« 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 結果コラム | トップページ | 2014 第52回 アルゼンチン共和国杯(G2) 予想コラム »

2014天皇賞(秋)に見る騎手の良し悪しとは!

好位&馬に適った競馬ができるか

2014年度天皇賞(秋)は、藤沢和厩舎スピルバーグが初重賞制覇を高レベルG1で挙げると言う快挙で幕を閉じた。

スピルバーグと言えば、3才春時に共同通信杯において後のダービー馬ディープブリランテ(岩田康)にハナ差まで詰め寄る末脚を見せた馬であり、結果3着だったものの、優勝馬ゴールドシップ(内田博)、2着ディープブリランテと言うハイレベルな馬たちと好戦していた事からも、今回の優勝が何ら不思議なものではないと大方のファンは思った事だろう。
私的には騎手が北村宏であったので、過去のG1レースにおいて彼が圧倒的に負け続けていた事から軽視してしまい、『彼が唯一好走してもおかしくない厩舎の馬である事』にもっと注意すべきだったと悔まれるばかりである。


しかしながら、今回の北村宏の優勝のお陰で、データという面で一つ大きな収穫があったと私は思っている。それは、【競馬学校上がりの騎手は騎乗技術にほとんど差はない】と言うのが判明した事である。

もちろん、デビュー間もない若手やG1に騎乗する事もできないほど未熟な中堅騎手、騎手は調教師になるための単なる免許として持っているだけと言う騎手は多々いる。
しかし、そんな彼らでも、それこそ馬に恵まれさえすれば今回の北村宏のようにここ一番でこれまで見せた事のないような好騎乗をする機会がやってくると思われてならないのである。

特に、今秋のG1戦を見ているとそう感じられてならない。
スプリンターズSの大野や菊花賞の酒井など、私に限らず大方の人々がほんの春先まで『大きなレースでは最高で2着、普通は用なしの騎手』としか見ていなかったはず。
また、現在活躍している田辺なども数年前まで目立つ勝星も残していなかったし、柴田大に到っては平場の騎乗数すらほとんどなかった騎手なのだ。

私は、そんな馬に恵まれていなかった騎手たちがここ数年で見違えるような活躍をしている下地を、「騎手減少による無理矢理な底上げ」と見ており、今でも50%くらいはこの考えを頭に残していた。
ところが、今回の北村宏の優勝から受け取った事は、無理矢理に活躍騎手を作っているのではなく、そもそも競馬学校上がりの騎手たちには大きな技量差などないと思った方が良いと言う事であり、これまで(本来は)勝星こそ騎手の良し悪しを決める一番の基準と思っていたのを、きちんと安定した結果を残している該当馬の主戦騎手であれば、たとえ重賞騎乗の経験や実績など低くても気にしないで良いと感じたのである。
裏を返せば、それだけルメールが負けた事にショックを受けた訳だが、ルメールの騎乗そのものに全くミスなどなかったからには、ルメ-ルほどの名手でも馬の気性を把握してないと取りこぼししてしまうのが競馬の怖さだとつくづく今回は思い知らされた。

いずれにしても、今はまだ低迷している騎手たちには、たとえどんな人気薄でもあきらめずに騎乗する事、少しでも前で競馬をする意識を持って騎乗する事を願って止まない。
もちろん、ただ前に行ったからと言って必ずしも結果が良くなるとは言えないが、最終的に騎手の良し悪しを決める材料とは、「如何に競った時に負けないか」であり、それこそ今回の天皇賞(秋)が好例だったと言えるだろう。
いくら好枠だったにしても、もしも戸崎が前に位置取っていなかったらルメールを競り負かす事はできなかっただろうし、何より勝ち馬以外の差し馬が早め抜け出しでソラを使った(気を抜いた)イスラボニータを結局差せなかった事でも分かるはず。

「少しでも好位を取る事、少なくとも馬に適った競馬ができるようになる事。」…これができるようになれば個人の騎乗数ももっと増え、騎乗数が増えれば信頼も増し、それが今回の北村宏(比較的差し型)、あるいは幸(ほぼ先行型)のようにG1タイトルを取れる機会につながるはずである。

なお最終決断は「競馬ナンデ」で掲載してます!
→→→ http://www.keibanande.net/

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 結果コラム | トップページ | 2014 第52回 アルゼンチン共和国杯(G2) 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/57882767

この記事へのトラックバック一覧です: 2014天皇賞(秋)に見る騎手の良し悪しとは!:

« 2014 第150回 天皇賞(秋)(G1) 結果コラム | トップページ | 2014 第52回 アルゼンチン共和国杯(G2) 予想コラム »