やりまくりデー!

前予想…↓↓↓
中京11R 第43回 高松宮記念(G1) 芝1200m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎ロードカナロア  【 57.0・安田隆・(岩田康) 】
▲サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・(横山典) 】
▲サンカルロ    【 57.0・大久洋・(吉田豊) 】
▲ドリームバレンチノ【 57.0・加 用・(松 山) 】
△ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・(川 田) 】
---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★エピセアローム  【 55.0・石 坂・(武 豊) 】
★ハクサンムーン  【 57.0・西 園・(石橋脩) 】
★マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・(ゆいち) 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消アイラブリリ   【 55.0・福島信・( 幸 ) 】
消アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(バルジ) 】
消サクラアドニス  【 57.0・村 山・(松 岡) 】
消シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・(横山典) 】
消スギノエンデバー 【 57.0・浅 見・(北村友) 】
消ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・(戸崎圭) 】
消フィフスペトル  【 57.0・加藤征・(大 野) 】
消ミキノバンジョー 【 57.0・大 橋・(太 宰) 】
消メイショウデイム 【 55.0・佐 山・(津 村) 】
消メモリアルイヤー 【 55.0・村 山・(藤岡佑) 】
消モンストール   【 57.0・尾 関・(柴田大) 】
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
中京11R 第43回 高松宮記念(G1) 芝1200m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎11番ロードカナロア  【 57.0・安田隆・(岩田康)・岩田康 】
○12番ドリームバレンチノ【 57.0・加 用・(松 山)・松 山 】
▲9番サンカルロ    【 57.0・大久洋・(吉田豊)・吉田豊 】
△17番ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・(川 田)・川 田 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★3番エピセアローム  【 55.0・石 坂・(武 豊)・武 豊 】
★15番サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・(横山典)・横山典 】
---------------------------------------------- 最終決断の消し馬
X8番マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・(ゆいち)・ゆいち 】
X13番ハクサンムーン  【 57.0・西 園・(石橋脩)・酒 井 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消1番アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(バルジ)・池 添 】
消2番ミキノバンジョー 【 57.0・大 橋・(太 宰)・太 宰 】
消4番スギノエンデバー 【 57.0・浅 見・(北村友)・北村友 】
消5番シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・(横山典)・Cデム 】
消6番モンストール   【 57.0・尾 関・(柴田大)・丸 田 】
消7番ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・(戸崎圭)・バルジ 】
消10番フィフスペトル  【 57.0・加藤征・(大 野)・戸崎圭 】
消14番メモリアルイヤー 【 55.0・村 山・(藤岡佑)・吉田隼 】
消16番アイラブリリ   【 55.0・福島信・( 幸 )・ 幸  】
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
中京11R 第43回 高松宮記念(G1) 芝1200m
----------------------------------------------
1着…◎11番ロードカナロア  【 57.0・安田隆・岩田康 】
2着…○12番ドリームバレンチノ【 57.0・加 用・松 山 】

3着…X13番ハクサンムーン  【 57.0・西 園・酒 井 】 最終決断の消し馬
4着…★15番サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・横山典 】 その他の伏兵馬
5着…△17番ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・川 田 】

----------------------------------------------
6着…X8番マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・ゆいち 】 最終決断の消し馬
7着…消4番スギノエンデバー 【 57.0・浅 見・北村友 】 前予想時の消し馬
8着…消10番フィフスペトル  【 57.0・加藤征・戸崎圭 】 前予想時の消し馬
9着…▲9番サンカルロ    【 57.0・大久洋・吉田豊 】
10着…消14番メモリアルイヤー 【 55.0・村 山・吉田隼 】 前予想時の消し馬
11着…消16番アイラブリリ   【 55.0・福島信・ 幸  】 前予想時の消し馬
12着…消7番ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・バルジ 】 前予想時の消し馬
13着…消5番シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・Cデム 】 前予想時の消し馬
14着…★3番エピセアローム  【 55.0・石 坂・武 豊 】 その他の伏兵馬
15着…消1番アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・池 添 】 前予想時の消し馬
16着…消6番モンストール   【 57.0・尾 関・丸 田 】 前予想時の消し馬
17着…消2番ミキノバンジョー 【 57.0・大 橋・太 宰 】 前予想時の消し馬
----------------------------------------------

1着…世界のスプリンター+次週ドバイ行きの鞍上でド鉄板1着!
あれよあれよと逃げ粘るハクサンムーンをただ1頭素晴らしい瞬発力で捕らえるという鮮やかな差し競馬。
これだけの逸材がなぜ昨年負けたのか本当に不思議でならない…能力面では。(誰だ?元主戦ジョッキーは!)

2着…松山くんが頑張って2着確保!
道中はロードカナロアマークに徹したものの、さすがに馬の能力と鞍上の技量は遺憾ともし難く、却って「よくぞ2着を確保した」と言える内容。
できることならこうした2着に満足することなく松山くんにはもっともっと高見を目指して欲しいと願うばかりである。【スーパーホーネットで2着ばっかだった乗り役のようにならないように…(苦笑)】

3着…見事に逃げ粘って僅差3着も大健闘!
休み明けの前走、中山の坂でタレた馬とは思えない逃げ脚に驚かされ、如何に番手馬たちがダラしなかったかをより印象付けた格好になったのが残念と言える。
それでも、酒井くんが思い切った騎乗を見せてくれたのは何よりで、普段頑張ってることが今回の結果になったのだろうと思わずにいられない。【予想は外れても「よく頑張った」と褒めてあげたい…(苦笑)】

4着…昨年9着馬が好調さを活かして掲示板入線!
オーシャンSを勝った勢いは伊達じゃなかったことを証明した格好で、横山典はもちろん、新興尾関厩舎の面目も保ったと言えるだろう。【同馬がサクラプレジデントの代表馬確定!】

5着…外目捲るも掲示板までとなったダッシャーゴーゴー!
「やはり元主戦(横山典)の馬も差せなかったか」と妙に納得できる5着だったのは残念だったが、それでも思ったより大外枠が不利とならずに能力を発揮できたのではと思われるだけにこれが限界だったかと納得した。【同厩舎にいつもハイレベルな馬がいるのが可哀相…川田くんもよく頑張った!)】

以下では…
まず一番特徴的に感じられたのはフィフスペトルがサンカルロに先着したこと…
吉田豊が戸崎圭の後塵を浴びたのが何とも不甲斐ない感じを受けざるを得なかった。
もちろん吉田豊に責任などないのだが(結果的にマイナス10kg減は良くなかったと判断できるから…)、それでも戸崎圭と吉田豊の騎手技量差を表していると言えるのが残念でならない…結局この日、岩田康5勝、戸崎圭4勝の“移籍ジョッキー・デー”となった!

また、「これだけ外枠一色で決まった高松宮記念も珍しい」と一瞬思ったが、思い返せば結構外枠の馬が絡んでいるのが高松宮記念の一番の特徴だと今さらながら思い知らされた気がした。
【てっきりどこぞの騎手のせいと思っていたが、おそらく昨年のロードカナロアも内枠が災いして3着に敗れたのだろう。今回の5枠より内枠の最先着順が6着なのではそう思わざるを得ない…(先行できねば逆に不利になるということだ!)】

ただ、最後の直線で武豊の前を塞いだ(壁になった)のが祐一だったのを見た時には思わず笑ってしまった。騎手会長の前を塞ぐなんて昔ならヤキ入れられたかもしれないネ?【後藤くんなら今でもヤルかも…と思ったのは私だけ?…んな訳きゃねーか!(笑)】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第60回 毎日杯(G3) 結果コラム

ありがとうシュタルケ&川田くん!

前予想…↓↓↓
阪神11R 第60回 毎日杯(G3) 芝1800m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎キズナ      【 56.0・佐々晶・(武 豊) 】
▲アドマイヤツヨシ 【 56.0・松田博・(丸 山) 】
▲バッドボーイ   【 56.0・河 内・(勝 浦) 】
▲ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(岩田康) 】
---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★アーマークラッド 【 56.0・野 村・(秋 山) 】
★ガイヤースヴェルト【 56.0・斎藤誠・(ビュイ) 】
★コメットシーカー 【 56.0・藤原英・(ゆいち) 】
★サトノキングリー 【 56.0・藤原英・(ビュイ) 】
★テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(秋 山) 】
★ピュアソルジャー 【 56.0・大久洋・(吉田豊) 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消オメガキングティー【 56.0・斎藤誠・(内田博) 】
消グランプリダッシュ【 56.0・ 森 ・(田中勝) 】
消タイセイウインディ【 56.0・高 野・(松 山) 】
消マウイノカオイ  【 56.0・村 山・(ゆいち) 】
消メイショウブシン 【 56.0・ 沖 ・(丸 田) 】
消ラスカルスピード 【 56.0・橋 田・(松 田) 】
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
阪神11R 第60回 毎日杯(G3) 芝1800m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎6番キズナ      【 56.0・佐々晶・(武 豊)・武 豊 】
○5番ガイヤースヴェルト【 56.0・斎藤誠・(ビュイ)・シュタルケ 】
▲4番バッドボーイ   【 56.0・河 内・(勝 浦)・川 田 】
△13番アドマイヤツヨシ 【 56.0・松田博・(丸 山)・小牧太 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★1番テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(秋 山)・ 幸  】
★11番ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(岩田康)・バルジュ 】
---------------------------------------------- 最終決断の消し馬
X2番サトノキングリー 【 56.0・藤原英・(ビュイ)・池 添 】
X7番ピュアソルジャー 【 56.0・大久洋・(吉田豊)・吉田豊 】
X8番アーマークラッド 【 56.0・野 村・(秋 山)・太 宰 】
X10番コメットシーカー 【 56.0・藤原英・(ゆいち)・岩田康 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消3番メイショウブシン 【 56.0・ 沖 ・(丸 田)・四 位 】
消9番タイセイウインディ【 56.0・高 野・(松 山)・松 山 】
消12番オメガキングティー【 56.0・斎藤誠・(内田博)・浜 中 】
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
阪神11R 第60回 毎日杯(G3) 芝1800m
----------------------------------------------
1着…◎6番キズナ      【 56.0・佐々晶・武 豊 】
2着…○5番ガイヤースヴェルト【 56.0・斎藤誠・シュタ 】
3着…▲4番バッドボーイ   【 56.0・河 内・川 田 】

4着…★1番テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・ 幸  】 その他の伏兵馬
5着…X10番コメットシーカー 【 56.0・藤原英・岩田康 】 最終決断の消し馬
----------------------------------------------
6着…X2番サトノキングリー 【 56.0・藤原英・池 添 】 最終決断の消し馬
7着…消3番メイショウブシン 【 56.0・ 沖 ・四 位 】 前予想時の消し馬
8着…△13番アドマイヤツヨシ 【 56.0・松田博・小牧太 】
9着…X7番ピュアソルジャー 【 56.0・大久洋・吉田豊 】 最終決断の消し馬
10着…消9番タイセイウインディ【 56.0・高 野・松 山 】 前予想時の消し馬
11着…★11番ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・バルジ 】 その他の伏兵馬
12着…X8番アーマークラッド 【 56.0・野 村・太 宰 】 最終決断の消し馬
13着…消12番オメガキングティー【 56.0・斎藤誠・浜 中 】 前予想時の消し馬
----------------------------------------------

1着…キズナ順当勝利で武豊が面目躍如!
後方待機で直線に向いた時にはちょっとヒヤっとしたが、追い出してからはあきらかに能力が違うことを見せつけてくれたことにホッとした。
これで春クラシックはほぼ出れるようになった訳で、問題は「この後皐月賞に向かうか否か」と思われる…【マイナス12kgと大幅馬体減だった弥生賞時から+2kg増で毎日杯出走…直線は楽だったかもしれないが身体的な上積みは薄いだけに陣営の判断が問題である!】

