« 2014 第31回 マイルチャンピオンシップ(G1) 予想コラム 決断編 | トップページ | 2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 予想コラム »

2014 第31回 マイルチャンピオンシップ(G1) 結果コラム

本物が勝って良かった!

最終決断↓↓↓
京都11R 第31回 マイルチャンピオンシップ(G1) 芝1600m
無=無印 X=消し馬 外=論外
----------------------------------------------
◎…3番グランデッツァ  【 57.0・平 田・秋 山 】毎日王冠5着②…社台F
○…10番ロゴタイプ    【 57.0・大江原・C・ルメール 】毎日王冠6着⑥…社台F
▲…16番タガノグランパ  【 56.0・松田博・菱 田 】菊花賞 4着⑩…新冠タガノ
△…14番グランプリボス  【 57.0・矢 作・三 浦 】スプリンターS4着④…ノーザンF
無…13番トーセンラー   【 57.0・藤原英・武 豊 】京都大賞3着①…社台F
無…11番クラレント    【 57.0・橋 口・田 辺 】京成杯AH1着②…ノースヒルズM
X…17番サンレイレーザー 【 57.0・高橋義・川 田 】毎日王冠2着⑪…岡野牧場
X…9番ワールドエース  【 57.0・池 江・ブドー 】毎日王冠13着①…ノーザンF
X…15番ミッキーアイル  【 56.0・音 無・浜 中 】スワンステークス1着①…ノーザンF
X…8番フィエロ     【 57.0・藤原英・福 永 】スワンステークス3着②…社台F
X…12番ダノンシャーク  【 57.0・大久龍・岩 田 】富士ステ7着①…下河辺
X…5番レッドアリオン  【 57.0・橋 口・小 牧 】富士ステ3着⑤…エクセル

外…4番サダムパテック  【 57.0・西 園・田中勝 】スワンステークス10着⑥…白老F
外…7番エキストラエンド 【 57.0・角 居・ビュイック 】富士ステ5着⑨…社台F
外…6番ダイワマッジョーレ【 57.0・矢 作・蛯 名 】毎日王冠14着⑨…社台F
外…2番エクセラントカーヴ【 55.0・ 堀 ・ムーア 】京成杯AH15着④…社台F
外…1番ホウライアキコ  【 54.0・南 井・和 田 】NHKマイルC5着⑧…ナカノF
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
京都11R 第31回 マイルチャンピオンシップ(G1) 芝1600m
----------------------------------------------
1着…X…12番ダノンシャーク  【 57.0・大久龍・岩 田 】
2着…X…8番フィエロ     【 57.0・藤原英・福 永 】
3着…◎…3番グランデッツァ  【 57.0・平 田・秋 山 】
4着…無…13番トーセンラー   【 57.0・藤原英・武 豊 】
5着…外…7番エキストラエンド 【 57.0・角 居・ビュイック 】

----------------------------------------------
6着…△…14番グランプリボス  【 57.0・矢 作・三 浦 】
7着…○…10番ロゴタイプ    【 57.0・大江原・C・ルメール 】
10着…▲…16番タガノグランパ  【 56.0・松田博・菱 田 】

----------------------------------------------

1着…テン乗り岩田が騎手レベルで競り勝つ!
危うく今週も重賞初勝利がG1馬になるところだったが、さすがは本物の騎手である岩田は位置取りも道中もスムーズに運び、最後の直線で真っ直ぐ内を突いてコースロスなく差し切った。これぞ騎手の腕で馬を勝たせられる騎手の真骨頂と言えるだろう。
ただし、同馬は今回限りの可能性が高いので、次走以降の期待は薄いだろう。

2着…馬は強さを見せたが…
理想的な位置取りで理想的な抜け出し方をしたフィエロだったが、ペースが早すぎせいでほんの少し仕掛けが早くなってしまった事と騎手が実力がないせいで最後の最後に差されてしまったのが惜しまれる。
それでも、全くコースロスなく伸びてきたダノンシャークをもう一度差し返そうとした馬の根性は素晴らしく、今後のマイル戦線を牽引して行ける1頭になると思われる。
今回の敗戦において、惜しむらくは藤原英厩舎が起用騎手を間違ってしまった事のみである。

