« 2015 第32回 フェブラリーステークス(G1) 予想コラム 最終決断 | トップページ | 2015 第89回 中山記念(G2) 予想コラム »

2015 第32回 フェブラリーステークス(G1) 結果コラム

騎手が違えば連覇もOK!

最終決断↓↓↓
東京11R 第32回 フェブラリーステークス(G1) ダ1600m
(前走騎手) ◎○▲△ 消=消し馬 X=想定外 外=論外
----------------------------------------------
◎…4番コパノリッキー  【 57.0・村 山・(武 豊)・武 豊 】…ヤナガワ牧場
○…9番サンビスタ    【 55.0・角 居・(Cデムーロ)・Cデムーロ 】…グランド牧場
▲…1番ローマンレジェンド【 57.0・藤原英・(岩 田)・岩 田 】…社台F
△…14番インカンテーション【 57.0・羽 月・(大 野)・内田博 】…谷川牧場
消…11番ワイドバッハ   【 57.0・庄 野・(武 豊)・蛯 名 】…八木常郎

X…10番ベストウォーリア 【 57.0・石 坂・(戸 崎)・戸 崎 】…米国産
X…5番カゼノコ     【 57.0・野 中・(秋 山)・浜 中 】…田中裕之
X…6番ハッピースプリント【 57.0・地 方・(吉 原)・吉 原 】…辻牧場
X…7番グレープブランデー【 57.0・安 田・(北村宏)・北村宏 】…社台F
X…13番ワンダーアキュート【 57.0・佐藤正・(武 豊)・ベリー 】…フクダファーム
X…2番コーリンベリー  【 55.0・柴田見・(松 山)・松 山 】…今井牧場
X…8番レッドアルヴィス 【 57.0・安 田・(Cデムーロ)・勝 浦 】…ノーザンファーム
X…15番キョウワダッフィー【 57.0・笹 田・(福 永)・福 永 】…協和牧場
X…16番アドマイヤロイヤル【 57.0・橋 田・(内田博)・横山典 】…ノーザンファーム
外…3番シルクフォーチュン【 57.0・藤沢則・(ブノワ)・江田照 】…中地義次
外…12番サトノタイガー  【 57.0・地 方・(御神本)・三 浦 】…社台F
----------------------------------------------
レース結果↓↓↓
東京11R 第32回 フェブラリーステークス(G1) ダ1600m
(前走騎手) ◎○▲△ 消=消し馬 X=想定外 外=論外
----------------------------------------------
1着…◎…4番コパノリッキー  【 57.0・村 山・(武 豊)・武 豊 】…ヤナガワ牧場
2着…△…14番インカンテーション【 57.0・羽 月・(大 野)・内田博 】…谷川牧場
3着…X…10番ベストウォーリア 【 57.0・石 坂・(戸 崎)・戸 崎 】…米国産
4着…X…7番グレープブランデー【 57.0・安 田・(北村宏)・北村宏 】…社台F
5着…▲…1番ローマンレジェンド【 57.0・藤原英・(岩 田)・岩 田 】…社台F

----------------------------------------------
6着…消…11番ワイドバッハ   【 57.0・庄 野・(武 豊)・蛯 名 】…八木常郎
7着…○…9番サンビスタ    【 55.0・角 居・(Cデムーロ)・Cデムーロ 】…グランド牧場

・・・以下省略

1着…フェブラリーS連覇達成!
前走で田辺を降ろしたのは大正解。人気でちゃんと勝てる立場(経験値による重圧の強さ)が武豊だから。
しかしながら、松山の出遅れでどうなるかと思ったら、さすがは馬の特徴をキチンと把握している武豊はすぐに切換えて先手を取るつもりで前に位置取った。しかも、松山の代わりを横山典が務めてくれたお陰で理想の番手競馬を確保できたのは何より幸いだった。
いずれにしても、勝つべき馬が勝ち、道理に適った1~3着だったのは今後のためには良かったと思われる。何しろ全て5才馬で世代の力量を見せたので。

【でも現4才世代には本当のダート代表馬たるアジアエクスプレスがいるのが楽しみ】

2着…世代の強さを鞍上がキチンとカバー!
大野で2度も落鉄した後を内田博がキチンとカバーした筋の通る2着。同馬の2着こそが「騎手には好走すべき人気に見合った立場がある」と言うのも証明してくれた。

【やはり裏開催メインで人気馬をコカす騎手とは立場(騎手格)が違う…大野にとっては川田に続く残念な結果だろうが…(可哀相に!)】

3着…適正距離で戸崎なら当然の結果も…
返す返すも悔まれるのは近2走で不適正な距離を走っていた事。そもそもこの距離で4勝、東京コースで3勝している馬なのでここまでのローテを適正距離に合わせていれば2着になれたかもしれない。
いずれにしても、マイル戦の能力値の高さを見せたのは幸いで、今後も人気通りの走りはできるだろう。

4着…過去の優勝馬が大健闘。
展開予想の上では1着馬を潰す役目もあると思っていたが、蓋を開ければ1着馬を最も上手く利用して掲示板になったのには頭が下がる思いである。
それでも現状の馬の力量と北村宏なら上出来の内容で、さすがは一昨年の優勝馬であると感心させられた。

【今思うと優勝時が浜中だったのは少々胡散臭いけど…(苦笑)】

5着…よく5着に届いたと言う内容に…
最内枠が祟ったと言えばそれまでだが、今回の岩田のレース運びは勝ちを目指してないとしか思えなかった。なぜなら、勝つ気があったら団子になった4コーナーで後方位置取りするような競馬をしてないと見えたから。
今回は馬の能力と腕で何とか掲示板になったが、こんな競馬をするのは岩田らしくないと私には見えなかっただけに酷い内容と言えるだろう。

【どうか枠順のせいにだけはしないで欲しい。岩田には言い訳よりも次の機会で結果を見せて欲しいので!】

6着…同馬が2番人気に推されたのが不可思議な事。
末脚がハマればの期待は分かるが、同馬が人気の一角に推された事がそもそも不可思議でならない。1本被りの人気が武豊なのに、その武豊より追う腕もない蛯名乗り代わりの馬が勝つ要素など騎手の腕だけ考えてもあり得ない事だから。
もしも彼に追う腕があったなら、少なくとも凱旋門賞2度の2着のどちらかはもっと際どい差になっていたはずだろうし、何より昨年のダービーで横山典に負けたりしてないだろう。私的には今回の6着は蛯名にしてはよく頑張った方と思われ、却ってCデムーロに先着した事に驚いた。

7着…期待した私が愚か!
角居厩舎2頭出しだった事から、「三浦>Cデムーロ」の常識的騎手力の差に期待したのだが、さすがに主役じゃない騎手と馬ではここまでが精一杯だったようである。
実のところ、『もうすぐ兄ミルコが通年騎乗で参戦するのでその前に一仕事するのでは…』と期待して「○」にしたのだが、やはり兄ミルコが通年騎乗できるようになったら好走させてもらえなくなったようである。所詮Cデムーロは兄のお陰で来日できる立場なのだから。
いずれにしても、代役の蛯名にも先着できないようでは馬の能力そのものが足りなかったと言える事が残念でならない。

悪印象残しすぎた松山の今後が心配…
見事な出遅れでブザマを晒した松山の今後が心配でならない。誰もが逃げを打つと見ていた中で出遅れしたからには、あまりに印象が悪すぎるからだ。
しかし、彼のミスを批判するのは簡単だが、そもそも彼のレベルで絶対にスタートを決めろと思うのが間違いだろう。何しろ、大レースの経験も足りなければ馬の癖も把握してないのに騎乗数をこなさなければならないのが今の騎手不足の悪影響だからだ。
ハープスターの川田にしろ今回の松山にしろ、まず馬の特徴をもっと把握するところから見直すべきである。それが出来てないから本当は大して上手くもない福永祐一などに劣る結果しか残せないのである。

【3月からミルコとルメールが関西所属として臨戦するからにはまず彼らのような立場の騎手の勝星が削られる事になるだろう。特に川田と浜中の勝星が削られるハメになるかと…(可哀相に!)】

読切感謝!参考になれば幸いです…m(祈)m
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 2015 第32回 フェブラリーステークス(G1) 予想コラム 最終決断 | トップページ | 2015 第89回 中山記念(G2) 予想コラム »

コメント

初拝見です。
ローマンレジェンドは1頓挫あったようですね。
調教メニューがいつもと違いました。
是非エラーを解除して下さい。
楽しみにしています。

投稿: ぷみを | 2015年3月 3日 (火) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/223437/59025180

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 第32回 フェブラリーステークス(G1) 結果コラム:

« 2015 第32回 フェブラリーステークス(G1) 予想コラム 最終決断 | トップページ | 2015 第89回 中山記念(G2) 予想コラム »