2着…デビュー戦重ダート圧勝を評価して正解だったガイヤースヴェルト!
デビュー時の重ダート圧勝で「脚抜きが良ければ走れる」と判断した通り、初芝でもきっちり2着になってくれた瞬間、思わず笑みがこぼれてしまった…(嬉)
やっぱり外人ジョッキーは、額面上では不利ある馬でもその技量で走らせてくれるので素晴らしいとしか言えない!【ちゃんと乗ってくれてシュタルケ騎手ありがとう!】
何より、2番人気に推されたコメットシーカーが鞍上変更(ゆいち→岩田康)だったおかげで同馬を重視できたのが幸いだった。【「すでにロードカナロアでこの騎手変更は済んでいるはず」と読んで正解!】

3着…3度目の正直を果たしてくれたバッドボーイ!
過去2走の勝浦騎乗時も推し続けた同馬が今回3着に粘ってくれたのが一番嬉しかった。やはり同馬は多少早めでも直線で先頭に立つ競馬を目指すのが正解なのだろう。
何よりも「ありがとう川田くん」と言っておきます!【「如何にウィリアムスが凄いか」も思い知らされた…おそらく同馬は綺麗に折り合いつけて抜け出す競馬もできるのだろうが、それでは同馬の勝負根性が発揮し難いのだろう!】

4着…怖い1頭だったテイエムイナズマが久しぶりに掲示板食い込み!
若葉Sにおいて同馬と同じレース経過を辿っていたクラウンレガーロが2着好走しただけに「伏兵なら同馬」と推測した通りに4着好走を果たした。
しかしながら、それでも「やはり同馬に1800mは長い」というのが今回のバッドボーイ捕まえ切れずで証明されたと言えるだろう。【それとも武豊が1着なので弟分の幸くんも好走できたのだろうか?(苦笑)】

5着…岩田康ヤラズも掲示板確保はやはりさすが!
やはりデビュー戦でゆいち騎乗で勝った馬をロードカナロアのように奪う真似はできなかった模様。
岩田康は高松宮記念こそが勝負レースであるからには、前日重賞を他人の馬で勝ち負けなどできない状況だったと言えるだろう。
直線で弾けることなく流れ込んだだけの5着になってしまった格好だが、2才戦ならともかく、そもそも2戦目で重賞2番人気になるのが異常であり、ましてや年齢が近いことで主催者がライバル関係を印象付けている「ゆいち→岩田康」であるからにはさすがの岩田康もヤレなかったのだろう。【それでも同馬は次走でゆいちに戻れば好走するのではないかと思われる…重賞でなければだが!】

いずれにしても「キズナ以外はクラシックなど論外」のメンバーだったので、2着以下はNHKマイルC出走を目指すのが正着だろう。
【バッドボーイがまたウィリアムスに戻ったら面白いかもしないが…笑】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第60回 毎日杯(G3) 予想コラム

キズナ必勝のはず!

特別登録16頭。サラ系3歳 (国際)(特指)オープン 別定 1800m 芝・右 外

馬名 【 斤量・厩舎・(前走騎手) 】前走成績
社台系生産馬----------------------------------
ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(岩田康) 】アーリントンC5着③人気
父 キングカメハメハ   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ポップコーンジャズ  母の父 ダンスインザダーク 母の母 グレイスルーマー
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
ガイヤースヴェルト【 56.0・斎藤誠・(ビュイック) 】ダ1600m2着①人気
父 ダイワメジャー    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 レーヌヴェルト  母の父 フレンチデピュティ 母の母 グリーンポーラ
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
コメットシーカー 【 56.0・藤原英・(ゆーいち) 】1800m新馬1着①人気
父 ディープインパクト  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)キャロットファーム
母 ガヴィオラ  母の父 Cozzene 母の母 Forest Key
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
オメガキングティー【 56.0・斎藤誠・(内田博) 】黄梅賞1着④人気
父 ジャングルポケット  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 原礼子
母 ミュージックアワー  母の父 アグネスタキオン 母の母 ミュンシー
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
サトノキングリー 【 56.0・藤原英・(ビュイック) 】アルメリア賞4着④人気
父 ダイワメジャー    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 里見治
母 ファンジカ  母の父 Law Society 母の母 Florie
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
アーマークラッド 【 56.0・野 村・(秋 山) 】つばき賞3着⑤人気
父 アグネスタキオン   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 吉田和子
母 アルーリングボイス  母の父 フレンチデピュティ 母の母 アルーリングアクト
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町

その他生産馬----------------------------------
キズナ      【 56.0・佐々晶・(武 豊) 】弥生賞5着③人気
父 ディープインパクト  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 青鹿毛 馬主 前田晋二
母 キャットクイル  母の父 Storm Cat 母の母 Pacific Princess
生産牧場 (株)ノースヒルズ  産地 新冠町
バッドボーイ   【 56.0・河 内・(勝 浦) 】弥生賞10着⑨人気
父 マンハッタンカフェ  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 畑佐博
母 ミスキ  母の父 Miswaki 母の母 Alvernia
生産牧場 富田牧場  産地 浦河町
テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(秋 山) 】アーリントンC7着⑤人気
父 ブラックタイド    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 竹園正繼
母 クラスター  母の父 Danzig 母の母 Knot
生産牧場 (有)グッドラック・ファーム  産地 日高町
アドマイヤツヨシ 【 56.0・松田博・(丸 山) 】アルメリア賞3着⑥人気
父 アドマイヤムーン   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 近藤利一
母 タイムフェアレディ  母の父 メジロマックイーン 母の母 トキファイター
生産牧場 新冠橋本牧場  産地 新冠町
ピュアソルジャー 【 56.0・大久洋・(吉田豊) 】水仙賞4着⑤人気
父 ジャングルポケット  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 鶴見清
母 ラブアンドピース  母の父 キングカメハメハ 母の母 ピースオブワールド
生産牧場 千代田牧場  産地 新ひだか町
マウイノカオイ  【 56.0・村 山・(ゆーいち) 】すみれS5着②人気
父 キングカメハメハ   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ホッテストチケット  母の父 ゼンノエルシド 母の母 リザーブシート
生産牧場 白井牧場  産地 日高町
メイショウブシン 【 56.0・ 沖 ・(丸 田) 】1800m未勝利1着②人気
父 メイショウサムソン  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 松本好雄
母 ワイルドリリー  母の父 Wild Again 母の母 Crillon
生産牧場 大島牧場  産地 浦河町
ラスカルスピード 【 56.0・橋 田・(松 田) 】2000m未勝利1着③人気
父 ラスカルスズカ    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 永井啓弍
母 スズカローラン  母の父 サンデーサイレンス 母の母 ローマンスズカ2
生産牧場 辻牧場  産地 浦河町
グランプリダッシュ【 56.0・ 森 ・(田中勝) 】ダ1800m未勝利1着⑥人気
父 ストラヴィンスキー  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)グランプリ
母 グランプリムー  母の父 テイエムオペラオー 母の母 アンダンテ
生産牧場 目黒牧場  産地 日高町
タイセイウインディ【 56.0・高 野・(松 山) 】ダ1700m1着⑩人気
父 マンハッタンカフェ  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 田中成奉
母 フィクシャス  母の父 Kingmambo 母の母 ディペイズ
生産牧場 酒井秀紀  産地 新ひだか町
----------------------------------------------

本来ならクラシック最終便たる存在がこの毎日杯であり、ここは別路線組(トライアル戦以外)の代表馬を決めるレースなのだが、今年の場合は「キズナ中心」と言える変則的な状況と言えるだろう。なぜなら、他馬の中に新興勢力と思われる存在がほとんどいないからだ。
それだけに過去の競走(対戦)成績が活きる公算が高く、構図としては「キズナがきちんと1着を獲れるか」になる訳だが、いくら休み明けの上積みがあるとしても弥生賞では相応の仕上げで臨んだはずなので同馬にも隙がない訳ではないのが気掛かり。
よって、この隙を突ける馬の選択が今年のポイントとなるだろう。

いずれにしても「キズナ中心」であるのはこのメンバーでは仕方ないので、乗り代わりがなければ武豊が久しぶりに人気馬をキチンと勝たせることができるかが見所となる。
なお、当然のことながらたとえキズナがここを勝てたとしてもすでに同馬自身が弥生賞5着の物指しになっているからにはここから皐月賞に出ても複勝圏が限界であることは否めないだろう。

前予想…↓↓↓
阪神11R 第60回 毎日杯(G3) 芝1800m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
キズナ      【 56.0・佐々晶・(武 豊) 】
▲アドマイヤツヨシ 【 56.0・松田博・(丸 山) 】
▲バッドボーイ   【 56.0・河 内・(勝 浦) 】
▲ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(岩田康) 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★アーマークラッド 【 56.0・野 村・(秋 山) 】
★ガイヤースヴェルト【 56.0・斎藤誠・(ビュイック) 】
★コメットシーカー 【 56.0・藤原英・(ゆーいち) 】
★サトノキングリー 【 56.0・藤原英・(ビュイック) 】
★テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(秋 山) 】
★ピュアソルジャー 【 56.0・大久洋・(吉田豊) 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消オメガキングティー【 56.0・斎藤誠・(内田博) 】
消グランプリダッシュ【 56.0・ 森 ・(田中勝) 】
消タイセイウインディ【 56.0・高 野・(松 山) 】
消マウイノカオイ  【 56.0・村 山・(ゆーいち) 】
消メイショウブシン 【 56.0・ 沖 ・(丸 田) 】
消ラスカルスピード 【 56.0・橋 田・(松 田) 】
----------------------------------------------

キズナ以外で私が注目するのは、ここでも57.0kgを背負うことになるアーリントンC組2頭で、唯一の重賞勝ち馬テイエムイナズマの今回の位置取りとラブリーデイの底力がどのくらいかに注目している。
特にラブリーデイは、デビュー1・2戦目で1800m戦を連勝しているので過去3戦のマイル戦結果を覆すことができるかに注目している。
またそれ以外では、バッドボーイがどんな騎手を乗せ、どんな結果を残すかにも注目している。
何しろどんな理由にせよラジNIKKEI杯2着・きさらぎ賞4着の結果を残している馬がここまでメンバー落ちしているからにはいくら何でもいい加減に相応の成果を出さねばおかしいと思えるから…と、また騙されてしまうかもしれないが…(笑)
【もし勝浦なら3度目だけに尚更結果を出して欲しい。2度も中途半端な競馬したのだから今回は思い切って逃げるなり・追い込み競馬するなり気迫を見せて頂きたい…何のために関西厩舎の馬に乗せてもらっているのか自覚してからだ。(苦笑)】

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=21671#expec

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第43回 高松宮記念(G1) 予想コラム

問題は2・3着争い!

