« 2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第15回 チャンピオンズカップ(G1) 予想コラム »

2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 結果コラム

軽々に天才などと言うべからず

最終決断↓↓↓
東京11R 第34回 ジャパンカップ(G1) 芝2400m
無=無印 X=消し馬 外=論外
----------------------------------------------
◎…6番ハープスター   【 53.0・松田博・川 田 】
凱旋門6着-/札幌記1着②…ノーザンF
○…4番エピファネイア  【 57.0・角 居・C.スミヨン 】
天皇賞6着④/QE2世4着-…ノーザンF
▲…3番ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・ムーア 】
天皇賞2着②/宝塚記9着③…ノーザンF
△…1番ジャスタウェイ  【 57.0・須 貝・福 永 】
凱旋門8着-/安田記1着①…白老F
無…15番スピルバーグ   【 57.0・藤沢和・北村宏 】
天皇賞1着⑤/毎日王3着⑤…社台F
X…8番デニムアンドルビー【 55.0・角 居・浜 中 】
天皇賞7着⑥/宝塚記5着⑥…ノーザンF
X…12番タマモベストプレイ【 57.0・南 井・津 村 】
京大賞2着⑥/丹頂S1着①…信成牧場
X…10番ワンアンドオンリー【 55.0・橋 口・横山典 】
菊花賞9着①/神戸新1着①…ノースヒルズ
X…9番イスラボニータ  【 55.0・栗田博・蛯 名 】
天皇賞3着①/セントライト1着①…白老F
X…5番ヒットザターゲット【 57.0・加藤敬・武 豊 】
天皇賞5着⑩/京大賞4着④…ノースヒルズ
X…16番フェノーメノ   【 57.0・戸 田・岩 田 】
天皇賞14着③/天皇賞1着④…追分F
外…13番ディサイファ   【 57.0・小島太・ブノワ 】
天皇賞12着⑧/毎日王4着⑦…ダーレー
外…11番トーセンジョーダン【 57.0・池 江・ブドー 】
天皇賞17着⑰/宝塚記10着⑪…ノーザンF
外…17番アンコイルド   【 57.0・矢 作・戸 崎 】
福島記11着⑩/エルム13着⑨…フランス
外…14番サトノシュレン  【 57.0・村 山・川 島 】
丹頂S2着⑧/札日経11着⑤…昭和牧場
外…2番アイヴァンホウ   【 57.0・ドイツ・P.ミナリク 】
バイエルン1着①/凱旋門18着-
外…7番アップウィズザバーズ【 57.0・カナダ・ダシルバ 】
ニッカボッ2着①/アーリントン4着④
外…18番トレーディングレザー【 57.0・アイル・Kマニング 】
愛CS3着⑤/K・Q5着⑤
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
東京11R 第34回 ジャパンカップ(G1) 芝2400m
----------------------------------------------
1着…○…4番エピファネイア  【 57.0・角 居・C.スミヨン 】…ノーザンF
2着…△…1番ジャスタウェイ  【 57.0・須 貝・福 永 】…白老F
3着…無…15番スピルバーグ   【 57.0・藤沢和・北村宏 】…社台F
4着…▲…3番ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・ムーア 】…ノーザンF
5着…◎…6番ハープスター   【 53.0・松田博・川 田 】…ノーザンF

----------------------------------------------

1着…やはり騎手の腕が違いすぎ!
「圧勝」の一語・・・折り合いだとか気性だとか言われた馬が、いくら万全の位置取りと騎手技量があるとしてもここまで抜け出すとは思ってもみなかった。
今回の結果で如何に過去に同馬に騎乗した騎手の腕が低かったかがよく分かっただろう。
だが、今さら福永祐一を非難する事はできない。なぜなら、彼が上手くない事は何度も当ブログで書いてきた事であり、全ての責任は彼をトップジョッキーに仕立て上げた主催者の不公平な騎手配置にあるからだ。
いずれにしても「やはりエピファは強かった」と言うのが今回示せて良かったと思われる。さすがは福永祐一が鞍上なのに菊花賞を圧勝しただけの事はある!

2着…七光りらしい2着と言えば言えるだろうが・・・
やはりジャスタウェイは優秀な馬である。何しろ馬潰し騎手を背にしながら2着に来たのだから。さすがは世界ランク1位になっただけの事はある。
ただし、勝ち馬に千切られてしまう競馬しかできなかった事から、さすがに凱旋門賞帰りでJCを勝つのは余程(ディープインパクト並みに)抜けた能力がないとできない事、いくら馬が優秀でも鞍上が七光りだけの腕なしではどうしようもない事を示したと言える。
おそらく七光りくんは目標をジェンティルドンナに置いたのだろう。そうでなければ彼の技量で2着になど来れる訳がなく、今回はそれが幸いした2着と見ておけば間違いないだろう。ある意味、もっとマシな騎手であれば勝ち馬に圧勝される事はなかったと言えるだろう。

3着…天皇賞勝ちは伊達じゃない事を証明も・・・
天皇賞勝ちが伊達じゃない事は示したものの、今回の3着は人気牝馬2頭の不甲斐なさ(ジェンティルは不調、ハープは騎手が分不相応)に助けられたと言えるだろう。
そもそも鞍上が「競馬学校主役時のアシスト役」でしかないからには、それ以外に好走理由が付けられないのだから。

4着…どうやら天皇賞で仕上げ切っていた模様
まず、ムーアにしては積極性が足りなかった。これはペースの割に位置取りが後ろだった事からも間違いないだろう。
これから類推すれば、天皇賞で戸崎が騎乗した時よりも上積みがなかったと思われる。
おそらくムーア辺りは馬場状態を敗戦理由に挙げるんではないかと思われるが、はっきり言って、今回のペースで勝ち馬の後ろに位置した時点で「最初から複勝狙い=勝ちに行く競馬をしてなかった」と思われてならない。要するに最初から勝てると思っていなかったと言う事である。
いずれにしても、「テン好走後の乗り変わりはやはり変(不自然)」と言うのを証明したと言える。

5着…川田にがっかりよりも・・・
川田もペースが読めない競馬学校上がりなので敗戦は仕方ないと思うが、向こう正面で馬場の内側を通っていた事だけでも、いつでも上がっていける位置取りをハープにさせられなかった事に何よりがっかりさせられた。今後の騎手界を背負っていくべき存在と思っていただけに、これには見ていて情けなさより不甲斐なさを感じた。少なくとも直線に入るまでに外から被せられない位置取りだけは取って欲しいと思っていたからだ。
だが、どうやら川田も「やっぱり競馬学校である」と言う低レベルでしかない事が今回はっきり分かってしまったのがとても残念でならない。
今回の不甲斐ない競馬で分かる事は、川田がエリザベス女王杯をラキシスで優勝したのは単なるマグレかヤ○セの結果だったと言う事と、松田博と言う調教師はただの耄碌ジジイでしかなく一流馬を育成するだけのセンスも一流騎手を育てるセンスも持っていないと言う事。
おそらくこの厩舎は厩務員が優秀なのであり、まるで野平祐二厩舎の藤沢和(シンボリルドルフ)、橋本輝厩舎の平井(メリーナイス)のような人が間違いなくいるのだろう。少なくとも調教師の見識は3流としか言えないだろう。道理で弟調教師の方がダービー調教師になっている訳である。
いずれにしても、センスのない調教師に見込まれた騎手など福永のお仲間程度と言う事を示すものでしかないからには、川田のレベルもすでに頭打ちである事は間違いないだろう。道理で浜中に抜かれる訳である。
とにかく、今後は早々にハープスターから降りてくれれば結構だ。

競馬学校上がりの騎手たちを軽々に「天才」などと評すべきではないし、そのレベル以前の問題がありすぎる。何より、「職業は騎手です」などと公言できるレベルではない。競馬学校上がりとは所詮代わりの利くアマチュア集団でしかないのだから!
ペースすら把握できない者が騎手と呼ばれるに相応しくない事はもちろんだが、今回も凱旋門賞と同じ騎乗しかしなかった者がプロの訳がなく、こんな騎乗しかできないからには、『間違いなく地方競馬のトップジョッキーの方が数倍上手い騎手である』と断言せざるを得ない。実際に能力互角の馬で競わせたら絶対に地方騎手の方の勝率の方が高くなるだろう。少なくとも彼らの方が必死に馬を追う事に日々接していると思われるから。
【船橋の森とか今すぐ中央に呼んで良いと思う。少なくとも武豊並みの腕はあるし、戸崎に近い腕も持っていると思うから。ちなみに御神本と真島にその腕はない。彼らは単なる馬恵まれの福永レベルと思われるから。だから今だに大井では的場文男さんが引退できないし、騎乗数も減らないのである!】

また、どうせ馬に頼った競馬しかできないならせめてコメントだけは徹底して控えめであってもらいたい。
「馬の能力を引き出すのが仕事」だとか、聞いている此方が唾棄したくなるようなコメントは、現在の知識ある競馬ファンなら『何をバカな発言してるんだ』としか受け取らないからだ。
成功しても失敗しても素直に「自分が甘かった」と言うのが一番。そうすれば成功した時には少なくともファンは納得・評価もしてくれるハズだから。
【ただし七光りくんは除く。すでにデビューから縁故勝利の彼らのコメントは信用できないものだから】

また、どうせ馬に掴まっているだけしかできないのが“今の競馬学校のレベル”であるからには、勝星の記録も全て主催者創作の賜物であると言えるだろう。だから七光りくんがリーディングになったのである。その時、中央騎手界は完全に腐ったと言えるだろう。

もういい加減にして欲しいものである。これ以上「騎手」と言うアスリート職を貶めるような事はすべきではない。
せめて一日も早く七光り騎手は干すべきであると主催者に願って止まない。
【このままでは本当に中央騎手界は血縁騎手だけが活躍する異常な世界になってしまう。武豊を筆頭にたとえ血縁が強くても実力不足なら相応に良い馬から降ろすべきである。所詮競馬学校上がりなど誰も技量に大差ないのだし、何より不公平が基準では騎手になる者などいなくなって当然なのだから。したたかな計算でもない限り一般受験者はそこまでバカではないのだから】

最後に一言・・・良かったネ、エピファ。馬潰し野郎が降りただけでこんなに凄い競馬ができる事を全国に示せたのだから!
【厩舎が騎手を管理していた時代の方があきらかに腕のある立派な騎手がいた…今回の結果から誰もが競馬学校など本来不要である事が分かったはず。そもそも勝利に対する貪欲さを見せられないアスリートなど存在している方が可笑しな話なのだから!】

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第15回 チャンピオンズカップ(G1) 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/58136698

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 結果コラム:

« 2014 第34回 ジャパンカップ(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第15回 チャンピオンズカップ(G1) 予想コラム »