« 2015 第49回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3) 予想コラム | トップページ | 2015 第55回 京成杯(G3) 予想コラム »

2015 第49回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3) 結果コラム

唯一、騎手ノーミスの馬が優勝!

最終決断↓↓↓
京都11R 第49回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3) 芝1600m
(前走騎手) 無=無印 X=消し馬 外=論外
----------------------------------------------
◎…ダッシングブレイズ【 56.0・吉 村・(菱 田)・Cデムーロ 】
○…ロードフェリーチェ【 56.0・ 昆 ・(四 位)・四 位 】
▲…ナヴィオン    【 56.0・橋 口・(福 永)・福 永 】
△…グァンチャーレ  【 56.0・北 出・(武 豊)・武 豊 】

無…ノースストーム  【 56.0・藤岡健・(藤岡佑)・バルジュ 】
無…メイショウマサカゼ【 56.0・本 田・(太 宰)・太 宰 】
X…レンイングランド 【 56.0・矢 作・(松 岡)・浜 中 】
X…サトノフラム   【 56.0・安 田・(ブノワ)・戸 崎 】
X…ヤマニンマンドール【 56.0・浅 見・(勝 浦)・岩 田 】
X…クイーンズターフ 【 54.0・須 貝・(横山典)・川 田 】
外…ダンツメガヒット 【 56.0・山 内・(北村友)・和 田 】
外…クインズロンペール【 56.0・山 内・(岩 田)・松 山 】
----------------------------------------------

レース結果↓↓↓
京都11R 第49回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3) 芝1600m
(前走騎手) ◎○▲△ 無=無印 X=消し馬 外=論外
----------------------------------------------
1着…△…9番グァンチャーレ  【 56.0・北 出・(武 豊)・武 豊 】
2着…○…11番ロードフェリーチェ【 56.0・ 昆 ・(四 位)・四 位 】
3着…▲…12番ナヴィオン    【 56.0・橋 口・(福 永)・福 永 】

----------------------------------------------
4着…◎…10番ダッシングブレイズ【 56.0・吉 村・(菱 田)・Cデムーロ 】
・・・以下省略

1着…唯一騎手ノーミスで優勝!
後方に人気馬を連れて前を見る最高の形でレースを進めた武豊くんの位置取り&作戦勝ち。それでも、最後に3頭に着差を詰められたのは能力面の不安と思われる。

2着…4コーナーからは見事だったが…
4コーナーで人気のダッシングブレイズを外に振ったのは好騎乗だった。ただし、スタート最後方から向正面までに脚を使ったのが最後に届かなかったのでは思われ、ある意味“レベルの低いゴールドシップ”を見るようだった。
正直な話、今回の騎乗を繰り返すようでは馬の身が保たなくなると思われるだけに鞍上には今後の戦略(脚の使い方)を厩舎と共に勉強すべきと思った。

3着…決め打ちは間違ってないが…
スタートは後方2番手だったのを敢えて下げて最後方の決め打ちした事は間違いではなかったと思う。しかしながら、そもそも騎手本人が馬の能力を把握してないのが問題で、いつも通りの届かず競馬になってしまった事が大いに惜しくもあり、また納得させられる着順だった。
いずれにしても、いくら馬に能力があっても鞍上が複勝になる事だけに終始する思考では勝てる競馬も勝てなくなるのは必然。このままでは同馬もいずれ遠からず敗戦の道を歩む事になるだろう。ジャスタウェイのように。
昨年、悲願のダービー制覇を果たした厩舎の馬だが、そもそも同馬はデビュー戦で的場くんを起用した事で一目で分かるように大した期待は置いていない馬であり、その意味では複勝しか期待できない馬にお似合いの騎手の組合せと言える。だが、もしも本当に能力ある馬なら、一日も早く勝てない騎手など降ろした方が良いだろう。岩田だったら少なくとも2着にはなっていただろうから。

4着…4コーナーで四位に内を取られたのが痛かった!
四位の好騎乗で直線で外に振られたのがとにかく痛かった。しかしながら、とても間に合わないと思った最後の最後に使った脚は素晴らしく、次走以降は大いに期待できるだろう。食らうえが競馬学校でなければではあるが!
ただ私には、今回の敗戦を招いた遠因として、前走で2着になった競馬をした不手際の影響が残っているように思えた。つまり、私は前走で菱田を乗せて届かない競馬した事で悪い癖を馬が覚えてしまったと即座に思ったのである。
これ以外の敗戦要因は、後は騎手がワザと馬が外に振られる形を取ったとしか考えられないからだ。何しろ外人と学校上がりでは腕も性根も違っているから。
今後は是非とも起用する騎手に注意し、もしも学校上がりを起用するならキチンと事細かく位置取りから仕掛け方まで厩舎が指示を与えるべきであるとつくづく思った。

【競馬学校上がりの騎手に馬の能力任せで騎乗させるとどうなるか…オルフェーブルの春天や通常の福永くんの結果を見ればよく分かる事である】

いずれにしても上位4頭だけがクラシックへの道を繋いだと言うのが今年のシンザン記念の結果。それも4着馬の騎手が一番信用できるから4着馬まで候補に残すと言うものであり、いずれにしても低レベル馬の集まりと言えるだろう。何しろ勝ち馬が過去に負けっぱなしの馬なのだから。

ちなみに、今日(1/11・日)は異常中の異常日と言える日であった。
何しろ幸くんの4勝もさる事ながら、1勝もしてない福永くんが8レースで馬券になってしまったから。

【さすがは天才的複勝王。普通に騎手と呼ばれる者なら1つくらいは勝ってるものなのにある意味驚かされた。大した天才ぶりに拍手を贈りたいと思ったほど!…そのうち『僕は連対率で勝負してます』とか言い出しそう…馬は可哀相だけどね!(大笑)】

読切感謝!参考になれば幸いです…mm(的中祈願)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2015 第49回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3) 予想コラム | トップページ | 2015 第55回 京成杯(G3) 予想コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/58549236

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 第49回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3) 結果コラム:

« 2015 第49回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3) 予想コラム | トップページ | 2015 第55回 京成杯(G3) 予想コラム »