登録19頭。サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 1200m 芝・左

馬名 【 斤量・厩舎・(前走騎手) 】対戦成績
---------------------------------------------- 既対戦馬
ロードカナロア  【 57.0・安田隆・(岩田康) 】阪急杯1着①人気
父 キングカメハメハ   性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディブラッサム  母の父 Storm Cat 母の母 サラトガデュー
生産牧場 ケイアイファーム  産地 新ひだか町
マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・(ゆいち) 】阪急杯2着②人気
父 アドマイヤコジーン  性別 牡 馬齢 6歳  毛色 栗毛 馬主 佐々木主浩
母 ハリウッドドリーム  母の父 バブルガムフェロー 母の母 オリンピアデュカキス
生産牧場 ハシモトフアーム  産地 新冠町
サンカルロ    【 57.0・大久洋・(吉田豊) 】阪急杯4着③人気
父 シンボリクリスエス  性別 牡 馬齢 7歳  毛色 黒鹿毛 馬主 (有)社台レースホース
母 ディーバ  母の父 Crafty Prospector 母の母 ミスセクレト
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
スギノエンデバー 【 57.0・浅 見・(北村友) 】阪急杯6着⑩人気
父 サクラバクシンオー  性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 杉山美惠
母 シャイニングピアス  母の父 ブライアンズタイム 母の母 フォーシングビッド
生産牧場 明治牧場  産地 新ひだか町
エピセアローム  【 55.0・石 坂・(武 豊) 】阪急杯9着④人気
父 ダイワメジャー    性別 牝 馬齢 4歳  毛色 栃栗毛 馬主 吉田勝己
母 ラタフィア  母の父 Cozzene 母の母 Sakura Fabulous
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町

ドリームバレンチノ【 57.0・加 用・(松 山) 】シルクロードS1着②人気
父 ロージズインメイ   性別 牡 馬齢 6歳  毛色 青毛 馬主 セゾンレースホース(株)
母 コスモヴァレンチ  母の父 マイネルラヴ 母の母 イブキローマン
生産牧場 ビッグレッドファーム  産地 新冠町
メイショウデイム 【 55.0・佐 山・(津 村) 】中山牝馬S15着⑬人気/シルクロードS3着⑪人気
父 マンハッタンカフェ  性別 牝 馬齢 6歳  毛色 黒鹿毛 馬主 松本和子
母 メイショウカガヤキ  母の父 ヘクタープロテクター 母の母 ハツノナタリー
生産牧場 太陽牧場  産地 浦河町
アイラブリリ   【 55.0・福島信・( 幸 ) 】シルクロードS15着①人気
父 ストラヴィンスキー  性別 牝 馬齢 4歳  毛色 黒鹿毛 馬主 杉元四男
母 チーキーガールズ  母の父 トワイニング 母の母 ブルーベイブリッジ
生産牧場 飛野牧場  産地 新ひだか町

サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・(横山典) 】オーシャンS1着②人気
父 サクラプレジデント  性別 牡 馬齢 5歳  毛色 黒鹿毛 馬主 (株)さくらコマース
母 サクラブルース  母の父 Cure The Blues 母の母 スループリンセス
生産牧場 山田牧場  産地 新ひだか町
ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・(川 田) 】オーシャンS2着①人気
父 サクラバクシンオー  性別 牡 馬齢 6歳  毛色 鹿毛 馬主 芦田信
母 ネガノ  母の父 Miswaki 母の母 Madame Treasurer
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町
ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・(戸崎圭) 】オーシャンS3着⑦人気
父 ハーツクライ     性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 鶴田鈴子
母 カストリア  母の父 Kingmambo 母の母 More Silver
生産牧場 浜本牧場  産地 日高町
ハクサンムーン  【 57.0・西 園・(石橋脩) 】オーシャンS9着③人気
父 アドマイヤムーン   性別 牡 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 河崎五市
母 チリエージェ  母の父 サクラバクシンオー 母の母 メガミゲラン
生産牧場 白井牧場  産地 日高町
アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(バルジ) 】オーシャンS11着④人気
父 キングカメハメハ   性別 牝 馬齢 5歳  毛色 栗毛 馬主 近藤利一
母 アドマイヤグルーヴ  母の父 サンデーサイレンス 母の母 エアグルーヴ
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
サクラアドニス  【 57.0・村 山・(松 岡) 】オーシャンS14着⑪人気
父 サクラプレジデント  性別 牡 馬齢 5歳  毛色 黒鹿毛 馬主 (株)さくらコマース
母 サクラウォーニング  母の父 ウォーニング 母の母 サクラハツスル
生産牧場 谷岡牧場  産地 新ひだか町
---------------------------------------------- 別路線馬
シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・(横山典) 】フェブラリーS5着⑤人気
父 ゴールドアリュール  性別 牡 馬齢 7歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)シルク
母 シルクエスペランサ  母の父 Alwuhush 母の母 Monica Faye
生産牧場 中地義次  産地 新冠町
フィフスペトル  【 57.0・加藤征・(大 野) 】阪神C9着⑮人気
父 キングカメハメハ   性別 牡 馬齢 7歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)キャロットファーム
母 ライラックレーン  母の父 Bahri 母の母 Lilac Garden
(有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
ミキノバンジョー 【 57.0・大 橋・(太 宰) 】大阪城S9着⑦人気
父 グラスワンダー    性別 牡 馬齢 6歳  毛色 鹿毛 馬主 谷口久和
母 ニホンピロオリーブ  母の父 リヴリア 母の母 ニホンピロビツキー
生産牧場 福岡清  産地 新ひだか町
メモリアルイヤー 【 55.0・村 山・(藤岡佑) 】うずしおS1着⑥人気
父 ゴールドアリュール  性別 牝 馬齢 5歳  毛色 栗毛 馬主 西村新一郎
母 アーバンクイーン  母の父 サクラバクシンオー 母の母 フロリンダ
生産牧場 釘田義美  産地 鹿児島県
モンストール   【 57.0・尾 関・(柴田大) 】東風S4着⑤人気
父 アドマイヤマックス  性別 牡 馬齢 4歳  毛色 鹿毛 馬主 前田幸治
母 イソノスワロー  母の父 デヒア 母の母 イソノルーブル
生産牧場 村下農場  産地 浦河町
----------------------------------------------

言うまでもなく今回の主役はロードカナロアである。
香港スプリントを優勝して世界に通用するスプリンターであるのを証明しただけでなく、昨年の3着とは鞍上がレベル違いである岩田康であるからにはいくらこのレースが競馬学校ジョッキーを優遇しているものでも「まさかの2着」の起こる可能性も低いだろう。

逆に同馬の存在によって大きな重石を抱える立場にあるのがマジンプロスパーで、ご承知のようにロードカナロアが昨年1番人気で高松宮記念を勝てなかったのは元主戦ジョッキーたるゆーいちの所為である。
そのため今回のゆーいちは「危うく世界のスプリンターを凡馬にしかけた脇役」でしか有り得ず、そうなると普段は泣き寝入りさせられている他の競馬学校ジョッキーの良い的でしかなくなり、援護のない彼はマジンプロスパーを2着にすることもできなくなること必至と言わざるを得ないのは日本中の競馬ファンなら誰もが常識と思うはず。
それでも、もしも同馬が2着以上に来たなら、それこそJRA得意のヤラセであることを証明することになり、それこそ中立たる主催者が疑われる要素になるだろう。
【狙って着順を獲れる腕があるなら彼ほど馬に恵まれていれば遠の昔に牡馬クラシックの一つは勝っていなければウソだからだ!】
よって、馬主の大魔人さんは可哀相だが今回ゆーいちが乗った時点で騎手としてのケジメ・実力・馬の能力からしても優勝などできる訳がなく、それどころか本来ゆーいちの技量では3着すら確保することもできないだろう。
【騎手としてのケジメ、騎手としての実力、馬の能力の全てにおいて劣る状況…いっそ騎手を代えることをお奨めしたいほど!】

では、他馬で面白い存在( もしかしてロードカナロアを倒せる馬、あるいは2着になれる馬 )は何かを考えた場合、正直な話、馬はもちろん騎手でも相手にならないことは一目で分かるため文句なく今回は2着争いと判断せざるを得ないだろう。
ましてや主役馬の格が世界レベルであるからには、いやでも相手候補も実績馬や近走好走馬に絞られることになるためとても前走大敗の穴馬が飛び込んでくる余地などない。
【一番怖いのはこれを理由としてゆーいちが2着になってしまうこと。何しろ人気馬でしか結果の残せない騎手なので人気馬必勝状況なら阪急杯の人気順ということで2着にして貰えるヤラセが有り得るかもしれないから…(そんなJRAが一番怖い)】

したがって、前予想は以下のように置かざるを得ない…

前予想…↓↓↓
中京11R 第43回 高松宮記念(G1) 芝1200m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
ロードカナロア  【 57.0・安田隆・(岩田康) 】
サクラゴスペル  【 57.0・尾 関・(横山典) 】
サンカルロ    【 57.0・大久洋・(吉田豊) 】
ドリームバレンチノ【 57.0・加 用・(松 山) 】
ダッシャーゴーゴー【 57.0・安田隆・(川 田) 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
エピセアローム  【 55.0・石 坂・(武 豊) 】
ハクサンムーン  【 57.0・西 園・(石橋脩) 】
マジンプロスパー 【 57.0・中尾秀・(ゆいち) 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消アイラブリリ   【 55.0・福島信・( 幸 ) 】
消アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(バルジ) 】
消サクラアドニス  【 57.0・村 山・(松 岡) 】
消シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・(横山典) 】
消スギノエンデバー 【 57.0・浅 見・(北村友) 】
消ツルマルレオン  【 57.0・橋 口・(戸崎圭) 】
消フィフスペトル  【 57.0・加藤征・(大 野) 】
消ミキノバンジョー 【 57.0・大 橋・(太 宰) 】
消メイショウデイム 【 55.0・佐 山・(津 村) 】
消メモリアルイヤー 【 55.0・村 山・(藤岡佑) 】
消モンストール   【 57.0・尾 関・(柴田大) 】
----------------------------------------------

「◎」は現時点でも確定はやむを得ない。何せこればかりは先週のゴールドシップ並みであるはずだから。
問題は2・3着争いで、常識的には一番のヤラセ野郎であるゆーいちがあって3着までのはずなので、残りの有力候補たちの争いと見るのが正着となる訳だが、如何せん鞍上面でも「◎」に勝てる者などいないからには残りの人気馬も自ずと現時点では「▲」しかシルシを打てない。
個人的には若い松山くんの頑張りに期待したいのだが、彼も競馬学校出であるからには主催者の意図に左右されるので精一杯譲歩しても現時点では横山典や吉田豊と同レベルにしか置けない…(哀)
それでも松山くんが裏開催ジョッキーとして今季中京コースの経験値で横山典・吉田豊を上回っていることを唯一の利点として期待したいのだが…(先着できるかなぁ…不安)

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=21664#expec

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第62回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 結果コラム