3着…これ以上ない競馬は出来た!
レース前、何より心配だったのが“秋山の腕で好枠を活かして前目に付けられるか”だったが、見ていた此方の予想以上の好位置を保って競馬をしてくれた。
お陰でキチンと馬券になってくれた訳だが、惜しむらくはペースが早すぎたために先行馬ではなく差し馬の競馬になってしまった事。
しかしながら、この展開で秋山の腕ではこれ以上の結果を期待する事はムリであり、直線で先頭に並びかけると言う最高の競馬をした騎手はもちろん、差された馬も立派だったと賞賛するしかない。

4着…昨年は武豊G1百勝だったのが勝因である事があきらかに!
トーセンラーは弱くない。だが、G1を連覇するほど強くもない。
しかも、鞍上が“今では福永より格下の武豊”であるからには、今回馬券にならなかったのも福永が馬券になった事からと言えるだけに“ある意味当然の結果”だろう。
ただし、同馬は強くないが安定度はクラス上位なので、今後も複勝対象としては貴重な馬になるだろう。

5着…勝ち馬の通ったコースを追走できたのが好走要因!
4コーナーで岩田に前に行かれた辺りが馬の能力不足の点だが、ジリジリながらも脚を伸ばして掲示板に載ったのは立派の一語。また、もちろんビュイックが騎乗していた事が好走に大きく影響したのも間違いない。

6着…やはりこの鞍上はペースが読めない…
馬の能力と展開を考えればもっと上位にいるべき馬なのだが、所詮そこそこ人気で三浦を騎乗させているからには、抑えた競馬が運良くハマらないと掲示板前後が精一杯にしか来れないのだろう。
『騎手にもっと体内時計があれば』と思われてならない。

7着…やはり馬に悪い癖が付いていた…
ルメールの騎乗に何ら不足はなかったが、秋山と並走するくらいの競馬をして欲しいと思っていたのにその番手で競馬をする事になったのが残念でならない。やはり未熟な騎手を起用していたツケが出てしまったようである。
それでも今回は、過去に騎乗した者より遥かに前で競馬をする事ができたので、『これで強かった昔の競馬を馬が思い出してくれれば』の期待はできるだろう。

【同馬を見ていると一日も早くエージェント制度の改革を望まずにいられない。ブン屋が仲介者をするなどあってはならない事なのだから!】

10着…何で後方に下げたのか?
いくら大外枠でも両サイドに逃げ・先行馬がいたので、同馬自身も悪くないスタートを切ったのに菱田は手綱を絞って馬ナリで競馬をしてしまったのが見ていて腹が立った。その結果が2桁10着なのだから、松田博師の騎手への指示の物足りなさにも不愉快になった。
たしかに来週のジャパンCにハープスターが出る事が今秋のメインなのかもしれないが、こんな結果では何のために極端な距離短縮で挑戦させたのか全く意味不明になってしまうだろう。こんな事をしているからオークスを取りこぼしたり、バカ息子福永祐一に優秀な牝馬を何頭も潰されるのである。

【道理で弟の方がダービー厩舎になる訳だとつくづく思ったし、一日も早く引退しろと即座に思った】

それでも岩田が勝って良かった!
いくら能力的には不思議じゃないとしても、すでに誰もが実力なきトップジョッキーとして認識している福永祐一ごときに武豊の3連覇が阻まれたとなると、それこそヤラセであると主催者は世間から白い目で見られたところ。
その意味でも実力ある岩田の優勝はこれ以上ない幸い事と言えるだろう。

【ただし同じ観点からすれば秋山に◎を打った私もバカだった。何しろいくら馬的に脈があるとしても一流騎手が集まっている中で秋山を本命にするなど無謀と言われても仕方ない事だったから!(岩田とのワイド馬券で勝負すべきだった…反省)】

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第31回 マイルチャンピオンシップ(G1) 予想コラム 決断編 | トップページ | 2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/58069379

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第31回 マイルチャンピオンシップ(G1) 結果コラム:

« 2014 第31回 マイルチャンピオンシップ(G1) 予想コラム 決断編 | トップページ | 2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 予想コラム »