カテゴリー「携帯・デジカメ」の記事

宝塚記念 結果コラム

≪ 予想は外しても… ≫

『スタートからのめっていたウォッカ。それでも普段より前目の位置取りで、4コーナー先頭に立ったカワカミプリンセスを捕えに行ったのは立派。…混戦といわれた今年の宝塚記念。古馬の1・2・3という順当な結果で終わった。』と言うのが普通のコラム!

私からすれば、正直「ホッ」としたというのが本音。なぜなら、日本ダービーに勝った馬が、そのまま宝塚を勝つというのは理屈に合わない無謀な挑戦だから…

衆知のように、3才馬の最高峰のレースが日本ダービー。当然、仕上げもそこが最高潮。ということは、「ヤラセ」でもない限り「勝つ」なんてあり得ないこと!…その通り、ウォッカは惨敗してくれた。しかも、不得手そうな重馬場開催の中でだ。

これで逆に、『凱旋門賞でウォッカの好走が期待できる』だろう。…この敗戦で、何の気兼ねもなく騎手変更できるし、何より本番前に一叩きできたのが良い。欧州連中のマークも甘くなる可能性も高いし、良馬場ならウォッカ得意の直線勝負が存分に期待できる。

『3才馬は、宝塚記念を調整レースにして万全の体制で凱旋門賞に臨む』。これが確立されれば、今後海外で良績を残す日本馬は増えるはず。…昨年のディープインパクトは残念だったが、もしハーツクライがあのまま出走していれば、もっと好走した可能性が高かったはず。だって、ちゃんと本番前に試走してたから…(エルコンドルパサーで証明済み)

頑張れウォッカ…勝つ可能性は限りなく0に近いだろうが、『日本牝馬初の凱旋門賞での連対』は狙えるはずだ!…でも誰が乗るんだろうね?…デットーリが乗ってくれないかな…しかも本気で…やっぱりムリかな…じゃあ、武豊しかないか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)