「人気割れ時は人気で決まる」の図

前予想…↓↓↓
中山11R 第62回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 芝1800m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎アクションスター 【 56.0・音 無・(内田博)・池 添 】
○アドマイヤオウジャ【 56.0・橋 田・(岩田康)・岩田康 】
▲ロゴタイプ    【 56.0・田中剛・(Mデム)・Cデム 】
△ヘルデンテノール 【 56.0・大久洋・(吉田豊)・吉田豊 】
---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★タマモベストプレイ【 56.0・南 井・(和 田)・和 田 】
★テイエムダイパワー【 56.0・木 原・(北村友)・太 宰 】
★フェイムゲーム  【 56.0・宗 像・(ベリー)・北村宏 】
★マンボネフュー  【 56.0・国 枝・(蛯 名)・蛯 名 】
★マイネルホウオウ 【 56.0・畠山吉・(柴田大)・柴田大 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消インプロヴァイズ 【 56.0・ 堀 ・(石橋脩)・石橋脩 】
消クレバーユニバース【 56.0・岩 戸・(柴田善)・xxx 】
消ザラストロ    【 56.0・武 藤・(松 岡)・松 岡 】
消サーストンニュース【 56.0・戸 田・(内田博)・戸崎圭 】
消ジャストザオネスト【 56.0・小 笠・(石橋脩)・xxx 】
消ショウナンダイラ 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名)・柴田善 】
消シンネン     【 56.0・浅 見・(北村友)・北村友 】
消トウショウプライド【 56.0・武 市・(ブノワ)・xxx 】
消マイネルストラーノ【 56.0・手 塚・(柴田大)・xxx 】
消マズルファイヤー 【 56.0・大久龍・(秋 山)・xxx 】
消ワイルドドラゴン 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名)・田 辺 】
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
中山11R 第62回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 芝1800m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎11番ヘルデンテノール 【 56.0・大久洋・(吉田豊)・吉田豊 】
○2番タマモベストプレイ【 56.0・南 井・(和 田)・和 田 】
▲5番ロゴタイプ    【 56.0・田中剛・(Mデム)・Cデム 】
△6番アクションスター 【 56.0・音 無・(内田博)・池 添 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
★13番アドマイヤオウジャ【 56.0・橋 田・(岩田康)・岩田康 】
---------------------------------------------- 最終決断の消し馬
X7番テイエムダイパワー【 56.0・木 原・(北村友)・太 宰 】
X14番フェイムゲーム  【 56.0・宗 像・(ベリー)・北村宏 】
X15番マイネルホウオウ 【 56.0・畠山吉・(柴田大)・柴田大 】
X16番マンボネフュー  【 56.0・国 枝・(蛯 名)・蛯 名 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消3番クレバーユニバース【 56.0・岩 戸・(柴田善)・田中勝 】
消12番ザラストロ    【 56.0・武 藤・(松 岡)・松 岡 】
消8番サーストンニュース【 56.0・戸 田・(内田博)・戸崎圭 】
消9番ショウナンダイラ 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名)・柴田善 】
消10番シンネン     【 56.0・浅 見・(北村友)・北村友 】
消4番マイネルストラーノ【 56.0・手 塚・(柴田大)・津 村 】
消1番ワイルドドラゴン 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名)・田 辺 】
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
中山11R 第62回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 芝1800m
----------------------------------------------
1着…▲5番ロゴタイプ    【 56.0・田中剛・Cデム 】
2着…○2番タマモベストプレイ【 56.0・南 井・和 田 】

3着…X15番マイネルホウオウ 【 56.0・畠山吉・柴田大 】 最終決断の消し馬
4着…X14番フェイムゲーム  【 56.0・宗 像・北村宏 】 最終決断の消し馬
5着…X16番マンボネフュー  【 56.0・国 枝・蛯 名 】 最終決断の消し馬
----------------------------------------------
6着…消8番サーストンニュース【 56.0・戸 田・戸崎圭 】 前予想時の消し馬
7着…◎11番ヘルデンテノール 【 56.0・大久洋・吉田豊 】
8着…消4番マイネルストラーノ【 56.0・手 塚・津 村 】 前予想時の消し馬
9着…消10番シンネン     【 56.0・浅 見・北村友 】 前予想時の消し馬
10着…△6番アクションスター 【 56.0・音 無・池 添 】
11着…★13番アドマイヤオウジャ【 56.0・橋 田・岩田康 】 その他の伏兵馬
12着…消9番ショウナンダイラ 【 56.0・二ノ宮・柴田善 】 前予想時の消し馬
13着…消1番ワイルドドラゴン 【 56.0・二ノ宮・田 辺 】 前予想時の消し馬
14着…消12番ザラストロ    【 56.0・武 藤・松 岡 】 前予想時の消し馬
15着…X7番テイエムダイパワー【 56.0・木 原・太 宰 】 最終決断の消し馬
16着…消3番クレバーユニバース【 56.0・岩 戸・田中勝 】 前予想時の消し馬
----------------------------------------------

1着…▲5番ロゴタイプ    【 56.0・田中剛・Cデム 】
人気割れ時は人気で決まるの格言通り、コディーノを倒した同馬が鞍上も味方にしての優勝!
完璧な先行競馬で後続にきっちり差をつけたことで今年の朝日杯FS1・2着は強い馬たちであることを見事に証明したと言えるだろう。
ただし、同馬にも懸念材料がない訳ではない。
それは「鞍上が外人騎手であるため主催者の思惑によっては皐月賞を勝たせて貰えない懸念」があること。なぜなら、皐月賞時の鞍上は予定通りだと兄デムーロの再騎乗になるため、すでに皐月賞を勝っている達人M・デムーロに「負けろ」の指示があるかもしれないからだ。(邪推であって欲しいが…?)

しかしながら、今回の結果によって同馬が皐月賞を勝つ可能性が一番高い馬と推測できるからには【ローエングリンというサブ種牡馬だけにダービーまではおこがましいので…】、福永祐一のヤラセという「邪推」さえ考えなければどんなに人気になっても同馬を皐月賞で消すことはできないだろう。
しかも、ただでさえ昨年グランデッツァでスプリングSを制したM・デムーロは、その後の皐月賞において“主催者の思惑に従ってちゃんとワールドエースに差されて負ける競馬”を見事に演じており、すでに昨年のうちにキチンと仕事を果たしているのである。ましてや親の名前を汚しているだけの祐一のような何年経っても大事なレースでは結果を出せずに同じ轍を踏むなどをM・デムーロ鞍上でこれ以上起こすことの方が問題となるだろう。
したがって、そんなバカなことを起こして「クラシックでさえ特定ジョッキーを勝たせるためにヤラセが行われていることをまたも証明してしまう愚策」を主催者が取るとはさすがに考えられない。
【すでに手抜き騎乗する四位ごときを2年連続ダービージョッキーした競馬学校至上主義による特定騎手ヤラセ競馬を行って競馬そのものを侮辱するマネをしては、馬主離れ・競馬離れを起こすから!】
よって、今回の同馬の完勝から皐月賞を推察すると、コディーノ・ロゴタイプの朝日杯FS1・2着馬にカミノタサハラがどこまで迫れるかの三つ巴となるだろう。
【せいぜいエピファネイアは鞍上のヤラセを利用してどこまで食い込めるかまでとなるはず…否、ならねばおかしい!】

2着…○2番タマモベストプレイ【 56.0・南 井・和 田 】
「人気割れ時は人気で決まる」がハマったからこその2着馬であることは一目瞭然。何しろ同馬の実力はシンザン記念でエーシントップに逃げ切られる程度でしかないからだ。
したがって、皐月賞では伏兵の一角になるかもしれないがはっきり言って用なしとなるはずで、せいぜい皐月賞に出た後にNHKマイルCに進んだ方が活躍できるだろう。

3着…X15番マイネルホウオウ 【 56.0・畠山吉・柴田大 】
ダイワメジャーが菊沢で3着になった時と同じ状況の馬。
柴田大くんは苦労しているので是非とも頑張って欲しいのだが、如何せん「マイネル」では牡馬クラシックで勝ち負けなどできる訳がなく、こちらもできれば後にNHKマイルCで好走して欲しいと願うのみである。

4着…X14番フェイムゲーム  【 56.0・宗 像・北村宏 】
今週好調の北村宏だから4着に来れただけ。そもそも京成杯を勝ったことが異常な馬であり、今回の4着は単にベリーより北村宏が下手であることを証明しただけ。
【有馬記念時のエイシンフラッシュ三浦と同じ!】

5着…X16番マンボネフュー  【 56.0・国 枝・蛯 名 】
人気になり過ぎただけ。ロゴタイプに完敗しているのに上位人気になったのがそもそも異常であり、今回の5着は却ってよく頑張った方と言える。
【カミノタサハラがいるのに未だ牡馬クラシックを勝ってない国枝厩舎にそんなに良い馬ばかりいる訳がない。父親の管理馬を引き取った池江寿じゃあるまいし!】

以下は一言…
6着…消8番サーストンニュース【 56.0・戸 田・戸崎圭 】
鞍上が良かったから6着に来れただけ。

7着…◎11番ヘルデンテノール 【 56.0・大久洋・吉田豊 】
この大事なレースで後方競馬では論外。やはり厩舎一体型の旧型騎手は技量あっても割を喰うという良い証拠に。

8着…消4番マイネルストラーノ【 56.0・手 塚・津 村 】
8位入線なら大健闘。

9着…消10番シンネン     【 56.0・浅 見・北村友 】
太宰より先着できて良かったというだけ。

10着…△6番アクションスター 【 56.0・音 無・池 添 】
来週オルフェがいる池添ではやはり用なし。何より内田博→池添では惨敗もやむなし。

11着…★13番アドマイヤオウジャ【 56.0・橋 田・岩田康 】
来週ロードカナロアでG1勝ち必至なので今週はヤラズデー。もしも岩田康が本気だったらならもっと上に行けたはず。

12着…消9番ショウナンダイラ 【 56.0・二ノ宮・柴田善 】
アシストありで同厩舎馬に先着できただけ。パクり屋よしとみもさすがに同馬で好走はムリ。

13着…消1番ワイルドドラゴン 【 56.0・二ノ宮・田 辺 】
逃げ手を作って立派に仕事した。田辺くんは本当に使えるジョッキー(賞賛)!三浦のような福永祐一2世のケツ持ちさせられてるのが本当にもったいない。【マイルCS直前にエイシンアポロンに乗れなくなったのが本当に痛手…】

14着…消12番ザラストロ    【 56.0・武 藤・松 岡 】
捲って見せ場を作っただけでも偉い(拍手)!でも松岡くんが今一息なのが不思議でならない。同期の石橋脩などより上手い子なのに?

15着…X7番テイエムダイパワー【 56.0・木 原・太 宰 】
メイケイペガスターがいるので凡走もやむなし。何より池添より下手な調教師の息子を乗せてるようでは参戦自体ムチャ!

16着…消3番クレバーユニバース【 56.0・岩 戸・田中勝 】
本当はフェイムゲームの主戦で今回最も順当着順の馬。まして今週ファルコンSを勝っている田中勝では順番からしてもドン尻もやむなし!

ちなみに、若葉ステークスにおいて共同通信杯馬メイケイペガスターが大敗したが、管理している木原厩舎をどう評価して良いものかとても悩んでいる。
何しろせめて過去に騎乗した川須くんを乗せるならまだしも、よりにもよって鞍上にテン乗り藤岡佑( こいつも調教師の息子…木原先生は主催者から「調教師の息子を使え」とでも言われてるんだろうか? )などを起用したために余計な惨敗をしてしまった。
確かに川須くんも藤岡佑くんも大差ないのは事実だが、せっかく武豊や横山典が前に馬を置いて折り合う競馬を馬に教え込んだのに、後方スタートから馬に持っていかれて外回りして競馬にならずではこれまでの教練を台無しにしただけ。それなら騎乗経験のある川須くんを乗せて欲しかったとしか言えなくて当然である。ましてや人気馬なのだから!
弱い馬がゴッドフリートに先着できる訳がないので本当にもったいないレースをしてしまったのがとても残念でならない。

それにしても、『やはり阪神大賞典週間は昨年のオルフェ添=オルフェーブルに掴まってるだけの添え物騎手=馬を操作できない騎乗が起こるもんだ』と競馬学校のレベルの低さに呆れてしまった!
【若駒Sや共同通信杯のVTRをちゃんと見たのかな藤岡佑くんは?…こんなことやってるから祐一程度の騎手に好いようにやられてると言う良い証拠!】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第62回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 予想コラム

クラシック候補にのし上がるチャンス!

