« 2014 第28回 セントウルステークス(G2) 結果コラム | トップページ | 2014 第68回 朝日杯セントライト記念(G2) 予想コラム »

2014 第32回 関西テレビ放送賞ローズステークス(G2) 予想コラム

女王不在も問題は鞍上

登録17頭。地方1頭。フルゲート18頭。サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢 1800m 芝・右 外
馬名【斤量・厩舎・(前走騎手)】
----------------------------------------------
アドマイヤアロマ 【 54.0・中尾秀・(福 永) 】
アドマイヤシーマ 【 54.0・友 道・(藤岡康) 】
アドマイヤビジン 【 54.0・梅田智・(四 位) 】
クリノクレオパトラ【 54.0・田中章・(荻 野) 】
サングレアル   【 54.0・松田博・(戸 崎) 】
タガノエトワール 【 54.0・松田博・(川 田) 】
ダンツキャンサー 【 54.0・ 谷 ・(藤 田) 】
ディルガ     【 54.0・矢 作・(内田博) 】
ヌーヴォレコルト 【 54.0・斉藤誠・(岩 田) 】
ヒルノマテーラ  【 54.0・ 昆 ・(田中勝) 】
ブランネージュ  【 54.0・藤岡健・(秋 山) 】
プリモンディアル 【 54.0・藤原英・(藤岡康) 】
メイショウラバンド【 54.0・石 橋・(武 幸) 】
リラヴァティ   【 54.0・石 坂・(浜 中) 】
リリコイパイ   【 54.0・藤原英・(藤岡佑) 】
レッドオリヴィア 【 54.0・平 田・(松 若) 】
レッドリヴェール 【 54.0・須 貝・(福 永) 】

地方馬、外国馬--------------------------------
リックタラキチ  【 54.0・笠 松・(吉井友) 】
----------------------------------------------

私は今でも、『レッドリヴェールは決して距離不適正で大敗した』とは思っていない。
少なくともその程度で2桁着順になるような馬が、たとえマグレでもハープスターを負かす事などできる訳がないと思っているからだ。
そこで当初私は、馬の能力はヌーヴォレコルトとレッドリヴェールが抜けているとして「果たして3着には何が来るか」で予想するはず…だった。
ところが、何度見てもダービーから鞍上を名手から親の七光りに変えたレッドリヴェールがどうなるか全く予想がつかないのである。
最大の不安材料は、鞍上が2週間後に凱旋門賞でジャスタウェイに騎乗予定にある事で、ここでムリして凱旋門賞に乗れなくなる事を福永自身が怖れる心配があるからだ。何しろ実績は薄いくせにコメントだけ一流の現状では『俺は凱旋門賞に乗ったぞ』くらいの箔がなければ誰からも認めてもらえない事を本人が一番よく分かっているはずだから。

(『お父さんが乗るんだったら大いに期待できたんだけど』と松田博師が一番強く思っているはず!笑)
たしかに単に“札幌記念の川田・横山典のような壮行レース”であれば「得意の福永息子勝たせレース」と考えられるのだが、もしもそれで好走してしまっては「岩田まで手抜き騎乗しなければならない」と言う事になり、それこそ八百長になってしまう。何より福永息子のダービー大敗がそれこそ不可解になってしまう。何しろ今年の牡馬はハープスターに千切られた馬が皐月賞馬になるレベルなのである。同馬に勝った事のあるレッドリヴェールなら掲示板くらいは最低限で走れたはずなのだから。
たしかにオークス大敗は2400mの距離のせいなのかもしれない。だが、それでも「もしもレッドリヴェールが戸崎騎乗だったら少なくとも12着大敗など起こらなかった」と誰もが思っただろうし、もしもあれが騎手の意図的な敗戦で今回巻き返すとしたならそれこそ福永息子がダービーで手抜き騎乗(もちろん須貝も手抜き)した事を証明する事になってしまう。
つまり私の視点におけるレッドリヴェール大敗は、“良く言って”「前走の敗戦は鞍上が自分が主役じゃないから」と平気で負ける競馬を最初からやったもの。“悪く言えば”これ以上元地方ジョッキーの台頭が目立っては競馬学校など必要ない事がバレてしまうのを危惧した主催者が「祐一には何度も牝馬G1だけ勝たせてやってるんだから負けさせよう」と考えて彼を騎乗させて指示したものではないかとしか考えられない。

