« 2014 第75回 菊花賞(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 予想コラム »

2014 第75回 菊花賞(G1) 結果コラム

3.01.0 レコードで酒井が戴冠!

最終決断↓↓↓
京都11R 第75回 菊花賞(G1) 芝3000m
無=無印 X=消し馬 外=論外
----------------------------------------------
◎…10番ゴールドアクター 【 57.0・中 川・吉田隼 】
○…15番ワンアンドオンリー【 57.0・橋 口・横山典 】
▲…17番ヴォルシェーブ  【 57.0・友 道・岩 田 】
△…
無…12番タガノグランパ  【 57.0・松田博・菱 田 】
無…4番サウンズオブアース【 57.0・藤岡健・蛯 名 】
無…2番トーホウジャッカル【 57.0・ 谷 ・酒 井 】
無…1番マイネルフロスト 【 57.0・高 木・柴田大 】

X…14番トゥザワールド  【 57.0・池 江・川 田 】
X…16番サトノアラジン  【 57.0・池 江・浜 中 】

外…3番サングラス    【 57.0・ 谷 ・古 川 】
外…5番シャンパーニュ  【 57.0・加 用・松 山 】
外…6番ショウナンラグーン【 57.0・大久洋・吉田豊 】
外…7番トーセンスターダム【 57.0・池 江・武 豊 】
外…8番ワールドインパクト【 57.0・友 道・ブドー 】
外…9番ハギノハイブリッド【 57.0・松田国・福 永 】
外…11番アドマイヤランディ【 57.0・須 貝・藤岡康 】
外…13番ミヤビジャスパー 【 57.0・笹 田・池 添 】
外…18番メイショウスミトモ【 57.0・南 井・武 幸 】
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
京都11R 第75回 菊花賞(G1) 芝3000m
----------------------------------------------
1着…無…2番トーホウジャッカル【 57.0・ 谷 ・酒 井 】
2着…無…4番サウンズオブアース【 57.0・藤岡健・蛯 名 】
3着…◎…10番ゴールドアクター 【 57.0・中 川・吉田隼 】
4着…無…12番タガノグランパ  【 57.0・松田博・菱 田 】
5着…外…6番ショウナンラグーン【 57.0・大久洋・吉田豊 】

----------------------------------------------

1着…デビュー最短日馬が菊花賞を勝つ!
『強い。この馬は本当に強い馬になるかもしれない…何しろ鞍上が酒井なのに菊花賞をレコード勝ちしたのだから!』と思わせる優勝である。それとも、酒井だろうが武豊だろうが、所詮は競馬学校上がりの騎手など本当は騎乗力に差などなく主催者がその気になればそれこそ村田一誠ですらリーディング・ジョッキーにできるのかもしれないと言う裏返しなのだろうか?(笑)
いずれにしても前々日において“宝塚記念時のヒシミラクルよろしく大金ぶち込まれによる1番人気になった馬”と言う不思議な現象が起こっていたからには、同馬に勝たれた事自体には何の不思議さも感じない。
過去のヒシミラクルの事例もさることながら、前売りにおいて異常な馬券購入が為された馬が好走どころか勝ってしまう事は枚挙に暇のない事であるからだ。(もちろん公にはされてない事…だって関係者の大量購入なのだから!)
したがって、同馬に関しては一つの事柄のみを願うばかりである。それは、同じレコード勝ちした菊花賞直後に引退したソングオブウインド(同じ3流の武幸騎乗)のようにならないと言う事。今後、同馬にはこの世代の長距離戦線を牽引していく仕事が待っているはずで、武幸のような親と兄弟のお陰でG1ジョッキーになっているような者に酒井はなって欲しくないからだ。

【谷センセーには是非とも同馬を大事に管理して欲しいと願うばかり!】

2着…調教師の見る目ある騎手変更が幸いした2着!
TR戦でフラフラした面を見せていただけでも狙い難い馬だった上に、乗り変わったので勝ち負けは難しいと思っていたのだが、何と何と、今回は全くフラつくところもなく、後続に差をつけた2着になってしまった。
TRの結果から好走しても全く不思議はなかったが、やはり藤岡佑と蛯名では多少なりとも騎手力に差があるのか、それとも一叩きした上積みのお陰なのか、どちらにしても立派な2着確保には正直驚いている。
ただし、今回が鞍上強化の蛯名で連対してしまったからには今後(古馬になって)同馬がG1戦線を勝つためには蛯名以上のジョッキーが必要になると思われる。つまり、同馬をG1馬にしたければデムーロなど一流外人ジョッキーを起用するしか勝ち目はないと推測できると言う事。
いすれにしても藤岡兄弟の親厩舎の管理馬なので、好走してもG12着=良くてシルバーコレクターになる公算は高いだろう。そもそもこの厩舎は息子の代になって大成すると思われるから。

【藤岡佑介調教師に期待してます!】

3着…好走も位置取りに大不満・・・
本命視した同馬が馬券になった事には安堵したが、こと吉田隼の道中の位置取りには不満しか沸かない。なぜなら、勝ち馬の競馬をするのが同馬だと思っていたからだ。
ところが、道中は横山典と並走して先行集団の直後に控えると言う内容で、私からみれば“勝利よりも好走目標”の競馬をしたとしか見えず、同馬の脚質であれば4コーナーで先頭に立つ競馬を心掛けて欲しかったのに吉田隼はそれをしてくれなかった。“できなかった”のではなく“してくれなかった”と言うのは、彼がスタート時に前に行こうとする手綱捌きをしなかった事で分かるからだ。
つまり、吉田隼はスタートの時点で勝つ気のない競馬をしたと言う事であり、こんな展開と騎乗意識で競馬をしたにも関わらず3着になった事に正直私は驚いている。
よって、今回は「予想した本命馬が馬券になった事だけが幸い」と言うだけであり、こと吉田隼の今後と言う点では『彼はもう大きなレースでの活躍は期待できない』と言うのが示された残念な結果だったと思わざるを得ないだろう。

レコード決着も鞍上の騎乗ぶりは最低レベル!
勝ち負け(結果)を抜きにして、今回の騎手の中で一番ひどい騎乗をしたと見えたのが岩田である。
簡単に言えば、『末脚勝負に徹する事もなく、単にレースの流れに乗るだけの競馬をしていた』からである。
今回の騎乗ぶりを見て、どうやら今秋の岩田は『好走だけで勝ち負けする競馬をする気が無い』としか思えない。
これが岩田の実力だと言うのなら有力馬から降ろされるのも当然なのだが、私には岩田康誠と言う騎手がそんな低レベルのジョッキーだとは思いたくないし、思ってもいないので、やはり一日も早く騎手の実力に比例した騎乗馬の割当てが行われる日が来る事を願ってやまない!

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第75回 菊花賞(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/57791552

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第75回 菊花賞(G1) 結果コラム:

« 2014 第75回 菊花賞(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 予想コラム »