登録20頭。フルゲート16頭。サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢 1800m 芝・右

馬名 【 斤量・厩舎・(前走騎手) 】
社台系生産馬----------------------------------
アクションスター 【 56.0・音 無・(内田博) 】
父 アグネスタキオン   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 福井明
母 レディオブヴェニス  母の父 Loup Solitaire 母の母 Lacewings
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
ヘルデンテノール 【 56.0・大久洋・(吉田豊) 】
父 ディープインパクト  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)社台レースホース
母 ディーバ  母の父 Crafty Prospector 母の母 ミスセクレト
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
ショウナンダイラ 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名) 】
父 ウォーエンブレム   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)湘南
母 ヒカルマイゴール  母の父 エアジハード 母の母 クライウィズジョイ
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 日高町
マンボネフュー  【 56.0・国 枝・(蛯 名) 】
父 バゴ         性別 牡 馬齢 3歳  毛色 青毛 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 セカンドハピネス  母の父 Storm Cat 母の母 Miesque
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 新冠町

アドマイヤオウジャ【 56.0・橋 田・(岩田康) 】
父 ディープインパクト  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 近藤利一
母 シーズオールエルティッシュ  母の父 Eltish 母の母 Shesabullwinkle
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
フェイムゲーム  【 56.0・宗 像・(ベリー) 】
父 ハーツクライ     性別 牡 馬齢 3歳  毛色 青鹿毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ホールオブフェーム  母の父 アレミロード 母の母 ベルベットサッシュ
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
マズルファイヤー 【 56.0・大久龍・(秋 山) 】
父 ホワイトマズル    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 青鹿毛 馬主 (有)キャロットファーム
母 ササファイヤー  母の父 Saint Ballado 母の母 LA Ice Queen
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町

サーストンニュース【 56.0・戸 田・(内田博) 】
父 ダイワメジャー    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 青鹿毛 馬主 齊藤宣勝
母 ロリポップガール  母の父 Trempolino 母の母 Icy Pop
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
ロゴタイプ    【 56.0・田中剛・(Mデム) 】
父 ローエングリン    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 吉田照哉
母 ステレオタイプ  母の父 サンデーサイレンス 母の母 スターバレリーナ
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
ワイルドドラゴン 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名) 】
父 ゴールドアリュール  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 窪田康志
母 マイワイルドローズ  母の父 Wild Again 母の母 Rose of Mull
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市

その他生産馬----------------------------------
ザラストロ    【 56.0・武 藤・(松 岡) 】
父 ホワイトマズル    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 高橋一恵
母 セクシーココナッツ  母の父 ダンスインザダーク 母の母 ココパシオン
生産牧場 松田牧場  産地 新ひだか町
シンネン     【 56.0・浅 見・(北村友) 】
父 ステイゴールド    性別 牡 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 林正道
母 キタサンバースデー  母の父 マリエンバード 母の母 ダンスチャーマー
生産牧場 木田祐博  産地 新ひだか町
タマモベストプレイ【 56.0・南 井・(和 田) 】
父 フジキセキ      性別 牡 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 タマモ(株)
母 ホットプレイ  母の父 ノーザンテースト 母の母 ダイナホツト
生産牧場 信成牧場  産地 浦河町
テイエムダイパワー【 56.0・木 原・(北村友) 】
父 アドマイヤジャパン  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 竹園正繼
母 フミノオリヒメ  母の父 グラスワンダー 母の母 リファン
生産牧場 多田善弘  産地 浦河町
マイネルホウオウ 【 56.0・畠山吉・(柴田大) 】
父 スズカフェニックス  性別 牡 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 テンザンローズ  母の父 フレンチデピュティ 母の母 コウエイシャダイ
生産牧場 ヒカル牧場  産地 新冠町

回避・抽選・除外対象・○は繰上り順------------
インプロヴァイズ 【 56.0・ 堀 ・(石橋脩) 】
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム 産地 新冠町
クレバーユニバース【 56.0・岩 戸・(柴田善) 】
生産牧場 天羽禮治  産地 日高町
ジャストザオネスト【 56.0・小 笠・(石橋脩) 】
生産牧場 恵比寿興業(株)那須野牧場  産地 栃木県
トウショウプライド【 56.0・武 市・(ブノワ) 】
生産牧場 トウショウ産業(株)トウショウ牧場  産地 新ひだか町
マイネルストラーノ【 56.0・手 塚・(柴田大) 】
生産牧場 ビッグレッドファーム  産地 新冠町
----------------------------------------------

2才王者ロゴタイプの始動が注目点である今年のスプリングS…
今回の結果次第でクラシック路線かマイル路線かを決めると判断できるからには、まずは「同馬の好走(=連対以上)を前提とするか否か」が予想上の基準となるだろう。
もちろん戦った相手は世代最上位であるし、既走経験のある1800mなので常識的には負けても掲示板を外すとは思えないのだが、如何せん同馬を2才王者にしたのはMデムーロの手腕であるのは周知の事実であるからには誰が乗っても鞍上弱化必至となる今回は如何に王者と言えども連対必至とは言い切れないだろう。

それだけにもしも今回のメンバーでロゴタイプを寄せ付けずに勝てる馬が出たなら、弥生賞で東西横綱敗退の流れからも一躍クラシック候補に名乗りを挙げられるはず。
何しろいくらMデムーロのおかげとは言え、当時敵なしのコディーノを破った馬にきっちり後塵を浴びせられるなら候補になる資格は十分だからだ。

では、そのような資格と能力のある馬は何かと診てみると、さすがは東西横綱対決たる弥生賞を回避した“賢い馬たち”らしく「はっきり言って帯短襷長の混戦」である。
ご承知のように今年の京成杯は降雪延期によって鞍上ベリーの人気薄フェイムゲームが優勝し、きさらぎ賞も兄たちの距離性から人気薄となったタマモベストプレイが優勝するという「高評価できないレース結果」になったため、本来ここで好走候補筆頭である京成杯・きさらぎ賞各優勝馬が共に信頼に欠けることこの上ないからだ。
これらロゴタイプを倒す筆頭候補たる重賞勝ち馬に信頼が置けないのであれば自ずと他馬にチャンスありと考えられ、2度輸送というあきらかな状況不利で京成杯2着したアクションスターの底力、セントポーリア賞をきっちり勝ち上がってきたヘルデンテノールの勢い、逸材・好走馬目白押しの若駒Sで1番人気に推されたアドマイヤオウジャの巻返しなどに期待を懸けても問題ないだろう。

これらの状況から、現時点ではロゴタイプの能力を評価しつつも同馬が連対を逃す可能性を考慮した検討をしておくのが正着と判断する。

前予想…↓↓↓
中山11R 第62回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2) 芝1800m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎アクションスター 【 56.0・音 無・(内田博) 】
○アドマイヤオウジャ【 56.0・橋 田・(岩田康) 】
▲ロゴタイプ    【 56.0・田中剛・(Mデム) 】
△ヘルデンテノール 【 56.0・大久洋・(吉田豊) 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
☆タマモベストプレイ【 56.0・南 井・(和 田) 】
☆テイエムダイパワー【 56.0・木 原・(北村友) 】
☆フェイムゲーム  【 56.0・宗 像・(ベリー) 】
☆マンボネフュー  【 56.0・国 枝・(蛯 名) 】
☆マイネルホウオウ 【 56.0・畠山吉・(柴田大) 】

---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消インプロヴァイズ 【 56.0・ 堀 ・(石橋脩) 】
消クレバーユニバース【 56.0・岩 戸・(柴田善) 】
消ザラストロ    【 56.0・武 藤・(松 岡) 】
消サーストンニュース【 56.0・戸 田・(内田博) 】
消ジャストザオネスト【 56.0・小 笠・(石橋脩) 】
消ショウナンダイラ 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名) 】
消シンネン     【 56.0・浅 見・(北村友) 】
消トウショウプライド【 56.0・武 市・(ブノワ) 】
消マイネルストラーノ【 56.0・手 塚・(柴田大) 】
消マズルファイヤー 【 56.0・大久龍・(秋 山) 】
消ワイルドドラゴン 【 56.0・二ノ宮・(蛯 名) 】
----------------------------------------------

現時点の◎~△は前走騎手の良し悪しとローテなどを判断基準に…
◎=京成杯の2着確保は勝ちに等しいものと思えるので!
○=リヤンドファミュ・メイケイペガスターを抑えて若駒S1番人気を評価して!
▲=鞍上弱化も好調時のコディーノを負かした実績は誇れるので!
△=前走勝ちの勢い。☆馬たちと比べて技量的に見劣らない鞍上なので!
☆=展開が向けば妙味ある馬や重賞勝ち馬など面白い馬たちも物足りないさがあるので!
X=ここから馬券になる馬が来るなら大きな理由が必要になるため!(ペリエが乗るとか…笑)

※現時点で“怖い存在”なのがタマモベストプレイ(和田)と思っている。
もちろんきさらぎ賞馬であるので来ても不思議じゃないのだが、きさらぎ賞を勝ってしまったことで『まさか同馬は遺伝子異常で中距離も走れるかもしれない』という怖さが拭いきれないから。ただしそれだとマズルファイヤーも圏内になるのが問題なのだが?(苦笑)

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=21559#expec

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第47回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 結果コラム

桜花賞は波乱確定!

前予想…↓↓↓
阪神11R 第47回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 芝1400m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎メイショウマンボ 【 54.0・飯田明・(武 幸)・川 田 】
○サンブルエミューズ【 54.0・加藤征・(岩田康)・岩田康 】
▲サウンドリアーナ 【 54.0・佐藤正・(Mデムーロ)・戸崎圭 】
△シーブリーズライフ【 54.0・菊 川・(田中勝)・田中勝 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
☆セトノフラッパー 【 54.0・南 井・(池 添)・xxx 】
☆タガノハピネス  【 54.0・鈴木孝・(国分恭)・国分恭 】
☆ナンシーシャイン 【 54.0・岩 戸・(マクドノー)・大 野 】
☆ノーブルコロネット【 54.0・松永幹・(横山典)・xxx 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消アイサレジョウズ 【 54.0・手 塚・(嶋 田)・xxx 】
消ウリウリ     【 54.0・藤原英・(浜 中)・xxx 】
消エイユーモモチャン【 54.0・牧 浦・(川 島)・xxx 】
消エメラルハヤブサ 【 54.0・西 浦・(国分優)・xxx 】
消コスモアンダルシア【 54.0・田中剛・(丹 内)・xxx 】
消サマリーズ    【 54.0・藤岡健・(藤岡佑)・藤岡佑 】
消タニオブローズ  【 54.0・鮫 島・(鮫 島)・xxx 】
消タンスチョキン  【 54.0・ 谷 ・(国分恭)・xxx 】
消テイエムナデシコ 【 54.0・山 内・(丸野勝)・xxx 】
消ティズトレメンダス【 54.0・佐 山・(川 須)・川 須 】
消ドラゴンサクラ  【 54.0・ 森 ・(勝 浦)・xxx 】
消ニシノモンクス  【 54.0・宮 本・(中 井)・xxx 】
消ハイマウンテン  【 54.0・目 野・(国分優)・国分優 】
消ラトーナ     【 54.0・大久龍・(横山典)・xxx 】
消リラコサージュ  【 54.0・藤原英・(福 永)・xxx 】
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
阪神11R 第47回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 芝1400m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎12番サンブルエミューズ【 54.0・加藤征・(岩田康)・岩田康 】
○4番メイショウマンボ 【 54.0・飯田明・(武 幸)・川 田 】
▲5番サウンドリアーナ 【 54.0・佐藤正・(Mデム)・戸崎圭 】
△15番シーブリーズライフ【 54.0・菊 川・(田中勝)・田中勝 】

