« 2014 第59回 有馬記念(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第59回 有馬記念(G1) 結果コラム »

2014 第59回 有馬記念(G1) 予想コラム 最終決断編

勝つべき馬はただ1頭!

最終決断↓↓↓
中山10R 第59回 有馬記念(G1) 芝2500m
無=無印 X=消し馬 外=論外
----------------------------------------------
◎…13番エピファネイア  【 57.0・角 居・川 田 】ジャパン1着④/天皇(秋)6着④…ノーザンF
○…4番ジェンティルドンナ【 55.0・石 坂・戸 崎 】ジャパン4着①/天皇(秋)2着②…ノーザンF
▲…7番ラストインパクト 【 57.0・松田博・菱 田 】金鯱賞 1着①/京都大賞1着③…白老F
△…5番ラキシス     【 55.0・角 居・弟デム 】エリ女杯1着③/オールカ2着⑦…ノーザンF

無…15番ジャスタウェイ  【 57.0・須 貝・福永子 】ジャパン2着③/凱旋門賞8着-…白老F
無…14番ゴールドシップ  【 57.0・須 貝・岩 田 】凱旋門賞14着-/札幌記念2着①…出口牧場
X…1番トーセンラー   【 57.0・藤原英・武 豊 】マイルCS4着②/京都大賞3着①…社台F
X…2番ヴィルシーナ   【 55.0・友 道・内田博 】エリ女杯11着⑦/宝塚記念3着⑧…ノーザンF
X…3番ワンアンドオンリー【 55.0・橋 口・横山典 】ジャパン7着⑧/菊花賞 9着①…ノースヒルズ
X…6番トゥザワールド  【 55.0・池 江・ビュイック 】菊花賞 16着②/セントライト記2着②…ノーザンF
X…9番ウインバリアシオン【 57.0・松永昌・藤岡康 】金鯱賞 15着③/宝塚記念7着②…ノーザンF
X…10番フェノーメノ   【 57.0・戸 田・田 辺 】ジャパン8着⑨/天皇(秋)14着③…追分F
X…11番サトノノブレス  【 57.0・池 江・池 添 】金鯱賞 2着④/天皇(秋)8着⑪…メジロ牧場
X…12番デニムアンドルビー【 55.0・角 居・浜 中 】ジャパン11着⑦/天皇(秋)7着⑥…ノーザンF
X…16番オーシャンブルー 【 57.0・池 江・蛯 名 】金鯱賞 12着⑩/天皇(秋)12着⑭…社台F
外…8番メイショウマンボ 【 55.0・飯 田・武 幸 】エリ女杯12着②/京都大賞10着②…高昭牧場
----------------------------------------------

過去には“あっと驚く”ダイユウサクや“まさかの逃げ切り”メジロパーマーなどの大穴優勝がある有馬記念だが、レース体系が確立された近年ではさすがにそんな大穴の優勝は起こっていないが、勝たないまでも2・3着に穴馬は食い込んでいる事からも穴馬券になる可能性は必ずあるだろう。
ただし、穴馬として食い込んできた馬にはそれ相応の条件があり、大別すれば「直前レースを好走している馬」、「優勝馬とつながりのある馬」、「誰が見ても鞍上強化である馬」、そして、これは結果でしか導けない条件ながら「あきらかに展開が味方した馬」の4通りである。
直前レースを好走している馬なら上記のダイユウサクなど、優勝馬とつながりのある馬なら3年前の9番人気3着馬トゥザグローリー(福永)など、誰が見ても鞍上強化である馬なら2年前の10番人気2着馬オーシャンブルー(ルメール)など、展開が味方した馬ならメジロパーマーなどである。
ところが今年の場合、直前レースを好走している(勝っている)馬は人気馬を含めても3頭しかいないし、展開が味方しても好走できそうな馬はほぼ見当たらない。ましてや、優勝馬とつながりのある馬となると軸馬をどれにするかで変わってしまうし、誰が見ても鞍上強化である馬は私観的でも2頭(岩田・ビュイック)しか見当たらない。
この状況では、どうしても近走成績は悪くても中山コースの良績馬とか、思い切った脚質転換のできる騎手を配した長距離実績馬だとかを普通に捜すしかなく、たとえば前者ならマツリダゴッホ(蛯名)、後者ならハーツクライ(ルメール)などが好例になる訳だが、今回のメンバーでコース実績で秀でているのはゴールドシップが筆頭で、鞍上も岩田ではここ一番の信用度からほほ間違いなく人気の一角になるからには“穴馬”にはならないだろう。まして、思い切った脚質転換のできる騎手を配した長距離実績馬に到っては該当馬すら見当たらない。
したがって、常識的に今年は「人気馬たちによる上位独占の可能性が高い」と思われたので、前予想では「◎…エピファネイア、▲…ジェンティルドンナ、△…ジャスタウェイ、△…ゴールドシップ」と考えた。
だが、ここで改めて乗り変わりでも据え乗りでも「好走すべき馬と信用に欠ける馬」を配された騎手面から考えてみると、一見堅そうなメンバー構成でも伏兵馬が食い込む隙があるのに気がついたので上記のシルシとなった次第である。

いずれにしても、エピファネイア(川田)は2着も許されないはずなので、あとは“1・2着が厩舎の親子丼”にならない事を祈るのみである。なぜなら1・2着が逆になるかもしれないので…(笑)。

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2014 第59回 有馬記念(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第59回 有馬記念(G1) 結果コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/58379054

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第59回 有馬記念(G1) 予想コラム 最終決断編:

« 2014 第59回 有馬記念(G1) 予想コラム | トップページ | 2014 第59回 有馬記念(G1) 結果コラム »