« 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 予想コラム | トップページ | 2014天皇賞(秋)に見る騎手の良し悪しとは! »

2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 結果コラム

異常な今秋を象徴する優勝!

最終決断↓↓↓
東京11R 第150回 天皇賞(秋)(G1) 芝2000m
無=無印 X=消し馬 外=論外
----------------------------------------------
◎…15番イスラボニータ  【 56.0・栗田博・ルメー 】
○…18番マイネルラクリマ 【 58.0・上 原・柴田大 】
▲…1番ジェンティルドンナ【 56.0・石 坂・戸 崎 】
△…9番フェノーメノ   【 58.0・戸 田・蛯 名 】

X…5番エピファネイア  【 58.0・角 居・福 永 】
X…14番マーティンボロ  【 58.0・友 道・川 田 】
無…3番デニムアンドルビー【 56.0・角 居・浜 中 】
無…2番ヒットザターゲット【 58.0・加藤敬・武 豊 】
無…4番スピルバーグ   【 58.0・藤沢和・北村宏 】
外…12番フラガラッハ   【 58.0・松永幹・高 倉 】
外…13番カレンブラックヒル【 58.0・平 田・秋 山 】
外…7番サトノノブレス  【 58.0・池 江・岩 田 】
外…8番ディサイファ   【 58.0・小島太・四 位 】
外…10番ペルーサ     【 58.0・藤沢和・柴田善 】
外…6番ダークシャドウ  【 58.0・ 堀 ・ベリー 】
外…11番ラブイズブーシェ 【 58.0・村 山・古 川 】
外…17番アスカクリチャン 【 58.0・須 貝・三 浦 】
外…16番トーセンジョーダン【 58.0・池 江・ブドー 】
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
東京11R 第150回 天皇賞(秋)(G1) 芝2000m
----------------------------------------------
1着…無…4番スピルバーグ   【 58.0・藤沢和・北村宏 】
2着…▲…1番ジェンティルドンナ【 56.0・石 坂・戸 崎 】
3着…◎…15番イスラボニータ  【 56.0・栗田博・ルメー 】
4着…外…11番ラブイズブーシェ 【 58.0・村 山・古 川 】
5着…無…2番ヒットザターゲット【 58.0・加藤敬・武 豊 】

----------------------------------------------

1着…毎日王冠おそるべし!
鞍上がG1過去1勝しかない北村宏なのだから唖然とするしかない。
もちろん藤沢和厩舎なので北村宏が勝っても不思議じゃないのだが、それでもあまりに鮮やかすぎる末脚で先行する有力馬をまとめて交わしたのには驚き以外の何物もなかった。
ただし、一つだけ言える事がある。それは今回の優勝ジョッキーが“騎乗数ばかりのG1役立たず騎手としてお馴染みの北村宏だった事”で、今秋はこれまで縁故騎手たちに勝たれてばかりいた下積み騎手たちの巻返し年であると言う事。
これ以外に大野・岩田康の代打の浜中・酒井・そして今回の北村宏などが勝つ理由がつかない。

2着…枠順の差をフルに活かした2着!
戸崎2着には何の不思議もないが、正直なところ休み明けでルメールを競り負かすとは思っていなかった。
結果的に最後まで内ラチを譲らなかった戸崎の判断力とテン乗り対応力を見せたファインプレーの2着は拍手ものである。

3着…人気ゆえに早目先頭の王道仕掛けが裏目!
テン乗りルメールの乗り方には全くミスはなかった。ただ、同馬が負けるパターンである早目先頭による伸び欠きが最後の50mで出てしまった。
それでも勝ち馬以外には差されていない事は立派で、同馬のスピード能力と安定したレース対応力は今後のG1戦線を牽引していく馬である事を示しただろう。

【逆にダービー馬の方が今後勝てなくなる可能性が大きいはず。何しろ横山典のダービー馬が大成しない事は武豊から譲られたロジユニヴァースで証明済みだから】

4着…勝ち馬が毎日王冠組なら好走も納得!
毎日王冠勝ち馬エアソミュールと札幌記念で互角のレースをしていただけに同馬の4着は全く不思議じゃない。それどころか鞍上古川なのに4着に来れただけでも立派の一語である。

5着…展開・枠順・鞍上が適応した5着!
これ以外に同馬の好走を理由付けするものはない。

予想以上に緩みのないペースになってしまった事が・・・
逃げた秋山の馬が意外にペースを落とさなかった事が今回の北村宏差し切り優勝と言う結果を招いたと言える。
ただし、これは秋山や柴田大のペース作りが悪かったと言う訳ではない。ただ、秋山と柴田大の作ったペースが思った以上に有力馬に脚を使わせた事になったのが想定外だったと思っただけである。
その意味では、かなり理想的な展開になったように見えたエピファネイアが本来の能力であればもっと伸びるかと思ったのにジリ脚だった事に疑問を感じただけ。
いずれにしても、北村宏の藤沢和厩舎によるG1勝ちがここで起こった事に驚かされるばかりである。

【エピファが掲示板に載らなかった事が喜ばしいだけ。やはり騎手のせいで好走できなくなっている事を示してくれたので!】…早く降ろしてくれないかなぁ。そしたら次は絶対勝ち負けできるようになると思うので!誰もが納得するでしょ、きっと。(笑)

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 予想コラム | トップページ | 2014天皇賞(秋)に見る騎手の良し悪しとは! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/57866339

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 結果コラム:

« 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 予想コラム | トップページ | 2014天皇賞(秋)に見る騎手の良し悪しとは! »