----------------------------------------------
☆1番ナンシーシャイン 【 54.0・岩 戸・(マクド)・大 野 】その他の伏兵馬
----------------------------------------------
X3番ノーブルコロネット【 54.0・松永幹・(横山典)・池 添 】最終決断の消し馬
X11番タガノハピネス  【 54.0・鈴木孝・(国分恭)・ 幸  】最終決断の消し馬
----------------------------------------------
消2番タンスチョキン  【 54.0・ 谷 ・(国分恭)・国分恭 】前予想時の消し馬
消6番ドラゴンサクラ  【 54.0・ 森 ・(勝 浦)・四 位 】前予想時の消し馬
消7番コスモアンダルシア【 54.0・田中剛・(丹 内)・バルジ 】前予想時の消し馬
消8番ハイマウンテン  【 54.0・目 野・(国分優)・浜 中 】前予想時の消し馬
消9番サマリーズ    【 54.0・藤岡健・(藤岡佑)・藤岡佑 】前予想時の消し馬
消10番ラトーナ     【 54.0・大久龍・(横山典)・藤 田 】前予想時の消し馬
消13番エメラルハヤブサ 【 54.0・西 浦・(国分優)・田中健 】前予想時の消し馬
消14番ニシノモンクス  【 54.0・宮 本・(中 井)・小牧太 】前予想時の消し馬
消16番ティズトレメンダス【 54.0・佐 山・(川 須)・川 須 】前予想時の消し馬
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
阪神11R 第47回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 芝1400m
----------------------------------------------
1着…○4番メイショウマンボ 【 54.0・飯田明・川 田 】
2着…☆1番ナンシーシャイン 【 54.0・岩 戸・大 野 】その他の伏兵馬
3着…消16番ティズトレメンダス【 54.0・佐 山・川 須 】前予想時の消し馬

4着…X3番ノーブルコロネット【 54.0・松永幹・池 添 】最終決断の消し馬
5着…△15番シーブリーズライフ【 54.0・菊 川・田中勝 】
----------------------------------------------
6着…消14番ニシノモンクス  【 54.0・宮 本・小牧太 】前予想時の消し馬
7着…▲5番サウンドリアーナ 【 54.0・佐藤正・戸崎圭 】
8着…消2番タンスチョキン  【 54.0・ 谷 ・国分恭 】前予想時の消し馬
9着…X11番タガノハピネス  【 54.0・鈴木孝・ 幸  】最終決断の消し馬
10着…消7番コスモアンダルシア【 54.0・田中剛・バルジ 】前予想時の消し馬
11着…◎12番サンブルエミューズ【 54.0・加藤征・岩田康 】
12着…消13番エメラルハヤブサ 【 54.0・西 浦・田中健 】前予想時の消し馬
13着…消6番ドラゴンサクラ  【 54.0・ 森 ・四 位 】前予想時の消し馬
14着…消8番ハイマウンテン  【 54.0・目 野・浜 中 】前予想時の消し馬
15着…消10番ラトーナ     【 54.0・大久龍・藤 田 】前予想時の消し馬
16着…消9番サマリーズ    【 54.0・藤岡健・藤岡佑 】前予想時の消し馬
----------------------------------------------

1着メイショウマンボは順当な勝利となったものの、サウンドリアーナ(戸崎圭)とサンブルエミューズ(岩田康)が予想以上の大敗を喫してしまったことに驚きを隠せない。
特に3着にティズトレメンダスが来たことには「如何に今年の牝馬クラシクックが不安定なものか」を如実に表していると言える。

ある意味、今回の結果によって「桜花賞は波乱必至」というのが確定したと言えるだろう。
なぜなら、唯一好走すべきサンブルエミューズが大敗したことで、前日にアネモネSを勝ったクラウンロゼの評価も低く見積もらざるを得ないからにはこれが軸馬と言えるのがクロフネサプライズ1頭になってしまうからだ。
【 しかもその馬が浜中・柴山の騎乗で好走したのに武豊がパクってしまっている不可解な騎手配置の馬なのが問題! 】

また今回の結果に関して言えば、ノーブルコロネット(池添)が4着で権利を取り損ねたことが波乱必至の裏付けとなるだろう。
なぜなら、同馬が今回のメンバーの中で唯一の社台ファーム生産馬だったにも拘わらず、わざわざ横山典を降ろしてまで起用したのに“オルフェーブルに掴まっているだけジョッキーの池添”がティズトレメンダス(川須)をも交わせなかったため「社台系以外の桜花賞馬誕生の可能性向上」をより濃厚にしたからだ。
【 2流ジョッキー上がりの調教師の息子など所詮この程度の実力…オルフェーブルも不幸なジョッキーに跨られてしまったと思わざるを得ない。欧州では安定感に欠けるとして大して評価されてないスミヨンに3冠馬を取られていることでもそれは証明されてるが…調教師の息子でなかったら今頃はよくて障害ジョッキーくらいにしかなれなかったのが池添謙一の実力!(ブザマ) 】

ちなみに、今回大敗してしまったサウンドリアーナ(戸崎圭)とサンブルエミューズ(岩田康)だが、賞金的には桜花賞に出れるものの、一方は休み明けにも拘わらずいくら前走がプラス10kgだったとは言えども大幅マイナスでの参戦で掲示板外しでは次走上積みが期待できないからには巻き返しは難しいだろうし、また一方は直線で前を捉えたにも拘わらずタレて2桁着順ではいくら岩田康と言えどもとても巻き返しはできないだろう。
こう言っては何だが、「やはり厩舎が低レベルの馬はどんなに好成績でも大事なところでは信用できない」と言わざるを得ない。
【 加藤征はフィフスペトルで三浦降ろしという正しい騎手選択したことが却って主催者の怒りを買ったツケがある厩舎。佐藤正などはニシノフラワーを河内に譲ったことで調教師になっただけの厩舎。どちらもここ一番では役に立たない2流という良い証拠になったのが残念! 】

なお、言うまでもなく今回勝ったメイショウマンボは引退したばかりの飯田絡みであるからこそ今回好走したのが一番の要因で、もしも武幸が騎乗していたら「兄ですらパクりと化しているのにもう終わっている武幸」では今回の勝利もなかっただろう。
【 テン乗り川田でここ勝負になったおかげで勝てた! 】
したがって、そんな馬が桜花賞馬になるなどとても考えられず、ましてやお手馬でもないテン乗り川田がトライアルから勝ってしまった馬が桜花賞馬になってしまってはそれこそヤラセになるのが問題である。
【 ただし馬主さんが一流なので桜花賞でも好走する可能性はある…それが怖い! 】

結局、メイショウマンボだけが桜花賞馬になれるチャンスがあるだけで、その他の馬には再度好走の可能性も極めて薄いと言わざるを得ない。
【 ただでさえクロフネサプライズがパクり武豊での優勝馬という今年の桜花賞が波乱にならねばウソとしか思えないの…よって、主催者がどんな馬を持ち上げてくるのかが今年一番の問題となるだろう。何しろ馬の実力ではなく、ここ一番では役立たずのニセ一流ジョッキーたる福永祐一が何度も勝てる桜花賞であるからにはどんな馬が勝っても不思議ではないから! 】

賞賛できるのは大野くんと川須くんの好走だけ…これが今年のフィリーズレビューと言えるだろう。
【 本当に腕があるならティズトレメンダスは交わしてないといけなかったんじゃないかな池添くんは…(お見事な腕前に苦笑が止まない!) 】

それにしても今年の牝馬戦線は「何とまあ低レベルなのか」と落胆させられるばかり…スイートサルサの桜花賞回避がもったいない!
【 三浦より上手い田辺なのに主催者がニセジョッキーばかりに良い馬回してるのが虚しくてならない…このままでは桜花賞もヤラセ三浦の優勝が起こりそうでエピファネイアの祐一と合わせて最低の春クラシック競馬に尚更ガッカリである! 】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第47回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 予想コラム

実績なら三つ巴濃厚?

登録23頭。フルゲート16頭。サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢 1400m 芝・右

馬名 【 斤量・厩舎・(前走騎手)・予定騎手 】
社台系生産馬----------------------------------
サンブルエミューズ【 54.0・加藤征・(岩田康)・岩田康 】

父 ダイワメジャー    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 (有)キャロットファーム
母 ヴィートマルシェ  母の父 フレンチデピュティ 母の母 キョウエイマーチ
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町

その他生産馬----------------------------------
コスモアンダルシア【 54.0・田中剛・(丹 内)・xxx 】
父 アドマイヤマックス  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)ビッグレッドファーム
母 コスモルビー  母の父 Soviet STAR 母の母 Robinia
生産牧場 ビッグレッドファーム  産地 新冠町
ティズトレメンダス【 54.0・佐 山・(川 須)・川 須 】
父 Tiz Wonderful    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 岡田牧雄
母 Proof Positive  母の父 Editor'S Note 母の母 Rabida  
生産牧場 Morgan'S Ford Farm  産地 米
サウンドリアーナ 【 54.0・佐藤正・(Mデムーロ)・戸崎圭 】
父 ケイムホーム     性別 牝 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 増田雄一
母 オテンバコマチ  母の父 ダンシングブレーヴ 母の母 ボールドワン
生産牧場 水上習孝  産地 新ひだか町
サマリーズ    【 54.0・藤岡健・(藤岡佑)・藤岡佑 】
父 Hard Spun      性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 H.R.H.プリンセス・ハヤ
母 ミスアドーラブル  母の父 Mr. Prospector 母の母 Compassionate
生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)  産地 日高町
シーブリーズライフ【 54.0・菊 川・(田中勝)・田中勝 】
父 アドマイヤジャパン  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 飯田正剛
母 プレシャスライフ  母の父 タイキシャトル 母の母 スターマイライフ
生産牧場 千代田牧場  産地 新ひだか町
タガノハピネス  【 54.0・鈴木孝・(国分恭)・国分恭 】
父 タガノゲルニカ    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 八木良司
母 タガノラフレシア  母の父 エリシオ 母の母 スプリンターキャット
生産牧場 (有)新冠タガノファーム  産地 新冠町
タンスチョキン  【 54.0・ 谷 ・(国分恭)・xxx 】
父 ストラヴィンスキー  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 栗本博晴
母 ジャウンティング  母の父 Seattle Slew 母の母 Jode
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町
ナンシーシャイン 【 54.0・岩 戸・(マクドノー)・大 野 】
父 ブラックタキシード  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 三ツ矢組合
母 ダーリントウショウ  母の父 トウシヨウボーイ 母の母 セリナトウシヨウ
生産牧場 下村繁正  産地 新ひだか町
ハイマウンテン  【 54.0・目 野・(国分優)・国分優 】
父 アルデバラン2    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 北前孔一郎
母 ラブポエット  母の父 Daylami 母の母 ラブバティータ
生産牧場 豊郷牧場  産地 日高町
メイショウマンボ 【 54.0・飯田明・(武 幸)・川 田 】
父 スズカマンボ     性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 松本好雄
母 メイショウモモカ  母の父 グラスワンダー 母の母 メイショウアヤメ
生産牧場 高昭牧場  産地 浦河町

回避・抽選・除外対象・○は繰上り順------------ 社台系生産馬
ウリウリ     【 54.0・藤原英・(浜 中)・xxx 】
父 ディープインパクト  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 青毛 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ウィキウィキ  母の父 フレンチデピュティ 母の母 リアルナンバー
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
ラトーナ     【 54.0・大久龍・(横山典)・xxx 】
父 Dansili       性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)シルク
母 レト2  母の父 Diesis 母の母 Lingerie 
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
セトノフラッパー 【 54.0・南 井・(池 添)・xxx 】
父 タイキシャトル    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 難波澄子
母 マルカアイチャン  母の父 フレンチデピュティ 母の母 マルカコマチ
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
ノーブルコロネット【 54.0・松永幹・(横山典)・xxx 】
父 ディープインパクト  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)G1レーシング
母 ノーブルステラ  母の父 Monsun 母の母 Noble Pearl
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市

回避・抽選・除外対象・○は繰上り順------------ その他生産馬
アイサレジョウズ 【 54.0・手 塚・(嶋 田)・xxx 】
父 Refuse to Bend   性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)ミルファーム
母 ロシャーニ  母の父 Kris 母の母 Maratona
生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)  産地 日高町
ドラゴンサクラ  【 54.0・ 森 ・(勝 浦)・xxx 】
父 ステイゴールド    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 青鹿毛 馬主 大久保和夫
母 ドバイソプラノ  母の父 Zafonic 母の母 Ring of Music
生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)  産地 日高町
エイユーモモチャン【 54.0・牧 浦・(川 島)・xxx 】
父 サクラバクシンオー  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 笹部義則
母 ヘリテージゴールド  母の父 フジキセキ 母の母 ビューティフルゴールド
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町
ニシノモンクス  【 54.0・宮 本・(中 井)・xxx 】
父 タニノギムレット   性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 西山茂行
母 パープルストック  母の父 フレンチデピュティ 母の母 パープルホワイト
生産牧場 メイプルファーム  産地 日高町
エメラルハヤブサ 【 54.0・西 浦・(国分優)・xxx 】
父 タイキシャトル    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 高橋勉
母 トウヨウロイヤル  母の父 Royal Academy 母の母 オーミディア
生産牧場 高村伸一  産地 様似町
タニオブローズ  【 54.0・鮫 島・(鮫 島)・xxx 】
父 ネオユニヴァース   性別 牝 馬齢 3歳  毛色 鹿毛 馬主 谷研司
母 サンタローズ  母の父 パントレセレブル 母の母 ユキノローズ
生産牧場 村下明博  産地 浦河町
テイエムナデシコ 【 54.0・山 内・(丸野勝)・xxx 】
父 ゼンノロブロイ    性別 牝 馬齢 3歳  毛色 黒鹿毛 馬主 竹園正繼
母 アワーミスレッグス  母の父 DEPUTY Minister 母の母 Colonial Waters
生産牧場 タニグチ牧場  産地 新冠町
リラコサージュ  【 54.0・藤原英・(福 永)・xxx 】
父 ブライアンズタイム  性別 牝 馬齢 3歳  毛色 栗毛 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 サッカーマム  母の父 Kingmambo 母の母 Traverse City
生産牧場 ケイアイファーム  産地 新ひだか町
----------------------------------------------

同週に行われる中山1600m戦アネモネSに重賞勝ち馬( クラウンロゼ )が回っている所為か、メンバー的に華のない低レベル感が否めない今年のフィリーズレビュー。
騎手動向が確定してない現時点ではサンブルエミューズ、サウンドリアーナ、メイショウマンボの3頭が実績面でリードしていると推測されるだけにこの3頭を無闇に消すことはできないだろう。
何しろその他伏兵馬たちが『何じゃこのダート馬の群は!』と思われる状況だからだ。

前予想…↓↓↓
阪神11R 第47回 報知杯フィリーズレビュー(G2) 芝1400m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎メイショウマンボ 【 54.0・飯田明・(武 幸)・川 田 】
○サンブルエミューズ【 54.0・加藤征・(岩田康)・岩田康 】
▲サウンドリアーナ 【 54.0・佐藤正・(Mデムーロ)・戸崎圭 】
△シーブリーズライフ【 54.0・菊 川・(田中勝)・田中勝 】

---------------------------------------------- その他の伏兵馬
☆セトノフラッパー 【 54.0・南 井・(池 添)・xxx 】
☆タガノハピネス  【 54.0・鈴木孝・(国分恭)・国分恭 】
☆ナンシーシャイン 【 54.0・岩 戸・(マクドノー)・大 野 】
☆ノーブルコロネット【 54.0・松永幹・(横山典)・xxx 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消アイサレジョウズ 【 54.0・手 塚・(嶋 田)・xxx 】
消ウリウリ     【 54.0・藤原英・(浜 中)・xxx 】
消エイユーモモチャン【 54.0・牧 浦・(川 島)・xxx 】
消エメラルハヤブサ 【 54.0・西 浦・(国分優)・xxx 】
消コスモアンダルシア【 54.0・田中剛・(丹 内)・xxx 】
消サマリーズ    【 54.0・藤岡健・(藤岡佑)・藤岡佑 】
消タニオブローズ  【 54.0・鮫 島・(鮫 島)・xxx 】
消タンスチョキン  【 54.0・ 谷 ・(国分恭)・xxx 】
消テイエムナデシコ 【 54.0・山 内・(丸野勝)・xxx 】
消ティズトレメンダス【 54.0・佐 山・(川 須)・川 須 】
消ドラゴンサクラ  【 54.0・ 森 ・(勝 浦)・xxx 】
消ニシノモンクス  【 54.0・宮 本・(中 井)・xxx 】
消ハイマウンテン  【 54.0・目 野・(国分優)・国分優 】
消ラトーナ     【 54.0・大久龍・(横山典)・xxx 】
消リラコサージュ  【 54.0・藤原英・(福 永)・xxx 】
----------------------------------------------

現時点の◎~△のシルシはあくまで“ 仮り ”でその他以下は単なる五十音順である。

近年は牝馬の逸材が大いに活躍しているが、今年は“アパパネ世代並みの低レベル”と思われ、「 阪神JFが大穴だと世代レベルは低い 」と言われるのは正しいと思えてならない…(納得)

ちなみに、現時点で穴馬として注目しているのがタガノハピネスであり、前走が平場500万ダート1400m戦10番人気1着という馬ながら、今回のメンバーなら脚抜きの良い重ダート勝ちの勢いで好走できるかもと感じたから…
【 国分優( 双子の上手くない方 )も登録されてることから『 ならば国分恭( 双子の下手じゃない方 )あたりが重賞で芽を出すのでは!? 』という騎手先物買いの波乱期待からだけど…(苦笑) 】

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=21432

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第50回 報知杯弥生賞(G2) 結果コラム

大波乱の要因

前予想…↓↓↓
中山11R 第50回 報知杯弥生賞(G2) 芝2000m 
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎エピファネイア  【 56.0・角 居・(福 永) 】
○コディーノ    【 56.0・藤沢和・(横山典) 】
▲キズナ      【 56.0・佐々晶・(武 豊) 】
△カミノタサハラ  【 56.0・国 枝・(蛯 名) 】
---------------------------------------------- その他の伏兵馬
☆サトノネプチューン【 56.0・ 堀 ・(ムーア) 】
☆バッドボーイ   【 56.0・河 内・(勝 浦) 】
☆ヘミングウェイ  【 56.0・藤原英・(池 添) 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消エフティシリウス 【 56.0・鹿戸雄・(ルメール) 】
消クロスボウ    【 56.0・大久洋・(吉田豊) 】
消ダービーフィズ  【 56.0・小島太・(蛯 名) 】
消トルークマクト  【 56.0・尾 関・(柴田大) 】
消トーセンワープ  【 56.0・大久洋・(内田博) 】
消マイネルクロップ 【 56.0・飯田雄・(ビュイック) 】
消マクベスバローズ 【 56.0・小 笠・(北村宏) 】
消ミヤジタイガ   【 56.0・岩 元・(和 田) 】
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
中山11R 第50回 報知杯弥生賞(G2) 芝2000m 
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎12番エピファネイア  【 56.0・角 居・(福 永)・ビュイック 】
○3番コディーノ    【 56.0・藤沢和・(横山典)・横山典 】
▲9番バッドボーイ   【 56.0・河 内・(勝 浦)・勝 浦 】
△6番キズナ      【 56.0・佐々晶・(武 豊)・武 豊 】
---------------------------------------------- その他の伏兵馬
☆8番カミノタサハラ  【 56.0・国 枝・(蛯 名)・内田博 】
☆11番サトノネプチューン【 56.0・ 堀 ・(ムーア)・戸崎圭 】
---------------------------------------------- 最終決断の消し馬
X7番ヘミングウェイ  【 56.0・藤原英・(池 添)・浜 中 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消1番クロスボウ    【 56.0・大久洋・(吉田豊)・吉田豊 】
消2番トーセンワープ  【 56.0・大久洋・(内田博)・柴田善 】
消4番ミヤジタイガ   【 56.0・岩 元・(和 田)・和 田 】
消5番マイネルクロップ 【 56.0・飯田雄・(ビュイック)・柴田大 】
消10番ダービーフィズ  【 56.0・小島太・(蛯 名)・蛯 名 】
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
中山11R 第50回 報知杯弥生賞(G2) 芝2000m 
----------------------------------------------
1着…☆8番カミノタサハラ  【 56.0・国 枝・内田博 】 その他の伏兵馬
2着…消4番ミヤジタイガ   【 56.0・岩 元・和 田 】 前予想時の消し馬
3着…○3番コディーノ    【 56.0・藤沢和・横山典 】

4着…◎12番エピファネイア  【 56.0・角 居・ビュイック 】
5着…△6番キズナ      【 56.0・佐々晶・武 豊 】

----------------------------------------------
6着…X7番ヘミングウェイ  【 56.0・藤原英・浜 中 】 最終決断の消し馬
7着…消10番ダービーフィズ  【 56.0・小島太・蛯 名 】 前予想時の消し馬
8着…消5番マイネルクロップ 【 56.0・飯田雄・柴田大 】 前予想時の消し馬
9着…消1番クロスボウ    【 56.0・大久洋・吉田豊 】 前予想時の消し馬
10着…▲9番バッドボーイ   【 56.0・河 内・勝 浦 】
11着…☆11番サトノネプチューン【 56.0・ 堀 ・戸崎圭 】 その他の伏兵馬
12着…消2番トーセンワープ  【 56.0・大久洋・柴田善 】 前予想時の消し馬
----------------------------------------------

『さすがは国枝厩舎&大馬主さん』はもちろん、テン乗り鞍上の内田博も『さすがは戸崎圭の先輩』という腕を見せての伏兵人気優勝…これで同馬も一躍クラシック候補に!
正直、ホープフルSでサトノネプチューンに敗れていたことから中山コースでは届かない可能性大と踏んだのだが、2強が休み明けという隙を突いたとは言え「如何に騎手が本物だとここ一番で勝ち切れるか」を見せられたことにとても感心させられた。
【 ただし今回は展開が向いたことだけは確かだと思われるのでいきなり本番大本命とは言えないだろう! 】

カミノタサハラより驚いたミヤジタイガの大激走!
いくら主戦が降りてないとは言え『いくら穴男でもここで馬券になるのはムリだろ』と多寡を括っていたので開いた口が塞がらなかった。
言えることは、常に先行競馬のできる素直な気性の馬であったことが今回の大波乱を生んだ要因であること。そして、「リヤンドファミュってやっぱり強い馬なんだ」というのが判明したことだろう。
【 あとは“新人デビュー週で叔父さん和田くんが頑張った”としか言えない!(驚愕) 】

『やっぱりやらかしたかノリ』と言えるコディーノのイン突き3着!
過去の鋭さは見せられなかったものの狭いインを突きながら馬は最後まで伸びていたのはさすがであったが、ルルーシュと同じ落し穴にハマってしまった格好なのが横山典らしくって惜しまれてならない。それでも2000mの距離性問題をクリアしたことが今回の収穫だったと思われる。
【 前日にオーシャンSを横山典が勝ったのが余計…休み明け好走する藤沢和厩舎の管理馬なので本番分の上積みが残っているかがとても心配。(何せ牧場頼みなので…笑!) 】

王道競馬で最後に捕まったエピファネイアが4着!
直線坂下で競り合った先行馬たちを突き放した瞬間はさすがと思ったが、1~3着馬に捕まった時にはもう脚が残っていなかったのにはガッカリさせられた。
しかしながら、今回初めて澱みないペースを経験、休み明け、初東上での王道競馬で少差4着ならまだまだ見限ることはできない。また、今回急遽乗り代わりとなったビュイックも何らミスした訳ではないので脚質面から推察すれば皐月賞でも有力の1頭であることは変わらないだろう。
【 問題は本番で祐一がどんな位置取りをできるか。ある意味ここが叩き台として上積みさえあれば「とうとうヤラセ祐一のヤラセクラシック勝ち」という悲劇を目にすることになるかもしれない。大変残念なことではあるが…悲 】

末脚に賭けたキズナはやっぱりの掲示板5着!
直線勝負に賭けた武豊の騎乗は「さすが初代創作天才」と言える好判断であったが、展開が向いた末脚勝負に徹しても皐月賞の権利が取れなかったことで同馬がワンランク下であるのを証明したのが惜しまれるところ。
【 やはり今の武豊を起用している時点でクラシックとは無縁という良い証拠! 】

大穴3着を期待したバッドボーイはやっぱり鞍上がカスで10着…
『勝浦が如何に果敢に乗るか』…これだけが見モノだったが、逃げたのが戸崎圭サトノネプチューンになってしまった時点で惨敗確定となってしまった。
【 勝浦くんはもう表開催で乗らないで欲しい。普通なら弥生賞など乗れないのに河内師がチャンスをくれたのにまたもハンパな先行で終わってしまったのでは邪魔なだけだから!(若いだけ中井くんの方がまだ伸びしろがあってマシ…減量騎手だから乗れないけど!) 】

逃げ惨敗もサトノネプチューンの逃げが波乱の要因…
当初からの戦術だったのかは定かではないが、同馬が逃げた瞬間にバッドボーイが“本当のバッドボーイ”になってしまった。それでも今回のメンバーは現世代最強馬の集まりなので、ホープフルS以来のレースで思い切った戦術で臨んだ同馬の関係者の意気込みは十分伝わった。
また、同馬がペースを維持した逃げを打ったおかげで今後の参考になる多くの事柄が分かったことが何よりありがたかったと言えるだろう。
【 たとえば勝浦くん(=競馬学校並みレベル騎手)とウィリアムスの技量差は最低でも1.0秒差(=約5馬身)あること。戸崎圭と勝浦くんの技量差は少なくとも3馬身差はあること=現時点で関東第2位の技量は確実にある=彼の天敵は内田博であるということ! 】

☆今回の大波乱によって一転して牡馬クラシックが混戦化したように思われるところだが、2強がそれぞれここを叩き台としている可能性があるからには依然として2強が上位にいると考えるのが正着と思われる。問題は2強がちゃんと今回余裕残しの臨戦であるか否かだろう。
ただし、2強それぞれに不安材料はあるので本番が一騎打ちにならない可能性が高まったのは間違いない…何しろ一方は次回は祐一乗り戻しで鞍上弱化になる代わりにもっと競馬学校騎手の援護が受けられる可能性大という2代目武豊風ヤラセ王のう利点があり、もう一方は馬の能力値なら筆頭もすでに牡馬クラシック全て勝っている順番外の存在横山典であるのに加え、厩舎が牡馬クラシック実績がない藤沢和であるという大きなハンデを背負っているから…
【 祐一が勝ったら「競馬はヤラセ」と証明されてしまうだけにやはり心情的には横山典が勝った方がまだマシだと思うばかり…できることならエピファはルメールかMデムーロに、コディーノはウィリアムスになると安心できるのだが…これなら本当の馬の実力も出るしネ!(笑) 】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第20回 チューリップ賞(G3) 結果コラム

とうとう武豊も柴田善に…

前予想…↓↓↓
阪神11R 第20回 チューリップ賞(G3) 芝1600m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎レッドオーヴァル 【 54.0・安田隆・(ルメール) 】
○ローブティサージュ【 54.0・須貝尚・(秋 山) 】
▲クロフネサプライズ【 54.0・田所秀・(柴 山) 】
△ヴィルジニア   【 54.0・松田博・(川 田) 】
---------------------------------------------- その他の伏兵馬
☆アユサン     【 54.0・手 塚・(丸 山) 】
☆ウインプリメーラ 【 54.0・大久龍・(岩田康) 】
☆プリンセスジャック【 54.0・加 用・(福 永) 】
☆ラトーナ     【 54.0・大久龍・(横山典) 】
---------------------------------------------- 現時点での消し馬
消アルテミシア   【 54.0・藤沢則・(荻 野) 】
消ウリウリ     【 54.0・藤原英・(浜 中) 】
消エクスパーシヴ  【 54.0・牧 浦・(川 島) 】
消グッドレインボー 【 54.0・ 宮 ・(福 永) 】
消コズミックショア 【 54.0・今 野・(浜 中) 】
消ピッチシフター  【 54.0・地 方・(阪 野) 】
消ベアトリッツ   【 54.0・音 無・(岩田康) 】
消レッドフォーチュン【 54.0・友 道・(ビュイック) 】
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
阪神11R 第20回 チューリップ賞(G3) 芝1600m
---------------------------------------------- ( )は前走騎手
◎15番レッドオーヴァル 【 54.0・安田隆・(ルメール)・Cデムーロ 】
○14番ローブティサージュ【 54.0・須貝尚・(秋 山)・秋 山 】
▲12番ヴィルジニア   【 54.0・松田博・(川 田)・池 添 】
△7番クロフネサプライズ【 54.0・田所秀・(柴 山)・武 豊 】

---------------------------------------------- 最終決断の消し馬
X5番プリンセスジャック【 54.0・加 用・(福 永)・松 山 】
X6番アユサン     【 54.0・手 塚・(丸 山)・丸 山 】
X13番ウインプリメーラ 【 54.0・大久龍・(岩田康)・和 田 】
---------------------------------------------- 前予想時の消し馬
消1番グッドレインボー 【 54.0・ 宮 ・(福 永)・ビュイック 】
消2番アルテミシア   【 54.0・藤沢則・(荻 野)・ 幸  】
消3番エクスパーシヴ  【 54.0・牧 浦・(川 島)・川 島 】
消4番ウリウリ     【 54.0・藤原英・(浜 中)・浜 中 】
消8番レッドフォーチュン【 54.0・友 道・(ビュイック)・四 位 】
消9番コズミックショア 【 54.0・今 野・(浜 中)・岩田康 】
消10番ベアトリッツ   【 54.0・音 無・(岩田康)・太 宰 】
消11番ピッチシフター  【 54.0・地 方・(阪 野)・岡部誠 】
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
阪神11R 第20回 チューリップ賞(G3) 芝1600m
----------------------------------------------
1着…△7番クロフネサプライズ【 54.0・田所秀・武 豊 】
2着…X13番ウインプリメーラ 【 54.0・大久龍・和 田 】 最終決断の消し馬
3着…X6番アユサン     【 54.0・手 塚・丸 山 】 最終決断の消し馬
4着…▲12番ヴィルジニア   【 54.0・松田博・池 添 】
5着…消1番グッドレインボー 【 54.0・ 宮 ・ビュイック 】 前予想の消し馬

----------------------------------------------
6着…消4番ウリウリ     【 54.0・藤原英・浜 中 】 前予想時の消し馬
7着…◎15番レッドオーヴァル 【 54.0・安田隆・Cデムーロ 】
8着…X5番プリンセスジャック【 54.0・加 用・松 山 】 最終決断の消し馬
9着…○14番ローブティサージュ【 54.0・須貝尚・秋 山 】
10着…消9番コズミックショア 【 54.0・今 野・岩田康 】 前予想時の消し馬
11着…消10番ベアトリッツ   【 54.0・音 無・太 宰 】 前予想時の消し馬
12着…消8番レッドフォーチュン【 54.0・友 道・四 位 】 前予想時の消し馬
13着…消3番エクスパーシヴ  【 54.0・牧 浦・川 島 】 前予想時の消し馬
14着…消11番ピッチシフター  【 54.0・地 方・岡部誠 】 前予想時の消し馬
15着…消2番アルテミシア   【 54.0・藤沢則・ 幸  】 前予想時の消し馬
----------------------------------------------

クロフネサプライズの先行力はもちろん警戒していたが、まさか他馬の騎手たちが誰も競りに行かなかったのには唖然とさせられた。
【 「ユタカ、お前もか!」…(祐一と同類) 】
とうとう武豊も柴田善のような騎手になってしまったことにガッカリさせられた…
柴田善のような騎手とは「 他者の馬パクり騎手=他者で好結果出した馬をパクる先輩・格上騎手、もしくは優秀な馬を格上騎手から回してもらって馬券になる格下の競馬学校騎手 」の比喩である。

こうした騎手たちでレースが決まってしまった場合、それがどんなに重要なレースでもそのレースから後に大成する馬が出る可能性は低くなるため今年のチューリップ賞がそんな騎手の1・2着で決まってしまったことが大変残念でならない。
【 柴山で大穴あけた馬をパクった武豊はまだしも岩田康が好走させた馬を和田に代えて2着なんて騎手技量からしてもヤラセでなければ有り得ない。恥ずかしくないのか和田くんは?…こんなんだから「外人天国中央競馬」になるのである! 】

ちなみに、別路線の結果がまだ定まってないので確定とは言えないが、現時点ではおそらくクロフネサプライズが優勝候補筆頭として桜花賞でも①番人気になると思われる。
なぜなら、今年の3才牝馬戦線はフェアリーSのクラウンロゼのように三浦騎乗なのに逃切り勝ちしてしまう“胡散臭さ満載”の牝馬が重賞勝ち馬に多いため誰もが低レベルであることを認識できるからには『三浦や祐一のような変な騎手がG1勝つくらいならまだ武豊の方がマシ』と考えるまともな意識の方たちが増えると推測できるから!

果たして武豊は浜中で2勝し柴山でG1連対した馬でのうのうと桜花賞を勝ってしまうのだろうか…今回の1・2着鞍上を見て、何だか騎手界がどんどん未熟になっているように感じてしまったのは私だけではないだろう!
【 何とも溜息しか出ない内容に“スカッとした騎乗を見せてくれる騎手の登場がないものかと”思わずにいられない…さすがの戸崎圭もいきなり初年度からクラシック勝ちを期待するのはさすがに酷だろう…戸崎への期待は早くても安田記念、普通は今秋のG1戦線が妥当と思われるので! 】

なお、レッドオーヴァルとローブティサージュはもう見限って良い…!
レッドオーヴァルはここに来てマイナス10kgの馬体減になってしまってはとても今後の期待はできない( =小柄な牝馬が本番直前で大幅馬体重減で巻返すなどほぼ不可能 )。
またローブティサージュは唯一の実績馬だったのに今回9着と入着すら逃しているようではとても秋山くんような祐一のお仲間未熟者で巻き返せる訳がないからだ。何より自らの強いお手馬をダート戦の見せ馬にされるようなジョッキーが一度大敗してしまってはヤラセでも巻返せないこと必至である。
【 やっぱり秋山くんは「ゴールドシップを降ろされ、グランデッツァを凡馬にする低レベル騎手」でしかないということ! 】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »