« 2014 第32回 関西テレビ放送賞ローズステークス(G2) 結果コラム | トップページ | 2014 第62回 神戸新聞杯(G2) 予想コラム »

2014 第68回 朝日杯セントライト記念(G2) 結果コラム

ダービーの再戦で決着

最終決断↓↓↓
新潟11R 第68回 朝日杯セントライト記念(G2) 芝2200m
X=消し馬 無=無印
----------------------------------------------
◎…5番イスラボニータ  【 56.0・栗田博・蛯 名 】
○…6番マイネルフロスト 【 56.0・高 木・柴田大 】
▲…7番サトノフェラーリ 【 56.0・藤沢和・北村宏 】
△…17番クラリティシチー 【 56.0・上 原・柴 山 】
X…16番トゥザワールド  【 56.0・池 江・川 田 】
X…13番ワールドインパクト【 56.0・友 道・横山典 】

無…4番ショウナンラグーン【 56.0・大久洋・吉田豊 】
無…14番タガノグランパ  【 56.0・松田博・菱 田 】
無…10番ステファノス   【 56.0・藤原英・三 浦 】
無…11番サングラス    【 56.0・ 谷 ・古 川 】
無…2番エアアンセム   【 56.0・伊藤正・松 田 】
無…3番ダイワリベラル  【 56.0・菊 沢・丸 山 】
無…1番ラングレー    【 56.0・矢 作・エスポ 】
無…12番アルテ      【 56.0・北 出・津 村 】
無…8番オウケンブラック 【 56.0・田中剛・田 辺 】
無…15番デルカイザー   【 56.0・藤沢和・柴田善 】
無…18番メイクアップ   【 56.0・ 谷 ・松 岡 】
無…9番ヨッヘイ     【 56.0・岩 戸・大 野 】
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
新潟11R 第68回 朝日杯セントライト記念(G2) 芝2200m
----------------------------------------------
1着…◎…5番イスラボニータ  【 56.0・栗田博・蛯 名 】
2着…X…16番トゥザワールド  【 56.0・池 江・川 田 】
3着…無…14番タガノグランパ  【 56.0・松田博・菱 田 】

4着…無…10番ステファノス   【 56.0・藤原英・三 浦 】
5着…無…1番ラングレー    【 56.0・矢 作・エスポ 】
----------------------------------------------

1着…勝つべき馬の当然なる優勝!
トゥザワールドのように距離が心配だからとこちらに回ってきたような訳じゃない本命馬である意味当然の1着。

2着…つまらないガチガチ馬券で格付けを維持!
この先(菊花賞)に進むか否かは馬主さんと厩舎の判断だが、私は『同馬は馬券になっても勝つ事は絶対にない』とだけは断言できるのでここを勝てなかったからには別路線を行くのが妥当と思われる。今後は2000mを中心に相手関係を上手く調整して古馬G1を獲れるように頑張るしかない。

3着…ダービーのマグレを払拭?
まさかのダービー4着馬がここでも3着に。人気が示すように誰もが「ダービーはマグレ」と思っていたはずでもしかしたら主催者の大きな援護があったのかもしれない。でなければこんな馬にこんな騎手の組合せでこんな結果が出る事など普通は起こるものではないからだ。
但し、いくら今回がまたマグレだとしてもそれが次の凡走になるかは全く分からない。なぜならこんな馬のよくある特徴が『人気薄だと好走し、人気なったら消える』と言う傾向があるからだ。その意味では却って面白い馬かもしれない。

(ダービーがほぼケツ人気、今回10番人気なので18頭立ての菊花賞なら今度は7人気以下だったら2・3着の穴狙いはできるかもしれない。絶対に勝たないとの前提ありきだが…笑)

なお、その他については何も評する必要はない。川田が2着になってしまっては“ダービー好走組優先”が確定するからには菱田と柴田大(一緒に松岡まで)押さえて買えば済む事になるからだ。結果的にその通りになってしまい、上がり馬たちは見事に全滅してしまった。
何か意図的な着拾いがあったとすればせいぜい“4着に三浦が飛び込んできた事で一歩間違えば福永型のヤラセが3着で起こりそうだった”と思われるだけ。
それでも“三浦”の特徴が『先行馬だと黛すら捕まえられないペースの読めないジョッキーなのに差し・追い込みだと若手とは思えないほど追えるジョッキー』であるからには届かなかった今回はそんなヤラセはなかったと推測できるはず。そもそも三浦は“関東版の福永”なのでヤラセがあったら2着まで来ていた可能性が高かっただろうから!

ただ、今回の結果で上がり馬として期待した馬(サトノ)とジョッキー(北村宏)を批難する事はできない。今回一番批難されるべきは、騎手を変えて臨みながら位置取りからして失敗したマイネルと柴田大の凡走である。これこそ何のために松岡を降ろしたのか、マイネルは何を基準に騎手を起用しているのかこんなバカ丸出しの負け方をしたのは珍しい事である。
そもそも秋のマイネル馬はその成長度のなさから先行しなければ好走などできない馬たちである。それなのに勝ち馬の後ろで競馬した柴田大にはがっかりした。
せっかく苦労が認められて好結果を残せるようになったのにいくら勝つのが蛯名であるのが分かっていたとしてももうちょっと見せ場のある騎乗をして欲しかったからだ。
『今日の柴田大は負ける時の幸(みゆき)のようだった』と同馬を対抗にしたのがよけいに情けなく感じた。

(マイネルで3才秋まで好走する牡馬は滅多にいない。そもそも安値馬を好走させて賞金を稼ぐ事を主体にした組織体であり、クラシックを勝つ事などできないからだ。やはり「秋のマイネルは2才馬しか買うな」と言った私の先輩の言葉は正しかった!苦笑)

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第32回 関西テレビ放送賞ローズステークス(G2) 結果コラム | トップページ | 2014 第62回 神戸新聞杯(G2) 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/57449361

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第68回 朝日杯セントライト記念(G2) 結果コラム:

« 2014 第32回 関西テレビ放送賞ローズステークス(G2) 結果コラム | トップページ | 2014 第62回 神戸新聞杯(G2) 予想コラム »