« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の記事

2014 第149回 天皇賞(春)(G1)予想コラム

岩田不在で波乱度アップ?

登録20頭。外国馬1頭。サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 3200m 芝・右 外
馬名【斤量・厩舎・(前走騎手)】前走/前々走結果(○人気)…(社・ノ・白など社台系生産)
地方馬、外国馬--------------------------------
レッドカドー   【 58.0・英 国・(モッセ) 】ドバイWC6着/香港ヴァ4着
----------------------------------------------
ウインバリアシオン【 58.0・松永昌・(岩 田) 】日経賞 1着①/有馬記念2着④…(ノ)
ホッコーブレーヴ 【 58.0・松永康・(田 辺) 】日経賞 2着⑩/ジャパン12着⑯
ラストインパクト 【 58.0・松田博・(川 田) 】日経賞 3着③/小倉大賞1着①…(白)
フェノーメノ   【 58.0・戸 田・(蛯 名) 】日経賞 5着②/宝塚記念4着③…(追)
サイレントメロディ【 58.0・国 枝・(柴田善) 】日経賞 7着⑮/東海ステ15着⑬…(社)
アスカクリチャン 【 58.0・須 貝・(戸 崎) 】日経賞 8着⑥/香港ヴァ7着⑥
ジャガーメイル  【 58.0・ 堀 ・(石橋脩) 】日経賞 9着⑭/天皇賞春6着⑧
オーシャンブルー 【 58.0・池 江・(Mデムーロ) 】日経賞 10着④/中山金杯1着⑤…(社)
アドマイヤフライト【 58.0・橋 田・(内田博) 】日経賞 12着⑤/日経新春2着①
ゴールドシップ  【 58.0・須 貝・(岩 田) 】阪神大賞1着①/有馬記念3着②
アドマイヤラクティ【 58.0・梅田智・(四 位) 】阪神大賞2着⑤/有馬記念11着③…(ノ)
サトノノブレス  【 58.0・池 江・(浜 中) 】阪神大賞4着②/日経新春1着②
ヒットザターゲット【 58.0・加藤敬・(武 豊) 】阪神大賞5着④/京都記念5着⑤
キズナ      【 58.0・佐々木・(武 豊) 】大阪杯 1着②/凱旋門賞4着④
タニノエポレット 【 58.0・村 山・(福 永) 】大阪ハン1着⑦/ダイヤモ3着③
デスペラード   【 58.0・安 達・(横山典) 】京都記念1着⑥/有馬記念7着⑦
フェイムゲーム  【 58.0・宗 像・(北村宏) 】ダイヤモ1着①/AJC杯3着⑥…(ノ)
除外対象、優先出走順--------------------------
バンデ      【 58.0・矢 作・(Aシュタルケ) 】大阪ハン3着①/阪神大賞3着③
タマモベストプレイ【 58.0・南 井・(和 田) 】阪神大賞8着⑥/有馬記念5着⑯
サイモントルナーレ【 58.0・田中清・(横山和) 】阪神大賞7着⑨/ダイヤモ7着⑩
----------------------------------------------

岩田の騎乗停止で波乱度が増した感はあるが、実際にはレベルの違う馬が揃っているのが今年の春天のメンバー構成と思われる。
中でも注目せざるを得ないのがキズナで、おそらくここも1番人気に推されるのではないだろうか。
だが、それでも同馬に全く不安点がない訳ではなく、殊に同馬は追い込み脚質だけに位置取り次第では届かずがあっても可笑しくはない。何しろ3200mの春天では、上手く流れに乗って先行できた馬が後続を封じるシーンが過去にも多々あるからだ。
ただし、キズナの隙はこの点のみであり、同馬の剛脚を封じることのできる馬もまたそうやたらにいないはずで、仮にキズナが届かなかったとしてもそれができる馬は自ずと絞られるだろう。
したがって、どの馬までがキズナの脚を封じられるかが今年の予想基準になるはず。
そこで問題となるのが、どうなればキズナの脚を封じられるか、どの馬ならキズナに差されないかの基準設定である。
特に私が参考になると考えるのが昨年の有馬記念の結果であり、奇しくも当時の2・3着馬が長距離トライアル戦を共に勝利しており、それがどちらも岩田鞍上だったことが大いに参考になると思われる。
もちろん、その他の馬でも“キズナが不発”であればチャンスが拡大するからには第2の石橋脩になれる可能性は捨て切れないのだが、現時点で出し抜け優勝する大穴馬を推奨することはさすがに厳しいだろう。
【何しろキズナは武豊なのでミスする確率も極めて低いので!…ハズ?】

そこで現時点では・・・
前予想↓↓↓
京都11R 第149回 天皇賞(春)(G1) 芝3200m
(前走騎手) LS=大穴 伏=伏兵 無=無印 外=論外 X=消し
----------------------------------------------
◎…キズナ      【 58.0・佐々木・(武 豊) 】大阪杯 1着②/凱旋門賞4着④
○…ゴールドシップ  【 58.0・須 貝・(岩 田) 】阪神大賞1着①/有馬記念3着②
▲…フェノーメノ   【 58.0・戸 田・(蛯 名) 】日経賞 5着②/宝塚記念4着③…(追)
△…ウインバリアシオン【 58.0・松永昌・(岩 田) 】日経賞 1着①/有馬記念2着④…(ノ)
LS…レッドカドー   【 58.0・英 国・(モッセ) 】ドバイWC6着/香港ヴァ4着
LS…アドマイヤラクティ【 58.0・梅田智・(四 位) 】阪神大賞2着⑤/有馬記念11着③…(ノ)
LS…サトノノブレス  【 58.0・池 江・(浜 中) 】阪神大賞4着②/日経新春1着②
LS…フェイムゲーム  【 58.0・宗 像・(北村宏) 】ダイヤモ1着①/AJC杯3着⑥…(ノ)
LS…ラストインパクト 【 58.0・松田博・(川 田) 】日経賞 3着③/小倉大賞1着①…(白)
LS…タニノエポレット 【 58.0・村 山・(福 永) 】大阪ハン1着⑦/ダイヤモ3着③
LS…デスペラード   【 58.0・安 達・(横山典) 】京都記念1着⑥/有馬記念7着⑦
伏…ホッコーブレーヴ 【 58.0・松永康・(田 辺) 】日経賞 2着⑩/ジャパン12着⑯
伏…アスカクリチャン 【 58.0・須 貝・(戸 崎) 】日経賞 8着⑥/香港ヴァ7着⑥
伏…アドマイヤフライト【 58.0・橋 田・(内田博) 】日経賞 12着⑤/日経新春2着①
無…サイレントメロディ【 58.0・国 枝・(柴田善) 】日経賞 7着⑮/東海ステ15着⑬…(社)
無…ジャガーメイル  【 58.0・ 堀 ・(石橋脩) 】日経賞 9着⑭/天皇賞春6着⑧
無…オーシャンブルー 【 58.0・池 江・(Mデムーロ) 】日経賞 10着④/中山金杯1着⑤…(社)
無…ヒットザターゲット【 58.0・加藤敬・(武 豊) 】阪神大賞5着④/京都記念5着⑤
除外対象、優先出走順--------------------------
伏…バンデ      【 58.0・矢 作・(Aシュタルケ) 】大阪ハン3着①/阪神大賞3着③
外…タマモベストプレイ【 58.0・南 井・(和 田) 】阪神大賞8着⑥/有馬記念5着⑯
外…サイモントルナーレ【 58.0・田中清・(横山和) 】阪神大賞7着⑨/ダイヤモ7着⑩
----------------------------------------------

◎=上記に評したように勝ち負け筆頭。
○=前走で見せた脚質から。
▲=昨年の実績と脚質から。
△=鞍上弱化が痛いから。

その他では、現時点で除外対象となっているバンデに注目している。
前走はシュタルケに番手競馬を指示したことが裏目に出たが、もしも出走できるようになれば今回はイヤでも先手を取るはずで、同馬のペース次第ではキズナの剛脚を封じることのできる馬が現れるかもしれない。
【同馬を上手く利用できた馬が事実上の優勝候補かと!】
ちなみに、穴党の中には『仮にバンデが出走しなくても代わりにデスペラードが逃げるだろう』と期待を持っているかもしれないが、もしも京都記念と同じ展開で後続が封じられるようでは、それは今回騎乗した騎手全員が「それでもプロか」と非難されることになるだろう。なぜなら、同じ出し抜け逃げ戦術が通用したらこれ以上のマヌケはないから。
しかしながら、いくら競馬学校が2流騎手養成所と言えどもそこまでマヌケが揃っているとはさすがの私も考えられないからには、是非ともバンデには出走してもらってイチかバチかの逃げを見せてもらいたいと願って止まない次第。誰が乗るかは知らないが・・・(まさか松田?…普通はシュタルケ辺りになると思うが?)

それにしても、岩田不在の影響は大きいと思わざるを得ない。特にウインバリアシオンなど、それこそ外人ジョッキーでも乗せなければ代わりになる者など誰もいないからだ。
その反面、岩田不在のお陰でイヤでも人気が上がるのがフェノーメノで、あまりの蛯名のツキ具合にまるでオルフェーブル世代の池添を見ている感がある。
【これも後藤のお陰かと考えると「怖るべし競馬学校の徒党教育」と思わざるを得ない…寒っ】

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後藤の落馬事故と福永の負け

怖れと呆れ!

本日2014年4月27日(日)は、中央競馬にとって怖るべき2つの出来事が起こった日として記憶されるのではないだろうか。
その一つは、岩田康誠が加害馬騎乗としてまた後藤浩輝が落馬してしまったこと。もう一つは、香港競馬においてエピファネイアが4着に敗れてしまったことである。

-怖れ-
競馬に落馬は付き物だが、まさか同じ加害者と被害者で落馬事故が起こるとは思ってもいなかった。ところが、またも岩田康誠の斜行によって後藤浩輝が落馬したのである。
レースを見ていた私は落馬が起こった瞬間、馬も大きく転倒したことから、『これは酷い事故になるかも』と思った。ターフに取り残された騎手の反応を係員が確かめている姿が映った時、落馬者(被害馬騎乗)が後藤だったことで2年前にも落馬した彼の不運を憐れむ思いが湧いた。何とか死なないでくれと・・・
その後、加害馬が岩田と発表された時、今度は、『こんな不思議な因縁で岩田康誠が潰れてしまわないように!』という思いが頭に浮かんだ。
当ブログで何度も書いてきたが、「武豊が世界で通用しないことが明確になった今、中央騎手界で世界と互せる日本人騎手は岩田康誠ただ一人しかいない」と思っているし、それが事実だと確信しているからだ。

現在はまだ落馬がどのようなタイミングで起こったなのか明確ではないので何とも言えないが、私はただ、今回の落馬事故が同じ騎手の2度目の事故であることから、一方的に岩田が悪いとして、あたら貴重な名手が戦意を失うことを怖れるのである。
ただし、これは何も後藤に落ち度があるなどと説いている訳ではない。騎手が如何に危険な仕事であるかも十分理解しているつもりであるし、被害者たる後藤に対しては大いに同情している。
だが、こう言うと誤解されるかもしれないが、後藤の代わりはいても岩田の代わりはいないのが現実であり、これは次のフローラSにおいて後藤の代わりに1番人気馬に騎乗することになったジョッキーが若手の杉原くんだったことでも容易に分かるだろう。
またまた誤解されるだろうが、もしもこんな因縁めいた落馬事故で岩田の精神が萎え、名手の騎手人生が終わってしまっては、それこそ中央騎手界にとって大きな損失となる。せめて、たった一人でも“騎手とはアスリートであること”を現実に見せられる者がいなければ競馬をスポーツとして評することはできなくなり、競馬人気そのものがどんどん廃れてしまうことになりかねない。


-呆れ-
香港クイーンエリザベスⅡにおいてエピファネイアが4着に負けたニュースが届いたが、私は、引き続き鞍上に福永祐一を起用しているので、『今回は福永を乗せても十分に勝てると踏んだのだろう』と予想していた。ところが、まさか4着、しかも引き離されて危うく5着になりかけの4着など思ってもいなかった。
今回の敗戦が意味することは、単に騎手が下手というだけではない。同馬を海外遠征させるだけの準備を厩舎・牧場が怠った=油断しすぎていたということを意味している。
もちろん、馬の体調を万全にするのは困難な仕事であることは十分承知している。だが、それでも鞍上を福永息子のままで臨戦させただけであきらかに対戦相手を舐めてたとしか考えられない。
これも何度も書いているが、「エピファネイアは強い馬なので絶対に福永祐一は降ろすべきである=彼は馬を勝たせる腕を持ってないから」と私はずっと説いてきた。それにも関わらず乗せたからには、今回は絶対に勝ち負けできると判断して関係者は臨戦させたはず。ところが、この体たらくな結果では一体何と言い訳するのか!
私は接戦による敗戦は福永祐一騎乗なので起こっても仕方ないと思っていたが、まさか先着馬3頭に引き離され、10頭立てで5着スレスレの4着になるなど、ただただ呆れて開いた口が塞がらなかった。

ちなみに、本日の京都11レース(マイラーズC)においてワールドエースがレコードのオマケ付きで久々に勝利した。しかも、鞍上に起用されたシュタルケは、緩みのないペースの初マイル戦にも関わらず同馬を4番手で先行させて勝たせたのである。
このシュタルケの騎乗ぶりを見ただけでも、過去に騎乗していた福永祐一が如何に低レベルであるか分かるだろう。これだけの競馬ができる逸材をあたら末脚勝負ばかりして、その挙句は故障の憂き目に遭わせたのだから。
そんな福永祐一を乗せて香港まで勝負しに行ったにも関わらず、接戦どころか引き離されて負けたエピファネイアに私は本当に同情せざるを得ない。
・・・関係者の油断と下手なジョッキーのせいで実力に見合った結果がほとんど残せなくなるほど生産者と馬自身にとって不幸なことはいのだから!

-PS-
後藤浩輝くんの再度の落馬事故には心から同情する。
とりあえずは命があったことを幸いと思い、先ずゆっくり時間を懸けてケガを直し、その後新たな人生に進んで欲しいと願ってやまない。・・・君なら十分評論家で食って行ける!(キャラは良い物を持ってるので評論家の方が稼げるはず!)

また福永祐一くんには、一日も早く無事なうちに引退することを願ってやまない。
幼少期から彼をここまで育てたお母さんは大変立派な方。そんな方にこれ以上心配を掛けないことが彼にできる一番のこと。何より、もう十分有名になったのだから、これ以上“騎手界は血縁が全てという悪慣”をまき散らさず、速やかに調教師にでも何にでもなって下さい。・・・君なら縁故でG1トレーナーに成れるでしょうから!(とりあえず恥を知っているならエピファネイアは自ら降りなさい!今年の君にはジャスタウェイがいるんだから!)

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014 羽田杯 観戦コラム

勝ち馬の強さ以上に驚いたこと…

2014羽田杯は、吉原ジョッキーを背にした圧倒的1番人気のハッピースプリントが、逃げ馬を見ながら持ったままの王道競馬で圧勝した。
同馬の勝ちっぷりを見るに、東京ダービーも何か余程のことでもない限り負けることはないだろう。

ただ私は、このハッピースプリントの強さ以上にあることに驚かされた。それは、単勝10倍台の次点人気馬3頭の中に高野誠くんが含まれていたことである。
中央と同じく、「高野」という苗字のジョッキーが上手くない騎手であることは南関東競馬を一度でも見た人ならすぐに気付くだろう。
南関東には、勝星の稼げない「高野」という苗字のジョッキーが二人もおり、こともあろうにそんな下手の代名詞のような者が4番人気になっていたのには、大いにどころか『この騎手でヤラセやるつもりではないか?』という疑念が浮かんで驚かされたのである。
案の定、3コーナー手前で外に持ち出して追い出そうと見せたまでは良かったが、そこからはただただズルズルタレるだけ。これでは、なぜこんなジョッキーを起用したのかと調教師の考え方を疑われても仕方ないだろう。

