« 2014 第62回 トヨタ賞中京記念(G3) 予想コラム | トップページ | 2014 第62回 トヨタ賞中京記念(G3) 結果コラム »

2014 第19回 エルムステークス(G3) 予想コラム

荒れればマリーンS組かと…

最終決断↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=29251

登録メンバー省略
・・・なぜなら、ブライトラインの騎乗予定が福永息子のため、休み明けでも同馬が好走する事を考えねばならないから。つまり、ヤラセが行われる可能性が高いのでメンバーを見るよりも何が人気になるかを考慮すれば良いので必要ないと言う事!

今年のメンバーを見ると、「荒れればマリーンS組の好走」と思うのは周知の一致するところではないだろうか・・・よって、常識的には実績馬たちが休み明けである事を考えると、中心は“大波乱の平安S組”になるかもしれない。
だが、この平安S組の1・2着馬(クリノスターオー・ソロル)が大穴だった事を考えると、とてもじゃないが信用できる馬たちではない。ましてや、この1・2着馬の鞍上が“先行馬でないと何もできない幸”と“人気馬でもロクに結果の残せない松山”と言う、共に騎乗数だけ一人前のジョッキーであるからには尚更信用などできない。
したがって、ぐるりと巡って、この時期では貴重な別定戦である事からも、今回注目すべきは“休み明けの実績馬たち”になると思われる。

そうなると、ここに福永息子予定のブライトラインが登録している事がとても重要であると考えざるを得ず、とどのつまり、「やっぱりヤラセが行われる」と見るのが正解と思われる。何しろ福永息子とは、本当は全然上手くもないのに主催者が“武豊の2番煎じ”として競馬学校の育成力のなさを隠すために勝星を積ませているジョッキーであるため、勝星は全てヤラセ=八百長であると考えて良い。だからこそ、彼は昨年菊花賞を勝つまで牡馬クラシックを勝てなかったのである。本当は上手くないジョッキーだからだ。
そんなブライトラインなど休み明けの実績馬が好走すると言う事は、福永息子のヤラセ競馬が行使される可能性大となり、引いては、ジョッキーがヤラセで勝ち負けするからには相手も相応の人気馬、あるいは実績馬、もしくは好調な別路線馬になる可能性が高くなるはず。何しろ、馬のお陰で勝星を積んでいるだけの福永息子が好走するからには、人気馬が好走する可能性が高くなる事は複勝王と呼ばれる彼の実績が物語っているからだ。【馬の能力に頼ってるだけのジョッキーの相手は能力馬(人気馬)でなければ辻褄が合わないでしょ!】

そこで現時点におけるシルシは・・・
前予想↓↓↓
札幌11R 第19回 エルムステークス(G3) ダ1700m
◎…ブライトライン(福永)
○…インカンテーション(大野)
▲…グレープブランデー(北村友)
△…クリノスターオー(幸)
△…ソロル(松山)
X…ローマンレジェンド(岩田康)

本当なら「◎・○」にすべきローマンレジェンドを「X」にしたのは、「◎」をブライトラインにしたから。言うまでもなく、福永息子が勝つレースなら岩田康は負け役に回される事になるから。
本当の騎手の実力なら、福永息子など足元にも及ばないのだが、そこを操作するのがJRAであり、それではさすがの岩田康も手控えさせられるだろうと思った次第。
第一、この程度の重賞など岩田康は別に凡走しても構わないかもしれない。何せ中央所属ジョッキーの中で唯一世界の名手たちと互角に戦えるジョッキーなので、こんな売上げの少ない夏場のG3重賞など福永息子のようなエセジョッキーが勝つのがお似合いだからだ。まるで先週の古川のように!

ちなみに、先日武豊がスタートで失敗して骨折したそうだが、ディープインパクトの凱旋門賞敗戦などで「武豊は世界的にはただの凡才=今年のWC日本代表サプライズ選手そっくり」と言うのが露呈された今では、別に彼がいなくなっても中央競馬には何の支障も起こらないだろう。なぜなら、凡才の代わりなどJRAの騎手配置で何とでも代わりが利くからだ。事実、武豊の代わりが今は福永息子で済んでいる事でもよく分かるだろう!

はっきり言うが、競馬学校のジョッキーなど、たとえどんな実績ある者でも、今すぐいなくなっても別に何の支障もない。
だが、岩田康だけは絶対に失ってはならない。なぜなら、彼だけが唯一凱旋門賞などの海外大レースを日本人ジョッキーで勝てる可能性があるからだ。
他のジョッキーでは、それこそ凱旋門賞優勝賞金の100倍ほども金を使って他の外人ジョッキーを丸め込まない限り勝つ事などできない。何しろ競馬学校のジョッキーとは、海外で通用しないで戻ってくる日本人FWと同じであり、今、年中2流外人ジョッキーが来日するようになったのも、彼ら全員が技術以上に大切な「馬の能力をキチンと理解して騎乗する」と言う根本を知らないで乗っている事で2流外人にも易々と競り負けるくせがついてしまったから・・・まあ、福永息子のような学校時代から女の子より下手な者がトップジョッキーになってる事でもそれは分かるだろう!

読切感謝!誰かの参考になりますように…(祈)m(--)m
++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第62回 トヨタ賞中京記念(G3) 予想コラム | トップページ | 2014 第62回 トヨタ賞中京記念(G3) 結果コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/56880472

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第19回 エルムステークス(G3) 予想コラム:

« 2014 第62回 トヨタ賞中京記念(G3) 予想コラム | トップページ | 2014 第62回 トヨタ賞中京記念(G3) 結果コラム »