« 2014 第48回 スプリンターズステークス(G1) 結果コラム | トップページ | 2014 第65回 毎日王冠(G2) 予想コラム »

2014 凱旋門賞 結果コラム

勝つ気の見えない騎乗が示す中央騎手界の危機

2014年度の凱旋門賞は「トレヴの連覇」で幕を閉じた。
トレヴは古馬になって斤量増に戸惑ったせいか、近走成績は良くなかったもののここ一番で実力を発揮した。
鞍上も相当苦心していたようで、4度目の制覇にも関わらず歓喜に目頭を押さえていたジャルネの姿がとても印象に残った。

これに引き換え、日本馬3頭に騎乗したジョッキーたちは馬に満足な競馬をさせられなかった。何より勝つための位置取りすら取れなかった。
3頭ともスタートから後方に位置取り、福永だけはずっと内で我慢していたものの横山典と川田は最初から直線勝負のコース取りだけを考えていたらしく最後まで外目を追走する競馬しかできなかった。
お陰でレースが終わった後、『なぜ普段行っている団体(徒党)競馬をしなかったのか?』の疑問が頭に残った。
馬の能力は十分通用できるものを持っていたので『スタート後の位置取りが逆に幸いするように!』との願いで観戦していたが、結果的には馬の能力を発揮させられずに白井競馬学校の下手さだけが浮き彫りになってしまった。
たしかに今回の3人は“所詮は武豊より技量なし(=馬を勝たせるだけの技術なし)”なので今回のような位置取りになる事はある程度予想はできた。だが、だからこそ誰か一人でも優勝に近付けるために日本馬同士が徒党を組む競馬をするものと私は思っていた。そうしなければ負けるのは当然である事は彼らの技量からも分かっていたからだ。
ところが、蓋を開ければ3人がそれぞれ好き勝手な競馬をしたのだから『これでは勝てるレースも勝てない』のは至極当然の話である。
今回のような位置取りしかできなかった時点で勝ち負けできない事が一目で分かるような低レベル騎乗しかできない根源に、藤田騎手が暴露本として書いた“騎手界に蔓延する不条理がある”のは否めない。
騎手生命を捨てて「騎手界の不平等【=技量に見合わないのに良い馬に乗れる差別】があるからこそ結果的に騎手のやる気が萎える事で騎手数そのものが激減する事態を招いている」と説く彼の発言は実に正論である。
騎手はアスリートとして結果を残している者が優遇されるからこそ努力しようとする気持ちが起こるのであり、親が調教師だから、親が天才だったから、親がメジロのお抱え騎手だったからなどの“実力ではない基準”で優遇されているのだから、こんな世界のどこがスポーツなのかと早々に騎手に見切りをつける者が出て当然だろう。
また、何よりこのまま現在の騎手システムを続けていては凱旋門賞に馬を送り出そうとする馬主も生産者もいなくなるだろう。なぜなら、凱旋門賞のような世界的大レースは自国の騎手でなければ勝てない事を「スミヨンによるオルフェーブルの不可解な斜行2着」ですでに示されているからには、外人騎手に頼った今の中央騎手界では【=正確には白井競馬学校上がりを優先する主催者管理による中央騎手界】では、わざわざ大金はたいて大レースに挑戦する馬主や生産者が出てくる方がおかしな話になるからだ。
事実、外人騎手が途切れる事なく来日しているのは、元地方騎手である岩田や内田博や戸崎のような白井競馬学校上がりではない騎手たちに活躍されてはメンツが立たないと考えているJRAが、あまりに不甲斐ない白井競馬学校上がりに嫌気を差した生産者・馬主さんたちの意見を仕方なく取り入れて取っている処置の結果なのである。

つまるところ競馬学校など、単なる資格取得機関、レースにおける騎手の資格を管理する機関として存在すれば十分なのであり、あとは昔のように日々騎手たちが厩舎で馬に触れる事で競馬を学習していく方が遥かにここ一番に勝てる騎手が育てられるはず。
厩舎で学ぶからこそ、馬の気性、助手たちの苦労、調教師の狙いなどを騎手は学習できるのであり、この道理から外れて(ただ順番で乗る馬が回ってくるだけの)システムでは勝つための競馬など覚えられないどころかその意識すらなくしてしまうのは当然である。
だからこそ、外国人騎手に太刀打ちできない池添・福永・横山典・武豊のような“まず縁故ありき”の騎手ばかりが井の中の蛙として勝星を積んでいるのだと言われても誰も批判できないのである。

引退した安藤勝、岩田などが中央競馬でも即座に通用しているのは、昔の中央騎手たちが助手や先輩騎手にヤキを入れられながらも当り前のように身に付けてきた“日々馬に触れる事で覚えられるもの”を彼らが経験しているからであり、白井競馬学校上がりがまず学校の机の上で覚えた知識が中心になっているのに対して実際の馬の個性を把握する体験に富んでいるからこそ“どこぞのバカ息子が潰しかけた馬”を年度代表馬にまで勝たせたのだとしか私には考えられないのである。
つまり、実際のレース前に馬の特徴を把握できる実体験を多く積んでいたからこそ通用できた・できている
のである。
この“騎手としてどころかスポーツマンとして持たねばならない最低限の学習と覇気”に欠けているからこそ、白井競馬学校上がりは結果的に親の名声が優先されるだけになり、引いては騎手全体のやる気を消沈させる傾向を生んでいるのである。

私は提言する…『今こそ元の厩舎管理による騎手育成体制に戻すべきである』と!
そうでなければ、海外に挑戦しようとする馬主・生産者(競馬振興を願う協力者)はどんどんいなくなり、外人騎手に席巻される事でよりやる気が萎えて辞めていく騎手もどんどん増え、最後には競馬運営そのものまで衰退する事になるだろう。

とにかく、まず下手なのに勝星を積んでいるような騎手への優遇を止めるべきであり、後はキチンとここ一番で結果を残している騎手に良い馬が回ってくる「実力主義に準じた騎乗配置」を取るようにすべきである。
また、今流行りの仲介人など2流騎手以下を担当させる程度で十分。そもそも、馬に直接触れていないマスコミ上がりの者たちが騎手の乗り馬を手配するなど道理に適っていないのだから。
JRAは、今こそ好走させた馬より潰した馬の方が遥かに多い者など「百害あって一理なし」である事を自覚すべきであり、馬主でもない第三者が騎乗馬を手配する不可解なシステムなど即座に改めるべきなのである!

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第48回 スプリンターズステークス(G1) 結果コラム | トップページ | 2014 第65回 毎日王冠(G2) 予想コラム »

コメント

お久しぶりですこんにちは!!

まったく管理人さんに同意見で私が訂正する箇所はまったくございません。誤字があれば別ですが。

ただでさえ勝てない屋根なのにぽつんに大外にごちゃつく馬込みで意図がわたしも全く不明でした。

特に川田騎手は一番可能性のある三歳馬にもかかわらず綺麗に負けることに固執した騎乗で非常に感情的になりそうになりました。

負けてもいいから馬主さんや馬券を買っている現地の方も納得できるような全部出しました!!一個でもいいから上の着順めざすぞ!という意地が見られませんでした。

これは管理人さんのおっしゃる通り日本の騎手では凱旋門賞は夢のまた夢ですね。
馬は三歳馬は可能性を感じるだけに歯がゆいですね。

話は変わりまして勝ったトレヴ陣営の意地と根性とプロの仕事にはわたしもなんだか感動しちゃいましたよ。
この状態でよくぞ勝ったな、と。
ジャルネ騎手ほどのベテランが目頭を押さえるとはよほど覚悟があったのでしょうね。
2着もファーブル厩舎の馬で勝ち方を知ってるなぁーと感じました。

長くなりましたがこのあたりで失礼いたします。

投稿: スペインリーグ始まりましたね | 2014年10月 6日 (月) 20時10分

コメントありがとうございます。
厳密に考えれば初渡欧の川田は一番妥当な競馬をしたと思っています。
私の考えでは情けないのは横山典と福永の二人です。
気性の問題で前に行かなかったかもしれない横山典はまだ考慮の余地もありますが、ドバイと同じ競馬を2400mでやった福永には考慮すべき余地すらありません。これだから私は福永息子を常々批判するのです。
洋一さんとは騎手としてのセンスそのものが比較にならないのに息子と言うだけで持ち上げられ、本人も口では反論するものの「武豊さんが目標」などと傍から見れば『何を戯けた事を言ってんだ』としか思えない事を平気で言うのだから“腹の中では俺は一流だ”と思っている事は火を見るよりもあきらか。
そのくせ今回のような競馬しかできない【=彼は好走した時の競馬をなぞる事しかできない】単なるコピー騎手でしかないのです。
彼の今があるのは全て洋一さんとできたお母さんのお陰であり、騎手センスでは川田や浜中、それこそ松若の方が数段センス上位です。
何より問題なのは彼のような縁故騎手を優遇するJRAの見下げ果てた騎手管理意識にあり、これを改めなければ絶対に世界の大レースなど勝てません。私は断言できます!

投稿: クライスト教授 | 2014年10月 7日 (火) 08時36分

管理人さんこんにちは。

ちょっと!!
松若云々みたいな書き込みはやめてくださいよ!!
一人で電車で読んでると笑いそうになってしまいますよ!!

というわけで、福永騎手に関して。
おっしゃる通りすぎてこれもなにも訂正がないです。

福永騎手は論外なのでここでは多くは語りませんが、馬主さんの選択はどう思われますか??

初ロンシャン
久しぶりの2400
鞍上は先生か福永騎手
ぶっつけ凱旋門賞

ある意味思い出作り?というローテーションなので大いに疑問が残りました。

凱旋門賞はフランスの人馬にとって特別なもの。

ならばフランスの人馬に1枠空けてあげたほうがいいのでは?とも考えてしまいます。

策も特になくあの騎乗では疑問が残るばかりです。

管理人さん、どうお感じになられましたか?

長くなり申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

投稿: スペインリーグ始まりましたね | 2014年10月 8日 (水) 20時25分

表記されたジャスタウェイ4つの臨戦項目からも分かるように「あわよくばの好走狙いの負けもやむなし」=挑戦した事で種牡馬の価値に多少の箔を付けるが馬主側の狙いだったと思います。
そもそもドバイWCを勝った時点でジャスタウェイは“ハーツクライの後継馬確定”ですので凱旋門賞はそれこそ思い出作りと言って良いでしょう。
但し実質的な思い出作りに当たるのは“騎手”だと思います。
レースの位置取りでも分かるように関係者は騎手に対して特に乗り方を指示しなかったと思われます。要するに「任せた(好きに乗って良い)よ」と言われて福永が取った戦略がアレだったと言う事です。【だから福永の程度が知れると言う訳…ね、機転が利かない奴でしょ。苦笑】
因みに、おそらく来年辺りから徐々(下手すると一気)に福永祐一は落ち目になると思います。
彼がコピーしている武豊が急落した事からの類推もありますが、後輩たち(川田・浜中)の騎乗数の上昇、低迷していた騎手たちの近年の台頭ぶり(田辺・柴田大・大野・三浦など)、凱旋門賞で見せた判断力の低さからもさすがの主催者ももうカバーしきれない所まで来ていると思うからです。
【昨年のロードカナロアの活躍と今年のエピファの凡走ぶり、ワールドエースからの降ろされも凋落を示唆するものになるからです】

投稿: クライスト教授 | 2014年10月 9日 (木) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/57594071

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 凱旋門賞 結果コラム:

« 2014 第48回 スプリンターズステークス(G1) 結果コラム | トップページ | 2014 第65回 毎日王冠(G2) 予想コラム »