(あくまで私の観点。別に競馬が全部八百長などとは思ってない)
これを類推すると、主催者はハープスターの鞍上たる“川田の技量を端ッから心配していた”言う事であり、案の定落鉄を言い訳にオークスで負けてしまったのには私も大変ガッカリさせられた。
(川田の拙さがモロに出たが所詮は騎手格付けで浜中より下であるからには腕は多寡が知れていると言えばそれまで。所詮競馬学校などで馬を勝たせる騎手など育成できる訳がない。全員同じ教育を受けているから最初にあったセンスの差を埋める事は至難の業になるから。近年の柴田大や田辺などのように何年も時間を懸けて腕を上げるしか道は残ってないから)
競馬学校上がりのジョッキーは、ほとんど馬の能力で勝ち負けしているだけで決して己の技量で馬を勝たせる“本物のプロの技量”は持ってない。百歩譲って持っているとすれば横山典と武豊の2人しかいないと断言しても良い。
(そんな武豊も本当に腕があるなら年間200勝してた者がいくら大馬主と仲違いしたくらいでいきなり福永息子に勝星で劣る事など起こらないはず。福永息子に到っては所詮は人気で2・3着ばかり。だから“複勝王”と呼ばれるのだ)
したがって、今回のレッドリヴェールには騎手の実力通りに負けてもらうしかない。大事な秋華賞TRで八百長など見たくないのは誰もが思っている事だから!

そこで現時点のシルシは・・・
前予想↓↓↓

阪神11R 第32回 関西テレビ放送賞ローズステークス(G2) 芝1800m
(前走騎手) 伏=伏兵 穴=穴馬 未=未定 外=論外
----------------------------------------------
◎…ヌーヴォレコルト 【 54.0・斉藤誠・(岩 田) 】
○…アドマイヤシーマ 【 54.0・友 道・(藤岡康) 】
▲…プリモンディアル 【 54.0・藤原英・(藤岡康) 】
△…サングレアル   【 54.0・松田博・(戸 崎) 】
X…レッドリヴェール 【 54.0・須 貝・(福 永) 】
伏…ブランネージュ  【 54.0・藤岡健・(秋 山) 】
穴…ヒルノマテーラ  【 54.0・ 昆 ・(田中勝) 】
穴…リラヴァティ   【 54.0・石 坂・(浜 中) 】

未…アドマイヤアロマ 【 54.0・中尾秀・(福 永) 】
未…アドマイヤビジン 【 54.0・梅田智・(四 位) 】
未…クリノクレオパトラ【 54.0・田中章・(荻 野) 】
未…タガノエトワール 【 54.0・松田博・(川 田) 】
未…ダンツキャンサー 【 54.0・ 谷 ・(藤 田) 】
未…ディルガ     【 54.0・矢 作・(内田博) 】
未…メイショウラバンド【 54.0・石 橋・(武 幸) 】
未…リリコイパイ   【 54.0・藤原英・(藤岡佑) 】
未…レッドオリヴィア 【 54.0・平 田・(松 若) 】
外…リックタラキチ  【 54.0・笠 松・(吉井友) 】
----------------------------------------------

◎=何も弊害がなければ勝って当然。
○=前走騎手の動向が問題。
▲=前走騎手の動向が問題。
△=重賞実績と前走騎手通りなら勝ち負けも?
X=前走騎手が?
伏=戦績の多さが活かされれば?
穴=前走騎手が2着したばかりなのが問題。
穴=前走騎手の動向が問題。

果たして主催者は八百長を起こしてでも福永息子を好走させるつもりなのか・・・全ては福永と言う騎手の存在自体が大問題としか言えないだけに『もうちょっと何とかならんのか、学校制度の見直しは』と思わざるを得ない。
(ちなみに2週間後の凱旋門賞も3頭が徒党を組まないと到底勝ち目などない。世界の馬との対戦以前に世界に通用しない3人がバラバラで臨戦しても勝てる訳がないからだ…横山典の自爆先行で福永・川田を引っ張りながら川田は福永マークで福永が伸びなかった時に交わす騎乗をするのが理想の展開かと…鞍上の5馬身差を馬の能力が埋めてくれる事を祈るのみである)

最終決断↓↓↓
http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_yosou_id=30259

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第28回 セントウルステークス(G2) 結果コラム | トップページ | 2014 第68回 朝日杯セントライト記念(G2) 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/57402991

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第32回 関西テレビ放送賞ローズステークス(G2) 予想コラム:

« 2014 第28回 セントウルステークス(G2) 結果コラム | トップページ | 2014 第68回 朝日杯セントライト記念(G2) 予想コラム »