だが、今回の高野誠くんを非難することは決してできない。なぜなら、彼は単に中央競馬でよく見る「裏開催でもほとんど活躍しない縁故なし+員数合わせジョッキー」であり、羽田杯で4番人気馬に騎乗しただけでも奇跡だからだ。
そんなジョッキーに期待を懸けた方が悪いのであり、『上手く主催者に騙された』と諦めるしかないだろう。
ただし、人気に推したファンの方にも同情する部分はある。それは中央競馬において、福永や三浦などの腕なし執念なしジョッキーが勝星を積んでいる状況を普段から見させられているからだ。
競馬ファンなら、高野誠くんにとって滅多にないチャンスだと思えば、『もしかすると2着に食い込ませるんじゃないか。主催者が!』と考えるのも当然んあおだから。
【単にそれが間違いだっただけの話…素直に騎手の腕だけ考えれば掲示板外しも当然!】

そんな彼と対照的だったのが、3番人気で2着になったドバイエクスプレスの川島正太郎くん。いわずと知れた川島正行調教師の息子であり、ある意味「南関東版の福永祐一」といえなくもないが、残念ながら福永息子より腕がなく、まるで「南関東版の郷原息子」という実力しかない。言わば、川島くんこそが、縁故がなければ騎手にもなれなかった縁故ジョッキー=中央ジョッキーで喩えれば「藤岡兄弟」みたいなもの。逃げ馬でしか勝つ競馬ができない点を見ると、まるで「三浦の真逆版」と思っていれば間違いないだろう。【彼こそがお父さんのお陰で2着に来れたようなもの。間を空けてマイナス9の仕上げた馬体で臨戦したことでもそれは分かるだろう!】

私は今回の羽田杯を見て、『何と中央競馬騎手界と似ているのか!』という思いに駆られた。
現在の南関東騎手たちは、一流だった者がどんどん中央に取られたため大した腕のジョッキーが少なくなり、昨年など“出戻り”の御神本くんが全国リーディングになってしまうまでにレベルが下がった。
【南関東ファンなら誰もが驚いたはず!】
この原因は、中央と同じく「若手の成長不良」にあり、これは中央のトップが福永息子であるのと同じで、中央以上に縁故優先となってしまう地方騎手界では尚更のこと酷い状況に陥ってしまったのだろう。
今の南関東において若手のトップに位置しているのは、今一つ一流とは言い難い真島くんであることでもそれは分かるだろう。
つまるところ、地方競馬も中央競馬と同じく学校制度で騎手を育成している弊害が出ていると見るべきである。

もちろん学校制度の全てがダメという訳ではない。騎手育成を確立するという点でこれ以上に能率の良い仕組みはないだろう。
だが、学校制度の中では、いくら個人的に抜けたセンスを持っていたとしてもイヤでも協調性を保たねばならず、本来センスが違っている者でも主催者の意向には逆らえないからには、どんどん回りのレベルに合わせた乗り方しかできなくなってしまう。
中央で喩えれば、学校創世記の武豊たちの年代ならばまだしも先輩騎手たちの騎乗から個人的に実戦で役に立つ騎乗を学ぶこともできたが、その後の騎手世代は、思考の基準が「武豊の騎乗手段=位置取りと仕掛け所主体の競馬が第一」となってしまい、馬の気性をしっかり把握してどんな競馬が馬に向いているかを考えずに乗ることになってしまった。
こんな環境の中では、ある意味個人の腕を上げろというのが酷だろう。なぜなら、馬の気性を把握できるまで馬に親しむ時間がなく、いくら武豊より上手い外人ジョッキーを見ても、彼らこそ生まれた時からセンスの違う競馬をしているからには、全く参考にできないどころかマネることも難しくて当然だからだ。
つまるところ、これが世界に通用しない騎手を作っている組織競馬の弊害なのである。

競馬学校のお陰でジョッキーと名乗っている者が何と多いことか・・・これは今の南関東でも同じことが言えると思われてならない!

ちなみに、今週はマイラーズCを予想するつもりでいたが、このレースにワールドエースが出走予定ということで、却って興味が薄れてしまった。
なぜなら、『何で初マイル戦のマイラーズCなどにダービー1番人気馬が出なければならないのか(激怒)』と思ったから。
たしかにメンバーは弱いので勝てるかもしれないが、いくら故障したとは言えども同馬の素質をここまで貶めることになった責任は一体誰にあるのかに思い至り、香港に行っている福永息子の存在そのものを消してやりたい気分になる。
【なぜ福永息子に同馬を騎乗させたのか?「馬が可哀相」の最好例こそ同馬であると思う次第!】

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014 第74回 皐月賞(G1)結果コラム

今年の武豊は三味線屋!

最終決断↓↓↓
中山11R 第74回 皐月賞(G1) 芝2000m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
◎…7番トーセンスターダム【 57.0・池 江・(武 豊)・武 豊 】
○…2番イスラボニータ  【 57.0・栗田博・(蛯 名)・蛯 名 】
▲…6番アドマイヤデウス 【 57.0・橋 田・(岩 田)・岩 田 】

△…16番アジアエクスプレス【 57.0・手 塚・(戸 崎)・戸 崎 】
伏…17番トゥザワールド  【 57.0・池 江・(川 田)・川 田 】
LS…1番ワンアンドオンリー【 57.0・橋 口・(横山典)・横山典 】
LS…18番ウインフルブルーム【 57.0・宮 本・(柴田大)・柴田大 】
X…11番ロサギガンティア 【 57.0・藤沢和・(Mデムーロ)・柴田善 】
無…5番アデイインザライフ【 57.0・鈴木康・(戸 崎)・田 辺 】
無…13番キングズオブザサン【 57.0・荒 川・(大 野)・浜 中 】
無…3番クラリティシチー 【 57.0・上 原・(内田博)・内田博 】
無…10番ベルキャニオン  【 57.0・ 堀 ・(福 永)・福 永 】
無…9番スズカデヴィアス 【 57.0・橋 田・(バルジュ)・Aシュタルケ 】
外…14番バウンスシャッセ 【 55.0・藤沢和・(北村宏)・北村宏 】
外…12番タガノグランパ  【 57.0・松田博・(福 永)・石 橋 】
外…8番ステファノス   【 57.0・藤原英・(Aシュタルケ)・後 藤 】
外…4番クリノカンパニー 【 57.0・荒 川・(藤 田)・江田照 】
外…15番コウエイワンマン 【 57.0・川 村・(柴 山)・松 岡 】
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
中山11R 第74回 皐月賞(G1) 芝2000m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
1着…○…2番イスラボニータ  【 57.0・栗田博・(蛯 名)・蛯 名 】
2着…伏…17番トゥザワールド  【 57.0・池 江・(川 田)・川 田 】
3着…LS…18番ウインフルブルーム【 57.0・宮 本・(柴田大)・柴田大 】
4着…LS…1番ワンアンドオンリー【 57.0・橋 口・(横山典)・横山典 】

以下割愛…
----------------------------------------------

イスラボニータの優勝で如何にハープスターが強い馬であるかを証明した格好。
また逆に、如何に今年の武豊が三味線屋(=レース前だけ一流コメントする役回り)であるかも証明した訳だが、やはり「バンドワゴンはそんなに強くない馬だった」ということも重ねて証明したことだけが何となく残念でならない。
【でも、どうしてバンドワゴンの騎手に和田が乗せられていたのかの理由になったことには大いに納得した。どうせクラシックは勝てない馬だと厩舎が分かっていたからだろう。(目指せ第2のテイエムオペラオー!)】

今回の皐月賞優勝で、ダービーにおける一番の話題は「蛯名悲願のダービー優勝なるか」になるだろう。
そして、「ハープスターがダービーに出てくれれば絶対に優勝できたのに…」という仮定が正に現実化したと言える。何しろ、鞍上が川田なのに信じられない脚を使える馬なのだから!
【それでもエピファネイアに福永祐一が乗っていることよりは不思議じゃないけどね!圧倒的人気の菊花賞以外は獲り損ねている低レベルのジョッキーのくせに何故か良い馬ばかり乗せてもらえる稀少なジョッキー…彼がいる限り中央競馬はずっと外人頼みの時代が続くだろう…何しろセンスより縁故なのだから!】

また、相変わらず情けなかったのが柴田善と藤沢和厩舎で、騎手の方は「縁故の薄い他人の馬パクりジョッキー」ということをまたしても世間に晒し、厩舎の方は「さすがは牧場仕上げを確立した調教師だけあって自身の厩舎でクラシックを勝てる馬を仕上げることは出来ない」を見事に晒してくれたことは大いに納得させられた。

おまけは、「目標はダービーです」を公言した武豊の言葉がきちんと現実になったこと。
ただし、あまりにも酷い大敗なので、『これでダービーで巻き返し優勝などしたらロジユニヴァースの横山典以来のヤラセ優勝になる!』としか考えられないのが問題。
それにしても、まさか福永騎乗馬より下着順になるとはとても信じられない。
【どうやら今年の武豊は三味線ジョッキーの模様!道理で世界に通用しない訳(=世界に行くと好位も取れないお客さんジョッキー)だとつくづく思い知らされた。それでも今回の敗戦責任は厩舎にあるのが救い。何しろ牧場とお父さんの縁故のお陰でつい最近3冠馬を出したばかりの厩舎がまたクラシックを勝つなど今の調教師制度ではあってはならないこと(=騎手と同じで学校制度で調教師になれるからには学ぶ事柄は一緒なので特定厩舎だけが突出した結果が出るなど本来可笑しな話)だから。】

別件ながら、最近の池添、四位は何を目的で騎手を続けているのか不思議でならない。まだお父さんが調教師である池添は“藤岡佑のように跡を継ぐ”という道があるから騎手を続けていることは分からないでもないが、四位の方は一体今後どうするつもりなのか全く将来(さき)が読めない。
【もしかして4・5年後に藤田のように暴露本でも出すつもりなのだろうか?まさか騎乗術など説くつもり(=解説者や評論家)ではないだろう。何しろ皐月賞では優勝チャンスだったタニノギムレットを3着にコカし、偉業を果たしたウオッカですらも先輩や外人に騎変させられた騎手が解説者になってもせいぜい後藤より実績がある程度としか周囲は思わないし、却って後藤のようにお笑い(話術)で凌げるような気性でもないからには、さすがに解説者の道はムリだと思うのだが?でも、“ご飯ちゃん”こと細○女史よりは論評に重みはあるだろうが(一応2年連続ダービージョッキーなので)…ただ一つ面白味があるのは、案外こんな騎手が調教師になったら良いのでは思われること。馬の気性を把握してレースに送り出す調教師になれるかもしれないから。もしかすると今の須貝のような調教師になるかも…おそらくtotoBIGを1口だけ買って10億円当てる位の確率だろうが…(苦笑)】

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014 第74回 皐月賞(G1)予想コラム 最終決断

馬の能力+騎手の腕、そしてヤラセ抜きなら…

最終決断↓↓↓
中山11R 第74回 皐月賞(G1) 芝2000m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
◎…7番トーセンスターダム【 57.0・池 江・(武 豊)・武 豊 】
○…2番イスラボニータ  【 57.0・栗田博・(蛯 名)・蛯 名 】
▲…6番アドマイヤデウス 【 57.0・橋 田・(岩 田)・岩 田 】

△…16番アジアエクスプレス【 57.0・手 塚・(戸 崎)・戸 崎 】
伏…17番トゥザワールド  【 57.0・池 江・(川 田)・川 田 】
LS…1番ワンアンドオンリー【 57.0・橋 口・(横山典)・横山典 】
LS…18番ウインフルブルーム【 57.0・宮 本・(柴田大)・柴田大 】
X…11番ロサギガンティア 【 57.0・藤沢和・(Mデムーロ)・柴田善 】
無…5番アデイインザライフ【 57.0・鈴木康・(戸 崎)・田 辺 】
無…13番キングズオブザサン【 57.0・荒 川・(大 野)・浜 中 】
無…3番クラリティシチー 【 57.0・上 原・(内田博)・内田博 】
無…10番ベルキャニオン  【 57.0・ 堀 ・(福 永)・福 永 】
無…9番スズカデヴィアス 【 57.0・橋 田・(バルジュ)・Aシュタルケ 】
外…14番バウンスシャッセ 【 55.0・藤沢和・(北村宏)・北村宏 】
外…12番タガノグランパ  【 57.0・松田博・(福 永)・石 橋 】
外…8番ステファノス   【 57.0・藤原英・(Aシュタルケ)・後 藤 】
外…4番クリノカンパニー 【 57.0・荒 川・(藤 田)・江田照 】
外…15番コウエイワンマン 【 57.0・川 村・(柴 山)・松 岡 】
----------------------------------------------

◎7番…鞍上は競馬学校卒で一番上手い騎手で、対戦比較でも馬は最上位にいると思うから。
○2番…順番的に今年ダービーを勝つ騎手の筆頭と思われ、ならばここも好走する可能性が高くなるから。
▲6番…全鞍上の中で一番馬を好走させる腕があるから。
△16番…前走が試走なら鞍上が地力を出せば◎・○の鞍上には勝っても不思議ないから。
伏17番…鞍上は勢いで買えるが、デビュー戦でバンドワゴンに千切られたすぎたことが減点材料だから。
LS1番…伏が好走する可能性がついて回るから。
LS18番…先導役でまさかの前残りがあるから。
X11番…こと3才クラシックでは厩舎も鞍上も信用できないから。
無5番…▲・△・伏の次でしかないから。
無13番…○・▲・△・伏の次でしかないから。
無3番…今年の騎手の扱われ方が浜中以下なのと▲・Xが好走必至となるから。
無10番…この騎手は何かの援護がなければ馬を好走させられないから。
無9番…いくら外人でもいきなり牡馬トップ級に通用すると思えないから。
外14番…いくら牝馬が強い世代でもクラシックでこの厩舎と鞍上では来ないのが当然だから。
外12番…鞍上も格下の上にここ叩き台でNHKマイルCに向かうと思われるから。
外8番…例年なら出れない上に鞍上弱化だから。
外4番…例年なら出れない上にこの鞍上起用は自爆逃げ役としか思えないから。
外15番…例年なら出れない上に鞍上も昔ほど信用できないから。

この予想で一番怖いこと・・・それは、武豊が同期の蛯名に着順を譲ること!
何しろ『ダービー目標』と公言してるので…でもダービー勝つとまた連覇になるもちょっと?…
(苦笑)

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014 第74回 皐月賞(G1)予想コラム

武豊をどう扱うか・・・

登録19頭。サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 定量 2000m 芝・右

馬名【斤量・厩舎・(前走騎手)】前走/前々走結果(○人気) (社・ノ・白など)=社台系生産
----------------------------------------------
ロサギガンティア 【 57.0・藤沢和・(Mデムーロ) 】スプリング1着③…(社)
アジアエクスプレス【 57.0・手 塚・(戸 崎) 】スプリング2着①/朝日杯FS1着④
クラリティシチー 【 57.0・上 原・(内田博) 】スプリング3着④
ベルキャニオン  【 57.0・ 堀 ・(福 永) 】スプリング6着②/共同通信杯2着③…(ノ)
トゥザワールド  【 57.0・池 江・(川 田) 】弥生賞1着①…(ノ)
ワンアンドオンリー【 57.0・橋 口・(横山典) 】弥生賞2着④
アデイインザライフ【 57.0・鈴木康・(戸 崎) 】弥生賞3着②/京成杯3着④…(白)
キングズオブザサン【 57.0・荒 川・(大 野) 】弥生賞5着③/京成杯2着①…(社)
アドマイヤデウス 【 57.0・橋 田・(岩 田) 】若葉ステ1着②
ウインフルブルーム【 57.0・宮 本・(柴田大) 】若葉ステ2着①/シンザン記2着②
トーセンスターダム【 57.0・池 江・(武 豊) 】きさらぎ賞1着②…(ノ)
イスラボニータ  【 57.0・栗田博・(蛯 名) 】共同通信杯1着①/東スポ2才1着②…(白)
ステファノス   【 57.0・藤原英・(Aシュタルケ) 】毎日杯3着④…(ノ)
バウンスシャッセ 【 55.0・藤沢和・(北村宏) 】フラワーC1着③…(ノ)
タガノグランパ  【 57.0・松田博・(福 永) 】ファルコン1着①
スズカデヴィアス 【 57.0・橋 田・(バルジュ) 】すみれ賞1着④
クリノカンパニー 【 57.0・荒 川・(藤 田) 】シンザン記11着⑧
コウエイワンマン 【 57.0・川 村・(柴 山) 】大寒桜賞3着⑨/すみれ賞6着⑦

---------------------------------------------- 回避
バンドワゴン   【 57.0・石 坂・(和 田) 】きさらぎ賞2着①…(ノ)
----------------------------------------------

バンドワゴンの回避で18頭ぴったりになった今年の皐月賞。
中心視されるのがトーセンスターダムであることに誰も異論はないだろう。
もちろん3連勝無傷というもあるが、何よりデビュー戦でトゥザワールドを1秒千切ったバンドワゴンをきさらぎ賞(1800m戦)で破ったことで成績上の勝ち負けで優勝候補筆頭に挙がって当然だからだ。

次いで有力視されるのがそのトゥザワールドだろう。
デビュー戦こそバンドワゴンに千切られたものの、4連勝で弥生賞を制しているからには同馬こそトーセンスターダムに次ぐ有力候補と目されて当然だろう。

この有力2頭より問題なのが、この2頭以下と目される伏兵陣たちの存在である。
2才チャンプのアジアエクスプレス。同馬を破ったロサギガンティア。弥生賞でトゥザワールドに肉薄したワンアンドオンリー。重賞2勝のイスラボニータ・・・
主力伏兵と呼べるのがこの4頭であることに異論はないと思われるが、こと鞍上の腕まで考慮するなら現時点ではアドマイヤデウス(岩田)まで伏兵の一角に入れておいても悪くないと思われる。

いずれにしても、現時点での予想は・・・
前予想↓↓↓
中山11R 第74回 皐月賞(G1) 芝2000m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
◎…トーセンスターダム【 57.0・池 江・(武 豊) 】きさらぎ賞1着②…(ノ)
○…トゥザワールド  【 57.0・池 江・(川 田) 】弥生賞1着①…(ノ)
▲…ワンアンドオンリー【 57.0・橋 口・(横山典) 】弥生賞2着④
△…アジアエクスプレス【 57.0・手 塚・(戸 崎) 】スプリング2着①/朝日杯FS1着④
伏…ロサギガンティア 【 57.0・藤沢和・(Mデムーロ) 】スプリング1着③…(社)
伏…イスラボニータ  【 57.0・栗田博・(蛯 名) 】共同通信杯1着①/東スポ2才1着②…(白)
LS…アドマイヤデウス 【 57.0・橋 田・(岩 田) 】若葉ステ1着②
無…クラリティシチー 【 57.0・上 原・(内田博) 】スプリング3着④
無…ベルキャニオン  【 57.0・ 堀 ・(福 永) 】スプリング6着②/共同通信杯2着③…(ノ)
無…アデイインザライフ【 57.0・鈴木康・(戸 崎) 】弥生賞3着②/京成杯3着④…(白)
無…キングズオブザサン【 57.0・荒 川・(大 野) 】弥生賞5着③/京成杯2着①…(社)
無…ウインフルブルーム【 57.0・宮 本・(柴田大) 】若葉ステ2着①/シンザン記2着②
無…ステファノス   【 57.0・藤原英・(Aシュタルケ) 】毎日杯3着④…(ノ)
無…スズカデヴィアス 【 57.0・橋 田・(バルジュ) 】すみれ賞1着④
外…バウンスシャッセ 【 55.0・藤沢和・(北村宏) 】フラワーC1着③…(ノ)
外…タガノグランパ  【 57.0・松田博・(福 永) 】ファルコン1着①
外…クリノカンパニー 【 57.0・荒 川・(藤 田) 】シンザン記11着⑧
外…コウエイワンマン 【 57.0・川 村・(柴 山) 】大寒桜賞3着⑨/すみれ賞6着⑦
----------------------------------------------

当然ながら◎にはトーセンスターダムを置いたが、同馬にも心配が全くない訳ではない。
それは『あくまで目標はダービーです』と武豊が言い続けていることにある。
それだけに、やはりバンドワゴンの回避は惜しまれてならない。同馬のスピードは皐月賞ならより活きると考えられたから。
また、大穴党の方なら牝馬で参戦予定のバウンスシャッセに興味が湧くのではないだろうか?
何しろ今年の牝馬陣は中々にレベルが高いと思われるから。
しかしながら、それでもさすがに同馬は消すしか選択肢がない。何しろ鞍上が北村宏なので「クラシックG1では全くの役立たずの上に同厩舎のロサギガンティアまでいる状況である」からには彼の立場からも好走するなど私にはとても考えられないから。
ある意味同馬の皐月賞挑戦は、個々の質は別として今年の牡馬陣は層が薄いことの裏返しと言えるのではないだろうか・・・それだけに「やはりハープスターにはダービーに挑戦して欲しかった」と思わざるを得ないのがつくづく惜しまれる。

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014 第74回 桜花賞(G1)結果コラム

1・2着が能力上位だったというだけ!

最終決断↓↓↓
阪神11R 第74回 桜花賞(G1) 芝1600m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
◎…18番ハープスター   【 55.0・松田博・(川 田)・川 田 】チューリッ1着①/阪神JF2着①…(ノ)
○…12番レッドリヴェール 【 55.0・須 貝・(戸 崎)・戸 崎 】阪神JF1着⑤…(社)
▲…14番マーブルカテドラル【 55.0・上 原・(田 辺)・田 辺 】アネモネS4着①/阪神JF5着④…(社)
△…9番フォーエバーモア 【 55.0・鹿戸雄・(蛯 名)・蛯 名 】クイーンC1着①/阪神JF3着⑧…(追)
伏…17番ベルカント    【 55.0・角 田・(武 豊)・武 豊 】Fレビュー1着②/朝日杯F10着③
LS…10番ヌーヴォレコルト 【 55.0・斎藤誠・(岩 田)・岩 田 】チューリッ2着④…(社)
X…6番レーヴデトワール 【 55.0・松田博・(川 田)・福 永 】すみれステ4着③/阪神JF9着③…(ノ)
X…15番ホウライアキコ  【 55.0・南 井・(和 田)・和 田 】Fレビュー5着①/阪神JF7着②
無…1番カウニスクッカ  【 55.0・尾形和・(横山典)・松 田 】アネモネS6着②
無…2番ニシノミチシルベ 【 55.0・手 塚・(戸 崎)・Aシュタルケ 】アネモネS2着③/エルフィン8着⑤
無…4番ペイシャフェリス 【 55.0・高 市・(川 島)・川 島 】アネモネS1着⑦
無…5番モズハツコイ   【 55.0・牧 田・(バルザロ)・浜 中 】阪神JF8着⑩
無…7番ニホンピロアンバー【 55.0・田 所・(秋 山)・秋 山 】Fレビュー2着⑬/阪神JF17着⑭
無…8番シャイニーガール 【 55.0・湯 窪・( 幸 )・ 幸  】チューリッ10着③/エルフィン1着⑧
無…13番アドマイヤビジン 【 55.0・梅田智・(四 位)・四 位 】Fレビュー4着⑦
無…16番リラヴァティ   【 55.0・石 坂・(松 山)・松 山 】チューリッ3着⑥…(ノ)
外…3番コーリンベリー  【 55.0・柴田見・(松 山)・藤 田 】昇竜ステー1着⑨
外…11番フクノドリーム  【 55.0・杉 浦・(藤 田)・横山和 】Fレビュー13着⑩
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
阪神11R 第74回 桜花賞(G1) 芝1600m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
1着…◎…18番ハープスター   【 55.0・松田博・(川 田)・川 田 】
2着…○…12番レッドリヴェール 【 55.0・須 貝・(戸 崎)・戸 崎 】
3着…LS…10番ヌーヴォレコルト 【 55.0・斎藤誠・(岩 田)・岩 田 】

4着…X…15番ホウライアキコ  【 55.0・南 井・(和 田)・和 田 】
5着…外…11番フクノドリーム  【 55.0・杉 浦・(藤 田)・横山和 】

----------------------------------------------
・・・以下は割愛。

今さら言うまでもないことだが、ハープスターの能力はもとよりレッドリヴェールの能力も今年はズバ抜けたものだったということ。
また、騎手面でさすがと言えるは岩田だけだったということ。何しろ、本当なら横山息子が逃げ残ってもおかしくない展開になった(=馬の能力だけでは捕らえられないレースになった)のをキチンと捕らえて馬券になれたのは岩田が鞍上だったお陰だから(・・・ホウライアキコもフクノドリームを捕まえているが和田なので岩田に先着できなく当然。腕が違うから)。
それにしても横山息子の大健闘には驚かされた。だが、これは間違いなく彼が横山典の息子であることと、彼の好走のために他の競馬学校ジョッキーたちが援護してくれたお陰だろう。
ちなみに、マーブルカテドラル(田辺)とフォーエバーモア(蛯名)が掲示板を逃したのはマークすべき馬を間違ったせいだと思われる。特に蛯名は、ホウライアキコ(和田)をマークすべきだったのに見事に淡々とレースを進めてしまったと言えるから。
しかし、それでもこの二人の騎乗を悪いとは言えない。なぜなら、そもそもここで勝ち負けできる馬ではなかったので横山息子を競馬学校ジョッキーたちが別の誰かをアシストした時点で彼らの出番はなくなって当然だから。(武豊以外の競馬学校ジョッキーなど仲間の援護がなければ馬を勝たせられないという裏返し!)

とにかく「1・2着2頭がズバ抜けているというのを証明しただけ」・・・その意味では今年の桜花賞はCMサイン(一騎打ち)だったと言える!

ちなみに、私は今回の優勝で「ハープスターが凱旋門賞を勝つための作戦」を思いついた。それは、もう1頭有力な馬が参戦してハープスターのマークを減らすことによる出し抜け作戦である。
まず、今の中央競馬が世界で通用しない(唯一不足しているもの)が競馬学校卒ジョッキーたちの腕前なので、これを補うために日本馬同士で徒党を組むしかないことになる。これを具体的に言えば、キズナで武豊が参戦して自爆覚悟で先に動いて他馬のマーク(=外人ジョッキーたち)を引き付け、他馬が仕掛けたその後で脚を矯めたハープスターが後方一気勝負するという作戦。
ただし、仮にキズナとハープスターの立場を逆にしてしまうと日本馬の凱旋門賞制覇は不可能と考える。なぜなら、武豊が後方待機して出し抜けを食らわせようとしても、日本一ジョッキーは武豊であると考えている欧州ジョッキーたちが武豊を無警戒にする訳がないからだ。だが、ネームバリューはもちろん、川田の騎乗ぶりを一流の欧州ジョッキーたちなら一目で腕前を見抜くはずで、「まさかこんな凄い馬にあんな未熟なジョッキーが配されているとは思わなかった」という隙を生じさせることができるかもしれないからだ。もちろん川田は僅かのミスも許されないことは言うまでもない。日本人(競馬学校卒)ジョッキーが凱旋門賞を勝つにはこれしかない。
実際にこうした例で好走した日本馬がいる。それが蛯名騎乗のナカヤマフェスタである。
簡単に言えば、蛯名の技量などではとても好走できる訳がないと思っていた当時の欧州ジョッキーたちが油断していたお陰でナカヤマフェスタは2着になれたのである。良く言えば、その頃から日本馬はいつ凱旋門賞を勝ってもおかしくないことが判明したと言えるだろう。
これを最も顕著に示した例がジャスタウェイのドバイ優勝である。馬の能力に頼るしかない福永息子がドバイで圧勝できたことで、如何に今の日本生産界が強い馬を育成しているかが証明されたと思われる。よって、この優勝で賞賛を受けるべきは騎手ではなく担当厩務員と牧場であり、福永息子は単に馬の能力のお陰で1着になったラッキー騎手でしかない。そうでなければ辻褄が合わない。何しろ、バカでも勝てるはずのジェンティルドンナやエピファネイアを見事に負けさせているのだから。(ジェンティルドンナもドバイで勝てて本当に良かった。もしも騎手を変えてなければリベンジはできなかっただろうから!)
これらの未熟者たちの集団が今の中央騎手界の姿であるからには、「武豊のアシストによる川田の出し抜け凱旋門賞制覇」これしかないとまで断言する。
本物の騎手と呼べる岩田を除き、ジョッキーの腕で勝負して凱旋門賞を勝つという奇跡は期待できないからには、普段レースで行っている特定ジョッキー勝たせ競馬をするしかないのだから!

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014 第74回 桜花賞(G1)予想コラム 最終決断

◎を倒せるのは…

最終決断↓↓↓
阪神11R 第74回 桜花賞(G1) 芝1600m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
◎…18番ハープスター   【 55.0・松田博・(川 田)・川 田 】チューリッ1着①/阪神JF2着①…(ノ)
○…12番レッドリヴェール 【 55.0・須 貝・(戸 崎)・戸 崎 】阪神JF1着⑤…(社)
▲…14番マーブルカテドラル【 55.0・上 原・(田 辺)・田 辺 】アネモネS4着①/阪神JF5着④…(社)
△…9番フォーエバーモア 【 55.0・鹿戸雄・(蛯 名)・蛯 名 】クイーンC1着①/阪神JF3着⑧…(追)
伏…17番ベルカント    【 55.0・角 田・(武 豊)・武 豊 】Fレビュー1着②/朝日杯F10着③
LS…10番ヌーヴォレコルト 【 55.0・斎藤誠・(岩 田)・岩 田 】チューリッ2着④…(社)
X…6番レーヴデトワール 【 55.0・松田博・(川 田)・福 永 】すみれステ4着③/阪神JF9着③…(ノ)
X…15番ホウライアキコ  【 55.0・南 井・(和 田)・和 田 】Fレビュー5着①/阪神JF7着②
無…1番カウニスクッカ  【 55.0・尾形和・(横山典)・松 田 】アネモネS6着②
無…2番ニシノミチシルベ 【 55.0・手 塚・(戸 崎)・Aシュタルケ 】アネモネS2着③/エルフィン8着⑤
無…4番ペイシャフェリス 【 55.0・高 市・(川 島)・川 島 】アネモネS1着⑦
無…5番モズハツコイ   【 55.0・牧 田・(バルザロ)・浜 中 】阪神JF8着⑩
無…7番ニホンピロアンバー【 55.0・田 所・(秋 山)・秋 山 】Fレビュー2着⑬/阪神JF17着⑭
無…8番シャイニーガール 【 55.0・湯 窪・( 幸 )・ 幸  】チューリッ10着③/エルフィン1着⑧
無…13番アドマイヤビジン 【 55.0・梅田智・(四 位)・四 位 】Fレビュー4着⑦
無…16番リラヴァティ   【 55.0・石 坂・(松 山)・松 山 】チューリッ3着⑥…(ノ)
外…3番コーリンベリー  【 55.0・柴田見・(松 山)・藤 田 】昇竜ステー1着⑨
外…11番フクノドリーム  【 55.0・杉 浦・(藤 田)・横山和 】Fレビュー13着⑩
----------------------------------------------

「ハープスターを倒せる馬」を考えると、やはり○レッドリヴェールしかいないのではないだろうか・・・
ローテにおいて条件的に五分だった阪神JFで先着したこともあるが、一番の理由は「川田より戸崎の方が馬を勝たせる経験値が高い」ということにある。
ただし、今回は参戦ローテが違っているのもさることながら、多少川田がミスしても他の競馬学校ジョッキーから援護が受けられるのに対し、元地方の戸崎が不利を喰らう可能性の方が高いはずで、つまるところ、如何に戸崎が理想的なポジションで競馬ができるかが問題になるだろう。
この主催者意向による援護の有無を考慮すると、レッドリヴェールの○は「4着以下もある○・・・その代わりハープスターがいなければオークス必勝」というのがより現実的ではないかと思っている。
いずれにしても、◎が○に敗れることだけは勘弁して頂きたく、『勝星に見合わない騎乗をするのは福永祐一だけで沢山!』という主催者の気持ちに沿って欲しいものである。

その他の馬については、申し訳ないが「◎馬の引き立て役」と考えるのが正解としか思えない。
たしかに阪神JFで好走し、クイーンCもきっちり勝ってきたフォーエバーモアなどは鞍上が鞍上だけに一発ヤラかしても可笑しくはないのだが、その蛯名が既にアパパネで桜花賞を制していることが『却って今回はさすがに川田に譲るだろう』という怖れが見込まれ、ならば、敢えてここだけ好走しそうな馬の出し抜け一発に足元を掬われるのではないかと推察して▲(=今回は3着固定)にマーブルカテドラルの激走を期待した次第。

ちなみに、今回の武豊については、川田が主役で蛯名が優先バイプレイヤーと目される状況のため、『同期の蛯名に先着したら上出来』と推察して伏兵までとした。

また、大穴(=LS)には、『やはりこの辺り(=複勝~掲示板内)にはまともに技量あるジョッキーが食い込むのが道理』として岩田なら妥当と考えた次第。

とどのつまり、『田辺、3着に食い込め!』の応援心に溢れた最終決断となった次第。(苦笑)

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014 第74回 桜花賞(G1)予想コラム

ここ勝って是非ダービーへ!

登録20頭。サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 定量 1600m 芝・右 外

馬名【斤量・厩舎・(前走騎手)】前走/前々走結果○=人気…(社・ノ・白・追)=社台系生産
----------------------------------------------
ハープスター   【 55.0・松田博・(川 田) 】チューリッ1着①/阪神JF2着①…(ノ)
ヌーヴォレコルト 【 55.0・斎藤誠・(岩 田) 】チューリッ2着④…(社)
リラヴァティ   【 55.0・石 坂・(松 山) 】チューリッ3着⑥…(ノ)
ブランネージュ  【 55.0・藤岡健・(秋 山) 】君子蘭賞 1着②/チューリッ4着⑦…(追)
シャイニーガール 【 55.0・湯 窪・( 幸 ) 】チューリッ10着③/エルフィン1着⑧
ベルカント    【 55.0・角 田・(武 豊) 】Fレビュー1着②/朝日杯F10着③
ニホンピロアンバー【 55.0・田 所・(秋 山) 】Fレビュー2着⑬/阪神JF17着⑭
アドマイヤビジン 【 55.0・梅田智・(四 位) 】Fレビュー4着⑦
ホウライアキコ  【 55.0・南 井・(和 田) 】Fレビュー5着①/阪神JF7着②
ダンスアミーガ  【 55.0・中 竹・(Mデムーロ) 】Fレビュー6着⑤…(社)
フクノドリーム  【 55.0・杉 浦・(藤 田) 】Fレビュー13着⑩
ペイシャフェリス 【 55.0・高 市・(川 島) 】アネモネS1着⑦
ニシノミチシルベ 【 55.0・手 塚・(戸 崎) 】アネモネS2着③/エルフィン8着⑤
マーブルカテドラル【 55.0・上 原・(田 辺) 】アネモネS4着①/阪神JF5着④…(社)
カウニスクッカ  【 55.0・尾形和・(横山典) 】アネモネS6着②
フォーエバーモア 【 55.0・鹿戸雄・(蛯 名) 】クイーンC1着①/阪神JF3着⑧…(追)
レッドリヴェール 【 55.0・須 貝・(戸 崎) 】阪神JF1着⑤…(社)
モズハツコイ   【 55.0・牧 田・(バルザロ) 】阪神JF8着⑩
レーヴデトワール 【 55.0・松田博・(川 田) 】すみれステ4着③/阪神JF9着③…(ノ)
コーリンベリー  【 55.0・柴田見・(松 山) 】昇竜ステー1着⑨
----------------------------------------------

2才女王レッドリヴェールの休み明け挑戦で阪神JFとはあきらかにローテ面で優勢なハープスター。これは“ほぼ1強状態”にあると言って良いだろう。
よって、ここは是非とも勝ってウオッカ以来のダービー制覇の道へと進んでもらいたいと思っている。
そのため騎乗する川田くんには、『より安全なハープスターの脚を活かす騎乗を心掛けて欲しい』と願うばかり。
なぜなら、過去実績を見る限り同馬の末脚は他馬を圧倒できる域にあり、大阪杯のキズナのように“中間で余計な気を使わせない限り確実に伸びる”はず。もちろん折り合いへの注意は必要となるが、素直に追い出せる形(=前をふさがれない形)さえ作れれば必勝できるだろう。
それでも正直な話、この心配は杞憂になると私は考えている。
なぜなら、阪神JF時に経験した際どい敗戦を川田くんはイヤでも自覚しているはずで、コース取りから追い出し位置までを如何に想像に近づけるかだけで今回は競り負けすることはないと推察できるから。
騎手の感覚として喩えれば、この好材料となるのが先週の大阪杯だろう。
折り合いばかりに気を遣った福永息子が“馬の気性・特性”を忘れた騎乗でまたしても馬に余計な傷を付けたが、今回のハープスターは勝負所の3・4コーナーまでは福永息子が専念した折り合いに注意すれば十分で、あとは馬の能力を信じて真っ直ぐ追える位置取りさえ取れれば絶対に墓穴を掘ることはないはず。
要するに、道中は福永のように折り合いに集中し、直線では目標とする先行馬たちを捕まえるだけに集中した武豊の競馬をすれば勝てると言うこと。
川田くんには、福永の良い点(騎手なら誰でもできなければならない常識)と武豊の良い点(馬に最適な競馬を心掛ける強い意志)を正しい意識(馬の能力を発揮させるのは一つの事柄だけに注意すれば良い訳じゃないという当り前の意識)を持って臨戦して欲しいだけ。
それが桜花賞を通過点にできる現状では最上の選択肢になるだろう。

上記の推察よりハープスターの1着はほぼ確定と考えられるからには、問題は同馬の2・3着にどの馬が来るかだが、単純に2才時の結果だけなら唯一同馬に土をつけたレッドリヴェールが筆頭に挙がるだろう。
阪神JF以来となるだけに仕上がり具合が全てと言えるが、ハープスターと同じ状況で2才女王となった同馬の能力はやはり侮れず、レースを使っているという観点でハープスターを除く他馬がどこまで通用するのかが今回の物差しになると思われる。
これは阪神JF3着のフォーエバーモアにも言えることであり、少なくとも年内戦のクイーンCを使っている点はレッドリヴェールより優位なローテと考えられ、鞍上の蛯名が一度も降りてないことを利点(馬の特徴を知っている)として捉えれば、同馬が2着になると考えるのが順当かもしれない。
つまるところこの3頭が今年の桜花賞の上位対象で、あとはどれも複勝対象の穴馬だと言えるだろう。

前予想↓↓↓
阪神11R 第74回 桜花賞(G1) 芝1600m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
◎…ハープスター   【 55.0・松田博・(川 田) 】チューリッ1着①/阪神JF2着①…(ノ)
○…フォーエバーモア 【 55.0・鹿戸雄・(蛯 名) 】クイーンC1着①/阪神JF3着⑧…(追)
▲…レッドリヴェール 【 55.0・須 貝・(戸 崎) 】阪神JF1着⑤…(社)
△…マーブルカテドラル【 55.0・上 原・(田 辺) 】アネモネS4着①/阪神JF5着④…(社)
伏…ベルカント    【 55.0・角 田・(武 豊) 】Fレビュー1着②/朝日杯F10着③
LS…ヌーヴォレコルト 【 55.0・斎藤誠・(岩 田) 】チューリッ2着④…(社)

無…リラヴァティ   【 55.0・石 坂・(松 山) 】チューリッ3着⑥…(ノ)
無…ブランネージュ  【 55.0・藤岡健・(秋 山) 】君子蘭賞 1着②/チューリッ4着⑦…(追)
無…シャイニーガール 【 55.0・湯 窪・( 幸 ) 】チューリッ10着③/エルフィン1着⑧
無…ニホンピロアンバー【 55.0・田 所・(秋 山) 】Fレビュー2着⑬/阪神JF17着⑭
無…アドマイヤビジン 【 55.0・梅田智・(四 位) 】Fレビュー4着⑦
無…ホウライアキコ  【 55.0・南 井・(和 田) 】Fレビュー5着①/阪神JF7着②
無…ダンスアミーガ  【 55.0・中 竹・(Mデムーロ) 】Fレビュー6着⑤…(社)
無…ペイシャフェリス 【 55.0・高 市・(川 島) 】アネモネS1着⑦
無…ニシノミチシルベ 【 55.0・手 塚・(戸 崎) 】アネモネS2着③/エルフィン8着⑤
無…カウニスクッカ  【 55.0・尾形和・(横山典) 】アネモネS6着②
無…モズハツコイ   【 55.0・牧 田・(バルザロ) 】阪神JF8着⑩
無…レーヴデトワール 【 55.0・松田博・(川 田) 】すみれステ4着③/阪神JF9着③…(ノ)
外…フクノドリーム  【 55.0・杉 浦・(藤 田) 】Fレビュー13着⑩
外…コーリンベリー  【 55.0・柴田見・(松 山) 】昇竜ステー1着⑨
----------------------------------------------

◎はさておき、現時点の○と▲は“年内既走の点と鞍上の年齢・経験”の点で○を上位とした。
ただし、単純に「蛯名vs戸崎」の図式で収まるなら簡単だが、彼らより腕のある武豊や岩田がいるからには“もしかすると”伏兵以下の激走2・3着があるかもしれない。
特に前走人気を裏切った△には配当面での妙味からの健闘を期待しているのだが・・・(?)

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014 第58回 産経大阪杯(G2)結果コラム

恥を知れ!

最終決断↓↓↓
阪神11R 第58回 産経大阪杯(G2) 芝2000m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
◎…4番エピファネイア  【 58.0・角 居・(福 永)・福 永】菊花賞 1着①…(ノ)
▲…7番キズナ      【 58.0・佐々晶・(武 豊)・武 豊】凱旋門賞4着
△…5番メイショウマンボ 【 55.0・飯 田・(武 幸)・武 幸】エ女王杯1着①

----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
阪神11R 第58回 産経大阪杯(G2) 芝2000m
(前走騎手) 伏=伏兵 LS=大穴 X=消し 無=無印 外=論外
----------------------------------------------
1着…▲…7番キズナ      【 58.0・佐々晶・(武 豊)】凱旋門賞4着
2着…無…3番トウカイパラダイス
3着…◎…4番エピファネイア  【 58.0・角 居・(福 永)】菊花賞 1着①…(ノ)

----------------------------------------------
以下割愛
----------------------------------------------

1000m通過が65秒の超スローペースなのに、3強は全部後方待機という大笑いの展開。
末脚勝負のキズナだけが唯一まともな競馬をしただけ。武幸は掛かり気味のメイショウマンボを宥めるのに手一杯。それだけのことでヤラセ牝馬G1ジョッキーは掲示板すら外してしまうというのだから評価するのもバカらしいほど。
また、レース後に2着になった馬に対してテレビのMCが、「トウカイパラダイスの2着は見事な作戦勝ち」などと語ったが、この作戦勝ちの要因を作ったのがエピファネイアとビートブラックの非積極競馬であり、石橋脩の場合は「普段から周囲の順番ばかりを意識して乗っているだけ=勝つための騎乗をしてない証拠という裏返しで、しかも馬そのものが駄馬なので騎手を非難することはできない部分があるので仕方ないかもしれないが、そんな石橋脩よりマヌケだったのが、追う腕もないくせにキズナの目標になる後方待機競馬をしたバカ息子福永祐一である。
しかも、そんなマヌケ騎乗をした上に2着を外したからには、ファンから「騎手界の最低クズ野郎のヤラセジョッキー」と言われるのは当然だろうし、過去に『てめえなんぞ○んでしまえ』とブログだかツイッターだかに書かれたことも今回の騎乗を見れば誰からもそう言われて当然としか言えないだろう。
おまけに、そんな超スローペースなら一番不利を受けるはずの最後方待機のキズナが優勝馬になっているのだから、もう福永息子に対して上手い下手を評する意味すらないのである。
唯一断言できるのは、福永息子や三浦皇成のようなヤラセジョッキーが横行しているから中央競馬は2流の外人ジョッキーに負けるのだの一語しかない!
ちなみに、武幸が惨敗するのは仕方がない。なぜなら、そもそもメイショウマンボの牝馬2冠+エ女王杯馬など所詮は牝馬相手の記録でしかなく、鞍上が武幸であることからも幸(みゆき)と一緒のヤラセG1ジョッキーであることは競馬ファンなら誰もが一目で分かることだからだ。
そんな武幸でさえ、メイショウマンボを掲示板に載せられなかったには唖然とさせられ、如何に彼が父親と兄の名声と馬主さんの援護で昨年G1を勝たせてもらったかが誰もがよく分かったはず!

話は変わるが、過去に当ブログにおいて福永を賞賛する方の反論コメントが寄せられたことがある。だが、今回の位置取りや競馬内容を見てもまだ“福永は上手い”などと言えるのか聞いてみたい。
65秒の超スローペースで切れ脚だとキズナに劣るのはド素人でも戦前から分かっていることなのに、『なぜ先行しなかったのか?』と言われたら、一体どんな言い訳を福永息子はするのだろうか?
どうせ福永息子のことだから馬の気分のせいにして「不可解な走りだった」とでも言うに決まっているだろうが、今回の騎乗は凡ミスどころかバカ丸出しの“助手でも起こさないミス騎乗”であることは間違いない。
今回の競馬を見れば見るほど「如何に騎手が下手(無知)であるか=普段の勝星は周りの騎手たちがワザと負けているお陰という良い証拠でしかない。
だからこそ私は言い続けたのである・・・福永息子のようなジョッキーにエピファネイアを任せていると絶対にロクな事にならないと!
仮に私が外人だったら、『彼は攻馬手(助手)ですか?』と問うだろうし、私が知っているアメリカの攻馬手の方があきらかに彼より上手い騎乗ができると断言しておく。

今回のマヌケ騎乗によって、ジェスタウェイの秋天における圧勝劇も岩田康以下の他のジョッキーが手控えさせられた結果であること、ドバイデューティーフリー優勝も相手レベルが低かったということが証明されたと言えるだろう。そうでなければ福永息子が乗って他の実力馬たちに6馬身以上着差を付けるなどできる訳がないから。
せいぜいジャスタウェイについての正しい見解と褒め言葉は、圧勝劇の全ては牧場と担当厩務員さんの努力の賜物であるということのみである!何しろ下手が乗っても勝てる馬を作り、下手が乗っても調子を狂わさない完璧な仕上げをしたのだから!

福永祐一とは、周りの下手なジョッキーを主催者などが圧力を掛けて手控えさせて勝星を稼ぎ、それで日本代表ジョッキーとされている“ボクシング界のエセチャンプ亀田兄弟と同類のニセ弱小アスリート”でしかない。
言い換えるなら「
父親の事故を利用して勝星を稼ぐ演出過多必至のヤラセジョッキー」というのが彼の正しい評価である。

一日も早くこんな騎手は日本の競馬界から居なくなるべきである・・・どうせヤラセでしか勝てないのなら誰が身代わりになっても問題ないのだから!
川田でも浜中にでも勝星を分散してやれば良い。どうせ彼らでも数年しか保たないと思うが、それでもバカ息子が馬に乗っているよりは数倍見ててマシだろう。武豊の半分しか勝てないのにあきらかに武豊以上に凄い馬に乗っているのは騎手から見ても不公平この上ないのだから・・・本当ならエピファネイアは3冠馬になってても可笑しくない馬なのにだ!
エピファネイアは早々に岩田康か外人ジョッキーに乗り変えるべき!(←これ何十回書いただろう…苦笑)

現役最強馬が3頭も揃ったレースなのにまさか今回のような不愉快さと不可解さしか残らないレースになるとは思ってもいなかったので、ガッカリを越えて何頭良い馬に傷を付ければ気が済むんだと言う思いしか残らなかったのが残念でならない・・・・・・(騎手のミス騎乗で有力馬が負けるレースほど歯痒いものはない!)

読切感謝!m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »