« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

第63回 安田記念(G1) 予想コラム

これぞ多士済々(たしせいせい)

特別登録25頭。フルゲート18頭。サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 1600m 芝・左
馬 名【 斤量・厩舎・(前走騎手)・予定騎手 】前走/前々走結果(○は人気)
優先出走…レーティング上位5頭--------------------------
 ロードカナロア  【 58.0・安田隆・(岩田康)・岩田康 】高松宮記念1着①
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディブラッサム  母の父 Storm Cat 母の母 サラトガデュー
生産牧場 ケイアイファーム  産地 新ひだか町
 サダムパテック  【 58.0・西 園・(武 豊)・武 豊 】京王杯SC7着③
父 フジキセキ     性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 大西定
母 サマーナイトシティ  母の父 エリシオ 母の母 ダイアモンドシティ
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
 グランプリボス  【 58.0・矢 作・(浜 中)・内田博 】マイラーズC1着⑤
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)グランプリ
母 ロージーミスト  母の父 サンデーサイレンス 母の母 ビューティフルベーシック
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
 ショウナンマイティ【 58.0・梅田智・(浜 中)・浜 中 】産経大阪杯2着②
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬齢 5歳  毛色 青鹿 馬主 国本哲秀
母 ラグジャリー  母の父 Storm Cat 母の母 Alleged Devotion
生産牧場 矢野牧場  産地 新ひだか町
 ダークシャドウ  【 58.0・ 堀 ・(戸崎圭)・戸崎圭 】産経大阪杯5着③/有馬記念6着④
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬齢 6歳  毛色 栗毛 馬主 飯塚知一
母 マチカネハツシマダ  母の父 Private Account 母の母 Yousefia
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市

優先出走…賞金上位11頭----------------------------------
 サクラゴスペル  【 58.0・尾 関・(横山典)・横山典 】高松宮記念4着④
父 サクラプレジデント 性別 牡 馬齢 5歳 毛色 黒鹿 馬主 (株)さくらコマース
母 サクラブルース   母の父 Cure The Blues 母の母 スループリンセス
生産牧場 山田牧場  産地 新ひだか町
 カレンブラックヒル【 58.0・平 田・(秋 山)・秋 山 】マイラーズC4着①
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬齢 4歳 毛色 黒鹿 馬主 鈴木隆司
母 チャールストンハーバー  母の父 Grindstone 母の母 Penny'S Valentine
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
 ダイワマッジョーレ【 58.0・矢 作・(蛯 名)・蛯 名 】京王杯SC1着①
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬齢 4歳 毛色 鹿毛 馬主 大城敬三
母 ファンジカ   母の父 Law Society  母の母 Florie
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
 ガルボ      【 58.0・清水英・(石橋脩)・石橋脩 】京王杯SC3着⑥
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬齢 6歳  毛色 青毛 馬主 石川一義
母 ヤマトダマシイ  母の父 ジェネラス 母の母 ハハゴゼン
生産牧場 高村伸一  産地 様似町
 シルポート    【 58.0・西 園・(酒 井)・酒 井 】京王杯SC16着⑧/マイラーズC14着④
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬齢 8歳 毛色 鹿毛 馬主 河崎五市
母 スペランツァ   母の父 サンデーサイレンス 母の母 フジャブ
生産牧場 タイヘイ牧場  産地 静内町
 フィフスペトル  【 58.0・加藤征・(浜 中)・北村友 】京王杯SC17着⑬/マイラーズC5着⑬
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬齢 7歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)キャロットファーム
母 ライラックレーン  母の父 Bahri 母の母 Lilac Garden
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
 ナカヤマナイト  【 58.0・二ノ宮・(柴田善)・柴田善 】新潟大賞典5着①
父 ステイゴールド   性別 牡 馬齢 5歳 毛色 栗毛 馬主 和泉信一
母 フィジーガール  母の父 カコイーシーズ 母の母 ツバキヒメ
生産牧場 沖田牧場  産地 日高町
 スマイルジャック 【 58.0・小桧山・(柴 山)・田 辺 】新潟大賞典14着⑪
父 タニノギムレット  性別 牡 馬齢 8歳 毛色 黒鹿 馬主 齊藤四方司
母 シーセモア  母の父 サンデーサイレンス 母の母 カイウンテンシ
生産牧場 上水牧場  産地 鵡川町
 ヴィルシーナ   【 56.0・友 道・(内田博)・ウィリアムス 】ヴィクトリアM1着①/産経大阪杯6着④
父 ディープインパクト 性別 牝 馬齢 4歳 毛色 青毛 馬主 佐々木主浩
母 ハルーワスウィート  母の父 Machiavellian 母の母 ハルーワソング
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
 マイネイサベル  【 56.0・水 野・(柴田大)・松 岡 】ヴィクトリアM3着⑤
父 テレグノシス    性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 マイネレジーナ  母の父 サンデーサイレンス 母の母 フミノスキー
生産牧場 高橋修  産地 新ひだか町
 エーシントップ  【 54.0・西 園・(内田博)・福永祐 】NHKマイルC7着①
父 Tale of The Cat   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 黒鹿 馬主 (株)栄進堂
母 Ecology  母の父 Unbridled'S Song 母の母 Gdansk'S Honour
生産牧場 Randal FamilyTrust, R David & Marylyn A Randal Trustees  産地 米

優先出走…地方馬、外国馬--------------------------------
 グロリアスデイズ【 58.0・ホワイト 】
 ヘレンスピリット【 58.0・モッセ 】

除外対象----------------------------
レオアクティブ  【 58.0・杉 浦・(田 辺)・xxx 】京王杯SC4着⑨
父 アドマイヤムーン  性別 牡 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 田中博之
母 レオソレイユ  母の父 オペラハウス 母の母 ホマレノプリンセス
生産牧場 谷口牧場  産地 浦河町
トウケイヘイロー 【 58.0・清水久・(内田博)・xxx 】京王杯SC8着②
父 ゴールドヘイロー  性別 牡 馬齢 4歳  毛色 鹿毛 馬主 木村信彦
母 ダンスクィーン  母の父 ミルジヨージ 母の母 ハイネスポート
生産牧場 中村和夫  産地 浦河町
サンレイレーザー 【 58.0・高橋忠・(和 田)・xxx 】マイラーズC2着⑧
父 ラスカルスズカ   性別 牡 馬齢 4歳  毛色 鹿毛 馬主 永井啓弍
母 サンレイククイン  母の父 Cozzene 母の母 レイクワース
生産牧場 岡野牧場  産地 新ひだか町
ダノンシャーク  【 58.0・大久龍・(Cデムーロ)・Cデムーロ 】マイラーズC3着③
父 ディープインパクト 性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)ダノックス
母 カーラパワー  母の父 Caerleon 母の母 Jabali
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町
クラレント    【 58.0・橋 口・(岩田康)・xxx 】マイラーズC8着②
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 前田晋二
母 エリモピクシー  母の父 ダンシングブレーヴ 母の母 エリモシユーテング
生産牧場 ノースヒルズマネジメント  産地 新冠町
ファイナルフォーム【 58.0・ 堀 ・(Mデムーロ)・xxx 】マイラーズC9着⑥
父 ディープインパクト 性別 牡 馬齢 4歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)社台レースホース
母 ファイナルデスティネーション  母の父 O'Reilly 母の母 Logical Lady
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
ハナズゴール   【 56.0・加藤和・(浜 中)・xxx 】ヴィクトリアM6着②
父 オレハマッテルゼ  性別 牝 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 M.タバート
母 シャンハイジェル  母の父 シャンハイ 母の母 ロイヤルジェリー
生産牧場 不二牧場  産地 浦河町
タムロスカイ   【 58.0・西 園・(田中勝)・xxx 】メイS1着⑯
父 フジキセキ     性別 牡 馬齢 6歳  毛色 栗毛 馬主 谷口屯
母 タムロチェリー  母の父 セクレト 母の母 ミスグローリー
生産牧場 諏訪牧場  産地 青森県

トライアンフマーチ …ケガ引退
--------------------------------------------------------

近走重賞勝ち馬ですら出走できない今年の安田記念……
除外対象の中にさえ伏兵候補に成り得る馬たちがゴロゴロいるという「まさしく多士済々」のメンバー構成となっている。
ただし、ここで一線を引く材料となるのが「優先出走…レーティング上位5頭」であり、特に賞金的には本来出走できなかったショウナンマイティの存在は今回大きなポイントとなるだろう。
つまり、ショウナンマイティがここで好走できなければレーティング馬優先の意味がないと考えてレーティング組を重視するか、それとも敢えてカレンブラックヒル・ダイワマッジョーレ・ナカヤマナイト・ヴィルシーナなどに期待するかが予想の根本になるということ。
なお、これらを踏まえても「中心を担うのは世界で結果を出したロードカナロアの取捨」であることに誰も異論はないはずで、ダービーに騎乗できなかった岩田康がここで鬱憤を晴らすか否かが問題になるだろう。

前予想…↓↓↓
東京11R 第63回 安田記念(G1) 芝1600m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎ロードカナロア  【 58.0・安田隆・(岩田康)・岩田康 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)ロードホースクラブ
生産牧場 ケイアイファーム  産地 新ひだか町
○ショウナンマイティ【 58.0・梅田智・(浜 中)・浜 中 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬齢 5歳  毛色 青鹿 馬主 国本哲秀
生産牧場 矢野牧場  産地 新ひだか町
▲ダークシャドウ  【 58.0・ 堀 ・(戸崎圭)・戸崎圭 】
父 ダンスインザダーク 性別 牡 馬齢 6歳  毛色 栗毛 馬主 飯塚知一
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
△グランプリボス  【 58.0・矢 作・(浜 中)・内田博 】
父 サクラバクシンオー 性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)グランプリ
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
△カレンブラックヒル【 58.0・平 田・(秋 山)・秋 山 】
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬齢 4歳 毛色 黒鹿 馬主 鈴木隆司
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
△ダイワマッジョーレ【 58.0・矢 作・(蛯 名)・蛯 名 】
父 ダイワメジャー   性別 牡 馬齢 4歳 毛色 鹿毛 馬主 大城敬三
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
△ナカヤマナイト  【 58.0・二ノ宮・(柴田善)・柴田善 】
父 ステイゴールド   性別 牡 馬齢 5歳 毛色 栗毛 馬主 和泉信一
生産牧場 沖田牧場  産地 日高町
その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★サダムパテック  【 58.0・西 園・(武 豊)・武 豊 】
父 フジキセキ     性別 牡 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 大西定
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
★ヴィルシーナ   【 56.0・友 道・(内田博)・ウィリアムス 】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬齢 4歳 毛色 青毛 馬主 佐々木主浩
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
☆サクラゴスペル  【 58.0・尾 関・(横山典)・横山典 】
父 サクラプレジデント 性別 牡 馬齢 5歳 毛色 黒鹿 馬主 (株)さくらコマース
生産牧場 山田牧場  産地 新ひだか町
☆シルポート    【 58.0・西 園・(酒 井)・酒 井 】
父 ホワイトマズル   性別 牡 馬齢 8歳 毛色 鹿毛 馬主 河崎五市
生産牧場 タイヘイ牧場  産地 静内町
前予想時の消し馬----------------------------------------
 ガルボ      【 58.0・清水英・(石橋脩)・石橋脩 】
父 マンハッタンカフェ 性別 牡 馬齢 6歳  毛色 青毛 馬主 石川一義
生産牧場 高村伸一  産地 様似町
 フィフスペトル  【 58.0・加藤征・(浜 中)・北村友 】
父 キングカメハメハ  性別 牡 馬齢 7歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)キャロットファーム
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
 スマイルジャック 【 58.0・小桧山・(柴 山)・田 辺 】
父 タニノギムレット  性別 牡 馬齢 8歳 毛色 黒鹿 馬主 齊藤四方司
生産牧場 上水牧場  産地 鵡川町
 マイネイサベル  【 56.0・水 野・(柴田大)・松 岡 】
父 テレグノシス    性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産牧場 高橋修  産地 新ひだか町
 エーシントップ  【 54.0・西 園・(内田博)・福永祐 】
父 Tale of The Cat   性別 牡 馬齢 3歳  毛色 黒鹿 馬主 (株)栄進堂
生産牧場 Randal FamilyTrust, R David & Marylyn A Randal Trustees  産地 米
--------------------------------------------------------

こう言っては語弊はあるが、今回ほど予定騎手たちが出走馬の実績に見合った配置になっているのを見るは久しぶりではないだろうか。馬に恵まれて騎乗する者が少なく、実力に見合った配置に清々しさが感じられるからだ。
こうした騎手配置なら前予想の消し馬たちから健闘する者が出て来て欲しいと願わざるを得ない。
酒井くんがキチンと逃げ、石橋脩くんや松岡くんなどが奮戦してくれることを期待してやまない!

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=22796#expec

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第80回 東京優駿(G1) 結果コラム

震災を忘れるな…キズナ戴冠!

前予想…↓↓↓
東京10R 第80回 東京優駿(G1) 芝2400m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎エピファネイア  【 57.0・角 居・(福 永)・福 永 】皐月賞2着②
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)キャロットファーム
△ロゴタイプ    【 57.0・田中剛・(Mデムーロ)・Cデムーロ 】皐月賞1着①
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市 馬主 吉田照哉 
△キズナ      【 57.0・佐々晶・(武 豊)・武 豊 】京都新聞杯1着①
生産牧場 (株)ノースヒルズ  産地 新冠町 馬主 前田晋二
△コディーノ    【 57.0・藤沢和・(横山典)・ウィリアムス 】皐月賞3着③
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)サンデーレーシング
その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★タマモベストプレイ【 57.0・南 井・(和 田)・和 田 】皐月賞5着⑧
生産牧場 信成牧場  産地 浦河町 馬主 タマモ(株)
★テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(武 豊)・ 幸  】皐月賞6着⑭
生産牧場 (有)グッドラック・ファーム  産地 日高町 馬主 竹園正繼
☆メイケイペガスター【 57.0・木 原・(藤岡佑)・藤 田 】皐月賞9着⑩
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町 馬主 名古屋競馬(株)
☆マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・(柴田大)・柴田大 】NHKマイルC1着⑩
生産牧場 ヒカル牧場  産地 新冠町 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
☆フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・(横山典)・横山典 】NHKマイルC3着⑧
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)シルク
☆ヒラボクディープ 【 57.0・国 枝・(蛯 名)・蛯 名 】青葉賞1着⑦
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町 馬主 (株)平田牧場
前予想時の消し馬----------------------------------------
クラウンレガーロ 【 57.0・日 吉・(三 浦)・三 浦 】皐月賞8着⑫
生産牧場 大栄牧場  産地 新冠町 馬主 矢野悦三
ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(浜 中)・川 田 】皐月賞15着⑰
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 金子真人ホールディングス(株)
ミヤジタイガ   【 57.0・岩 元・(田中勝)・松 山 】皐月賞16着⑪
生産牧場 白井牧場  産地 日高町 馬主 曽我司
ペプチドアマゾン 【 57.0・吉 村・(藤岡康)・藤岡康 】京都新聞杯2着⑨
生産牧場 杵臼牧場  産地 浦河町 馬主 沼川一彦
アクションスター 【 57.0・音 無・(Cデムーロ)・戸崎圭 】京都新聞杯6着⑥
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町 馬主 福井明
アポロソニック  【 57.0・堀 井・(勝 浦)・勝 浦 】青葉賞2着⑨
生産牧場 IEAH Stables & Andrew Cohen  産地 米 馬主 アポロサラブレッドクラブ
レッドレイヴン  【 57.0・藤沢和・(内田博)・内田博 】青葉賞11着①
生産牧場 Richard Santulli & Bobby Flay  産地 米 馬主 (株)東京ホースレーシング
サムソンズプライド【 57.0・杉 浦・(田 辺)・田 辺 】プリンシパル1着⑦
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)シルク
--------------------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
東京10R 第80回 東京優駿(G1) 芝2400m
( )は前走騎手 その他伏兵馬=★・☆ 最終決断の消し馬=X 前予想時の消し馬=消
--------------------------------------------------------
◎…9番エピファネイア  【 57.0・角 居・(福 永)・福 永 】
○…1番キズナ      【 57.0・佐々晶・(武 豊)・武 豊 】
▲…2番コディーノ    【 57.0・藤沢和・(横山典)・ウィリアムス 】
△…8番ロゴタイプ    【 57.0・田中剛・(Mデムーロ)・Cデムーロ 】

★…10番タマモベストプレイ【 57.0・南 井・(和 田)・和 田 】
☆…5番メイケイペガスター【 57.0・木 原・(藤岡佑)・藤 田 】
X…7番ヒラボクディープ 【 57.0・国 枝・(蛯 名)・蛯 名 】
X…11番テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(武 豊)・ 幸  】
X…13番マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・(柴田大)・柴田大 】
X…15番フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・(横山典)・北村宏 】
消…3番アポロソニック  【 57.0・堀 井・(勝 浦)・勝 浦 】
消…4番クラウンレガーロ 【 57.0・日 吉・(三 浦)・三 浦 】
消…6番ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(浜 中)・川 田 】
消…12番サムソンズプライド【 57.0・杉 浦・(田 辺)・田 辺 】
消…14番アクションスター 【 57.0・音 無・(Cデムーロ)・戸崎圭 】
消…16番ペプチドアマゾン 【 57.0・吉 村・(藤岡康)・藤岡康 】
消…17番レッドレイヴン  【 57.0・藤沢和・(内田博)・内田博 】
消…18番ミヤジタイガ   【 57.0・岩 元・(田中勝)・松 山 】
--------------------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
東京10R 第80回 東京優駿(G1) 芝2400m
--------------------------------------------------------
1着…○1番キズナ      【 57.0・佐々晶・武 豊 】
2着…◎9番エピファネイア  【 57.0・角 居・福 永 】
3着…消3番アポロソニック  【 57.0・堀 井・勝 浦 】
4着…消16番ペプチドアマゾン 【 57.0・吉 村・藤岡康 】
5着…△8番ロゴタイプ    【 57.0・田中剛・Cデムーロ 】

--------------------------------------------------------
6着…X11番テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・ 幸  】
7着…消6番ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・川 田 】
8着…★10番タマモベストプレイ【 57.0・南 井・和 田 】
9着…▲2番コディーノ    【 57.0・藤沢和・ウィリアムス 】
10着…X15番フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・北村宏 】
11着…☆5番メイケイペガスター【 57.0・木 原・藤 田 】
12着…消17番レッドレイヴン  【 57.0・藤沢和・内田博 】
13着…X7番ヒラボクディープ 【 57.0・国 枝・蛯 名 】
14着…消14番アクションスター 【 57.0・音 無・戸崎圭 】
15着…X13番マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・柴田大 】
16着…消4番クラウンレガーロ 【 57.0・日 吉・三 浦 】
17着…消12番サムソンズプライド【 57.0・杉 浦・田 辺 】
18着…消18番ミヤジタイガ   【 57.0・岩 元・松 山 】
--------------------------------------------------------

1着…キズナ優勝には納得!
勝てば今春の3才クラシックは兄弟騎手の優勝となるオカルトもさることながら、『震災忘れるべからず』を印象付ける「絆」(キズナ)という馬名に加え、国家斉唱とプレゼンターが東北出身の西田敏行氏という状況からしても、近年は騎手会長で低迷してるものの元祖天才騎手たる武豊は負けられなかったと言える。
それが分かっているからこそ、対戦実績でエピファネイアに劣っていたものの競馬ファンは同馬を1番人気に推したのだろう。
このプレッシャーに臆することなく、スタートから馬なりで控えて、キチンとエピファネイアを捕まえるのだから如何に武豊くんが競馬学校の中でズバ抜けた存在であるかを改めて認識させられた。

2着…騎乗は悪くなかったがもう語るべきことなし!
今は干されている四位くんですら、過去に大ミスしたのはタニノギムレットの皐月賞だけ。それでも、その後の彼はキチンと結果を出したおかげでウオッカにも乗れ、ディープスカイにも乗れた(信頼された)のである。たしかに今は「うるせぇ!」の一言で干されてしまったが、結果を残すという意味では誰かさんより数倍マシではないだろうか。
【勝つべき時に勝てない者が果たして一流と呼べるのだろうか?…いつかは5大クラシックを勝つかもしれないが、もうそこまでの期待を懸けるのは資金のムダでしかないと思えるからには福永祐一について語るべき事柄はもう何もない!】
しかしながら、今回の敗戦は過去の彼にしては上出来と言えるのではないだろうか…何しろ2着は確保したのだから!
【今後は2度と彼を推奨することはしない。その方が却って予想もラクになるでしょう…ヤラセを考えなくて済むのだから!】

3・4着…一過性の結果にて高評価はできないが…
アポロソニックやペプチドアマゾンが3・4着になったことには本当に驚かされた。
しかしながら、偶然の賜物ながらも外人騎手や元地方騎手たち(岩田康がいないのは解せないが…笑)に先着した頑張りには拍手を贈るべきだろう。
【この後両馬が秋も好走できれば幸い…できればの話だが?(笑)】

5着…やはり直前鞍上弱化の乗り変わりは厳しかった!
ミルコだったら3着は確保していたかもしれないが、それに関してはCデムーロを責めることはできない。何しろ誰が騎乗してもミルコに優る騎乗などできないからだ。加えて、やはり距離適正で長かったことが少差5着に終わった要因だろう。
【それでも札幌2才時の低迷からすれば2G1勝利は偉業。デムーロ兄弟の技量の高さに大いに感心させられた!(村田ちゃんは何だった?)】

今年は「震災復興&武豊5回目のダービー優勝」という偉業で幕を閉じたが、来年こそは順番待ちしている蛯名などその他の騎手たちの健闘を期待したいと思う!
第80回 日本ダービー馬、その名はキズナ…これは生涯忘れられないものになるだろう!
【お昼のバラエティ番組出演とBS特番の差が忘れられないほど印象強すぎ!(笑)】

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第80回 東京優駿(G1) 予想コラム

いつ勝つのか…今でしょ!

登録22頭。フルゲート18頭。サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 定量 2400m 芝・左

馬 名【 斤量・厩舎・(前走騎手)・予定騎手 】前走結果(○は人気)
--------------------------------------------前走皐月賞
ロゴタイプ    【 57.0・田中剛・(Mデムーロ)・Cデムーロ皐月賞1着①
父 ローエングリン   性別 牡 毛色 黒鹿毛 馬主 吉田照哉
母 ステレオタイプ  母の父 サンデーサイレンス 母の母 スターバレリーナ
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
エピファネイア  【 57.0・角 居・(福 永)・福 永 】皐月賞2着②
父 シンボリクリスエス 性別 牡 毛色 鹿毛 馬主 (有)キャロットファーム
母 シーザリオ  母の父 スペシャルウィーク 母の母 キロフプリミエール
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
コディーノ    【 57.0・藤沢和・(横山典)・ウィリアムス皐月賞3着③
父 キングカメハメハ  性別 牡 毛色 黒鹿毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ハッピーパス  母の父 サンデーサイレンス 母の母 ハッピートレイルズ
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
タマモベストプレイ【 57.0・南 井・(和 田)・和 田 】皐月賞5着⑧
父 フジキセキ     性別 牡 毛色 栗毛 馬主 タマモ(株)
母 ホットプレイ  母の父 ノーザンテースト 母の母 ダイナホツト
生産牧場 信成牧場  産地 浦河町
テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(武 豊)・   】皐月賞6着⑭
父 ブラックタイド   性別 牡 毛色 黒鹿毛 馬主 竹園正繼
母 クラスター  母の父 Danzig 母の母 Knot
生産牧場 (有)グッドラック・ファーム  産地 日高町
クラウンレガーロ 【 57.0・日 吉・(三 浦)・三 浦 】皐月賞8着⑫
父 グラスワンダー   性別 牡 毛色 栗毛 馬主 矢野悦三
母 エクストラニュース  母の父 エンドスウィープ 母の母 スケアヘッドライン
生産牧場 大栄牧場  産地 新冠町
メイケイペガスター【 57.0・木 原・(藤岡佑)・藤 田皐月賞9着⑩
父 フジキセキ     性別 牡 毛色 青毛 馬主 名古屋競馬(株)
母 ストームホイッスル  母の父 ブライアンズタイム 母の母 ラークホイッスル
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(浜 中)・川 田 】皐月賞15着⑰
父 キングカメハメハ  性別 牡 毛色 黒鹿毛 馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ポップコーンジャズ  母の父 ダンスインザダーク 母の母 グレイスルーマー
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
ミヤジタイガ   【 57.0・岩 元・(田中勝)・松 山皐月賞16着⑪
父 ネオユニヴァース  性別 牡 毛色 鹿毛 馬主 曽我司
母 フローレンスガール  母の父 El Corredor 母の母 Launch Site
生産牧場 白井牧場  産地 日高町
--------------------------------------------前走NHKマイルC
マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・(柴田大)・柴田大 】NHKマイルC1着⑩
父 スズカフェニックス 性別 牡 毛色 栗毛 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 テンザンローズ  母の父 フレンチデピュティ 母の母 コウエイシャダイ
生産牧場 ヒカル牧場  産地 新冠町
フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・(横山典)・横山典 】NHKマイルC3着⑧
父 ダイワメジャー 性別 牡 毛色 栗毛 馬主 (有)シルク
母 シルクプリマドンナ  母の父 ブライアンズタイム 母の母 バウンドトゥダンス
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
--------------------------------------------前走京都新聞杯
キズナ      【 57.0・佐々晶・(武 豊)・武 豊 】京都新聞杯1着①
父 ディープインパクト 性別 牡 毛色 青鹿毛 馬主 前田晋二
母 キャットクイル  母の父 Storm Cat 母の母 Pacific Princess
生産牧場 (株)ノースヒルズ  産地 新冠町
ペプチドアマゾン 【 57.0・吉 村・(藤岡康)・藤岡康 】京都新聞杯2着⑨
父 アグネスタキオン  性別 牡 毛色 鹿毛 馬主 沼川一彦
母 レッドクローシュ  母の父 トニービン 母の母 ターキーレッド
生産牧場 杵臼牧場  産地 浦河町
アクションスター 【 57.0・音 無・(Cデムーロ)・戸崎圭 】京都新聞杯6着⑥
父 アグネスタキオン  性別 牡 毛色 栗毛 馬主 福井明
母 レディオブヴェニス  母の父 Loup Solitaire 母の母 Lacewings
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町
--------------------------------------------前走青葉賞
ヒラボクディープ 【 57.0・国 枝・(蛯 名)・蛯 名 】青葉賞1着⑦
父 ディープインパクト 性別 牡 毛色 黒鹿毛 馬主 (株)平田牧場
母 キャットアリ  母の父 Storm Cat 母の母 Careless Kitten
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町
アポロソニック  【 57.0・堀 井・(勝 浦)・勝 浦 】青葉賞2着⑨
父 BIG Brown     性別 牡 毛色 鹿毛 馬主 アポロサラブレッドクラブ
母 Purely Surprized  母の父 Pure Prize 母の母 Raise The Prize
生産牧場 IEAH Stables & Andrew Cohen  産地 米
レッドレイヴン  【 57.0・藤沢和・(内田博)・内田博 】青葉賞11着①
父 Smart Strike   性別 牡 毛色 青鹿毛 馬主 (株)東京ホースレーシング
母 Wonder Again  母の父 Silver Hawk 母の母 Ameriflora
生産牧場 Richard Santulli & Bobby Flay  産地 米
--------------------------------------------前走プリンシパルS
サムソンズプライド【 57.0・杉 浦・(田 辺)・田 辺 】プリンシパルS1着⑦
父 メイショウサムソン 性別 牡 毛色 鹿毛 馬主 (有)シルク
母 フェザーレイ  母の父 エルコンドルパサー 母の母 エルフィンフェザー
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
--------------------------------------------除外対象
バッドボーイ   【 57.0・河 内・(川 田)・xxx 】兵庫CS5着
ケイアイチョウサン【 57.0・小 笠・(戸崎圭)・xxx 】芝1600m500万1着③
ピュアソルジャー 【 57.0・大久洋・(吉田豊)・xxx 】新緑賞 1着⑥
マイネルマエストロ【 57.0・西 園・(柴田大)・xxx 】青葉賞 13着⑭
--------------------------------------------------------

※中心はロゴタイプだが…
皐月賞馬の看板はもちろん、騎手の指示に素直に反応できる頭の良い馬で未知数の血統面以外に欠点が見当たらないからには実績上では同馬が中心となるのは必然。また、鞍上が弟デムーロに乗り代わるもスプリングSで騎乗していることから鞍上不安は少なく、現時点では「敵は距離適正のみ」と言えるだろう。
ただし、先週のオークスよろしく、あきらかな強化以外で騎手変更される馬が優勝するのが希であることは周知の事実で、いくら中心馬でも敗れて不思議なしとなるのが騎手観点における不安材料である。

※逆転筆頭エピファネイア…
皐月賞上位馬で最もコースロスの多い競馬をしながら3着馬を突き放した能力の高さは半端じゃない。
血統・実績からも同馬がロゴタイプを負かせる筆頭馬であり、鞍上の福永祐一が5大競走(牡馬3冠・天皇賞・ジャパンC)を勝てない“ここ一番役立たず騎手”なのが問題なだけ。
しかしながら、ダービーで1番人気を裏切った翌年にも拘わらず、昨年以上に結果の残せる有力先行馬に騎乗できる異常さこの上ない騎手からも「いつ勝つのか…今でしょ!」の思考に至っても仕方ないだろう。
また、騎手はさておき、血統(シーザリオの仔)・牧場的強み(ノーザンファーム)・CM(ウオッカ=角居)の絡み・オークス人気敗戦の厩舎巻返し(ダービー照準)という観点からも“最もダービー馬に近い存在”と思わずにいられないからには、全ては福永祐一が結果を出せるかに懸かっていると言って過言ではない。

※キズナは展開ハマればの条件付き…
近走はすっかり差し・追い込みが板につき、過去2走を完全な独壇場で臨戦してくる“皐月賞組以外で唯一勝負になる馬”であり、ある意味戦線離脱したカミノタサハラの代役と言えるだろう。
ただし、同馬がエピファネイアに対して2戦2敗であること、鞍上が武豊“騎手会長”でダービー勝ちなどご法度(基本的には他騎手優先が役目)が過去の騎手界の常識であること、展開面の援護がないと勝ち切れない可能性が高いことが懸念材料であり、ある意味一番の強みは“馬名から受ける心理的ファンの援護・援助心”かもしれない。また、オークスが弟の優勝だったことから「もしもここを勝てば今春のクラシックはデムーロ・武兄弟の優勝になる」というオカルトが成立してしまうのが後押しになるかもしれないことくらいだろう。(苦笑)

※騎手変更で先行力向上がコディーノ唯一の利点…
「先行粘り込み」なら折り紙つきのウィリアムスへの騎手変更がハマれば凡走は考えられない。
ただし、弥生賞と同じ競馬(内ラチ先行)をした皐月賞において、「祐一<横山典」という鞍上的には上位であったにも拘わらずエピファネイアに突き放された内容から勝ち負けまでには至らない感があり、「これも藤沢和厩舎の宿命か」と考えるとさすがのウィリアムスでも優勝は考え難いところ。
ただし、同様の状況で昨年ディープブリランテがダービー馬になった経緯があり、鞍上強化でこの再現が起こって、なおかつロゴタイプとエピファネイアがそれぞれの不安点(腕はあるが鞍上弱化・得意のここ一番不発)が出たなら、ウィリアムスの腕前であれば勝ってもおかしくない可能性は残るだろう。

※残りは全て勝ち目のない穴馬…
キズナ以外の別路線組がどれも人気薄決着だったことから皐月賞上位馬の優位は揺るぎそうにない。
したがって、NHKマイルC優勝マイネルホウオウ、青葉賞優勝ヒラボクディープなども“今回は掲示板なら上出来”、プリンシパルS優勝サムソンズプライドなどは“2桁着順でなければ上出来”と思われる。
これらの事柄より、“穴馬選択も基本的は皐月賞組から選ぶべき”と思われ、穴ならタマモベストプレイなどの重賞実績馬までがギリギリ複勝候補に挙げられるのではないかと推察する。
【武幸がG1を勝たせてもらえる程度のメンバーだったら和田が勝っても不思議ないだろうが、如何せん今年の上位人気馬はレベルが高いのでさすがに勝ち負けまでは厳しい!】

前予想…↓↓↓
東京10R 第80回 東京優駿(G1) 芝2400m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎エピファネイア  【 57.0・角 居・(福 永)・福 永 】皐月賞2着②
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)キャロットファーム
△ロゴタイプ    【 57.0・田中剛・(Mデムーロ)・Cデムーロ 】皐月賞1着①
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市 馬主 吉田照哉 
△キズナ      【 57.0・佐々晶・(武 豊)・武 豊 】京都新聞杯1着①
生産牧場 (株)ノースヒルズ  産地 新冠町 馬主 前田晋二
△コディーノ    【 57.0・藤沢和・(横山典)・ウィリアムス 】皐月賞3着③
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)サンデーレーシング
その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★タマモベストプレイ【 57.0・南 井・(和 田)・和 田 】皐月賞5着⑧
生産牧場 信成牧場  産地 浦河町 馬主 タマモ(株)
★テイエムイナズマ 【 57.0・福島信・(武 豊)・ 幸  】皐月賞6着⑭
生産牧場 (有)グッドラック・ファーム  産地 日高町 馬主 竹園正繼
☆メイケイペガスター【 57.0・木 原・(藤岡佑)・藤 田 】皐月賞9着⑩
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町 馬主 名古屋競馬(株)
☆マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・(柴田大)・柴田大 】NHKマイルC1着⑩
生産牧場 ヒカル牧場  産地 新冠町 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
☆フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・(横山典)・横山典 】NHKマイルC3着⑧
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)シルク
☆ヒラボクディープ 【 57.0・国 枝・(蛯 名)・蛯 名 】青葉賞1着⑦
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町 馬主 (株)平田牧場
前予想時の消し馬----------------------------------------
クラウンレガーロ 【 57.0・日 吉・(三 浦)・三 浦 】皐月賞8着⑫
生産牧場 大栄牧場  産地 新冠町 馬主 矢野悦三
ラブリーデイ   【 57.0・池江寿・(浜 中)・川 田 】皐月賞15着⑰
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 金子真人ホールディングス(株)
ミヤジタイガ   【 57.0・岩 元・(田中勝)・松 山 】皐月賞16着⑪
生産牧場 白井牧場  産地 日高町 馬主 曽我司
ペプチドアマゾン 【 57.0・吉 村・(藤岡康)・藤岡康 】京都新聞杯2着⑨
生産牧場 杵臼牧場  産地 浦河町 馬主 沼川一彦
アクションスター 【 57.0・音 無・(Cデムーロ)・戸崎圭 】京都新聞杯6着⑥
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム  産地 白老町 馬主 福井明
アポロソニック  【 57.0・堀 井・(勝 浦)・勝 浦 】青葉賞2着⑨
生産牧場 IEAH Stables & Andrew Cohen  産地 米 馬主 アポロサラブレッドクラブ
レッドレイヴン  【 57.0・藤沢和・(内田博)・内田博 】青葉賞11着①
生産牧場 Richard Santulli & Bobby Flay  産地 米 馬主 (株)東京ホースレーシング
サムソンズプライド【 57.0・杉 浦・(田 辺)・田 辺 】プリンシパル1着⑦
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)シルク
--------------------------------------------------------

※上手いジョッキーと上手く乗れるジョッキーは似て非なるもの!
“上手いジョッキー”とは、ジョッキーの腕で馬を勝ちに導ける者のこと。つまり、レース中の位置取りなどに関わらず最後は馬を上位に押し上げられる(勝ち負けまで持って来れる)騎手であり、近年のMデムーロはこの最たる好例者と言える。
“上手く乗れるジョッキー”とは、言い換えれば打率バッターであり、競馬学校は全てここに分類でき、普段は人気馬を人気通りに走らせられるものの、本質的に騎手の腕で馬を勝たせるセンスを持っていないため、ここ一番の大レースになるとコケる方が多い騎手のことである。

昨年ワールドエースが3着を外した時、『これだけ能力ある馬で入着も果たせないなら福永祐一がダービーを勝つなど当分ないだろう』と思った。この見解が間違っているとは今でも思っていない。なぜなら、良い馬との出会いこそがダービー優勝の絶対条件であるからには、1番人気を裏切った騎手が翌年続けて人気馬に乗る機会など訪れないと思ったからだ。
ところがところが、昨年ワールドエースが追い込み脚質だったので3着も果たせなかったと考えたのか、今年は“バカ”でも結果の残せる強力先行馬エピファネイアに乗るのだから、これだけでも“如何に福永祐一が馬に恵まれてるか”は証明されるだろう。
しかしながら、エピファネイアは母がシーザリオという誰もが認める良血であり、血統が結果の半分を占める競走馬の頂点に立つことは何ら不思議ではなく、同馬の能力に付随して、今まで5大競走で全く結果を残していない福永“祐一”が勝ったとしてもそれは致し方ないことだろう。
しかも、最大の強敵たるロゴタイプがいくらCデムーロが一度乗って結果を出していると言えども、兄からの乗り変わりでは鞍上弱化は否めず、何より皐月賞馬の鞍上がダービー直前に乗り変わるなど普通有り得ないからには、福永“祐一”に『いつ勝つのか…今でしょ!』と言いたくなる気持ちも分かってもらえるはず。
もしもエピファネイアが何かに敗れたら、それこそ“言わずもがなで本人が騎手としてケジメをつけてくれるもの”と信じてやまない。
【辞めてもらった方が将来的な騎手学校の技術・精神的向上には幸い。少なくとも馬の能力に頼るだけの騎手がトップジョッキーになれる悪習は今後取り除かれるだろうから(平場ならまだしも)。こんな思考でトップ騎手を作る作業は三浦で打ち止めにすべき!(外人騎手と差が開く一方など学校の存在意義を疑われる素因でしかないので)】

「エピファネイアの1着固定」…問題は2・3着争いと判断するのだが、何しろ“福永祐一が人気馬で勝つ時は相手も人気馬”という傾向が強すぎるので、予想上は面白味のない馬券になる可能性が高いのが少々不満でならない…(苦笑)

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=22682#expec

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (7) | トラックバック (0)

第74回 優駿牝馬(G1) 結果コラム

今年はこういうパターンでしたか!

前予想…↓↓↓
東京11R 第74回 優駿牝馬(G1) 芝2400m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎エバーブロッサム 【 55.0・ 堀 ・(戸崎圭)・戸崎圭 】フローラ2着②/フラワーC2着③
○デニムアンドルビー【 55.0・角 居・(内田博)・内田博 】フローラ1着①/2000m牝未勝1着①
▲レッドオーヴァル 【 55.0・安田隆・(Mデムーロ)・Cデムーロ 】桜花賞 2着②/チューリップ7着①
その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★アユサン     【 55.0・手 塚・(Cデムーロ)・丸 山 】桜花賞 1着⑦/チューリップ3着⑤
★ローブティサージュ【 55.0・須貝尚・(秋 山)・岩田康 】桜花賞 5着⑧/チューリップ9着②
★サクラプレジール 【 55.0・尾 関・(横山典)・横山典 】フラワー1着②/1600m新馬1着②
☆プリンセスジャック【 55.0・加 用・(福 永)・福 永 】桜花賞 3着⑭/チューリップ8着⑧
☆クロフネサプライズ【 55.0・田所秀・(武 豊)・武 豊 】桜花賞 4着①/チューリップ1着③
☆トーセンソレイユ 【 55.0・池江寿・(Aシュタルケ)・ウィリアムス 】桜花賞 7着③/エルフィンS1着②
前予想時の消し馬----------------------------------------
メイショウマンボ 【 55.0・飯田明・(武 幸)・武 幸 】桜花賞 10着④/Fレビュー1着③
クラウンロゼ   【 55.0・天 間・(三 浦)・三 浦 】桜花賞 16着⑤/アネモネS1着②
ブリュネット   【 55.0・千 田・(福 永)・和 田 】フローラ3着⑨/1800m未勝利1着⑤
タガノミューチャン【 55.0・浅 見・(吉田豊)・xxx 】フローラ5着⑪/阪神JF13着⑫
スイートサルサ  【 55.0・菊 川・(蛯 名)・蛯 名 】フローラ6着③/クイーンC2着③
セキショウ    【 55.0・杉 浦・(横山典)・xxx 】フローラ9着⑥/ミモザ賞1着②
ブリリアントアスク【 55.0・伊藤正・(武士沢)・xxx 】フローラ16着⑬/デイジー賞1着③
リラコサージュ  【 55.0・藤原英・(田中勝)・xxx 】スイート1着③/フラワーC3着⑥
フロアクラフト  【 55.0・西 園・(松 山)・xxx 】スイート2着⑥/デイジー賞2着②
タンスチョキン  【 55.0・ 谷 ・(大 庭)・xxx 】スイート10着⑪/忘れな草賞7着⑧
セレブリティモデル【 55.0・牧 田・(Cデムーロ)・田中勝 】忘れな草1着⑦/ゆきやなぎ7着③
ティアーモ    【 55.0・藤岡健・(藤岡佑)・xxx 】君子蘭賞1着③/1800m牝新馬1着⑧
レッドジゼル   【 55.0・笹 田・(四 位)・xxx 】矢車賞 1着③/1600m500万4着②
--------------------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
東京11R 第74回 優駿牝馬(G1) 芝2400m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎16番クロフネサプライズ【 55.0・田所秀・(武 豊)・武 豊
○9番ローブティサージュ【 55.0・須貝尚・(秋 山)・岩田康 】
▲1番レッドオーヴァル 【 55.0・安田隆・(Mデムーロ)・Cデムーロ
その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★14番プリンセスジャック【 55.0・加 用・(福 永)・福 永 】
☆5番デニムアンドルビー【 55.0・角 居・(内田博)・内田博 】
最終決断の消し馬=X------------------------------------
X4番アユサン     【 55.0・手 塚・(Cデムーロ)・丸 山 】
X6番サクラプレジール 【 55.0・尾 関・(横山典)・横山典 】
X13番エバーブロッサム 【 55.0・ 堀 ・(戸崎圭)・戸崎圭 】
X18番トーセンソレイユ 【 55.0・池江寿・(Aシュタルケ)・ウィリアムス 】
前予想時の消し馬=消------------------------------------
消2番ブリュネット   【 55.0・千 田・(福 永)・和 田 】
消3番メイショウマンボ 【 55.0・飯田明・(武 幸)・武 幸 】
消7番ティアーモ    【 55.0・藤岡健・(藤岡佑)・藤岡佑 】
消8番ブリリアントアスク【 55.0・伊藤正・(武士沢)・武士沢 】
消10番リラコサージュ  【 55.0・藤原英・(田中勝)・柴田善 】
消11番クラウンロゼ   【 55.0・天 間・(三 浦)・三 浦 】
消12番フロアクラフト  【 55.0・西 園・(松 山)・松 山 】
消15番セレブリティモデル【 55.0・牧 田・(Cデムーロ)・田中勝 】
消17番スイートサルサ  【 55.0・菊 川・(蛯 名)・蛯 名 】
--------------------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
東京11R 第74回 優駿牝馬(G1) 芝2400m
--------------------------------------------------------
1着…消3番メイショウマンボ 【 55.0・飯田明・武 幸 】前予想時の消し馬
2着…X13番エバーブロッサム 【 55.0・ 堀 ・戸崎圭 】最終決断の消し馬
3着…☆5番デニムアンドルビー【 55.0・角 居・内田博 】その他伏兵馬
4着…X4番アユサン     【 55.0・手 塚・丸 山 】最終決断の消し馬
5着…消12番フロアクラフト  【 55.0・西 園・松 山 】前予想時の消し馬

--------------------------------------------------------
6着…消7番ティアーモ    【 55.0・藤岡健・藤岡佑 】前予想時の消し馬
7着…消17番スイートサルサ  【 55.0・菊 川・蛯 名 】前予想時の消し馬
8着…消10番リラコサージュ  【 55.0・藤原英・柴田善 】前予想時の消し馬
9着…○9番ローブティサージュ【 55.0・須貝尚・岩田康 】
10着…消8番ブリリアントアスク【 55.0・伊藤正・武士沢 】前予想時の消し馬
11着…★14番プリンセスジャック【 55.0・加 用・福 永 】その他伏兵馬
12着…◎16番クロフネサプライズ【 55.0・田所秀・武 豊 】
13着…消15番セレブリティモデル【 55.0・牧 田・田中勝 】前予想時の消し馬
14着…X6番サクラプレジール 【 55.0・尾 関・横山典 】最終決断の消し馬
15着…X18番トーセンソレイユ 【 55.0・池江寿・ウィリアムス 】最終決断の消し馬
16着…消2番ブリュネット   【 55.0・千 田・和 田 】前予想時の消し馬
17着…▲1番レッドオーヴァル 【 55.0・安田隆・Cデムーロ 】
18着…消11番クラウンロゼ   【 55.0・天 間・三 浦 】前予想時の消し馬
--------------------------------------------------------

私用のためライブでレースを見ることができなかったので、この結果だけで判断すると…
1、『あっ!桜花賞がデムーロ兄弟だったので今度は武兄弟の番だったのね!』
兄弟揃っては好走しないことには納得。外人はできても競馬学校出の技量で兄弟1・2などできる訳ないので。(苦笑)
2、『やっぱり優勝馬は重賞勝ち馬!』
Fレビューは川田で優勝なので半分納得。(笑)
3、『何でもありの時のオークスはやっぱり誰でもありなのね!』
今回はダイワエルシエーロの祐一パターンで幸四郎が優勝ということ。(苦笑)
4、『変な騎手変更はやっぱりロクな結果にならない!』
Cデムーロが17着?桜花賞馬を降されたこと自体そもそも異例。(苦笑)
5、『さすがに2週続けてG1勝ちは元地方騎手にはさせないのね!』
さすがの内田博でも負けても仕方ない状況では負けちゃうもの。何しろ来週ダービーでエピファネイアが控えている角居厩舎なので。でも“4戦連続G11番人気馬騎乗”ってこと自体が異常だけど。(笑)
6、『桜花賞馬4着(馬券ならず)って有馬記念と一緒!』
有馬記念でエイシンフラッシュが4着だったのと同じ。馬券になれなくても好走と評されるのが今の競馬学校の限界という証拠。(大納得)

…前予想の方が近かったことで、『過去実績が通用しない世代の牝馬は近走好走馬を狙え』という“牝馬格言”が活きるという好例。

それにしても、武幸くんが後藤2世(エリンコート)に見えるのは私だけ?(苦笑)

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第74回 優駿牝馬(G1) 予想コラム

Cデムーロに2冠獲られるのか!?

登録22頭。フルゲート18頭。サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 定量 2400m 芝・左

馬 名【 斤量・厩舎・(前走騎手)・予定騎手 】前走/前々走結果(○は人気) 抽選対象2/6頭
----------------------------------------------前走桜花賞
アユサン     【 55.0・手 塚・(Cデムーロ)・丸 山 】桜花賞 1着⑦/チューリップ3着⑤
ディープインパクト 性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 星野壽市
母 バイザキャット     母の父 Storm Cat 母の母 Buy The Firm
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町
レッドオーヴァル 【 55.0・安田隆・(Mデムーロ)・Cデムーロ 】桜花賞 2着②/チューリップ7着①
ディープインパクト 性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 (株)東京ホースレーシング
母 コートアウト      母の父 Smart Strike 母の母 Azhaar
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
プリンセスジャック【 55.0・加 用・(福 永)・福 永 】桜花賞 3着⑭/チューリップ8着⑧
ダイワメジャー   性別 牝 毛色 栗毛  馬主 (株)協栄
母 ゴールデンジャック   母の父 Afleet 母の母 コマーズ
生産牧場 タバタファーム  産地 日高町
クロフネサプライズ【 55.0・田所秀・(武 豊)・武 豊 】桜花賞 4着①/チューリップ1着③
父 クロフネ      性別 牝 毛色 芦毛  馬主 畑清介
母 アイアンブリッジ    母の父 トニービン 母の母 パイナップルスター
生産牧場 上村清志  産地 新ひだか町
ローブティサージュ【 55.0・須貝尚・(秋 山)・岩田康 】桜花賞 5着⑧/チューリップ9着②
父 ウォーエンブレム  性別 牝 毛色 青毛  馬主 (有)シルク
母 プチノワール      母の父 Singspiel 母の母 リッチアフェアー
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
トーセンソレイユ 【 55.0・池江寿・(Aシュタルケ)・ウィリアムス 】桜花賞 7着③/エルフィンS1着②
ネオユニヴァース  性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 島川隆哉
母 ウインドインハーヘア  母の父 Alzao 母の母 Burghclere
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
メイショウマンボ 【 55.0・飯田明・(武 幸)・武 幸 】桜花賞 10着④/Fレビュー1着③
父 スズカマンボ    性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 松本好雄
母 メイショウモモカ    母の父 グラスワンダー 母の母 メイショウアヤメ
生産牧場 高昭牧場  産地 浦河町
クラウンロゼ   【 55.0・天 間・(三 浦)・三 浦 】桜花賞 16着⑤/アネモネS1着②
父 ロサード      性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 矢野恭裕
母 ヒシアスカ       母の父 ヒシアケボノ 母の母 ヒシカデイーナ
生産牧場 カミイスタット  産地 新冠町

----------------------------------------------前走フローラS
デニムアンドルビー【 55.0・角 居・(内田博)・内田博 】フローラ1着①/2000m牝未勝1着①
ディープインパクト 性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 金子真人ホールディングス(株)
母 ベネンシアドール    母の父 キングカメハメハ 母の母 フェアリードール
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
エバーブロッサム 【 55.0・ 堀 ・(戸崎圭)・戸崎圭 】フローラ2着②/フラワーC2着③
ディープインパクト 性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 宇田豊
母 サクラサク2      母の父 デインヒル 母の母 サクラフブキ
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
ブリュネット   【 55.0・千 田・(福 永)・和 田 】フローラ3着⑨/1800m未勝利1着⑤
ダイワメジャー   性別 牝 毛色 栗毛  馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディカーニバル    母の父 Giant’S Causeway 母の母 ヴァージニー
生産牧場 ケイアイファーム  産地 新ひだか町
タガノミューチャン【 55.0・浅 見・(吉田豊)・xxx 】フローラ5着⑪/阪神JF13着⑫
父 ハーツクライ    性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 八木良司
母 エイシンミュー     母の父 スピニングワールド 母の母 エイシンブライドル
生産牧場 (有)新冠タガノファーム  産地 新冠町 抽選対象馬(2/6頭)
スイートサルサ  【 55.0・菊 川・(蛯 名)・蛯 名 】フローラ6着③/クイーンC2着③
父 デュランダル    性別 牝 毛色 栗毛  馬主 シンボリ牧場
母 スイートハビタット   母の父 Grand Lodge 母の母 Lindesberg
生産牧場 シンボリ牧場  産地 日高町
セキショウ    【 55.0・杉 浦・(横山典)・xxx 】フローラ9着⑥/ミモザ賞1着②
父 シンボリクリスエス 性別 牝 毛色 青鹿毛 馬主 山岸桂市
母 ホーネットピアス    母の父 サンデーサイレンス 母の母 ダイナシユート
生産牧場 坂東牧場  産地 平取町 抽選対象馬(2/6頭)
ブリリアントアスク【 55.0・伊藤正・(武士沢)・xxx 】フローラ16着⑬/デイジー賞1着③
ネオユニヴァース  性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 廣崎利洋
母 マーズプリンセス    母の父 デインヒル 母の母 ディアーミミ
生産牧場 川上牧場  産地 新冠町 抽選対象馬(2/6頭)

----------------------------------------------前走スイートピーS
リラコサージュ  【 55.0・藤原英・(田中勝)・xxx 】スイート1着③/フラワーC3着⑥
父 ブライアンズタイム 性別 牝 毛色 栗毛  馬主 (株)ロードホースクラブ
母 サッカーマム      母の父 Kingmambo 母の母 Traverse City
生産牧場 ケイアイファーム  産地 新ひだか町
フロアクラフト  【 55.0・西 園・(松 山)・xxx 】スイート2着⑥/デイジー賞2着②
父 フジキセキ     性別 牝 毛色 黒鹿毛 馬主 (有)キャロットファーム
母 リッチダンサー     母の父 Halling 母の母 Fairy Flight
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
タンスチョキン  【 55.0・ 谷 ・(大 庭)・xxx 】スイート10着⑪/忘れな草賞7着⑧
父 ストラヴィンスキー 性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 栗本博晴
母 ジャウンティング    母の父 Seattle Slew 母の母 Jode
生産牧場 下河辺牧場  産地 日高町 抽選対象馬(2/6頭)

----------------------------------------------前走その他
サクラプレジール 【 55.0・尾 関・(横山典)・横山典 】フラワー1着②/1600m新馬1着②
父 サクラプレジデント 性別 牝 毛色 青毛  馬主 (株)さくらコマース
母 サクラプレステージ   母の父 ブライアンズタイム 母の母 サクラクレアー
生産牧場 新和牧場  産地 新ひだか町
セレブリティモデル【 55.0・牧 田・(Cデムーロ)・田中勝 】忘れな草1着⑦/ゆきやなぎ7着③
キングカメハメハ  性別 牝 毛色 黒鹿毛 馬主 (有)社台レースホース
母 マンハッタンセレブ   母の父 サンデーサイレンス 母の母 サトルチェンジ
生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
ティアーモ    【 55.0・藤岡健・(藤岡佑)・xxx 】君子蘭賞1着③/1800m牝新馬1着⑧
キングカメハメハ  性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 (株)ロードホースクラブ
母 レディチャーム     母の父 サンデーサイレンス 母の母 リンダスト
生産牧場 ケイアイファーム  産地 新ひだか町 抽選対象馬(2/6頭)
レッドジゼル   【 55.0・笹 田・(四 位)・xxx 】矢車賞 1着③/1600m500万4着②
父 アグネスタキオン  性別 牝 毛色 鹿毛  馬主 (株)東京ホースレーシング
母 スタイルリスティック  母の父 Storm Cat 母の母 Magnificient Style
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 抽選対象馬(2/6頭)
----------------------------------------------

“オークスの基本は桜花賞出走組を上位とすべし”…この常識からもレッドオーヴァルが最有力候補(1番人気)に推されるはずの今年のオークス。
それでなくても桜花賞において人気通りに走った唯一の馬であるからには同馬が中心となるのは当然である。
そこで問題となるのが、MデムーロからCデムーロへの鞍上変更による「Cデムーロ春牝馬クラシック2冠が果たされるか否か」となる訳だが、これを裏返せば、同騎手の春2冠を阻止できる騎手と馬は何かと言う命題が持ち上がることになる。
この点を考えた場合、まず有り得ないのが桜花賞馬アユサンの2冠達成である。何しろ直前乗り代わりのCデムーロのおかげで桜花賞馬になれた事実があるからには、騎手乗り戻しとなる今回はいくら桜花賞馬でも勝ち負けできなくなること必至だからだ。
ただし、そんなアユサンでも馬券になる可能性はある。それはレッドオーヴァルが完勝することによって「桜花賞1・2着馬はやっぱり強かった」と示してくれた場合である。
しかしながら、ただでさえ騎手の技量差が出易い2400m戦であること、桜花賞時も7番人気の低評価だったこと、実際に予定の丸山くんでは同馬で過去3着が最高であることを考えると、仮にレッドオーヴァルが後続を千切ったとしても場数を踏んだベテランやそれ以上に馬を勝たせる技術と感性を持った外人(ウィリアムス)・元地方騎手(内田博・戸崎圭・岩田康)たち相手に3着に入れるなどとても考えられない。
丸山くんも同馬を任されるだけの騎乗技術は持っているのは認めるが、如何せん上記の判断材料からさすがに今回アユサンに期待することはムチャだろう。
私的には何とか頑張って複勝圏内に食い込んで来ることを願って止まないが…(結果を出せれば彼の今後が楽しみとなるので!)

前予想…↓↓↓
東京11R 第74回 優駿牝馬(G1) 芝2400m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎エバーブロッサム 【 55.0・ 堀 ・(戸崎圭)・戸崎圭 】フローラ2着②/フラワーC2着③
○デニムアンドルビー【 55.0・角 居・(内田博)・内田博 】フローラ1着①/2000m牝未勝1着①
▲レッドオーヴァル 【 55.0・安田隆・(Mデムーロ)・Cデムーロ 】桜花賞 2着②/チューリップ7着①
その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★アユサン     【 55.0・手 塚・(Cデムーロ)・丸 山 】桜花賞 1着⑦/チューリップ3着⑤
★ローブティサージュ【 55.0・須貝尚・(秋 山)・岩田康 】桜花賞 5着⑧/チューリップ9着②
★サクラプレジール 【 55.0・尾 関・(横山典)・横山典 】フラワー1着②/1600m新馬1着②
☆プリンセスジャック【 55.0・加 用・(福 永)・福 永 】桜花賞 3着⑭/チューリップ8着⑧
☆クロフネサプライズ【 55.0・田所秀・(武 豊)・武 豊 】桜花賞 4着①/チューリップ1着③
☆トーセンソレイユ 【 55.0・池江寿・(Aシュタルケ)・ウィリアムス 】桜花賞 7着③/エルフィンS1着②
前予想時の消し馬----------------------------------------
メイショウマンボ 【 55.0・飯田明・(武 幸)・武 幸 】桜花賞 10着④/Fレビュー1着③
クラウンロゼ   【 55.0・天 間・(三 浦)・三 浦 】桜花賞 16着⑤/アネモネS1着②
ブリュネット   【 55.0・千 田・(福 永)・和 田 】フローラ3着⑨/1800m未勝利1着⑤
タガノミューチャン【 55.0・浅 見・(吉田豊)・xxx 】フローラ5着⑪/阪神JF13着⑫
スイートサルサ  【 55.0・菊 川・(蛯 名)・蛯 名 】フローラ6着③/クイーンC2着③
セキショウ    【 55.0・杉 浦・(横山典)・xxx 】フローラ9着⑥/ミモザ賞1着②
ブリリアントアスク【 55.0・伊藤正・(武士沢)・xxx 】フローラ16着⑬/デイジー賞1着③
リラコサージュ  【 55.0・藤原英・(田中勝)・xxx 】スイート1着③/フラワーC3着⑥
フロアクラフト  【 55.0・西 園・(松 山)・xxx 】スイート2着⑥/デイジー賞2着②
タンスチョキン  【 55.0・ 谷 ・(大 庭)・xxx 】スイート10着⑪/忘れな草賞7着⑧
セレブリティモデル【 55.0・牧 田・(Cデムーロ)・田中勝 】忘れな草1着⑦/ゆきやなぎ7着③
ティアーモ    【 55.0・藤岡健・(藤岡佑)・xxx 】君子蘭賞1着③/1800m牝新馬1着⑧
レッドジゼル   【 55.0・笹 田・(四 位)・xxx 】矢車賞 1着③/1600m500万4着②
--------------------------------------------------------

桜花賞がチューリップ賞組の掲示板独占となったため、仮に例年通りに桜花賞組を上位と考えたなら、桜花賞馬はもちろん、自然チューリップ賞組である桜花賞3・4・5着馬の好走や巻返しを考慮しなければならなくなる。
しかしながら、彼らがもう少し外人騎手に迫れるだけの技量があったなら、少なくとも桜花賞がデムーロ兄弟1・2着になることはなかったはずで、この事柄だけでも競馬学校騎手たちを上位に置くのは危険と思えるからには3・4着の祐一や武豊に期待するのは『1週間早い』と考えられるのでないだろうか。
まともに考えた場合、彼らに期待するくらいなら「秋山→岩田康」という今回数少ない鞍上強化で臨んで来る2才女王ローブティサージュの方がよっぽど筋の通った期待馬と思えてならない。
したがって、これらの騎手的事柄から例年とは異なる観点が必要と判断して、今年はフローラS1・2着馬を上位に置いた次第。
オマケに、内田博の2週連続G1勝ちになること、角居厩舎は日本ダービーで福永祐一に優勝させることが優先事項と考えられる点からエバーブロッサムを本命に置いたという訳。
【普通なら◎・○は逆。何よりローテ不安なフラワーC馬も要注意となるのだから。】
これが深読みの感も否めない前予想なだけに果たしてどうなることやら…というのが本音なので、鞍上が確定した後の最終決断でもう一度再確認して欲しい!(笑&苦笑)

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=22562

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8回 ヴィクトリアマイル(G1) 結果コラム

勝つべき馬が勝ったものの…

前予想…↓↓↓
東京11R 第8回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・(内田博)・内田博 】産経大阪杯6着④/エ女王杯2着①
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
○ハナズゴール   【 55.0・加藤和・(浜 中)・浜 中 】阪神牝馬4着①/京都牝馬1着①
生産牧場 不二牧場      産地 浦河町
▲サウンドオブハート【 55.0・松山康・(池 添)・池 添 】阪神牝馬1着②/洛陽S1着①
生産牧場 タイヘイ牧場    産地 新ひだか町
△アロマティコ   【 55.0・佐々晶・(福 永)・福 永 】福島牝馬4着②/関門橋S1着①
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)サンデーレーシング
その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★イチオクノホシ  【 55.0・矢野英・(Cデムーロ)・Cデムーロ 】阪神牝馬2着④/うずしお3着①
★オールザットジャズ【 55.0・角 居・(Cデムーロ)・岩田康 】福島牝馬1着①/中山牝馬3着①
☆メーデイア    【 55.0・笹 田・(浜 中)・横山典 】地マリーンC1着/TCK女王1着
☆ドナウブルー   【 55.0・石 坂・(福 永)・ウィリアムス 】ダービー卿10着③/東京新聞杯10着①
前予想時の消し馬=消------------------------------------
消アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(池 添)・xxx 】高松宮記念15着⑫/オーシャン11着④
消アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・(Aシュタルケ)・戸崎圭 】阪神牝馬10着③/マイルCS10着③
消ジョワドヴィーヴル【 55.0・松田博・(戸崎圭)・川 田 】中日新聞杯6着⑥/京都記念7着⑦
消レインボーダリア 【 55.0・二ノ宮・(柴田善)・柴田善 】マイラーズ7着⑪/エ女王杯1着⑦
消エーシンメンフィス【 55.0・野 中・(川 須)・川 須 】マイラーズ17着⑨/京都牝馬2着②
消クィーンズバーン 【 55.0・浅 見・(藤岡佑)・xxx 】阪神牝馬3着⑦/阪急杯13着⑦
消マルセリーナ   【 55.0・松田博・(川 田)・吉田豊 】阪神牝馬6着⑨/阪神C12着⑪
消フミノイマージン 【 55.0・本 田・(太 宰)・太 宰 】阪神牝馬7着⑤/中山牝馬6着⑤
消ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・(蛯 名)・蛯 名 】阪神牝馬14着⑥/地クイーン賞13着
消マイネイサベル  【 55.0・水 野・(松 岡)・柴田大 】福島牝馬2着③/中山牝馬1着⑥
消オメガハートランド【 55.0・ 堀 ・(内田博)・xxx 】福島牝馬5着④/中山牝馬4着④
消ミッドサマーフェア【 55.0・小島太・(蛯 名)・xxx 】福島牝馬8着⑥/愛知杯12着⑤
消アラフネ     【 55.0・高橋裕・(丸 田)・xxx 】福島牝馬15着⑬/中山牝馬10着⑫
消トーセンベニザクラ【 55.0・柴 崎・(津 村)・xxx 】福島牝馬10着⑤/ターコイズ4着⑤
消ザッハトルテ   【 55.0・牧 田・(松 山)・xxx 】晩春S1着③/鈴鹿特別1着④
消ゴールデングローブ【 55.0・藤岡健・(武 豊)・xxx 】府中S1着⑧/名古屋城10着⑥
--------------------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
東京11R 第8回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
( )は前走騎手------------------------------------------
◎11番ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・(内田博)・内田博 】
○4番ハナズゴール   【 55.0・加藤和・(浜 中)・浜 中 】
▲17番サウンドオブハート【 55.0・松山康・(池 添)・池 添 】
△14番アロマティコ   【 55.0・佐々晶・(福 永)・福 永 】

その他伏兵馬=★・☆------------------------------------
★2番オールザットジャズ【 55.0・角 居・(Cデムーロ)・岩田康 】
☆16番メーデイア    【 55.0・笹 田・(浜 中)・横山典 】
最終決断の消し馬=X------------------------------------
X6番ドナウブルー   【 55.0・石 坂・(福 永)・ウィリアムス 】
X10番イチオクノホシ  【 55.0・矢野英・(Cデムーロ)・Cデムーロ 】
前予想時の消し馬=消------------------------------------
消1番マイネイサベル  【 55.0・水 野・(松 岡)・柴田大 】
消3番ジョワドヴィーヴル【 55.0・松田博・(戸崎圭)・川 田 】
消5番ザッハトルテ   【 55.0・牧 田・(松 山)・松 山 】
消7番アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(池 添)・北村宏 】
消8番ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・(蛯 名)・蛯 名 】
消9番アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・(Aシュタルケ)・戸崎圭 】
消12番ゴールデングローブ【 55.0・藤岡健・(武 豊)・藤岡康 】
消13番レインボーダリア 【 55.0・二ノ宮・(柴田善)・柴田善 】
消15番フミノイマージン 【 55.0・本 田・(太 宰)・太 宰 】
消18番エーシンメンフィス【 55.0・野 中・(川 須)・川 須 】
--------------------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
東京11R 第8回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
--------------------------------------------------------
1着…◎11番ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】
2着…消8番ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・蛯 名 】
3着…消1番マイネイサベル  【 55.0・水 野・柴田大 】

4着…消3番ジョワドヴィーヴル【 55.0・松田博・川 田 】
5着…X6番ドナウブルー   【 55.0・石 坂・ウィリアムス 】
--------------------------------------------------------
6着…○4番ハナズゴール   【 55.0・加藤和・浜 中 】
7着…消12番ゴールデングローブ【 55.0・藤岡健・藤岡康 】
8着…消9番アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・戸崎圭 】
9着…消18番エーシンメンフィス【 55.0・野 中・川 須 】
10着…△14番アロマティコ   【 55.0・佐々晶・福 永 】
11着…X10番イチオクノホシ  【 55.0・矢野英・Cデムーロ 】
12着…消13番レインボーダリア 【 55.0・二ノ宮・柴田善 】
13着…★2番オールザットジャズ【 55.0・角 居・岩田康 】
14着…▲17番サウンドオブハート【 55.0・松山康・池 添 】
15着…消7番アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・北村宏 】
16着…消5番ザッハトルテ   【 55.0・牧 田・松 山 】
17着…☆16番メーデイア    【 55.0・笹 田・横山典 】
18着…消15番フミノイマージン 【 55.0・本 田・太 宰 】競走中止
--------------------------------------------------------

1着…勝つべき馬は勝ったけど奇妙な展開に疑問符!
道中は逃げる戸崎圭の番手追走。ところが直線半ばで柴田大に一旦抜かれてしまい一時はどうなるかと思ったら、そこからまさかの巻返しで外から抜きに掛かった蛯名を抑えての優勝。
たしかに勝つべき順番の馬が勝ったことになったものの、正直な話、今回は助けられての優勝と思わざるを得ないだけに今後ヴィルシーナは狙うに値しない馬と化す可能性があると思わざるを得ない。
【地力の表れとも言えるだろうが、それにしても他の人気馬が不甲斐なさ過ぎただけにこの推測は外れてるとは思えない】

2着…昨年の優勝馬が蛯名になってお見事な2着!
芝マイル戦5戦3勝2着2回の連対100%の馬が危うく連覇しかけた格好。
単に騎手の技量だけを問えば、『普通は外から並んだ時点で勝たなきゃおかしいだろう!』となるのだが、今回のレースに関してだけはムリヤリ手綱を引いてでも2着になった蛯名は褒められる騎乗と言えるだろう。なぜなら今回勝つべき馬がヴィルシーナだったので、昨年同じ恩恵を受けた馬が先着してはならなかったと思われるから。(そうじゃなければ差し返された騎手は情けないと言うことになるので!)
したがって今回2着になった蛯名の騎乗は「差し返されたを演出してお見事!」と言えるもので、このことからも『カミノタサハラが故障したこと』が非常に惜しまれてならない…(ダービー勝てるチャンスだったのに!)

3着…今なら「善<大」と言うことで柴田大が3着!
前走ハンデ重賞(福島牝馬S)を重斤量で2着していたことからも、またNHKマイルCを勝った柴田大の勢いからも5番人気に推されたマイネイサベルが差し返されるも粘って3着に。
結果的には『柴田大の1着はない!』ということで誰もが複勝しか考えていなかった通りになった訳だが、それでも勢いある騎手と馬主の怖さを示したのは大したものと言える。
【でも『松岡のままだったらどうなっていたことか…』と考えると何とも虚しい思いが湧いてしまうのは私だけ?(苦笑)】

6着…順番じゃなかったハナズゴール!
人気になると走らないこの馬らしい結果。所詮はCデムーロでチューリップ賞を勝ったおかげで今に至っているというのを如実に顕した格好。【引いてはマウントシャスタも大した馬じゃないということに…やはり同世代のマイル王者はカレンブラックヒルということに!(秋山なのに?)】

10着…最近大人しい祐一の本番は2週間後…か?
複穴に指名したものの、「祐一が好走する時は必ずその日のレースで勝ち負けしている」という結果を出していなかったので、今回の敗戦は、“腕前通りにしか馬を持って来れない祐一らしい結果”という意味で極めて順当なものと言える。
しかしながら、祐一の本番はあくまで2週間後のダービーであると思われるだけに、今週や来週までは大人しいままでいるのが当然であるからには今回は仕方ない結果かもしれない。【エピファネイアに蛯名が乗ってくれれば文句なく大本命にするのだが、如何せん祐一なので、“ロゴタイプに先着したけどまさかのキズナに差された”何てことになるのが心配かも!(笑)】

14着…凱旋門賞に乗れずに帰って来た騎手なら当然の結果!
馬の実力では単穴評価が間違っていたとは思わないが、“やはり”オルフェーブルのために渡仏したもののスミヨンの方が数段勝てる騎手のため用なしになった騎手ではこの惨敗も仕方ないだろう。
愚かなことに『凱旋門賞でオルフェーブルを降ろされた補填があるかも…』と勘繰ったのが大間違いで、3冠騎手なのにリーディング上位20傑にも入れなかった調教師の息子などに単穴期待した我が身の不徳を大いに反省せざるを得ない。

やはり勝つべき順番の馬が勝った!
何とも不可解な展開ながら、予想コラム通りに如何にこのレースが「実力上位も冠なしの馬が勝つレース」(負ける時には冠いっぱい状態の場合かすでに勝ってる場合のみ)であるかを顕著に示せたのが唯一の幸い。(苦笑)
果たして来年の候補はどの馬か?…今のところ桜花賞2着レッドオーヴァルか、桜花賞1番人気4着クロフネサプライズだと推測しているのだが…(苦笑)

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第8回 ヴィクトリアマイル(G1) 予想コラム

杞憂なら良いが…

登録24頭。フルゲート18頭。サラ系4歳以上 (国際)牝(指定)オープン 定量 1600m 芝・左
馬 名【 斤量・厩舎・(前走騎手)・予定騎手 】前走/前々走結果(○は人気)
社台系生産馬--------------------------生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(池 添)・xxx 】高松宮記念15着⑫/オーシャン11着④
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬齢 5歳  毛色 栗毛 馬主 近藤利一
母 アドマイヤグルーヴ  母の父 サンデーサイレンス 母の母 エアグルーヴ
ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・(内田博)・内田博 】産経大阪杯6着④/エ女王杯2着①
父 ディープインパクト 性別 牝 馬齢 4歳 毛色 青毛 馬主 佐々木主浩
母 ハルーワスウィート  母の父 Machiavellian 母の母 ハルーワソング
アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・(Aシュタルケ)・戸崎圭 】阪神牝馬10着③/マイルCS10着③
父 ファルブラヴ    性別 牝 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 ユアストーリー
母 セシルブルース    母の父 エルコンドルパサー 母の母 セシルカット
ドナウブルー   【 55.0・石 坂・(福 永)・ウィリアムス 】ダービー卿10着③/東京新聞杯10着①
父 ディープインパクト 性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ドナブリーニ     母の父 Bertolini 母の母 Cal Norma'S Lady
ジョワドヴィーヴル【 55.0・松田博・(戸崎圭)・川 田 】中日新聞杯6着⑥/京都記念7着⑦
父 ディープインパクト 性別 牝 馬齢 4歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ビワハイジ      母の父 Caerleon 母の母 アグサン
アロマティコ   【 55.0・佐々晶・(福 永)・福 永 】福島牝馬4着②/関門橋S1着①
父 キングカメハメハ  性別 牝 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ナスカ        母の父 サンデーサイレンス 母の母 アンデスレディー
社台系生産馬--------------------------生産牧場 社台ファーム  産地 千歳市
イチオクノホシ  【 55.0・矢野英・(Cデムーロ)・Cデムーロ 】阪神牝馬2着④/うずしお3着①
父 ゼンノロブロイ   性別 牝 馬齢 4歳  毛色 芦毛 馬主 (株)ビリオンスター
母 レディイン      母の父 Kendor 母の母 Super Vite
マルセリーナ   【 55.0・松田博・(川 田)・吉田豊 】阪神牝馬6着⑨/阪神C12着⑪
父 ディープインパクト 性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)社台レースホース
母 マルバイユ      母の父 Marju 母の母 Hambye
社台系生産馬--------------------------生産牧場 追分ファーム  産地 安平町
メーデイア    【 55.0・笹 田・(浜 中)・横山典 】地マリーンC1着/TCK女王1着
父 キングヘイロー   性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (有)社台レースホース
母 ウィッチフルシンキング  母の父 Lord Avie 母の母 HALLOWEEN Joy
その他生産馬--------------------------
レインボーダリア 【 55.0・二ノ宮・(柴田善)・柴田善 】マイラーズ7着⑪/エ女王杯1着⑦
父 ブライアンズタイム 性別 牝 毛色 栗毛 馬齢 6歳  馬主 田中由子
母 アローム       母の父 ノーザンテースト 母の母 ストロークト
生産牧場 大栄牧場      産地 新冠町
エーシンメンフィス【 55.0・野 中・(川 須)・川 須 】マイラーズ17着⑨/京都牝馬2着②
父 Medaglia D'Oro  性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)栄進堂
母 テネシーガール    母の父 Pine Bluff 母の母 Java Magic
生産牧場 三嶋牧場      産地 浦河町
サウンドオブハート【 55.0・松山康・(池 添)・池 添 】阪神牝馬1着②/洛陽S1着①
父 アグネスタキオン  性別 牝 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 (有)ターフ・スポート
母 シンメイミネルバ   母の父 Caerleon 母の母 フジャブ
生産牧場 タイヘイ牧場    産地 新ひだか町
ハナズゴール   【 55.0・加藤和・(浜 中)・浜 中 】阪神牝馬4着①/京都牝馬1着①
父 オレハマッテルゼ  性別 牝 馬齢 4歳  毛色 栗毛 馬主 M.タバート
母 シャンハイジェル   母の父 シャンハイ 母の母 ロイヤルジェリー
生産牧場 不二牧場      産地 浦河町
フミノイマージン 【 55.0・本 田・(太 宰)・太 宰 】阪神牝馬7着⑤/中山牝馬6着⑤
父 マンハッタンカフェ 性別 牝 馬齢 7歳  毛色 鹿毛 馬主 谷二
母 シンコウイマージン  母の父 Dixieland Band 母の母 Vivid Imagination
生産牧場 シンコーファーム  産地 日高町
ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・(蛯 名)・蛯 名 】阪神牝馬14着⑥/地クイーン賞13着
父 クロフネ      性別 牝 馬齢 5歳  毛色 芦毛 馬主 嶋田賢
母 グローバルピース   母の父 サンデーサイレンス 母の母 エミネントガール
生産牧場 千代田牧場     産地 新ひだか町
オールザットジャズ【 55.0・角 居・(Cデムーロ)・岩田康 】福島牝馬1着①/中山牝馬3着①
父 タニノギムレット  性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 市川義美
母 ダイヤモンドピサ   母の父 サンデーサイレンス 母の母 ジョード
生産牧場 フジワラフアーム  産地 新ひだか町
マイネイサベル  【 55.0・水 野・(松 岡)・柴田大 】福島牝馬2着③/中山牝馬1着⑥
父 テレグノシス    性別 牝 馬齢 5歳  毛色 鹿毛 馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
母 マイネレジーナ    母の父 サンデーサイレンス 母の母 フミノスキー
生産牧場 高橋修       産地 新ひだか町
ザッハトルテ   【 55.0・牧 田・(松 山)・xxx 】晩春S1着③/鈴鹿特別1着④
父 クロフネ      性別 牝 馬齢 6歳  毛色 芦毛 馬主 永田和彦
母 パフェ        母の父 Kingmambo 母の母 Meringue Pie
生産牧場 森永牧場      産地 日高町
抽選&繰上り&除外・回避対象-----------
クィーンズバーン 【 55.0・浅 見・(藤岡佑) 】阪神牝馬3着⑦/阪急杯13着⑦
オメガハートランド【 55.0・ 堀 ・(内田博) 】福島牝馬5着④/中山牝馬4着④
ミッドサマーフェア【 55.0・小島太・(蛯 名) 】福島牝馬8着⑥/愛知杯12着⑤
アラフネ     【 55.0・高橋裕・(丸 田) 】福島牝馬15着⑬/中山牝馬10着⑫
トーセンベニザクラ【 55.0・柴 崎・(津 村) 】福島牝馬10着⑤/ターコイズ4着⑤
ゴールデングローブ【 55.0・藤岡健・(武 豊) 】府中S1着⑧/名古屋城10着⑥
--------------------------------------

今回が第8回目となるヴィクトリアマイル。このレースほど特徴的なG1レースはないだろう。
第1回…ダンスインザムードで北村宏司が初G1勝ち!
桜花賞馬にて優勝自体は何ら不思議ないが、現在では考え難い北村宏司でのG1勝ちなのが如何にも特徴的。(今ではパララサルーですら三浦に取られる騎手…時の流れは非情であることと今後G1で活躍できない騎手を示唆するもの)
第2回…コイウタで松岡正海が初G1勝ち!
2着にも穴馬が入り波乱になったレース。当時若手のホープだった松岡の優勝で将来が大いに期待されたのだが、そんな彼も今では単なるマイネルの子飼いと化し、第2の田中勝・後藤の道を歩んでいるのが何とも切なく虚しいばかりである。
第3回…エイジアンウインズが武豊天敵&一発屋の藤田信二でウオッカを破る。
海外帰りのウオッカが断然人気に推されたが、当時は武豊の天敵とされていた藤田に足元を掬われて2着となって不思議な因縁を感じたものだが、今思うと彼らを天才だとか天敵だとか比較していたのが苦笑ものなのが懐かしい。
第4回…ウオッカが前年のリベンジで優勝!
こう言うと聞こえは良いが、相手がハンデ牝馬戦のみの好走馬であるブラボーデイジーらに圧勝しただけのことで、要は前年取りこぼした分を弱い馬を相手に補填しただけ。
第5回…ブエナビスタが順番通りに順当優勝!
この後に日本を代表する古馬となった馬だが、このレースに至る3才秋G1戦(秋華賞・エリザベス女王杯)において不思議な取りこぼしをしていたことで却って当然の順当勝ちとなったもの。そもそも3才秋G1戦が胡散臭い降着や下手っぴ騎手の逃げ切りで決まるという変な競馬で負けた可笑しなものであったのが今さらながらの感あり。
第6回…アパパネがブエナビスタを破って優勝!
この時期まではまだ3冠牝馬の看板が通用してたアパパネが、ブエナビスタに勝ちを譲られてG1冠を加えた苦笑ものの優勝。言わば「これこそがヴィクトリアマイルの設けられた理由」と言える好例で、このレースが格付け優先であること顕著と言える結果。
そして、昨年第7回…ホエールキャプチャが悲願のG1優勝!
同年代の牡馬クラシックにおいてオルフェーブルが3冠を果たしたため、同じく池添を鞍上とする同馬が煽りを受けて牝馬クラシックを勝たせてもらえなかったのをここで補填されて優勝。また丁度この頃、オルフェーブルが春天で墓穴を掘っていたので池添など乗せる意味すらなくなってしまったため鞍上に横山典を配して勝たせたという曰く付きの結果。今の同馬が見る影もないを見ればこの理由以外に何の理由があるのか教えて欲しいほど。

これら過去の勝ち馬と騎手を見れば分かるように、ある意味「勝つ理由のある馬が順番に勝つ」というのがこのレースの特徴であり、特に牝馬クラシックで涙を呑んだ馬への補填が起こること顕著なレースである。
この視点からも、ここで最優先されるのがヴィルシーナであることに誰も異論はないだろう。牝馬クラシック全てで2着となった同馬の他に一体何が優先されるかと断言できるほどである。
しかしながら、今回これが覆される可能性があるのが一番の問題だろう。なぜなら同馬の鞍上が内田博という“競馬学校出ではない”からだ。加えて、それでなくともここ2週の内田博はG1レースで人気を裏切っているというイヤな流れにあり、もしも心理的にナーバスになるようだと今回もまた悪循環にハマる可能性は十分にあるだろう。
それでも、百戦錬磨の内田博なのでこの心配が杞憂となれば全く気にしなくても良いと言えるだろうが、もう一つヴィルシーナの問題点(気になる点)なのが、前走時の負け方に見えた同馬自身の調子・体調の良し悪しである。
2走前のエリザベス女王杯は直前の大雨の影響と秋華賞好走の反動からレインボーダリアに足元を掬われたと評価できるので大した不安要素とは成らないだろうが、前走の産経大阪杯はいくら好メンバー揃いだったにしても4コーナーで脚色いっぱいになったのは大いに不満が残る。たしかに休み明けだったことをタレた理由できるだろうが、これだけ実績ある馬がタレて敗れたことが「もしかすると成長度合がない可能性と覇気の翳りの顕れ」であるかもしれないからだ。
それでも、これさえも「単に大阪杯がハイレベル過ぎた」と考えれば、3才時においてジェンティルドンナ以外の同世代馬に先着し続けてきた同馬が優勝して当然と思われるので、是非ともこちらも杞憂であって欲しいと願うばかりである。そうなればここは2着争いとなり、何より予想が非常にラクになるのでありがたい!(笑)

前予想…↓↓↓
東京11R 第8回 ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600m
( )は前走騎手--------------------------------
◎ヴィルシーナ
   【 55.0・友 道・(内田博)・内田博 】産経大阪杯6着④/エ女王杯2着①
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町
○ハナズゴール   【 55.0・加藤和・(浜 中)・浜 中 】阪神牝馬4着①/京都牝馬1着①
生産牧場 不二牧場      産地 浦河町
▲サウンドオブハート【 55.0・松山康・(池 添)・池 添 】阪神牝馬1着②/洛陽S1着①
生産牧場 タイヘイ牧場    産地 新ひだか町
△アロマティコ   【 55.0・佐々晶・(福 永)・福 永 】福島牝馬4着②/関門橋S1着①
生産牧場 ノーザンファーム  産地 安平町 馬主 (有)サンデーレーシング
その他伏兵馬=★・☆--------------------------
★イチオクノホシ
  【 55.0・矢野英・(Cデムーロ)・Cデムーロ 】阪神牝馬2着④/うずしお3着①
★オールザットジャズ【 55.0・角 居・(Cデムーロ)・岩田康 】福島牝馬1着①/中山牝馬3着①
☆メーデイア    【 55.0・笹 田・(浜 中)・横山典 】地マリーンC1着/TCK女王1着
☆ドナウブルー   【 55.0・石 坂・(福 永)・ウィリアムス 】ダービー卿10着③/東京新聞杯10着①
前予想時の消し馬=消 -------------------------
アドマイヤセプター【 55.0・橋 田・(池 添)・xxx 】高松宮記念15着⑫/オーシャン11着④
アイムユアーズ  【 55.0・手 塚・(Aシュタルケ)・戸崎圭 】阪神牝馬10着③/マイルCS10着③
ジョワドヴィーヴル【 55.0・松田博・(戸崎圭)・川 田 】中日新聞杯6着⑥/京都記念7着⑦
マルセリーナ   【 55.0・松田博・(川 田)・吉田豊 】阪神牝馬6着⑨/阪神C12着⑪
レインボーダリア 【 55.0・二ノ宮・(柴田善)・柴田善 】マイラーズ7着⑪/エ女王杯1着⑦
エーシンメンフィス【 55.0・野 中・(川 須)・川 須 】マイラーズ17着⑨/京都牝馬2着②
フミノイマージン 【 55.0・本 田・(太 宰)・太 宰 】阪神牝馬7着⑤/中山牝馬6着⑤
ホエールキャプチャ【 55.0・田中清・(蛯 名)・蛯 名 】阪神牝馬14着⑥/地クイーン賞13着
マイネイサベル  【 55.0・水 野・(松 岡)・柴田大 】福島牝馬2着③/中山牝馬1着⑥
ザッハトルテ   【 55.0・牧 田・(松 山)・xxx 】晩春S1着③/鈴鹿特別1着④
----------------------------------------------

単純な騎手の実力なら浜中や池添などがCデムーロやウィリアムスに勝てる訳はないので、◎に勝てるという意味で判断すれば○・▲には外人ジョッキーを挙げるのが当然である。そもそもハナズゴールの今があるのは全てCデムーロがチューリップ賞を勝たせたことが発端であることは誰もが知っていることであり、本来であれば浜中や池添など○・▲に置かないのが正しい評価のはずである。
しかしながら、如何せんこのレースほど競馬学校が優遇されるレースはないことは上記の過去結果が示しており、こう言っては語弊はあるが、すでに外人ジョッキーとして日本において地位を確立しているCデムーロやウィリアムスなどが“こんな補填用ハスっぱG1”など競馬学校に譲っても全く問題はないとの判断材料にも成り得るからには、外人ジョッキーたちを高評価するのは大いに危険であるとも考えられる。
何よりもしも本気で出し抜けや勝ち負けを狙うなら、現時点でMデムーロが空いているのだから彼に騎乗依頼しないのは可笑しな話であることに誰もが気付くところ。
オマケを言えば、いくら競馬学校出がどんなに下手集団であっても一応プロと名乗っているからには“騎手の意地”というものもあるはずで、少なくともこれだけ特徴あるレースを外人ジョッキーに勝たれる訳には行かない(競馬学校出にとっては貴重な冠レースである)はず。したがって、今回のCデムーロとウィリアムスは掲示板辺りかそれ以下となると推理した次第である。
ちなみに、アイムユアーズは元々桜花賞時から外人ジョッキーだったため、いくら戸崎圭であっても外人から譲られた格好となるからには好走は難しいと判断した次第。
【ただし桜花賞勝ちで勢いのある厩舎なのが好走材料なのでとても怖い…(苦笑)】
また、競馬学校出が優遇されるということは競馬学校出史上最強の援護授受騎手である福永祐一のアロマティコも高評価しなければならないため、同馬を△に置くハメになってしまったのが何とも痛し痒しでもある…(再苦笑)

最終決断…↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=22444#expec

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第18回 NHKマイルカップ(G1) 結果コラム

予想完敗も柴田大優勝なら満足!

前予想…↓↓↓
東京11R 第18回 NHKマイルカップ(G1) 芝1600m
( )は前走騎手--------------------------------
◎エーシントップ  【 57.0・西 園・(内田博) 】NZT1着②人気/シンザン1①
○コパノリチャード 【 57.0・ 宮 ・(内田博) 】皐月賞13着⑤人気/アーリントン1①
その他伏兵馬=★・☆--------------------------
★マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・(柴田大) 】NZT7着④人気/スプリンS3⑪
★ゴットフリート  【 57.0・斎藤誠・(戸崎圭) 】NZT9着①人気/共通杯2②
★インパルスヒーロー【 57.0・国 枝・(田中勝) 】ファルコン1着②人気
★ガイヤースヴェルト【 57.0・斎藤誠・(シュタルケ ) 】毎日杯2着⑥人気
★フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・(横山典) 】京成杯10着①人気/朝日杯4⑤
☆サトノネプチューン【 57.0・ 堀 ・(戸崎圭) 】皐月賞14着⑬人気/弥生賞11⑤
☆レッドアリオン  【 57.0・橋 口・(川 須) 】NZT2着③人気
☆ストーミングスター【 57.0・藤原辰・(柴田善) 】NZT3着⑫人気
☆ローガンサファイア【 55.0・佐々晶・(浜 中) 】マーガレット1着②人気
☆シャイニープリンス【 57.0・栗田博・(和 田) 】橘S1着⑦人気
前予想時の消し馬=消 -------------------------
消カシノピカチュウ 【 57.0・牧 田・(西 田) 】NZT5着⑩人気/ファルコン2⑪
消モグモグパクパク 【 57.0・高橋祥・(北村宏) 】NZT6着⑧人気/ファルコン4④
消ザラストロ    【 57.0・武 藤・(松 岡) 】NZT10着⑪人気/スプリンS14⑭
消ディアセルヴィス 【 57.0・高橋裕・(吉田豊) 】NZT13着⑮人気/ファルコン9⑥
消アットウィル   【 57.0・領 家・(内田博) 】マーガレット3着④人気/シンザン6⑭
消マイネルエテルネル【 57.0・西 園・(バルジュ) 】マーガレット12着⑦人気/朝日杯16⑭
----------------------------------------------
最終決断…↓↓↓
東京11R 第18回 NHKマイルカップ(G1) 芝1600m
( )は前走騎手--------------------------------
◎3番ストーミングスター【 57.0・藤原辰・Mデムーロ 】
○15番エーシントップ  【 57.0・西 園・内田博 】
▲10番ガイヤースヴェルト【 57.0・斎藤誠・ウィリアムス 】
△6番レッドアリオン  【 57.0・橋 口・川 須 】
その他伏兵馬=★・☆--------------------------
★11番カシノピカチュウ 【 57.0・牧 田・Cデムーロ 】
最終決断の消し馬=X・前予想時の消し馬=消----
消1番アットウィル   【 57.0・領 家・三 浦 】
消2番ザラストロ    【 57.0・武 藤・武 豊 】
消4番マイネルエテルネル【 57.0・西 園・石橋脩 】
消5番ディアセルヴィス 【 57.0・高橋裕・菱 田 】
X7番ゴットフリート  【 57.0・斎藤誠・戸崎圭 】
X8番マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・柴田大 】
X9番コパノリチャード 【 57.0・ 宮 ・福 永 】
X12番フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・横山典 】
X13番シャイニープリンス【 57.0・栗田博・吉田豊 】
X14番ローガンサファイア【 55.0・佐々晶・浜 中 】
X16番サトノネプチューン【 57.0・ 堀 ・岩田康 】
X17番インパルスヒーロー【 57.0・国 枝・田中勝 】
消18番モグモグパクパク 【 57.0・高橋祥・北村宏 】
----------------------------------------------
レース結果…↓↓↓
東京11R 第18回 NHKマイルカップ(G1) 芝1600m
----------------------------------------------

1着…X8番マイネルホウオウ 【 57.0・畠山吉・柴田大 】
2着…X17番インパルスヒーロー【 57.0・国 枝・田中勝 】
3着…X12番フラムドグロワール【 57.0・藤沢和・横山典 】

4着…△6番レッドアリオン  【 57.0・橋 口・川 須 】
5着…▲10番ガイヤースヴェルト【 57.0・斎藤誠・ウィリアムス 】
----------------------------------------------
6着…X13番シャイニープリンス【 57.0・栗田博・吉田豊 】
7着…○15番エーシントップ  【 57.0・西 園・内田博 】
8着…X9番コパノリチャード 【 57.0・ 宮 ・福 永 】
9着…★11番カシノピカチュウ 【 57.0・牧 田・Cデムーロ 】
10着…消5番ディアセルヴィス 【 57.0・高橋裕・菱 田 】
11着…X7番ゴットフリート  【 57.0・斎藤誠・戸崎圭 】
12着…◎3番ストーミングスター【 57.0・藤原辰・Mデムーロ 】
13着…X16番サトノネプチューン【 57.0・ 堀 ・岩田康 】
14着…消18番モグモグパクパク 【 57.0・高橋祥・北村宏 】
15着…消1番アットウィル   【 57.0・領 家・三 浦 】
16着…消2番ザラストロ    【 57.0・武 藤・武 豊 】
17着…消4番マイネルエテルネル【 57.0・西 園・石橋脩 】
18着…X14番ローガンサファイア【 55.0・佐々晶・浜 中 】
----------------------------------------------

1着…全てが上手く行ったマイネルホウオウ!
スプリングS3着で出れるはずの皐月賞を辞めてマイル戦線を選択し、NZTを叩き台に使った厩舎・馬主の好判断が最高の形で開花した。
正直、ゴール直後は唖然とさせられたものの、柴田大のインタビューを聞いた時には逆に『柴田大が勝って良かった…』と感慨に浸らされた。
ただちょっと『しまった』と感じたことは、柴田大200勝がこのレースになったこと…(買い続けなければいけない大変さはあるが…苦笑)
いずれにしても、記念の200勝&G1優勝となったのが何より喜ばしい限り。
おめでとう、柴田大知くん!(これで未崎も浮かばれる!)

2着…穴決着なら出番の田中勝らしい2着!
連対率100%は伊達じゃない…さすがは社台ファーム産駒単騎出走馬だけあってほとんど勝ちに等しい2着。
でも、勝ちジョッキーが苦労人柴田大なので却って田中勝は2着で良かったと思われてならない。(勝ってたら『譲ってやれよ』と叫んでいただろうから…苦笑)

3着…藤沢和厩舎得意の休み明け仕上げ好走のフラムドグロワール!
先行馬の中で3着に残ったのは立派。さすがは朝日杯4着馬という馬の能力を示した格好。
ただし、今回の好走が“ウィリアムスのおかげ”であるのは否めないはずで、もしもウィリアムスが乗っていたら技量差からも連対以上を果たしていたのは間違いないだろう。
(コディーノがダービーで馬券になれるか逆に不安に感じてしまう大好走なのが心配…苦笑)

4着…レッドアリオンは「出遅れなければ」の一語!
最後に凄い末脚は使ったものの届かず4着で川須くんは無念で仕方ないだろうが、それでも焦らず末脚勝負に賭けたのは立派なのでこれを糧として今後につなげてもらいたいと思う次第!

5着…逃げ馬を潰して5着ならガイヤースヴェルトも流石!
逃げるコパノリチャードを潰しに行っての5着粘りは「さすがはウィリアムス」と言える。
ただ本音を言えば、『もっと控えて競馬して欲しかった』とは思うのだが、斎藤誠厩舎はもう1頭が差し馬であるからには来日初週のウィリアムスもさすがに潰しに行かざるを得なかったのだろう。
それにしても、まるで最盛期の増沢・蛯沢・中舘のような気風の良い先行レースに徹していたのには「来週以降は勝星固め打ちも」が臭わされてならない!(人気の先行馬に乗せたら何勝することやら…ワクワク)

6着…シャイニープリンスは好調さと展開向いての流れ込み。
7着…エーシントップは前走仕上げ過ぎ(マイナス10kg)だったのが痛い。
8着…競り掛けられての8着ならコパノリチャードはマズマズ。
9着…Cデムーロでここまでなら能力不足は否めないカシノピカチュウ。
10着…10着も超大健闘のディアセルヴィス。
11着…やはり前走から体調不良が証明されたゴットフリート。
12着…先行できなかった時点で競馬が終わってしまったストーミングスター。
13着…戸崎圭の代役では仕方ない結果のサトノネプチューン。
14着…枠順も不遇でレベルも不足だったモグモグパクパクも仕方ない結果。
15着…2才時で成長止まったアットウィルも仕方ない結果。
16着…こちらも2才夏で終わっていたザラストロ。
17着…思いっきり2才時で終わっていたマイネルエテルネル。
18着…ドン尻は戴けないローガンサファイア。

※1番人気エーシントップが馬券にならなかったことで、『やっぱり内田博はゴールドシップをコカしたツケが尾を引いた!』となったのが一番残念であると思われるが、そもそも同馬の主戦は浜中くんであるからには内田博は前走勝っただけでお役御免だったのかもしれない。
何より前走の時点で馬体を減らしていたからには、いくら人気を裏切ったとしても騎手は責められない。

※結果的にスプリングS3着馬が優勝したこと、毎日杯2着のガイヤースヴェルトがキツい競馬をして5着に粘ったことからも「今年のクラシック上位馬たちが如何に強いか」を改めて認識させられた!
今回の結果からも「日本ダービーは卍巴(4頭)の競馬」と思えてならないのだが…(ロゴタイプ、エピファネイア、キズナ、コディーノ)

読切感謝!m(--)m どこかで誰かの参考となりますように!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »